楽天FXの評判は?MT4が利用できて楽天銀行をお持ちの方におすすめのFX会社!

  • 更新日: 2019/07/30

こんなお悩みありませんか?

「楽天FXって自分に合ったFX口座なの?」
「FXを始めたいけど、楽天FXの評判って良いの?悪いの?」
「FX口座を変更しようと思っているけど、楽天FXで大丈夫?」
「口座開設しているけど、他のサービスに変えようかな…」

「楽天FX」について検索されたあなたは、上記のような疑問や思いがあるのではないでしょうか。結論から言えば、

グッドデザイン賞受賞の取引ツールが◎
┗カッコよく、ユーザーインターフェースも優れた「マーケットスピードFX」

楽天グループのサービスと相性が良い
┗楽天銀行と口座連携させると便利&お得な仕組み

ネット証券No.2の楽天証券の実力
┗FX以外のサービスも高品質で、さまざまな投資商品でポートフォリオを組める

2016年ににスプレッドが極端に広がった事件
┗安心して取引したい、スプレッドの安定性を重視する人は他社を選ぶのが無難かもしれません。
 ※相場急変時でもスプレッドが安定しているおすすめの会社はDMMFXです。

上記の通り、少額取引をしたい、無料のセミナーを活用したい方は、楽天FXでFXトレードを始めて問題ないと思います。

ここでは、楽天FXのメリットとデメリットを実際に楽天FXを口コミ・評判とともに解説していきます。また、口座開設から初回入金、キャッシュバックを受け取るまでの流れも図解ともに、詳しくご紹介します。

楽天FXの会社スペック表

通貨ペア数 取引通貨単位 スプレッド スワップ ポイント 高金利通貨

(26通貨ペア)

(1000通貨単位)

(主要ペアは狭い)

(マイナス値が大)

(TRY/MXN/ZAR)
口座開設
キャンペーン
電話サポート 注目ポイント

(イマイチな印象)

(平日18時まで)
・ネット証券大手の楽天証券が提供するFXサービス
・国内では数少ないMT4対応業者

(2018年12月17日更新)
(※)楽天FXには楽天FX口座と楽天MT4口座の2種類の口座がありますが、上記表は楽天FX口座のスペックを記載しています。

楽天FXは、ネット証券大手の楽天証券が提供するFXサービスです。楽天証券はネット証券として非常に有名ですが、FX業界における現状の存在感はちょっと物足りない感じもします。

ただし、サービスの品質は高いところがあり、無料で使える取引ツール「マーケットスピードFX」は2012年にグッドデザイン賞を受賞しています。

あくまでも総合証券という印象が強いですが、FXとともに株式や投資信託などの投資をスムーズに行えるという点がプラスになる人という人も少なくないでしょう。

楽天FXのメリット

楽天FXは隠れた実力を持ったFX会社で、人によってはとても相性の良いところがあります。まずは楽天FXを使う際のメリットにスポットを当てつつ、どういった人におすすめなのかを説明していきます。

取引ツールが高機能でMT4にも対応

rakuten1
画像引用:楽天FX公式ページ

楽天FXを利用する際の大きなメリットは、取引ツールの評判が良いということです。とくにパソコン版の取引ツールではグッドデザイン賞をもらったこともあり、ユーザーインターフェースが洗練されている印象があります。

ユーザーインターフェースが優れているので初心者にも使いやすく、また機能面も十分なので経験者でも満足のいく取引ツールです。幅広い層に対応した取引ツールが使えるので、楽天FXの取引ツールに対しては好意的なクチコミが多く寄せられています。

チャートは他業者と比較すると見やすいので利用しています。モバイルでの画面も見やすいです。各種パラメータ表示も充実しており、口座開設だけでも良いと思います。

グッドデザイン賞を獲った取引ツールがシンプルかつ格好良く使い勝手も抜群ですね。初心者から玄人までしっかりと対応しています。

ツールが非常に充実かつ見やすい。他で取引してる知人もツールは楽天を使っていた。

引用元:価格.com

こういったかたちで、楽天FXについての好意的な意見としては、取引ツールに関するものが目立っていました。良い取引ツールを使ってFXをしたいという人は、まずは無料のデモ口座を使って一度触ってみることをおすすめします。

付け加えると、楽天FXではFXにおける世界標準の取引ツールとも言うべきMT4にも対応しています(※)。国内FX会社ではMT4を使って取引ができるところは少ないため、MT4を使いたいという人も楽天FXは要チェックと言えるでしょう。

(※)MT4を使用するためには、MT4用の口座を開設する必要があります。また、MT4口座では、スプレッドなどの取引条件が通常口座とは異なった設定がされています。

楽天銀行との連携が便利&お得

rakuten2
画像引用楽天FX公式ページ

楽天FXは楽天グループのサービスと連携して使うことで、お得になるような仕組みになっています。具体的には、楽天銀行口座を持っている人が楽天FXで取引をすると、取引量に応じた楽天スーパーポイントがもらえるようになっています。

また、楽天銀行と楽天証券の間にはマネーブリッジという口座連携サービスがあり、スムーズにFX口座と普通預金の間で資金を行き来できるようになっています。しかも、使わない資金を楽天銀行側の普通預金に入れておくと、通常の5倍の優遇金利(年0.10%)が適用されます。

つまり、取引をすれば楽天スーパーポイントが貯まり、取引をせずに資金が余っているときは、優遇金利が適用されて多く利息がもらえるというイメージです。取引してもしなくても少しずつお得ということで、とても無駄がない仕組みになっています。

こういったかたちで便利かつお得なので、楽天FXを利用する場合は楽天銀行口座も併せて持っておくのがおすすめです。楽天グループのサービスと併用することでいろんな相乗効果が生まれるというのが、他のFX会社にはできない楽天FXの大きな強みだと言えます。

(※)上記の仕組みを利用するには、(1)楽天銀行の口座を開設する、(2)マネーブリッジ(無料)を申し込んで口座連携の登録をする、(3)楽天銀行にてハッピープログラムにエントリーする、という3ステップを踏む必要があります。
(※)MT4口座は対象外となっており、楽天スーパーポイントは貯まらないのでご注意ください。

ネット証券大手なのでさまざまな資産運用が可能

rakuten3
画像引用:楽天FX公式ページ

楽天FXは楽天証券におけるFXサービスという位置付けですが、楽天証券ではFX以外にも国内株式、信用取引、投資信託、債券、先物・オプション、商品など、多種多様な資産運用を提供しています。

楽天証券はネット証券としては業界2位の地位を堅持しており、それぞれで高い品質のサービスを提供しています。そのため、FXだけにこだわらずに、さまざまな投資商品でポートフォリオを組んでいくというのに、とても適した環境だと言えるでしょう。

経済というのはつながっているので、為替市場だけ見ていてもわからなかったことが、株式市場と一緒に見ていくことで見えてくるということもあります。いままでFXだけに集中してきた人の次のステップとして、楽天証券という場所はけっこうおすすめです。

ちなみに、楽天FXは楽天証券内の1サービスなので、FX口座を開設と同時に楽天証券の総合口座も開設することができます。すぐに他の資産運用ができる環境なので、ぜひいろいろと挑戦してほしいなと思います。

楽天FXで口座開設するのに向いている人

楽天FXのメリットを見てきましたが、これを踏まえて、楽天FXで口座開設をしたほうがいい人のタイプをまとめておきます。次のようなタイプ人は、ぜひ楽天FXでの口座開設を検討するといいでしょう。

楽天FXに向いている人

  • 取引ツールにこだわりたい人
  • 楽天銀行をすでに利用している人
  • 普段から楽天グループのサービスをよく利用する人
  • FX以外の資産運用にも興味がある人

もっとも強調しておきたいのは、楽天グループのサービスとの相乗効果というところで、「楽天よく使います」という人との相性は抜群だという点です。加えて楽天証券のFX以外の資産運用も活用したかったら、さらにおすすめというかたちです。

楽天をそれほど使っていない人に関しては、取引ツールにこだわりたいという人との相性は良さそうです。「楽天をよく使う」「取引ツールにこだわる」といったところをポイントとして、これらに当てはまる人が楽天FXを使うと高い満足度が期待できるでしょう。

楽天FXのデメリット

楽天FXのメリットを見てきたので、次はデメリットにスポットライトを当てていきましょう。口座開設をする場合でもこのデメリットは頭に入れておいたほうがいいので、しっかりチェックしていってくださいね。

システムの安定性にやや不安あり

まず最初に触れておきたいのが、楽天FXはシステムが不安定と感じさせる事象が起こっているということです。現状すでに改善されている可能性もありますが、慎重な人は少し様子見をしたほうがいいかもしれません。

直近で気になるのは、2016年3月に起こったスプレッドが突然15円(15pipsではありませんよ!)も開いた事件です。

スプレッドが開いたのは一瞬ですが、多くの人が刈られてしまったようです。その後、楽天FXは謝罪するとともに救済措置を取っていますが、システムの信頼性にはどうしても疑問符が付いてしまいます。

実は、過去に楽天証券はシステム障害で3度の行政処分を受けています。これらの行政処分は楽天FXには関係ありませんが、そういう背景も重なって、楽天FXのシステムに対する評判はあまりよろしくないというのが現状です。

主要通貨ペア以外はスプレッドが広い

楽天FXでは、取引対象として26通貨ペアを用意しています。このうち主要通貨ペアについてはいわゆる業界最狭水準のスプレッドを設定していますが、主要どこでないものはスプレッドが広くなってしまっています。

この点については、以下のようなユーザーの声が見られました。

全体的に悪くないですが、マイナー通貨やクロス円以外はややスプレッドが広いかも。

これを踏まえると、主要通貨ペア以外にもいろんな通貨ペアを取引したい人には、取引コストの負担が大きくなってしまうと言えるでしょう。

また、スプレッドの安定性に関しても、次のような声が散見されました。

スプレッドの開きがひどいです。指標のときや急な価格変動時はしかたないと思いますが通常時ドル円0.3のスプレッドがいきなり1.9になるのがとても多いです。

他の証券会社とスプレッドを比較したことがありますが、一番安定していませんでした。

こういったところを見てみると、全体的にスプレッドは広めに考えておいたほうが良いかもしれません。そのため、取引コスト面では少し劣るところが、楽天FXのデメリットとなってきそうです。

引用元:価格.com

補足:取引コストを抑えるならDMMFXがおすすめ

DMM FXのキャンペーン内容

取引コストを抑えたいという人におすすめしたいFX会社は、口座数で国内トップ(※)と高い人気を誇るDMMFXです。

DMMFXは幅広い通貨ペアで業界最狭水準のスプレッドを設定していて、取引コストは最低限に抑えることができます。また、スプレッドの安定性に対する評判も良く、狭いスプレッドのメリットをしっかり享受することができます。

DMMFXは、人気と実力を兼ね備えている優良なFX会社です。「楽天FXは取引コストの面が気になるなあ」という人は、ぜひDMMFXの特徴をチェックしてみてほしいと思います。

DMM FX

Medium rola 300 250
口コミ点数 Point star4 5 4.9
総合ランキング 1位
初回入金額 無料
推しポイント FX口座数 国内第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.30銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
20円 -7円 25円

(※)DMM.com証券が運営するDMMFXおよび外為ジャパンFXを合算した口座数で、ファイナンス・マグネイト社による調査で国内トップとなっています(2018年1月時点)。

楽天FXで口座開設するのに向いていない人

ザッと楽天FXのデメリットを見てきましたが、これらの点が気になる人は基本的に口座開設がおすすめできません。簡単にまとめると、例えば以下のようなタイプの人です。

楽天FXに向いていない人

  • システムの安定性を重視する人
  • 幅広い通貨ペアを触りたい人
  • 取引コストをできるだけ抑えて取引したい人

楽天FXのシステムの安定性については、人によって判断が分かれるところもあるでしょう。ただ、過去の事象を知って、楽天FXにちょっと不安を感じる人は、他社に移ったほうが精神衛生上良いんじゃないかと思います。

また、スプレッド面について重視する人は、楽天FXよりも良い選択肢があるという点は頭に入れておきましょう。楽天FXにはメリットもいろいろありましたが、デメリットとトータルで考えてベストな答えを探してくださいね。

楽天FXで口座開設する流れ

楽天FXの特徴についていろいろと見てきましたが、はっきりとしたメリットとデメリットを持ったFXサービスと感じたんじゃないでしょうか。最後の章では、この楽天FXで口座を開設する際の手順をイメージできるように、実際の画面キャプチャも交えつつ流れを解説していきます。

口座開設の申し込み方法

楽天FXは楽天証券の1サービスなので、まずは総合口座を開設したうえで、FX口座を追加するという流れになります。総合口座を開設うする手続はとても簡単で、最短5分ぐらいのボリュームです。また、楽天会員の人はデータが自動入力されるので、よりお手軽に申し込めるようになっています。

まずは以下のページの「今すぐ口座開設」のボタンをクリックして、楽天証券の申込みフォームのほうに行ってください。

★楽天証券の申込みはこちらから

※楽天FX専用の口座開設ページはないので、楽天証券の口座開設からの流れを記事にしています。

楽天会員かどうかの選択

rakuten5

まずはじめに、楽天会員かどうかを選択します。楽天会員の場合は情報連携されるので、その後のデータ入力が楽になります。

お客様情報の入力

rakuten6

氏名や生年月日、住所といった基本となる情報を入力します。間違えないように正確に入力しましょう。

納税方法の選択

rakuten7

証券口座を特定口座とするかどうか、源泉徴収をするかどうかを選択します。特定口座等いのは、株式取引などをした際に利益が出た際に、確定申告の手間を楽にしてくれる仕組みです。なお、FX取引には直接関係はありません。

NISA口座の選択

rakuten8

NISA口座を開設するかどうかを選択します。こちらもFX取引には直接関係はありません。

追加サービスの選択

rakuten9

楽天銀行口座、iDeCo口座、楽天FX口座、信用取引口座のなかから、総合口座と併せて申し込むものを選択します。ここでは楽天銀行口座と楽天FX口座を選択するのがおすすめします。

選択が完了したら、「内容確認へ」のボタンをクリックして、次ページに遷移します。

確認画面

前ページで入力した内容が表示されるので、間違いがないかチェックしましょう。入力内容に問題なければ、「内容を確定する」ボタンをクリックて、次のページに遷移します。

重要書類への同意

rakuten10

口座開設にあたって必要な書類を確認するページなので、PDFを開いてしっかり内容を理解してください。そのうえで、「上記規定等に同意のうえ、口座開設を申し込みます」にチェックをして、「同意して次へ」ボタンをクリックし、次のページに遷移します。

本人確認書類の提出

rakuten11

口座開設に必要となる本人確認書類を提出するページです。提出方法を選んで、指示に従って画像データをアップロードしてください。

この画像データはスマートフォンで撮影するかたちで作ればOKです。顔や文字が認識できるように、鮮明に撮影するようにしましょう。申し込み手続きに入る前に画像データを用意しておくと、このあたりの作業をスムーズに進めることができます。

なお、このタイミングで画像データを用意していない人は、後でアップロードすることも可能です。その場合は、アップロード作業が終わってから、次のステップには進んでいくことになります。

「ログイン情報のお知らせ」の受け取り

rakuten12

これで総合口座の申し込み作業は完了です。その後、送信したデータに問題がなければ、ログイン情報が記載された書類が簡易書留で送られてきます。これを受け取って、楽天証券にログインをしてください。

初期設定

rakuten13

初回ログイン時には、初期設定のページが出てきます。ここで取引暗証番号などとともに、勤務先情報、投資経験、保有資産額といった情報を入力することになります。楽天FX口座の開設に対する審査では、ここで入力する内容が重要です。

マイナンバーの登録

rakuten14

初期設定後はマイナンバーの登録画面に遷移しますので、画面の指示に従ってマイナンバーを登録してください。

審査を経て取引スタート

これですべての準備が完了しました。初期設定で入力した内容をもとに、楽天FX口座開設の審査がされることになります。審査を通過すれば楽天FX口座へのリンクが追加されるので、こちらからFXの取引をスタートすることができます。

楽天FXデビューで2つのキャンペーン開催中

rakuten15

画像引用:楽天FX公式ページ

楽天証券ではこれからFXデビューする人に対して、「はじめての楽天FXキャンペーン」ということで2つの特典を用意しています。条件面でのハードルはかなり低めなので、FXデビューをする際は忘れずにエントリーするようにしましょう。

(※)ここで紹介する口座開設キャンペーンは2019年1月現在のものです。内容はタイミングによって変更される可能性があるので、必ずご自身でのご確認をお願いいたします。
(※)MT4口座は本キャンペーンの対象外です。

もれなく200円プレゼントキャンペーン

1つ目の特典としては、FX口座を開設した人に現金200円がプレゼントされるものです。取引条件は設定されておらず、ただエントリーをするだけで全員に現金がプレゼントされるかたちとなっています。

なお、エントリー期間の締め切りは、口座開設をした月の月末に設定されています。エントリーをしないとキャンペーンが適用されないという点だけは、注意しておく必要があります。

抽選で100名に1万円が当たるキャンペーン

rakuten16
画像引用:楽天FX公式ページ

2つ目の特典としては、抽選で100名に1万円が当たるというものです。抽選とはいえ、1万円という金額は魅力的なんじゃないでしょうか。このキャンペーンに参加するのには取引条件が設定されていますが、参加条件のハードルが低いのも良心的です。

具体的には、10万通貨の取引ごとに1口の参加ができるかたちになっています。例えば30万通貨の取引をすれば3口の参加、当選確率は3倍ということになります。口数に上限はないので、取引すればするほど当選確率は高くなっていくかたちです。

なお、取引数のカウントは新規約定のみです。約定していない新規注文はもちろん、決済約定についてもカウントされないので、この点は誤解しないようにしましょう。あくまでも無理ない範囲でということですが、ぜひ取引を重ねて、当選確率のアップを目指していっていただければと思います。

まとめ

今回は楽天FXのメリットとデメリットを中心に見ながら、楽天FXとの相性が良いかどうかの判断をするポイントを解説してきました。最後にまとめということで、内容のハイライトを確認しておきましょう。

まずは、楽天FXのメリットからです。

楽天FXのメリット

  • 取引ツールが高機能でMT4にも対応
  • 楽天銀行との連携が便利&お得
  • ネット証券大手なのでさまざまな資産運用が可能

強調したいのは、楽天FXは楽天グループのサービスというところです。なので、楽天グループのサービスをよく使っている人は基本的におすすめです。とくに楽天銀行の口座を持っているといろいろと便利&お得というのは、ぜひ覚えておいてほしいポイントです。

次に、楽天FXのデメリットです。

楽天FXのデメリット

  • システムの安定性にやや不安あり
  • 主要通貨ペア以外はスプレッドが広い

今後のシステム障害が起こるかどうかは誰にもわかりませんが、ただ、2016年3月に楽天FXがあり得ない事件を起こしたという事実は知っておくべきでしょう。これをどう解釈するか、ご自身でしっかり判断するようにしてください。

楽天FXは楽天グループということを活かした、他のFX会社にはない強みを持ったFXサービスです。人によってはかなり相性が良いケースもありますので、メリット・デメリットを天秤にかけつつ、口座開設の判断をしていただければと思います!

当サイトが選ぶ部門別No.1のFX口座はこちら!

【初心者におすすめ】部門
外為オンライン
1,000通貨から取引可能で、サポートが手厚い口座

公式HPへ

外為どっとコムのキャンペーン内容
【少額投資】部門
外為どっとコム
スプレッドなどのコスト面でバランスが良い口座

公式HPへ

DMMFXは2019年1月末時点でFX口座数国内第1位で2万円のキャッシュバックキャンペーン中
【スマホアプリ】部門
DMM FX
チャート機能が優れていて、上級者でも納得の性能

公式HPへ

GMOクリック証券7年連続FX取引高世界第1位
【スワップポイント】部門
GMOクリック証券
全般的に買いスワップが高く、総合力がある口座

公式HPへ

【通貨ペア数】部門
ヒロセ通商
50ペアの通貨ペア数は業界最高の通貨ペア数

公式HPへ

FXを始めてみたい方は、こちらで人気の会社を見てみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。