岡安商事とは?くりっく365や手厚いサポートがあるFX会社を選びたいならここ!

  • 更新日: 2019/07/22

FXに興味を持ち、いざ始めようと思った時にまず悩むのが、どの会社でFXの口座を開設するかということです。

選択肢として最も多いのがFX専門の会社ですが、実はそれ以外にも証券会社や商品会社など、FX口座を開設できるところがあります。

そしてその中でも、一部の会社でしか取り扱うことができないFXサービスとして、くりっく365があります。
今回は、これからFXを始める人の中で

今回のFX記事でわかること!

      • くりっく365に興味がある
      • FXのみならず、株や先物・オプションなど他の金融商品も含めた資産運用をしたい
      • サポート体制が手厚い証券会社で取引したい

という人に、岡安商事が提供するFXサービスについて紹介します。

岡安商事は1952年創業の商品会社です。決して規模の大きな会社ではありませんが、ネットによる取引が主流となった現在においても、従来型の対面営業に力を入れています。また、それだけでなく、インターネット取引も同時に提供しています。

岡安商事は、先物取引業者の中ではいち早くFXに参入し、2006年にくりっく365の取引資格を取得しています。なお、もともと商品会社である同社は、FX以外に商品先物や純金積立も提供しています。

「店頭FXよりも透明性の高いくりっく365を取引したい」という人、また、「FXをやってみて、慣れてきたら資産運用の一環として、商品先物や純金積立もやってみたい」という人は、岡安商事の提供するFXサービスをまずは資産運用の入口として考え、サポートの手厚い同社で他の投資商品にチャレンジしてみるのも良いかもしれません。

岡安商事はどんな会社?

それでは、岡安商事とはどんな会社なのでしょうか。
岡安商事について解説していきます。

岡安商事について

1952年に株式会社真下商店として創業した岡安商事は、商品先物を長年取り扱ってきた商品会社です。インターネットによるオンライン取引が主流となる中、FXが今後浸透することを予見した同社は、2006年に取引所取引のくりっく365取引資格を取得しました。

オンライン取引を提供しながら対面取引にも重点を置いていて、顧客サポートに力を入れてサービスを展開しています。そのため、同社はセミナーの開催数も非常に多く、毎日セミナーを開催するなど顧客の金融教育にも注力しています。

岡安商事のFXサービスとは

それでは岡安商事のFXサービスにはどんな特徴があるでしょうか。
ここからは、岡安商事で提供しているサービスや取引システムについて紹介します。

岡安商事ではくりっく365を提供

岡安商事で提供しているFXサービスは、取引所FXのくりっく365です。
通常のくりっく365の他に、くりっく365ラージも取り扱っています。

岡安商事のくりっく365の取引通貨ペアは?

くりっく365の取引通貨ペアは、

  • 米ドル/円
  • ユーロ/円
  • 英ポンド/円
  • 豪ドル/円
  • スイスフラン/円
  • 加ドル/円
  • NZドル/円
  • 南アフリカランド/円
  • トルコリラ/円
  • ノルウェークローネ/円
  • 香港ドル/円
  • スウェーデンクローナ/円
  • メキシコペソ/円
  • ポーランドズロチ/円
  • ユーロ/米ドル
  • 英ポンド/米ドル
  • 英ポンド/スイスフラン
  • 米ドル/スイスフラン
  • 米ドル/加ドル
  • 豪ドル/米ドル
  • ユーロ/スイスフラン
  • ユーロ/英ポンド
  • NZドル/米ドル
  • ユーロ/豪ドル
  • 英ポンド/豪ドル

の25通貨ペアです。

また、くりっく365ラージの取引通貨ペアは、

  • 米ドル/円
  • ユーロ/円
  • 英ポンド/円
  • 豪ドル/円
  • ユーロ/米ドル

の5通貨ペアとなっています。

岡安商事のくりっく365の取引単位は?

くりっく365の取引通貨単位は、1万通貨または10万通貨です。基本的には1万通貨が多いのですが、通貨ペアによっては10万通貨のものもあります。

10万通貨での取引となる通貨ペアは、

  • 南アフリカランド/円
  • ノルウェークローネ/円
  • 香港ドル/円
  • スウェーデンクローナ/円
  • メキシコペソ/円

の5通貨ペアです。

また、くりっく365ラージに関してはいずれも10万通貨での取引となります。

岡安商事のくりっく365の証拠金は?

岡安商事のくりっく365の証拠金は、1枚(1万通貨または10万通貨あたり)あたりの必要証拠金額が決められています。

また、この必要証拠金額は東京金融取引所が毎週第一取引日に算出したもので、その証拠金基準額が翌週の取引に適用されるので、週ごとに変更されます。

例えば2018年3月19日~2018年3月23日の米ドル/円の場合であれば、1枚あたり42,520円となっていたのですが、翌週の2018年3月26日~2018年3月30日は42,540円となっています。

また、くりっく365ラージの場合はくりっく365と証拠金額が異なり、2018年3月19日~2018年3月23日のラージ・米ドル/円の場合は1枚あたり425,130円となっていましたが、翌週の2018年3月26日~2018年3月30日は425,370円となっています。

岡安商事のくりっく365のプレアラート、アラート、ロスカットと追証は?

岡安商事のくりっく365では、
有効比率(有効証拠金額÷必要証拠金額×100で算出)
が150%となった時にアラートがメールで送られます。

アラートの初期値は150%となっているのですが、アラートの基準は任意でパーセンテージを変えることができます。

また、追証アラートも同様に、有効比率150%を割り込んだ段階で出されることとなります。

その後、有効比率100%を割り込むと追証が必要となります。なお、追証は入金をするか、もしくは全ポジションの決済を行うことで解消されます。

さらに、証拠金維持率が75%を割り込むとロスカットアラートがメールで送られることとなります。

そこからさらに有効比率が低下し、50%を割り込んでしまった場合はロスカットが執行されます。

岡安商事のくりっく365のスワップは?

岡安商事では、東京金融取引所が定めたくりっく365のスワップをそのまま提供しています。そのため、くりっく365を提供している会社では一律同じスワップが付くこととなります。

くりっく365のスワップは、ドル円が48円前後、豪ドル円が30円~35円程度となっています。

店頭FXの会社の中にはもっと高いスワップがつくところもありますが、くりっく365のスワップについては、買いポジションの時にもらうスワップと、売りポジションの時に支払うスワップが同じであるため、透明性が高いといえます。

岡安商事のくりっく365のスプレッドは?

岡安商事で提供しているFXサービスは、くりっく365とくりっく365ラージなので、スプレッドは固定ではありません。マーケットメイカーが定めたBuyとAskの中から、最も投資家が有利となるレートを選ぶため、その時々で変わります。

くりっく365の場合、ドル円は2018年3月9日現在3銭、ユーロ円は3.5銭となっています。

店頭FXの会社の場合、スプレッドはドル円で0.2銭、0.3銭など、銭より小さい厘のスプレッドを提供しているところもあるため、くりっく365のスプレッドは、店頭FXに比べると広いといえます。

また、くりっく365ラージの場合は、米ドル/円で0.51銭、ユーロ円で0.92銭となっていて、くりっく365に比べるとスプレッドは大幅に縮小しているのですが、取引単位が10万通貨単位と大きいため、取引単位を抑えて取引したいと考えている人には向きません。

このような理由から、スプレッドを重視するのであれば、店頭FXの会社の中からスプレッドの狭い会社を選んだ方が使い勝手が良いかもしれません。

岡安商事のくりっく365の取引時間は?

岡安商事のくりっく365で取引可能な時間は、通常期間とサマータイム期間で違いがあります。また、対円取引とクロスカレンシー取引でも異なり、さらには、曜日によっても違いがあります。

対円取引の場合、通常期間において、月曜日は午前6時10分から7時10分の間は発注だけ受理するプレオープン時間帯となり、午前7時10分から翌朝の午前6時55分までは通常の取引時間となっています。

火曜日から木曜日は、午前7時45分から55分の間の10分間がプレオープンとなっていて、午前7時55分から翌朝の午前6時55分までが通常の取引時間となります。

金曜日のプレオープン時間帯は火曜日から木曜日と同じく午前7時45分から55分までの10分間となっていますが、取引時間は午前7時55分から翌朝の午前6時までとなります。

サマータイム期間は、月曜日は午前6時10分から7時10分の間がプレオープン時間帯となり、午前7時10分から要朝の午前5時55分までは通常の取引時間となっています。

火曜日から木曜日は、午前6時45分から55分の間の10分間がプレオープンとなっていて、午前6時55分から翌朝の午前5時55分までが通常の取引時間となります。

金曜日のプレオープン時間帯は火曜日から木曜日と同じく午前6時45分から55分までの10分間となっていますが、取引時間は午前6時55分から翌朝の午前5時までとなります。

なお、店頭FXとは異なり、クロスカレンシー取引の場合はどの場合でも取引終了時刻が30分早くなります。

また、くりっく365ラージも取引時間は同様です。

岡安商事の口座開設について

岡安商事のくりっく365に口座を開設する場合、

  • オンラインで申し込む方法
  • 郵送で申し込む方法

があります。

オンラインで申し込む方法

オンラインで申し込む場合は、まずホームページにある「口座開設申し込み」からオンライン口座開設フォームに進み、氏名、住所、電話番号など必要事項を入力していきます。その際は、説明書や約款、取引要綱などをきちんと確認しましょう。

本人確認書類を提出する必要がありますが、その際は

  • 郵送
  • 電子メール添付
  • FAX

のいずれかで提出します。

本人確認書類は

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 個人番号カード

などから1通を用意します。

郵送で申し込む方法

郵送で提出する場合は、返信用封筒をダウンロードして印刷するか、もしくは自分で封筒を用意します。

メールで提出する場合は本人確認書類をカメラに収め、メールに添付して送信します。FAXで送信する場合は、名前と電話番号を記入した上で送信します。

書類提出後は審査が行われ、審査を無事通過したらくりっく365用のログインIDとパスワードが交付され、郵送されてきます。

指定の振込口座に入金して、岡安商事の方で入金を確認したら、口座に反映され、取引がスタートできる状態になります。

郵送で申し込む場合は、まずホームページの「資料請求申し込み」またはフリーダイヤルに電話して資料を送付してもらいます。

後日、手元に届いた書類の内容を確認して、必要事項を記入したら本人確認書類と一緒に返信用封筒に入れて提出します。審査完了後、ログインIDとパスワードが郵送されてくるので、入金して取引を開始します。

以上で、口座開設は完了となります。

岡安商事では3つのコースを用意している

岡安商事のくりっく365には、セルフコース、サポートコース、スタンダードコースの3つのコースが用意されています。
セルフコースはユーザーが自分で取引を行うコースで、スタッフのアドバイスを受けることはできません。

サポートコースは、セルフコースと同じく自分で取引を行うコースですが、スタッフからリスクコントロール等のアドバイスを受けることができます。

スタンダードコースは、ユーザーからの指示に従ってスタッフが代行注文を行うコースで、スタッフからのアドバイスも受けることができます。

なお、コースによって、取引の際にかかる手数料が異なります。詳細は次項で説明します。

岡安商事のくりっく365の取引手数料

岡安商事の取引手数料は、3つのコースそれぞれで異なります。

セルフコースの場合はネット取引が新規も決済も無料ですが、ラージの場合は新規・決済ともに手数料がかかります。通常、ラージの手数料は新規・決済のどちらも1,080円と高額となっています。

サポートコースの場合はセルフコースよりも手数料が高くなり、ネット取引の新規・決済は通常675円の手数料がかかります。

スタンダードコースは代行入力となり、基本的に1.350円の手数料がかかります。

また、ラージの場合はセルフコース、スタンダードコースのどちらであっても10倍の手数料がかかります。ただし、80歳超の人であれば手数料が半額近くまで割り引かれます。

岡安商事のくりっく365の取引ツール

岡安商事のくりっく365では、

  • PC
  • スマートフォン
  • 携帯

による取引が可能となっています。

オラクルコヒーレンスを導入した、超高速レスポンスの取引システムが特徴です。

PC版リッチクライアントは、直感的なマウス操作が可能で、初心者でも簡単に操作できる簡単システムです。

くりっく365では初となる時間指定注文が可能で、経済指標発表時や取引所クローズ時間などを狙って成行注文が発注できます。また、指定した時間まで、指値や逆指値で注文しておくことができます。

高機能チャートも搭載していて、様々な時間軸のチャートを表示することができ、複数のテクニカル分析を同時に表示することもできます。レートを複数表示でき、ワンクリックで発注可能な使いやすいツールです。

スマートフォンアプリはiPhoneとAndroidのどちらにも対応していて、PC版の機能をそのままスマートフォンに移動したような使いやすい取引ツールです。レートパネルをタップすれば注文画面へと移行するので、スピーディーな注文が可能です。

携帯版はシンプルで分かりやすいのが特徴です。操作が簡単で、チャートを表示することもできます。

岡安商事の入出金について

岡安商事の入金は、振込入金またはクイック入金になります。

クイック入金については、ジャパンネット銀行のみが対応しています。クイック入金を利用するには、ジャパンネット銀行に口座を持っておく必要があります。クイック入金は即時入金となります。

岡安商事の入金先の銀行口座は、みずほ銀行とジャパンネット銀行となります。なお、振込手数料はユーザーの負担となります。通常の振込入金となるため、岡安商事が入金を確認してから取引口座に入金が反映されます。そのため、反映までにタイムラグがあります。

なお、出金に際して手数料はかかりません。出金依頼を受けてから3営業日以内に、出金先口座に振り込まれます。

岡安商事ではセミナーも実施!

岡安商事では、セミナーにかなり力を入れています。東京、大阪、福岡で開催している他、仙台や長野、浜松、新潟、沖縄など、全国各地で開催していて、回数も複数回に及びます。午前、昼過ぎ、夕方、夜など、開催時間も様々です。

通常、FX会社のセミナーは多くても週3回程度のところが多いのですが、岡安商事では毎日開催しています。また、スケジュールにない時間のセミナーについても対応しています。

セミナーはただの相場解説や勉強会にとどまらない内容であることが大きな特徴で、デイトレ、スイングトレードなど、様々なトレードスタイルに合わせて売買シグナルを提案したり、テクニカルアナリストによる分析を行ったりと、実戦的な内容を教えています。

さらに、講師によるブログも頻繁に更新されているため、毎日のトレードの参考にもしやすい情報が満載です。

岡安商事のキャンペーンは?

岡安商事ではキャンペーンを時折開催しているのですが、現在開催されているものはFXに関しては特にない模様です。

過去にやっていたキャンペーンとしては、くりっく365のユーザーを対象とした黒毛和牛ギフトのプレゼントなどがありました。

まとめ

岡安商事はくりっく365を取り扱う会社としては珍しく、証券会社ではなく商品先物取引などを扱う商品会社です。そのため、証券会社などと比較すると、サービスの内容が若干違うところもあります。

特に80歳以上のユーザーに対して手数料を安くするなど、高齢者に優しいサービスも見受けられます。その点が気に入って、岡安商事のFXを利用している人も少なくありません。

くりっく365は東京金融取引所による取引所FXなので、どうしてもサービス内容は似たものになりがちです。その中で、独自性を持ったサービスを提供している岡安商事が気に入った場合は、口座を開設してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。