あい証券の評判・口コミまとめ!CFDやファンドなどの金融商品も興味あるならおすすめ

  • 更新日: 2019/07/23

FXを始める時に最初に行うのが、FX会社選びです。「会社を選ぶだけだから、簡単だろう」と思いますが、数あるFX会社の中から自分に合ったサービス内容を提供している会社を見つけるのは案外大変で、ここでつまずく人も珍しくありません。

そこで今回は、

  • 「証券会社のFXサービスを利用したい。」
  • 「FXのみならず、CFDやファンドなどの金融商品にも興味がある。」

という人に、あい証券が提供するFXサービスについて紹介します。

あい証券は、2005年創業の比較的新しい証券会社です。インターネットによる取引はもちろん、対面による取引にも力を入れていて、FXだけではなくCFDやファンドも取り扱っています。

これからFXを取引するという人はもちろん、FXを入口に、他の投資商品にもチャレンジしたい、という人は、あい証券での口座開設を考えてみてはいかがでしょうか?

あい証券はどんな会社?

それでは最初に、あい証券がどのような会社なのか紹介します。

あい証券について

あい証券は、2005年に創業した証券会社です。メイン事業となっているFX以外に、CFDとファンドビジネスも取り扱っていて、それらを3本柱として事業展開しています。

あい証券は、インターネットによる取引はもちろん、対面による取引にも力を入れています。コンサルティング力にも定評があり、比較的新しい証券会社ではありますが、投資家から高い評価を得ています。

あい証券のFX取引システム

あい証券が提供しているFXサービスは、どのようなシステムなのでしょうか?
ここからは、あい証券で提供しているサービスや取引システムについて、紹介していきます。

あい証券の取引通貨ペア

あい証券で取引が可能な通貨ペアは、

  • ユーロ/ドル
  • 米ドル/日本円
  • 英ポンド/米ドル
  • 米ドル/スイスフラン
  • 米ドル/カナダドル
  • 豪ドル/米ドル
  • NZドル/米ドル
  • ユーロ/日本円
  • 英ポンド/日本円
  • スイスフラン/日本円
  • カナダドル/日本円
  • 豪ドル/日本円
  • ユーロ/英ポンド
  • ユーロ/スイスフラン
  • 英ポンド/スイスフラン
  • NZドル/日本円

の合計16通貨ペアとなっています。

取引通貨数としては、特段多い方ではなく、標準的な方であると言えます。高金利通貨のトルコリラやメキシコペソなどの取扱いや、南アフリカランドの取扱いはありません。しかし、メジャーな通貨ペアに関しては、一通り取り揃えています。

あい証券には2つのコースがある。

あい証券のFXには、プレミアコースとインターネットコースの2つのコースがあります。

それぞれの違いとしては、プレミアコースの場合は専門のスタッフが口座の状況や経済指標、現在の市場動向などの問い合わせに答えたり、電話による注文を受け付けるコースとなっているのに対し、インターネットコースは、顧客自身がインターネットを通じて取引するコースとなっていることが挙げられます。

あい証券のスプレッドは?

あい証券のFXのスプレッドは原則固定で、ドル円で7pips(7銭)、ユーロ円で8pips(8銭)となっています。

他のFX会社には、ドル円で0.2銭~0.3銭、ユーロ円で0.4銭~0.5銭といったところもあることを考えると、あい証券のスプレッドは広いといえます。

あい証券のレバレッジは?

あい証券では、各インターバンク市場で提示される為替レートを基に、同社で定めた全営業日の終値による想定元本に4%をかけて算出した必要証拠金額を、毎営業日適用しています。

そのため、他のFX会社であるような、注文の際に任意のレバレッジをかけて証拠金が自動的に算出される、という形のものではないことに注意が必要です。

想定元本の4%ということなので、レバレッジは25倍ということになるのですが、25倍のレバレッジは前営業日の終値を基にした金額に対してかけるというところがポイントとなっています。

また、あい証券は10万通貨単位での取引となっています。そのため、1万通貨単位の場合よりも損益が大きくなることに注意が必要です。

あい証券のスワップポイント

あい証券のスワップポイントは毎日変動していて、2018年4月16日の場合、米ドル/日本円は、買いが457円、売りが-579円となっており、豪ドル/日本円は、買いが597円、売りが-695円となっています。

ただし、この金額は10万通貨での金額になるので、他のFX会社と比較する場合はこの金額の10分の1で考える必要があります。その場合、ドル円で45.7円、豪ドル円で59.7円ということになるので注意が必要です。

このことから考えると、あい証券のドル円のスワップは標準的ですが、豪ドル円については、他社と比べても高い方であると言えます。

あい証券のアラートとロスカット

あい証券では、有効証拠金が必要証拠金の125%を下回った際に、シティ・クレジット・キャピタルリミテッドからアラート通知となる注意喚起メールが送信されます。

そしてそのまま、有効証拠金額が必要証拠金額の50%を下回ると、ロスカットが執行されます。

ロスカットは、有効証拠金額が必要証拠金額の50%を回復するまで、未決済建玉の一部もしくは全部が反対売買で決済されます。

また、各営業日の取引が終了した時点で、有効証拠金額が法定の計算後の想定元本額に対して4%を下回った場合、4%を超えるまで未決済建玉の一部もしくは全部が反対売買によって決済されます。

あい証券の手数料

あい証券の手数料は、注文数量によって手数料が割引となるボリュームディスカウント制度を採用しています。

そのため、10万通貨単位での取引では手数料が片道6銭ですが、20万では片道5銭、30万で片道4銭、50万で片道3銭、100万通貨単位では片道2.5銭という形で、取引数量が大きくなるほど手数料が少なくなります。

なお、この手数料は1通貨当たりの手数料ということになるため、10万通貨単位での取引の場合は片道6,000円、20万通貨単位の場合は片道10,000円といった金額になります。往復の場合はこの金額に2倍をかける必要があります。

また、デイトレードの場合は決済時の手数料が無料となるため、片道の手数料のみが必要となります。

例えば、10万通貨単位での取引の場合、自分の持ったポジションに対し、12銭分の有利方向への値動きが手数料として徴収されます。

デイトレードの場合は6銭分の有利方向への値動きが手数料として徴収されます。このことを考えると、あい証券の手数料は高いと言えます。

あい証券のFX口座開設

あい証券でFX口座を開設する場合、インターネットコースの場合はHPより必要事項を入力して申し込むことができます。ただし、電話取引でFXを取引したい場合は、資料請求した上で口座開設の申し込みをする必要があります。

また、プレミアコースに申し込みたい場合は、必ず電話で口座開設申し込みの問い合わせをしなければなりません。

あい証券のFX口座への入出金は?

あい証券では、通常の振込入金の他、三井住友銀行のインターネットバンキングサービスと提携して24時間即時入金サービスを行っています。

ちなみに、このサービスを利用するためには、HP上の「オンライン入金」のページから名前と振込金額、メールアドレスを入力した上で連絡する必要があります。

また、三井住友銀行のインターネットバンキングサービスは、FXのみ使用可能となっています。

通常の振込入金の場合は、15時までの入金は特に問題がなければ、振込から1時間程度で取引口座に反映されます。

また、三井住友銀行以外のインターネットバンキングを利用して入金した場合、早急に口座に反映して欲しければ、振込内容を確認できるものをあい証券までFAXすることで、すぐに反映してもらうことができるなど、きめ細かいサービスを提供しています。

出金については、13時までの依頼であれば当日扱いとなりますが、それ以降は翌日扱いとなってしまいます。
なお、出金依頼をしてから4営業日以内に出金されます。

出金の際の手数料は、1回目はあい証券の負担となりますが、2回目以降は顧客が負担しなければならないことに注意が必要です。

あい証券のFXの取引システムは?

あい証券のトレーディングツールは「i-trading」といい、PCにダウンロードして使用します。

i-tradingはテクニカル指標が充実していて、チャートに対して20種類以上のテクニカル指標を表示することができます。

また、レイアウトも自由に変更でき、チャート上からの注文や取引画面からのワンクリック注文も可能です。さらに、最新のニュースも取引ツール上から24時間リアルタイムで確認することができます。

あい証券では、FXのデモ口座を用意!

あい証券では、無料で利用できるデモ口座も用意しています。デモ口座で取引できるのは、FXとCFD取引です。利用できる期間は、原則として1か月間となっています。

あい証券ではレポートも配信している

あい証券では、毎週月曜日にテクニカル・アナリシス・レポートを配信しています。また、火曜日には、金や原油のレポートを配信するなど、プロによる相場レポートにも力を入れています。

あい証券ではセミナーも開催!

あい証券では、FX取引のセミナーも開催しています。直近に開催のセミナーとして、5月17日に開催されるセミナーがあります。

このセミナーは、あい証券のセミナールームで開催され、内容は、テクニカル分析から考察する欧州通貨の見通しに関するセミナーとなっています。なお、参加は無料ですが、事前申し込みが必要です。

まとめ

あい証券のFXサービスは、10万通貨単位での取引となっていることが大きな特徴です。取引手数料も取引量が多いほど安くなるので、資金が豊富で、大口で取引をしたい人向けのサービスといえます。

また、あい証券では、FXだけではなくファンドやCFDも取り扱っているので、FXだけではなく他の金融商品も取引したいと考えている人にとって、使いやすいと言えます。まずはFXから始め、慣れてきたらCFDにチャレンジしてみるのも良いかもしれません。

あい証券のFXサービスは、インターネット取引だけではなく電話による注文も可能なので、パソコンが苦手という人にとって、利用しやすいサービスとなっています。

資金が豊富にあり、大口での注文をしたい人や電話での取引を希望する人は、あい証券に口座を開設してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。