ヒロセ通商のデモ口座は約1分で開設できる!トレード方法も解説

  • 更新日: 2019/05/10
    ヒロセ通商のデモ口座って、簡単に開設できる?ヒロセ通商のデモ口座はどう使えばいいの?ヒロセ通商のデモ口座を使う時って、何に注意すればいい?

結論から言ってしまうと、ヒロセ通商のデモ口座は以下のような特徴があります。

ヒロセ通商のデモ口座の主な特徴

・誰でも約1分で簡単に口座開設ができる
・本番口座と同等の取引ツールを使って、リアルなFXを体験できる

一方で、デモ口座を利用する際には以下の点に注意しましょう。

ヒロセ通商のデモ口座を利用する際の注意点

・取引条件が本番口座と微妙に異なることがある
・本番取引で必要なスキルは身につかない

今回は、ヒロセ通商のデモ口座の特徴、口座開設方法、取引の方法などを、実際の画面も使いながら解説していきます。

ヒロセ通商のデモ口座の概要

ヒロセ通商のデモ口座は簡単に始められて、完全無料かつノーリスクでリアルなFXを体験できるサービスです。

基本的な概要は以下の表をご覧ください。

口座の種類 デモ口座
口座開設にかかる時間 即時
口座開設の審査 なし
口座開設費用 無料
口座維持費用 無料
口座の有効期間 3ヶ月
取引可能時間 24時間365日(土日含む(※)
取引で使用する資金 仮想の資金
投資リスク なし

(※)デモサーバーのメンテナンスなどで、一時的に取引できなくなることはあります。

デモ口座の開設は審査なしで誰でもできます。

登録フォームに

  1. 名前(ニックネーム可)
  2. 預託証拠金
  3. メールアドレス

を入力するだけですぐに口座開設が完了、ログインに必要なIDとパスワードがその場で発行される仕組みになっています。

仮想の資金が元手なのでリスクなし

ヒロセ通商のデモ口座では、口座開設時に運用する仮想資金の残高を自分で決めます。

設定できる残高は1万~1000万円です。なにか特別な理由がなければ、最大の1000万円にしておけばいいでしょう。

取引にいくら損失をだしてもこの仮想資金が減るだけなので、まったくリスクはありません。安心してガンガン取引をすることができます。

ちなみに、追加入金はできない仕様です。

もし残高がゼロになってしまった場合は、もう一度、デモ口座を開設するところからやり直してください。

なお、ヒロセ通商は同時にデモ口座をいくつも持てる仕組みです。

デモ口座の有効期間は3ヶ月

ヒロセ通商のデモ口座は、口座開設後3ヶ月で使えなくなります。

「仮想資金が増えたのでもっと続けたい!」と思っても、残念ながら残高を引継ぐことはできません。

あくまでもデモ口座は、FXに慣れたり取引ツールを体験したりするのが主目的です。

その目的を踏まえると、3ヶ月の有効期間は十分すぎるほどの長さです。

口座開設を繰り返せばデモ取引はいくらでも続けられますが、基本的にはおすすめしません。

本番とほとんど同じ取引ツールが使える

ヒロセ通商のデモ口座では、本番口座で使われる取引ツールと同等のものが用意されています。

種類が多いですが、簡単に以下にまとめておきます。

取引ツール名 デバイス 特徴
C2デモ  PC 取引スタイルに応じて自由にカスタマイズできる、高機能型取引ツール
NET4デモ
Mac専用デモ
iPhone専用アプリデモ スマートフォン
タブレット
スマートフォンながら機能は豊富で、洗練されたインターフェースの取引ツール
Andoroid専用アプリデモ
iPad専用アプリデモ
iアプリデモ 携帯電話 ガラケーからでも使えるシンプルツール
携帯版デモログイン インストール不要のブラウザ版

上記の通り、PCやタブレット、スマートフォンなど、あらゆるデバイスから使用できるものがそろっています。

もっとも本格的で高機能なのはPC版ですが、スマートフォン・タブレット版でも機能的に不足感はないと思います。

携帯電話版については機能的に劣るので、環境的に問題なければPC版またはスマートフォン・タブレット版をおすすめします。

ヒロセ通商のデモ口座と本番口座の違い

ヒロセ通商のデモ口座の概要を見てきたので、最後に本番口座との違いについても触れておきます。

口座の種類 デモ口座 本番口座
口座開設にかかる時間 即時 最短でも翌日
口座開設の審査 なし あり
口座開設費用 無料 無料
口座維持費用 無料 無料
口座の有効期間 3ヶ月 期限なし
取引可能時間 24時間365日(土日含む)(※) 月曜早朝~土曜早朝
取引で使用する資金 仮想の資金 現実の資金
投資リスク なし あり
投資ツール  <取引ツール>
・C2デモ
・.NET4デモ
・Mac専用デモ
・iPhone専用アプリデモ
・Android専用アプリデモ
・iPad専用アプリデモ
・iアプリデモ
・携帯版デモログイン

 <取引ツール>
・C2
・.NET4
・Mac専用
・ブラウザ版
・iPhone専用アプリ
・Android専用アプリ
・iPad専用アプリ
・iアプリ
・携帯版ログイン

<チャートツール>
・LION Basic
・LIONチャート
・LIONチャートPlus+
・さきよみLIONチャート

<情報ツール>
・LION分析ノート
・小林芳彦のマーケットナビ
・グローバルマーケット情報

(※)デモサーバーのメンテナンスなどで、一時的に取引できなくなることはあります。

ヒロセ通商のデモ口座と本番口座の上の表の通りですが、

・投資リスクの有無
・使用できる取引ツール、サポートツール

の2点がとくに重要です。

まずは投資リスクについてですが、本番口座は資金を失うリスクがあります。

一方で、デモ口座は仮想資金が増えたり減ったりするだけなので、現実のお金を失うリスクはありません。これがもっとも大きな相違点です。

だからこそ、デモ口座のほうは審査も不要で、誰でも無条件に口座開設ができるわけです。そして、自由に作れるから、3ヶ月の有効期限が設定されているというかたちですね。

次に使用できる取引ツールやサポートツールですが、デモ口座では本番口座と同等の取引ツールが使えますが、一部に制限がかかっています。

本番口座では取引戦略を立てるのに役立つ特別なツールや情報を提供していますが、デモ口座ではこのあたりがカットされているかたちです。

デモ口座はあくまでFXを体験したり取引ツールに慣れるところなので、取引に勝てるようになるところまではサポートしていないというイメージですね。

ヒロセ通商のデモ取引の始め方

ヒロセ通商のデモ取引を始めるのはとても簡単で、

・必要事項を入力する
・ユーザーIDとパスワードを確認する
・取引ツールをインストールする
・ログインする

という数ステップだけです。

簡単にデモ取引をスタートできるので、「やってみようかな」と思ったら気軽に始めてみることをおすすめします。

まずは、公式サイトのデモトレードのページの「LION FX デモ登録」をクリックして、登録フォームに移動してください。

必要事項を入力する

ヒロセ通商のデモ取引画面1

上がデモ登録フォームですが、見ての通り入力項目も少なくシンプルですね。

まずは、一番上の「デモ口座登録にあたっての個人情報の取扱いについて」の内容を確認して、同意のチェックを入れてください。

続いて、以下の2つの必須入力項目です。

・名前
・預託証拠金

名前はニックネームOKで、本名でなくても問題ありません。

預託証拠金は仮想資金のスタート残高のことです。1万~1000万円の間で指定することができるので、任意の数字を入力してください。

最後に、次の入力項目です。

・メールアドレス
・メール案内の希望の有無

メール案内を希望しない場合は、メールアドレスを入力する必要はありません。その場合、一番下のところで「希望しない」を選択し、メールアドレスは空欄にしておきます。

メール案内を希望する場合は、一番下のところで「希望する」を選択し、メールアドレスを入力してください。

以上で登録フォームの入力は終了です。入力内容を確認のうえデータを送信すると、口座開設が完了となります。

ユーザーIDとパスワードの確認

ヒロセ通商のデモ取引画面2

データを送信すると、ログインに必要なユーザーIDとパスワードを確認する画面に遷移します。

このIDとパスワードは、メール案内を希望していたら入力したメールアドレスにも送られてきます。メール案内を希望しなかった場合は、忘れないようにメモしておいてください。

取引ツールのインストール

ユーザーIDとパスワードの確認画面の一番下にある「PCインストール・デモ版をダウンロードする」からは、Windows用のC2デモのインストールファイルがダウンロードできます。

インストールファイルをダウンロードしたら、ダブルクリックしてインストール作業を進めていきましょう。

なお、C2デモ以外の取引ツールを使いたい場合は、デモ取引ツールの一覧ページからインストールすることができます。

ログインする

ヒロセ通商のデモ取引画面3

インストールが終了したら、アプリケーションを起動します。

すると、ログイン画面が出てくるので、先ほどのユーザーIDとパスワードを入力して「ログイン」をクリックしてください。

デモ口座へのログインし、デモ取引をスタートできます。

ちなみに、ユーザーIDとパスワードの下の「保存」をチェックしておくと、次回からログインが楽になるのでおすすめです。

ヒロセ通商のデモ口座の取引方法

それでは、ヒロセ通商のデモ口座で実際に取引を進めていく流れについても簡単に見ていきましょう。

なお、ここではおすすめのC2デモを使いますが、他の取引ツールでも同じような流れで取引できます。

その時点のレートで取引する

ヒロセ通商のデモ取引画面4

まずは、もっとも基本的なその時点のレートで取引をする方法からです。

この方法で取引する場合は、クイック注文の機能を使うと簡単です。

上のメニューから「注文 > クイック注文」とクリックして、クイック注文パネルを立ち上げてください。

ヒロセ通商のデモ取引画面5

新規注文は以下の流れで行います。

(1)通貨ペアを選択する
(2)取引数量を決める
(3)売買を選択して発注する

約定すると(4)のところに保有するポジションの数量や損益などの情報が表示されます。

保有したポジションの決済注文については、(5)で「両建なし」を選んでいる場合、上記と同じの流れで反対売買をするだけです。

補足:ポジション一覧から決済する方法

クイック注文のなかだけで新規注文も決済注文も行うのがもっとも簡単ですが、ポジション一覧から決済する方法も一応覚えておくことをおすすめします。

ヒロセ通商のデモ取引画面6

ポジションを保有すると、上のようにポジション一覧のなかにポジションが出てきます。決済は以下の流れで行います。

(1)ポジションを選択する
(2)「決済注文」をクリックする(「注文中止」に変わります)
(3)取引数量を決める
(4)注文方法を選択する(ここでは「ストリーミング決済」を使用)
(5)発注する

これでその時点のレートで決済注文を出すことができます。

レートを指定して注文する

もう1つ押さえておきたいのが、レートを指定して注文する方法です。

いくつかやり方がありますが、ここではチャートから発注する方法を紹介します。

ヒロセ通商のデモ取引画面7

まずは、取引する通貨ペアのチャート上で、指定したいレートにマウスを合わせて右クリックし、「○○で買注文」または「○○で売注文」を選びます。

すると以下の注文パネルが、通貨ペア、売買、注文方法、指定レートがセットされた状態で出てきます。

ヒロセ通商のデモ取引画面8

その後は以下の流れです。

(1)取引数量を決める
(2)レートを微調整する(必要な場合のみ)
(3)発注する

これで指値注文または逆指値注文が発注され、指定レートに相場が達したら注文が約定することになります。

チャートから直感的に発注ができるので、とてもおすすめの方法です。

デモ口座でトレードする注意点

ヒロセ通商のデモ口座はリアルなFXを体感できますが、使用するうえでは以下の注意点があります。

ヒロセ通商のデモ口座の注意点

・取引条件が本番口座と微妙に異なることがある
・本番取引で必要なスキルは身につかない

上記の注意点について、それぞれ説明していきます。

取引条件が本番口座と微妙に異なることがある

ヒロセ通商のデモ口座は、細かいところで本番口座と使い勝手が微妙に異なるところがあります。

例えば、スワップポイントや必要証拠金は本番口座では随時更新されていますが、デモ口座でも更新されていないことがあります。

そのため、発生するスワップポイントや取引可能数量が、本番口座とデモ口座で変わってくることがあります。

また、注文の約定に関して、デモ口座では実際に注文が市場に流れるわけではないこともあり、本番口座よりもスリッページが起こりにくいとも言われています。

デモ口座は本番口座にかなり近い感覚で取引できますが、完全に一緒ではないことは意識しておきましょう。

本番取引で必要な能力は身につかない

FXの本番取引には資金を失うリスクがあり、そのリスクに耐えながら取引をしていく必要があります。

しかし、デモ口座はノーリスクなので、このリスクに耐える能力をまったく鍛えることができません。

リスクのある状況ではプレッシャーがかかるため、ノーリスクの時と同じように取引を進められないものです。

そのため、デモ取引で勝てるようになったとしても、本番取引でも勝てるとは限りません。

本番取引で勝てるようになるためには、本番取引で経験を積むしかないということは、ぜひ覚えておいてください。

結論:デモ取引を長々と続けすぎてはダメ

以上のことを踏まえると、デモ取引をあまり長々と続けても意味がないことがわかります。

あくまでデモ口座はFXを体験したり、取引ツールに慣れるのが主目的です。

FXに必要な基本的な部分は学べますが、それ以上の勝つためのスキルを磨くことはできません。

将来的にFXで利益を出せるようになりたいのであれば、デモ取引を必要以上に続けるべきではありません。

デモ口座の本来の目的を達成できたと感じたら、少額からでいいので、本番口座で実際にリスクをかけた取引を始めることをおすすめします。

ヒロセ通商

Medium 413502
口コミ点数 Point star3 5 3.9
総合ランキング 8位
初回入金額 10,000円~
推しポイント 顧客満足度調査第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
1円 30円 50円

まとめ

今回は、ヒロセ通商のデモ口座について解説してきました。最後にまとめということで、内容を振り返っていきます。

まずは、ヒロセ通商のデモ口座の概要です。

・仮想の資金が元手なのでリスクなし
・デモ口座の有効期間は3ヶ月
・本番とほとんど同じ取引ツールが使える

次に、デモ口座を使う際の注意点です。

・取引条件が本番口座と微妙に異なることがある
・本番取引で必要なスキルは身につかない

これらの注意点を踏まえて、デモ取引は必要以上に長々と続けすぎないようにしましょう。

本記事の内容を思い出して、デモ口座を上手に使ったうえで本番口座にステップアップしていただければと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。