じぶん銀行の特徴は?スプレッドや取引ツールを他社と比較してわかったこと

  • 更新日: 2019/07/23

FXのサービスを提供するのはFX会社というイメージがありますが、中には証券会社や銀行がFXを提供している場合もあります。
特に銀行にはFXのイメージがなく、意外に思う人も多いのではないでしょうか。

そのため、

  • 銀行が提供するFXサービスに興味がある。
  • じぶん銀行に口座がある。

という人に、今回はじぶん銀行が提供するFXサービスについて紹介します。

auユーザーの人の中には、じぶん銀行の口座を持っている人も少なくないのではないでしょうか。じぶん銀行は2008年創業なので、今年で10年目となるまだ新しい銀行です。

携帯電話やスマートフォンで利用できるサービスに強みがある同行は、近年ではAIによるサービスにも力を入れています。

つい最近では、AIを活用した「AI外貨自動積立」のサービスを開始するなど、新しい技術を積極的に導入し、ユニークな商品を提供しているのが特徴です。

そんなじぶん銀行では、「じぶん銀行FX」というFXサービスを提供しています。
今回は、じぶん銀行で提供しているFXがどのようなものなのか、解説します。

じぶん銀行はどんな銀行?

じぶん銀行はまだ新しい銀行なので、よく知らないという人も多いでしょう。
そこで、まずはじぶん銀行がどんな銀行なのかを紹介します。

じぶん銀行について

じぶん銀行は、三菱UFJ銀行とKDDIの出資で誕生したインターネット銀行です。先ほども書いたように創業は2008年とまだ新しく、今年で10年目を迎えます。

同社はすべての取引をスマートフォンで利用できる銀行を目指しているため、携帯電話やスマートフォンで利用できるサービスに力を入れています。

2017年には、専用のスマートフォンアプリを用いて全国のセブン銀行ATMで入出金できる「スマホATM」を開始しました。

創業以来順調に事業を拡大している同社は、円や外貨での預金、住宅ローンといった銀行のサービスだけでなく、AIを使った外貨予測やAIを利用した外貨積立など、近年はAIを使ったサービスにも力を入れています。

また、FXのサービスについては2013年に開始しています。

じぶん銀行のFX取引とは

じぶん銀行が提供するFXサービスにはどういう特徴があるのでしょうか?
ここからは、じぶん銀行で提供しているサービスや、取引システムについて紹介していきます。

じぶん銀行の「じぶん銀行FX」

じぶん銀行が提供しているFXサービスの「じぶん銀行FX」は、豊富なコンテンツが魅力で、初心者でも取り組みやすいように工夫されています。

例えば、「マンガでわかるFX」など、マンガを使い、分かりやすくFXの基本を紹介するなどのアプローチもしています。

また、マンガではありませんが、図を入れてFXの基本をわかりやすく紹介している「FXガイド」のページも用意されています。

このように、じぶん銀行FXでは、FX初心者はもちろん、FXの経験者が基本を復習する場合にも気軽に学ぶことができるよう、様々な工夫をこらしています。

じぶん銀行のFXの取引通貨ペアは?

じぶん銀行で取り扱っている取引可能な通貨ペアは、

  • 米ドル/円(USD/JPY)
  • ユーロ/円(EUR/JPY)
  • ポンド/円(GBP/JPY)
  • 豪ドル/円(AUD/JPY)
  • スイスフラン/円(CHF/JPY)
  • 加ドル/円(CAD/JPY)
  • NZドル/円(NZD/JPY)
  • 南アフリカランド/円(ZAR/JPY)
  • ユーロ/米ドル(EUR/USD)
  • ポンド/米ドル(GBP/USD)
  • 豪ドル/米ドル(AUD/USD)

の11通貨ペアです。

他のFX会社と比べると少なめではありますが、人気のあるメジャーな通貨ペアについては一通り押さえています。

じぶん銀行FXの取引コースと最低取引単位は?

じぶん銀行FXの取引コースには、取引通貨単位の違いにより「ミニ」「通常」「大口」の3コースがあります。

ミニは1,000通貨単位、通常は1万通貨単位、大口は50万通貨以上で10万通貨単位での取引となります。

ただし、南アフリカランド/円だけはミニで1万通貨単位、通常で10万通貨単位となっていて、大口では取り扱っていません。

また、他にもコースごとの違いがあります。新規注文1回あたりの上限はミニで9,000通貨まで、通常で49万通貨まで、大口で300万通貨までとなっています。

さらに、1日当たりの新規取引高制限も、ミニと通常は1億5,000万通貨まで、大口は9,000万通貨までと決められています。建玉上限は、ミニと通常で1,000万通貨、大口で600万通貨です。

注文できる上限は大口の方が低い、ということを覚えておくと良いでしょう。

じぶん銀行FXの証拠金は?

じぶん銀行FXには、注文必要証拠金と建玉必要証拠金という2つの証拠金があります。

注文必要証拠金は、新規注文のために必要な証拠金の金額で、新規建玉に必要な金額の5%となっています。建玉必要証拠金は取引維持のために必要な証拠金の金額で、建玉の建値の4%となっています。

つまり、注文必要証拠金についてはレバレッジ20倍、建玉必要証拠金についてはレバレッジ25倍になっている、ということになります。

注文必要証拠金と建玉必要証拠金との間に差があるのは何故かといえば、注文時にレバレッジの最大倍率まで発注してしまうと、少しの値動きでも自動ロスカット(強制決済)が発生してしまうため、発注の際には1%の余力を残すようにしているからです。

じぶん銀行FXのロスカットとアラートは?

じぶん銀行FXでは、ロスカットやアラートメールが用意されています。

証拠金維持率が150%を下回ると、まずはプレアラートメールが送信され、125%を下回ると、今度はアラートメールが送られます。

その後、証拠金維持率が100%を下回ると自動ロスカットが発動して、未約定の注文は全て取り消され、さらに建玉も全て強制的に決済されます。ロスカットの判定はリアルタイムで行われます。

じぶん銀行のロスカット基準は比較的高い方となっていて、大きく資産を減らさないように配慮されています。ただ、ロスカットは成行注文で行われ、その際にはスリッページも発生するので、相場によっては想定以上の大きな損失が出ることもあります。

そのため、ロスカット基準が高い方であっても、執行されるより前に、自分で適切な損切りをすることが大切です。

じぶん銀行FXのスワップは?

じぶん銀行FXでは、HP上にスワップカレンダーなどは掲載していません。しかし、スワップポイントは米ドル/円で45円、豪ドル/円で35円と、高くもなく低くもなく標準的な模様です。

また、じぶん銀行FXではスワップポイントのみの出金はできません。もしもスワップポイントを出金したい場合には、スワップが付与されたポジションを決済する必要があります。

また、決済したらすぐに出金できるわけではなく、原則2営業日後に資金の受け渡しが行われてから、出金可能になることに注意しましょう。

じぶん銀行FXのスプレッドは?

じぶん銀行FXのスプレッドは米ドル円で2銭、ユーロ円で3銭となっています。ドル円が0.2銭、0.3銭、ユーロ円が0.5銭や0.7銭といったFX会社があることを考えると、広い方であるといえます。

このスプレッドは通常コースの場合なので、ミニコースや大口コースとは異なります。

じぶん銀行FXのレバレッジは?

じぶん銀行FXでは、レバレッジのコースなどは用意されていません。例えば、他のFX会社でFX取引をする場合、多くの会社では発注の際にレバレッジ5倍、レバレッジ10倍など、かけたいレバレッジを指定して取引することができます。

また、口座開設時に「レバレッジ25倍コース」などのコースを用意してレバレッジを固定している会社や、コースによって最大レバレッジを変えている会社などもあります。

じぶん銀行FXの場合、レバレッジは固定ではありません。そして、発注時に25倍までのレバレッジのいずれかを指定して発注できる、という仕組みでもありません。

じぶん銀行FXでは、取引額をかけたいレバレッジで割り、取引に必要な金額を自分で計算して、それによって算出された金額を証拠金にすることでレバレッジが計算されます。

そのため、例えば米ドル/円のレートが120円の時に、1万通貨をレバレッジ10倍で取引しようと思ったら、120円×10,000÷10=120,000円の証拠金が必要となるので、120,000円を証拠金として使うことを指定すると、レバレッジ10倍での取引ができるようになります。

このことから分かるように、じぶん銀行FXでは、かけたいレバレッジから必要な証拠金を計算しなくてはならないため、少々面倒な部分もあります。

じぶん銀行FXの口座開設

じぶん銀行FXは、じぶん銀行に円普通預金口座を持っていなければFX口座が開設できません。そのため、FX口座だけを開設することはできないという点に留意してください。

じぶん銀行FXの口座開設をするにあたり、じぶん銀行の円普通預金口座を持っていない場合は、じぶん銀行の円普通預金口座を開設した後でFX口座の開設申し込みをする…という流れになります。

また、20歳以上70歳未満でないとFX口座の開設ができないため、その点にも注意してください。

じぶん銀行FXの入出金

じぶん銀行FXでは、FX口座に直接入金することはできません。そのため、入金の際はじぶん銀行の円普通預金口座へ入金する必要があり、そこからFX口座への振替を行います。

じぶん銀行口座へ入金するには、ATMからの入金と振込入金、定額自動入金サービスがあります。

ATMからの入金は、キャッシュカードを使ってコンビニや他行のATMから入金します。預入には手数料がかかりません。

振込入金は、銀行の窓口もしくはATMからじぶん銀行の口座に振り込みます。その際、三菱東京UFJ銀行からじぶん銀行への振込であれば手数料は無料となります。

定額自動入金サービスは、本人名義の他行口座から毎月一定額をじぶん銀行の口座へと入金するサービスです。たとえば給与振込口座から毎月10万円を自動入金する、といった使い方ができます。

出金の際も入金と同様に、FX口座から直接出金することはできません。そのため、いったんじぶん銀行の円普通預金口座へ振替し、そこから出金手続きを行う必要があります。

なお、証拠金の振替入出金については午前7時20分から翌日の午前6時40分まで可能です。また、サマータイムの間はこの取扱時間の開始時間・終了時間が、それぞれ1時間早まります。

じぶん銀行FXの月曜日オープン時の約定ルール

月曜日のオープン時間までに指値注文、もしくは逆指値注文を行っていて、月曜日のオープン時にその約定条件を満たしていた場合は、売り・買いや新規・決済などの区別なく、月曜日オープン時の取引レートで約定されます。

じぶん銀行FXの取引ツール

じぶん銀行FXでは、PCで取引できる「じぶん銀行FX PCアプリ」「ウェブブラウザ版取引ツール」と、スマートフォンで取引できる「じぶん銀行FXアプリ」の3種類の取引ツールを用意しています。

じぶん銀行FX PCアプリ

じぶん銀行FX PCアプリは、パソコンにインストールして使用します。機能が充実していて、操作性やカスタマイズ性に優れているのが特徴です。お客様番号とログインパスワードのみですべての機能を利用でき、スピード感あふれる取引が可能です。

また、取引に欠かせない為替情報もFISCO社から提供されていて、最新情報を「FXニュース」でいつでもチェックできます。

チャートも描画ツールが充実していますので、自分なりの相場分析に役立ちます。テクニカル指標もトレンド指標やオシレーター指標、期間有用性指標など多数利用できるので、より深いレベルの相場分析も可能です。

チャートはローソク足の他、バーチャートやラインチャート、カギ足などから選ぶことができるなど、ニーズに合わせて表示を変更することができます。

さらに、各通貨ペアのスワップ情報も記録され、一覧にしてチェックすることができます。

じぶん銀行FX PCアプリのインストール方法は、インターネットバンキングにログインし、メニューにある「じぶん銀行FX」をクリックします。

そうするとブラウザ版取引ツールが起動しますので、右上にある「じぶん銀行FX PCアプリ」をクリックしてください。ファイルのダウンロード画面が表示されるので、「ファイルを保存」をクリックします。

保存したファイルのインストーラーをダブルクリックしてインストールしたら使えるようになります。

ウェブブラウザ版取引ツール

ウェブブラウザ版取引ツールは、じぶん銀行のインターネットバンキングにログインして「FXメニュー」をクリックすると起動します。パソコンだけではなく、携帯でも利用可能な便利なツールです。シンプルな画面構成で、初心者でも簡単に操作できます。

ウェブブラウザ版取引ツールでは、複数のレートを表示でき、10種類以上のテクニカル指標を使用したチャート分析が可能です。さらに、チャート画面を分割して、最大4つのチャートを同時に表示して比較することもできます。

注文機能も通常の注文の他、ストップリミット注文やトレール注文、OCO注文などが可能です。

スマートフォン用じぶん銀行FXアプリ

スマートフォン用じぶん銀行FXアプリは、ホーム画面に複数の通貨ペアのプライス一覧が表示されます。チャートの4分割表示も可能ですが、画面が小さくなって少々見づらいという意見もあるので、あまり小さくしないほうがいいかもしれません。

FXニュースもチェックできるので、外出先で気になるニュースが流れた際もすぐに注文できます。

注文機能もストリーミング注文やトレール注文、ストップリミット注文など多彩に用意されています。

ユニークな企画も実施

じぶん銀行FXでは、マンガでわかるFXなどのコンテンツを用意していますが、その内容を読んでクイズに答え、FX口座を開いて1回取引を行うと、条件を達成した人全員に現金1,000円がプレゼントされる、という企画が実施されています。

また、月に一度発表される経済指標について、次回の米国経済指標発表後の米ドル/円はどう動くかを予想する企画も行っています。正解者には、キャンペーンの報酬が20%増額されるなどの特典もありました。

こうした企画は常に行われているわけではありませんが、定期的に行われているので時々チェックしてみてはいかがでしょうか。

じぶん銀行FXではキャンペーンも実施

じぶん銀行FXでは様々なキャンペーンを開催していて、継続して行われているのは取引量に応じて毎月最大5万円をプレゼントするキャンペーンです。

1か月内で5,000万通貨以上を取引すると、取引月の翌月下旬に銀行口座へと振り込まれます。なお、プレゼントは10万通貨以上から受け取ることができます。

まとめ

じぶん銀行はまだ新しい銀行であるため、auユーザーにとっては馴染み深い銀行ですが、他社のユーザーにとってはそれほど馴染みがなく、「名前を聞いたことがない」という人もいるかもしれません。

そんなじぶん銀行が提供するFXは、1,000通貨から取引が可能な手軽さや、入金が振込ではなくATMからキャッシュカードで入金可能という使いやすさがあります。

また、投資家が楽しみながらFXを学ぶことができるよう、マンガでのFX解説や今後の相場予想をクイズ形式にしているなど、初心者が始める際にも楽しく取引できるよう工夫されています。

利用の際にはじぶん銀行の預金口座を開設しなくてはいけませんが、銀行のFXサービスということで他には見られない連携などもあり、かえって使いやすいといえるかもしれません。

これからFX会社を選んで口座を開設したい、という人は、じぶん銀行でFXを始めてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。