マネーパートナーズの評判は?約定力が10年連続No.1の安定感抜群なFX会社!

  • 更新日: 2019/11/06

こんなお悩みありませんか?

・「マネーパートナーズって自分に合ったFX口座なの?」

・「FXを始めたいけど、マネーパートナーズの評判って良いの?悪いの?」

・「FX口座を変更しようと思っているけど、マネーパートナーズで大丈夫?」

・「口座開設しているけど、他のサービスに変えようかな…」

「マネーパートナーズ」について検索されたあなたは、上記のような疑問や思いがあるのではないでしょうか。結論から言えば、

10年連続約定力No.1の評価を獲得!
┗スプレッドも狭く、本当の意味で取引コストを抑えられる

驚きの100通貨単位に対応したnanoコース
┗ワンコインでもFXのリアル口座で取引ができる

低コストな外貨両替サービスを提供
┗海外によく行く人にとって、便利でお得なうれしいサービス

スワップポイントについては改善の余地あり
マネーパートナーズよりもスワップポイントが優れているところもあるため、スワップポイント重視のトレーダーにとってはベストな選択肢ではない。
 ※スワップポイントが高い当サイトおすすめのFX口座はGMOクリック証券

上記の通り、少額取引をしたい、無料のセミナーを活用したい方は、マネーパートナーズでFXトレードを始めて問題ないと思います。

ここでは、マネーパートナーズのメリットとデメリットを実際にマネーパートナーズを口コミ・評判とともに解説していきます。また、口座開設から初回入金、キャッシュバックを受け取るまでの流れも図解ともに、詳しくご紹介します。

マネーパートナーズ

Medium mnp
口コミ点数 Point star3 0 3.1
総合ランキング 7位
初回入金額 4,000円
推しポイント 10年連続 約定力第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.30銭コアタイム原則固定(例外あり) 0.40銭コアタイム原則固定(例外あり) 0.60銭コアタイム原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
12円 -39円 非公開

マネーパートナーズの会社スペック表

通貨ペア数 取引通貨単位 スプレッド スワップポイント 高金利通貨

20通貨ペア

100通貨単位

狭い&約定力強

あまり高くない

TRY/MXN/ZAR
口座開設
キャンペーン
電話サポート 注目ポイント

最大5万円など

平日23時まで
・東証一部上場で堅実なFXサービスを展開
・外貨両替、プリペイドカードの使い勝手が◎


(※)マネーパートナーズにはPFXとnanoの2種類のコースがありますが、そのうち優れているほうを上記表ではピックアップしています。

マネーパートナーズはオリコン顧客満足度調査の「FX取引」部門では3年連続1位、矢野経済研究所のFXサービスパフォーマンステストでは「約定力」が10年連続1位を獲得しており、東証一部の実力を感じさせられます。また、FX以外に株式やCFDの取引にも対応しており、低コストな外貨両替サービスも提供しているなど、幅広いサービスが特徴のFX会社でもあります。

マネーパートナーズのメリット

マネーパートナーズは実力と人気を兼ね備えた、とても優秀なFX会社です。まずはこのマネーパートナーズのメリットの部分にスポットを当てていき、どういう人と相性が良いのかを説明していきます。

強い約定力に基づく取引コストの低さ

FX会社を選ぶうえで、「取引ごとにかかるコストがどのくらいか?」というのはもっとも注目が集まるポイントです。この点、マネーパートナーズはこの取引コストが“本当の意味で”低く抑えられていて、少ないコスト負担で取引回数を重ねられるFX会社です。

取引コストで重要な要素としては「スプレッド」と「約定力」が挙げられますが、この2つの側面からマネーパートナーズの取引コストを深掘りしていきます。

業界最狭水準のスプレッド

moneypartners1

取引コストとしてまず重要なのが、売値と買値の差である「スプレッド」です。基本的に「買値>売値」となっているため、取引を重ねれば重ねるほど、このスプレッドがコストとして積み上がっていくことになります。

この点、マネーパートナーズのスプレッドは業界におけるもっとも狭い水準に設定されており、取引コストが低く抑えられるようになっています。以下は、メジャーどころの通貨ペアにおける各社のスプレッドを比較した表です。

FX会社 米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 ユーロ/米ドル ポンド/米ドル 豪ドル/米ドル
マネーパートナーズ(PFX) 0.3 0.4 0.9 0.6 0.3 0.8 0.9
YJFX! 0.3        0.5      1.0 0.7 0.4 1.0 0.9
DMMFX 0.3 0.5 1.0 0.7 0.4 1.0 0.9
GMOクリック証券 0.2 0.5 1.0 0.7 0.4 1.0 0.9
FXプライムbyGMO 0.6 0.9 1.8 1.3 0.6 1.8 1.4
外為どっとコム 0.3 0.5 1.0 0.7 0.4 1.0 0.9
セントラル短資FX 0.3 0.5 1.2 0.8 0.4 1.8 1.8
SBI FXトレード(※1) 0.27
(0.29)
0.39
(0.49)
0.89
(0.99)
0.59
(0.69)
0.48
(0.58)
1.49
(1.89)
1.39
(1.79)
外為オンライン 1.0 2.0 3.0 3.0 1.0 3.0 2.0
ヒロセ通商 0.3 0.5 1.0 0.7 0.4 1.0 0.9
JFX 0.3 0.5 1.0 0.7 0.4 1.0 0.9

(2019年11月6日更新)
(※)単位はpipsです。
(※)キャンペーン等により期間限定で縮小されている値ではなく、標準の原則固定スプレッドとして公開されているものを記載しています。
(※1)1万通貨以下の取引のスプレッドを記載し、カッコ内には1万1通貨~100万通貨(ユーロ/米ドルは1万1通貨~50万通貨)の取引のスプレッドを記載しています。それよりも大きい数量の取引では、スプレッドは記載している値よりも大きくなります。

このように、マネーパートナーズは業界のなかでトップクラスに狭いスプレッドを設定してきていることがわかります。この業界最狭水準のスプレッドは今後もキープし続けることが予想されるので、マネーパートナーズはスプレッド面で安心しても大丈夫でしょう。

スベらない安定の約定力

moneypartners2

取引コストというとスプレッドばかりに目が行きがちですが、実はそれ以上に大事なのが、注文通りに取引を成立させる「約定力」です。もしこの約定力が弱ければ、注文しても取引が成立しなかったり、指定したレートよりも悪いレートで取引が成立してしまうことになります。

そうなってしまうと、いくらスプレッドが狭く設定されても、実質的に取引コストがかさんでしまうことになります。つまり、スプレッドの狭さは約定力があって初めて意味があるということです。

この約定力に関して、マネーパートナーズは、矢野経済研究所が実施した「FXサービスパフォーマンステスト」において、なんと10年連続で約定力第1位という評価を受けています(※)

こういった調査によっても裏付けられているわけですが、実際のユーザーによる評価についてもいくつかピックアップしておきます。

“色々なFX会社を使ってみたが、マネーパートナーズは約定拒否が少ない。というか、「約定拒否って、これまであったかな?」と考えてしまうくらいなので、ほとんど無いのだと思う。約定拒否が少ないため、これまでトレードでイライラしたことは無い。”
(性別:女性 年代:30代 職業:会社員 FX歴:3年-5年以下)

“私は小ロット用のnanoではなく大ロット対応のPFXを使用していますが、こちらの約定力は安定していると感じていて、すべりもほとんど気になりません。”
(性別:男性 年代:40代 職業:会社員 FX歴:10年以上)

“表示レートですべらず約定するのはトレーダーとしては大事なことですが、これが私がマネパを愛用している大きな要因であったりもします。”
(性別:男性 年代:30代 職業:自営業 FX歴:10年以上)

“発注すれば表示されたレートで即時に約定がなされ、トレードには全くストレスを感じることはありません。通常口座で大口の場合は分かりませんが、nano口座でトレードしている通貨数であれば、トレードの際に滑るというストレスを感じることなく、トレードが可能です。”
(性別:男性 年代:20代 職業:会社員 FX歴:1年以下)

こういったかたちで、ユーザーによる約定力に対する評価は好意的なものばかりでした。マネーパートナーズ実際に使っての感想ということで、スベりを心配する必要はなさそうですね。

マネーパートナーズは、業界最狭水準のスプレッドに加えて、10年連続No.1の約定力も兼ね備えているFX会社です。取引コストを抑えてFXをやりたいという人にピッタリなので、しっかりチェックしておくことをおすすめします。

マネーパートナーズ

Medium mnp
口コミ点数 Point star3 0 3.1
総合ランキング 7位
初回入金額 4,000円
推しポイント 10年連続 約定力第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.30銭コアタイム原則固定(例外あり) 0.40銭コアタイム原則固定(例外あり) 0.60銭コアタイム原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
12円 -39円 非公開

(※)2018年12月に行われた矢野経済研究所実施の「主要FX会社7社におけるFXサービスパフォーマンステスト」において、調査対象会社で唯一マネーパートナーズはスリッページ発生なし、約定拒否発生なしという完璧な結果を出しています。これによって、マネーパートナーズは10年連続で約定力1位の評価を受けることになりました。

100通貨取引対応でワンコインでも取引可能!

moneypartners3

マネーパートナーズには、PFXとnanoという2つのコースが用意されています。このうちnanoは初心者向けコースとなっていて、100通貨単位からの取引に対応しており、かなりの少額でも取引ができるようになっています。

例えば1米ドル=100円の場合、米ドル/円を100通貨分取引するのに必要となる証拠金はたったの400円です。つまり、極端な言い方をすると、500円玉1枚あればFXの取引ができるようになっているわけです。

他のFX会社では1000通貨単位からの取引に対応しているところが主流で、100通貨単位の取引に対応しているというのはかなりレアです。とくに「試しにちょっとFXを経験してみたい」といった初心者にとって、これは非常にありがたいサービスと言えるでしょう。

nanoは少額ですが、ゲームやデモとは異なる本物のFXです。ゲームやデモでは得られない本物の経験を積めるので、FXに興味がある人は最初のステップとして(あるいは、ゲームやデモの次のステップとして)、マネーパートナーズを利用してみることをおすすめします。

今ならお試し資金1,000円をもらえる!

moneypartners4

現在マネーパートナーズでは、新規口座開設をした人を対象にすぐに1,000円がプレゼントされるキャンペーンを行っています。nanoではワンコインもあれば取引をできるので、このお試し資金を利用すれば、入金なしでFXのリアル取引ができるかたちです。

とくにFXをまったくやったことがない人にとっては、取引を開始するまでのハードルがかなり低くなるので非常におすすめです。本格的にFXを始める前に、マネーパートナーズで資金ゼロからFXに挑戦するのもいいんじゃないでしょうか。

(※)2019年1月時点で実施されているキャンペーンです。現在も実施されているかは、必ずご自身でご確認するようお願いいたします。

便利な外貨両替サービス・海外プリペイドカード

moneypartners5

実はマネーパートナーズでは、FXトレードだけでなく外貨両替のサービスも行っています。そして、その外貨両替にかかるコストが、空港の両替所で行うのと比べてかなり低く抑えられるようになっています。

ご存知の通りですが、普通に円をドルやユーロに両替する場合、通常のレートよりも2、3円も上乗せしたレートが使用されます。しかし、マネーパートナーズを利用した場合、通常のスプレッド(米ドル/円で0.3銭、ユーロ/円で0.4銭)に加えて、わずか10銭または20銭を上乗せしたレートで両替をすることができます(※1)

例えば10万円を米ドルに両替する場合、実質的な手数料としては普通に外貨両替をすると約2,712円かかるのに対して、マネーパートナーズを利用した場合は682円に抑えることができます(※2)。7割以上も手数料が安くなるということで、これはかなり大きい違いと言えるでしょう。

また、マネパカードというプリペイドカードのサービスもあり、両替したドルやユーロなどを無料でチャージすることも可能です。FXの取引の延長線上のような感覚でこれらのサービスを受けられるので、とくに海外によく行くという人にはマネーパートナーズは非常に使い勝手の良いところがあります。

(※1)空港外貨受取を利用して現金を受け取る場合、これに加えて1回あたり500円の手数料がかかります。マネパカード(プリペイドカード)へのチャージは手数料無料で行えます。
(※2)2018年8月時点の値です。マネーパートナーズについては、空港外貨受取手数料500円を含んだ値で、マネパカードへチャージする場合はさらに500円分抑えることが可能となります。

マネーパートナーズで口座開設するのに向いている人

マネーパートナーズのメリットをいろいろと見てきましたが、これらを踏まえて、マネーパートナーズで口座開設したほうがいいのはどんな人なのか、そのタイプをざっと挙げておきましょう。

マネーパートナーズに向いている人

  • FX会社に信頼性や安心感を求める人
  • 取引コストをとくに重視する人
  • 超少額からFXを始めてみたい
  • FX未経験の人
  • 海外に行くことが多い人

マネーパートナーズは東証一部上場という実績があり、信頼性という面では安心していいでしょう。そのうえで、メリットで紹介した取引コストや超少額でFXを始められるところが、大きな注目ポイントとなってきます。

そして、FX以外の部分ですが、外貨両替サービスが便利でお得だという点も、実はけっこう強調しておきたいポイントだったりします。外貨関連全般の頼もしいパートナーになってくれるという意味で、マネーパートナーズは非常におすすめなFX会社です。

マネーパートナーズ

Medium mnp
口コミ点数 Point star3 0 3.1
総合ランキング 7位
初回入金額 4,000円
推しポイント 10年連続 約定力第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.30銭コアタイム原則固定(例外あり) 0.40銭コアタイム原則固定(例外あり) 0.60銭コアタイム原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
12円 -39円 非公開

マネーパートナーズのデメリット

マネーパートナーズのメリットについてザッと見てきましたが、次にデメリットについても見てきましょう。正直なところマネーパートナーズはバランスが良く、これといった大きな弱点はありません。なので、「ちょっと弱いかな」というレベル感のところを、いくつか挙げていくかたちになります。

スワップポイントに改善の余地あり

いろいろな面で優秀なマネーパートナーズですが、スワップポイントに関してはもう一歩というところがあります。決定的にダメというわけではありませんが、他のFX会社を見てみるともっと良い設定となっているところはあるというイメージです。

以下の表は、スワップポイントの付与状況を他社と比べたものです。

(2018年12月17日に付与された1万通貨あたりのスワップポイント)

FX会社

米ドル/円

ユーロ/円

ポンド/円

豪ドル/円

トルコリラ/円

マネーパートナーズ

売:-99
買:+45円

売:+1円
買:-10円

売:-58円
買:+23円

売:-64
買:+30円

売:-128買:+108円

GMOクリック証券

売:-69円
買:+66円

売:+9円
買:-10円

売:-37円
買:+34円

売:-35円
買:+34円

売:-96円
買:+96円

DMMFX

売:-66円
買:+66円

売:+1円
買:-1円

売:-20円
買:+20円

売:-31円
買:+31円

取扱いなし

外為どっとコム

売:-96
買:+66円

売:±0円
買:-15円

売:-45円
買:+30円

売:-51円
買:+36円

売:-130
買:+115円

ヒロセ通商

売:-145
買:+45円

売:-15円
買:-35円

売:-99
買:+20円

売:-105円
買:+50円

売:-185
買:+100円

YJFX!

売:-81円
買:+71円

売:±0円
買:-10円

売:-40円
買:+30円

売:-46円
買:+36円

取扱いなし

SBI FXトレード

売:-72円
買:+71円

売:+12円
買:-14円

売:-33円
買:+31円

売:-36円
買:+34円

売:-118
買:+112円

楽天FX

売:-93円
買:+70円

売:-15円
買:±0円

売:-50円
買:+25円

売:-47円
買:+30円

売:-113
買:+90円

マネーパートナーズは、プラスのスワップポイントが業界トップクラスからは少し落ちる感じになっています。一方で売買差額もあり、マイナスのスワップポイントはやや高めです。例えば上記表では、ドル円の売りスワップポイントが100円近いマイナスとなっていて、これはちょっと気になる水準かもしれません。

そのため、「スワップポイントがすごく気になる」という人にとっては、マネーパートナーズ以外の選択肢を考えておくのがベターです。自分にとってのスワップポイントの位置付けを考えたうえで、このあたりの判断はしていただきたいと思います。

補足:スワップポイントはGMOクリック証券がおすすめ

スワップポイントが優れていて、かつ、取引環境としてもマネーパートナーズクラスに良いFX会社としては、GMOクリック証券が挙げられます。

GMOクリック証券のスワップポイントは上記の表を見ても分かる通り、売買差額が非常に狭くなっています。かつ、年間FX取引高が7年連続で世界1位(※)となっているFX会社なので、取引環境としての信頼性も申し分ありません。

「マネーパートナーズは気に入ったんだけど、スワップポイントがもうちょっと良ければなあ」と感じる人は、GMOクリック証券をチェックしてみることをおすすめします。マネーパートナーズ以上の選択肢となる可能性が、けっこう高いように思います。

(※)ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2018年12月

GMOクリック証券

Medium 533175
口コミ点数 Point star4 0 4.3
総合ランキング 2位
初回入金額 無料
推しポイント 低コスト&高スワップ◎
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
36円 -15円 43円

マネーパートナーズで口座開設するのに向いていない人

マネーパートナーズはバランスが良くデメリットの少ないFX会社で、口座開設をして不満を感じる人というのはそんなにいないと思います。ただし、あえて言うとすると、以下のようなタイプの人は、マネーパートナーズより良い選択肢もありそうです。

マネーパートナーズに向いていない人

  • スワップポイントの影響(とくにマイナス)を気にする人
  • スワップポイントでコツコツ利益をあげたい人

マネーパートナーズのスワップポイントはめちゃくちゃ悪いというわけではないですが、マネーパートナーズ以上に良い設定になっているところも多々あります。そのため、スワップポイント重視派にとっては、ベストなFX会社は別にあると考えられます。

ポイントは、「自分がスワップポイントをどれだけ重視するのか?」というところです。この点をクリアすれば、マネーパートナーズはとても良いFX会社だと思います。とりあえず口座開設をして、その感触を試してみるところに進んでもいいんじゃないでしょうか。

マネーパートナーズで口座開設する流れ

マネーパートナーズのメリット・デメリットについて解説してきましたが、バランスの良いFX会社で興味を持った人も多いのではないでしょうか。この章では、マネーパートナーズで取引を始めるまでの手順をについて、ひと通り説明していきます。

口座開設の申し込み方法

マネーパートナーズの口座開設を申し込むのは5分ほどしかかかりませんし、最短だと翌日にも取引ができる場合もあります。お手軽かつ簡単な手続きで取引が始められるので、気軽に口座開設の申込みをすることができます。

まずは以下のページの「口座開設(無料)はこちらから!」のボタンをクリックして、申込みフォームのほうに行ってください。

お客様情報の入力

moneypartners7

まず最初に、名前や生年月日、住所といった、自分の基本情報について入力していきます。間違って入力すると面倒くさいことになるので、丁寧に入力していってください。

口座開設にあたっての確認事項

moneypartners8

次に、年収や保有している金融資産、投資経験といった、口座開設にあたっての質問に回答していきます。口座開設の審査という意味では、ここがもっとも重要なところです。慎重かつ正直に入力をしていってください。

ガイド・規約等への同意(全7問)

moneypartners9

最後に、FXのルールやリスクなどを説明した書類に目を通して、すべてに同意する必要があります。ちょっと数が多く感じるかもしれませんが、FXについてよく理解したうえで、「はい」をチェックしていってください。

すべてのチェックが終わったら、「確認画面へ進む」のボタンをクリックてください。次のページに遷移します。

確認画面

前ページで入力した内容が表示されるので、誤りがないか確認してください。問題なければ「送信する」ボタンをクリックしてください。データが送信されて、申込みが完了となります。

本人確認書類等の送付

申込みが完了すると、本人確認書類やマイナンバー確認書類をアップロードする画面に遷移します。ここの指示に従って、必要書類の画像データをアップロードをすると、すべての手続きが完了し、あとは審査を待つだけとなります。

画像データですが、スマートフォンで写真を撮るかたちで問題ありません(ただし、文字や顔が判別できるように、鮮明に撮るようにしてください)。あらかじめ画像データを作っておいたほうが、このあたりの手続きはスムーズに進むと思います。

なお、口座開設の確認メールにもリンクが送信されるので、後で画像データをアップロードすることもできます。また、EメールやFAX、郵送といった方法でも提出できるので、希望がある場合はそちらの方法を取ってくださいね。

審査を経て取引スタート

申込みが完了し、必要書類の提出が終われば、マネーパートナーズのほうで審査が行われます。審査は1日もかからないので、最短で翌日にも口座開設完了となります。

簡易書留にて口座番号とパスワードを記載した書類が送られてくるので、これを受け取って、取引システムにログインしてください。ログイン後、口座へ入金をすれば、FX取引をスタートすることができます。

マネーパートナーズ

Medium mnp
口コミ点数 Point star3 0 3.1
総合ランキング 7位
初回入金額 4,000円
推しポイント 10年連続 約定力第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.30銭コアタイム原則固定(例外あり) 0.40銭コアタイム原則固定(例外あり) 0.60銭コアタイム原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
12円 -39円 非公開

口座開設で最大5万円もらえるキャッシュバックキャンペーン!

moneypartners10

マネーパートナーズでは、新たに口座開設をした人を対象に、取引数量に応じてキャッシュバックを行うキャンペーンを開催しています。自動エントリーになっているのでそこまで意識する必要はありませんが、内容についてざっと確認しておきましょう。

(※)ここで紹介する口座開設キャンペーンは2019年1月現在のものです。内容はタイミングによって変更される可能性があるので、必ずご自身でのご確認をお願いいたします。

キャッシュバックをもらえる条件

キャッシュバックをもらえる仕組みは単純明快で、PFXコースまたはnanoコースで、所定の取引期間内における新規取引が約定した数量に従って、以下の金額のキャッシュバックが受けられるようになっています。

moneypartners11

取引数量がカウントされるのは、翌月末固定となっていて、最大で2ヶ月間というかたちです。キャッシュバックを受けるには最低50万通貨以上の新規取引が必要ですが、自分の資金量と相談しながら、無理のない範囲でチャレンジしましょう。

ちなみに、取引がカウントされる期間は固定となっているため、遅いタイミングで口座開設をすると、1ヶ月近くまで取引期間が短くなってしまうことがあります。少しでも取引期間を長くして有利にキャンペーンに参加したいという人は、キャンペーンを意識して口座開設のタイミングを調整したほうがいいでしょう。

キャッシュバックをもらえるまでの流れ

それでは、どういった感じでキャッシュバックをもらえるのかイメージできるよう、簡単なシミュレーションをしておきましょう。

キャンペーンについて、対象者が1月に口座開設をした人、対象期間が1月から2月末までとなっていたとします。

仮に月末近くの1月28日に口座開設が完了したとすると、取引数量がカウントされるのが1ヶ月ちょっとというかたちになります。ちょっと短くてもったいないですね。月初のタイミングで口座開設をするのが、キャンペーンという観点からはおすすめです。

最終的に対象期間内に150万通貨の新規取引を行ったとすると、キャッシュバック金額は2,000円ということになります。これが対象期間が終了した翌月上旬に、口座のほうに直接加算されるかたちで入金されます。

ちなみに、マネーパートナーズの口座ですが、PFXコース、nanoコースなど、各コースと、どこにも属さない未使用分というところに分かれています。このうちキャッシュバック分が入金されるのは未使用分のところなので、確認する際は注意しましょう。

まとめ

今回はマネーパートナーズについて、メリットとデメリットを中心に解説しながら、それを踏まえた相性の良い人、悪い人のタイプ分けもしてきました。最後にまとめということで、要点の復習をしておきます。

まずは、マネーパートナーズのメリットからです。

マネーパートナーズのメリット

  • 強い約定力に基づく取引コストの低さ
  • 100通貨取引対応でワンコインでも取引可能!
  • 便利な外貨両替サービス・海外プリペイドカード

マネーパートナーズは、約定力が強くてスベらないというのが最大の特徴です。さらに、100通貨からの取引ができるようになっていて、少額でもFXをすることができます。その他、外貨関連サービスも提供していて、海外によく行く人にとってはFX以外の使い道もあります。

次に、マネーパートナーズのデメリットです。

注意・警告・デメリットのポイント

  • スワップポイントに改善の余地あり

マネーパートナーズはバランスの良い会社で弱点は少ないのですが、スワップポイントに関してはもう一声ほしいという感じです。マネーパートナーズよりも良いスワップポイントのFX会社があるので、スワップポイント重視の人は注意してください。

マネーパートナーズで口座開設するかどうかを判断する際は、上記のメリット・デメリットをしっかり押さえておきましょう。自分に本当に合ったFX会社を見つけて、快適なFXトレードを進めていってくださいね。

マネーパートナーズ

Medium mnp
口コミ点数 Point star3 0 3.1
総合ランキング 7位
初回入金額 4,000円
推しポイント 10年連続 約定力第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.30銭コアタイム原則固定(例外あり) 0.40銭コアタイム原則固定(例外あり) 0.60銭コアタイム原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
12円 -39円 非公開

当サイトが選ぶ部門別No.1のFX口座はこちら!

【初心者におすすめ】部門
外為オンライン
1,000通貨から取引可能で、サポートが手厚い口座

公式HPへ

外為どっとコムのキャンペーン内容
【少額投資】部門
外為どっとコム
スプレッドなどのコスト面でバランスが良い口座

公式HPへ

DMMFXは2019年1月末時点でFX口座数国内第1位で2万円のキャッシュバックキャンペーン中
【スマホアプリ】部門
DMM FX
チャート機能が優れていて、上級者でも納得の性能

公式HPへ

GMOクリック証券7年連続FX取引高世界第1位
【スワップポイント】部門
GMOクリック証券
全般的に買いスワップが高く、総合力がある口座

公式HPへ

【通貨ペア数】部門
ヒロセ通商
50ペアの通貨ペア数は業界最高の通貨ペア数

公式HPへ

FXを始めてみたい方は、こちらで人気の会社を見てみましょう!

マネーパートナーズの評判・口コミ

30代 / 男性 / 自営業
FX歴:10年以上
東証1部上場の安心感!
私はFX会社を選ぶ際にその会社が信頼できるかどうかを重視しますが、マネーパートナーズグループは東証一部に上場しているので、一定の安心感は持てると感じています。また、サービス面についても、オリコン...
東証1部上場の安心感!
私はFX会社を選ぶ際にその会社が信頼できるかどうかを重視しますが、マネーパートナーズグループは東証一部に上場しているので、一定の安心感は持てると感じています。また、サービス面についても、オリコン顧客満足度ランキングの「FX取引」で2年連続で1位(2018年1月現在)を取るなど、こちらも高水準のものを提供しています。私はマネーパートナーズをすでに5年近く使ってますが、年々サービスレベルは向上していると感じていて、今後もこのまま使い続けていくつもりで考えています。
高機能な取引ツールとシンプルな発注ツール
取引ツールはいくつか用意されていますが、私がメインに使っているのは、パソコンインストール型の「HyperSpeed NEXT」という高機能の取引ツールと、ブラウザから使用できる「クイック発注ボード」というシンプルな発注ツールの2つです。まずは、細かい情報収集やチャート分析は1つ目のHyperSpeed NEXTを使います。そして、刻々と変わる相場状況に応じて、2つ目のクイック発注ボードをコンパクトサイズにして素早く注文を出しています。それぞれ得意な部分を活かすことで、効果的な分析と発注が同時に実現できています。なお、個人的にはHyperSpeed NEXTの中の市場ニュースが、他社に比べて速報性が高くて情報量も多いと感じていてとくに気に入っています。
高速スキャルピングは非推奨
私は比較的早めのトレードをするスタイルで、1日に数回から多い時で10回ほど、新規~決済の往復を行っています。このくらいであれば快適にトレードができていますが、もっと早い秒スキャ的なやり方は向いていない気がします。約款上でこそスキャルピング禁止は明記されていませんが(※)、システム上の設定として、数秒レベルで発注を繰り返すとはじかれるような仕様になっています。また、ブレイクアウトなどの局面でスプレッドが開いたり、Tickが少なかったりとわりと癖がある印象で、そういうところを狙ったトレードはやりにくいんじゃないかなと思います。(※)数年前までは「新規~決済まで十数秒間隔の取引を繰り返す行為」「数秒間隔の発注を繰り返す行為」が禁止行為として記載されていましたが、2018年7月現在、この記載は削除されています。
しっかりとした安定の約定力
高速スキャルピングに関してはネガティブなことを書きましたが、通常のスキャルピングであれば快適な環境です。それを支えているのが低スプレッド、そして何よりすべらない安定した約定力です。実はマネーパートナーズは矢野経済研究所による主要FX会社7社を対象とした調査で、約定力第1位を獲得しており、しかも9年連続での第1位です。表示レートですべらず約定するのはトレーダーとしては大事なことですが、これが私がマネパを愛用している大きな要因であったりもします。やや癖のあるTickをすることもありますが、それを含めて考えてもトレードがしやすいFX会社です。
30代 / 男性 / 会社員
FX歴:1-3年
上場会社の安心感
同社は東証1部に上場しています。トレードに際して、証拠金として多額の資金を預ける必要のあるFX会社には、安心感が必要不可欠です。東証1部上場の同社であれば、安心して資金を預けてトレードすることが...
上場会社の安心感
同社は東証1部に上場しています。トレードに際して、証拠金として多額の資金を預ける必要のあるFX会社には、安心感が必要不可欠です。東証1部上場の同社であれば、安心して資金を預けてトレードすることができます。中堅FX会社の同社ですが、上場していることから財務情報は開示されており、財務内容的に問題ないことが確認できます。また2007年に業界ではいち早く上場しており、業界内での老舗上場会社としての安心感もあります。尚、証券会社大手の大和証券の持ち分法適応会社ともなっています。中堅FX会社は未上場の会社も多いですが、上場しているという面から、大手同様の信頼感を持ってトレードできる会社と考えています。過去には信頼感のないFX会社も存在した、と耳にするので、FX会社への信頼性は重要ではないでしょうか。
約定力に優れており滑らない
多くのFX会社では、発注した後で約定するまで時間がかかる、滑る=スリッページが発生します。同社は約定力に定評のあるFX会社で、実際にトレードすると、殆どスリッページが発生しません。大手FX会社でもスリッページが発生するケースがある中で、同社ならスムーズに注文が入るため、トレードにストレスは感じません。上級トレーダーが大口注文を入れても滑らない、とも言われる事のある同社であり、通常の個人レベルのトレーダーであれば、問題ないレベルの約定力を持っているFX会社と言う事ができます。
スマホアプリの機能が充実している
同社のスマホアプリは機能が非常に充実しています。他のFX会社の場合は、スマホアプリは基本的には発注機能中心のケースもありますが、同社のスマホアプリは発注機能は当然として、分析機能も優れています。他社のスマホアプリでは行えない、テクニカル指標の分析もスマホアプリ上で可能です。よって通信環境のある喫茶店等で、同社のスマホアプリを立ち上げさえすれば、どこでもテクニカル分析を行いながらのFXトレードが可能です。PCはチャート分析用、スマホは発注用というトレードスタイルを取っていましたが、同社のスマホツールの利用を初めてからは、時と場合に応じて使い分けするようになりました。またPCで別の作業を行っている際に、スマホアプリでチャート分析も出来るので、トレード環境が劇的に向上しました。スマホを利用してFXトレードを行うのなら、同社のツールは一度試してみるべきではないでしょうか。
20代 / 男性 / 会社員
FX歴:1年以下
nano口座では100通貨単位でトレード可能
同社が提供しているnano口座は、100通貨単位でトレードが可能です。多くのFX会社が10,000通貨や1,000通貨からの取引となっていますが、業界内でも少量の通貨単位で取引が可能な稀有なサー...
nano口座では100通貨単位でトレード可能
同社が提供しているnano口座は、100通貨単位でトレードが可能です。多くのFX会社が10,000通貨や1,000通貨からの取引となっていますが、業界内でも少量の通貨単位で取引が可能な稀有なサービスです。数百円単位の証拠金でトレード可能なため、初心者がFXトレードに取り組むには最良な取引環境です。nano口座は1回の注文上限は100,000通貨単位までとなります。ただし100,000通貨のトレードは中~上級者レベルの取引数量であり、当面nano口座の利用で問題ないと考えています。100通貨単位であれば、資金の増減に合わせて細かくポジション量のコントロールも出来るので、着実な資金増加を果たすことができるのではないでしょうか。 また初心者の頃は損切りが続くことがありますが、100通貨をベースにトレードしていれば、大怪我することなくFXトレードの経験を積むことができるため、FXトレードから退場するリスクも非常に少ないです。
滑らない(スリッページがない)
同社は約定力が強い会社として知られています。nano口座においても約定力の強さは健在であり、殆ど滑りません(スリッページがない)。他のFX会社は殆ど使ったことがないのですが、発注すれば表示されたレートで即時に約定がなされ、トレードには全くストレスを感じることはありません。通常口座で大口の場合は分かりませんが、nano口座でトレードしている通貨数であれば、トレードの際に滑るというストレスを感じることなく、トレードが可能です。
nano口座はスプレッドが広がらない
通常口座は指標の発表前後にスプレッドが広がる、という話も耳にします。しかしながらnano口座は指標の前後であっても、それほどスプレッドは拡大しません。 指標前後のトレードは取り組んでいませんが、通常時は殆どスプレッドが広がることはないため、安心して発注を行うことができます。滑らない事に加えて、スプレッドも広がらないため、実際のトレードの現場において、nano口座は1回の取引通貨数量が100,000通貨に限定されていることを除けば、最強に近い存在ではないでしょうか。 nano口座は初心者向けの口座とされていますが、中級クラスでも充分利用に値すると考えており、今後トレード技術が上達しても、nano口座を利用してトレードしようと思います。
20代 / 女性 / 会社員
FX歴:1-3年
Webで完結する簡単でスピーディな口座開設
私は将来のことを考えると資産運用は必要だと考えてはいましたが、FX以外のあること(後述します!)がきっかけでマネーパートナーズに興味を持ち、とりあえず口座開設をしてFXにも挑戦してみることになっ...
Webで完結する簡単でスピーディな口座開設
私は将来のことを考えると資産運用は必要だと考えてはいましたが、FX以外のあること(後述します!)がきっかけでマネーパートナーズに興味を持ち、とりあえず口座開設をしてFXにも挑戦してみることになったという経緯です。この口座開設ですが、何かと面倒そうなイメージを持っていましたが、マネーパートナーズの場合は全部Web上だけの手続きで申し込みができて、審査もすぐに終わりました。思った以上にあっさりと終わったなというのが、率直な感想でした。
nanoコースは100通貨で取引可能
実際に始めてみるまでは、FXでトレードをするには大金が必要で、なおかつ、失敗すると大損をしてしまうようなイメージを持っていました。この点、マネーパートナーズについては、nanoコースという初心者向けのコースがあって、少額でリスクを抑えたトレードができるようになっています。このコースでは100通貨単位で取引ができるようになっていて、例えばドル円で100通貨でのトレードであれば、資金が500円からできてしまいます。また、レートが1円動いても損益は±100円、10円動いても1,000円というレベルです。私はこの最小単位から始めて、慣れながら少しずつリスクを増やしたトレードをできるようになりました。
「クイック発注ボード」が見やすくてわかりやすい
私がトレードをする際に主に使っているのは、「クイック発注ボード」という取引ツールです。この取引ツールでは、左側に大きくチャートが表示、右側に発注パネルが付いているというかたちで、チャートを見ながら注文を出しやすい構成になっています。わかりやすい構成なので、私はすぐに使い方はマスターできました。その他、FXで大事になってくる経済指標の発表についても事前に教えてくれるようになっていたりと、シンプルですがトレードに必要な機能はきっちりそろっていると思います。
外貨両替がお得にできる!!
ただ、この外貨両替を普通にやると、手数料として数円レベルのスプレッドを上乗せした両替レートになってしまいます。この点、マネーパートナーズはFXのレートで外貨両替ができるので、コストを大幅に抑えた両替ができます。この抑えたコスト分で例えばディナーのグレードを上げちゃうことなんかもできるわけなので、個人的にはこれが一番のおすすめポイントです。最後になりましたが、私がマネーパートナーズを知ったきっかけというのは外貨両替関連のサービスです。私は海外旅行が好きなんですが、その時に欠かせないのが外貨両替です。
20代 / 男性 / 自営業
FX歴:1-3年
100通貨単位からの取引ができる
マネーパートナーズは100通貨単位からの取引ができるので、最初のうちは非常に助かりました。慣れないうちは、やはり少額から取引したいと思ったのと、自分にとって取引しやすい通貨ペアが何なのか、できる...
100通貨単位からの取引ができる
マネーパートナーズは100通貨単位からの取引ができるので、最初のうちは非常に助かりました。慣れないうちは、やはり少額から取引したいと思ったのと、自分にとって取引しやすい通貨ペアが何なのか、できるだけ損失を抑えながら実戦の中で見つけたいと思っていたので、1ポジションあたりの証拠金額を1,000円以下に抑えて取引できるのは良かったです。1,000通貨単位で取引できる会社は多いですが、100通貨だともっと手軽に練習やお試しのトレードができ、少額ながらも自己資金を使った実戦が経験できるので、良いと思います。
パートナーズFX nanoのスプレッドが安定している
これまで何度も取引していますが、パートナーズFX nanoのスプレッドは安定していると思います。雇用統計みたいな大きなイベントの時は、普段のスプレッドが安定していても、この時はどうしても大きく広がってしまう会社が多いのですが、パートナーズFX nanoに関しては、このような時も広がり方が抑えられていると思います。約定も安定しているので、安心して取引できる会社です。パートナーズFX nanoは、1回の最大注文数量が10万通貨までなのですが、大きな数量での取引を考えていないのであれば、パートナーズFX nanoが断然お勧めです。
スワップが高い
マネーパートナーズでは、最近スワップに力を入れているようで、トルコリラ円やドル円などのスワップ額がアップしています。また、他の会社では買いポジションも売りポジションも引かれてしまうことの多いユーロ円に関しても、買いポジションの場合は少ないながらもスワップが貰えます。今のところ期間限定でやっているサービスのようですが、このおかげで、スワップ獲得のためのトレードもやるようになりました。さすがに、今のスワップを継続するのは難しいのかもしれませんが、できれば、このサービスは続けてもらえたらいいと思います。
取引ツールが見やすく、使いやすい
パートナーズFX nanoの取引ツールは使いやすいです。チャートも発注画面も大きく表示されるため、操作中にどこに何があるか分からなくなるようなことは、まずありません。動きが軽快なので、注文をスピーディーに出すことができます。操作方法も簡単なので、初心者の時にも混乱せずに「何となく」といった感じで操作できました。変にごちゃつかず、すっきりしたレイアウトなので良いと思います。
40代 / 男性 / 会社員
FX歴:10年以上
取引ツールは優秀
私は主に「HyperSpeed NEXT」を使用していますが、高機能でかつカスタマイズ性が高い取引ツールで気に入っています。例えばチャート分析に関しては、計26種類のテクニカルが使用できます。ま...
取引ツールは優秀
私は主に「HyperSpeed NEXT」を使用していますが、高機能でかつカスタマイズ性が高い取引ツールで気に入っています。例えばチャート分析に関しては、計26種類のテクニカルが使用できます。また、これらのテクニカルを使用して、プログラミング知識のない人でもオリジナルのストラテジが作れるようになっています。そして、このストラテジによる売買サインは、チャートに表示させることができます(自動売買にも対応)。その他、レイアウト設定に関しては、ツールのそれぞれの機能を独立したウインドウにすることができます。とくにマルチディスプレイの人にとっては、自分のデスクトップ画面上に自由に配置ができるて、使い勝手の面でありがたい仕様になっています。
低スプレッドと安定の約定力
FXにおいて取引ツールも大事ですが、それ以上にしっかりとトレードを成立させる能力が大事です。私は小ロット用のnanoではなく大ロット対応のPFXを使用していますが、こちらの約定力は安定していると感じていて、すべりもほとんど気になりません。また、加えてスプレッド・スワップともに業界内で高水準の設定となっているので、トレード条件としては申し分ないと感じています。さすが上場会社のFXサービスというところですが、安心してトレードすることができる環境ですね。
プラスアルファの情報提供はそれほど
マネーパートナーズのちょっと足りないなと私が感じるのは、為替に関する市場レポート的なものが少ないという点です。ちなみに、市場の速報ニュース系の情報だったり、初心者向けコンテンツやセミナーといったものはわりと豊富だとは思います。ですが、経験者向けに相場をを深掘りして解説したようなものが、あまり用意されていないような気がするというイメージです。今後は、こういった経験者向けの相場解説コンテンツ的なものにも力を入れていってくれると、もっと良くなるような気がしています。
FXに留まらないマネーパートナーズ
マネーパートナーズがメイン事業はもちろんFXサービスです。ですが、このFXサービスから派生して外貨関連のサービスも行っていて、実はこれがけっこう使えるものになっています。まずは航空外貨受取サービスというものですが、普通に空港や銀行なんかで両替するよりもお得に外貨両替ができるようになっています。また、個人的にもっとおすすめなのが、マネパカードというプリペイドカード式のものです。外貨両替がお得なことは同様ですが、こちらはWebから簡単にチャージするだけで外貨を使えるのでさらに便利です。こういった付随サービスの強さは、他のFX会社にはなかなか見られない特徴ですね。
30代 / 男性 / 会社員
FX歴:5-10年
自分に合ったコースを選べる
マネーパートナーズのFXにはコースが2つあって、それぞれで特徴が分かれています。1つ目がPFXコースというもので、最小単位は1万通貨と大きめですが大ロットのトレードも可能、すべらない約定力を持っ...
自分に合ったコースを選べる
マネーパートナーズのFXにはコースが2つあって、それぞれで特徴が分かれています。1つ目がPFXコースというもので、最小単位は1万通貨と大きめですが大ロットのトレードも可能、すべらない約定力を持っています。2つ目がnanoコースというもので、1トレードあたりの最大取引量は10万通貨と小さいですが、最小単位が100万通貨となっていてかなりの少額からのトレードができるようになっています。私はPFXを使っていますが、こちらが経験者向け、nanoが初心者向けという感じです。こういったかたちで自分に合ったコースを選べるのは、マネーパートナーズのいいところだと思います。
スキャルピングがやりやすい環境
これはPFX/nano共通ですが、「クイック発注ボード」というブラウザから使える取引ツールが、素早いトレードにも対応できるインターフェースで非常に使いやすいです。サクサクとトレードを進められるので、スキャルピングはかなりやりやすいと感じています。ちなみに、スキャルピングは約款上禁止されておらず、コールセンターに聞いても「禁止していない」とのことでした(2018年4月現在)。ただ、1回約定すると数秒ぐらいは発注を受け付けないシステム仕様になっています。そのため、あまりに早いトレードばかり狙う人には、注文が通らずイライラすることもあるかもしれませんが、普通にやる分には問題ないレベルです。
けっこう使える連続予約注文
マネーパートナーズで特徴のある注文方法として、連続予約注文というものがあります。これは1つのトレードが終わったら、次のトレードを設定通りに自動発注していく仕組みで、最大20回(※)までトレードを連続で予約することができます。いわゆるトラリピ的な自動発注の仕組みはよくありますが、そういったものは手数料がかかってきます。一方で、マネーパートナーズの連続予約注文については手数料は発生せず、取引コストを抑えたまま自動発注の機能を使うことができます。その分設定はやや面倒くさいところもありますが、そこを乗り越えれば確実にお得です。私はこの機能で、レンジの時に細かく利益を抜いています。(※)2018年7月現在は20回が上限となっています。今後、この上限は撤廃される可能性もあるようです。
成長に役立つ「トレードレポート」
FXで儲けるためには、結局のところ、FXの技術を向上させるしかありません。そのためには自分のトレードの復習が欠かせないと思いますが、これが意外と面倒くさくて実践しにくかったりします。とくに忙しいサラリーマンだとそうなっちゃいますよね。この点、マネーパートナーズでは「トレードレポート」という機能があって、自分のトレードデータを集計してくれて、今後何を変えていけばいいかをアドバイスしてくれる機能があります。データ提供はあってもアドバイスをくれるFX会社は少ないので、なかなかいい復習支援機能だと思います。
40代 / 男性 / 会社員
FX歴:10年以上
取引ツールは優秀
私は主に「HyperSpeed NEXT」を使用していますが、高機能でかつカスタマイズ性が高く、やりたいことをストレスなくできる取引ツールで気に入っています。例えばチャート分析に関しては、計26...
取引ツールは優秀
私は主に「HyperSpeed NEXT」を使用していますが、高機能でかつカスタマイズ性が高く、やりたいことをストレスなくできる取引ツールで気に入っています。例えばチャート分析に関しては、計26種類のテクニカルが使用できるようになっています。また、これらのテクニカルを使用して、プログラミング知識のない人でもオリジナルのストラテジが作れるようになっています。そして、このストラテジによる売買サインは、チャートに表示させることもできます(自動売買にも対応)。その他、レイアウト設定に関しては、ツールのそれぞれの機能を独立したウインドウにする機能があります。とくにマルチディスプレイの人は、自分のデスクトップ画面上に自由に配置ができるので、とても使い勝手がいいと感じると思います。
低スプレッドと安定の約定力
FXにおいて取引ツールも大事ですが、それ以上にしっかりとトレードを成立させる能力が大事です。私は小ロット用のnanoではなく大ロット対応のPFXを使用していますが、こちらの約定力は安定していると感じていて、すべりもほとんど気になりません。また、加えてスプレッド・スワップともに業界内で高水準の設定となっているので、トレード条件としては申し分ないと感じています。さすが上場会社のFXサービスというところですが、安心してトレードすることができる環境ですね。
プラスアルファの情報提供はそれほど
マネーパートナーズのちょっと足りないなと私が感じるのは、為替に関する市場レポート的なものが少ないという点です。ちなみに、市場の速報ニュース系の情報だったり、初心者向けコンテンツやセミナーといったものはわりと豊富だとは思います。ですが、経験者向けに相場をを深掘りして解説したようなものが、あまり用意されていないような気がするというイメージです。今後は、こういった経験者向けの相場解説コンテンツ的なものにも力を入れていってくれると、もっと良くなるような気がしています。
FXに留まらないマネーパートナーズ
マネーパートナーズがメイン事業はもちろんFXサービスです。ですが、このFXサービスから派生して外貨関連のサービスも行っていて、実はこれがけっこう使えるものになっています。まずは航空外貨受取サービスというものですが、普通に空港や銀行なんかで両替するよりもお得に外貨両替ができるようになっています。また、個人的にもっとおすすめなのが、マネパカードというプリペイドカード式のものです。外貨両替がお得なことは同様ですが、こちらはWebから簡単にチャージするだけで外貨を使えるのでさらに便利です。こういった付随サービスの強さは、他のFX会社にはなかなか見られない特徴ですね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。