FXプライムbyGMOのスワップポイントを他社比較!付与ルールも紹介

  • 更新日: 2019/05/10
    FXプライムbyGMOのスワップポイントって、他社より良いの?FXプライムbyGMOって、スワップポイント運用に向いてるの?FXプライムbyGMOのスワップポイント運用の注意点って何?

結論から言ってしまうと、FXプライムbyGMOはスワップポイント運用で、以下のメリットがあります。

FXプライムbyGMOのメリット

    スワップポイントを稼ぎやすい通貨ペアが豊富少ない資金でもスワップポイント運用できる

注意点としては以下の3つです。 

FXプライムbyGMOの注意点

    スワップポイントが低い水準の通貨ペアもある1万通貨未満の取引には高い手数料が発生するスワップポイントだけの出金はできない

今回は、FXプライムbyGMOのスワップポイントについて、他社との比較も行いながら、その仕組みや特徴を徹底解説していきます。

ぜひ最後まで読み進めて、あなたのスワップポイント運用に合ったFX会社を見つけていただければと思います。

FXプライムbyGMOのスワップポイントの概要

FXプライムbyGMOのスワップポイントは特別高い設定ではありませんが、高金利通貨の取扱いに強いところがあります。

さっそくですが、スワップポイントの具体的な値を他社と比較してみましょう。

FX会社 米ドル/円 豪ドル/円 南アフリカランド/円 トルコリラ/円 メキシコペソ/円 ポーランドズロチ/円
FXプライムbyGMO 70円 22円 15円 80円  15円 15円
DMMFX 70円 32円 12円 取扱いなし 取扱いなし 取扱いなし
GMOクリック証券 74円 35円 11円 80円 取扱いなし 取扱いなし
マネーパートナーズ(PFX) 32円 30円 12円 90円 10円 取扱いなし
外為どっとコム 74円 35円 12円 95円 12円 取扱いなし
ヒロセ通商 20円 37円 15円 115円 15円 0円
SBI FXトレード 86円 35円 10円 87円 取扱いなし 取扱いなし

(2019年4月15日時点)

上記は、主要FX会社における1日分の買いスワップポイントを1万通貨で比較したものです。なお、通貨ペアとしてはスワップポイントが狙いやすいものを選んでいます。

FXプライムbyGMOの最大の特徴は、スワップポイントが狙える通貨ペアを幅広く取り扱っていることです。

ただし、その設定値はすべての通貨ペアが高いわけではなく、他社のほうが高いものも多くあります。

スワップポイントはあまり高くない

FXプライムbyGMOのスワップポイントは良いものがあったり悪いものがあったり、通貨ペアによってマチマチというのが正直な印象です。

例えば、もっともメジャーどころの米ドル/円は70円と、他社とさほど変わりませんが、豪ドル/円は22円と上記比較対象では低めに設定されています。

高金利通貨系では南アフリカランド/円が15円、メキシコペソ/円が15円と上記比較対象のなかでトップですが、トルコリラ/円は80円と低めです。

これを踏まえると、FXプライムbyGMOでスワップポイントを効率的に稼ぐためには、通貨ペアを正しく選定する必要があります。

自分が取引したい通貨ペアのスワップポイントについては、あらかじめリサーチしておいたほうがいいでしょう。

スワップポイントを稼ぎやすい通貨ペアが豊富

FXプライムbyGMOのスワップポイントの設定値は通貨ペアによって異なりますが、スワップポイントを狙いやすい通貨ペアの取扱い数はとても豊富です。

FX会社 米ドル/円 豪ドル/円 南アフリカランド/円 トルコリラ/円 メキシコペソ/円 ポーランドズロチ/円
FXプライムbyGMO
DMMFX × × ×
GMOクリック証券 × ×
マネーパートナーズ(PFX) ×
外為どっとコム ×
ヒロセ通商
SBI FXトレード × ×

上記の表はスワップポイント運用に向いた通貨の取扱い状況をしましたものですが、FXプライムbyGMOは南アフリカランド、トルコリラ、メキシコペソという、定番どころの高金利通貨をしっかり網羅しています。

さらにポーランドズロチという、スワップポイントが高い通貨は他社がまだ注目していないにもかかわらず、FXプライムbyGMOはいち早く取り入れています。

このように、FXプライムbyGMOはスワップポイントで稼ぎたいトレーダーにとって、いろいろな通貨ペアを選べるのでうれしい環境です。 

「ポーランドズロチ」とは?

ポーランドズロチは知名度が低い通貨なので、少し補足をしておきます。

ポーランドは、2004年のEU加盟以降も独自通貨のズロチを使用しています。
近年の経済状況は好調で、EU内で唯一2008年の欧州債務危機以降もプラス成長を維持しています。
直近も、2017年通年での実質GDP成長率は4.55%と高水準。
政策金利については、ECBが非伝統的な金融政策を導入し0.0%にとどまる中、ポーランドの政策金利は2015年3月以降1.5%で推移しています。

引用元:FXプライムbyGMO公式ページ から引用

つまり、ポーランドズロチは、EU加盟国でありながら独自通貨を持つポーランドの国内通貨ということです。

ユーロはメジャー通貨ペアですが、あまりスワップポイント的には向いていない通貨です。

ポーランドズロチはユーロに似た動きをしながら、かつ、スワップポイントも稼げる通貨というイメージです。

「ユーロは好きだけど、スワップポイントが稼げないんだよな」と考えている人には、ポーランドズロチがおすすめです。

少ない資金でも運用可能

上記で紹介した各通貨ペアは全体的に為替レートが低いため、取引にあたって必要となる保証金が少なくなっています。

そのため、同じ資金でもより大きな枚数の取引ができます。

通貨ペア 為替レート (※1) 必要証拠金
(1万通貨あたり)
米ドル/円 120円 48,000円
南アフリカランド/円 8円 3,200円
トルコリラ/円 19円 7,600円
メキシコペソ/円 6円 2,400円
ポーランドズロチ/円 29円 11,600円

(※1)2019年4月時点の為替レートを簡便のため小数点以下を四捨五入しています。

上記では各通貨ペアの1万通貨あたりに必要となる証拠金額を示していますが、米ドル/円と比較して大きくことなるのがわかると思います。

例えばメキシコペソ/円の必要証拠金額は米ドル/円の20分の1で、同じ証拠金で20倍もの枚数の取引ができます。

20倍の枚数の取引をすればスワップポイントも20倍になるので、スワップポイントも大きく稼ぐことができます。

こういった通貨ペアを多く取扱っているFXプライムbyGMOは少ない資金でスワップポイント狙いの運用がしやすいFX会社だと言えるでしょう。

FXプライムbyGMOのスワップポイントの付与ルール

FXプライムbyGMOでは、ポジションを翌日に持ち越したタイミングでスワップポイントが付与されるようになっています。

この付与されたスワップポイントはポジション保有中に実現させることはできず、ポジションを決済して初めて口座資金にプラスされるかたちです。

このあたりの仕組みについて、

    スワップポイントの付与タイミングスワップポイントの途中出金スワップポイントの付与日数

のポイントごとにそれぞれ細かく整理していきます。

スワップポイントはNY為替市場クローズ時に付与

スワップポイントのイメージ

スワップポイントが付与されるのは、ポジションを翌日に持ち越すタイミングです。

この持ち越し処理が行われるのは、NY為替市場がクローズするタイミングです。アメリカが標準時間であれば日本時間午前7時、アメリカが夏時間であれば日本時間午前6時です。

FXプライムbyGMOでは、毎日この時間の前後に10~20分ほど取引システムの日次処理が行われますが、このなかで持ち越し処理が行われます。(日次処理中は注文することができません。)

この日次処理をポジションを持った状態で迎えることで、スワップポイントが加算されます。

もし日次処理前にポジションを決済すると、スワップポイントは発生しません。

スワップポイントは途中出金できない

FXプライムbyGMOでは、ポジションに発生したスワップポイントだけを取り出して口座資金にプラスさせることができません。

スワップポイントが実際の資金になるのは、あくまでもポジションを決済したタイミングです。

そのため、スワップポイントがいくらたくさん貯まっても、それだけを取り出して出金することもできません。

スワップポイントが貯まるイメージでコインに乗っている4人

ただし、スワップポイントが貯まると、純資産額(=口座資金+評価損益)は増えます。

取引可能枚数は純資産額をもとに決まるので、スワップポイントが貯まればその分だけ取引可能枚数も増えていきます。

このように、FXプライムbyGMOではスワップポイントを現金化することはできませんが、再投資というかたちでは有効活用できる仕組みになっています。

スワップポイントの付与日数は日によって異なる

スワップポイントは日によって数日分がまとめて付与されることがあります。

これは休日をまたいで持ち越しを行うことによるものです。

ただし、FXの取引でポジションを持っている時間とこの付与日数はリンクしません。

外国為替取引では通貨の実際の受け渡しが2営業日後に行われ、この受け渡しベースでスワップポイントが発生するからです。

各国の祝日の状況などによって、スワップポイントの付与日数は通貨ペアによっても細かく変わっていきます。

その日のスワップポイントの付与日数がどうなっているのかは、公式HP上などでもあらかじめ公開されています。

スワップポイントをうまく稼ぐうえで重要なところなので、付与日数のチェックは習慣にしておくことをおすすめします。

FXプライムbyGMOのスワップポイントの注意点

FXプライムbyGMOはスワップポイントを稼ぎやすい側面もありますが、注意点も少なくありません。

具体的には、

    1万通貨未満の取引には手数料が発生するスワップポイントは通貨ペアによりマチマチスワップポイントの途中出金に未対応

というところですが、それぞれ細かく見ていきます。

1万通貨未満の取引には手数料が発生

FXプライムbyGMOは取引単位が1,000通貨単位ですが、1万通貨未満の取引には手数料がかかるようになっています。

手数料の金額は1,000通貨あたり30円で、これが新規・決済両方にかかってきます。往復では60円ということですね。

これをスワップポイントの付与日数に換算すると・・・

南アフリカランド/円
・メキシコペソ/円
・ポーランドズロチ/円
であれば40日分

・トルコリラ/円
であれば7.5日分

これではスワップポイントでコツコツ稼いでも、手数料がかかってしまい、利益が残りにくくなります。

為替レートが低い通貨はとくにですが、1万通貨未満の取引をするのにFXプライムbyGMOは不向きです。

1万通貨未満の取引ならSBI FXトレード

「少ない資金しか用意できないので、どうしても1万通貨未満の取引がしたい」という人におすすめなのがSBI FXトレードです。

SBI FXトレードは取引通貨単位が1通貨単位で、1万通貨未満の取引でも手数料はかかりません。

FX会社 米ドル/円 豪ドル/円 南アフリカランド/円 トルコリラ/円 メキシコペソ/円 ポーランドズロチ/円
FXプライムbyGMO 70円 22円 15円 80円  15円 15円
DMMFX 70円 32円 12円 取扱いなし 取扱いなし 取扱いなし
GMOクリック証券 74円 35円 11円 80円 取扱いなし 取扱いなし
マネーパートナーズ(PFX) 32円 30円 12円 90円 10円 取扱いなし
外為どっとコム 74円 35円 12円 95円 12円 取扱いなし
ヒロセ通商 20円 37円 15円 115円 15円 0円
SBI FXトレード 86円 35円 10円 87円 取扱いなし 取扱いなし

加えて、米ドル/円のスワップポイントは86円で、冒頭の比較対象の各社のなかでトップです。

高金利通貨の取扱いは多くはありませんが、メジャー通貨を中心に小ロットでスワップポイントも狙いながら取引したい人には、とても相性の良いFX会社です。

スワップポイントが低い通貨ペアもある

FXプライムbyGMOのスワップポイントは、通貨ペアによって良いこともあれば悪いこともあります。

そのため、同じスワップポイント狙いの取引でも、取引する通貨ペアによって相性の良し悪しが分かれてくることになります。

もし取引対象とする通貨ペアが決まっているような場合は、そのスワップポイントの設定値をあらかじめチェックしておいたほうがいいでしょう。

なお、2019年4月時点においては、

    豪ドル/円トルコリラ/円

といったところの通貨ペアのスワップポイントが他社と比べて低く設定されています。

これらの通貨ペアを中心にスワップポイントを稼ぎたい人は、FXプライムbyGMOは避けておいたほうが無難です。

スワップポイントの途中出金に未対応

FXプライムbyGMOでは、スワップポイントを途中出金できない仕組みになっています(スワップポイントを再投資することはできます)。

スワップポイントを現金化するには、元となるポジションを決済しなければなりません。

そのため、保有ポジションを放置して長期間保有しつつ、貯まったスワップポイントだけを出金していくといった使い方ができません。

もしスワップポイントを途中出金したいというニーズがある場合は、その機能を充足する他社を探すようにしてください。

スワップポイントの途中出金なら外為どっとコム

スワップポイントの途中出金ができるFX会社としておすすめなのが、外為どっとコムです。

外為どっとコムは一定金額(3,000円)が貯まると、スワップポイントだけを口座資金に振り替えて出金できる仕組みになっています。

さらに、外為どっとコムはスワップポイントの設定も全体的に良いので、スワップポイント狙いのトレーダーとの相性も問題ありません。

スワップポイントの途中出金のニーズがある人は、外為どっとコムを一度チェックしてみるといいでしょう。

外為どっとコム

Medium 99cc610d3bc7486acc314e0178bfad56
口コミ点数 Point star4 0 4.4
総合ランキング 4位
初回入金額 無料
推しポイント 業界トップクラスの情報量!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.30銭原則固定(例外あり) 0.5銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
72円 -15円 25円

まとめ

最後にまとめです。

まずはFXプライムbyGMOのスワップの特徴からです。

    スワップポイントはあまり高くないスワップポイントを稼ぎやすい通貨ペアが豊富少ない資金でもスワップポイント運用ができる

    次に、FXプライムbyGMOでスワップポイントを稼いでいくうえでの注意点です。

      1万通貨未満の取引には手数料が発生するスワップポイントが低い通貨ペアもあるスワップポイントの途中出金に未対応

    FXプライムbyGMOはいろいろな通貨ペアを幅広く取引しながら、スワップポイントを稼いでいくのに向いたFX会社です。

    ただし、通貨ペアによっては他社のほうが効率的なケースもあるので、他社のリサーチも並行して行いながらスワップポイント運用を進めていくことをおすすめします。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

    FXのことで悩んだら、専門家に相談!

    FXに関するご相談を無料で受け付けております。
    お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
    ※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

    (必須)
    (必須)

    利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。