松井証券の評判・口コミを調査!NetFxのスプレッドやスワップなど特徴をまとめてみた

  • 更新日: 2019/07/23

FX取引を本格的に始めたいと思っているけど、どの会社で取引を始めたら良いかわからない・・・という人はいませんか?

今は様々な会社でFXを取り扱っていますが、会社ごとの特徴や、そこで取引した場合のメリットなどに関しては詳しく知らない人が多いのではないでしょうか。

そこで、

  • 証券会社のFXサービスを利用したい。
  • 特色のあるFXサービスを提供している会社で取引したい。

という人に、今回は松井証券が提供するFXサービスについて紹介します。

株を取引したことのある人なら、松井証券の社名を聞いたことがあるのではないでしょうか。中堅証券会社である同社は、株の先物取引を行う人の間では非常に人気の高い証券会社で、独自のサービスを展開しています。

今年で創業100年を迎える老舗証券会社でもある松井証券ですが、いち早くインターネットによる取引を始めた証券会社としても知られており、従来のやり方に縛られず、顧客が望まない業界の慣習や業者側の論理を打破し、革新的なサービスを提供しているのが特徴です。

そんな松井証券では、株のみならず、FXのサービスも提供しています。今回は、松井証券が提供するFXサービスについて紹介します。どんな証券会社でFXを取引するか悩んでいる人は、ぜひ参考にして下さい。

松井証券はどんな会社?

松井証券という会社名を聞いたことはあっても、会社の詳しい実態やサービス内容まではよく理解していない人がほとんどでしょう。ここでは、松井証券がどのような会社なのか、ということを紹介します。

松井証券について

1918年(大正7年)に松井房吉商店として創業した松井証券は、中堅証券会社としてのポジションを確立しており、株の取引をする人の間では知られた証券会社です。

東証一部上場企業でもある同社は、日本で初めて本格的なインターネット取引を始めた証券会社であり、現在はインターネット専業の証券会社となっています。

以前は対面営業を行う従来型のスタイルを取っていましたが、事業の選択と集中を進めた結果、今では対面営業や電話による営業は行わず、ブローキング業務に特化しています。

効率的な経営をモットーに、過去や業界の常識にとらわれない独自のサービスを展開しているのが同社の特徴です。

松井証券のFX取引システム

株のイメージの強い松井証券ですが、FXも提供しています。
ここでは、松井証券が提供しているFXのサービスや取引システムについて紹介します。

松井証券の取引サービス

すでに何度か触れたとおり、松井証券は株のトレーダーに人気のある証券会社の一つで、空売りをするトレーダーから特に人気が高い証券会社です。

同社はNetFx」というFX取引も提供していますが、そちらも取引しやすいことで定評があります。

松井証券のNetFXとは?

松井証券のNetFXは、投資スタンスに応じ、レバレッジ調整ができます。FX会社のロスカットは、「証拠金維持率が〇%を下回ったら、強制決済される」というものが多いのですが、その場合、レートがいくらになったらロスカットが執行されるのか自分で計算しなくてはなりません。

しかし、松井証券の場合は、「建玉のレートから〇円下がったら(上がったら)ロスカット」という形での設定ができます。

実際のトレードでは、証拠金維持率を意識するよりも、「どの程度円安(または円高)が進んだらロスカットされるか」ということを意識してトレードする人の方が多いです。

というのも、利益確定も、損切りも、「レートが〇%上がったら(または下がったら)行う」というようにルールを決めている人が多いからです。

その際に意識するのは証拠金維持率ではなくレートのため、松井証券のロスカットは、実際のトレードに即したものになっていて、トレーダーにとって使いやすいと言えます。

また、取引手数料は無料です。取引ツールに関しても複数取り揃えており、PCだけでなく、スマートフォンを使った取引も可能です。注文機能も充実しており、相場の状況に合わせたトレードが簡単にできます。

また、松井証券は信託保全しているため、万が一同社が倒産した場合も顧客財産は保護されることも安心できるポイントです。

NetFXの取引通貨ペアは?

NetFX で取引できる通貨ペアは、

  • USドル/円
  • ユーロ/円
  • 豪ドル/円
  • NZドル/円
  • 英ポンド/円
  • カナダドル/円
  • スイスフラン/円
  • 南アランド/円
  • トルコリラ/円

の合計9通貨ペアです。

取引通貨ペアの数としては少ないものの、メジャーな通貨ペアは押さえてあります。なお、高金利通貨として近年人気を集めているトルコリラも取り扱っているのもポイントです。

NetFXの取引単位は?

NetFXの取引単位は10,000通貨単位です。ただし、南アフリカランド/円のみ100,000通貨単位となっています。基本的に10,000通貨からの取引になるため、初心者にとっては少々ハードルが高いかもしれません。

慣れるまでは、あまりロットを多くしないで取引した方が良いでしょう。

NetFXのスプレッドは?

NetFXのスプレッドは、USドル/円で通常時1銭~2銭です。スプレッドは固定ではなく、相場によって変動します。

また、ユーロ/円と豪ドル/円のスプレッドは、通常時で2銭~4銭、NZドル/円、英ポンド/円、カナダドル/円で6銭となっています。

他のFX会社の中には、USドル/円で0.2銭、0.3銭といったスプレッドのところも多いため、NetFXの通常時1銭~2銭というスプレッドは比較的広い方であると言えるでしょう。

また、ユーロ円のスプレッドも0.5銭や0.7銭といったところもあるため、通常時2銭~4銭というスプレッドは広いと言えます。このことから分かるとおりNetFXのスプレッドは広めの方であると言えるでしょう。

なお、スプレッドの提示率も同社のHPに掲載されています。おおむね95%以上の提示率となっているため、通常時のスプレッドよりも広がるケースは少ない方であると言えます。

NetFXのレバレッジは?

松井証券のNetFXの場合、あらかじめ用意されたレバレッジの中から1つ選んだり、レバレッジが固定されている、というものではなく、ロスカット幅を決めることでレバレッジが算出される、というものです。

つまり、自分が許容できる損失額からレバレッジが決まるのです。それにあたり、NetFX独自の証拠金の算出方法があります。

NetFXの場合、必要保証金=標準取引保証金+ロスカット保証金で保証金額が計算されます。

そして、標準取引保証金は約定代金×通貨ペアごとの保証金率、ロスカット保証金はロスカット幅×建玉数量で計算されます。なお、保証金率はどの通貨ペアも一律で4%となっています。

同社の場合、自分が許容できる損失額がどれくらいかでレバレッジが変わってきます。そのため、レバレッジを決めて取引するのではなく、どれくらいの為替変動を許容できるかでロスカット幅も変化し、レバレッジも変わります。

例えば、豪ドル/円のレートが87.40円の時に、自分の許容できる為替変動が0.2円の場合、レバレッジは約24倍となり、自分の許容できる為替変動が30円の場合、レバレッジは約3倍となります。

なお、NetFXでは最低ロスカット幅と最大ロスカット幅が通貨ペアごとに定められています。

例えば、USドル/円、豪ドル/円、カナダドル/円の場合、最低ロスカット幅は0.2円、最大ロスカット幅は30円です。

また、ユーロ/円の場合は最低ロスカット幅が0.2円、最大ロスカット幅が40円、英ポンド/円の場合は最低ロスカット幅が0.2円、最大ロスカット幅が60円となっています。なお、ロスカット幅の初期値は、スイスフラン/円が1円、他の通貨ペアは0.5円です。

NetFXは取引単位が10,000通貨単位からと大きいです。そのため、初心者の場合、適切な損切りができずに損失が大きくなり、ロスカットされてしまうケースもあります。

しかし、NetFXのロスカットルールは、自分が許容できるロスカット幅を決められた範囲の中で設定できるので、最初のうちはロスカット幅を小さめにして取引することができます。

NetFXのスワップは?

NetFXではスワップカレンダーをホームページで掲載していません。しかし、スワップは特別高い方ではない模様です。もしも、スワップ狙いで取引したい場合は、スワップが高い他のFX会社を使った方が良いでしょう。

NetFXの追証は?

NetFXでは追証があります。取引を継続するために維持しなければならない最低維持基準を下回ると、追証が発生します。

追証は、個人の場合、

使用可能保証金額 ÷ (買建玉総額+売建玉総額)

が4%を下回った時に発生します。

また、法人の場合は、使用可能保証金額が建玉ごとの標準取引保証金の合計を下回った場合に発生します。

NetFXでは、追証が発生すると電話等での連絡は行わず、NetFX会員画面のお知らせ画面に追証が発生した旨を掲示します。

追証が発生したら、発生した取引日の翌々営業日の11:30までに入金するか、ポジションを決済するかのどちらかで追証を解消する必要があります。

なお、NetFX会員画面のお知らせ画面にも、入金期限と入金必要額、返済必要額が掲示されます。入金して解消する場合は、入金必要額に記載の金額を期限までに入金する必要があります。

また、ポジション決済で解消する場合は、返済必要額に記載されている金額分以上のポジションを決済する必要があります。

NetFXの口座開設はどのように行えば良いか

NetFXで取引するには、ネットストック口座の開設が必要です。NetFX口座を単独で開設することはできないことに注意しましょう。

もしすでに松井証券のネットストック口座を開設しているようであれば、ネットストックにログインし、口座管理画面より各種口座開設状況画面にアクセスし、NetFX口座を開設することができます。

詳しい方法は松井証券のHPにも紹介されているので、確認してみると良いでしょう。

NetFXの入出金は?

NetFX口座への直接の入金はできません。そのため、いったんネットストック口座へ入金し、NetFX口座へ振替える形で入金する必要があります。

ネットストック口座への入金方法は3種類あります。ネットリンク入金、らくらく振替入金、銀行振込入金です。

ネットリンク入金とらくらく振替入金のサービスは、提携金融機関でインターネットバンキングの利用ができる状態にしていないといけません。そのため、提携金融機関でインターネットバンキングを予め申し込んでおき、利用できる状態にしておく必要があります。

ネットリンク入金とは、銀行口座からネットストック口座にリアルタイムで振込入金するサービスのことです。利用時間や利用可能金融機関を確認して利用しましょう。

なお、ネットリンク入金の利用可能金融機関は

  • ゆうちょ銀行
  • みずほ銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • りそな銀行

など4金融です。

らくらく振替入金は、会員画面から利用可能金融機関と口座振替契約を締結することで、ネットストッ口座へリアルタイムに振込入金手続きができるサービスです。らくらく振替入金の利用可能金融機関は三菱東京UFJ銀行です。

なお、らくらく振替入金は法人口座での利用はできません。

また、ネットリンク入金、らくらく振替入金の振込手数料は無料です。振替入金限度額は、1万円以上1億円未満となっています。

利用時間は

  • 06:00~15:00
  • 17:00~翌02:00
  • 03:00~05:30

となっており、入金は即時反映されます。

なお、15時以降の入金手続きは翌営業日付の入金として画面に表示されます。

銀行振込は、金融機関のATM・窓口から、松井証券が指定する「入金先銀行口座」に振り込む方法です。

この方法では、利用した金融機関所定の振込手数料がかかります。松井証券で入金が確認できてから口座に反映されるため、口座反映まである程度の時間がかかることに注意が必要です。

出金は、入金同様、NetFXから直接の出金はできず、いったんネットストック口座へ振替えた後に出金手続きをしなければなりません。翌営業日以降の出金は手数料無料ですが、即時出金は1回ごとに300円の手数料がかかります。

また、翌営業以降の出金の場合、利用時間は

  • 06:00~15:30
  • 17:00~翌02:00
  • 03:00~05:30

となっており、

06:00~15:30の受付は翌営業日に、

  • 17:00~翌02:00
  • 03:00~05:30

の受付は翌々営業日に反映されます。

なお、即時出金の場合は、営業日の09:00~14:50の時間内であれば即時反映されます。

出金は1日あたりの利用回数が決められています。利用回数の上限は、翌営業日以降の出金の場合1回、即時出金の場合5回までとなっています。

NetFX の取引システムは?

NetFXの取引システムは、

の3種類です。

NetFXトレーダー・プラス

NetFXトレーダー・プラスは、1秒という短い間隔で自動更新される「為替ボード」からワンクリックで発注画面を表示できます。

また、ツール上でNetFXの各照会画面を確認できるなど、必要な情報にすぐにアクセスできるように作られているのが特徴で、PCとタブレット端末で利用できます。

そのため、外出先でもその場ですぐに取引でき、NetFX会員画面にかわる取引ツールとして利用できます。システムソフトのダウンロードや設定は一切不要ですので、手軽に使うことができます。

Windows、Mac OSのPCはもちろん、AndroidやiOSを搭載のタブレット端末でも利用できます。なお、NetFX口座を開設済であれば、NetFXトレーダー・プラスは無料で利用できます。

NetFXトレーダー・プラスの為替ボードは、複数通貨ペアの為替レートを自動更新で確認できます。取引数量やロスカット幅といった取引条件をあらかじめ設定し、タイミングを逃さずに取引できるため、スピード感のある取引が可能です。

また、為替ボードは為替レートの確認や発注、音声読み上げができます。

NetFXトレーダー・プラスのテクニカルチャートは高性能で、多種多様なテクニカル分析が可能です。時間足もTickから年足まで様々な時間軸の足を表示できます。

また、ローソク足だけでなく、ラインやバー、カギ足など、6種類の足を表示できます。

さらに、通貨ペアの比較チャートを表示することができます。絶対比較、相対比較、スプレッド比較の3種類から表示を選ぶことができます。

また、あらかじめ設定した価格や騰落率、時間になった時に登録メールアドレスへ知らせてくれる「トリガーメール機能」も搭載しています。

FXtouch

FXtouchはスマートフォン向けアプリケーションです。売り気配や買い気配をタップするだけで発注できる「スピード注文」や、チャートを見ながら発注可能な「チャートスピード注文」、複数通貨ペアの為替レートが一覧できる「為替ボード」、そして、FX取引に欠かせない「ニュース」が搭載されており、取引には欠かせないスピード感に重点を置いた取引ツールです。

スマホでも十分満足できるよう、様々な機能が搭載されているため、パソコンと遜色なく取引できることが大きなメリットです。

FXtouchではテクニカルチャートの表示ができます。PCでの取引のような豊富なテクニカル分析が可能です。

AIチャート・FX

AIチャート・FXは、話題のAIを搭載したロボアドバイザーで、AIならではのディープラーニング(深層学習)を活用した分析が可能です。

チャートから「売り」「買い」のタイミングを選択するだけで、AIがチャートパターンを分析し、自分だけの投資アルゴリズムを作成します。

チャートを選ぶだけで簡単に操作できますので、初心者でも中上級者でも、投資アイデアを簡単に形にすることができる使い勝手の良さが特徴です。

AIチャート・FXは、NetFx口座を開設済であれば、無料で利用できます。

まとめ

今回は、松井証券のFXサービスについて紹介しました。株のイメージの強い会社ではありますが、FXサービスも充実している会社です。

「FX取引を始めてみたい」「証券会社のFXサービスを利用したい」と考えている人がいたら、今回の解説を参考にして会社を選んでみてはいかがでしょうか。

会社によって、利用時間や入出金のタイミングが異なるので、自分の生活スタイルや投資スタイル、少額で行うのか高額で行うのか等をしっかり考え、どの会社でFXを始めるか検討してみると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。