アイネット証券はどんな会社?ループイフダンの口コミやメリット・デメリットも紹介

  • 更新日: 2019/07/22

これからFXを始めようと思った場合、まずはFXの口座を開設しなくてはいけません。

しかし、いざ口座を開設しようと思っても、どこで開設すればいいのかわからない、という人も多いでしょう。
そこで目を向けるのがそれぞれの会社のFXサービスの特徴となるのですが、その中でも

今回のFX記事でわかること!

  • サポート体制がしっかりしていて、セミナーなどにも力を入れている会社で取引したい
  • 裁量トレードだけでなく、自動売買もできる会社で取引したい

という人に、今回はアイネット証券が提供するFXサービスについて紹介します。

アイネット証券は2003年に創業した、比較的新しい証券会社です。元々は新規上場や株式公開、株式の主幹事業務等を中心に業務を行っていましたが、現在はインターネットを利用したオンライン取引も行っています。

同社のFXの特徴は、通常の裁量取引の他、ループイフダンという自動売買を提供していることが挙げられます。

レンジ相場やトレンド相場を狙い、一定の値幅での利益を狙うループイフダンは、自動売買として人気を博しており、同社では、動画セミナーや会場セミナーなどを開催して、力を入れています。

このように、アイネット証券は、自動売買に興味がある人はもちろん、「裁量トレードと自動トレードをどちらも試したい」という人にとっても使いやすい証券会社です。

今回はアイネット証券が提供するFXサービスを紹介しますので、FX会社選びの参考にしてください。

アイネット証券はどんな会社?

それでは最初に、アイネット証券がどんな会社なのか紹介します。

アイネット証券について

アイネット証券は、2003年に創業したISホールディングスグループのインターネット専業証券会社です。IT技術を活かした資産運用の環境を提供することに力を入れていて、システムトレードの「ループイフダン」は同社の看板商品となっています。

顧客のサポート体制にも力を入れていて、セミナーも開催するなど、顧客がストレスなくFXに取り組めるよう、環境づくりにも力を入れています。

アイネット証券のFXサービスとは

それではアイネット証券のFXサービスにはどのような特徴があるのでしょうか。
ここからは、アイネット証券で提供しているサービスや取引システムについて紹介します。

アイネット証券のアイネットFX

アイネット証券では、アイネットFXというFXサービスを提供しています。

アイネットFXは安心できて納得がいくサービスを追求することをモットーとしていて、信託保全がしっかりと行われています。

また、複数の取引コースを用意して、ユーザーの投資スタイルに合わせてコースを選ぶことができるようになっています。

取引可能な通貨ペアも豊富で、スプレッドには上限が設けられているため、不用意なコストは発生しません。取引システムも使いやすいと好評で、モバイルでの取引もできます。

口座開設の申し込みもわずか10分で可能なので、思い立ったらすぐに申し込むことができます。

アイネットFXにはこのような特徴があります。

アイネットFXには3つの取引コースがある

アイネットFXには、3つのコースがあります。取引をする際には、そのコースの中から1つを選ぶ必要があります。

アイネットFXのコースは、「アイネット25+ループイフダン」「アイネット25S+ループイフダン」「アイネット25G+ループイフダン」の3コースです。

それぞれの違いは、ロスカットの基準と証拠金判定の時間、追加証拠金の有無です。また、どのコースにもループイフダン口座がついていますが、ループイフダン口座単体での開設はできません。

また、法人の場合は法人口座となりますが、そちらもループイフダン口座が同時に開設されます。

アイネットFXの取引通貨ペアは?

アイネットFXで取引可能な通貨ペアは、

  • 米ドル/円
  • ユーロ/円
  • 英ポンド/円
  • 豪ドル/円
  • NZドル/円
  • カナダドル/円
  • スイスフラン/円
  • ユーロ/米ドル
  • ユーロ/英ポンド
  • ユーロ/豪ドル
  • ユーロ/カナダドル
  • ユーロ/スイスフラン
  • ユーロ/NZドル
  • 英ポンド/米ドル
  • 英ポンド/スイスフラン
  • 英ポンド/豪ドル
  • 英ポンド/NZドル
  • 豪ドル/米ドル
  • 豪ドル/スイスフラン
  • 豪ドル/NZドル
  • NZドル/米ドル
  • 米ドル/カナダドル
  • 米ドル/スイスフラン
  • 南アフリカランド/円

の24通貨ペアとなっています。

これは他のFX会社と比べても比較的多い方であると言えます。

アイネットFXの取引通貨単位

アイネットFXは、基本的に1万通貨単位での取引となっています。ただし、南アフリカランド/円だけは10万通貨の取引となります。

今は1,000通貨単位や100通貨単位など、より小さな単位で取引できる会社もあります。1万通貨での取引は損益が大きくなるので、初心者のうちはなるべく小さなロット数で取引するように心がけたほうがいいでしょう。

アイネットFXの証拠金は?

アイネットFXでは、証拠金は通貨ペアによって定められています。ただし、レートが変動した場合は、証拠金もそれに合わせて変動します。

例えば2018年3月23日の取引証拠金は、米ドル/円で42,200円、ユーロ/円で51,900円、英ポンド/円で59,400円となっています。

また、法人の場合は証拠金が異なり、2018年3月23日の取引証拠金は、米ドル/円で15,500円、ユーロ/円で19,000円、英ポンド/円で31,500円となっています。

これらの取引証拠金は1ロット当たりの金額であり、ロット数が増えれば証拠金もその分増えていきます。

アイネットFXのロスカットと追証は?

アイネットFXでは、1日1回、有効証拠金が必要証拠金を上回っているかどうかの判定をしています。ただしアイネット25Gコースについては、常時証拠金判定を行っています。

証拠金判定が行われた時点で有効証拠金が必要証拠金を下回っていると、保有している未決済ポジションが成行注文で強制決済されます。また、その際にまだ執行されていない指値注文等の予約注文がある場合は、全て取消されることとなります。

証拠金判定時間は、アイネット25コースが月曜日を除く毎営業日午前6時45分、アイネット25Sコースが月曜日を除く毎営業日の午前7時00分(ただし、サマータイムの場合、アイネット25コースが午前5時45分、アイネット25Sコースが午前6時00分)となっています。

個人の場合、アイネット25Gは有効証拠金が取引証拠金の100%を割ると自動的にロスカットが執行されます。また、アイネット25とアイネット25Sの場合は、有効証拠金が取引証拠金の15%を下回ると自動的にロスカットが執行されます。

なお、アイネット25Sだけは追証があるので、不足分を午前6時半(サマータイムの場合は午前5時半)までに解消すると継続して取引が可能となります。

法人の場合は、月曜日を除く毎営業日の取引証拠金の午前6時45分(サマータイムは午前5時45分)に証拠金判定が行われています。有効証拠金が取引証拠金の50%を割り込むと自動的にロスカットが執行されます。なお、追証はありません。

アイネットFXのレバレッジは?

アイネットFXのレバレッジは個人の場合、

  • アイネット25
  • アイネット25S
  • アイネット25G

のいずれのコースであっても最大レバレッジは25倍です。

法人の場合は、変動幅に応じて通貨ペアごとに算出されます。

アイネットFXのスワップは?

アイネットFXのスワップは、ドル円が43円、豪ドル円が38円となっています。

もっと高い会社もあるものの、ドル円については比較的高めに設定されています。しかし、豪ドル円は高い方ではなく平均的なスワップ金額といえます。

アイネットFXのスプレッドは?

アイネットFXのスプレッドは、米ドル/円が0.7銭~1銭、ユーロ/円が1.4銭~3銭となっています。

他のFX会社の場合、ドル円のスプレッドが0.2銭や0.3銭といったところや、ユーロ円のスプレッドが0.4銭や0.5銭といったところもあるため、アイネットFXのスプレッドはどちらかといえば広い方だといえます。

アイネットFXの取引手数料

アイネットFXでは、取引手数料は無料です。

アイネットFXの入出金について

アイネットFXの入金方法には、クイック入金とマッチング入金があります。

クイック入金は振込手数料が無料で、24時間取引口座へと即時反映される入金方法です。ただし、あらかじめクイック入金が可能な提携金融機関でネットバンキングを申し込んでおく必要があります。

クイック入金が可能な提携金融機関は、

  • みずほ銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • セブン銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • 近畿大阪銀行
  • イオン銀行
  • ゆうちょ銀行

の12行です。

マッチング入金の場合は、どこの銀行やATMからでも手続きが可能です。振込入金となり、振込先の口座情報は「口座開設完了のお知らせ」に記載されています。なお、振込手数料はユーザーの負担となります。

出金の際は、取引画面から出金先銀行口座を登録する必要があります。出金先の口座名義はユーザーのものに限られます。

出金までにかかる日数については、依頼は当日午後5時に受付を締切り、出金手続きが行われます。午後5時以降の依頼は、翌営業日午後5時の処理となります。

アイネット証券での出金処理が完了すると、通常は金融機関の翌営業日から2営業日後に、登録の出金先口座に着金します。

アイネットFXの取引ツール

アイネットFXでは、「i-NET TRADER FX」という取引ツールを用意しています。「i-NET TRADER FX」はPC、スマートフォン用の取引ツールがそれぞれ用意されていて、PCに関してはダウンロード版とブラウザ版があります。

ダウンロード版はユーザーがどの機能を表示するか選ぶことができるため、使っていくうちに自然と取引ツールが使いやすい形へとカスタマイズされていきます。

あらかじめテンプレートとして「取引モード」「照会モード」「分析モード」が用意されているので、それらを使い分けながら必要に応じて変更していけばいいでしょう。

豊富なチャート機能も用意されていて、テクニカル分析なども合わせて表示することができます。また、チャート上から注文操作も可能です。さらに、2つの通貨ペアのチャートを重ねて表示することも可能です。

搭載されているテクニカルチャートは44種類と豊富で、過去の取引分析機能も備えています。

ブラウザ版では分析機能など一部の機能が利用できないなどの制限はありますが、おおむね同じように使うことができます。

また、スマートフォン版では多少簡略化されていますが、同様に取引が可能です。

アイネットFXではデモ取引も用意

ダウンロード版のi-NET TRADERでは、デモ口座を用意しています。

デモについては入出金機能が使えないことや、マーケット情報のニュースがヘッドラインのみしか見られないなど機能に制限はありますが、取引そのものを試すのには何ら問題がなく、どのような使用感なのか確認することができます。

アイネット証券の「ループイフダン」

アイネット証券で提供しているループイフダンは、自動的に取引を繰り返してくれる便利なツールです。なお、利用の際には専用の口座が必要となります。

自動取引なので寝ている間も取引は行ってくれ、一般的なシステムトレードのようなややこしいこともないシンプルな仕組みであることが特長です。

ループイフダンの取引通貨ペアは?

ループイフダンでは、

  • 米ドル/円
  • ユーロ/円
  • ポンド/円
  • 豪ドル/円
  • ユーロ/ドル
  • NZドル/円
  • カナダ/円
  • 豪ドル/ドル

の8通貨ペアが取引可能です。

アイネットFXに比べると、取引できる通貨ペアが絞られています。

ループイフダンの取引通貨単位

ループイフダンは1,000通貨単位から取引が可能です。初心者でも少額からの取引ができ、慣れてきたらロット数を増やす…といった形でレベルに合わせて取引できるのがメリットです。

ループイフダンの設定値幅

ループイフダンでは、設定値幅が通貨ペアごとに決められています。設定値幅は、

    • 米ドル/円
      設定値幅:10・15・25・50・100
    • ユーロ/円
      設定値幅:10・40・80・100・120
    • ポンド/円
      設定値幅:20・50・00・150
    • 豪ドル/円
      設定値幅:10・20・40・80・100
    • NZドル/円
      設定値幅:20・40・80・100
    • カナダドル/円
      設定値幅:20・40・60・100
    • ユーロ/米ドル
      設定値幅:10・20・40・60・100
  • 豪ドル/米ドル
    設定値幅:10・20・40・60・100

となっています。

ループイフダンの証拠金は?

ループイフダンにおける証拠金は、個人の場合は

  • 米ドル/円で4,220円
  • ユーロ/円で5,190円
  • 英ポンド/円で5,940円

となっています。

また、法人の場合は

  • 米ドル/円で1,550円
  • ユーロ/円で1,900円
  • 英ポンド/円で3,150円

となっています。

これらの証拠金はいずれも1ロット(1,000通貨)当たりの金額であり、複数ロット、もしくは複数ポジションで取引する場合はそれぞれに証拠金が必要となります。

ループイフダンのロスカットは?

ループイフダンでは、有効証拠金が取引証拠金の100%を割ると自動的にロスカットされます。

ただし、別途マイセーフティ(任意の損失額に到達した直後に、全ての保有ポジションが決済され、全ての稼働している売買システムが停止される機能)によって、任意の許容損失額を設定することが可能となっています。

ループイフダンのレバレッジは?

ループイフダンでの取引には、個人の場合は建玉金額の4%相当の証拠金が必要となります。
つまり、100÷4=25なので、レバレッジはおよそ25倍となります。

ループイフダンのスワップは?

ループイフダンにおけるスワップはアイネットFXと同額ですが、ループイフダンの場合は1,000通貨単位からの取引ができるため、1,000通貨の場合はアイネットFXの10分の1の金額になります。

ループイフダンのスプレッドは?

ループイフダンのスプレッドはドル円2銭、ユーロ円3銭となっています。

他のFX会社の場合、ドル円のスプレッドが0.2銭や0.3銭といったところや、ユーロ円のスプレッドが0.4銭や0.5銭といったところもあるため、ループイフダンのスプレッドは広い方であるということがいえます。

ループイフダンの取引手数料

ループイフダンも、アイネットFXと同様に取引手数料は無料です。

ループイフダンの入出金について

ループイフダンの入金方法は、アイネットFXと同様にクイック入金とマッチング入金があります。ただし、クイック入金の場合はループイフダン口座へと直接入金できますが、マッチング入金の場合はいったんアイネットFX口座へと入金した後で振替が必要です。

資金の振替はブラウザ版の取引システムからのみ可能で、ダウンロード版やスマートフォンアプリからは操作できません。

出金もアイネットFXと同様に、取引システムから出金手続きを行います。

ループイフダンの取引ツール

ループイフダンの取引ツールには、アイネットFXの取引ツールと同じ「i-NET TRADER」を使います。

PC、スマートフォン用の取引ツールがそれぞれ用意されていて、ログインする時にループイフダン口座を選んでログインすることで、ループイフダン用の取引画面が表示されます。

ループイフダンではデモ取引も用意

ループイフダンでの取引がピンとこない、という人のために、デモ取引も用意されています。デモ取引は無料で行うことができ、デモ口座はメールアドレスだけで開設できます。

本番に近い操作ができるので、ループイフダンの操作に慣れるためにも一度試してみるといいでしょう。

アイネット証券ではセミナーも開催

アイネット証券の特徴として、セミナーが豊富という点があります。セミナーには様々な種類があり、FXの基本から学べるセミナーや、ループイフダンの使い方を学ぶセミナーなどがあります。

会場セミナーが多く、参加無料でアイネット証券に口座を開設していなくても参加できます。また、オンラインセミナーについては、ループイフダンに関するコンテンツがホームページに掲載されています。

アイネット証券ではトレードに役立つ情報も満載!

アイネット証券では、「シストレちゃんねる」というコーナーで初めてのFXからシストレ活用事例まで、様々な情報を提供しています。

為替アナリストによる相場の分析や、金融ジャーナリストによるペンタゴンチャートの活用方法などもあります。資産運用の解説なども掲載されており、幅広く役立つ情報が集まっています。

アイネット証券のキャンペーンは?

アイネット証券ではキャンペーンなども開催していて、3月は新規口座開設の上で一定以上の取引をすることで、30,000円キャッシュバックというキャンペーンを開催しています。

まとめ

アイネット証券はループイフダンが使えることで有名な証券会社です。ループイフダンはシストレの中でも特にシンプルで、多くの利用者がいます。初めてのシストレとしては、かなり使いやすいのではないでしょうか。

常に相場を見ているのが難しい人や、あまりFXに時間を費やしたくないという人にはループイフダンがおすすめです。

どういった動きをするのか不安な場合は無料デモ取引もできるので、ループイフダンで取引をしてみたいという人はアイネット証券に口座を開設するのがお勧めです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。