おすすめFX会社比較ランキング!初心者向けの人気口座は?【2020】

  • 更新日: 2021/05/10

おすすめFX口座を専門家が厳選比較!自分にぴったりなFX会社を選ぼう

FX会社で一番おすすめってどこなの?

初心者にも使いやすい人気のFX口座を知りたいわ。

ナビナビFXが厳選比較した、FX口座のおすすめランキングは以下の通りです。

FX人気ランキングTOP5(国内口座開設数)

DMMFX
第1位
DMM FX
チャート機能が優れている上級者でも満足な会社

公式HPへ

GMOクリック証券
第2位
GMOクリック証券
全般的に買いスワップが高い総合力がある会社

公式HPへ

外為オンラインのキャッシュバック
第3位
外為オンライン
1,000通貨から取引可能なサポートが手厚い会社

公式HPへ

第4位
外為どっとコム
スプレッドなどのコスト面でバランスが良い会社

公式HPへ

第5位
トレイダーズ証券
初心者~中上級者向けサービスがあるFX会社

公式HPへ

FX口座は、会社によって特徴が異なり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

そのため、なんとなくでFX口座を選んでしまうと、

  • スプレッドが広くて、なかなか利益が上がらない
  • スマホでFXをしたいのに、アプリが使いづらくてスムーズに注文できない
  • お得に口座開設したはずが、クリア条件が難しくてキャッシュバックを受け取れなかった 

以上のような失敗に繋がる可能性があるので、各社のポイントを理解した上で、自分に合ったFX口座を選びましょう。

今回は、ナビナビFXが厳選比較したおすすめのFX口座ランキングや、項目別のおすすめFX口座を紹介します。

比較するときのポイントもお伝えしているので、ぜひ参考にしてください。

この記事の目次

FXおすすめ比較ランキングTOP10 【2020年1月最新】

第1位:DMM FX

DMM FXのメリット

  • カスタマイズ性に優れた高スペックな取引ツールでスムーズにFXができる
  • 全通貨ペアのスプレッドは最狭水準でコストを抑えて取引できる

DMM FXのデメリット

  • スキャルピングが推奨されていないので、やりすぎると口座凍結されてしまう可能性がある
  • 1万通貨以上の取引にしか対応していない

DMM FXの口コミ・評判

50代 / 男性 / 自営業
FX歴:10年以上
サービスが物足りない
DMM FXに口座開設してから7、8年になる。スプレッドの狭さや高機能な取引ツールなどを強みにしているが、それだけといった感じである。スプレッドの狭い会社は他にもあるし、そういう会社がもっと少額...
サービスが物足りない
DMM FXに口座開設してから7、8年になる。スプレッドの狭さや高機能な取引ツールなどを強みにしているが、それだけといった感じである。スプレッドの狭い会社は他にもあるし、そういう会社がもっと少額で取引できるようにしていたり、独自の取引サービスを展開していたりするケースも珍しくなくなった。FXがメジャーになってだいぶ経つが、もう、スプレッドの狭さや高機能な取引ツールだけを揃えていれば人が集まるような時代ではないと思う。独自の取引サービスを提供したり、くりっく365を取引できるようにしたりするなど、幅広いサービスを提供して欲しい。
なかなか約定しないことがある
指標発表時など、相場が荒れる時は、大抵の会社で約定しにくくなるのだが、DMM FXは、そうではない時も、なぜかなかなか約定せず、何度も発注をしなければならないことがある。たまにそういうことがある分にはまだいいが、DMM FXは他の会社より約定しづらいことが多いと思う。約定力があまり良くないので、メインで使うのは避けている。デイトレーダーなど短期でトレードする人にとっては、この点は大きなデメリットである。多少スプレッドが広がっても、しっかり約定する他の会社を選んだ方が良いかもしれない。
スマートフォンアプリが良い
スマートフォンアプリのDMM FXは使いやすいと思う。良いのは、iPhoneとAndroidで同じ機能になっているところだ。スマホなので、PCに比べて画面は小さいが、操作しやすい。レートアラート通知や経済指標アラートなどのアラート機能もあり、ポップアップで表示されるのが便利である。ちなみに、テクニカル指標もメジャーなものは一通り搭載されているが、画面が小さいので、本格的なテクニカル分析に利用するのには向いていないように思う。DMM FXはメイン口座にはしていないが、このスマートフォンアプリが使いやすいので、相場のチェックなどに使用している。
スワップが一本値
DMM FXのスワップは一本値なので、良心的だと思う。もともとスワップは良い方ではないので、付与される場合はあまりメリットを感じないし、スワップ目的での取引では向いていない。しかし、引かれる場合は少なくて済むのがメリットになる。店頭FXのスワップが一本値という会社は他にもあるので、この会社ならではのサービスというわけではないが、スプレッドの狭い会社でスワップが一本値の会社を選びたい場合は、選択肢の一つに選ぶのも良いかもしれない。
40代 / 男性 / 会社員
FX歴:5-10年
DMMグループは上場企業ではない
大手FX会社の多くが上場会社となっていますが、DMM.com証券の上場はなされていません。またDMMグループ自体が上場会社ではないため、DMMグループとしての財務情報は見ることができません。...
DMMグループは上場企業ではない
大手FX会社の多くが上場会社となっていますが、DMM.com証券の上場はなされていません。またDMMグループ自体が上場会社ではないため、DMMグループとしての財務情報は見ることができません。FX会社といえども金融機関であり、多額の投資資金を証拠金として預けるためには、その会社及び会社グループとしての信用力は投資家としては確認したい所。TVCMで有名になった同社ですが、上場企業が運営している、または上場企業グループの他大手FX会社と比べると、会社及びグループの情報が少ないため、大きな金額を預けてのトレードに尻込みする部分があります。
10,000通貨からのトレード
同社では10,000通貨単位でのトレードであり、少なくとも数万円単位で証拠金を用意する必要がある。1,000通貨単位で取引可能なFX会社が増えている中では、取引に大量の資金が必要となります。また10,000通貨単位での取引となるため、資金の増減に応じた資金管理を行う場合でも、細かい資金管理を行う事が難しいです。長期に渡り最低取引単位程度でトレードを行うのであれば問題ありませんが、長期的には取引の資金量を増やしたいと思うトレーダーにとっては、10,000通貨単位での取引は柔軟性に欠けます。以前は殆どのFX会社が10,000通貨単位での取引だった経緯があるため、同社の10,000通貨単位での取引という仕組み自体に違和感自体はありません。しかし1,000通貨単位の会社も増えており、また1,000通貨以下での取引可能なFX会社も出現しており、特に初心者トレーダーには資金的に若干敷居が高いFX会社となっている印象がある。
スキャルピングが推奨されていない
同社では超短期トレードであるスキャルピングは推奨されていません。非常に資金効率の高いスキャルピングはトレードをする上で必要不可欠な手法、となっている上級トレーダーも多いです。スキャルピングの多用は取引口座凍結のリスクがあるため、特に短期トレード中心のトレーダーにとって同社は、敬遠せざるを得ないFX会社となります。ただしスキャルピング歓迎というFX会社自体が限られるため、同社のスタンス自体はやむを得ないと理解はできます。尚、1日2~3回のトレードのデイトレードや1週間に2~3回のトレードのスイングトレードを行う場合は特に制限は設けられていません。よって同スタイルを取る上級者にとっては、スキャルピングの規制はそれほどトレードに影響はない。

DMM FXの口コミ・評判をもっと見る

DMM FX

Medium 120 120
口コミ点数 Point star4 5 4.9
総合ランキング 1位
初回入金額 無料
推しポイント 最短1時間で取引開始が可能!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
20円 -7円 25円

第2位:GMOクリック証券

GMOクリック証券のメリット

  • 取引高世界第1位!(※)
  • 買いスワップが全通貨平均して高く、スワップ運用で利益を上げたい方にもおすすめ
  • 業界最狭水準のスプレッド+取引手数料0円でコストを抑えて取引できる

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月~2020年12月) 

GMOクリック証券のデメリット

  • 1万通貨以上からしか取引できない

  • FXに関する情報コンテンツの提供が少ない

GMOクリック証券の口コミ・評判

40代 / 男性 / 会社員
FX歴:3-5年
①大口トレーダーが利用
同社は個人の大口トレーダーが利用のケースが多いFX会社です。オーソドックスに大手らしいサービスを提供していますが、大口トレーダーも利用しており、数十万通貨以上の大量の投資資金を使ってのトレードも...
①大口トレーダーが利用
同社は個人の大口トレーダーが利用のケースが多いFX会社です。オーソドックスに大手らしいサービスを提供していますが、大口トレーダーも利用しており、数十万通貨以上の大量の投資資金を使ってのトレードも、安心して取り組むことができます。資金量が多くなると約定力が弱くなるFX会社もある中で、数十万通貨以上のトレードでも安定した約定力を誇り、大口トレーダーの利用も多い同社は、大口の取引でも安心感を持ってトレードできるFX会社と言うことができます。
②上場グループ会社の安心感
同社は東証1部上場のGMOインターネット<9449>グループの企業であり、持ち株会社のGMOフィナンシャルHD<7177>も上場企業です。投資資金を証拠金という形でFX会社に預けるFXトレードにおいて、FX会社への安心感は必要不可欠です。その点、GMOグループという上場グループ会社に属している同社に対しては、安心感を持って資金を預けることができます。大口トレードに対応している、という点とあわせて、大口トレーダーが安心して証拠金を預けてトレードができるFX会社ではないでしょうか。
③スプレッドが全体的に狭い
同社のスプレッドは、業界で最も狭い、という通貨ペアは少ない状態です。しなしながら全体的に見てどのような通貨ペアでも、業界内において狭いレベルのスプレッドでの取引環境が提供されています。特定の通貨ペアに特化してのトレードなら、専用のFX会社を探すべきです。ただし多通貨でのトレードを行う場合、取り扱いの通貨ペアについては概ね他社に比べ狭いか同等のスプレッドに設定されており、非常に使い勝手がよいと言えます。スプレッドが狭い通貨ペアと広い通貨ペアが共存のFX会社もある中で、全体的に狭いスプレッドでサービスを提供している同社は、多通貨でのトレードのスタイルを取る場合、非常に重宝するFX会社となります。
④くりっく365の取り扱いもある
同社では通常の店頭FXであるFXネオだけではなく、取引所FXのくりっく365の取り扱いもあります。FXネオの19通貨ペアに加えくりっく365の25通貨ペアを併用することで、FXネオでは取り扱いのない、米ドル/カナダドルや香港ドル/円、ノルウェークローネ/円他の取引が可能です。FXネオとくりっく365の両者を併用することで、取引可能な通貨ペアの幅を一気に広げることができます。
60代 / 男性 / アルバイト
FX歴:5-10年
セミナーが非常に少ない
GMOクリック証券と他数社に口座開設してFXを取引しているが、ここはセミナーが極端に少ない。ごくたまにやっていることもあるようだが、私が口座開設をしてから、FXに関するセミナーの開催の記憶はない...
セミナーが非常に少ない
GMOクリック証券と他数社に口座開設してFXを取引しているが、ここはセミナーが極端に少ない。ごくたまにやっていることもあるようだが、私が口座開設をしてから、FXに関するセミナーの開催の記憶はない。初心者の場合、独学で知識を身につけても、誤って理解していることもよくある。また、ある程度上達してからも、自分のトレードスタイルを見直したり、新たな知識を身に付けたりすることは大切である。セミナーに力を入れているFX会社が多い中、投資教育にあまり力を入れていないのが残念である。
取引ツールは使いやすいが、初心者にはややハードルが高い
GMOクリック証券のはっちゅう君シリーズは、基本的に評判の良いトレードツールで、慣れると使いやすい。ただ、PCやスマホなど、今どきの通信機器を使い慣れていない人にとっては、決して使いやすいわけではない。慣れれば問題ないが、不慣れな人は操作性の高さが仇になって混乱してしまうのではないか。若い世代は最初から問題なく使いこなせる人が多いのかもしれないが、このような通信機器の操作があまり得意でない人にとっては、最初から使いやすいとは言えないように思う。
ニュースやレポートの情報量が少ない 
GMOクリック証券はニュースやレポートなどの情報量が少ないと思う。アナリストによる分析など、他社は専門家による相場解説に力を入れているところも少なくない。しかし、GMOクリック証券はこのようなサービスには力を入れておらず、本当に必要最低限のニュースを配信している。ファンダメンタルズを重視するトレーダーにとっては使いやすいとは言えない。中長期取引をする場合、ある程度ファンダメンタルズを重視して取引するのだが、その場合は情報量の豊富な他社を使うようにしている。
問い合わせ対応が丁寧
GMOクリック証券の問い合わせ対応は良い。懇切丁寧に案内してくれる。他社の場合、不慣れなためか、案内がぎこちないスタッフもいるが、今のところ、GMOクリック証券ではそのような対応をされたことはない。また、24時間対応なので、分からない時にすぐに電話して確認できるのが良い。なお、コールセンターに電話した場合、つながりやすい時間とそうではない時間があるが、同社はどの時間帯に問い合わせが集中してつながりにくくなるかを公表しているので、有難い。

GMOクリック証券の口コミ・評判をもっと見る

GMOクリック証券

Medium 300x250
口コミ点数 Point star4 0 4.3
総合ランキング 2位
初回入金額 無料
推しポイント 低コスト&高スワップ◎
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
36円 -15円 43円

第3位:外為オンライン

FXブロードネット記事内の外為オンライン

※画像引用:外為オンライン公式サイト

外為オンラインのメリット

  • 初心者にもおすすめの自動注文システム「iサイクル」を提供
  • 1,000通貨から取引可能!初心者でも少額からFXを始めることができる
  • 無料セミナーが数多く開催されていて、トレーダーとして成長したい方にもおすすめ

外為オンラインのデメリット

  • レートの桁数が1桁少なくスプレッドが広くなりがち

  • スマホアプリではテクニカル指標を複数表示できない

外為オンラインの口コミ・評判

30代 / 男性 / 会社員
FX歴:1-3年
初心者にやさしい設計の取引システム
外為オンラインは私が初めて作ったFX口座で、ここで大きなFXの仕組みは覚えました。FXの仕組みを覚えるうえでは、初心者にやさしい取引システムの設計になっているように感じています。例えば、新規...
初心者にやさしい設計の取引システム
外為オンラインは私が初めて作ったFX口座で、ここで大きなFXの仕組みは覚えました。FXの仕組みを覚えるうえでは、初心者にやさしい取引システムの設計になっているように感じています。例えば、新規注文を入れる際に、「ドル円が1円動いたらこれだけの損益が出るよ」と教えてくれるようになっています。また、ポジションを持った時には実行レバレッジや口座維持率を明示してくれるようになっています。レバレッジをかけすぎるとアラート音もなるようになっていて、ついつい熱くなりがちな私には助かる仕組みでした。まあ、実際にアラートが鳴ると、イラッとしてしまうこともあるんですが(笑)。
チャートは見やすく多機能
外為オンラインの取引システムは初心者にやさしいですが、チャート分析についてはけっこう多機能になっていると思います。例えば、チャートに入れられるテクニカルの数は、移動平均線が4種類、トレンド系が7種類、オシレーター系が14種類、分析系が1種類で、とても豊富です。また、複数の通貨ペアを同時に表示できる比較チャートだったり、1枚のチャートでいろんな時間軸で値動きが見られるハイブリッドチャートというものもあります。その他、ディールスコープという、売買ポジションの推移を教えてくれるようなものもあります。私はまだ使いこなせていないものもあって、機能的には十分すぎるという感じです。
モチベーションが上がる大島優子バージョン
ちょっとこれは余談気味ですが、外為オンラインの取引システムには大島優子バージョンというものがあります(2018年6月現在)。使い方は通常バージョンとまったく変わりませんが、例えば約定した時に「新規注文が約定しました」という感じで、大島優子が声でトレードをガイドしてくれるかたちです。私はそれほどAKB好きでもなんでもないんですが、意外とこれがいい感じで、トレードのモチベーションアップにつながりました。たぶんファンの人はもっとやる気出るかもしれませんね。このサービスがいつまで続くかわかりませんが、気になる人は今のうちにチェックしておきましょう。
短期トレードには不向き
外為オンラインはいいFX会社なんですが、唯一の弱点はあまり短期トレードに向いていないというところです。というのは、ドル円のレートが小数点以下2桁表示となっていて、ドル円のスプレッドは1銭というかたちになっているんです(2018年6月現在)。他の多くの会社は小数点以下3桁以上の表示でドル円のスプレッドは0.3銭ということを考えると、トレード数が多いとどうしても不利になります。なので、短期トレードをやりたいという人よりは、比較的長めのトレードをしたい人や、外為オンライン独自のサービスであるiサイクル注文を使いたいといった人に、向いているタイプのFX会社のように感じています。
40代 / 女性 / 会社員
FX歴:5-10年
 取引システムが直感的でわかりやすい
 取引システムは大きく2つ、Webブラウザから立ち上げるパソコン版と、iOS用とAndoroid用のスマホアプリがあります。私が使いやすいと思ったのはパソコン版のほうで、普段はこちらを使うように...
 取引システムが直感的でわかりやすい
 取引システムは大きく2つ、Webブラウザから立ち上げるパソコン版と、iOS用とAndoroid用のスマホアプリがあります。私が使いやすいと思ったのはパソコン版のほうで、普段はこちらを使うようにしています。パソコン版にはキャンバス1~3があって、それぞれに好きなレイアウトを作成することができます。チャートは別ウインドウで立ち上げられるようになっていて、このチャート上からでもトレードができるようになっています。いずれも直感的に操作できるようになっていて、私はとくに操作マニュアルを見なくても使いこなすことができました。
 スプレッドは広めもスイングなら問題なし
 外為オンラインはレート提示が1pips刻みで、スプレッドも広めの設定になっています。例えば、ドル円だと1pips、ユーロ円だと2pips、ポンド円だと3pipsという感じです。なので、スプレッドを気にする人にとっては、あまり条件は良くないと言えるでしょう。私のように一度ポジションを持ったら数週間ぐらいは持ってもいいかなという感じでトレードしていれば、とくに問題はないレベルです。約定もややワンテンポ遅れる印象もありますが、これも同様ですね。短期トレーダーよりも長期トレーダーのほうを意識しているFX会社だと感じます。
 iサイクル注文で安定収益狙い
外為オンラインといえばiサイクル注文だと思いますが、これを使うことで、動かない相場でもコツコツと収益を出していくことができるようになります。もともと私はトレンド相場が得意で、揉み合いの中ではあまり利益を出せなかったので、iサイクル注文のおかげで収益機会は倍増したような感じです。今はiサイクル注文ともともとの手法を併用するかたちですが、こうすることで、どんな相場でも安定的に収益を出せるようになりました。iサイクル注文は自動でトレードしてくれて負担が少ないので、私みたいな併用がいいんじゃないかと思います。 
スワップポイントが良いわけではない 
iサイクル注文はポジションの保有期間が長くなることもあるので、スワップポイントもわりと重要だったりします。ただ、外為オンラインのスワップポイントはスワップスプレッドもあってそんなに良い設定ではないです。ただし、くりっく365の取扱いもあって、こちらのほうはスワップポイントはスワッププレッドがゼロで、スプレッドも良い設定になっています。くりっく365はスプレッドが広くいというところもありますが、トータルではこっちのほうが有利のように感じます。ただし、1万通貨単位なので100万円単位で資金を準備する必要があり、少額資金の人にはちょっと難しいところがあるかもしれません。 

外為オンラインの口コミ・評判をもっと見る

外為オンライン

Medium imagesender
口コミ点数 Point star4 5 4.5
総合ランキング 3位
初回入金額 5,000円
推しポイント 自動売買ツールがおすすめ
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
1.00銭原則固定(例外あり) 2.00銭原則固定(例外あり) 3.00銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
15円 -20円 10円

第4位:外為どっとコム

外為どっとコムのメリット

  • 高額のキャッシュバックキャンペーンが多い
  • 動画コンテンツ・ニュース・セミナーなど、FX情報が充実! 一流アナリストの見解が知れる!
  • 1,000通貨から取引できるので、少額投資で取引したい方にもおすすめ

外為どっとコムのデメリット

  • 約定が遅れがち

  • スマホアプリのライン描画機能が物足りない

外為どっとコムの口コミ・評判

50代 / 男性 / 会社員
FX歴:5-10年
マーケット情報はとりあえず「外為情報ナビ」 
私は月単位でスパンでトレードをしていて、あまり細かい動きは気にしないタイプです。重要視しているのは、いわゆるファンダメンタルズ的な部分で、それに基づいた大きなマーケットの流れについていくことを心...
マーケット情報はとりあえず「外為情報ナビ」 
私は月単位でスパンでトレードをしていて、あまり細かい動きは気にしないタイプです。重要視しているのは、いわゆるファンダメンタルズ的な部分で、それに基づいた大きなマーケットの流れについていくことを心がけています。そのため、マーケット情報をしっかり押さえるということが大事になってくるんですが、外為どっとコムはこういった情報発信をしっかりやってくれていて、非常に心強いと感じています。とくに「外為情報ナビ」というツールが使いやすくて、とりあえずはここを見るようにしています。 
十分使えるスマホアプリ 
私がよく使ってる取引ツールはスマホアプリ版です。やはりパソコン版に比べて手軽に立ち上げられるので、使う回数が増えるんですよね。もちろん細かくチャートを見たい時なんかは、パソコンから取引ツールを立ち上げることもありますが、だいたいのことはスマホアプリ版のほうで不足を感じることはありません。普段はあまり使いませんが、発注についてもスマホから出せるようになっています。相場になにか起こった時にも、いつでもどこでもスマホがあれば対応できるわけなので、使わないにしても安心感があります。 
高金利通貨の魅力的なスワップポイント 
ポジショントレードではスワップポイントが重要ですが、外為どっとコムは高金利通貨のスワップポイントが総じて高水準に設定されています。具体的な1日あたりのスワップポイントは、南アフリカランド円が160円/10万通貨、トルコリラ円が86円/1万通貨、メキシコペソ円が120円/10万通貨という感じです(2018年6月現在)。こういった高金利通貨のスワップポイント狙いもできるので、ポジショントレード派にとっては戦略の幅が増えてうれしいところです。 
キャッシュバックよりもスワップポイント改善を希望 
外為どっとコムはけっこうキャッシュバックに力を入れていて、取引量に応じて一定のキャッシュバックが受けられるようになっています。スプレッドも狭くして、取引量によるキャッシュバックも力を入れてというかたちで、短期トレード派に有利な方向を向いているようにも感じます。ちょっとこの点は私のようなタイプのトレーダーには不満で、メイン通貨のスワップポイントを改善するといったかたちで、長期トレード派への還元にも力を入れてほしいなという気持ちはどうしても出てしまいますね。 
30代 / 女性 / 主婦
FX歴:3-5年
スワップ振替が便利
主にスワップ目的で取引しているので、スワップ振替のサービスは便利です。ポジションを決済しなくても、3,000円貯まるごとにFX口座内に振り替えられるので、貯金しているような感覚でスワップを貯める...
スワップ振替が便利
主にスワップ目的で取引しているので、スワップ振替のサービスは便利です。ポジションを決済しなくても、3,000円貯まるごとにFX口座内に振り替えられるので、貯金しているような感覚でスワップを貯めることができます。私の場合は、割りのいい外貨預金感覚でスワップの高い通貨ペアを取引していて、かなり円高だった時に買いポジションを建ててスワップ目当てで取引を始めたので、これまで元本割れになったのは、ポジションを建てた最初の頃だけでした。運よく、その後円安になっていったので、多少円高になっても元本割れせず、ある程度放置しても大丈夫なので、ストレスの少ない状態で取引できています。ただ、円安が進んでからスワップ目的で始める場合は、工夫が要ると思います。
出金のスピードが速い
以前他のFX会社でも取引していましたが、出金依頼をかけてから、出金先の口座に着金するまで、早くても1日はかかっていたのですが、外為どっとコムは、出金依頼をしてから着金するまでのスピードが速く、平日午前中に出金依頼をすれば、その日の午後のうちに着金します。また、FX会社によっては、出金依頼をかけられる回数に制限があったり、無料で出金できる回数が決まったりしている会社もありますが、外為どっとコムはそのような制限はありません。ただ、1回あたりの出金額の上限は200万円までなので、その点には気を付ける必要があります。
キャンペーンが豊富
外為どっとコムでは上限なしのキャッシュバックキャンペーンをはじめ、様々なキャンペーンが開催されているのが良いと思います。その中でも私が一番良いと思っているのは、「無料クーポン毎月プレゼントキャンペーン」です。1万通貨の取引とアンケートに回答することで、ローソンの商品(飲み物と食べ物)がもらえます。また、1万通貨の取引だけでも、飲み物だけですが、ローソンの商品をもらうことができます。
デモ取引が利用できる
外為どっとコムでは、PC用のリッチアプリ版とスマートフォン版のデモ取引を提供しているので、実際に取引する前に、PCでもスマホでも試すことができるのが良いと思います。また、デモ取引は90日間利用できるので、他のFX会社と比較しても利用できる期間が長めに設定されていると思います。また、外為どっとコムでは、デモ版のレートは本番のレートと同じものを配信しているので、本番さながらに取引できるのが良いと思います。

外為どっとコムの口コミ・評判をもっと見る

外為どっとコム

Medium gaitamecom
口コミ点数 Point star4 0 4.4
総合ランキング 4位
初回入金額 無料
推しポイント 業界トップクラスの情報量!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
72円 -15円 25円
2021年5月10日

第5位:トレイダーズ証券

トレイダーズ証券のメリット

  • 業界最狭水準のスプレッド&取引手数料無料!1,000通貨から取引OKで少額資金からスタートできる
  • 自分の取引を分析したい人は、成績が一目で分かる「Myパフォーマンス」がおすすめ
  • プロの講師による3つのトレーニングを提供!プライベートレッスンで悩みも相談できる!

トレイダーズ証券のデメリット

  • PC版取引ツールでカスタマイズができないので、使い勝手が悪いとの評判がある

  • 取り扱い通貨ペア数が少ない

トレイダーズ証券の口コミ・評判

20代 / 女性 / アルバイト
FX歴:1年以下
スプレッドが狭く、ドル円のスワップが高い
みんなのFXも、みんなのシストレも、スプレッドが狭いのでここで口座開設しました。スプレッドが狭いだけなら他のFX会社もあったのですが、ドル円のスワップが結構良いのも決め手になりました。スプレッド...
スプレッドが狭く、ドル円のスワップが高い
みんなのFXも、みんなのシストレも、スプレッドが狭いのでここで口座開設しました。スプレッドが狭いだけなら他のFX会社もあったのですが、ドル円のスワップが結構良いのも決め手になりました。スプレッドは原則固定0.3銭ですが、ずっとそうだというわけではないようで、時間帯が決まっています。そのため、基本的にはその時間帯に取引するようにしています。原則固定で狭いスプレッドを宣伝していても、実際にはスプレッドが広がる時間帯があるFX会社も中にはあるようなので、きちんと原則固定の時間帯を知らせてくれているのが良いと思います。
シストレが簡単にできる
FXは初心者なので、自分の感情に左右されずに取引できるシストレに興味があります。シストレができる他の会社とも比べたのですが、トレイダーズ証券のみんなのシストレは、スプレッドがみんなのFXとそれほど変わらず狭いので、ここに決めました。シストレは、プログラムと人の2種類のストラテジーから選べますが、どちらも操作方法がとても簡単で、複雑な操作が必要ないのが良いです。まだ始めたばかりなので、今のところ成績はトントンといった感じですが、これからじっくり運用していこうと思います。
セミナーがある
みんなのFXは、3種類のコースに分かれたセミナーがあります。初心者コースに関しては、今のところ動画のみで、オンラインと会場は今後開催されるか未定ですが、ぜひ開催して欲しいと思います。プライベートコースは申し込むと60分のセミナーを1回受けられるようで、スキルアップコースはオンラインセミナーが開催されているようです。正直、もっと回数を増やして欲しいとは思いますが、セミナーをやっていること自体は、初心者には嬉しいです。
キャンペーンの種類が多い
みんなのFXもみんなのシストレも、キャンペーンを頻繁に行っているようです。キャッシュバックキャンペーンの他に、スイーツが貰えるものなど、色々やっています。ただ、キャンペーンの対象になるには結構なLot数を取引しなければならず、私のように資金が少ない初心者トレーダーにはハードルが高いのが残念です。もっと初心者向けのキャンペーンがあれば良いと思います。慣れて取引額が増えたら、このようなキャンペーンに参加したいと思います。
40代 / 男性 / 会社員
FX歴:1-3年
システムトレードが行い易い
同社は「みんなのシストレ」という名称で、システムトレードサービスを提供しています。システムトレードはトレーダーが任意のシステム(ストラテジー)を選ぶことで、自動的にルールに基づいてトレードが実行...
システムトレードが行い易い
同社は「みんなのシストレ」という名称で、システムトレードサービスを提供しています。システムトレードはトレーダーが任意のシステム(ストラテジー)を選ぶことで、自動的にルールに基づいてトレードが実行されるサービスです。そして同社は1,000通貨からシステムトレードが可能です。他社の場合5,000通貨や10,000通貨からの取引となる場合が多いのですが、同じ金額であっても様々な種類のストラテジーを用いてのシステムトレードが可能です。一般的には多数のシステムを採用すると、リスクは減ると言われます。1,000通貨からのシステムトレードで、多数のストラテジーを利用しリスクを抑えた形でのシステムトレードが可能になります。また1,000通貨からなら、各ストラテジーのリスクに応じて資金配分を行いながらのシステムトレードも可能であり、資金管理を踏まえたシステムトレードも行う事ができます。システムトレードこそ資金管理が必要とされる面があるため、1,000通貨単位でシステムトレードが可能な同社は、システムトレードを行うに際し優れた環境を提供しています。
他の投資家が採用のシステムが分かる
同社のシステムトレードでは、他の投資家がどのストラテジーを利用してシステムトレードを行っているかが分かります。採用するストラテジーに、利用している投資家数が記されているため、その数字を見ることで人気・不人気、いずれのストラテジーかが一目瞭然です。多くの投資家が採用のストラテジーが必ず勝てる訳ではありませんが、自らが他の投資家と同様の相場観でシステムを動かしているのか、逆の方向で動かしているのかを知る事で、リスクの取り方も変える事ができます。他のシステムトレードサービスではあまり見られないサービスですが、同社でシステムトレードを行う際には非常に参考となる数字です。
スマホアプリでシステムトレードが可能
同社のシステムトレードはスマホアプリからも操作が可能です。私は主にPCでシステムトレードの設定を行いますが、外出先等で相場が急変することもあります。その場合は、スマホアプリでストラテジーの入れ替え等が可能です。スマホからシステムの操作が可能のため、相場状況に応じて臨機応変の対応ができます。基本的にはスマホアプリを利用しないように、家のPCにてストラテジーの検討や入れ替えを行っていますが、スマホアプリのお陰で、システムトレードをしながらでも安心して外出することができます。

トレイダーズ証券の口コミ・評判をもっと見る

みんなのFX

Medium imagesender
口コミ点数 Point star2 5 2.8
総合ランキング 6位
初回入金額 無料
推しポイント コールセンターは24時間対応
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.40銭原則固定(例外あり) 0.60銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
22円 -12円 28円

第6位:YJFX!

YJFX!のメリット

  • ヤフーグループ運営のFX会社で安心して取引できる
  • 取引に応じてPayPay※現金がもらえるので、お得に取引したい方にもおすすめ

※PayPay残高の種類は「PayPayボーナスライト」となります。「PayPayボーナスライト」は「出金」「譲渡」「送る」「わりかん機能」「Tポイントへの変換」はできません。「PayPayボーナスライト」の有効期限は付与日から60日です。
尚、「現金」に関しては有効期限はありません。

YJFX!のデメリット

  • ニュース配信は1社のみ

YJFX!の口コミ・評判

40代 / 男性 / 会社員
FX歴:3-5年
クロス円以外の通貨ペアのスプレッドは並程度
ドル/円を始めとするクロス円通貨ペアのスプレッドは、他の大手並みに狭いスプレッドを提供していますが、それ以外のスプレッドは並程度の狭さです。スプレッド競争の結果、国内FX会社のスプレッドは差...
クロス円以外の通貨ペアのスプレッドは並程度
ドル/円を始めとするクロス円通貨ペアのスプレッドは、他の大手並みに狭いスプレッドを提供していますが、それ以外のスプレッドは並程度の狭さです。スプレッド競争の結果、国内FX会社のスプレッドは差があると言っても、マイナー通貨を除けば十分許容できる範囲とはなっています。しかしながら他社比でのスプレッドの狭さにこだわる場合、同社のスプレッドはクロス円通貨を除くと、魅力を感じないケースがあります。特に多通貨を監視してのトレードスタイルを取る場合、他社とのスプレッドの差の確認は必要不可欠です。単にスプレッドだけではなく、約定力も加味する必要があるため、同社は並程度のスプレッドであっても、早朝や指標発表時を除き約定力を加味すれば十分利用に値します。しかしスプレッドにこだわるトレーダーの場合、同社の利用は厳しい可能性があります。
早朝と指標発表時にスプレッドが広がる傾向にある
同社に限りませんが、早朝及び指標発表時にスプレッドが広がり、発注をしたものの当初予定していたレートで約定できないケースが生じます。他社では取引数量次第の面もありますが、早朝であろうと指標発表時であろうと、それほどスプレッドが拡大しないFX会社も存在します。早朝や指標発表時のエントリーを避けることが最善の方法ではあるものの、チャートやファンダメンタル状況によっては、早朝にトレード(エントリー)を迫られるケースもあります。早朝や指標発表の前後にエントリーする際は、スプレッド数字の確認が必要不可欠です。また特に指標発表時はスリッページが発生し、予定のレートで約定出来ないケースもあるので、その面でも注意が必要となります。
ニュースの情報量が少ない
ニュースを始めとする情報量は全体的に少ないと感じます。他のFX会社のニュースやWebサイト、ツイッター等で情報収集をしながらのトレードが必要です。FX会社によって得手不得手があるのでやむを得ませんが、同社を利用してトレードに臨む際は、他社のニュースツール等を立ち上げながらのトレード環境が必要となってしまいます。FXの場合は要人発言や指標発表で、一気に相場が動くケースがしばしばあるため、情報収集は必要不可欠です。しかし情報面で同社は一歩遅れていると言えます。
30代 / 男性 / 会社員
FX歴:1-3年
安心のヤフーグループ
FXをやる際には自分のお金を証拠金として預けることになるので、できるだけ信頼できるところを選ぶべきだと思います。私が今はメインでYJFX!を使っているのは、数あるFX会社の中でもっとも信頼できる...
安心のヤフーグループ
FXをやる際には自分のお金を証拠金として預けることになるので、できるだけ信頼できるところを選ぶべきだと思います。私が今はメインでYJFX!を使っているのは、数あるFX会社の中でもっとも信頼できるかなと思っているからです。この点、YJFX!はヤフーグループの一員であるので、財務的安全性にはもちろんですし、倫理的におかしなことも起こりにくいのかなと考えています(あるいは、なにかあっても責任を取ってくれそう)。そういう観点でいくと、知名度のあるヤフーブランドはやはり安心感があります。
シンプルなWebの取引ページの設計
YJFX!の外貨exは、ログインをするとWebブラウザ上でトレードをすることができます。基本的に私はこのWebブラウザ上からトレードをしていますが、ページ上部から立ち上げられる「Exチャート」と左上部あたりから立ち上げられる「ワンクリック注文」というものを使っています。ページ上に余計なものが少なく、よく使う機能がわかりやすいところに置いてあるので、最初から迷うことなくこのスタイルで安定しました。取引ページの設計がいい感じなのは、ヤフーの強さが出ているのかもしれませんね。
OCO注文が使いにくい
私はスイングトレードを中心にしていて、けっこうポジションを放置することもあります。その際に、上下には必ずOCO注文で指値・逆指値を入れるようにしています。このOCO注文を出す部分なんですが、レートを手で数字をベタ打ちするようになっていて、ちょっと使いにくいなと感じています。例えば、現在レートを自動セットしたうえで、±5pipsボタン、±10pipsボタンなんかで調整するようにしてくれるなど、なにかしら工夫してほしいところです。ちょっと細かいかもしれませんが、ところどころにこんな感じで気になる部分も残っていたりはします。
リミッターの通知機能が便利
最後によく使う機能が、リミッターという、特定のレートになったらメールで通知してくれる機能です。私は基本スイングトレードをやっていて、いつも相場を見ているわけではないんですが、このリミッターを使うことによって、大事な時を見逃さずにチャートをチェックすることができています。ちょっとした便利機能なんですが、これも取引ページからクリック1つでアクセスできるようになっていて、「あ、使いたいな」と思った時にすぐに使うことができます。という感じで細々と書きましたが、全体的に使いやすくて満足しています。

YJFX!の口コミ・評判をもっと見る

YJFX!

Medium medium gaikaex 300x250
口コミ点数 Point star4 5 4.7
総合ランキング 5位
初回入金額 無料
推しポイント FXでPayPayポイントが貯まる
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.2原則固定(例外あり) -原則固定(例外あり) -原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
34円 -10円 36円

第7位:マネーパートナーズ

マネーパートナーズのメリット

    • FX口座は2種類!初心者向けの「nano」は100通貨単位から取引可能
    • 約定率は10年連続第1位!スリッページ発生率0%、約定拒否0件で注文したレートで取引できる(※)
    • 株券を証拠金にできる

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月) 

マネーパートナーズのデメリット

    • 他社と比較するとスワップポイントが低めに設定されている

    • 主要通貨の取り扱いはあるが、取引可能な通貨ペア数は少ない

マネーパートナーズの口コミ・評判

20代 / 男性 / 会社員
FX歴:1年以下
nano口座では100通貨単位でトレード可能
同社が提供しているnano口座は、100通貨単位でトレードが可能です。多くのFX会社が10,000通貨や1,000通貨からの取引となっていますが、業界内でも少量の通貨単位で取引が可能な稀有なサー...
nano口座では100通貨単位でトレード可能
同社が提供しているnano口座は、100通貨単位でトレードが可能です。多くのFX会社が10,000通貨や1,000通貨からの取引となっていますが、業界内でも少量の通貨単位で取引が可能な稀有なサービスです。数百円単位の証拠金でトレード可能なため、初心者がFXトレードに取り組むには最良な取引環境です。nano口座は1回の注文上限は100,000通貨単位までとなります。ただし100,000通貨のトレードは中~上級者レベルの取引数量であり、当面nano口座の利用で問題ないと考えています。100通貨単位であれば、資金の増減に合わせて細かくポジション量のコントロールも出来るので、着実な資金増加を果たすことができるのではないでしょうか。 また初心者の頃は損切りが続くことがありますが、100通貨をベースにトレードしていれば、大怪我することなくFXトレードの経験を積むことができるため、FXトレードから退場するリスクも非常に少ないです。
滑らない(スリッページがない)
同社は約定力が強い会社として知られています。nano口座においても約定力の強さは健在であり、殆ど滑りません(スリッページがない)。他のFX会社は殆ど使ったことがないのですが、発注すれば表示されたレートで即時に約定がなされ、トレードには全くストレスを感じることはありません。通常口座で大口の場合は分かりませんが、nano口座でトレードしている通貨数であれば、トレードの際に滑るというストレスを感じることなく、トレードが可能です。
nano口座はスプレッドが広がらない
通常口座は指標の発表前後にスプレッドが広がる、という話も耳にします。しかしながらnano口座は指標の前後であっても、それほどスプレッドは拡大しません。 指標前後のトレードは取り組んでいませんが、通常時は殆どスプレッドが広がることはないため、安心して発注を行うことができます。滑らない事に加えて、スプレッドも広がらないため、実際のトレードの現場において、nano口座は1回の取引通貨数量が100,000通貨に限定されていることを除けば、最強に近い存在ではないでしょうか。 nano口座は初心者向けの口座とされていますが、中級クラスでも充分利用に値すると考えており、今後トレード技術が上達しても、nano口座を利用してトレードしようと思います。
30代 / 男性 / 会社員
FX歴:1-3年
上場会社の安心感
同社は東証1部に上場しています。トレードに際して、証拠金として多額の資金を預ける必要のあるFX会社には、安心感が必要不可欠です。東証1部上場の同社であれば、安心して資金を預けてトレードすることが...
上場会社の安心感
同社は東証1部に上場しています。トレードに際して、証拠金として多額の資金を預ける必要のあるFX会社には、安心感が必要不可欠です。東証1部上場の同社であれば、安心して資金を預けてトレードすることができます。中堅FX会社の同社ですが、上場していることから財務情報は開示されており、財務内容的に問題ないことが確認できます。また2007年に業界ではいち早く上場しており、業界内での老舗上場会社としての安心感もあります。尚、証券会社大手の大和証券の持ち分法適応会社ともなっています。中堅FX会社は未上場の会社も多いですが、上場しているという面から、大手同様の信頼感を持ってトレードできる会社と考えています。過去には信頼感のないFX会社も存在した、と耳にするので、FX会社への信頼性は重要ではないでしょうか。
約定力に優れており滑らない
多くのFX会社では、発注した後で約定するまで時間がかかる、滑る=スリッページが発生します。同社は約定力に定評のあるFX会社で、実際にトレードすると、殆どスリッページが発生しません。大手FX会社でもスリッページが発生するケースがある中で、同社ならスムーズに注文が入るため、トレードにストレスは感じません。上級トレーダーが大口注文を入れても滑らない、とも言われる事のある同社であり、通常の個人レベルのトレーダーであれば、問題ないレベルの約定力を持っているFX会社と言う事ができます。
スマホアプリの機能が充実している
同社のスマホアプリは機能が非常に充実しています。他のFX会社の場合は、スマホアプリは基本的には発注機能中心のケースもありますが、同社のスマホアプリは発注機能は当然として、分析機能も優れています。他社のスマホアプリでは行えない、テクニカル指標の分析もスマホアプリ上で可能です。よって通信環境のある喫茶店等で、同社のスマホアプリを立ち上げさえすれば、どこでもテクニカル分析を行いながらのFXトレードが可能です。PCはチャート分析用、スマホは発注用というトレードスタイルを取っていましたが、同社のスマホツールの利用を初めてからは、時と場合に応じて使い分けするようになりました。またPCで別の作業を行っている際に、スマホアプリでチャート分析も出来るので、トレード環境が劇的に向上しました。スマホを利用してFXトレードを行うのなら、同社のツールは一度試してみるべきではないでしょうか。

マネーパートナーズの口コミ・評判をもっと見る

マネーパートナーズ

Medium 448744
口コミ点数 Point star3 0 3.1
総合ランキング 7位
初回入金額 4,000円
推しポイント 11年連続 約定力第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
- - -
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
12円 -39円 非公開

第8位:ヒロセ通商

ヒロセ通商のメリット

    • 通貨ペアが50種類と豊富に用意されている
    • スプレッドが狭くて取引コストが抑えられるので、スキャルピングにもおすすめのFX口座
    • さまざまな食品がもらえる豪快なキャンペーンが毎月開催されている

ヒロセ通商のデメリット

    • スワップポイントが優れているとはいえない

    • スプレッドが開きやすいという評判がある

ヒロセ通商の口コミ・評判

30代 / 男性 / 会社員
FX歴:3-5年
取引ツールの操作性はピカイチ
食品キャンペーンのインパクトが強いヒロセ通商ですが、私が一番の特徴だと思うのは、取引ツールの操作性の良さです。私はいろんなFX会社を使ってきましたが、その中でも、いろんな発注機能を備えつつも(か...
取引ツールの操作性はピカイチ
食品キャンペーンのインパクトが強いヒロセ通商ですが、私が一番の特徴だと思うのは、取引ツールの操作性の良さです。私はいろんなFX会社を使ってきましたが、その中でも、いろんな発注機能を備えつつも(かつ、カスタマイズも可能)、高い操作性であるという意味で、ピカイチの取引ツールだと思っています。私はけっこう早めのスキャルパーなので、思い通りに素早く注文を出すことが大事になってきます。そのため、こういった操作性の部分は重視していますが、ヒロセ通商は満足できる取引ツールとなっています。
優秀なチャートツール
最初に発注ツールの話をしましたが、チャートツールについても高機能で優秀だと感じています。テクニカルも私が好きなスパンモデルが使えますし、描画ツールもサクサクとラインが引くことができます。その他、過去のトレード履歴をチャート上に表示することができて、これはトレードの復習の際に非常に便利です。色も細かいところまでカスタマイズして自分好みにできますし、お気に入りのチャートを作ることができるようになっています。チャートは見る時間が一番長いので、チャートツールが優秀なのは非常に大事だと思います。
便利なポジションロック機能
私が気に入っているヒロセ通商の取引ツールですが、けっこうおもしろい機能も搭載されていたりします。その1つがロック機能というもので、これは売り・買いの両方のトレードをしたい時に役に立ちます。例えば、下降トレンドにうまく売りで入れた時に、調整の上昇ををチョコチョコと買いで取りたい局面があります。そんな時に売りポジションにロックをかけると、買いのトレードをしても売りポジションが決済されないようになります。売りポジションを気にせずに、買いトレードができるわけです。こういったユニークな機能があるのも、私がヒロセ通商を気に入っている1つの理由です。
低スプレッドも経済指標には要注意!
ここまで取引ツールの機能面を中心に話してきましたが、トレードの基本条件の部分にも触れておきます。ヒロセ通商はスプレッドは各通貨ペア総じて、業界の中では狭い設定になっています。また、Tickも多くよくレートが動くので、スキャルピングはしやすい環境になっていると言えるでしょう。ただし、経済指標の時はけっこうスプレッドが開く印象です。とくに米雇用統計などのビッグイベントでは、ドカンと何十pipsも開くことがあります。慣れればなんてことはないのですが、このあたりはあらかじめ体感しておいたほうがいいかもしれません。
20代 / 男性 / 会社員
FX歴:1-3年
トレード量による食品プレゼントが充実
実際のトレードとは若干別の観点となってしまいますが、同社はトレード量に応じて食品プレゼントがあります。冷凍食品やレトルト食品が多いのですが、一人暮らしの私にとっては非常に重宝するプレゼントとなっ...
トレード量による食品プレゼントが充実
実際のトレードとは若干別の観点となってしまいますが、同社はトレード量に応じて食品プレゼントがあります。冷凍食品やレトルト食品が多いのですが、一人暮らしの私にとっては非常に重宝するプレゼントとなっています。プレゼントの到達条件も、それほどハードルが高くないため、トレードを多めに行った月は大量の食品が届くことがあります。年末年始には特別なプレゼントキャンペーンもあるため、トレード量に応じた食品プレゼントはトレードの楽しみにもなります。ただし損失が出た月は、高い食品代となってしまいます。
スプレッドキャンペーンの存在
同社は大手・中堅のFX会社の中では、総合的にスプレッドの狭い会社と言えます。更にキャンペーン時には、通常時以上にスプレッドが狭くなるケースがあります。ドル/円やユーロ/ドルのような、メジャー通貨ペアはあまりキャンペーンの対象とはなりませんが、ポンド系の通貨ペアなどでキャンペーンが開催されることが多いです。通常の狭いスプレッドの通貨ペアに加え、キャンペーンでスプレッドが狭い通貨ペアのトレードを行うことで、スプレッドとしては非常に優位にトレードを進めることができます。スプレッド重視でFX会社を選ぶのなら、通常のスプレッドに加えキャンペーン分のスプレッドが考慮される同社は、非常に利用価値が高いと考えています。キャンペーンのスプレッドを意識していない方が多いので、他社とスプレッドを比較する際は、キャンペーン時のスプレッドも考慮に入れるべきではないでしょうか。
Mac専用ツールの存在
私は日常的にはMacを利用しています。殆どのFX会社では、Mac対応のトレードツールの提供がなされていません。よってこれまでは古いWindowsのPCや、スマートフォンを利用してFXトレードをしていました。しかしながら同社は、Mac専用のチャート及び取引ツールを提供しています。MacユーザーのFXトレーダーにとって、同社はかけがえのない存在です。Mac専用ツールであっても、通常のツールと同様の機能を搭載しています。同社はMacユーザーであれば、一度利用をお勧めしたいFX会社です。FXトレードの環境は、Macユーザーにとって決して恵まれていると言えない中、同社のMacユーザーに対するスタンスは、非常に評価できると考えています。

ヒロセ通商の口コミ・評判をもっと見る

ヒロセ通商

Medium 300 250
口コミ点数 Point star3 5 3.9
総合ランキング 8位
初回入金額 10,000円~
推しポイント 顧客満足度調査第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.40銭原則固定(例外あり) 0.60銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
1円 30円 50円

第9位:マネックス証券

マネックス証券のメリット

    • 自動発注機能「オートレール」がシンプルで使いやすく、初心者にもおすすめ
    • AIによるトレード診断で自分の取引を客観的に分析できる
    • テクニカル指標や描画ツールが豊富に用意された高機能の取引ツール「MonexTrader FX」が利用できる

マネックス証券のデメリット

    • 1万通貨未満で取引する場合は手数料がかかる

    • ドルストレートで取引できる通貨ペアは3種類のみ

マネックス証券の口コミ・評判

40代 / 男性 / 会社員
FX歴:3-5年
優良なサービスが多いがそれ程知られていない
同社はマネックス証券グループの提供するFXサービスとして知られています。サービス内容として取り扱い通貨ペアが16種類と少ないものの、会社としてのバックグラウンドの安心感以外にも、スワップポイント...
優良なサービスが多いがそれ程知られていない
同社はマネックス証券グループの提供するFXサービスとして知られています。サービス内容として取り扱い通貨ペアが16種類と少ないものの、会社としてのバックグラウンドの安心感以外にも、スワップポイントの高さ、スプレッドの狭さ、Monex Jooといった高機能のツールの存在等、優良なサービスがそれ程知られている状態ではありません。マネックス証券=株式取引、というイメージも相まって、マネックスFXは優れたサービスを有していながら、知る人ぞ知る存在となっているのではないでしょうか。ドル/円のスプレッドは業界で最も狭い部類に入り、約定力も優れているため、ベテラントレーダーには知られているものの、通常のFX投資家にはそれ程知られていない存在となっています。
全体的に情報が少ない状態にある
上記に続く内容ですが、マネックス証券=株式取引、というイメージがあることから、マネックスFXの情報自体が少ない状態です。インターネット上には非常に多くのFX会社の情報が検索すると出てきますが、同社のサービスの情報量は少ないです。せっかくよいサービスを持ちながら、うまくPRできていない印象があります。以前のサービスでは10万通貨からの取引で、敷居の高い存在でしたが、現在は1,000通貨から取引可能、という点1つ取っても、古くからのFX投資家では知らない方も多いです。PR不足は証券会社が母体であり、FX専業ではないための弱点と言えます。投資家が自ら探しても情報量が少ないため、特に初心者が最初に使うのにハードルの高い存在となっています。
優秀なツールでも使い勝手は今一歩
FX初心者をターゲットとしているFX会社では、取引ツールやチャート分析ツールも初心者が感覚的に利用できるよう、操作等が工夫されています。特にスマホのツールは、解説書を読まずとも、感覚的に利用できるツールが増えています同社はMonec Jooをはじめ高機能ツールを提供しているものの、初心者向けとは言えず、利用に習熟する必要があります。FXトレードの中~上級者であれば難なく操作できるツールで、FXトレードに役立つツールを提供しているものの、使い勝手の面からは改善の余地があり、今一歩と言えるのではないでしょうか。優秀なツールが多いだけに、もったいない印象があります。
20代 / 男性 / アルバイト
FX歴:1年以下
2種類のFXサービスがある
マネックス証券には、マネックスFXとFX PLUSの2種類のサービスがあって、自分のトレード方針に合わせて選べるのが良いと思う。マネックスFXは他のFX会社に比べてスプレッドはかなり狭く、利益を...
2種類のFXサービスがある
マネックス証券には、マネックスFXとFX PLUSの2種類のサービスがあって、自分のトレード方針に合わせて選べるのが良いと思う。マネックスFXは他のFX会社に比べてスプレッドはかなり狭く、利益を出しやすいので良い。経済指標発表時など、タイミングによっては広がることもあるようだが、そういうタイミングを避けていることもあってか、自分がトレードしている時に大きく広がったことはないように思う。FX PLUSの方はマネックスFXよりもスプレッドが広いが、その分スプレッドはもっと広がりにくいようだ。
サイトが分かりづらい
マネックスFXもFX PLUSも、サイトが分かりづらく、初心者は混乱すると思う。商品の概要なども、もっと一覧で1ページにまとめて欲しい。また、取引ツールについても、ツールを一覧にしてまとめて表示した上で、それぞれのページに飛ぶようにして欲しい。実際の取引には直接関係ないかもしれないが、初心者にとって、取引ツールのマニュアルのページに行くのに手間取ったり、商品の概要を知るのに手間がかかるのは、ストレスになるので改善して欲しい。
トレードカルテFXが便利
FX PLUSの方に、トレードカルテFXという便利な機能がある。健康診断の診断書のような感じで表示されるので、一目でウィークポイントが分かって良い。なお、トレードカルテFXは、AIを使っているようで、自分の取引スタイルを理解したり、通貨ペアと自分の取引スタイルとの適性を見たり、通貨ペアの適正相場を確認したり、といったことができるようだ。初心者なので、自分のトレードのクセや問題点を自力で把握するのが難しいが、このようなトレードツールがあると、トレードスキルの向上に役に立ち、上達も早くなるのではないかと思う。
キャンペーンが微妙
マネックス証券は証券会社なので、株や投資信託などのキャンペーンもやっている。そのため、一見するとすごくキャンペーンをしているように見えるが、FXだけのキャンペーンはそれほど多くない。また、キャッシュバックキャンペーンや、リンベルギフトポイントがもらえるキャンペーンなど、興味が湧くようなキャンペーンをやってはいるのだが、対象となるためのハードルが高い。「これは参加できそうだ」と思ったものも、抽選だったりするので、結局参加をやめてしまう。キャッシュバックキャンペーンはどこもハードルが高いので、仕方ないかもしれないが、書籍プレゼントキャンペーンなどは、もっとハードルを下げてくれても良いのではないかと思う。

マネックス証券の口コミ・評判をもっと見る

マネックス証券\FXPLUS

Medium imagesender
口コミ点数 Point star3 5 3.6
総合ランキング 9位
初回入金額 無料
推しポイント AI診断でトレード力を向上!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.2銭原則固定(例外あり) 0.5銭原則固定(例外あり) 0.6銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
43円 -25円 $ -0.440

第10位:FXプライムbyGMO

FXプライムbyGMOのメリット

    • 約定率100%(※)でスリッページがないので、思い通りの注文ができる
    • 20種類以上のマーケット情報やオンラインセミナーなど取引に役に立つ情報が豊富
    • 取引タイミングを逃さないように、相場が大きく動いた際に通知してくれるスマホアプリがある

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月)

FXプライムbyGMOのデメリット

    • スワップポイントが優れているとはいえない

    • スプレッドが開きやすいという評判がある

FXプライムbyGMOの口コミ・評判

20代 / 男性 / 会社員
FX歴:1-3年
GMOインターネットグループのもう1つのFX会社
GMOインターネットグループのFX会社と言えば、GMOクリック証券が有名ですが、同社もGMOグループのFX会社です。元は伊藤忠グループのFX会社だったようですが、GMOグループが買収して、GMO...
GMOインターネットグループのもう1つのFX会社
GMOインターネットグループのFX会社と言えば、GMOクリック証券が有名ですが、同社もGMOグループのFX会社です。元は伊藤忠グループのFX会社だったようですが、GMOグループが買収して、GMOグループ入りした経緯があります。GMOクリック証券は業界ナンバーワンのFX会社として知られており、また持ち株会社が上場もしています。同社はGMOクリック証券程の知名度はありませんが、GMOグループの一角を形成しています。 中堅FX会社に該当する同社ですが、GMOという上場企業グループに属しており、安心して証拠金を預けて取引を行う事ができます。
1,000通貨から取引可能
GMOグループの代表格であるGMOクリック証券は国内最大手FX会社として知られており、幅広い層で利用されています。しかしながらGMOクリック証券の取引は10,000通貨からとなっています。一方で同社は1,000通貨から取引が可能です。 初心者には10,000通貨より、1,000通貨単位での取引がよりリスクが少ないと言えます。特に損切が連続すると、万単位の通貨で取引を行っていると、アッと言う間に資金を減少させてしまうことがあります。 1,000通貨単位の取引なら、資金量に応じた取引通貨数のコントロールをある程度行う事ができます。 同じGMOグループながら、1,000通貨単位で取引可能な同社は、GMOクリック証券よりも利用のハードルの低いFX会社と言えるのではないでしょうか。 私も当初はGMOクリック証券の利用をしていましたが、1,000通貨から取引可能な同社で専らFXトレードを行っています。
全体的にGMOクリック証券より初心者には使い勝手がよい
同じGMOグループに2社のFX会社が存在している中、GMOクリック証券は国内ナンバーワンFX会社として、圧倒的な存在感を持っています。 しかしながらサービス内容で見ると、より初心者向きのサービスを提供している会社は同社です。1,000通貨で取引可能、という点が代表例ですが、他にもデモ口座が開設可能、初心者向けセミナーの開催、ぱっと見テクニカルによるトレンド判定などがあり、初心者がスムーズにFX取引に取り組むことができる環境が用意されています。 GMOグループ=GMOクリック証券、という構図が浮かぶのが通常ですが、同社も同じGMOグループの会社です。初心者向けのサービスを多数同社は提供しており、初心者の段階であればGMOクリック証券だけでなく、同社の利用も試すことをお勧めします。
30代 / 男性 / 会社員
FX歴:10年以上
“まじめにFX”を学べるFX会社
FXプライムbyGMOは「まじめにFX」ということを掲げていますが、その言葉通りちゃんと真面目にFXに取り組むことができて、トレーダーとして成長していけるFX会社です。というのが、FXに関する会...
“まじめにFX”を学べるFX会社
FXプライムbyGMOは「まじめにFX」ということを掲げていますが、その言葉通りちゃんと真面目にFXに取り組むことができて、トレーダーとして成長していけるFX会社です。というのが、FXに関する会員向けの情報コンテンツをたくさん発信しているからです。例えば、毎日配信される「プライム・ストラテジー」では、その日のプロの目線を知ることができます。また、「井戸端為替会議」というコンテンツでは、プロの外為ディーラーのリアルなコメントが随時更新されています。こういったものをチェックし続けるだけでも、自然とFXの世界に体を馴染ませることができます。
インストール不要でハイレベルなトレードが可能
FXプライムでトレードをする際の私の個人的方法ですが、Webのマイページから「プライムチャート」と「ハイスピード注文画面」を立ち上げてトレードをしています。Webから立ち上げるタイプですが、プライムチャートはダウンロード版の専用ツール以上に高機能です。また、ハイスピード注文画面は、素早い発注もサクサク行えるUIで、トレードでストレスを感じることはありません。この2つを併用することによって、ハイレベルなトレードを手軽に実現することができています。
全体的にスプレッドは少し広め
取引ツールはいい感じでトレードがしやすいんですが、FXプライムのスプレッドは全体的にちょっと広いかなという印象です。例えば私が一番よく触るドル円のスプレッドは0.6銭となっていて、業界最狭水準の0.3銭よりちょっと広い設定になっています。その他、ユーロ円は0.9銭、ポンド円は1.8銭という感じで、やはり業界トップクラスのスプレッドとは言えません。無理なスプレッド設定をしていない分、約定はしっかりしている印象なので良し悪しは一概に言えませんが、頭に入れておくべきポイントだと思います。
毎月5万円相当のカタログギフトキャンペーン
FXプライムはおもしろいキャンペーンを毎月やっていて、カタログギフトを取引量に応じてもらうことができます。5万円のカタログギフトの条件は3,000万通貨、3万円のカタログギフトの条件は1,800万通貨……、といった感じです。一番取引量の少ないところでいうと、300万通貨のトレードで5,000円のカタログギフトがもらえます。私も毎月のようにカタログギフトをもらっていて、ちょっとした旅行に行ったり、おいしいものを食べに行ったり、あとは家電なんかをもらったこともあります。

FXプライムbyGMOの口コミ・評判をもっと見る

FXプライムbyGMO\選べる外貨

Medium 300 250 loop
口コミ点数 Point star3 0 3
総合ランキング 10位
初回入金額 無料
推しポイント 強靭なサーバー!高い約定力!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.60銭原則固定(例外あり) 0.9銭原則固定(例外あり) 1.30銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
32円 -12円 35円

項目別に比較!おすすめFX会社6選

ここでは、比較して分かったおすすめのFX会社を項目別にご紹介します。

FX初心者におすすめ: GMOクリック証券

GMOクリック証券は、取引高世界第1位(※)のFX口座です。

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月~2020年12月)

高水準のスワップポイント、取引コストの安さなど、短期・中期・長期、どの取引スタイルでも利用しやすい点が、人気の理由のひとつです。

例えば、1日あたり受け取れるスワップポイントは、

  • トルコリラ/円:94円
  • 南アフリカランド/円:110円
    (※2019年1月7日時点)

で業界最高水準です。

GMOクリック証券のスワップポイントは、その他の通貨でも全体的に高く設定されているので、長期トレーダーにおすすめです。

また、スプレッドは最狭水準を誇っていて、主要通貨のスプレッドが全て原則固定になっています。

取引手数料も0円なので、取引回数が多い短期トレードの場合も、低コストで取引できます。

さらに、抜群に使いやすい高機能ツールが無料で利用できる、安心の24時間サポート付きなど、初心者から上級者まで幅広いトレーダーにおすすめできるFX口座です。

GMOクリック証券で口座開設すると、バイナリーオプションも取引できますよ!

GMOクリック証券

Medium 300x250
口コミ点数 Point star4 0 4.3
総合ランキング 2位
初回入金額 無料
推しポイント 低コスト&高スワップ◎
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
36円 -15円 43円

操作性の良い取引ツールを使いたい人におすすめ:DMM FX

DMM FXは、初心者から上級者まですべてのトレーダーにおすすめのFX会社です。

取引ツールはシンプルな設計で、自分に合った仕様にカスタマイズ可能なので、ボタン操作に迷うことなくスムーズに取引できます。

また全部の操作をスマホで行えるため、スマホトレーダーにもおすすめです。

取引ツールは安定して高い評価を集めています。

DMM FXはデモトレードが可能なFX会社なので、操作性は簡単にチェックできます。

全通貨ペアのスプレッドが最狭水準に設定されていて、ドル/円の場合は「0.2銭原則固定」で取引できます。

取引コストを抑えたい方や、デイトレードで取引したい方にも使いやすいといえます。

ただし、DMM FXはスキャルピングの禁止が約款に明記されているので、スキャルピングをしたい方は、別のFX口座を検討しましょう。

他のトレーダーの動向が一目でわかる売買比率情報も見ることができるので、トレンドが掴みやすく、FX初心者にもおすすめです!

DMM FX

Medium 120 120
口コミ点数 Point star4 5 4.9
総合ランキング 1位
初回入金額 無料
推しポイント 最短1時間で取引開始が可能!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
20円 -7円 25円

少額から始めたい人におすすめ:外為どっとコム

これからFXを始められる方は、初期投資の金額がいくらになるのか、すでに取引を始めている方はランニングコストをどう抑えるのかは気にしたいポイントです。

外為どっとコムは、スプレッド、取引通貨単位、取引手数料の面からみて、数あるFX口座の中でも比較的安くFXを始められます。

スプレッドは米ドル/円が(原則固定 例外あり)、取引通貨単位は1,000通貨~、手数料はすべて無料(銀行口座からの出入金など)となっており、他の口座から比べて「ずば抜けて安い!」ということはありませんが、非常にコストのバランスが良い会社です。

外為どっとコム

Medium gaitamecom
口コミ点数 Point star4 0 4.4
総合ランキング 4位
初回入金額 無料
推しポイント 業界トップクラスの情報量!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
72円 -15円 25円
2021年5月10日

様々な通貨ペアで取引したい人におすすめ:ヒロセ通商

FXを始めたら、自分にあったトレードスタイルを見つけるのがとても大事になってきますが、トレードスタイルによって取り扱う通貨も変わります。

例えば、スワップ益を狙うようなスタイルであれば、現在(2018年12月時点)話題になっているのは豪ドル/円の通貨ペアです。

そのため、自分がどんな取引をするかによって通貨ペアも変わるので、できるだけ、多くの通貨ペアを扱っている会社のほうが好ましいといえます。

ヒロセ通商は、取り扱い通貨ペア数が50種類で、業界最高水準です。

これはどれくらい多いかといえば、「DMM FX」が20種類、「GMOクリック証券」が20種類ですので、倍以上あり、圧倒的なことがわかります。

メキシコペソ/円、南アフリカランド/円などの高金利通貨のスワップポイントも高いことから、ナビナビFXでは、取り扱い通貨ペアが豊富なFX口座ランキング第1位となっています!

ヒロセ通商

Medium 300 250
口コミ点数 Point star3 5 3.9
総合ランキング 8位
初回入金額 10,000円~
推しポイント 顧客満足度調査第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.40銭原則固定(例外あり) 0.60銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
1円 30円 50円

約定力が高いFX口座で取引したい人におすすめ:マネーパートナーズ

FXでは、注文を出しても取引が成立しない場合、注文した金額と違う金額で取引が成立してしまうことがあります。

これを「滑る」といい、滑りを防ぐためには、約定力が高い口座を選ぶ必要があります。

マネーパートナーズは、矢野経済研究所が実施している「主要FX会社における、FXサービスのスリッページ発生率・約定率等の調査」において、2018年12月に行われた調査まで10年間連続でNo.1の結果となっています。

2018年12月の調査の際には、スリッページ発生率は0%で、調査対象となった7社中でマネーパートナーズのみでした。

引用:マネパは10年連続「約定力No.1」 | FX・証券取引のマネーパートナーズ -外為を誠実に-

上記の結果からも、約定力が高い会社として、マネーパートナーズをおすすめします。

スリッページや約定拒否による損失を防ぐことができるので、安心して取引できるといえます!

マネーパートナーズ

Medium 448744
口コミ点数 Point star3 0 3.1
総合ランキング 7位
初回入金額 4,000円
推しポイント 11年連続 約定力第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
- - -
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
12円 -39円 非公開

自動売買を使いたい人におすすめ:外為オンライン

autotrade

FXには、あらかじめ設定されたロジックにしたがって取引を行う、自動売買というものがあります。

自動売買では相場を見ていなくても、自動で新規発注・決済をくり返してくれるので生活面での負担が少なく、興味を持つ人も少なくありません。

しかし、自動売買はきちんと理解するのが難しく、初心者がいきなり始めるのにはハードルが高いといえます。

外為オンラインが展開する「iサイクル」という自動注文システムでは、初心者にも理解できるようなシステムになっていて、自動売買を始めて活用する人におすすめです。

単純なロジックで新規発注・決済の注文をリピートさせるもので、自動売買へのとっかかりには適しています。

自動売買に興味のある人は、まずは外為オンラインでスタートしてはいかがでしょうか?

外為オンライン

Medium imagesender
口コミ点数 Point star4 5 4.5
総合ランキング 3位
初回入金額 5,000円
推しポイント 自動売買ツールがおすすめ
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
1.00銭原則固定(例外あり) 2.00銭原則固定(例外あり) 3.00銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
15円 -20円 10円

FX会社を比較する9つのポイント&比較表

FX会社を選ぶときは、以下の9つのポイントで比較するのがおすすめです。

  • 取引コストが低い(スプレッドが狭い)
  • スワップポイントが高い
  • FX情報量が多い
  • 取引ツールの性能が良い
  • スマホアプリが使いやすい
  • 約定力が強い
  • 自動売買が優れている
  • 取り扱い通貨ペアが多い
  • キャンペーンが充実している

FX会社はそれぞれにメリット・デメリットがあるため、自分に合っているものがどれか分からず迷いがちです。

ここからは、9つの比較ポイントで見るべきことと、FX会社の比較表をご紹介します。

ぜひ参考にしてください。

取引コストが低い(スプレッドが狭い)

短期取引で利益を上げたい方は、スプレッドが狭く、取引コストを抑えられるFX会社がおすすめです。

デイトレードやスキャルピングといった短期取引では、頻繁に売買を繰り返すことで利益を上げていくので、取引コストが高くなるとその分利益を上げにくくなります。

1回のトレードで狙う値幅は、デイトレードで5銭~1円程度、スキャルピングで5銭程度までなので、スプレッドが広いFX口座で取引すると、損失が出やすくなるので注意しましょう。

なお、ポジショントレードやスイングトレードといった中・長期取引では、1回あたりの利益が大きく、取引回数も数週間~数年に1回程度なので、取引コストはそこまで気にする必要がないといえます。

おすすめFX会社のスプレッド比較表

会社名 米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 NZ/円
SBI FXトレード 0.20銭
(0.27)
0.30銭
(0.49)
0.70銭
(0.99)
0.40銭
(0.69)
0.90銭
(1.19)
DMM FX 0.2銭
(原則固定)
0.5銭
(原則固定)
1.0銭
(原則固定)
0.7銭
(原則固定)
1.2銭
(原則固定)
GMOクリック証券 0.2銭
(原則固定)
0.5銭
(原則固定)
1.0銭
(原則固定)
0.7銭
(原則固定)
1.2銭
(原則固定)
外為どっとコム 0.2銭
(原則固定
※例外あり)
0.5銭
(原則固定
※例外あり)
1.0銭
(原則固定
※例外あり)

0.7銭
(原則固定
※例外あり)
1.2銭
(原則固定
※例外あり)

※2021年2月2日更新
(※1)1万通貨以下の取引のスプレッドを記載し、カッコ内には1万1通貨~100万通貨(ユーロ/米ドルは1万1通貨~50万通貨)の取引のスプレッドを記載しています。それよりも大きい数量の取引では、スプレッドは記載している値よりも大きくなります。

各社を比較すると、通貨ペアによってお得に取引できるFX口座が異なるのが分かります。

「米ドル/円」「ユーロ/円」「豪ドル/円」といった通貨ペアで取引したい方は、SBI FXトレードがおすすめです。

スワップポイントが高い

中・長期取引で利益を上げたい方は、スワップポイントが高いFX口座を選ぶようにしましょう。

スワップポイントとは2つの通貨の金利差のことで、通貨ペアを保有している間は、毎日スワップポイントを受け取ることができます。

ただし、スワップポイントがマイナスになる通貨ペアを保有している場合は、スワップポイントを毎日支払うことになるので注意が必要です。

おすすめFX会社のスワップポイント比較表

会社名 買or売
スワップ
米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 NZ/円 ランド/円
GMOクリック証券 買い 67円 -12円 31円 31円 30円 110円
売り -70円 11円 -34円 -32円 -33円 -110円
外為オンライン 買い 60円 -26円 10円 20円 15円 50円
売り -90円 0円 -35円 -50円 -45円 -300円
YJFX! 買い 74円 -10円 27円 35円 30円 120円
売り -84円 0円 -37円 -45円 -40円 -220円
外為どっとコム 買い 68円 -15円 32円 35円 27円 120円
売り -98円 0円 -47円 -50円 -42円 -270円
ヒロセ通商 買い 40円 -30円 11円 50円 34円 150円
売り -140円 -20円 -91円 -105円 -89円 -650円

※2018年12月6日現在

通貨ペアによってスワップポイントが最も高いFX口座は異なるので、自分が取引したい通貨ペアで各口座を比較しましょう。

複数の通貨ペアで取引したい方は、平均的にスワップポイントが高く設定されていている「GMOクリック証券」がおすすめです。

FX情報量が多い

配信されるニュースや提供しているマーケット情報の量はFX会社によって異なるので、できるだけ情報量の多いところを選ぶのがおすすめです。

FXでは、チャートの動きを見るだけでなく、経済指標や金融政策などから今後の動向を予測することが重要で、市場に影響を与える情報をいかにキャッチできるかが勝敗を左右します。

FX会社では、以下のような情報を提供しているところが多いです。

  • ニュース配信会社のニュース
  • 初心者向けコンテンツ
  • アナリストによるレポート
  • セミナー

情報の量はもちろんですが、早さや質なども比較しながら、自分に合ったFX会社を見つけましょう。

おすすめFX会社の為替ニュース比較表

会社名 FXi24 Market Win24 フィスコ ロイター ダウ・ジョーンズ 独自
外為どっとコム × × ×
外為オンライン × ×
GMOクリック証券 × × ×
マネーパートナーズ × ×
SBI FXトレード × × ×

※2019年2月13日現在

ニュース配信会社との提携数は「外為オンライン」「マネーパートナーズ」が最も多いですが、情報量の観点からおすすめなのは「外為どっとコム」です。

「外為どっとコム」は、外為どっとコム総研という外国為替専門のシンクタンクを設立していて、独自情報の量や質は業界でトップクラスだといえます。

取引ツールの性能が良い

FXでは、取引ツールを使って売買を行っていくので、取引ツールの性能が良い方が有利だといえます。

取引ツールが使いづらいと、売買チャンスを逃してしまうことがあるので注意してください。

例えば、

  • 注文ボタンがわからない
  • 自分好みにカスタマイズできない
  • 設定がわかりづらい
  • 画面がカクカクする

といったことでストレスを感じるようであれば、別のFX会社のツールを試してみることをおすすめします。

FX会社によって、提供している取引ツールの種類や便利機能なども異なるので、自分に合ったものを見つけましょう。

おすすめFX会社の取引ツール比較表

注文方法の徹底比較一覧
会社名 注文方法の種類
DMM FX 成行,指値,逆指値,IFD,OCO,IFO,ストリーミング,時間指定成行,決済同時発注
YJFX! 成行,指値,逆指値,IFD,OCO,IFO,トレール,リピート,決済同時発注
GMOクリック証券 成行,指値,逆指値,IFD,OCO,IFO,決済同時発注
ヒロセ通商 成行,指値,逆指値,IFD,OCO,IFO,ストリーミング,時間指定成行,トレール,決済同時発注
FXブロードネット 成行,指値,逆指値,IFD,OCO,IFO,トレール,リピート
チャートの徹底比較一覧
会社名 同時表示数 テクニカル指標 テクニカル指標の詳細
DMM FX 6 20 単純移動平均線,指数平滑移動平均線,加重移動平均線,一目均衡表,ボリンジャーバンド,ピボットポイント,エンベロープ,パラボリックSAR,スパンモデル,スーパーボリンジャー,MACD,RSI,RCI,スローストキャスティクス,ヒストリカル・ボラティリティ,移動平均乖離率,モメンタム,ATR,DMI,ADX
YJFX! 6 31 移動平均線,二重指数移動平均,指数移動平均,一目均衡表,ボリンジャーバンド,パラボリック,エンベローブ,線形回帰,単純移動平均,標準偏差チャンネル,時系列予測,三角移動平均,加重移動平均,ジグザグ・ドル,ジグザグ・パーセント,ピボットポイント,スーパートレンド,アキュムレイション・スイング・インデックス,アベレージ・トゥルー・レンジ(ATR),オーサム・オシレーター,モメンタム,デトレンディッド・プライス・オシレーター,リニアー・リグレッション・スロープ,プライス・レート・オブ・チェンジ,プライス・オシレーター,RSI,ストキャスティクス,MACD,ウィリアムズ%R,アルティメットオシレーター
GMOクリック証券 6 8 単純移動平均線,指数平滑移動平均線,ボリンジャーバンド,一目均衡表転換線,MACD,RSI,RCI,ストキャスティクス
ヒロセ通商 6 21 単純移動平均線,指数平滑移動平均線,ー目均衡表,ボリジャーバンド,パラボリック,エンベロープ,GMMA,スバンモデル,スーパーボリンジャー,HLバンド,ストキャスティクス, 乖離率,サイコロジカルライン,DMI,RCI,ROC,MACD,ウィリアム%R,アルティメットオシレーター,RVI
FXブロードネット 30 26 単純移動平均線、指数平滑移動平均線、加重移動平均線、GMMA、一目均衡表、ケルトナーチャネル、新値足、ボリンジャーバンド、DMI、MACD、RCI、移動平均・EMA・WMA乖離率、アルティメットオシレーター、ウィリアムズ%R・A/D、サイコロジカルライン、篠原レシオ、シャンデモメンタムオシレーター、ストキャスティクス、ピボット、ROC、RSI、平滑型RSI、VLDMI、サポート&レジスタンス

テクニカル指標の数は、YJFX!が圧倒的に多いです。

複数の画面を開いて取引したい方には、同時表示数が多い「FXブロードネット」もおすすめです。

スマホアプリが使いやすい

スマホでFXをしたいトレーダーは、スマホアプリの使いやすさを重視して比較しましょう。

前項でもお伝えしたように、取引ツールの使い勝手は、勝敗を左右します。

スマホアプリを比較する際は、

  • 使いやすさ
  • チャート機能
  • 立ち上がりの早さ
  • プッシュ通知

以上の4つのポイントを確認するのがおすすめです。

現在FX会社から提供されているスマホアプリは、PCと同等の環境で取引ができるものもあります。

ピンチやチャンスへの対応が早くなることで取引を有利にできますので、上手に活用しましょう。

おすすめFX会社の取引ツール比較表

会社名 足種 チャート種類 主な機能 特徴 デメリット
DMM FX 11 12 経済指標アラート、売買比率 画面分割ができ、4画面表示で見やすい。
デザインがかっこいい。
デザインがシンプルなため情報量が少ない。
GMOクリック証券 12 10 スピード注文機能、経済指標、プライスアラート スピード注文機能でチャートをみながら1クリックで注文できる。 テクニカルチャートや情報量がやや少ない。
YJFX! 11 12 プッシュ通知、レポート閲覧 スマホでもトレンドラインが描きやすい。 画面分割ができない。
ヒロセ通商 13 13 アナリストからの情報l配信、プッシュ通知 詳細な設定が可能で、自分好みにカスタマイズできる。 設定に時間がかかり、やや面倒くさい。
SBI FXトレード 122 22 自動トレンドライン機能、売買フラグ 使えるテクニカルチャートが多い。
チャートの2画面、4画面表示が可能。
機能が多いため、操作に慣れるのに時間がかかる。

GMOクリック証券は、シンプルなデザイン、かつ、なめらかな動きをしてくれるので、スマホトレーダーにおすすめです。

スマホアプリの開発に意欲的な企業なので、今後さらに良い取引ツールに進化することが期待できるといえます。

約定力が高い

FXで取引する際、注文ボタンを押したときの値と実際に決済された値が異なることで、利益を得るチャンスを逃すことがあります。

これをスリッページといい、約定力が高いFX会社を選ぶことで、スリッページによる機会損失を回避することができます。

約定力が低いFX会社を選ぶと、スキャルピングのような短時間で取引を繰り返すスピード勝負の取引スタイルの場合、思い通りの注文ができずストレスになるでしょう。

相場が急変した時は、他のトレーダーは特にスリッページが起きやすくなりますので、約定力の高さ重要です。

約定力が高いおすすめのFX会社

  • マネーパートナーズ
  • ヒロセ通商
  • マネックス証券(FX PLUS)
  • FXプライムbyGMO

上記の4社は、主要なFX会社の中でも、特に約定力が高いといわれているFX会社です。

自動売買が優れている

自動売買システムは、FXの会社ごとに色濃く特徴が出るポイントで、

  • システムトレード
  • トレンド系自動発注システム
  • トラッキングトレード

など、種類は多岐にわたります。

自動売買に頼りすぎることは、自分のFXトレード力を弱めることにつながるのでおすすめはしませんが、自分のトレード戦略を確立したのちに補助として使いのは非常におすすめです。

自分に合った自動売買システムを提供するFX会社を選んでしっかりと利益を上げていきましょう。

おすすめFX会社の自動売買システム比較表

会社名 FX自動売買名 種類 特徴 取り扱い
通貨ペア
インヴァスト
証券
シストレ24 ミラートレーダー系 ・6000以上のストラテジーから好調なものを探して自動的に入れ替え
・他人の設定をシェア可能
・資金・通貨・ステータスなどがカスタマイズ可能
27
セントラル
短資
セントラル
ミラートレーダー
ミラートレーダー系
        ・厳正な審査をクリアした数百種類以上のストラテジーから選択可能
22
外為オンライン iサイクル2取引 リピート注文型
    ・レンジが予想と外れた場合でも相場に追従しながら取引を継続
24
マネー
パートナーズ
HyperSpeed
Next
ストラテジー
自己設定型
・23種類のテクニカルから売買ルールを作成可能
・オリジナルのストラテジーも構築可能 
20
FXブロード
ネット
トラッキング
トレード
リピート注文型
    ・注文ルールは規定の設定を利用することも可能
24

上記5つは、FX初心者にもおすすめの自動売買システムですので、ぜひ試してみてください。

取り扱い通貨ペアが多い

扱っている通貨ペアはFX会社によって異なるので、様々な通貨ペアで取引を試してみたい方は、取り扱い通貨ペアの種類が多いFX会社を選ぶのがよいでしょう。

また、口座開設前に、自分が取引したい通貨ペアの取り扱いがあるかも確認することをおすすめします。

マイナー通貨ペアでスワップポイントを目的にトレードしたいといったときに、自分が口座を開設したFX会社では取り扱いがなかったということがごくまれに存在します。

スキャルピングやデイトレードなどの短期トレードならば、基本的に主要通貨を扱うことが多いので、あまり注目しないといけないこともありませんが、スワップポイント狙いで高金利通貨であるスワップポイントが高いトルコリラ、南アフリカランド、スイスフランなどをトレードする際はきちんと見ておきましょう。

おすすめFX会社の通貨ペア数比較表

FX会社 取り扱い通貨ペア数
ヒロセ通商 50ペア
SBIFXトレード 34ペア
外為オンライン 26ペア
YJFX! 24ペア
外為どっとコム 30ペア
DMM.com証券 21ペア
GMOクリック証券 20ペア
マネックス証券 16ペア

(※2021年4月度時点)

比較すると、「ヒロセ通商」が最も通貨ペアの種類が多くなっています。

通貨ペア数の違いは、取引量が少ないマイナー通貨の取り扱いがあるかどうかで、取引量が多い主要な通貨ペアは基本的にはどのFX会社も扱っているようです。

キャンペーンが充実している

FX会社が行っているキャンペーンを利用してお得に取引したい方は、キャンペーンの充実度でも比較できます。

最も多いのは口座開設時に受け取れるキャッシュバックですが、開設後も取引量に応じてプレゼントやキャッシュバックを受け取れるFX会社があります。

なかには、対象者の条件が高いものもあるので、高額キャッシュバックや豪華なプレゼントに惑わされず、キャンペーンの内容や対象者、期間なども確認してください。

FXで利益を上げたい人は、自分に合ったFX会社で口座を開設することが最優先ですので、キャンペーンは、あくまでおまけとして考えるようにしましょう。

FX口座・取引に関するよくある質問

?を両手に持つ女性

FX口座・取引に関するよくある質問をまとめてご紹介します。

FXの口座開設に必要な書類は?

FXの口座開設に必要な書類は、マイナンバーの「個人番号カード(顔写真付き)」のみです。

ない場合は、次の2点の書類を用意すれば大丈夫です。

  • マイナンバーが確認できる書類(通知カード、住民票など)
  • 顔写真付きの本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)

FXの口座開設方法は、以下の記事で詳しく解説しています。

FXでおすすめの勉強法は?

FXでおすすめの勉強法は、次の4つです。

  • 本で勉強する
  • サイトで勉強する
  • セミナーに参加する
  • デモトレードを利用する

FXの勝率を上げるためには、上記のような勉強法で、FXの仕組みややり方、チャートの見方や分析力を向上させましょう。

おすすめの勉強方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

FX初心者におすすめの通貨ペアは?

FX初心者におすすめの通貨ペアは「米ドル/円」です。

  • 取引量が多い
  • 値動きが緩やか
  • 情報が入ってきやすい

など、FXを始めたばかりでも比較的扱いやすい通貨ペアです。

FX初心者におすすめの通貨ペアについては、以下の記事で詳しく解説しています。

FXで利益が出ると税金を支払わないといけないの?

年間の給与所得が2,000万円以下の会社員は、利益が20万円を超える場合に税金を支払う必要があります。

主婦やフリーター、個人事業主などで、税金を支払う必要が条件が異なるので、以下のフローチャートでご確認ください。

確定申告が必要かどうかを確認するフローチャート

また、FXにかかる税金の計算方法は以下の通りです。

(FXの収入-経費)× 20.315%

FXで支払う税金についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしていただければ幸いです。

デイトレードはFX初心者におすすめなの?

1日のうちに売買を終わらせることができるデイトレードは、FX初心者におすすめのトレードスタイルです。

1回に狙う利幅は30pips~80pips程度、損切りは20pips~70pips程度なので、長期取引と比較すると、大きなリスクを抱える可能性が低いといえます。

デイトレードの詳細は、以下の記事を参考にしてください。

まとめ

この記事では、自分に合ったFX会社を探している人に向けて、いろいろなFX会社を紹介してきました。

最後におさらいということで、この記事の内容を確認しましょう。

  1. 自分に合ったベストなFX会社は異なる
  2. FX会社を比較するときのチェックポイントは9つ
  • 取引コストが低い(スプレッドが狭い)
  • スワップポイントが高い
  • FX情報量が多い
  • 取引ツールの性能が良い
  • スマホアプリが使いやすい
  • 約定力が強い
  • 自動売買が優れている
  • 取り扱い通貨ペアが多い
  • キャンペーンが充実している

以上のことを踏まえながらFX会社を選べば、自分に合ったFX会社に出会えるようになります。

それによって、FXの腕もスムーズに上げることができ、利益を継続的にあげられるようになるまで順調にステップアップしていけるでしょう。

ベストなFX会社を見つけて、素敵なFXライフを送っていただければ幸いです!

FX口座ランキング根拠(2020年1月更新)

人気FX口座ランキングは、各FX会社の口座数を基に作成しています

順位 FX会社名 口座数
1 DMM.com証券 748,355
2 GMOクリック証券 645,136
3 外為オンライン 562,754
4 外為どっとコム 501,938
5 トレイダーズ証券 370,969
6 ワイジェイFX 366,148
7 マネーパートナーズ 338,691
8 ヒロセ通商 261,964
9 マネックス証券 253,253
10 FXプライムbyGMO 200,422
11 セントラル短資FX 185,799
12 上田ハーロー 52,841

出典:(株)矢野経済研究所「有力FX企業17社の月間データランキング-2019年11月-」(2020年1月6日発表)
※出典:開示情報|FX|外為オンライン FX取引 - あなたの為の、外為を。
※外為オンラインはコーポレートサイトの開示情報

※企業グループを除く、企業単体のランキング

FX人気ランキングTOP5(国内口座開設数)

DMMFX
第1位
DMM FX
チャート機能が優れている上級者でも満足な会社

公式HPへ

GMOクリック証券
第2位
GMOクリック証券
全般的に買いスワップが高い総合力がある会社

公式HPへ

外為オンラインのキャッシュバック
第3位
外為オンライン
1,000通貨から取引可能なサポートが手厚い会社

公式HPへ

外為どっとコムのキャンペーン内容
第4位
外為どっとコム
スプレッドなどのコスト面でバランスが良い会社

公式HPへ

第5位
トレイダーズ証券
初心者~中上級者向けサービスがあるFX会社

公式HPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索