ソニー銀行の評価・評判は?スワップや手数料などを他のFX会社と比較

  • 更新日: 2019/07/23

FX取引といえば、FX会社を介して行うものと思っている人も多いでしょう。
しかし、実は銀行でもFXサービスを提供しているところがあるのです。

  • 銀行が提供するFXサービスに興味がある。
  • ソニー銀行に口座がある。
  • 特色のあるサービスを展開している会社でFXをやってみたい。

という人に、今回はソニー銀行が提供するFXサービスについて紹介します。

ソニー銀行と言えば、漠然と「ソニーが作った銀行」というイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。そのイメージは正しく、同行はソニーの関連会社です。

ソニー銀行はインターネット専業銀行ですが、「CONSULTING PLAZA」や全国各地にある銀行代理業者の拠点で相談を受け付けるなど、単なるインターネット専業銀行にとどまらないサービスを提供しています。

また、インターネット専業銀行としては他に先駆けて住宅ローンの取扱いをスタートさせるなど、銀行ができる業務を積極的に取り扱っているのも特徴です。

メーカーが作った銀行ということもあって、従来の銀行とは異なる商品やサービスの提供に力を入れており、2016年にはマルチカレンシー(複数通貨)デビットサービスである“Sony Bank WALLET”サービスを開始しています。

そんなソニー銀行では、FXのサービスも取り扱っています。今回は、ソニー銀行のFXがどのようなものなのかを紹介していきます。

銀行が提供するFXサービスがどのようなものなのか気になるという人や、特徴ある商品を展開している会社でFXを始めたいという人、また、ソニー銀行に口座を持っているので、同行のFXサービスでの取引を検討してみたい、という人は、ぜひ参考にしてください。

ソニー銀行はどんな銀行?

ソニー銀行というのはどんな銀行でしょうか?FXサービスの紹介をする前に、まずはソニー銀行がどんな銀行なのか紹介します。

ソニー銀行について

ソニー銀行は、2001年に創業したソニーフィナンシャルホールディングス傘下の銀行で、「個人の資産運用のための銀行」として誕生したインターネット専業銀行です。

インターネットの特性を活かし、利便性が高く高品質な商品をラインナップしています。また、インターネット専業のため、非対面でのサービスにも関わらず、顧客満足度が高いことが同行の強みの一つでもあります。

創業以来、預金、投資信託、個人ローンの合計は順調に伸長し、2017年には預金残高が2兆円を超えるまでに成長しています。

また、同行の国内インターネット専業銀行における預金残高シェアは第3位となっています。さらに、外貨預金残高シェアは大手銀行に次ぐ規模になっていて、国内銀行の個人外貨預金全体の7%を占めるまでに拡大しています。

ソニー銀行のFX取引システム

ソニー銀行のFX取引システムにはどういった特徴があるのでしょうか。

ここからは、ソニー銀行で提供しているサービスや、取引システムについて紹介していきます。

ソニー銀行でFXをするには?

ソニー銀行でFXサービスを利用するためには、FX口座を開設する必要があります。しかし、FX口座を単独で開設することはできません。そのため、ソニー銀行の口座を開設した後で、サービスサイトから「外国為替証拠金取引口座」を開設する必要があります。

証拠金の入金は?

ソニー銀行のFXサービスを利用するためには、まずは外国為替証拠金取引口座に証拠金を入金しなくてはいけません。証拠金は、ソニー銀行の普通預金口座から外国為替証拠金取引口座へと入金します。

ソニー銀行では、円だけではなく、外貨普通預金に預けている資金も、外貨のままで証拠金にすることができます。外貨普通預金から振り替えた資金については、FXの所定のレートで円に換算されて証拠金になります。

ただし、ブラジルレアルと中国人民元については、証拠金としての利用はできません。

ソニー銀行の普通預金口座に入金するためには、キャッシュカードを利用して提携ATMから入金するか、もしくは振り込みによる入金をしなければなりません。

キャッシュカードが利用できる提携ATMは

  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行の各銀行のATMとローソンATM
  • イーネットATM

です。

振込入金の場合、ソニー銀行の口座宛に振込手続きを行います。10万円を超える現金による振込の場合は、本人確認書類を提示しなくてはいけません。なお、ATMでは10万円を超える現金の振り込みは出来ないので注意してください。

ソニー銀行のFXの取引通貨ペアは?

ソニー銀行のFXで取引が可能な通貨ペアは、

  • 米ドル/円
  • ユーロ/円
  • 英ポンド/円
  • 豪ドル/円
  • NZドル/円
  • カナダドル/円
  • スイスフラン/円
  • 香港ドル/円
  • 南アフリカランド/円
  • スウェーデンクローナ/円
  • ユーロ/米ドル
  • 英ポンド/米ドル
  • 豪ドル/米ドル
  • NZドル/米ドル

の全14通貨ペアです。

他のFX会社と比べて決して多い方ではありませんが、メジャーな通貨ペア以外に、北欧通貨であるスウェーデンクローナや香港ドルが取引できるという点がポイントです。

ソニー銀行のFXの最低取引単位は?

ソニー銀行のFXで取引できる最低取引単位は、基本的に1万通貨となっています。

1,000通貨や100通貨など小さい単位での取引はできないので、初心者のうちは取引ロット数に注意して取引するようにしましょう。取引に慣れるまでは、あまりロット数を大きくせず、ロット数を抑えて取引したほうがいいでしょう。

ソニー銀行のFXのロスカットとアラートは?

ソニー銀行のFXでは、証拠金維持率が150%を下回った際に、それを知らせるプレアラートメールが登録しているメールアドレスへと送信されます。そのまま証拠金維持率が100%を下回ると、今度はアラートメールが届きます。

その後、証拠金維持率の改善がなされないまま、証拠金維持率がロスカット基準の80%を下回った場合は、それ以上の損失の拡大を防ぐためにロスカットが執行されます。ロスカットの際には、保有している建玉がすべて強制的に決済され、損失が確定します。

ソニー銀行のロスカット基準は比較的高い方であり、大きく資産を減らさないよう配慮されています。

ただし、ロスカットは成行注文で行われ、その際にはスリッページも発生することもあるので、相場によっては想定以上の大きな損失が出る可能性もあります。そのため、たとえロスカット基準が高い方であっても、執行されるより前に自分で適切な損切りをすることが大切です。

ソニー銀行のFXのスワップは?

ソニー銀行のFXのスワップは、ドル円で35円、豪ドル円で22円、南アフリカランド円で12円となっています。他のFX会社の中には、ドル円や豪ドル円のスワップが40円台、50円台となっているところもあるので、ソニー銀行で付与されるスワップは決して高いとはいえません。

とはいえ、取り立てて低い方というわけでもないため、標準的なレベルのスワップであると言えるでしょう。

ソニー銀行のFXのスプレッドは?

ソニー銀行のFXのスプレッドは米ドル円で3銭、ユーロ円で4銭となっています。他社の中には、ドル円が0.2銭や0.3銭、ユーロ円が0.5銭や0.7銭といったFX会社があることを考えると、ソニー銀行のFXのスプレッドは広い方であると言えるでしょう。

できるだけ狭いスプレッドでFXトレードをしたいのであれは、もっとスプレッドが狭い他社に口座を開設することを検討した方が良いかもしれません。

ソニー銀行のFXのレバレッジは?

現在日本では、個人の場合のFXのレバレッジは最大25倍までかけることができます。そのため、FX会社の中には1倍、2倍、5倍…といったように、25倍までのレバレッジを何種類か提供している会社もあります。

また、一律で25倍固定など、レバレッジを固定している会社もあります。

ソニー銀行の場合、レバレッジを選ぶことができますが、最大でも20倍までしか用意されていません。

ソニー銀行のFXは外貨をそのまま証拠金として使える。

ソニー銀行のFXでは、円の他にも外貨普通預金の残高を証拠金として利用することができます。

外貨普通預金の残高を証拠金口座に資金振替する場合は、実勢レートで円評価され、証拠金として利用することができます。ただし、証拠金口座に入金した分については預金ではないため、利息は付与されないので注意して下さい。

また、対円通貨ペアの損益については円で発生しますが、対米ドル通貨ペアの損益やスワップポイントは米ドルで発生します。その際に米ドルで発生した利益については、そのまま証拠金として利用するだけではなく、外貨普通預金口座へと出金することもできます。

さらに、ソニー銀行のFXでは、コンバージョン(証拠金間両替)も可能です。

例えば、取引によって円、もしくは米ドルで損失が発生して証拠金残高が不足してしまった場合、証拠金口座にユーロの残高があれば、損失額を受け渡すタイミングで、そのユーロの残高から自動的にコンバージョンが行われ、円や米ドルの証拠金残高がマイナスにならないようにします。

そのため、仮に証拠金残高がマイナス1万円だった場合は、1万円分のユーロが自動的に両替されて、そのマイナス分を埋めることとなります。

コンバージョンは、実行される日の午前6時55分のBid、Askのレートで行われます。その際には手数料はかかりません。

もしもコンバージョンが行われて欲しくない場合は、それまでに振替入金で証拠金残高のマイナスを解消しておく必要があります。

また、例えば米ドルで損失が発生した際に証拠金残高がカナダドルしかない場合などは、カナダドル/米ドルのレートが無いので、一旦カナダドルを円に両替して、それから円を米ドルに両替することになります。

ソニー銀行のFXはデリバリーが可能

ソニー銀行のFXでは、対円通貨ペアに限り、建玉を決済するのではなく、そのまま外貨として受け取ることができるデリバリーが可能です。

デリバリーの際は、建玉を建てた時のレートで計算した取引金額相当の円を差し入れる必要があります。そのため、建玉を建てた際の米ドル/円のレートが1ドル100円で、現在のレートが120円だった場合は、その建玉を1ドル100円のレートで計算した資金を差し入れることで受け取ることができます。

受け取った外貨は、例えば外貨普通預金に振り替えたり、もしくは外貨送金で海外の銀行や国内他行へと送金したりといった使い方ができます。外貨普通預金に振り替えた後、定期預金などにもできますが、Sony Bank WALLETを通じ、海外で外貨のまま利用することもできます。

Sony Bank WALLETはVisaデビット付きのキャッシュカードで、外貨普通預金にも対応しています。ソニー銀行に口座を開く際には、ぜひ作っておきましょう。

ソニー銀行のFXの取引ツール

ソニー銀行のFXの取引ツールにはいくつかの種類があります。パソコン版にはStandard版Light版があり、スマートフォン・タブレット版も用意されています。また、モバイル版もあるので携帯電話での使用も可能です。

それぞれの機能について紹介していきます。

PC取引ツール

PC Standard版はソニー銀行にログインにして使用します。その際にはソニー銀行にログイン後、FX画面から起動する方法と、ソニー銀行のログイン前ページからダイレクトログインをする方法があります。

ダイレクトログインを使用する場合には、あらかじめFXダイレクトログイン専用パスワードを設定する必要があります。ログイン後にStandard版とLight版を選ぶことができます。

取引画面にはレートパネルとチャート、発注フォーム、そしてメニューの一覧が表示されます。設定によって表示されるレートの種類や順番を変更したり、発注フォームの項目を変更したりすることが可能です。

注文方法としてはストリーミングやIFD注文、トレール注文、OCO注文など、それほど特色はありませんが一般的に便利な注文方法は揃っています。

また、チャート機能にもMACDやボリンジャーバンドなどのテクニカル指標が、平均的な種類が搭載されているので分析にも不自由はありません。

メニューにある「ニュース」からは、マーケットニュースや経済指標カレンダーなどをチェックすることができます。

Light版はよりシンプルな画面構成となっていて、メニュー、レート一覧、ポジションサマリー、お知らせが表示されます。注文パターンの設定もシンプルで、1クリック発注などはできません。

チャートは「チャート」をクリックするとシンプルチャートが表示できます。シンプルチャートには10種類以上のテクニカル指標が搭載されているので、チャートの分析に役立てることができます。

メニューのマーケットニュースからは、為替市況に関するニュースの他に経済指標カレンダーなどもチェックすることができます。

スマートフォン、タブレット版

スマートフォン版・タブレット版もパソコン版と同様に、ソニー銀行にログインして使用します。なお、スマートフォン版・タブレット版は、端末を横向きにしても利用できます。

ログイン後はプライスボードが表示され、各通貨ペアをタップするとそのまま新規発注もできます。

発注などはStandard版に準拠していて、チャートでは様々なテクニカル指標を利用できるほか、2分割表示なども可能です。また、チャートを見ながら新規のストリーミング注文をすることもできます。マーケットニュースも見ることが可能です。

モバイル版

モバイル版からは、資金振替と取引、履歴の紹介、チャートやニュースの確認が可能です。

ソニー銀行のFXでは、このようなツールが取引を強力にサポートしてくれます。

ユニークな企画も実施

ソニー銀行のFXでは、ユニークな企画も色々と実施しています。

例えば、「雇用統計はソニー銀行の日」として、毎月の米国雇用統計発表の日には全通貨の為替コストを引き下げています。

また、ソニーグループのエンタテインメントが楽しめる「エンタ祭」なども開催されています。

FXに関する企画だけではなく、ソニーグループとしての企画があるのが特徴的です。

ソニー銀行のFXではキャンペーンも実施

ソニー銀行では、FXのキャンペーンも充実しています。例えば、FX取引で条件を満たした場合は、取引量に応じてギフト券などを最大3.点プレゼント、というキャンペーンが行われています。

この他にも、外貨購入のスプレッド0円キャンペーンや、紹介キャンペーンなどが行われています。

お得なキャンペーンが実施されているかもしれませんので、時折チェックしてみると良いでしょう。

まとめ

ソニー銀行に限らず、銀行のFXというのは安心感が一番のメリットです。特に大きな銀行であれば安心感も増すのですが、ソニー銀行は銀行そのものの規模よりも、ソニーグループと言う点で安心できるFXサービスといえるでしょう。

実際に、「ソニーグループなら」と安心して口座を開設し、FXを始める人もいるのではないでしょうか。

しかし、ソニー銀行のFXは、スプレッドが広いため、1日に何度も取引するデイトレーダーなどにはあまり高い評価を受けていません。

ですが、外貨も証拠金にできるという点や、デリバリーも可能という点から、海外旅行などによく行くために両替をすることが多い人からは高評価を得ています。

ソニー銀行の口座を開設するためにもそれほど手間はかかりませんが、既にソニー銀行の口座を持っている人は、とりわけ簡単にFXの口座を開設することができます。

これからFXを始めようと思っている人はもちろん、ソニー銀行の口座を持っている人であればなおさら、ソニー銀行のFXサービスで取引することを検討してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。