大和証券の評判やメリット・デメリットは?ダイワFXとダイワ365FXの違いも解説

  • 更新日: 2019/07/23

大和証券の評判やメリット・デメリットは?ダイワFXとダイワ365FXの違いも解説FX会社で口座開設をしたいけど、どの会社が良いかわからない・・・そんな人はいませんか?それぞれの会社に特徴があるので、自分に合った会社を選びたいですよね。

そこで、

  • 大手証券会社のFXサービスを利用したい。
  • 大和証券に口座がある。

という人に、今回は大和証券が提供するFXサービスについて紹介します。

大和証券といえば、大手証券会社として有名です。FXや株などの投資に疎い人でも、名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。

大和証券は日系大手5社の証券会社の1つであり、かつて三井文友フィナンシャルグループとの資本・業務提携をしていた時代もありました。

大手証券会社ということもあり、個人に対し株や投資信託などの投資商品を仲介・販売するリテール業務以外にも、機関投資家向けのサービスや株式の新規公開、証券化、M&Aのアドバイザリー業務など、幅広い金融サービスを展開しています。

そんな大和証券では、株や投資信託といった金融商品だけでなく、FXのサービスも提供しています。

今回は、大手証券会社である大和証券が提供するFXサービスについて紹介します。信頼のおける大手証券会社でFX取引をしたいという人は、ぜひ参考にして下さい。

大和証券はどんな会社?

大和証券という社名は、皆さんどこかで聞いたことがあると思います。ですが、実際のところどのようなサービスを提供している会社でしょうか。
そこで、まずは大和証券について紹介します。

大和証券について

1902年に藤本ビルブローカー銀行として創業した大和証券は、日本を代表する老舗証券会社であり、日系大手5社の一つです。一時は三井住友銀行との提携をしていましたが、現在は業務提携を解消しており、独立系の証券会社となっています。

大和証券は、大和証券グループの会社であり、同グループのリテール部門とホールセール部門を担当しています。なお、同社は国際業務に強みがあるのが特徴です。

大和証券のFX取引システム

日経大手証券会社の一つとして有名な大和証券では、どのようなサービスを提供しているのでしょうか。
ここでは、大和証券のサービスや取引システムについて紹介したいと思います。

大和証券の取引サービス

大和証券といえば、大手証券会社ということもあって、株のイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。ですが、同社では、株だけでなくFXも提供しています。

また、この他にも、投資信託、債券、ファンドラップなど、様々な投資商品を提供しています。

大和証券では、株やFX、投資信託等、同社で提供している投資商品を取引する際は、最初に2種類の取引コースのどちらかを選ぶ必要があります。その2種類の取引コースとは、

です。

「ダイワ・コンサルティング」コース

「ダイワ・コンサルティング」コースは、担当者からアドバイスや投資情報の提供を受け、じっくり取引できるコースです。

こちらは、専門家のアドバイスを受けた上でどのような投資をするか考えたい、という人や、色々な投資商品があるため、自分で調べるのに手間がかかって嫌だという人、相続対策や事業承継対策等でオーダーメイド型のアドバイスを受けたいという人向けのコースであると言えるでしょう。

「ダイワ・ダイレクト」コース

一方、「ダイワ・ダイレクト」コースは、オンライントレードやコンタクトセンター等を通じ、自分のペースで取引できるコースです。

自分で情報収集することが苦ではない人や、インターネット取引を中心に行いたい人向けのコースです。

そのため、利用できるサービスが、「ダイワ・コンサルティング」コースと「ダイワ・ダイレクト」コースとで違う場合もあります。

しかし、FXに関しては、「ダイワ・コンサルティング」コースと「ダイワ・ダイレクト」コースとの間にサービスの違いはありません。

大和証券のFXサービスは?

大和証券で提供しているFXサービスは2種類あります。1つは一般的なFXサービス…つまり、店頭FXである「ダイワFX」、もう1つは取引所FXである「ダイワ365FX」です。

大和証券の「ダイワFX」とは

大和証券の店頭FXであるダイワFXは、顧客と大和証券との相対で行われる外国為替証拠金取引のことを言います。ダイワFXは取引手数料無料です。

また、1,000通貨単位からの取引が可能であるため、少額からの取引ができ、損失を抑えて運用したい場合や、慣れるまでは少額で取引したいというFX初心者にもぴったりです。

大和証券ならではの豊富な投資情報を無料で閲覧することもできるなど、充実した内容になっています。

ダイワFXの取引通貨ペアは?

ダイワFXの取引通貨ペアは、

  • 米ドル/円
  • ユーロ/円
  • 英ポンド/円
  • 豪ドル/円
  • ニュージーランドドル/円
  • カナダドル/円
  • スイスフラン/円
  • 南アフリカランド/円
  • 香港ドル/円
  • シンガポールドル/円
  • ノルウェークローネ/円

の合計11通貨ペアです。

他のFX会社と比較して、取引通貨ペアの数は少ない方であると言えますが、メジャーな通貨ペアは押さえてあります。なお、高金利通貨として近年人気を集めているトルコリラやメキシコペソは取り扱っていません。

また、ダイワFXで取り扱っている通貨ペアは、クロス円のみとなります。そのため、ユーロ/ドルなどのドルストレートの通貨ペアの取扱いはありません。

ノムラFXの取引単位は?

ダイワFXの取引単位は1,000通貨単位です。

ただし、

      • 南アフリカランド/円
      • 香港ドル/円
      • ノルウェークローネ/円

の通貨ペアについては、取引単位は10,000通貨単位となっています。

一部10,000通貨が取引単位になる通貨ペアもありますが、他はすべて1,000通貨ペアでの取引になります。そのため、少額での取引が可能です。

FXにまだ慣れていないので、まずは少額から始めたいという人や、ある程度利益が出せるようになるまで、様々な手法を試すなどして練習したい、そのために最初は少額で取引したい…という人にとって、1,000通貨ペアでの取引ができることはメリットでしょう。

なお、ダイワFXでは、両建した場合に売り建玉と買い建玉とは相殺されません。そのため、もしも両建した場合は、2倍の資金がかかることに注意が必要です。

ダイワFXのスプレッドは?

ダイワFXはホームページ上にスプレッドやレートを公表していませんが、変動制です。また、ドル円で3銭や4銭など、広めなのが特徴です。他の通貨ペアでも広めのスプレッドになっています。

他のFX会社では、ドル円が0.2銭、0.3銭といったところもあり、ドル円に関して言えば1銭以下のスプレッドが主流であることを考えると、ダイワFXのスプレッドは広く、取引コストがかかると言えます。

ダイワFXのレバレッジは?

ダイワFXでは、

      • 1倍
      • 2倍
      • 5倍
      • 10倍
      • 20倍
      • 25倍

の6種類のレバレッジが用意されていて、この中から最大レバレッジを選ぶことができます。

ただし、例えば最大レバレッジ20倍を選んだ場合は20倍までのレバレッジ(1倍、2倍、5倍、10倍、20倍)しか選ぶことができず、レバレッジ25倍は選ぶことができなくなります。

最大レバレッジの変更は随時でき、変更の手続きを取引画面から行うことができ、変更はすぐに反映されます。なお、初期状態では、最大レバレッジは10倍となっています。

ダイワFXのスワップは?

ダイワFXではスワップカレンダーをホームページで掲載していません。しかし、スワップは高い方ではない模様です。もしも、スワップ狙いで取引したい場合は、スワップが高い他のFX会社を使った方が良いでしょう。

ダイワFXのロスカットとアラートは?

ダイワFXでは、

      • ロスカット
      • アラート
      • プレアラート

の3種類の証拠金ステータスがあります。

一定の証拠金維持率(有効証拠金÷建玉必要証拠金×100で算出)を下回ると、

  1. プレアラート
  2. アラート

という順番でメッセージが表示されます。

そのまま証拠金維持率がさらに低下し、ロスカットラインを下回るとロスカットされます。

プレアラートは、証拠金維持率が160%を下回った時にアラート通知が送られます。通知は登録メールアドレス宛てに送られ、取引画面のお知らせ欄でも、アラート状態であることが表示されます。

アラートは、証拠金維持率が130%を下回った時に、アラート通知が登録メールアドレス宛て送られます。また、取引画面のお知らせ欄でも、アラート状態であることが表示されます。

ロスカットは証拠金維持率が100%を下回った時に執行されます。ロスカット基準を割り込むと、すべての未決済建玉が自動的に反対売買されます。

なお、ダイワFXにはマージンコールはありません。

ダイワFXの口座開設はどのように行えば良いか

ダイワFXで取引するには、まずは総合取引口座を開設する必要があります。総合取引口座を開設後に、ダイワFX口座を開設することになります。そのため、ダイワFX口座を単独で開設することはできない、ということに留意しましょう。

ダイワFXの入出金は?

ダイワFXの入金は、大和証券の取引口座との振替により行われるため、ATMやインターネットバンキングを使い、「ダイワFX」口座へ直接振り込むことはできません。

大和証券の取引口座への入金は、銀行振込、オンライントレード入金、提携ATMからの入金の3種類あります。

銀行振込は、銀行などの金融機関の窓口やATMなどから入金する方法です。「ダイワ・コンサルティング」コースの場合、入金にあたり、事前に取扱い窓口に連絡した上で、入金手続きをします。

「ダイワ・ダイレクト」コースの場合は、特に事前連絡の必要はなく、指定の銀行口座に振り込みます。

なお、手数料は「ダイワ・コンサルティング」コースの場合は無料ですが、「ダイワ・ダイレクト」コースの場合は利用の金融機関所定の手数料がかかることに留意しましょう。

オンライントレード入金は、大和証券のオンライントレードで入金申し込みをした後、提携金融機関のインターネットバンキングサイトから振込の手続きを行うことで入金できます。

なお、オンライントレード入金の場合、大和証券提携金融機関とインターネットバンキングの契約を事前にしておく必要があります。

提携金融機関は、

      • ゆうちょ銀行
      • 三井住友銀行
      • みずほ銀行
      • 三菱東京UFJ銀行
      • ジャパンネット銀行

の5行です。

なお、オンライントレード入金では、振込手数料は無料です。

提携ATMからの入金は、提携しているコンビニ設置ATM、大和証券店内ATM、提携している銀行ATMから入金する方法です。

提携ATMからの入金に関しては、「ダイワ・カード」が必要になります。なお、このダイワ・カードは、銀行のキャッシングカードのようなもので、提携ATMからの入出金時に使うカードです。

出金についても、入金同様、ダイワFX口座から直接の出金はできないため、いったん大和証券の取引口座に振替を行う必要があります。振替手続のできる時間は平日8時~19時50分までとなっており、土日祝日は手続きできないので注意が必要です。

大和証券の取引口座に振り替えた後は、銀行等の金融機関への自分名義の口座への出金や、オンライントレードでの出金、提携ATMからの出金の3種類から選ぶことができます。

提携ATMからの出金については時間帯によって手数料がかかる時間があります。

また、銀行振込やオンライントレードでの出金については、「ダイワ・コンサルティング」コースは手数料無料ですが、「ダイワ・ダイレクト」コースは、金額によって所定の手数料がかかることに注意が必要です。

ダイワFXの取引システムは?

ダイワFXは、PCやタブレット端末、スマートフォンでの取引ができる取引ツールを用意しています。

ダイワFXのブラウザ型の取引ツールは、一画面に為替レートや建玉一覧、お知らせ等が表示されます。比較的シンプルな画面ですが、マーケット情報やニュース、大和証券独自のレポートなども表示できます。

また、チャートも別画面で表示することができます。チャートは最大4つのチャートを表示でき、カスタマイズも可能です。移動平均線はもちろん、RSIやMACD、一目均衡表などの各種テクニカルチャートも搭載しています。

ダイワFXの取引画面やチャートは高機能というほどではありませんが、シンプルな画面のため、初心者でも使いこなすのにそれほど時間がかからないのではないかと思われます。

ダイワFXのタブレット端末用の取引ツールは「ダイワFXボード」といいます。チャートやレート表示、発注画面など、取引に必要な内容コンパクトにまとまっており、使いやすいよう工夫されています。

また、ダイワFXではスマートフォン専用サイトも用意しています。画面はスマートフォンでの操作に最適化されており、注文はもちろん、チャートの表示やシミュレーションもできるなど、PCでの操作に劣らぬ使い勝手の良さです。

PC用、タブレット用、スマートフォン用のいずれも高機能というほどではありませんが、使いやすい便利なツールです。あまりに高機能だと使いこなすのに時間がかかるケースもあるので、ダイワFXの取引ツールは初心者にとっては使いやすいのではないかと思います。

ダイワ365 FXについて

取引所FXである「くりっく365」を取引できるダイワ365FXは、店頭FXである「ダイワFX」と共通のサービスもあれば、異なる点もあります。

まず、共通しているのは、サービス時間が24時間取引可能であること、取引手数料が0円であること、課税方式、レバレッジです。取引形態には店頭取引と取引所取引の違いがあります。

また、取扱通貨ペア数、ロスカット基準、必要証拠金等も異なるので、注意が必要です。

ダイワ365 FXの通貨ペア

ダイワ365のFXの通貨ペアは、

  • 米ドル/円
  • ユーロ/円
  • 英ポンド/円
  • 豪ドル/円
  • NZドル/円
  • 加ドル/円
  • スイスフラン/円
  • 南アフリカランド/円
  • 香港ドル/円
  • ノルウェークローネ/円
  • トルコリラ/円
  • ポーランドズロチ/円
  • スウェーデンクローナ/円
  • メキシコペソ/円
  • ユーロ/米ドル
  • 英ポンド/米ドル
  • 豪ドル/米ドル
  • NZドル/米ドル
  • ユーロ/英ポンド
  • ユーロ/豪ドル
  • 英ポンド/豪ドル
  • 米ドル/加ドル
  • 米ドル/スイスフラン
  • ユーロ/スイスフラン
  • 英ポンド/スイスフラン
  • 中国人民元/円
  • 韓国ウォン/円
  • インドルピー/円

の28通貨ペアです。

ただし、中国人民元、インドルピー及び韓国ウォンについては、2013年11月29日より上場休止中です。

取引単位はダイワFXとは違い、基本的に1万通貨単位です。ただし、南アフリカランドやメキシコペソなど、一部の通貨ペアは10万通貨での取引となります。

ダイワ365 FXとダイワFXとの違い

先ほど紹介したとおり、ダイワ365 FXとダイワFXとでは、取引できる通貨ペアの種類が違います。ダイワ365 FXの方が取引通貨ペアの数が多いことが特徴です。

これ以外にも、注文の種類にも違いがあります。ダイワ365 FXの方が注文の種類が多く、ダイワFXでは用意していないトレール注文が使えます。

また、必要証拠金にも違いがあります。ダイワ365 FXの場合は、建玉必要証拠金は、ある通貨ペアの売りの建玉必要証拠金と同じ通貨ペアの買いの建玉必要証拠金のうち、どちらか大きい方になります。

また、注文必要証拠金は、

(当該通貨ペアの売りの注文必要証拠金+当該通貨ペアの売りの建玉必要証拠金と、当該通貨ペアの買いの注文必要証拠金+当該通貨ペアの買いの建玉必要証拠金のうち、大きい方の値)-当該通貨ペアの建玉必要証拠金

で計算されます。

証拠金不足の判定があるのもダイワ365 FX の特徴です。1日の取引終了時に証拠金不足の判定を行い、「有効証拠金額<保有建玉の東京金融取引所が定める証拠金基準額の合計」となった場合、証拠金不足と判定され、証拠金不足発生日の27時(発生日翌日の午前3時)までにダイワ365FX口座へ不足額以上を振替入金しなくてはなりません。

もし期限までに入金できない場合は、強制決済されます。

ダイワ365 FXの取引ツール

ダイワ365のFXの取引ツールは、使いやすく、スピーディーな取引ができます。画面レイアウトのカスタマイズができ、レートの照会画面も自動で更新されます。

チャート機能も充実しており、チャート上から注文の訂正をすることもできます。ダイワ365 FXの方がダイワFXに比べ、取引ツールは高性能であると言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、大和証券のFX取引サービスについて解説を行いました。サービスの良し悪しも大事なポイントですが、自分の投資スタイルにあった会社を見つけることが大切です。「これだ!」と思うFX会社を見つけて、FX取引の良いスタートを切れるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。