ヒロセ通商の評判は?取引通貨ペアが圧倒的に多いキャンペーンに優れたFX会社!

  • 更新日: 2019/09/02

こんなお悩みありませんか?

・「ヒロセ通商って自分に合ったFX口座なの?」

・「FXを始めたいけど、ヒロセ通商の評判って良いの?悪いの?」

・「FX口座を変更しようと思っているけど、ヒロセ通商で大丈夫?」

・「口座開設しているけど、他のサービスに変えようかな…」


「ヒロセ通商」について検索されたあなたは、上記のような疑問や思いがあるのではないでしょうか。結論から言えば、

通貨ペアが50種類と非常に多い
┗いろんな通貨ペアで取引ができるのでチャンスがたくさん!

スキャルピングに最適化された取引環境
┗取引コストが低く、取引ツールは操作性が高くスキャルピング向き

豪快な食品キャンペーンを毎月開催
┗大量の食品をもらえるのでユーザーからも大人気!

スワップポイントがマイナス金額が大きい
┗ヒロセ通商はスワップポイントが比較的高くないので、日をまたぐ取引をする人は他社で口座開設をしたほうが無難。

 ※スワップポイントが高い当サイトおすすめのFX口座はGMOクリック証券

上記の通り、いろんな通貨ペアで取引したい、スキャルピングをしたい人は、ヒロセ通商でFXトレードを始めて問題ないと思います。

ここでは、ヒロセ通商のメリットとデメリットを実際にヒロセ通商を口コミ・評判とともに解説していきます。

また、口座開設から初回入金、キャッシュバックを受け取るまでの流れも図解ともに、詳しくご紹介します。

ヒロセ通商の会社スペック表

ヒロセ通商

Medium 300 250201901
口コミ点数 Point star3 5 3.9
総合ランキング 8位
初回入金額 10,000円~
推しポイント 顧客満足度調査第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.30銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
1円 30円 50円
通貨ペア数 取引通貨単位 スプレッド スワップ ポイント 高金利通貨

(50通貨ペア)

(1000通貨単位)

(狭いが安定性△)
×
(マイナス値が大)

(TRY/MXN/ZAR)
口座開設 キャンペーン 電話サポート 注目ポイント

(ポンド円のみ)

(24時間体制)
・スキャルピングに最適化された取引環境
・豪快な食品キャンペーンなどのユニークなサービス

ヒロセ通商はJASDAQへの上場を果たしているFX会社で、信頼性という意味で安心感を持つことができます。また、オリコン顧客満足度調査の「FX取引/FX専門業者」部門においては、4年連続第1位の座を獲得しています(※)。スキャルピングを認めたり、 何十人前もの食品を豪快にもらえるキャンペーンを展開したりと、ユニークな特徴を前面に出しており、コアなファンから強く支持されているFX会社です。

(※)2019年オリコン顧客満足度調査の「FX取引/FX専門業者」部門において第1位を獲得し、4年連続の第1位となりました。また、項目別では通貨ペア・発注方法、分析ツールで第1位、業種別ではFX専門業者で第1位、投資スタイル別ではスキャルピングトレードにおいて第1位をそれぞれ獲得しています。

ヒロセ通商のメリット

ヒロセ通商はオリコン顧客満足度調査でも高い評価を受けており、ユーザーの評判がとても良いFX会社です。まずはこの人気の背景にあるメリットの部分にスポットを当てて、ポイントごとに紹介していきます。

通貨ペアが豊富で選択肢の幅が広い

ヒロセ通商のスペックで最初に目を引くのが、50通貨ペアを取り扱っているという豊富な通貨ペアです。多くのFX会社は20通貨ペアそこそこというところなので、ヒロセ通商は頭が1つ抜けているような印象です。

そのため、いろんな通貨ペアを触りたいという人には、非常にうれしい取引環境となっています。それでは、この点に関するユーザーの声を見てみましょう。

ここのLION FXは取引通貨ペアが非常に多く、50種類もの通貨ペアがラインナップされている。他社にはなかなかないような、クロスユーロやクロスポンドの通貨ペアも種類があるのが良い。
(男性 40代 会社員 FX歴:3-5年)

通常、選択できる通貨ペアはどの会社も15~20種程度だと思います。しかしLIONFXでは選択できる通貨ペアが50通りあり、(中略)これまでにはなかった通貨を取引してみたい気分になりました。

マイナーな通貨も扱っているので、いろいろな通貨を取引することができます。動いている通貨や全体の傾向などを見つけるのにも、とても役に立ちます。
(引用元:価格.com

こういったかたちで通貨ペア数の評判は良く、それを取引に上手に活用している人もいるようです。通貨ペア数が多さは取引チャンスの多さにつながりますが、この点を意識している人が高評価をしている印象でした。

マイナー通貨だけでなくメジャー通貨間においても(例えばユーロ/ポンドなど)、意外と多くのFX会社で用意されてない通貨ペアもあります。そういう意味では、メジャー通貨志向の人でもヒロセ通商はチェックしておく価値があると言えるでしょう。

スキャルピングにピッタリの取引環境

ヒロセ通商でとくに強調しておきたいのが、スキャルピングがやりやすいように取引環境を作ってくれているというところです。この点について、いくつかの角度から説明していきます。

スプレッドが狭く取引コストを抑えられる

hirose1

取引回数の増えるスキャルピングで重要となるのが1回あたりの取引コストですが、FXにおいてその中心となるのがスプレッドです。このスプレッドをヒロセ通商は業界最狭水準に設定しており、取引コストを抑えられるようになっています。

それでは、実際にヒロセ通商と他社のスプレッドを比較した表を見てみましょう。

FX会社 米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 ユーロ/米ドル ポンド/米ドル 豪ドル/米ドル
ヒロセ通商 0.3 0.5 1.0 0.7 0.4 1.0 0.9
YJFX! 0.3 0.5 1.0 0.7 0.4 1.0 0.9
DMMFX 0.3 0.5 1.0 0.7 0.4 1.0 0.9
GMOクリック証券 0.3 0.5 1.0 0.7 0.4 1.0 0.9
FXプライムbyGMO 0.6 0.9 1.8 1.3 0.6 1.8 1.4
外為どっとコム 0.3 0.5 1.0 0.7 0.4 1.0 0.9
マネーパートナーズ
(PFX)
0.3 0.4 0.9 0.6 0.3 0.8 0.9
セントラル短資FX 0.3 0.5 1.2 0.8 0.4 1.8 1.8
SBI FXトレード
(※1)
0.27
(0.29)
0.39
(0.49)
0.89
(0.99)
0.59
(0.69)
0.48
(0.58)
1.49
(1.89)
1.39
(1.79)
外為オンライン 1.0 2.0 3.0 3.0 1.0 3.0 2.0
JFX 0.3 0.5 1.0 0.7 0.4 1.0 0.9

(2018年12月17日更新)
(※)単位はpipsです。
(※)キャンペーン等により期間限定で縮小されている値ではなく、標準の原則固定スプレッドとして公開されているものを記載しています。
(※1)1万通貨以下の取引のスプレッドを記載し、カッコ内には1万1通貨~100万通貨(ユーロ/米ドルは1万1通貨~50万通貨)の取引のスプレッドを記載しています。それよりも大きい数量の取引では、スプレッドは記載している値よりも大きくなります。

日本のFX業界ではスプレッドを狭くする競争が激しいですが、そのなかでヒロセ通商はしっかりトップクラスの狭さを維持しています。取引コストが低いので、安心して取引回数を増やしていくことができます。

レートのTick回数が多い

同じ相場でも、FX会社が提示するレートは各社微妙に異なります。この点、ヒロセのレート表示の良い特徴として挙げられるのが、Tick回数が他社に比べて多いところです。簡単に言うと、レートが細かくよく動くということです。

レートがよく動く環境とあまり動かない環境を比べると、前者のほうがチャンスが多くなるため、(好みもあるかもしれませんが、)基本的にはやりやすい環境です。そういう意味でも、ヒロセ通商はスキャルピングに向いているわけです。

この点について、スキャルピングをメインに行っているトレーダーで、以下のようなコメントをしている人もいました。

ヒロセ通商はスプレッドは各通貨ペア総じて、業界の中では狭い設定になっています。また、Tickも多くよくレートが動くので、スキャルピングはしやすい環境になっていると言えるでしょう。
(性別:男性 年代:30代 職業:会社員 FX歴:3-5年)

各社のレートの提示の仕方というのは感覚的で微妙な部分ですが、スキャルピングをするうえでは無視できない重要な要素です。今使っているFX会社で「なんかやりにくいな」と感じることのある人は、一度ヒロセ通商を試してみるのもアリなんじゃないでしょうか。

取引ツールの操作性が優れている

hirose2

ヒロセ通商は取引ツールの開発に力を入れているようで、頻繁に機能追加のシステム更新を行っています。その成果もあってか取引ツールが非常によくできていて、とくに操作性の面で優れています。

スキャルピングでは発注回数が多くなるため、このあたりの取引ツールの操作性というのは大変重要です。ストレスを感じることなくサクサクと発注できるという意味でも、ヒロセ通商はスキャルピングがやりやすい環境になっています。

この点についても、実際に使っているユーザーのクチコミを見てみましょう。

私はいろんなFX会社を使ってきましたが、その中でも、いろんな発注機能を備えつつも(かつ、カスタマイズも可能)、高い操作性であるという意味で、ピカイチの取引ツールだと思っています。
(男性 30代 会社員 FX歴:3-5年)

ヒロセ通商のLION FXの取引ツールですが、タイプとしてはスピーディなトレードに強いタイプです。素早くエントリー、イグジットができるような設計になっているので、トレードをサクサクと進めていくことが可能です。
(男性 50代 自営業 FX歴:10年以上)

取引ツール自体はとてもいい感じで、操作性もいいですし、使いこなせないぐらいの高機能です。とりあえず「クイック注文」を使えば、簡単にどんどんとトレードをしていくことができました。
(男性 20代 会社員 FX歴:1-3年)

ヒロセ通商の取引ツールについては、一部で「高機能すぎる」「難しい」という声もありましたが、トータルで見ると良い評価のほうが多い印象でした。とくに操作性のところを褒めるユーザーが多く、スピーディーな取引をしたい人にピッタリと言っていいでしょう。

スキャルピングを禁止していない

最後に触れておきたいのが、ヒロセ通商はとくにスキャルピングを禁止したりしていないということです。

スキャルピングはカバー取引が難しいところがあり、FX会社からは敬遠されやすい取引スタイルです。そのため、FX会社のなかではスキャルピングを禁止していたり、やりすぎると口座凍結してしまうところもあります。

この点、ヒロセ通商ではそんな心配をすることなく、思う存分スキャルピングをすることができます。

「口座凍結を恐れて決済をためらったせいで、負けてしまったことがある」という人は、早めにヒロセ通商へ乗り換えたほうがいいかもしれません。

豪快な食品キャンペーン

hirose3

ヒロセ通商を語るうえでスルーできないのが、毎月開催されている食品を中心としたキャンペーンです。比較的低いハードルで大量の食品をもらえることができ、ユーザーからの支持も大変厚いようです。

では、過去のキャンペーンでもらうことのできた食品の例を、以下にザッと挙げておきます。

  • 餃子(40人前)
  • カレー(34人前)
  • ラーメン(60人前)
  • パスタ(44人前)

わりと庶民的なものが多いですが、これらを1000万通貨足らずの取引で何十人前という単位でもらうことができます。食費がかなり節約できることになるので、目に見えないところで利益につながっていると言えるかもしれませんね。

この他にも、損益がゾロ目になったら商品をもらえるキャンペーンだとか、国産牛のA5ステーキ300gをもらえるキャンペーンだとか、いろいろなものがあります。ヒロセ通商のキャンペーンはおもしろいので、口座開設をしたら必ずチェックしておきましょう!

ヒロセ通商で口座開設するのに向いている人

ヒロセ通商のメリットを説明してきましたが、これらを踏まえてどんな人がヒロセ通商を使うべきか、簡単にまとめておきたいと思います。基本的にメリットのところをうれしいと感じるかどうかですが、具体的には以下のようなタイプの人がヒロセ通商向きです。

ヒロセ通商に向いている人

  • スキャルピングをやりたい人
  • ろんな通貨ペアを触りたい人
  • 食品キャンペーンに興味を持った人
  • FXを楽しみたい人

このいずれかに当てはまる人は、ヒロセ通商のサービスがピッタリくる可能性が高いので、ぜひとも口座開設を検討してほしいところです。基本的にノリが良くて楽しい印象の会社なので、楽しくFXができるんじゃないかなと思います。

ヒロセ通商

Medium 300 250201901
口コミ点数 Point star3 5 3.9
総合ランキング 8位
初回入金額 10,000円~
推しポイント 顧客満足度調査第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.30銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
1円 30円 50円

ヒロセ通商のデメリット

ヒロセ通商のメリットを見てきましたが、口座開設をするうえではデメリットについても理解しておく必要があります。この章では、ヒロセ通商が苦手とするデメリットについて、スポットライトを当てていきます。

スワップポイントが想定的に優れているほうではない

実はヒロセ通商のスワップポイントの設定は、正直に言ってあまり良くありません。とくに何がダメかというと、売りと買いのスワップポイントの差額が広い点で、それによってマイナスのスワップポイントがかなり大きくなってしまっています。

では、具体的にスワップポイントを他社と比較した表を見てみましょう。

FX会社 米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 トルコリラ/円
ヒロセ通商 売:-145円
買:+45円
売:-15円
買:-35円
売:-99円
買:+20円
売:-105円
買:+50円
売:-185円
買:+100円
GMOクリック証券 売:-69円
買:+66円
売:+9円
買:-10円
売:-37円
買:+34円
売:-35円
買:+34円
売:-96円
買:+96円
DMMFX 売:-66円
買:+66円
売:+1円
買:-1円
売:-20円
買:+20円
売:-31円
買:+31円
取扱いなし
外為どっとコム 売:-96円
買:+66円
売:±0円
買:-15円
売:-45円
買:+30円
売:-51円
買:+36円
売:-130円
買:+115円
マネーパートナーズ 売:+45円
買:-99円
売:+1円
買:-10円
売:+23円
買:-58円
売:-64円
買:+30円
売:-128円
買:+108円
YJFX! 売:-81円
買:+71円
売:±0円
買:-10円
売:-40円
買:+30円
売:-46円
買:+36円
取扱いなし
SBI FXトレード 売:-72円
買:+71円
売:+12円
買:-14円
売:-33円
買:+31円
売:-36円
買:+34円
売:-118円
買:+112円
楽天FX 売:-93円
買:+70円
売:-15円
買:±0円
売:-50円
買:+25円
売:-47円
買:+30円
売:-113円
買:+90円

(2018年12月17日に付与された1万通貨あたりのスワップポイント)

このように、例えば米ドル/円で-145円となっていて、他社と比べるとダントツで悪い数字となっています。他の通貨ペアの設定も同様で、とくにマイナスのスワップポイントの値が大きいものが並んでいます。

ヒロセ通商ではプラスのスワップポイントが高いことをアピールしていたりもしますが、それ以上にマイナスのスワップポイントの設定がひどいのが実態です。もしマイナスのスワップポイントが発生する方向に取引をする場合、日をまたいでポジションを持つと取引コストがかさんでしまうことになります。

そのため、ヒロセ通商を使う場合には、ポジションは1日で閉じるようにするか、プラスのスワップポイントが発生する方向でしか取引をしないようにするのがベターです。取引にこういった制限が加わるのが、ヒロセ通商を使ううえでの大きなデメリットです。

補足:スワップポイントはGMOクリック証券がおすすめ

スワップポイントが発生するような取引をする場合は、スワップポイントの売買差額が狭いFX会社がおすすめです。そういった良心的な設定になっているFX会社で、かつ、ヒロセ通商のように優れた取引ツールを提供しているところとしては、GMOクリック証券が挙げられます。

もし日またぎの取引をすることが多く、取引損益におけるスワップポイントの影響を無視できない人は、ヒロセ通商よりもGMOクリック証券のほうが相性が良いはずです。

GMOクリック証券は年間FX取引高が7年連続で世界1位(※)という実績もあります。FXをする環境としては申し分ないので、「ヒロセ通商のメリットは良いけど、スワップポイントが気になるなあ」という人は、こちらを検討するといいでしょう。

(※)ファイナンス・マグネイト社による年間FX高の調査において、2012年1月~2018年12月にかけて世界1位となっています。

GMOクリック証券

Medium 494020
口コミ点数 Point star4 0 4.3
総合ランキング 2位
初回入金額 無料
推しポイント 低コスト&高スワップ◎
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.30銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
36円 -15円 43円

スプレッドが開きやすい

すでに説明した通り、ヒロセ通商ではスキャルピングが禁止されていません。ただし、その代償かもしれませんが、スプレッドがやや不安定で開きやすい側面があるようです。

感覚的な部分なので人それぞれ感じ方の違いもありますが、スプレッドの開き方が耐えられないと感じた人は、早めにヒロセ通商はあきらめたほうがいいでしょう。クチコミでもそういった声は散見されていたので、いくつか紹介しておきます。

LION FXはスプレッドが狭いが、広がりやすい。他にもスプレッドが広がる会社はあるし、雇用統計や要人発言があった時などに大きく広がるのは仕方のないことかもしれない。ただ、LION FXの場合の広がり方はえげつないと思う。
(男性 30代 自営業 FX歴:5年-10年)

LION FXは裁量トレードのサービスを提供しているが、使いやすいかというと、「はい」とは言えない。理由としては、スプレッドがかなり広がるからである。
(男性 50代 会社員 FX歴:10年以上)

こんなかたちで、スプレッドが不安定な点については、ユーザーの評判はあまり良くないようです。

ちなみに、どういった時にスプレッドが開きやすいかというと、基本的に大きく相場が動いて荒れている時です。もっとも定番なのが重要な経済指標の発表や要人発言などがあった時で、重要なラインをブレイクしていく時にも広がることがあります。

つまり、そういった局面をピンポイントで狙って取引したい人は、ヒロセ通商のスプレッド拡大が耐えられない可能性が高いです。逆に、そういった局面を避けて取引する場合には、そこまで大きな問題にはならないことが考えられます。

補足:スプレッドの安定を望むならDMMFXがおすすめ

DMMFXは2019年1月末時点でFX口座数国内第1位

スプレッドの安定性というのは人によって感じ方の違う部分もありますが、クチコミベースで見るとDMMFXの評判が良い印象です。そのため、「スプレッドができるだけ安定してほしい」という人には、DMMFXを検討することをすすめたいと思います。

ただし、スプレッドが安定しているとはいっても、相場が荒れたら必ずスプレッドは広がるものです。絶対にスプレッドが開かないというわけではない点は、しっかり理解しておくようにしてください。

DMMFXは口座数で国内トップを誇る人気のFX会社で(※)、安定した取引ができるFX会社です。ヒロセ通商とはまた違った特色のある会社なので、気になった人はぜひチェックしてみてくださいね。

(※)DMM.com証券が運営するDMMFXおよび外為ジャパンFXを合算した口座数で、ファイナンス・マグネイト社による調査で国内トップとなっています(2018年1月時点)。

DMM FX

Medium rola 300 250
口コミ点数 Point star4 5 4.9
総合ランキング 1位
初回入金額 無料
推しポイント FX口座数 国内第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.30銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
20円 -7円 25円

ヒロセ通商で口座開設するのに向いていない人

ヒロセ通商のデメリットを見てきましたが、これを踏まえてヒロセ通商に向いてない人について説明していきましょう。さっそくですが、以下のようなタイプの人はヒロセ通商で取引をしないほうがいいでしょう。

ヒロセ通商に向いていない人

  • スイングなど、日をまたぐ取引をする人
  • 相場が荒れた局面を狙ってスキャルピングしたい人

補足をしておくと、スイングでもプラスのスワップポイントの方向にしか取引しない人は問題ありません。また、スキャルピングについてはヒロセ通商と相性がいいのですが、取引する局面によってはスプレッド拡大が邪魔となるというイメージです。

メリットと併せて上記の点も踏まえつつ、ヒロセ通商が本当に自分に合ってるのかどうか、正しく判断していただければと思います。

ヒロセ通商で口座開設する流れ

ヒロセ通商の特徴について、メリット・デメリットの両面から説明してきましたが、口座開設に興味を持った人もいるんじゃないでしょうか。この章では、ヒロセ通商の口座を開設するまでの流れをイメージできるように、画面キャプチャとともに流れを一気に解説していきます。

口座開設の申し込み方法

口座開設というと大変そうに聞こえるかもしれませんが、ヒロセ通商の口座開設は簡単かつスピーディです。申込み作業は5分程度で終わりますし、最短で翌日にも口座開設は完了して、取引をスタートすることができます(※)

まずは以下のページの「新規口座開設はこちら」のボタンをクリックして、申込みフォームのほうに行ってください。

事前説明書・交付書面の確認

hirose6

まずは、FXのルールやリスクなどについて説明した書類を確認したうえで、内容について同意・承諾する必要があります。書類がいろいろありますが、それぞれすべてに「同意・承諾します」のチェックを付けていきます。

米国への納税義務に関する確認

hirose7

米国への納税義務がある米国人にあたるかどうか、回答します。

税務上の居住地区の特定 兼 特定取引を行う者の届出

hirose8

税務上の居住地がどこか、回答します。

基本情報/勤務先情報/連絡先指定

hirose9

氏名、住所、電話番号などの基本情報、勤務先情報を入力します。大事な情報なので、正確に入力するようにしてください。そのうえで、入力した連絡先のなかから優先的に連絡してもらいたいものを選択します。

資産状況について/投資経験等お取引の有無

hirose10

資産状況や投資経験について、自分の当てはまるものを選択します。審査でもとくに重要になってくる部分なので、慎重かつ丁寧に入力してください。

お取引金融機関

hirose11

出金の際に使用する金融機関を入力します。

投資目的について

hirose12

どういった目的でFX口座を使用する目的か、当てはまるものを選択します。

当社を知った理由/取引先を決めるポイント

hirose13

FX会社の選定に関する質問に回答します。

マイナンバー確認書類等の送付

hirose14

口座開設にあたって提出するマイナンバー確認書類・本人確認書類を選び、それらの送付方法を決めます。ちなみに、画像ファイルがあれば、このタイミングでアップロードすることが可能です。あらじめ、提出する書類の画像ファイルを作っておくことをおすすめします。

なお、後からメール、郵送、FAXで送付することも可能です。ご自身がもっともやりやすい方法を選んでください。

情報のご案内

hirose15

ヒロセ通商から送信を希望する案内メールを選択します。

口座開設に当たっての確認事項

hirose16

口座開設を申込みするにあたって、最後の確認です。記載事項をよく読んで、「同意・承諾します」にチェックを入れてください。その後、「入力内容のご確認へ」ボタンをクリックして、次の画面に遷移します。

確認画面

前ページで入力した内容が表示されるので、間違いがないか確認の上、問題なければ「この内容で送信する」ボタンをクリックします。必要書類を画像ファイルでアップロードした際は、これで手続はすべて完了です。

本人確認書類等の送付

必要書類をメール・郵送・FAXで送付する際は、申込み完了後に、必要書類を選択した方法で送付してください。送付しないと次のステップに進めないので、忘れないようにしてくださいね。

審査を経て取引スタート

申込みページの入力内容を送信し、必要書類を送付すれば、ヒロセ通商にて審査が行われることになります。審査は基本的にすぐ終わるので、焦らずに結果を待っておきましょう。

審査に無事通過すれば、ユーザーID・パスワードが記載された書類が簡易書留で送られてきます。これを使って取引システムにログインし、口座への入金をすれば、取引ができるようになります。

口座開設で最大5万円もらえるキャッシュバックキャンペーン!

hirose17

ヒロセ通商では、新規口座開設者を対象に、取引数量に応じてキャッシュバックを行うキャンペーンを開催しています。キャッシュバックをもらうために無理に取引を重ねるのはおすすめしませんが、無理のない範囲でお得に活用してくださいね。

(※)ここで紹介する口座開設キャンペーンは2019年1月現在のものです。内容はタイミングによって変更される可能性があるので、必ずご自身でのご確認をお願いいたします。

キャッシュバックをもらえる条件

キャンペーンの内容はシンプルで、所定の期間内におけるポンド/円の取引数量に応じて、キャッシュバックがもらえるかたちです。具体的な金額については、以下をご覧ください。

hirose18

こういったかたちで、一番少ないところでは15万通貨の取引で5,000円のキャッシュバックです。これはけっこう割の良い条件なので、ここはぜひ狙いたいところですね。

このキャンペーンで注意したいのは、キャンペーン申込みフォームからの申込みが必要という点です。せっかく口座開設をしても申込みを忘れていると、キャッシュバックは受けることはできません。

そして、取引に関しては、対象となるのはポンド/円に関する取引のみです。そのため、米ドル/円やユーロ/円など、他のメジャー通貨ペアを取引してもカウントされないので、勘違いしないようにしてください。

また、カウントされるのは新規約定したもののみで、新規注文しても約定していないもの、決済約定についてはカウントされません。この点も併せて注意しておきましょう。

キャンペーンは毎月開催されていますが、取引期間はだいたい翌月上旬までとお尻が固定されています。そのため、キャンペーン期間の早いタイミングで口座開設をしたほうが、取引期間が長くなります。キャンペーンを上手に利用したい人は、口座開設のタイミングを調整することをおすすめします。

キャッシュバックをもらえるまでの流れ

それでは、実際の流れを追いながら、新規口座開設をしてからキャッシュバックをもらうまでを見ていきましょう。

例えば、1月10日に口座開設が完了したとします。まずは、この期間に口座開設をした場合の、対象となるキャンペーンを確認し、キャンペーン申込みフォームから申し込みを行いましょう。

そして、キャンペーンごとに取引期間が設定されているので、いつまでの取引がカウントされるのかを確認しておきます。今回の例では、1月2日~2月7日が取引期間だったとします。自分がどれだけのキャッシュバックを狙うかを決めて、期間内にコツコツ取引を重ねていきましょう。

今回は、2月7日が終わった時点で、20万通貨のポンド/円の新規取引を約定させたとします。すると、キャッシュバックの表に従って、キャッシュバック金額は5,000円と確定します。

キャッシュバックが行われるのはキャンペーンが終了する2ヶ月以内となっていて、今回の例では3月末までということになります。キャッシュバックは口座に直接行われるので、資金残高が5,000円分加算されたかどうか、しっかりチェックしておきましょう。

まとめ

今回はヒロセ通商について、メリットとデメリットの解説、それを踏まえたヒロセ通商に向いている人と向いていない人の特徴について紹介しました。最後にまとめということで、内容のおさらいしておきましょう。

まずは、ヒロセ通商のメリットからです。

ヒロセ通商のメリット

  • 通貨ペアが豊富で選択肢の幅が広い
  • スキャルピングにピッタリの取引環境
  • 豪快な食品キャンペーン

ヒロセ通商は、取引面では通貨ペアが豊富でスキャルピングがしやすく、ガンガン取引をやりたくなるような感じのFX会社です。また、取引以外の面ではおもしろいキャンペーンをやっていて、楽しみながらFXを続けることができます。

次に、ヒロセ通商のデメリットです。

注意・警告・デメリットのポイント

  • スワップポイントがまったくダメ
  • スプレッドが開きやすい

デメリットとしては、スキャルピング向きのFX会社で、スワップポイントは良くありません。そして、スキャルピングをするうえでも、相場の局面においてはスプレッドが大きく開くため、その開き方の癖はあらかじめリサーチしておくことをおすすめします。

以上のメリット・デメリットを踏まえておけば、ヒロセ通商で口座開設をして失敗することはないでしょう。特徴をしっかり押さえて、イメージ通りのFXライフを送っていただければと思います。

ヒロセ通商

Medium 300 250201901
口コミ点数 Point star3 5 3.9
総合ランキング 8位
初回入金額 10,000円~
推しポイント 顧客満足度調査第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.30銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
1円 30円 50円

当サイトが選ぶ部門別No.1のFX口座はこちら!

【初心者におすすめ】部門
外為オンライン
1,000通貨から取引可能で、サポートが手厚い口座

公式HPへ

外為どっとコムのキャンペーン内容
【少額投資】部門
外為どっとコム
スプレッドなどのコスト面でバランスが良い口座

公式HPへ

DMMFXは2019年1月末時点でFX口座数国内第1位で2万円のキャッシュバックキャンペーン中
【スマホアプリ】部門
DMM FX
チャート機能が優れていて、上級者でも納得の性能

公式HPへ

GMOクリック証券7年連続FX取引高世界第1位
【スワップポイント】部門
GMOクリック証券
全般的に買いスワップが高く、総合力がある口座

公式HPへ

【通貨ペア数】部門
ヒロセ通商
50ペアの通貨ペア数は業界最高の通貨ペア数

公式HPへ

FXを始めてみたい方は、こちらで人気の会社を見てみましょう!

ヒロセ通商の評判・口コミ

20代 / 男性 / 会社員
FX歴:1-3年
口座開設申し込みは簡単でした
FXに興味を持っていろいろ調べた時に、ヒロセ通商の公式ページがおもしろそうだったので、僕はけっこう気楽な気持ちで口座開設の申込みをしました。この口座開設申込みの手続きですが、非常に簡単にできて、...
口座開設申し込みは簡単でした
FXに興味を持っていろいろ調べた時に、ヒロセ通商の公式ページがおもしろそうだったので、僕はけっこう気楽な気持ちで口座開設の申込みをしました。この口座開設申込みの手続きですが、非常に簡単にできて、本当に5分ぐらいしかかかってないんじゃないかなと思います。その後もスムーズに審査終了、ログイン情報の通知が来て、気楽な気持ちで申込んですぐにトレードを始めるまでに至りました。ということで、誰でも気楽な気持ちで手軽に口座開設の申込みができるFX会社だと思います。
取引ツールが高機能かつ操作性がいい
口座開設が完了してから最初に迷ったのが、どの取引ツールを使おうかという点です。というのが、ヒロセ通商のLION FXは使えるツールがPC版で4つもあるんです。とりあえず僕はJava版にしてみましたが、このあたりはもうちょっとわかりやすくしてほしいかもしれません。でも、取引ツール自体はとてもいい感じで、操作性もいいですし、使いこなせないぐらいの高機能です。とりあえず「クイック注文」を使えば、簡単にどんどんとトレードをしていくことができました。
少額資金からのトレードスタート
僕の場合は習うより慣れろという感じで、とにかくトレードを実戦でやっていくことから始めました。その時にはあまり大きな資金は使いたくないところですが、LION FXは1000通貨対応だったので、少ない資金でこういった実戦トレードをたくさん経験することができました。また、月間のトレード成績を競う「リアルトレードランキング」というものもあり、トレードを続けるモチベーション維持に役立っています。ちなみに、このリアルトレードランキングには利益額だけでなく獲得pipsを競うカテゴリもあるので、少額資金の人でも上位を狙うことが可能です(僕はまだ無理ですが……)。
自分にも手が届くいろんなキャンペーン
ヒロセ通商ではいろんなキャンペーンをやってるんですが、僕がよく参加しているのは食品キャンペーンとゾロ目キャンペーンです。食品キャンペーンは所定の取引量をこなせばオリジナルの食品がもらえ、ゾロ目キャンペーンは1取引の利益額がゾロ目になれば所定の商品をもらえます。なんともユニークなキャンペーンですが、僕みたいな少額トレーダーでも十分に手が届くレベルというのがいいですよね。こんな感じで、気軽に始められるヒロセ通商ですが、いろんなイベントがあって、楽しくトレードを続けられるFX会社だと思います。
30代 / 女性 / 会社員
FX歴:1年以下
上場しているFX会社
FXトレードを始める際は、FX会社に証拠金を入金する必要があります。取引通貨数が増えれば、数十万円以上の入金が必要となるFXトレードでは、お金を預けるFX会社の信頼性が非常に重要です。その点では...
上場しているFX会社
FXトレードを始める際は、FX会社に証拠金を入金する必要があります。取引通貨数が増えれば、数十万円以上の入金が必要となるFXトレードでは、お金を預けるFX会社の信頼性が非常に重要です。その点では同社は東証JASDAQ上場企業で、財務情報などが開示されています。また上場した時期も2016年3月と3年経過していません。経営的に不安のあるFX会社に大切な証拠金を預ける事は、正直心配も多いです。その観点では、同社は業界中堅ながら株式上場を行っており、財務情報も開示されているため、安心して証拠金を預けてトレードが可能なFX会社です。
1,000通貨から取引が可能
同社は1,000通貨から取引が可能です。大手FX会社では、10,000通貨から取引可能、としている会社が多いため、上場しているFX会社で1,000通貨から取引が可能な同社は貴重な存在です。FX初心者にとって10,000通貨単位でのトレードは、損切りがうまくできないと、大きな金額の損失を計上することがしばしばあります。中級者以上のトレーダーであれば、10,000通貨単位でのトレードも充分対応できます。しかし初心者トレーダーは、まだトレードが確立する前の段階が多いため、10,000通貨単位での取引でも簡単に万単位での損失を計上する可能性があります。同社では10,000通貨以上の取引も当然可能です。FXの最初の段階では同社で1,000通貨からトレードを開始して、その後にトレードに慣れた段階で10,000通貨に進むステップを踏むことで、着実にトレードの腕前を上げる事に繋がるのではないでしょうか。
平日は24時間対応のサポート体制
同社のサポートは平日なら24時間対応しています。FXトレードを行う殆どの方は、サラリーマン・OLなど日中の仕事を行いながらの兼業トレーダーではないでしょうか。よってツールの操作等についてFX会社に質問を行うのは、通常は会社から帰った後の夜となります。しかし多くのFX会社で問い合わせ窓口は夕方にクローズしてしまい、実際にFXトレードを行っている時間帯に問い合わせを行うことが不可能な場合が多いです。同社は24時間のサポート体制を取っており、実際にトレードをしながら生じた疑問をその場で問い合わせる事ができます。初心者にとって、トレードを行っている環境下で問い合わせができる、という部分は、安心感を持ってのトレードにも繋がります。
40代 / 男性 / 会社員
FX歴:5-10年
スプレッドもスワップポイントも高設定 
ヒロセ通商でまず最初に感じたのは、まずは各通貨ペアのスプレッドが全体的に狭いというところです。なので、取引コストが少なくなるので、トレードはけっこうやりやすく感じました。また、スワップスプレ...
スプレッドもスワップポイントも高設定 
ヒロセ通商でまず最初に感じたのは、まずは各通貨ペアのスプレッドが全体的に狭いというところです。なので、取引コストが少なくなるので、トレードはけっこうやりやすく感じました。また、スワップスプレッドはあるんですが、スワップポイントが高めに設定してある通貨ペアも多いと感じています。私はスイングトレードもやるんですが、その延長線上でスワップポイントを稼ぐようなトレードがハマったこともありました。こういったトレードのベースとなる環境が優れているというのが、ヒロセ通商の第一印象でした。
スポット的に高設定になることも!
さらに、スプレッドやスワップポイントについては、たぶんマーケティング的な理由だとは思うんですが、けっこうポイントを絞って高設定にしてくることもあります。例えば、今(2018年7月現在)はメキシコペソ円のスプレッドが0.4銭でスワップポイントは120円(10万通貨あたり)だったりします。また、豪ドル円のスワップポイントについては、2015年10月以降50円(1万通貨あたり)をずっと継続しています。こんな感じで取引コスト面で他社に負けないように柔軟に設定してくれるので、ありがたいと感じることがけっこうよくあります。
取引ツールもレベルが高い
こんな感じで、ヒロセ通商はスプレッドやスワップポイントの設定、キャンペーンといった部分で、勢いを出して攻めているようなFX会社のようなイメージがあります。ただ、それだけではなくて、ちゃんとトレードの環境という意味では土台がしっかりしているFX会社でもあります。というのが、取引ツールのレベルが高くて、もちろん使い勝手はいいですし、かつ、機能的にも高いものになっているからです。FX会社としてはヒロセは古株の印象がありますが、地道にシステムの改善を繰り返してきた結果だと思いますが、そういう面では真面目さもあって信頼できるFX会社だと感じています。
会員向けのコンテンツもグッド!
ヒロセ通商では会員向けにおもしろい情報提供をしてくれることがあります。例えば、為替ディーラーの手法紹介動画がメールで送られてくることがあります。これが具体的で実戦的な内容だったりするので、私は実際に自分の手法に取り入れているものもあります。また、会員向けの「小林芳彦のマーケットナビ」というマーケット情報提供では、毎日独自のトレード目線を配信してくれたりしていたりもします。こういったかたちで独自の情報をいろいろもらえるので、相場を読むうえでけっこう参考にさせてもらっています。
20代 / 男性 / 会社員
FX歴:1-3年
トレード量による食品プレゼントが充実
実際のトレードとは若干別の観点となってしまいますが、同社はトレード量に応じて食品プレゼントがあります。冷凍食品やレトルト食品が多いのですが、一人暮らしの私にとっては非常に重宝するプレゼントとなっ...
トレード量による食品プレゼントが充実
実際のトレードとは若干別の観点となってしまいますが、同社はトレード量に応じて食品プレゼントがあります。冷凍食品やレトルト食品が多いのですが、一人暮らしの私にとっては非常に重宝するプレゼントとなっています。プレゼントの到達条件も、それほどハードルが高くないため、トレードを多めに行った月は大量の食品が届くことがあります。年末年始には特別なプレゼントキャンペーンもあるため、トレード量に応じた食品プレゼントはトレードの楽しみにもなります。ただし損失が出た月は、高い食品代となってしまいます。
スプレッドキャンペーンの存在
同社は大手・中堅のFX会社の中では、総合的にスプレッドの狭い会社と言えます。更にキャンペーン時には、通常時以上にスプレッドが狭くなるケースがあります。ドル/円やユーロ/ドルのような、メジャー通貨ペアはあまりキャンペーンの対象とはなりませんが、ポンド系の通貨ペアなどでキャンペーンが開催されることが多いです。通常の狭いスプレッドの通貨ペアに加え、キャンペーンでスプレッドが狭い通貨ペアのトレードを行うことで、スプレッドとしては非常に優位にトレードを進めることができます。スプレッド重視でFX会社を選ぶのなら、通常のスプレッドに加えキャンペーン分のスプレッドが考慮される同社は、非常に利用価値が高いと考えています。キャンペーンのスプレッドを意識していない方が多いので、他社とスプレッドを比較する際は、キャンペーン時のスプレッドも考慮に入れるべきではないでしょうか。
Mac専用ツールの存在
私は日常的にはMacを利用しています。殆どのFX会社では、Mac対応のトレードツールの提供がなされていません。よってこれまでは古いWindowsのPCや、スマートフォンを利用してFXトレードをしていました。しかしながら同社は、Mac専用のチャート及び取引ツールを提供しています。MacユーザーのFXトレーダーにとって、同社はかけがえのない存在です。Mac専用ツールであっても、通常のツールと同様の機能を搭載しています。同社はMacユーザーであれば、一度利用をお勧めしたいFX会社です。FXトレードの環境は、Macユーザーにとって決して恵まれていると言えない中、同社のMacユーザーに対するスタンスは、非常に評価できると考えています。
40代 / 男性 / 自営業
FX歴:10年以上
上場会社しているFX専業会上
ヒロセ通商はジャスダックに上場しているFX専業会社です。FX専業で上場している会社は多くありませんが、上場できるということは内部統制もしっかりしているはずなので、信頼できるポイントだと感じていま...
上場会社しているFX専業会上
ヒロセ通商はジャスダックに上場しているFX専業会社です。FX専業で上場している会社は多くありませんが、上場できるということは内部統制もしっかりしているはずなので、信頼できるポイントだと感じています。会社の雰囲気としては、ホームページを見てのとおりですが、わりとイケイケドンドン系なのですが、ちゃんとするところはちゃんとしている会社ということですね。ちなみに、ヒロセ通商では元為替ディーラーの小林芳彦氏の露出が多いんですが、この人の人柄もあってか、親しみを感じやすい会社でもあると思います。
バンバンとトレードできる快感!
ヒロセ通商のLION FXの取引ツールの特徴は、なんといってもサクサクとトレードができる操作性の良さです。約定をすると「バーン!」と音がするんですが(設定で別の音に変更できます)、その音も相まって、気持ちよくどんどんとトレードしてしまいます。こんな感じでスピード感のある取引ツールなんですが、ヒロセ通商は「スキャルピングOK」とまでは明言していません。ただ、私自身ずっとスキャルピングしているので、たぶんよっぽどのことがないと凍結はされないと思っています。
取引システムの改善が多い
私はLION FXを長年見てきていますが、取引ツールはどんどん進化していっている印象です。新機能は頻繁にリリースされていて、今やもう高機能ツールとなっています。1つ前で書いた操作性の良さはは昔から変わらないんですが、良いところをキープしながらうまく新機能の追加ができていて、バランスのいい取引ツールに仕上がっています。ただ、インストール型なので、新機能のリリースのたびにアップデートがかかるのが面倒なところはあります。その関係なのかわかりませんが、私のノートン先生に引っかかることもあって、この点はちょっとだけマイナスポイントです。
食品キャンペーンがおもしろい
最後にヒロセ通商といえば触れておかなければならないのが、やはり食品キャンペーンでしょう。取引量に応じて食品をもらえるというものですが、とにかくその量がハンパなく多く、ものすごいインパクトがあります。餃子やら、カレーやら、スパゲッティやらと、かなりの量がもらえます。しかも取引量の条件は軽めなので、けっこう楽にクリアできます。個人的におすすめなのは、毎年12月にやっているおせちがもらえるキャンペーンです。おせちを自分で買うとけっこう高いので、私はここのところ毎年、おせちは必ずもらうようにしています。
40代 / 男性 / 会社員
FX歴:3-5年
取引通貨ペアが多いが、メインにはしていない
ここのLION FXは取引通貨ペアが非常に多く、50種類もの通貨ペアがラインナップされている。他社にはなかなかないような、クロスユーロやクロスポンドの通貨ペアも種類があるのが良い。そのため、その...
取引通貨ペアが多いが、メインにはしていない
ここのLION FXは取引通貨ペアが非常に多く、50種類もの通貨ペアがラインナップされている。他社にはなかなかないような、クロスユーロやクロスポンドの通貨ペアも種類があるのが良い。そのため、そのようなマイナーな通貨ペアを取引する際に、LION FXを使っている。ただ、往々にして、そういう通貨ペアはスプレッドが大きいので、取引しやすいかと言われると微妙な面もある。とはいえ、マイナーな通貨ペアの独特な値動きを狙う際には役立っている。ちなみに、ドル円やユーロ円のようなメジャーな通貨ペアはメインで使っている他のFX会社で取引している。
トルコリラ円やメキシコペソ円のスプレッドは小さめ
LION FXでは、トルコリラ円やメキシコペソ円を取り扱っていて、どちらもスプレッドが小さいのが良い。トルコリラ円に関しては原則固定1.9銭で、この通貨ペアを取り扱っている会社の中でもスプレッドが小さい方である。また、メキシコペソ円については、なんとスプレッドが0.4銭と、他社よりもずっと小さい。スワップポイントも10万通貨で120円と良い方なので、メキシコペソ円でスワップトレードをしたい人にとって、LION FXで取引するのは良いのではないかと思う。
スプレッドが広がりやすい
LION FXはたくさんの通貨ペアがラインナップされていて、さらにはスプレッドもスワップも良いものもあるが、難点はスプレッドが広がりやすいことである。確かにスプレッドに関しては、他社と比べると小さい通貨ペアも多いのだが、タイミングによっては結構広がる。そのため、この会社をメインにして取引することはできない。ここはスキャルピングOKの会社だが、取引回数の多い取引スタイルの場合は、ここはやめた方が良い。スワップトレードなど、長期保有の場合やどうしてもマイナーな通貨ペアを取引したい際に選択するFX会社であると、個人的には思う。
取引ツールの使いやすさは標準的
PCでも、スマートフォンでも取引できる、一般的な取引ツールだと思う。操作や画面の見やすさに関して不満を感じたことはない。ただ、取引ツールの種類が多すぎる。HP上にマニュアルを掲載しているが、種類が多すぎて、読む気を失う。そのため、全部のツールを使ったことはなく、LION FX C2とスマートフォン版のLIONチャートPlus+しか使ったことがない。この2つに関して言えば、見やすい画面だし、使いやすい。これといった大きな特徴はないが、不便を感じたことがないので、標準的なレベルの取引ツールだと思う。
50代 / 男性 / 自営業
FX歴:10年以上
楽しくFXを“遊べる”FX会社
ヒロセ通商を簡単に言うと、いろんな企画が多くて楽しめるFX会社だと思います。元ディーラーの小林芳彦氏を中心に、TwitterやWeb上のライブ動画などを通じて、FXの相場についていろいろと発信を...
楽しくFXを“遊べる”FX会社
ヒロセ通商を簡単に言うと、いろんな企画が多くて楽しめるFX会社だと思います。元ディーラーの小林芳彦氏を中心に、TwitterやWeb上のライブ動画などを通じて、FXの相場についていろいろと発信をしてくれています。こういった会社の姿勢によって、誰でもFXを身近に感じられるような雰囲気を作り出してくれているように感じます。FXをやっていると時には疲れてしまうこともありますが、そういった時におすすめしたいFX会社です。いい意味で、FXで“遊べる”と思いますよ。
スピード取引系の取引ツール
ヒロセ通商のLION FXの取引ツールですが、タイプとしてはスピーディなトレードに強いタイプです。素早くエントリー、イグジットができるような設計になっているので、トレードをサクサクと進めていくことが可能です。また、そういったスピード面で優れているだけでなく、カスタマイズ性の高さも特徴だと思います。例えば「クイック注文」ウインドウは、縦長、横長といった形を選べるだけでなく、表示するボタンも細かく設定することができます。カスタマイズをしていくことで、より自分にフィットさせられるので、使いこんでいくと手放せなくなるような感じの取引ツールです。
マニアックな通貨ペアも取引可能
楽しくFXができるヒロセ通商ですが、トレードをする環境としても特徴があります。スプレッドやスワップポイントが良い設定になっているのはもちろんなんですが、強調しておきたいのが取り扱っている通貨ペアの数です。なんと50もの通貨ペアを取り扱っていて、例えばハンガリーフォリントやポーランドズウォティなど、他社ではあまり扱っていないものもトレードできます。通貨ペア数が多ければトレードチャンスも増えるわけですが、この点を重視する人にとってはチェックしておくべきFX会社と言えます。
チャートで自分のトレードを振り返ろう
FXで成長していくために大切なのは、自分のトレードを振り返っていくことだというのが、10年以上FXをやっている私の考えです。そして、ちゃんと振り返りを行うためには、それをやりやすい環境あるかどうかというのも重要になってきます。ヒロセ通商のチャートツール(Java版)では、チャート上のどこでエントリーして、どこでイグジットしたかを、表示することができる機能が備わっています。これがあれば振り返りが随分とやりやすくなるので、ぜひ利用するといいと思います。この他、「LION分析ノート」というトレード結果の集計ツールもあるので、これも併せて活用することで、より効果的な振り返りができるようになると思います。
30代 / 男性 / 会社員
FX歴:3-5年
取引ツールの操作性はピカイチ
食品キャンペーンのインパクトが強いヒロセ通商ですが、私が一番の特徴だと思うのは、取引ツールの操作性の良さです。私はいろんなFX会社を使ってきましたが、その中でも、いろんな発注機能を備えつつも(か...
取引ツールの操作性はピカイチ
食品キャンペーンのインパクトが強いヒロセ通商ですが、私が一番の特徴だと思うのは、取引ツールの操作性の良さです。私はいろんなFX会社を使ってきましたが、その中でも、いろんな発注機能を備えつつも(かつ、カスタマイズも可能)、高い操作性であるという意味で、ピカイチの取引ツールだと思っています。私はけっこう早めのスキャルパーなので、思い通りに素早く注文を出すことが大事になってきます。そのため、こういった操作性の部分は重視していますが、ヒロセ通商は満足できる取引ツールとなっています。
優秀なチャートツール
最初に発注ツールの話をしましたが、チャートツールについても高機能で優秀だと感じています。テクニカルも私が好きなスパンモデルが使えますし、描画ツールもサクサクとラインが引くことができます。その他、過去のトレード履歴をチャート上に表示することができて、これはトレードの復習の際に非常に便利です。色も細かいところまでカスタマイズして自分好みにできますし、お気に入りのチャートを作ることができるようになっています。チャートは見る時間が一番長いので、チャートツールが優秀なのは非常に大事だと思います。
便利なポジションロック機能
私が気に入っているヒロセ通商の取引ツールですが、けっこうおもしろい機能も搭載されていたりします。その1つがロック機能というもので、これは売り・買いの両方のトレードをしたい時に役に立ちます。例えば、下降トレンドにうまく売りで入れた時に、調整の上昇ををチョコチョコと買いで取りたい局面があります。そんな時に売りポジションにロックをかけると、買いのトレードをしても売りポジションが決済されないようになります。売りポジションを気にせずに、買いトレードができるわけです。こういったユニークな機能があるのも、私がヒロセ通商を気に入っている1つの理由です。
低スプレッドも経済指標には要注意!
ここまで取引ツールの機能面を中心に話してきましたが、トレードの基本条件の部分にも触れておきます。ヒロセ通商はスプレッドは各通貨ペア総じて、業界の中では狭い設定になっています。また、Tickも多くよくレートが動くので、スキャルピングはしやすい環境になっていると言えるでしょう。ただし、経済指標の時はけっこうスプレッドが開く印象です。とくに米雇用統計などのビッグイベントでは、ドカンと何十pipsも開くことがあります。慣れればなんてことはないのですが、このあたりはあらかじめ体感しておいたほうがいいかもしれません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。