おすすめFX会社比較ランキング!初心者向けの人気口座は?【2019】

  • 更新日: 2019/08/06

おすすめFX口座を専門家が厳選比較!自分にぴったりなFX会社を選ぼう

FX会社で一番おすすめってどこなの?

初心者にも使いやすい人気のFX口座を知りたいわ。

ナビナビFXが厳選比較した、FX口座のおすすめランキングは以下の通りです。

FX人気ランキングTOP5(国内口座開設数)

DMMFXは2019年1月末時点でFX口座数国内第1位で2万円のキャッシュバックキャンペーン中
第1位
DMM FX
チャート機能が優れている上級者でも満足な会社

公式HPへ

GMOクリック証券7年連続FX取引高世界第1位
第2位
GMOクリック証券
全般的に買いスワップが高い総合力がある会社

公式HPへ

第3位
外為オンライン
1,000通貨から取引可能なサポートが手厚い会社

公式HPへ

外為どっとコムのキャンペーン内容
第4位
外為どっとコム
スプレッドなどのコスト面でバランスが良い会社

公式HPへ

第5位
YJFX!
MT4でチャート分析ができるFX会社

公式HPへ

FX口座は、会社によって特徴が異なり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

そのため、なんとなくでFX口座を選んでしまうと、

  • スプレッドが広くて、なかなか利益が上がらない
  • スマホでFXをしたいのに、アプリが使いづらくてスムーズに注文できない
  • お得に口座開設したはずが、クリア条件が難しくてキャッシュバックを受け取れなかった 

以上のような失敗に繋がる可能性があるので、各社のポイントを理解した上で、自分に合ったFX口座を選びましょう。

今回は、ナビナビFXが厳選比較したおすすめのFX口座ランキングや、項目別のおすすめFX口座を紹介します。

比較するときのポイントもお伝えしているので、ぜひ参考にしてください。

この記事の目次

FXおすすめ比較ランキングTOP10 【2019年7月最新】

第1位:DMM FX

dmmサイトのtopにある画像

※画像引用:DMM FX公式サイト

DMM FXのメリット

  • 口座数国内No.1(※)で全てのFXトレーダーにおすすめ
  • カスタマイズ性に優れた高スペックな取引ツールでスムーズにFXができる
  • 全通貨ペアのスプレッドは最狭水準でコストを抑えて取引できる

※ 2017年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2017年1月口座数調査報告書)

DMM FXのデメリット

  • スキャルピングが推奨されていないので、やりすぎると口座凍結されてしまう可能性がある
  • 1万通貨以上の取引にしか対応していない

DMM FXの口コミ・評判

40代 / 女性 / 会社員
FX歴:3-5年
ニュースなどの情報量は普通
DMM FXはニュースなどの情報は普通レベルだと思います。色々な情報が流れてくるので、決して情報量が少ないわけではないのですが、他の大手FX会社に比べると、相場レポートなどの面では充実していない...
ニュースなどの情報量は普通
DMM FXはニュースなどの情報は普通レベルだと思います。色々な情報が流れてくるので、決して情報量が少ないわけではないのですが、他の大手FX会社に比べると、相場レポートなどの面では充実していないと思います。他のFX会社であるような、専門家によるレポートがあればもっと良いのにと思います。この会社はデイトレーダーなど短期トレード向けの会社だと思いますが、情報量はもっと充実させた方が良いのではないかと思います。
チャートが見やすい
DMM FXのDMMFX STANDARDという取引ツールを使っているのですが、使いやすいと思います。動きが重くなるといったことは特になく、標準的な取引ツールだと思います。チャートも大きく表示されるので、見やすいと思います。DMMFX STANDARDに関しては、本当に標準的なレベルで機能が揃っているといった感じなので、もっと詳しいテクニカル分析を行う場合は、DMMFX PLUSを使うかプレミアチャートを使わないといけませんが、私の場合は、メジャーなテクニカル指標しか使わないので、DMMFX STANDARDでも十分取引できています。
滑って約定することが結構多い
DMM FXの約定力はあまり良い方ではないように思います。滑るという話は聞いていたのですが、実際に取引してみると、確かに滑ります。一応スリッページを設定した上で発注をかけているので、設定した数字以上に滑って約定することはないのですが、有利方向にも不利方向にも滑って約定することが多い感じです。また、注文が約定しないことも結構あるのですが、そういう場合は、何度か同じ注文を繰り返して発注するようにしています。そうするといずれ約定するのですが、「このタイミングで発注したい」というような人は、この会社は向いていないと思います。
取引通信簿が参考になる
DMM FXには、取引通信簿という補助ツールがあります。自分のトレードの損益の推移を全体ではもちろん、売りと買いのポジションごとに確かめることができるので便利です。また、銘柄ごとの数量の比率も分かり、どんな通貨ペアを特に取引していたのか、といったことが分かります。自分のトレードを手軽に客観的に分析できるので、よく活用しています。エクセルなどに自分のトレード成績を記録するのも良いのですが、結構面倒なので、このような分析ツールがあるのは助かります。
40代 / 男性 / 会社員
FX歴:5-10年
DMMグループは上場企業ではない
大手FX会社の多くが上場会社となっていますが、DMM.com証券の上場はなされていません。またDMMグループ自体が上場会社ではないため、DMMグループとしての財務情報は見ることができません。...
DMMグループは上場企業ではない
大手FX会社の多くが上場会社となっていますが、DMM.com証券の上場はなされていません。またDMMグループ自体が上場会社ではないため、DMMグループとしての財務情報は見ることができません。FX会社といえども金融機関であり、多額の投資資金を証拠金として預けるためには、その会社及び会社グループとしての信用力は投資家としては確認したい所。TVCMで有名になった同社ですが、上場企業が運営している、または上場企業グループの他大手FX会社と比べると、会社及びグループの情報が少ないため、大きな金額を預けてのトレードに尻込みする部分があります。
10,000通貨からのトレード
同社では10,000通貨単位でのトレードであり、少なくとも数万円単位で証拠金を用意する必要がある。1,000通貨単位で取引可能なFX会社が増えている中では、取引に大量の資金が必要となります。また10,000通貨単位での取引となるため、資金の増減に応じた資金管理を行う場合でも、細かい資金管理を行う事が難しいです。長期に渡り最低取引単位程度でトレードを行うのであれば問題ありませんが、長期的には取引の資金量を増やしたいと思うトレーダーにとっては、10,000通貨単位での取引は柔軟性に欠けます。以前は殆どのFX会社が10,000通貨単位での取引だった経緯があるため、同社の10,000通貨単位での取引という仕組み自体に違和感自体はありません。しかし1,000通貨単位の会社も増えており、また1,000通貨以下での取引可能なFX会社も出現しており、特に初心者トレーダーには資金的に若干敷居が高いFX会社となっている印象がある。
スキャルピングが推奨されていない
同社では超短期トレードであるスキャルピングは推奨されていません。非常に資金効率の高いスキャルピングはトレードをする上で必要不可欠な手法、となっている上級トレーダーも多いです。スキャルピングの多用は取引口座凍結のリスクがあるため、特に短期トレード中心のトレーダーにとって同社は、敬遠せざるを得ないFX会社となります。ただしスキャルピング歓迎というFX会社自体が限られるため、同社のスタンス自体はやむを得ないと理解はできます。尚、1日2~3回のトレードのデイトレードや1週間に2~3回のトレードのスイングトレードを行う場合は特に制限は設けられていません。よって同スタイルを取る上級者にとっては、スキャルピングの規制はそれほどトレードに影響はない。

DMM FXの口コミ・評判をもっと見る

DMM FX

Medium 300 250
口コミ点数 Point star4 5 4.9
ランキング 1位
初回入金額 無料
推しポイント FX口座数 国内第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.30銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
20円 -7円 25円

第2位:GMOクリック証券

GMOクリック証券のメリット

  • 取引高7年連続世界1位!世界中で利用されているFX口座(※)
  • 買いスワップが全通貨平均して高く、スワップ運用で利益を上げたい方にもおすすめ
  • 業界最狭水準のスプレッド+取引手数料0円でコストを抑えて取引できる

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月) 

GMOクリック証券のデメリット

  • 1万通貨以上からしか取引できない

  • FXに関する情報コンテンツの提供が少ない

GMOクリック証券の口コミ・評判

30代 / 男性 / 会社員
FX歴:5-10年
安心して使える高機能で便利なツールたち
GMOクリック証券の一番の長所は、パソコン・スマートフォンで使う取引ツールが、高機能で使いやすいというところだと思います。例えば、「はっちゅう君FXプラス」から立ち上げられるスピード注文は、...
安心して使える高機能で便利なツールたち
GMOクリック証券の一番の長所は、パソコン・スマートフォンで使う取引ツールが、高機能で使いやすいというところだと思います。例えば、「はっちゅう君FXプラス」から立ち上げられるスピード注文は、シンプルなインターフェースでサクサクとトレードすることができます。チャートツールの「プラチナチャートプラス」も、描画オブジェクトが豊富で細かい分析ができます。また、ブラウザのツールバーにレートを表示するガジェットといった、細かい便利グッズもあったりします。パソコンだけでなくスマホアプリも同様に高いクオリティで、操作性の良さはパソコンと同様です。こういったツール全体のレベルの高さがGMOクリック証券ならではのところです。
他サービスも利用して深く分析可能
私は長期トレードをメインでやっていて、マーケット全体の大きな動きに注意を払うタイプです。そんな私がGMOクリック証券を使っていて便利だなと感じるのが、FXに限らずにさまざまなマーケット情報を見ることができるという点です。例えば、日本の株式市場の動きはもちろん、アメリカ・ヨーロッパの動きを見ることができます。債券の動きも見られますし、原油や金といったところもチェックできます。その時々のテーマとなっているものを詳細にチェックをできるという点で、GMOクリック証券は他のFX会社よりも一歩リードしていると考えています。
アナリストによる分析レポートはない
いろんな情報を持っているGMOクリック証券なんですが、やや残念に思うのは、FXの目線でそういった情報をアナリストが分析してレポートしてくれる、といったかたちでの情報提供はやっていません。個人的にはこういったレポート系の情報を見るのが好きなので、そのあたりもカバーしてくれているとなおうれしい感じは実はあったりします。そういうかたちで、いろんな分析の元となる材料はあるんですが、それらをどう使っていくかはトレーダー次第という感じでしょうか。
取引所FXにも対応
GMOクリック証券のFXサービスは実は2つあって、店頭FXのFXネオと取引所FXのくりっく365があります。店頭FXのほうが有名だとは思いますが、相対取引となるため利益相反関係になるという点を気にする人もいるようです。この点、取引所FXの場合はそういったことがないので、フェアな取引が可能とはなりますが、取引コスト的に不利になることも多いところがあります。どちらも一長一短というところですが、どちらでも選べるという意味ではプラス要素になっていると思います。
30代 / 男性 / 会社員
FX歴:3-5年
GMOクリック証券の取引ツールはグッド!
GMOクリック証券は私が最初に作ったFX口座で、その後何度か別のFX会社に浮気もしましたが、結局またGMOクリック証券に戻ってきています。なぜ戻ってきたかという理由ですが、取引ツールの使いやすさ...
GMOクリック証券の取引ツールはグッド!
GMOクリック証券は私が最初に作ったFX口座で、その後何度か別のFX会社に浮気もしましたが、結局またGMOクリック証券に戻ってきています。なぜ戻ってきたかという理由ですが、取引ツールの使いやすさがもっとも大きかったです。とくに気に入っていたのがスピード注文で、コンパクトなのに必要な情報が確認できるし、かつ、ワンクリックでテンポ良くトレードをすることができます。最初に慣れたのがこの取引ツールだったのもあってか、他のFX会社のものはちょっと違和感を感じてしまうので、もうあえて他に移る気は今のところない感じです。
必要十分な情報取得が可能
FXでトレードをしていくうえでは、マーケットの情報を素早く取得するということが大事です。この点、GMOクリック証券が提供している情報量は、他社と比較して正直多いとは言えないレベルです。ただし、最低限必要になる情報という意味では、きちんと手に入れることができるので、私としてはまったく問題ありませんでした。あまり情報が多すぎてもその選別に困りますし、むしろ必要十分でちょうどいいというのが私の感想です。
スキャルピングをすると口座凍結の可能性?
GMOクリック証券で1つ気になるのは、口座凍結に関する噂を耳にすることです。口座凍結祭りといって、大量に口座凍結がされたという話もあります。私はスキャルピング派なのですが、スキャルピングが口座凍結のターゲットにされやすいということです。ただし、GMOクリック証券の規約で、スキャルピング禁止が明示されているわけではありません(自動ツールを使うのはダメといったことが明示されています)。本当にスキャルピングが原因で口座凍結されるのかわかりませんが、一応は口座凍結された時に備えて、別のFX会社でサブ口座を用意してはいます。
環境自体は短期トレードに最適
スキャルピングをやっていいのかどうか、ちょっとよくわからない部分もあるわけですが、GMOクリック証券は短期トレードがやりやすい環境であることに間違いはありません。取引ツールが優れていることはすでに書きましたが、それに加えて、スプレッドも狭いですし、約定もしっかりしてくれます。噂で尻込みする人もいるかもしれませんが、スキャルピングをやりたいという人にこそ使うべきFX会社だと思います。そんな人は、とりあえずはこの環境に触れてみるといいんじゃないでしょうか。

GMOクリック証券の口コミ・評判をもっと見る

GMOクリック証券

Medium 494020
口コミ点数 Point star4 0 4.3
ランキング 2位
初回入金額 無料
推しポイント 低コスト&高スワップ◎
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.30銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
36円 -15円 43円

第3位:外為オンライン

FXブロードネット記事内の外為オンライン

※画像引用:外為オンライン公式サイト

外為オンラインのメリット

  • 初心者にもおすすめの自動注文システム「iサイクル」を提供
  • 1,000通貨から取引可能!初心者でも少額からFXを始めることができる
  • 無料セミナーが数多く開催されていて、トレーダーとして成長したい方にもおすすめ

外為オンラインのデメリット

  • レートの桁数が1桁少なくスプレッドが広くなりがち

  • スマホアプリではテクニカル指標を複数表示できない

外為オンラインの口コミ・評判

40代 / 男性 / 会社員
FX歴:10年以上
レンジに追従するグリッドトレード
外為オンラインのiサイクル注文は、一定間隔でポジションを持ついわゆるグリッドトレードの一種です。特徴的なのは、単純にレンジを決めてグリッドトレードをするだけではなく、レンジが変わっていっても、自...
レンジに追従するグリッドトレード
外為オンラインのiサイクル注文は、一定間隔でポジションを持ついわゆるグリッドトレードの一種です。特徴的なのは、単純にレンジを決めてグリッドトレードをするだけではなく、レンジが変わっていっても、自動でレンジを切り替えながら相場についていくという点です。なので、理論的には一度注文を出してしまえば、(資金が尽きなければ)永遠にトレードをさせることも可能です。この仕組みのおかげで、グリッドトレードが楽に実践できるようになっていると感じました。
iサイクル注文用のサブ口座に向く取引ツール
パソコンからトレードする場合の選択肢は1つで、Webブラウザからログインすると立ち上がるWebアプリケーションのみというかたちになっています。いろいろ選ぶ必要がないという意味で、逆にシンプルでいいかもしれませんね。チャートについても同様にWebアプリケーションのかたちで、取引システムからチャートを選ぶと、別窓でチャートが立ち上がるというかたちです。入ってるテクニカルは大目で、比較チャートがあったり、機能は十分です。ちょっと独特なインターフェースで最初は手間取りましたが、慣れると普通に使いやすいツールでした。変にゴチャゴチャしてなくて、iサイクル注文用のサブ口座としていいバランスだと思います。
取引コストは小さくないが問題なし
iサイクル注文を使うためには、スプレッド+取引手数料で取引コストは他のFX会社に比べると大きいのが現状です。取引コストが大きいというとマイナスに聞こえるかもしれませんが、それを十分に補ってくれる大きなメリットがあります。それは相場を見ていない時でも、ずっとトレードを自動でやり続けているという点です。その間にもコツコツ利益を積み上げてくれることを考えると、取引コストは決して高くはありません。自分の代わりに相場を見張ってくれることに支払っているコストというふうに、私は捉えています。
くりっく365との併用も要検討
外為オンラインの店頭取引は、あまり通貨ペアの取扱数が多いとは言えません。とくに高金利通貨についての取扱いは南アフリカランドぐらいですし、スワップポイントの設定も大したことないので、ちょっと微妙に感じるというのが正直なところです。ですが、外為オンラインではくりっく365の口座も開くことができて、こちらでは、南アフリカランドの他、トルコリラ、メキシコペソの取扱いがあり、スプレッドの高水準な設定になっています。店頭取引だけでなくくりっく365も併せて使うことで、スワップポイント狙いのトレードも可能になっています。
20代 / 男性 / その他
FX歴:1-3年
iサイクル注文での自動売買が可能
事前に設定したルール通りにエントリーと決済を繰り返す、システムトレードサービスのiサイクルを同社では提供しています。事前にレンジの幅を想定した後は、簡単な設定を行うだけで、IFDONE+OCO注...
iサイクル注文での自動売買が可能
事前に設定したルール通りにエントリーと決済を繰り返す、システムトレードサービスのiサイクルを同社では提供しています。事前にレンジの幅を想定した後は、簡単な設定を行うだけで、IFDONE+OCO注文を仕掛け、その上下の値幅を追いかけて利益を積み上げられます。他のシステムトレードのように、システムを複数稼動させる、システムの中身がブラックボックスと言ったことはなく、自ら設定の余地が大きいため、市場環境に応じた設定ができます。初心者にも利益が上げやすく、またシステムトレードの入門編としても優れているので、システムトレードに興味があるなら、まずは少額から試してみたいサービスです。またiサイクルはデモトレードも可能であり、デモトレードである程度設定に慣れてから、リアルマネーの投入をお勧めします。
くりっく365も利用可能
同社はくりっく365を利用してのFXトレードも可能です。同社のFXサービスである外為オンラインFXでは24通貨ペアの取り扱いがありますが、くりっく365を合わせて利用することで、更に取引通貨ペアの幅を広げることができます。またくりっく365を利用して、iサイクル注文を利用することも可能です。くりっく365は10,000通貨単位での取引とはなりますが(外為オンラインFXは1,000通貨単位での取引)、両者を併用することで多通貨監視を行い取引チャンスを多く見つけることができます。くりっく365はスワップポイントが売りと買いで同額であり、また外為オンラインFXに比べスワップポイントが高めに設定されているケースが多いため、新興国通貨を利用したスワップポイント狙いの投資を行う際も、同社口座から行うことができます。
全体的なバランスが優れている
どのFX会社にも優れた面と足りない面があるものの、全体的なサービス面を見て、同社サービスはバランスが優れていると感じる。初心者向けのセミナー始めFX初心者もFXが取り組めるような取り組みが各種なされており、優れたチャート機能やiサイクルのようなFX経験者も重宝するサービスも提供されています。また全体的にツールの使い勝手もよいです。全体的にサービスとしてバランスが取れており、特にこだわりがないならまずは同社を利用してFXトレードに取り組むことで、ストレスなくFXトレードを行うことができます。

外為オンラインの口コミ・評判をもっと見る

外為オンライン

Medium imagesender
口コミ点数 Point star4 5 4.5
ランキング 3位
初回入金額 5,000円
推しポイント 自動売買ツールがおすすめ
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
1.00銭原則固定(例外あり) 2.00銭原則固定(例外あり) 3.00銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
15円 -20円 10円

第4位:外為どっとコム

外為どっとコムスプレッド

※画像引用:外為どっとコム公式サイト

外為どっとコムのメリット

  • 高額のキャッシュバックキャンペーンが多い
  • 動画コンテンツ・ニュース・セミナーなど、FX情報が充実! 一流アナリストの見解が知れる!
  • 1,000通貨から取引できるので、少額投資で取引したい方にもおすすめ

外為どっとコムのデメリット

  • 約定が遅れがち

  • スマホアプリのライン描画機能が物足りない

外為どっとコムの口コミ・評判

40代 / 男性 / 自営業
FX歴:10年以上
老舗FX会社の安心感
私はかなりFX歴が長いんですが、もともとFXといえば外為どっとコムというぐらいの時代もありました。最近では他のFX会社のマーケティング戦略にやや押され気味な感は否めませんが、それでもFXについて...
老舗FX会社の安心感
私はかなりFX歴が長いんですが、もともとFXといえば外為どっとコムというぐらいの時代もありました。最近では他のFX会社のマーケティング戦略にやや押され気味な感は否めませんが、それでもFXについて蓄えているノウハウや知識という面では、一歩上をいっているというイメージがまだあります。こういった部分は一朝一夕で逆転できるようなものではないので、外為どっとコムは依然として強みのあるFX会社だと考えています。そういう意味で、私が総合的に考えて一番信頼しているFX会社です。
大きなシステム障害を起こした過去も
ただし、一応システム障害で業務停止命令を食らった過去があるということには、一応触れておかなくてはいけませんね。これは2010年に起こったことで、実勢から大幅にズレたレートを誤発信したことがきっかけでした。ちなみに、システム障害というのはどこでも起こり得るものだ、と私は考えています。それを避けるためにできる策は、複数のFX会社の口座を併用して、身動きが取れない状況にならないようにすることです。私も外為どっとコム以外にもいくつかの口座にお金を入れていますが、自分を守るためにも、そういう防衛策は講じておいたほうがいいでしょう。
「外為情報ナビ」はキラーコンテンツ
最初に老舗のFX会社でノウハウや知識をたくさん持ってることに触れましたが、これが一番出ているのはマーケット情報のツールである「外為情報ナビ」です。外為情報ナビを使えば、マーケットのあらゆる情報に簡単にアクセスすることができます。例えば、経済指標であれば直近の結果だけでなく、過去に遡って推移をみられます。注文情報も一目でチェックできるようになっています。また、相場の解説については、レポートもあったり、動画の番組も用意されています。口座開設をすれば外為情報ナビは使えるるので(2018年6月現在)、とりあえずそのために口座を持っておくというのも1つの手だと思います。
取引ツールの改善に取り組む姿勢に高印象
外為どっとコムの公式サイトでも強調していますが、取引ツールNo.1を目指しているようです。そして、実際に取引ツールにはバージョンアップが何回も行われていて、どんどん機能が追加されて便利になっていっています。例えば最近では、チャートの最大表示可能数が6画面から20画面に大幅に増やされたのが個人的にはうれしかったです。老舗のFX会社ですが現状に満足することなく、常に改善を繰り返して上を向いていく姿勢は評価できるポイントです。
40代 / 男性 / 自営業
FX歴:5-10年
注文情報を見ることができる
為替取引では証券取引所のような存在があって、取引所が各注文をさばいている訳ではありません。よって株式のように、どの価格帯に買いや売りの注文が集まっているか、という注文情報を得ることは、機関投資家...
注文情報を見ることができる
為替取引では証券取引所のような存在があって、取引所が各注文をさばいている訳ではありません。よって株式のように、どの価格帯に買いや売りの注文が集まっているか、という注文情報を得ることは、機関投資家のように高額な情報端末を利用できない個人投資家の場合は容易ではありません。外為どっとコムは、自社の注文情報をまとめて、各通貨ペア毎に大まかな注文情報を提供しています。自社の注文情報に情報は限られますが、注文情報を提供しているFX会社の数自体が限られており、注文情報を活用したFXトレードを行う場合、同社の利用は必要不可欠と考えています。売りや買いの注文が多く入っている価格帯では、レートの値動きが停滞したり、逆に一気にブレイクするような値動きが生じやすくなります。注文情報を利用することでトレードの期待値を高めることに繋がるため、同社の注文情報は私のトレードにとって必要不可欠な存在です。注文情報を提供しているFX会社は少ないながら存在していますが、大手である同社の注文がベースとなっている点、ツールの見やすさ及び取扱通貨ペア数の多さの点から、同社の注文情報は他社の情報やツールに比べて非常に役立っています。
時間指定成行決済ができる数少ないFX会社
殆どのFX会社では成行や指値注文は当然として、OCO注文を行うことが可能です。しかしながら、早朝などの特定の時間が到来したら決済したい、というケースもあります。早めに起きて手動で決済することが現実的ですが、例えば朝4時に決済したい場合などは、わざわざ早起きをする必要があります。同社では、決められた時間が到来したら自動的に決済を行う「時間指定成行注文」機能が搭載されています。事前に設定した任意の日時に成行注文が執行される注文方法です。「時間指定成行注文」を利用することで、保有ポジションを朝の3時や4時に自動的に決済することができます。殆どのFX会社で搭載されていない「時間指定成行注文」ですが、デイトレード以下の短期トレードを行う場合に非常に重宝する決済方法です。日をまたぐとトレンドが変化して、それまでの含み益が一転含み損となるケースもしばしば発生します。その日の利益をその日のうちに確定するために、「時間指定成行注文」はあまり知られていませんが、非常に役立つ決済方法です。
マニアックな投資家ニーズに対応
注文情報や時間指定成行注文ともに、FXサービスとしては相当特殊な部類に入ります。しかし両者ともに少ないながらも、確実にサービスニーズは存在します。同社はマニアックながら確実に存在する投資家ニーズを捉え、サービスを提供しているFX会社と言えるのではないでしょうか。

外為どっとコムの口コミ・評判をもっと見る

外為どっとコム

Medium 99cc610d3bc7486acc314e0178bfad56
口コミ点数 Point star4 0 4.4
ランキング 4位
初回入金額 無料
推しポイント 業界トップクラスの情報量!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.30銭原則固定(例外あり) 0.5銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
72円 -15円 25円

第5位:YJFX!

YJFX!のメリット

  • Yahoo!グループ運営のFX会社で安心して取引できる
  • YJFX!のC-NEXは、スキャルピング公認!取引上限・数量も無制限!
  • 取引に応じてTポイントが貯まるので、お得に取引したい方にもおすすめ

YJFX!のデメリット

  • トルコリラの取り扱いがない

  • ニュース配信は1社のみ

YJFX!の口コミ・評判

40代 / 男性 / 自営業
FX歴:10年以上
スキャルピング用サービスがある
スキャルピングはシステムに負担がかかるので、口座凍結する会社もある中、YJFX!のC-NEXはスキャルピング用に特化しているので、スキャルパーにとっては有難い。NDD方式のため、スキャルピン...
スキャルピング用サービスがある
スキャルピングはシステムに負担がかかるので、口座凍結する会社もある中、YJFX!のC-NEXはスキャルピング用に特化しているので、スキャルパーにとっては有難い。NDD方式のため、スキャルピングもOKとのことで、自分のようなスキャルパーにとっては使いやすい会社だと思う。かつては初回入金100万円以上、最低取引量100万通貨と敷居が高かったが、今は1万通貨単位で取引でき、初回入金額の縛りも無くなったので、利用しやすくなったのが良い。
スプレッドが狭い
同じYJFX!の外貨exに比べて、基本的にスプレッドが狭い。FX会社を選ぶ際、スキャルパーはスプレッドを絶対に重視する。なぜなら、薄利多売な分、スプレッドというコストは絶対に抑えたいからだ。C-NEXのスプレッドは狭いため、スキャルピング向きであると言える。ただし、C-NEXのスプレッドは原則固定ではないことに、注意が必要である。タイミングや通貨ペアによっては、外貨exよりもスプレッドが広がるケースもあるが、反対に、外貨exよりもスプレッドが狭いケースも多々ある。さらに、こちらはNDD方式でインターバンク直結なので、きちんと約定する。それもC-NEXの長所だと思う。
取引画面が使いやすい
C-NEXの取引画面は変に凝った機能を入れていないため、自分にとっては使いやすい。画面のデザインは特別凝った作りになっていないが、それがかえって分かりやすくて良い。YJFX!の外貨exや、他社の取引システムを普通に使えるのであれば、C-NEXの取引システムは難なく使いこなせるはずだ。テクニカル指標もメジャーなものから比較的マイナーなものまで揃っている。チャートを見ながら新規・決済注文を出すことができるので、スキャルピングにとって大切な、スピード感のある取引をすることができる。
注文方法が豊富
以前に比べて、FX会社の方で独自の注文方法を用意するところが増えたが、C-NEXについても、独自の注文方法がある。例えば、成行注文一つとっても、MKTやGTC、IOCといった種類があり、最初は聞いたことのない注文方法に戸惑うかもしれない。しかし、慣れてくると非常に便利に感じるようになる。特に、ある程度FXの経験があるトレーダーは、様々なタイプの注文方法があるのは便利に感じると思う。相場の状況に合わせて、注文方法を使い分けられるのが良い。
20代 / 男性 / 学生
FX歴:1-3年
デモトレードが便利
初心者の時、いきなり本番の取引をするのはハードルが高いので、デモトレードが用意してあるのは便利だった。通常のデモ口座の他に、スマホ用、タブレット用、PC用のCymoのデモ版がダウンロードできるの...
デモトレードが便利
初心者の時、いきなり本番の取引をするのはハードルが高いので、デモトレードが用意してあるのは便利だった。通常のデモ口座の他に、スマホ用、タブレット用、PC用のCymoのデモ版がダウンロードできるので、口座開設の前にダウンロードして、デモトレードを試してみた。公式HP上では、デモは30日間しか利用できないとあるが、30日を過ぎたら新たに登録し直せば再び利用できるので、慣れるまではデモトレードを使って取引した方が良いと思う。
少額での取引から始められる
バイトで貯めた10万円でFXを始めたので、1,000通貨単位での取引ができるのは、資金を抑えて取引できて良かった。それに、どんなにデモトレードが上手くなっても、本番の取引では実際のお金を使って取引するせいか、デモトレードの時ほど戦績が上がらない。少なくとも自分はそうだった。そのため、最初のうちから、大きな金額の取引をするのはやめた方が良い。そういう面から考えても、1,000通貨単位での取引ができるのは便利だと思う。
Cymoの注文方法が便利
Cymoのスマホアプリは使いやすく、初心者でも迷わずに使えると思う。実際、自分も慣れるのに時間はかからなかった。また、Cymoは自動利食い・損切り設定ができる。ずっと取引画面を見ているわけにはいかない時、この機能は便利なのでよく利用している。自分の場合、トレンドが発生している時にこの機能をよく使う。利食いポイントと損切りポイントを簡単に設定できるので、トレンドが読みやすい時間帯や通貨ペアによく使っている。
キャンペーンでTポイントが貯められる
Tポイントカードを持っているので、Tポイントが貯められるキャンペーンがあるのは嬉しい。普段から、コンビニやドラッグストアなどでTポイントを貯めている。また、ヤフオクやヤフーショッピングをよく使っているので、FXを取引することでTポイントが貯まるのは、正直有難い。FX取引でTポイントを貯めるには、1万通貨単位での取引をしなくてはならないので、1,000通貨単位で取引している場合はこのキャンペーンは関係ないが、1万通貨単位での取引をしていて、かつ、普段からTポイントを貯めているなら、キャンペーンを利用して損はないと思う。

YJFX!の口コミ・評判をもっと見る

YJFX!

Medium gaikaex 300x250
口コミ点数 Point star4 5 4.7
ランキング 5位
初回入金額 無料
推しポイント FXでTポイントが貯まる
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.30銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
34円 -10円 36円

第6位:トレイダーズ証券

トレイダーズ証券のメリット

  • 業界最狭水準のスプレッド&取引手数料無料!1,000通貨から取引OKで少額資金からスタートできる
  • 自分の取引を分析したい人は、成績が一目で分かる「Myパフォーマンス」がおすすめ
  • プロの講師による3つのトレーニングを提供!プライベートレッスンで悩みも相談できる!

トレイダーズ証券のデメリット

  • PC版取引ツールでカスタマイズができないので、使い勝手が悪いとの評判がある

  • 取り扱い通貨ペア数が少ない

トレイダーズ証券の口コミ・評判

30代 / 男性 / 会社員
FX歴:3-5年
セミナーが充実しているFX会社
各FX会社が動画や会場セミナーを行っていますが、同社は概ね月に1度動画セミナーを開催しています。同社のセミナーは他社のセミナーと異なり、実際にFXトレーダーとして活躍中の方が講師として登場するケ...
セミナーが充実しているFX会社
各FX会社が動画や会場セミナーを行っていますが、同社は概ね月に1度動画セミナーを開催しています。同社のセミナーは他社のセミナーと異なり、実際にFXトレーダーとして活躍中の方が講師として登場するケースが多く、トレードの実践的な内容の話を聞くことができます。他社の場合、FXとは・テクニカルとは等の、トレードの基礎的な内容のセミナーが多いのですが、同社のセミナーはトレードの実践的な内容が多いという印象で、非常に楽しみにしています。また動画はYouTubeにアップされるため、見逃した場合も後日YouTubeで見ることが出来るため、非常に助かります。各社のセミナーに参加してきましたが、同社のセミナーが一番面白いと感じています。
取引成績表機能が便利
同社でトレードを行うと、取引成績表機能を利用して、自らのトレードを勝率などの数字で振り返ることができます。ベテラントレーダーの場合、エクセルで自ら計算する場合が殆どのようですが、やはり手間がかかります。同社でトレードすればエクセルでトレード履歴を打ち込んで計算する、トレードの成績表を自動的に表示でき、プリントアウトが可能です。最終的にトレードも確率の世界に帰結するので、自らのトレードが確率的に破綻しないかどうか、事前に確認することは本来必要不可欠です。客観的な数字に基づいて自らのトレードを分析することで、行っているトレードを続けるべきか・やめるべきかを、数字で判断できます。同様のサービスは他FX会社でもあまり存在しないため、同社の取引成績表機能は、トレード力向上のために非常に使えるツールです。
トレーダーの売買比率が分かる
同社のPC用のチャートソフトを開くと、同社のユーザーが各通貨ペアについて、売り・買いのどちらにポジションが傾いているかがグラフで一目瞭然となっています。自らが多くの投資家と同じ方向について行くのか、敢えて逆方向に進んで行くのか、知る事はトレードの大きなヒントを得ることに繋がります。他の投資家と同じ方向に進むことが、直接的な勝ちに必ず繋がる訳ではありませんが、自らの立ち位置を知る事で、リスクの取り方も変えることができます。他社でも類似の情報を提供するFX会社はありますが、他社の情報と合わせてトレーダーの売買比率を見ることで、自らのトレード方向を考える際の有力なヒントを得ることが出来ます。
20代 / 女性 / アルバイト
FX歴:1年以下
スプレッドが狭く、ドル円のスワップが高い
みんなのFXも、みんなのシストレも、スプレッドが狭いのでここで口座開設しました。スプレッドが狭いだけなら他のFX会社もあったのですが、ドル円のスワップが結構良いのも決め手になりました。スプレッド...
スプレッドが狭く、ドル円のスワップが高い
みんなのFXも、みんなのシストレも、スプレッドが狭いのでここで口座開設しました。スプレッドが狭いだけなら他のFX会社もあったのですが、ドル円のスワップが結構良いのも決め手になりました。スプレッドは原則固定0.3銭ですが、ずっとそうだというわけではないようで、時間帯が決まっています。そのため、基本的にはその時間帯に取引するようにしています。原則固定で狭いスプレッドを宣伝していても、実際にはスプレッドが広がる時間帯があるFX会社も中にはあるようなので、きちんと原則固定の時間帯を知らせてくれているのが良いと思います。
シストレが簡単にできる
FXは初心者なので、自分の感情に左右されずに取引できるシストレに興味があります。シストレができる他の会社とも比べたのですが、トレイダーズ証券のみんなのシストレは、スプレッドがみんなのFXとそれほど変わらず狭いので、ここに決めました。シストレは、プログラムと人の2種類のストラテジーから選べますが、どちらも操作方法がとても簡単で、複雑な操作が必要ないのが良いです。まだ始めたばかりなので、今のところ成績はトントンといった感じですが、これからじっくり運用していこうと思います。
セミナーがある
みんなのFXは、3種類のコースに分かれたセミナーがあります。初心者コースに関しては、今のところ動画のみで、オンラインと会場は今後開催されるか未定ですが、ぜひ開催して欲しいと思います。プライベートコースは申し込むと60分のセミナーを1回受けられるようで、スキルアップコースはオンラインセミナーが開催されているようです。正直、もっと回数を増やして欲しいとは思いますが、セミナーをやっていること自体は、初心者には嬉しいです。
キャンペーンの種類が多い
みんなのFXもみんなのシストレも、キャンペーンを頻繁に行っているようです。キャッシュバックキャンペーンの他に、スイーツが貰えるものなど、色々やっています。ただ、キャンペーンの対象になるには結構なLot数を取引しなければならず、私のように資金が少ない初心者トレーダーにはハードルが高いのが残念です。もっと初心者向けのキャンペーンがあれば良いと思います。慣れて取引額が増えたら、このようなキャンペーンに参加したいと思います。

トレイダーズ証券の口コミ・評判をもっと見る

みんなのFX

Medium 300 250
口コミ点数 Point star2 5 2.8
ランキング 6位
初回入金額 無料
推しポイント コールセンターは24時間対応
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.30銭原則固定(例外あり) 0.40銭原則固定(例外あり) 0.60銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
22円 -12円 28円

第7位:マネーパートナーズ

マネーパートナーズのメリット

    • FX口座は2種類!初心者向けの「nano」は100通貨単位から取引可能
    • 約定率は10年連続第1位!スリッページ発生率0%、約定拒否0件で注文したレートで取引できる(※)
    • 株券を証拠金にできる

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月) 

マネーパートナーズのデメリット

    • 他社と比較するとスワップポイントが低めに設定されている

    • 主要通貨の取り扱いはあるが、取引可能な通貨ペア数は少ない

マネーパートナーズの口コミ・評判

20代 / 女性 / 会社員
FX歴:1-3年
Webで完結する簡単でスピーディな口座開設
私は将来のことを考えると資産運用は必要だと考えてはいましたが、FX以外のあること(後述します!)がきっかけでマネーパートナーズに興味を持ち、とりあえず口座開設をしてFXにも挑戦してみることになっ...
Webで完結する簡単でスピーディな口座開設
私は将来のことを考えると資産運用は必要だと考えてはいましたが、FX以外のあること(後述します!)がきっかけでマネーパートナーズに興味を持ち、とりあえず口座開設をしてFXにも挑戦してみることになったという経緯です。この口座開設ですが、何かと面倒そうなイメージを持っていましたが、マネーパートナーズの場合は全部Web上だけの手続きで申し込みができて、審査もすぐに終わりました。思った以上にあっさりと終わったなというのが、率直な感想でした。
nanoコースは100通貨で取引可能
実際に始めてみるまでは、FXでトレードをするには大金が必要で、なおかつ、失敗すると大損をしてしまうようなイメージを持っていました。この点、マネーパートナーズについては、nanoコースという初心者向けのコースがあって、少額でリスクを抑えたトレードができるようになっています。このコースでは100通貨単位で取引ができるようになっていて、例えばドル円で100通貨でのトレードであれば、資金が500円からできてしまいます。また、レートが1円動いても損益は±100円、10円動いても1,000円というレベルです。私はこの最小単位から始めて、慣れながら少しずつリスクを増やしたトレードをできるようになりました。
「クイック発注ボード」が見やすくてわかりやすい
私がトレードをする際に主に使っているのは、「クイック発注ボード」という取引ツールです。この取引ツールでは、左側に大きくチャートが表示、右側に発注パネルが付いているというかたちで、チャートを見ながら注文を出しやすい構成になっています。わかりやすい構成なので、私はすぐに使い方はマスターできました。その他、FXで大事になってくる経済指標の発表についても事前に教えてくれるようになっていたりと、シンプルですがトレードに必要な機能はきっちりそろっていると思います。
外貨両替がお得にできる!!
ただ、この外貨両替を普通にやると、手数料として数円レベルのスプレッドを上乗せした両替レートになってしまいます。この点、マネーパートナーズはFXのレートで外貨両替ができるので、コストを大幅に抑えた両替ができます。この抑えたコスト分で例えばディナーのグレードを上げちゃうことなんかもできるわけなので、個人的にはこれが一番のおすすめポイントです。最後になりましたが、私がマネーパートナーズを知ったきっかけというのは外貨両替関連のサービスです。私は海外旅行が好きなんですが、その時に欠かせないのが外貨両替です。
40代 / 男性 / 会社員
FX歴:10年以上
取引ツールは優秀
私は主に「HyperSpeed NEXT」を使用していますが、高機能でかつカスタマイズ性が高い取引ツールで気に入っています。例えばチャート分析に関しては、計26種類のテクニカルが使用できます。ま...
取引ツールは優秀
私は主に「HyperSpeed NEXT」を使用していますが、高機能でかつカスタマイズ性が高い取引ツールで気に入っています。例えばチャート分析に関しては、計26種類のテクニカルが使用できます。また、これらのテクニカルを使用して、プログラミング知識のない人でもオリジナルのストラテジが作れるようになっています。そして、このストラテジによる売買サインは、チャートに表示させることができます(自動売買にも対応)。その他、レイアウト設定に関しては、ツールのそれぞれの機能を独立したウインドウにすることができます。とくにマルチディスプレイの人にとっては、自分のデスクトップ画面上に自由に配置ができるて、使い勝手の面でありがたい仕様になっています。
低スプレッドと安定の約定力
FXにおいて取引ツールも大事ですが、それ以上にしっかりとトレードを成立させる能力が大事です。私は小ロット用のnanoではなく大ロット対応のPFXを使用していますが、こちらの約定力は安定していると感じていて、すべりもほとんど気になりません。また、加えてスプレッド・スワップともに業界内で高水準の設定となっているので、トレード条件としては申し分ないと感じています。さすが上場会社のFXサービスというところですが、安心してトレードすることができる環境ですね。
プラスアルファの情報提供はそれほど
マネーパートナーズのちょっと足りないなと私が感じるのは、為替に関する市場レポート的なものが少ないという点です。ちなみに、市場の速報ニュース系の情報だったり、初心者向けコンテンツやセミナーといったものはわりと豊富だとは思います。ですが、経験者向けに相場をを深掘りして解説したようなものが、あまり用意されていないような気がするというイメージです。今後は、こういった経験者向けの相場解説コンテンツ的なものにも力を入れていってくれると、もっと良くなるような気がしています。
FXに留まらないマネーパートナーズ
マネーパートナーズがメイン事業はもちろんFXサービスです。ですが、このFXサービスから派生して外貨関連のサービスも行っていて、実はこれがけっこう使えるものになっています。まずは航空外貨受取サービスというものですが、普通に空港や銀行なんかで両替するよりもお得に外貨両替ができるようになっています。また、個人的にもっとおすすめなのが、マネパカードというプリペイドカード式のものです。外貨両替がお得なことは同様ですが、こちらはWebから簡単にチャージするだけで外貨を使えるのでさらに便利です。こういった付随サービスの強さは、他のFX会社にはなかなか見られない特徴ですね。

マネーパートナーズの口コミ・評判をもっと見る

マネーパートナーズ

Medium mnp
口コミ点数 Point star3 0 3.1
ランキング 7位
初回入金額 4,000円
推しポイント 10年連続 約定力第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.30銭コアタイム原則固定(例外あり) 0.40銭コアタイム原則固定(例外あり) 0.60銭コアタイム原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
12円 -39円 非公開

第8位:ヒロセ通商

ヒロセ通商のメリット

    • 通貨ペアが50種類と豊富に用意されている
    • スプレッドが狭くて取引コストが抑えられるので、スキャルピングにもおすすめのFX口座
    • さまざまな食品がもらえる豪快なキャンペーンが毎月開催されている

ヒロセ通商のデメリット

    • スワップポイントが優れているとはいえない

    • スプレッドが開きやすいという評判がある

ヒロセ通商の口コミ・評判

40代 / 男性 / 会社員
FX歴:3-5年
取引通貨ペアが多いが、メインにはしていない
ここのLION FXは取引通貨ペアが非常に多く、50種類もの通貨ペアがラインナップされている。他社にはなかなかないような、クロスユーロやクロスポンドの通貨ペアも種類があるのが良い。そのため、その...
取引通貨ペアが多いが、メインにはしていない
ここのLION FXは取引通貨ペアが非常に多く、50種類もの通貨ペアがラインナップされている。他社にはなかなかないような、クロスユーロやクロスポンドの通貨ペアも種類があるのが良い。そのため、そのようなマイナーな通貨ペアを取引する際に、LION FXを使っている。ただ、往々にして、そういう通貨ペアはスプレッドが大きいので、取引しやすいかと言われると微妙な面もある。とはいえ、マイナーな通貨ペアの独特な値動きを狙う際には役立っている。ちなみに、ドル円やユーロ円のようなメジャーな通貨ペアはメインで使っている他のFX会社で取引している。
トルコリラ円やメキシコペソ円のスプレッドは小さめ
LION FXでは、トルコリラ円やメキシコペソ円を取り扱っていて、どちらもスプレッドが小さいのが良い。トルコリラ円に関しては原則固定1.9銭で、この通貨ペアを取り扱っている会社の中でもスプレッドが小さい方である。また、メキシコペソ円については、なんとスプレッドが0.4銭と、他社よりもずっと小さい。スワップポイントも10万通貨で120円と良い方なので、メキシコペソ円でスワップトレードをしたい人にとって、LION FXで取引するのは良いのではないかと思う。
スプレッドが広がりやすい
LION FXはたくさんの通貨ペアがラインナップされていて、さらにはスプレッドもスワップも良いものもあるが、難点はスプレッドが広がりやすいことである。確かにスプレッドに関しては、他社と比べると小さい通貨ペアも多いのだが、タイミングによっては結構広がる。そのため、この会社をメインにして取引することはできない。ここはスキャルピングOKの会社だが、取引回数の多い取引スタイルの場合は、ここはやめた方が良い。スワップトレードなど、長期保有の場合やどうしてもマイナーな通貨ペアを取引したい際に選択するFX会社であると、個人的には思う。
取引ツールの使いやすさは標準的
PCでも、スマートフォンでも取引できる、一般的な取引ツールだと思う。操作や画面の見やすさに関して不満を感じたことはない。ただ、取引ツールの種類が多すぎる。HP上にマニュアルを掲載しているが、種類が多すぎて、読む気を失う。そのため、全部のツールを使ったことはなく、LION FX C2とスマートフォン版のLIONチャートPlus+しか使ったことがない。この2つに関して言えば、見やすい画面だし、使いやすい。これといった大きな特徴はないが、不便を感じたことがないので、標準的なレベルの取引ツールだと思う。
30代 / 男性 / 会社員
FX歴:3-5年
取引ツールの操作性はピカイチ
食品キャンペーンのインパクトが強いヒロセ通商ですが、私が一番の特徴だと思うのは、取引ツールの操作性の良さです。私はいろんなFX会社を使ってきましたが、その中でも、いろんな発注機能を備えつつも(か...
取引ツールの操作性はピカイチ
食品キャンペーンのインパクトが強いヒロセ通商ですが、私が一番の特徴だと思うのは、取引ツールの操作性の良さです。私はいろんなFX会社を使ってきましたが、その中でも、いろんな発注機能を備えつつも(かつ、カスタマイズも可能)、高い操作性であるという意味で、ピカイチの取引ツールだと思っています。私はけっこう早めのスキャルパーなので、思い通りに素早く注文を出すことが大事になってきます。そのため、こういった操作性の部分は重視していますが、ヒロセ通商は満足できる取引ツールとなっています。
優秀なチャートツール
最初に発注ツールの話をしましたが、チャートツールについても高機能で優秀だと感じています。テクニカルも私が好きなスパンモデルが使えますし、描画ツールもサクサクとラインが引くことができます。その他、過去のトレード履歴をチャート上に表示することができて、これはトレードの復習の際に非常に便利です。色も細かいところまでカスタマイズして自分好みにできますし、お気に入りのチャートを作ることができるようになっています。チャートは見る時間が一番長いので、チャートツールが優秀なのは非常に大事だと思います。
便利なポジションロック機能
私が気に入っているヒロセ通商の取引ツールですが、けっこうおもしろい機能も搭載されていたりします。その1つがロック機能というもので、これは売り・買いの両方のトレードをしたい時に役に立ちます。例えば、下降トレンドにうまく売りで入れた時に、調整の上昇ををチョコチョコと買いで取りたい局面があります。そんな時に売りポジションにロックをかけると、買いのトレードをしても売りポジションが決済されないようになります。売りポジションを気にせずに、買いトレードができるわけです。こういったユニークな機能があるのも、私がヒロセ通商を気に入っている1つの理由です。
低スプレッドも経済指標には要注意!
ここまで取引ツールの機能面を中心に話してきましたが、トレードの基本条件の部分にも触れておきます。ヒロセ通商はスプレッドは各通貨ペア総じて、業界の中では狭い設定になっています。また、Tickも多くよくレートが動くので、スキャルピングはしやすい環境になっていると言えるでしょう。ただし、経済指標の時はけっこうスプレッドが開く印象です。とくに米雇用統計などのビッグイベントでは、ドカンと何十pipsも開くことがあります。慣れればなんてことはないのですが、このあたりはあらかじめ体感しておいたほうがいいかもしれません。

ヒロセ通商の口コミ・評判をもっと見る

ヒロセ通商

Medium 300 250201901
口コミ点数 Point star3 5 3.9
ランキング 8位
初回入金額 10,000円~
推しポイント 顧客満足度調査第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.30銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
1円 30円 50円

第9位:マネックス証券

マネックス証券のメリット

    • 自動発注機能「オートレール」がシンプルで使いやすく、初心者にもおすすめ
    • AIによるトレード診断で自分の取引を客観的に分析できる
    • テクニカル指標や描画ツールが豊富に用意された高機能の取引ツール「MonexTrader FX」が利用できる

マネックス証券のデメリット

    • 1万通貨未満で取引する場合は手数料がかかる

    • ドルストレートで取引できる通貨ペアは3種類のみ

マネックス証券の口コミ・評判

40代 / 女性 / 主婦
FX歴:5-10年
スプレッドの狭さが売りのFXサービス
マネックスFXは“全通貨ペアで業界最狭水準スプレッド宣言”を行っていて、スプレッドを狭くすることに力を入れているFXサービスです。例えば、ちょっと前まではドル円の業界最狭水準といえば0.3銭とい...
スプレッドの狭さが売りのFXサービス
マネックスFXは“全通貨ペアで業界最狭水準スプレッド宣言”を行っていて、スプレッドを狭くすることに力を入れているFXサービスです。例えば、ちょっと前まではドル円の業界最狭水準といえば0.3銭というイメージでしたが、ここをさらに下げて0.2銭(!)というスプレッド提示をしています。私はこれにびっくりして急いでマネックスFXを使い始めましたが、やっぱり0.2銭はインパクトありますよね。ちなみに、これはあくまで1万通貨以下のトレードの話なので、それを超えるトレードでは少しスプレッドが開くのでご注意ください。
使い勝手のいいチャートツールがお気に入り
マネックスFXのスプレッド以外の部分では、チャートツールが使いやすくて私はとても気に入りました。例えば、チャートに描画するラインが、うまい具合に高値・安値に吸着して引きやすかったり、テクニカルをバンバン入れて、入れたテクニカルをテンプレート保存するといったこともできます。また、複数のチャートを立ち上げた際には、連動機能を使ってまとめて時間足を変更することもできます(複数の通貨ペアを見ている時に便利です)。こんな感じで使い勝手が良くて、今では一番愛用のチャートツールになっています。
スワップポイントは高くない
私は比較的長めのトレードもするので、トレードにおいてはスワップポイントも発生してきます。ただし、この点についてはマネックスFXはあんまりよろしくないという印象で、かつ、スワップポイントのスプレッドも少なからずあります。そのため、スワップポイントで稼ぎたいというようなトレーダーについては、マネックスFXは向いていないと思います。私はあくまでも値幅を取っていくスタイルで、スワップポイントはついでだと考えていますが、そういうスタンスの人のほうが向いているFXサービスですね。
トレーダーとしての経験値が上がるレポート
私がマネックスFXでよく利用しているものとして、「森レポート」という投資情報サービスがあります。これは相場に関するレポートですが、プライベートトレーダーでもある森氏の目線が見られるのでとても有益です。デイリー、ウィークリー、FXテクニカルアウトルックという3種類がありますが、いずれもボリュームが多く内容が濃密で、読みごたえのあるものになっています。ここで得た情報を自分なりに消化しつつ、それをベースにして自分自身の戦略を立てるというかたちで使っていますが、私のトレーダーとしての経験値という面でもプラスになっていると思います。
40代 / 男性 / 自営業
FX歴:10年以上
FX PLUSよりもマネックスFXのほうがいい
マネックス証券は株式・先物・オプションなども扱っているネット証券会社で、むしろFXよりもそちらのイメージが強いと思います。私ももともと総合証券口座を持っていた延長で、「FX PLUS」というFX...
FX PLUSよりもマネックスFXのほうがいい
マネックス証券は株式・先物・オプションなども扱っているネット証券会社で、むしろFXよりもそちらのイメージが強いと思います。私ももともと総合証券口座を持っていた延長で、「FX PLUS」というFXサービスにも手を出してみたクチです。ただ、マネックス証券には「マネックスFX」という別物のFX専用口座もあって、実はスプレッド面でこちらのほうが有利な設定になっています。また、マネックスFXは取引手数料ゼロですが、FX PLUSのほうは取引手数料が発生することもあります(※)。使い勝手は両方とも似ているんですが、FXをやるうえではFX PLUSよりもマネックスFXのほうを個人的にはいいと思います。(※)FX PLUSで1万通貨未満のトレードを行う場合、1000通貨ごとに30円の取引手数料(値幅としては3銭相当)が発生します。
スプレッドが業界トップクラスの狭さ
マネックスFXで特筆すべきポイントは、1万通貨以内で取引する場合のスプレッドが、かなり狭くなっているというところです。例えばドル円は0.2銭、豪ドル円は0.5銭というかたちで、他社よりも一歩リードしたスプレッドになっています。“1万通貨以内”というところは注意が必要ですが、少額トレードをメインでやる人にとっては損益に直接プラスに働くポイントです。ちなみに、1.1万通貨~100万通貨のトレード場合は、ドル円は0.3銭、豪ドル円は0.6銭というかたちです。やや広がりますが、それでも十分に狭いスプレッドの水準と言えるレベルです。
チャート上でのトレードが可能
マネックスFXの高機能ツール「MonexFX SPEED」は、なかなかレベルが高い取引ツールになっています。個人的に気に入っているのは、チャート上から直接トレードができるという点です。具体的には、チャート上で自分がトレードしたいラインで右クリックすると、そのラインで指値や逆指値の新規注文を入れることができます。また、これらの注文ラインは、チャート上でドラッグすることで注文訂正もできます。こんなかたちになっているので、いちいちレートの値を調べなくても、感覚的にチャートの形で注文をすることが可能です。
高額キャンペーンが行われることも
私の場合、だいたい普通にやって1ヶ月で数億通貨ぐらいのトレードをします。このぐらいトレードする人だと、マネックスFXで今やっているキャンペーン(※)は、けっっこうありがたい内容になっています。具体的には、1億通貨以上で3万円分、5億通貨で15万円分のリンベルギフトポイントがもらえるというものです。私は、ちょっとがんばって5億通貨分のトレードして、15万円分のリンベルギフトポイントをゲットできました。このレベルの額のキャンペーンは多くないので、ちょっとお得感が強かったです。ちなみに、20億通貨をトレードすれば、なんと50万円分のリンベルギフトポイントがもらえます。(※)2018年6月、7月と実施されていて、今後も継続される可能性があるというかたちです。記事を読まれている時点において継続されているかは、各自公式サイトでチェックするようお願いします。

マネックス証券の口コミ・評判をもっと見る

マネックス証券\FXPLUS

Medium mxsec6 fxplus 300 250
口コミ点数 Point star3 5 3.6
ランキング 9位
初回入金額 無料
推しポイント AI診断でトレード力を向上!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.3銭原則固定(例外あり) 0.5銭原則固定(例外あり) 0.6銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
43円 -25円 $ -0.440

第10位:FXプライムbyGMO

FXプライムbyGMOのメリット

    • 約定率100%(※)でスリッページがないので、思い通りの注文ができる
    • 20種類以上のマーケット情報やオンラインセミナーなど取引に役に立つ情報が豊富
    • 取引タイミングを逃さないように、相場が大きく動いた際に通知してくれるスマホアプリがある

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月)

FXプライムbyGMOのデメリット

    • スワップポイントが優れているとはいえない

    • スプレッドが開きやすいという評判がある

FXプライムbyGMOの口コミ・評判

20代 / 男性 / 会社員
FX歴:1-3年
GMOインターネットグループのもう1つのFX会社
GMOインターネットグループのFX会社と言えば、GMOクリック証券が有名ですが、同社もGMOグループのFX会社です。元は伊藤忠グループのFX会社だったようですが、GMOグループが買収して、GMO...
GMOインターネットグループのもう1つのFX会社
GMOインターネットグループのFX会社と言えば、GMOクリック証券が有名ですが、同社もGMOグループのFX会社です。元は伊藤忠グループのFX会社だったようですが、GMOグループが買収して、GMOグループ入りした経緯があります。GMOクリック証券は業界ナンバーワンのFX会社として知られており、また持ち株会社が上場もしています。同社はGMOクリック証券程の知名度はありませんが、GMOグループの一角を形成しています。 中堅FX会社に該当する同社ですが、GMOという上場企業グループに属しており、安心して証拠金を預けて取引を行う事ができます。
1,000通貨から取引可能
GMOグループの代表格であるGMOクリック証券は国内最大手FX会社として知られており、幅広い層で利用されています。しかしながらGMOクリック証券の取引は10,000通貨からとなっています。一方で同社は1,000通貨から取引が可能です。 初心者には10,000通貨より、1,000通貨単位での取引がよりリスクが少ないと言えます。特に損切が連続すると、万単位の通貨で取引を行っていると、アッと言う間に資金を減少させてしまうことがあります。 1,000通貨単位の取引なら、資金量に応じた取引通貨数のコントロールをある程度行う事ができます。 同じGMOグループながら、1,000通貨単位で取引可能な同社は、GMOクリック証券よりも利用のハードルの低いFX会社と言えるのではないでしょうか。 私も当初はGMOクリック証券の利用をしていましたが、1,000通貨から取引可能な同社で専らFXトレードを行っています。
全体的にGMOクリック証券より初心者には使い勝手がよい
同じGMOグループに2社のFX会社が存在している中、GMOクリック証券は国内ナンバーワンFX会社として、圧倒的な存在感を持っています。 しかしながらサービス内容で見ると、より初心者向きのサービスを提供している会社は同社です。1,000通貨で取引可能、という点が代表例ですが、他にもデモ口座が開設可能、初心者向けセミナーの開催、ぱっと見テクニカルによるトレンド判定などがあり、初心者がスムーズにFX取引に取り組むことができる環境が用意されています。 GMOグループ=GMOクリック証券、という構図が浮かぶのが通常ですが、同社も同じGMOグループの会社です。初心者向けのサービスを多数同社は提供しており、初心者の段階であればGMOクリック証券だけでなく、同社の利用も試すことをお勧めします。
20代 / 女性 / 会社員
FX歴:1-3年
スプレッドは広めだが、安定して約定する
FXプライムの選べる外貨のスプレッドは、ドル円0.6銭なので、スプレッド最狭水準と宣伝している会社に比べるとスプレッドはやや広めだと思います。ですが、その代わり安定して約定します。大抵の場合、ス...
スプレッドは広めだが、安定して約定する
FXプライムの選べる外貨のスプレッドは、ドル円0.6銭なので、スプレッド最狭水準と宣伝している会社に比べるとスプレッドはやや広めだと思います。ですが、その代わり安定して約定します。大抵の場合、スプレッドが極端に狭いと約定する時に滑って不利なレートで約定したり、約定が安定していると評判が高くても、スプレッドがかなり広かったりします。その点、FXプライムはスプレッドと約定の安定度のバランスが良く、スプレッドがもっと狭い会社よりも安心して取引でき、実質的にはあまり変わらないスプレッドで約定しているのではないかと思います。
スワップはそれほど高くない
FXプライムは、選べる外貨もちょいトレFXも、スワップはそれほど高くないです。そのため、スワップを目的にしている人にはあまりメリットが感じられないかもしれません。先ほど書いたとおり、安定して約定し、スプレッドも最狭とまではいかないものの、決して広いわけではありません。しかし、スワップが目的の場合、長期取引が基本で取引回数も多くないので、スプレッドや約定力の高さはそれほど重要ではないと思います。そのため、スワップ目的で取引する場合は、FXプライムを敢えて選ぶ必要はないかもしれません。
選べる外貨は1万円未満の取引とロスカットに手数料がかかる
FXプライムの選べる外貨は1,000通貨単位での取引ができます。しかし、1万通貨未満の取引には片道3銭の取引手数料がかかります。せっかくスプレッドが抑えられていても、これでは少額での取引がしづらいのではないかと思います。初心者の人や、これまで取引したことのない通貨ペアを取引する人は、最初のうちは取引数量を抑え、慣れてきたら徐々に取引数量を上げていきたいと考える人が多いと思うのですが、片道3銭の手数料があると思うと、少額取引をしようとは思わないと思います。また、強制ロスカットにも手数料がかかるのも、いかがなものかと思います。
取引ツールは使いやすい
FXプライムの取引ツールは使いやすいと思います。基本的にはリッチクライアント版を使い、たまにスマホ版も使っていますが、どちらも動作は軽く、チャートも見やすいです。リッチクライアント版については、チャートからの発注機能があるので、取引したい時にすぐに発注できます。また、スマホ版はハイスピード注文があり、連続発注もできます。他社の取引ツールを使ったこともありますが、個人的にはFXプライムの取引ツールの方が使いやすいと思いました。

FXプライムbyGMOの口コミ・評判をもっと見る

FXプライムbyGMO\選べる外貨

Medium 300 250 loop
口コミ点数 Point star3 0 3
ランキング 10位
初回入金額 無料
推しポイント 強靭なサーバー!高い約定力!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.60銭原則固定(例外あり) 1.30銭原則固定(例外あり) 1.30銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
32円 -12円 35円

項目別に比較!おすすめFX会社6選

ここでは、比較して分かったおすすめのFX会社を項目別にご紹介します。

FX初心者におすすめ: GMOクリック証券

GMOクリック証券は、取引高7年連続世界1位(※)で、世界中で利用されているFX口座です。

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月)

高水準のスワップポイント、取引コストの安さなど、短期・中期・長期、どの取引スタイルでも利用しやすい点が、人気の理由のひとつです。

例えば、1日あたり受け取れるスワップポイントは、

  • トルコリラ/円:94円
  • 南アフリカランド/円:110円
    (※2019年1月7日時点)

で業界最高水準です。

GMOクリック証券のスワップポイントは、その他の通貨でも全体的に高く設定されているので、長期トレーダーにおすすめです。

また、スプレッドは最狭水準を誇っていて、主要通貨のスプレッドが全て原則固定になっています。

取引手数料も0円なので、取引回数が多い短期トレードの場合も、低コストで取引できます。

さらに、抜群に使いやすい高機能ツールが無料で利用できる、安心の24時間サポート付きなど、初心者から上級者まで幅広いトレーダーにおすすめできるFX口座です。

GMOクリック証券で口座開設すると、バイナリーオプションも取引できますよ!

GMOクリック証券

Medium 494020
口コミ点数 Point star4 0 4.3
ランキング 2位
初回入金額 無料
推しポイント 低コスト&高スワップ◎
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.30銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
36円 -15円 43円

操作性の良い取引ツールを使いたい人におすすめ:DMM FX

DMM FXは、口座数国内No.1(※)を誇っていて、初心者から上級者まですべてのトレーダーにおすすめのFX会社です。

※2017年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2017年1月口座数調査報告書)

取引ツールはシンプルな設計で、自分に合った仕様にカスタマイズ可能なので、ボタン操作に迷うことなくスムーズに取引できます。

また全部の操作をスマホで行えるため、スマホトレーダーにもおすすめです。

取引ツールは安定して高い評価を集めています。

DMM FXはデモトレードが可能なFX会社なので、操作性は簡単にチェックできます。

全通貨ペアのスプレッドが最狭水準に設定されていて、ドル/円の場合は「0.3銭原則固定」で取引できます。

取引コストを抑えたい方や、デイトレードで取引したい方にも使いやすいといえます。

ただし、DMM FXはスキャルピングの禁止が約款に明記されているので、スキャルピングをしたい方は、別のFX口座を検討しましょう。

他のトレーダーの動向が一目でわかる売買比率情報も見ることができるので、トレンドが掴みやすく、FX初心者にもおすすめです!

DMM FX

Medium 300 250
口コミ点数 Point star4 5 4.9
ランキング 1位
初回入金額 無料
推しポイント FX口座数 国内第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.30銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
20円 -7円 25円

少額から始めたい人におすすめ:外為どっとコム

これからFXを始められる方は、初期投資の金額がいくらになるのか、すでに取引を始めている方はランニングコストをどう抑えるのかは気にしたいポイントです。

外為どっとコムは、スプレッド、取引通貨単位、取引手数料の面からみて、数あるFX口座の中でも比較的安くFXを始められるので、当サイトでは少額投資ができるFX口座ランキング第1位です。

スプレッドは米ドル/円が0.3銭(原則固定 例外あり)、取引通貨単位は1,000通貨~、手数料はすべて無料(銀行口座からの出入金など)となっており、他の口座から比べて「ずば抜けて安い!」ということはありませんが、非常にコストのバランスが良い会社です。

口座開設によるキャッシュバックキャンペーンで10万円以上もらえる会社なので、FXをこれから始められる方には、とても魅力的な会社です!

外為どっとコム

Medium 99cc610d3bc7486acc314e0178bfad56
口コミ点数 Point star4 0 4.4
ランキング 4位
初回入金額 無料
推しポイント 業界トップクラスの情報量!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.30銭原則固定(例外あり) 0.5銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
72円 -15円 25円

様々な通貨ペアで取引したい人におすすめ:ヒロセ通商

FXを始めたら、自分にあったトレードスタイルを見つけるのがとても大事になってきますが、トレードスタイルによって取り扱う通貨も変わります。

例えば、スワップ益を狙うようなスタイルであれば、現在(2018年12月時点)話題になっているのは豪ドル/円の通貨ペアです。

そのため、自分がどんな取引をするかによって通貨ペアも変わるので、できるだけ、多くの通貨ペアを扱っている会社のほうが好ましいといえます。

ヒロセ通商は、取り扱い通貨ペア数が50種類で、業界最高水準です。

これはどれくらい多いかといえば、口座開設数1位の「DMM FX」が20種類、2位の「GMOクリック証券」が20種類ですので、倍以上あり、圧倒的なことがわかります。

メキシコペソ/円、南アフリカランド/円などの高金利通貨のスワップポイントも高いことから、ナビナビFXでは、取り扱い通貨ペアが豊富なFX口座ランキング第1位となっています!

ヒロセ通商

Medium 300 250201901
口コミ点数 Point star3 5 3.9
ランキング 8位
初回入金額 10,000円~
推しポイント 顧客満足度調査第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.30銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
1円 30円 50円

約定力が高いFX口座で取引したい人におすすめ:マネーパートナーズ

FXでは、注文を出しても取引が成立しない場合、注文した金額と違う金額で取引が成立してしまうことがあります。

これを「滑る」といい、滑りを防ぐためには、約定力が高い口座を選ぶ必要があります。

マネーパートナーズは、矢野経済研究所が実施している「主要FX会社における、FXサービスのスリッページ発生率・約定率等の調査」において、2018年12月に行われた調査まで10年間連続でNo.1の結果となっています。

2018年12月の調査の際には、スリッページ発生率は0%で、調査対象となった7社中でマネーパートナーズのみでした。

引用:マネパは10年連続「約定力No.1」 | FX・証券取引のマネーパートナーズ -外為を誠実に-

上記の結果からも、約定力が高い会社として、マネーパートナーズをおすすめします。

スリッページや約定拒否による損失を防ぐことができるので、安心して取引できるといえます!

マネーパートナーズ

Medium mnp
口コミ点数 Point star3 0 3.1
ランキング 7位
初回入金額 4,000円
推しポイント 10年連続 約定力第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.30銭コアタイム原則固定(例外あり) 0.40銭コアタイム原則固定(例外あり) 0.60銭コアタイム原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
12円 -39円 非公開

自動売買を使いたい人におすすめ:外為オンライン

autotrade

FXには、あらかじめ設定されたロジックにしたがって取引を行う、自動売買というものがあります。

自動売買では相場を見ていなくても、自動で新規発注・決済をくり返してくれるので生活面での負担が少なく、興味を持つ人も少なくありません。

しかし、自動売買はきちんと理解するのが難しく、初心者がいきなり始めるのにはハードルが高いといえます。

外為オンラインが展開する「iサイクル」という自動注文システムでは、初心者にも理解できるようなシステムになっていて、自動売買を始めて活用する人におすすめです。

単純なロジックで新規発注・決済の注文をリピートさせるもので、自動売買へのとっかかりには適しています。

自動売買に興味のある人は、まずは外為オンラインでスタートしてはいかがでしょうか?

外為オンライン

Medium imagesender
口コミ点数 Point star4 5 4.5
ランキング 3位
初回入金額 5,000円
推しポイント 自動売買ツールがおすすめ
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
1.00銭原則固定(例外あり) 2.00銭原則固定(例外あり) 3.00銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
15円 -20円 10円

FX会社を比較する9つのポイント&比較表

FX会社を選ぶときは、以下の9つのポイントで比較するのがおすすめです。

  • 取引コストが低い(スプレッドが狭い)
  • スワップポイントが高い
  • FX情報量が多い
  • 取引ツールの性能が良い
  • スマホアプリが使いやすい
  • 約定力が強い
  • 自動売買が優れている
  • 取り扱い通貨ペアが多い
  • キャンペーンが充実している

FX会社はそれぞれにメリット・デメリットがあるため、自分に合っているものがどれか分からず迷いがちです。

ここからは、9つの比較ポイントで見るべきことと、FX会社の比較表をご紹介します。

ぜひ参考にしてください。

取引コストが低い(スプレッドが狭い)

短期取引で利益を上げたい方は、スプレッドが狭く、取引コストを抑えられるFX会社がおすすめです。

デイトレードやスキャルピングといった短期取引では、頻繁に売買を繰り返すことで利益を上げていくので、取引コストが高くなるとその分利益を上げにくくなります。

1回のトレードで狙う値幅は、デイトレードで5銭~1円程度、スキャルピングで5銭程度までなので、スプレッドが広いFX口座で取引すると、損失が出やすくなるので注意しましょう。

なお、ポジショントレードやスイングトレードといった中・長期取引では、1回あたりの利益が大きく、取引回数も数週間~数年に1回程度なので、取引コストはそこまで気にする必要がないといえます。

おすすめFX会社のスプレッド比較表

会社名 米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 NZ/円
SBI FXトレード 0.20銭
(0.27)
0.30銭
(0.49)
0.70銭
(0.99)
0.40銭
(0.69)
0.90銭
(1.19)
DMM FX 0.3銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭 1.2銭
GMOクリック証券 0.3銭
(原則固定)
0.5銭
(原則固定)
1.0銭
(原則固定)
0.7銭
(原則固定)
1.2銭
(原則固定)
外為どっとコム 0.3銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭 1.2銭
YJFX! 0.3銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭 1.2銭

(※1)1万通貨以下の取引のスプレッドを記載し、カッコ内には1万1通貨~100万通貨(ユーロ/米ドルは1万1通貨~50万通貨)の取引のスプレッドを記載しています。それよりも大きい数量の取引では、スプレッドは記載している値よりも大きくなります。

各社を比較すると、通貨ペアによってお得に取引できるFX口座が異なるのが分かります。

「米ドル/円」「ユーロ/円」「豪ドル/円」といった通貨ペアで取引したい方は、SBI FXトレードがおすすめです。

スワップポイントが高い

中・長期取引で利益を上げたい方は、スワップポイントが高いFX口座を選ぶようにしましょう。

スワップポイントとは2つの通貨の金利差のことで、通貨ペアを保有している間は、毎日スワップポイントを受け取ることができます。

ただし、スワップポイントがマイナスになる通貨ペアを保有している場合は、スワップポイントを毎日支払うことになるので注意が必要です。

おすすめFX会社のスワップポイント比較表

会社名 買or売
スワップ
米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 NZ/円 ランド/円
GMOクリック証券 買い 67円 -12円 31円 31円 30円 110円
売り -70円 11円 -34円 -32円 -33円 -110円
外為オンライン 買い 60円 -26円 10円 20円 15円 50円
売り -90円 0円 -35円 -50円 -45円 -300円
YJFX! 買い 74円 -10円 27円 35円 30円 120円
売り -84円 0円 -37円 -45円 -40円 -220円
外為どっとコム 買い 68円 -15円 32円 35円 27円 120円
売り -98円 0円 -47円 -50円 -42円 -270円
ヒロセ通商 買い 40円 -30円 11円 50円 34円 150円
売り -140円 -20円 -91円 -105円 -89円 -650円

※2018年12月6日現在

通貨ペアによってスワップポイントが最も高いFX口座は異なるので、自分が取引したい通貨ペアで各口座を比較しましょう。

複数の通貨ペアで取引したい方は、平均的にスワップポイントが高く設定されていている「GMOクリック証券」がおすすめです。

FX情報量が多い

配信されるニュースや提供しているマーケット情報の量はFX会社によって異なるので、できるだけ情報量の多いところを選ぶのがおすすめです。

FXでは、チャートの動きを見るだけでなく、経済指標や金融政策などから今後の動向を予測することが重要で、市場に影響を与える情報をいかにキャッチできるかが勝敗を左右します。

FX会社では、以下のような情報を提供しているところが多いです。

  • ニュース配信会社のニュース
  • 初心者向けコンテンツ
  • アナリストによるレポート
  • セミナー

情報の量はもちろんですが、早さや質なども比較しながら、自分に合ったFX会社を見つけましょう。

おすすめFX会社の為替ニュース比較表

会社名 FXi24 Market Win24 フィスコ ロイター ダウ・ジョーンズ 独自
外為どっとコム × × ×
外為オンライン × ×
GMOクリック証券 × × ×
マネーパートナーズ × ×
SBI FXトレード × × ×

※2019年2月13日現在

ニュース配信会社との提携数は「外為オンライン」「マネーパートナーズ」が最も多いですが、情報量の観点からおすすめなのは「外為どっとコム」です。

「外為どっとコム」は、外為どっとコム総研という外国為替専門のシンクタンクを設立していて、独自情報の量や質は業界でトップクラスだといえます。

取引ツールの性能が良い

FXでは、取引ツールを使って売買を行っていくので、取引ツールの性能が良い方が有利だといえます。

取引ツールが使いづらいと、売買チャンスを逃してしまうことがあるので注意してください。

例えば、

  • 注文ボタンがわからない
  • 自分好みにカスタマイズできない
  • 設定がわかりづらい
  • 画面がカクカクする

といったことでストレスを感じるようであれば、別のFX会社のツールを試してみることをおすすめします。

FX会社によって、提供している取引ツールの種類や便利機能なども異なるので、自分に合ったものを見つけましょう。

おすすめFX会社の取引ツール比較表

注文方法の徹底比較一覧
会社名 注文方法の種類
DMM FX 成行,指値,逆指値,IFD,OCO,IFO,ストリーミング,時間指定成行,トレール,決済同時発注
YJFX! 成行,指値,逆指値,IFD,OCO,IFO,トレール,リピート,決済同時発注
GMOクリック証券 成行,指値,逆指値,IFD,OCO,IFO,決済同時発注
ヒロセ通商 成行,指値,逆指値,IFD,OCO,IFO,ストリーミング,時間指定成行,トレール,決済同時発注
FXブロードネット 成行,指値,逆指値,IFD,OCO,IFO,トレール,リピート
チャートの徹底比較一覧
会社名 同時表示数 テクニカル指標 テクニカル指標の詳細
DMM FX 6 20 単純移動平均線,指数平滑移動平均線,加重移動平均線,一目均衡表,ボリンジャーバンド,ピボットポイント,エンベロープ,パラボリックSAR,スパンモデル,スーパーボリンジャー,MACD,RSI,RCI,スローストキャスティクス,ヒストリカル・ボラティリティ,移動平均乖離率,モメンタム,ATR,DMI,ADX
YJFX! 6 31 移動平均線,二重指数移動平均,指数移動平均,一目均衡表,ボリンジャーバンド,パラボリック,エンベローブ,線形回帰,単純移動平均,標準偏差チャンネル,時系列予測,三角移動平均,加重移動平均,ジグザグ・ドル,ジグザグ・パーセント,ピボットポイント,スーパートレンド,アキュムレイション・スイング・インデックス,アベレージ・トゥルー・レンジ(ATR),オーサム・オシレーター,モメンタム,デトレンディッド・プライス・オシレーター,リニアー・リグレッション・スロープ,プライス・レート・オブ・チェンジ,プライス・オシレーター,RSI,ストキャスティクス,MACD,ウィリアムズ%R,アルティメットオシレーター
GMOクリック証券 6 8 単純移動平均線,指数平滑移動平均線,ボリンジャーバンド,一目均衡表転換線,MACD,RSI,RCI,ストキャスティクス
ヒロセ通商 6 21 単純移動平均線,指数平滑移動平均線,ー目均衡表,ボリジャーバンド,パラボリック,エンベロープ,GMMA,スバンモデル,スーパーボリンジャー,HLバンド,ストキャスティクス, 乖離率,サイコロジカルライン,DMI,RCI,ROC,MACD,ウィリアム%R,アルティメットオシレーター,RVI
FXブロードネット 30 26 単純移動平均線、指数平滑移動平均線、加重移動平均線、GMMA、一目均衡表、ケルトナーチャネル、新値足、ボリンジャーバンド、DMI、MACD、RCI、移動平均・EMA・WMA乖離率、アルティメットオシレーター、ウィリアムズ%R・A/D、サイコロジカルライン、篠原レシオ、シャンデモメンタムオシレーター、ストキャスティクス、ピボット、ROC、RSI、平滑型RSI、VLDMI、サポート&レジスタンス

テクニカル指標の数は、YJFX!が圧倒的に多いです。

複数の画面を開いて取引したい方には、同時表示数が多い「FXブロードネット」もおすすめです。

スマホアプリが使いやすい

スマホでFXをしたいトレーダーは、スマホアプリの使いやすさを重視して比較しましょう。

前項でもお伝えしたように、取引ツールの使い勝手は、勝敗を左右します。

スマホアプリを比較する際は、

  • 使いやすさ
  • チャート機能
  • 立ち上がりの早さ
  • プッシュ通知

以上の4つのポイントを確認するのがおすすめです。

現在FX会社から提供されているスマホアプリは、PCと同等の環境で取引ができるものもあります。

ピンチやチャンスへの対応が早くなることで取引を有利にできますので、上手に活用しましょう。

おすすめFX会社の取引ツール比較表

会社名 足種 チャート種類 主な機能 特徴 デメリット
DMM FX 11 12 経済指標アラート、売買比率 画面分割ができ、4画面表示で見やすい。
デザインがかっこいい。
デザインがシンプルなため情報量が少ない。
GMOクリック証券 12 10 スピード注文機能、経済指標、プライスアラート スピード注文機能でチャートをみながら1クリックで注文できる。 テクニカルチャートや情報量がやや少ない。
YJFX! 11 12 プッシュ通知、レポート閲覧 スマホでもトレンドラインが描きやすい。 画面分割ができない。
ヒロセ通商 13 13 アナリストからの情報l配信、プッシュ通知 詳細な設定が可能で、自分好みにカスタマイズできる。 設定に時間がかかり、やや面倒くさい。
SBI FXトレード 122 22 自動トレンドライン機能、売買フラグ 使えるテクニカルチャートが多い。
チャートの2画面、4画面表示が可能。
機能が多いため、操作に慣れるのに時間がかかる。

GMOクリック証券は、シンプルなデザイン、かつ、なめらかな動きをしてくれるので、スマホトレーダーにおすすめです。

スマホアプリの開発に意欲的な企業なので、今後さらに良い取引ツールに進化することが期待できるといえます。

約定力が高い

FXで取引する際、注文ボタンを押したときの値と実際に決済された値が異なることで、利益を得るチャンスを逃すことがあります。

これをスリッページといい、約定力が高いFX会社を選ぶことで、スリッページによる機会損失を回避することができます。

約定力が低いFX会社を選ぶと、スキャルピングのような短時間で取引を繰り返すスピード勝負の取引スタイルの場合、思い通りの注文ができずストレスになるでしょう。

相場が急変した時は、他のトレーダーは特にスリッページが起きやすくなりますので、約定力の高さ重要です。

おすすめFX会社の約定力比較表

マネーパートナーズ 約定率100%・スリッページ発生率0%・約定拒否発生数0件
※2018年株式会社矢野経済研究所調べ
ヒロセ通商 約定率99.9%
※2018年株式会社矢野経済研究所調べ
マネックス証券
(FX PLUS)
約定率100%
※2019年3月株式会社矢野経済研究所調べ
FXプライムbyGMO 約定率100%・スリッページ発生率0%
※2019年3月株式会社矢野経済研究所調べ

上記の4社は、主要なFX会社の中でも、特に約定力が高いといわれているFX会社です。

ヒロセ通商は、他の3社と比べると若干約定力が低くなっていますが、安定した取引ができるといえるでしょう。

自動売買が優れている

自動売買システムは、FXの会社ごとに色濃く特徴が出るポイントで、

  • システムトレード
  • トレンド系自動発注システム
  • トラッキングトレード

など、種類は多岐にわたります。

自動売買に頼りすぎることは、自分のFXトレード力を弱めることにつながるのでおすすめはしませんが、自分のトレード戦略を確立したのちに補助として使いのは非常におすすめです。

自分に合った自動売買システムを提供するFX会社を選んでしっかりと利益を上げていきましょう。

おすすめFX会社の自動売買システム比較表

会社名 FX自動売買名 種類 特徴 取り扱い
通貨ペア
インヴァスト
証券
シストレ24 ミラートレーダー系 ・6000以上のストラテジーから好調なものを探して自動的に入れ替え
・他人の設定をシェア可能
・資金・通貨・ステータスなどがカスタマイズ可能
27
セントラル
短資
セントラル
ミラートレーダー
ミラートレーダー系
        ・厳正な審査をクリアした数百種類以上のストラテジーから選択可能
22
外為オンライン iサイクル2取引 リピート注文型
    ・レンジが予想と外れた場合でも相場に追従しながら取引を継続
24
マネー
パートナーズ
HyperSpeed
Next
ストラテジー
自己設定型
・23種類のテクニカルから売買ルールを作成可能
・オリジナルのストラテジーも構築可能 
20
FXブロード
ネット
トラッキング
トレード
リピート注文型
    ・注文ルールは規定の設定を利用することも可能
24

上記5つは、FX初心者にもおすすめの自動売買システムですので、ぜひ試してみてください。

取り扱い通貨ペアが多い

扱っている通貨ペアはFX会社によって異なるので、様々な通貨ペアで取引を試してみたい方は、取り扱い通貨ペアの種類が多いFX会社を選ぶのがよいでしょう。

また、口座開設前に、自分が取引したい通貨ペアの取り扱いがあるかも確認することをおすすめします。

マイナー通貨ペアでスワップポイントを目的にトレードしたいといったときに、自分が口座を開設したFX会社では取り扱いがなかったということがごくまれに存在します。

スキャルピングやデイトレードなどの短期トレードならば、基本的に主要通貨を扱うことが多いので、あまり注目しないといけないこともありませんが、スワップポイント狙いで高金利通貨であるスワップポイントが高いトルコリラ、南アフリカランド、スイスフランなどをトレードする際はきちんと見ておきましょう。

おすすめFX会社の通貨ペア数比較表

FX会社 取り扱い通貨ペア数
ヒロセ通商 50ペア
SBIFXトレード 34ペア
外為オンライン 25ペア
YJFX! 22ペア
外為どっとコム 20ペア
DMM.com証券 20ペア
GMOクリック証券 19ペア
マネックス証券 16ペア

(※2019年5月度時点)

比較すると、「ヒロセ通商」が最も通貨ペアの種類が多くなっています。

通貨ペア数の違いは、取引量が少ないマイナー通貨の取り扱いがあるかどうかで、取引量が多い主要な通貨ペアは基本的にはどのFX会社も扱っているようです。

キャンペーンが充実している

FX会社が行っているキャンペーンを利用してお得に取引したい方は、キャンペーンの充実度でも比較できます。

最も多いのは口座開設時に受け取れるキャッシュバックですが、開設後も取引量に応じてプレゼントやキャッシュバックを受け取れるFX会社があります。

なかには、対象者の条件が高いものもあるので、高額キャッシュバックや豪華なプレゼントに惑わされず、キャンペーンの内容や対象者、期間なども確認してください。

FXで利益を上げたい人は、自分に合ったFX会社で口座を開設することが最優先ですので、キャンペーンは、あくまでおまけとして考えるようにしましょう。

おすすめFX会社の口座開設キャンペーン比較表

会社名 キャッシュバック
金額
キャッシュバック条件 期限
DMM FX 100,000円 (1)新規口座開設
(2)2019年7月31日までに新規取引を200Lot以上
上記の条件を満たした人の中から抽選で1,000人にキャッシュバック
2019年7月31日
外為どっとコム 1,000円分 (1)外為ネクストネオで新規口座開設
(2)マイナンバー登録
(3) 合計1万円以上の入金
2,500円

100,000円
口座開設月から翌々月末までに1,000Lot以上の新規注文
ヒロセ通商 5,000円

50,000円
(1)LION FXで新規口座開設
(2)1万円以上の入金
(3)LION FXでポンド円を片道15万通貨以上取引
(4)キャンペーン専用申込フォームより申込み
(5)2019年8月末の有効証拠金額を確認
上記の条件を満たした人は、取引数量に応じて最大1,050,000円キャッシュバック
2019年7月31日
マネーパートナーズ 1,000円

100,000円
(1)マネーパートナーズで口座開設
(2)新規取引を50万通貨以上
2019年7月31日
FXブロードネット 2,000円 (1) FXブロードネットで口座開設
(2) 口座開設完了月を含む2カ月目末までに20万円以上入金
(3)2カ月目末時点において口座残高が20万円以上
10,000円 口座開設完了月を含む4カ月目末日以内に新規取引を200万通貨以上
5,000円 (1)口座開設完了月を含む4カ月目末日以内にトラッキングトレード
(2)新規注文約定50万通貨以上の対象者判定時に口座残高が20万円以上

※2019年7月8日時点

「DMM FX」では、10周年記念として、お得なキャッシュバックキャンペーンが実施されています。(2019年7月時点)

上記の比較表からもわかるように、FX会社によって条件が異なるので、公式サイトで詳細を確認することをおすすめします。

FX口座・取引に関するよくある質問

?を両手に持つ女性

FX口座・取引に関するよくある質問をまとめてご紹介します。

FXの口座開設に必要な書類は?

FXの口座開設に必要な書類は、マイナンバーの「個人番号カード(顔写真付き)」のみです。

ない場合は、次の2点の書類を用意すれば大丈夫です。

  • マイナンバーが確認できる書類(通知カード、住民票など)
  • 顔写真付きの本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)

FXの口座開設方法は、以下の記事で詳しく解説しています。

FXでおすすめの勉強法は?

FXでおすすめの勉強法は、次の4つです。

  • 本で勉強する
  • サイトで勉強する
  • セミナーに参加する
  • デモトレードを利用する

FXの勝率を上げるためには、上記のような勉強法で、FXの仕組みややり方、チャートの見方や分析力を向上させましょう。

おすすめの勉強方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

FX初心者におすすめの通貨ペアは?

FX初心者におすすめの通貨ペアは「米ドル/円」です。

  • 取引量が多い
  • 値動きが緩やか
  • 情報が入ってきやすい

など、FXを始めたばかりでも比較的扱いやすい通貨ペアです。

FX初心者におすすめの通貨ペアについては、以下の記事で詳しく解説しています。

FXで利益が出ると税金を支払わないといけないの?

年間の給与所得が2,000万円以下の会社員は、利益が20万円を超える場合に税金を支払う必要があります。

主婦やフリーター、個人事業主などで、税金を支払う必要が条件が異なるので、以下のフローチャートでご確認ください。

確定申告が必要かどうかを確認するフローチャート

また、FXにかかる税金の計算方法は以下の通りです。

(FXの収入-経費)× 20.315%

FXで支払う税金についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしていただければ幸いです。

デイトレードはFX初心者におすすめなの?

1日のうちに売買を終わらせることができるデイトレードは、FX初心者におすすめのトレードスタイルです。

1回に狙う利幅は30pips~80pips程度、損切りは20pips~70pips程度なので、長期取引と比較すると、大きなリスクを抱える可能性が低いといえます。

デイトレードの詳細は、以下の記事を参考にしてください。

まとめ

この記事では、自分に合ったFX会社を探している人に向けて、いろいろなFX会社を紹介してきました。

最後におさらいということで、この記事の内容を確認しましょう。

  1. 自分に合ったベストなFX会社は異なる
  2. FX会社を比較するときのチェックポイントは9つ
  • 取引コストが低い(スプレッドが狭い)
  • スワップポイントが高い
  • FX情報量が多い
  • 取引ツールの性能が良い
  • スマホアプリが使いやすい
  • 約定力が強い
  • 自動売買が優れている
  • 取り扱い通貨ペアが多い
  • キャンペーンが充実している

以上のことを踏まえながらFX会社を選べば、自分に合ったFX会社に出会えるようになります。

それによって、FXの腕もスムーズに上げることができ、利益を継続的にあげられるようになるまで順調にステップアップしていけるでしょう。

ベストなFX会社を見つけて、素敵なFXライフを送っていただければ幸いです!

FX口座ランキング根拠(2019年7月更新)

人気FX口座ランキングは、各FX会社の口座数を基に作成しています

順位 FX会社名 口座数
1 DMM.com証券 726,412
2 GMOクリック証券 618,611
3 外為オンライン 547,325
4 外為どっとコム 494,050
5 ワイジェイFX 357,871
6 トレイダーズ証券 354,505
7 マネーパートナーズ 333,795
8 ヒロセ通商 254,774
9 マネックス証券 251,866
10 FXプライムbyGMO 195,620
11 セントラル短資FX 181,159
12 上田ハーロー 52,861

出典:(株)矢野経済研究所「有力FX企業17社の月間データランキング-2019年6月-」(2019年7月25日発表)
※出典:開示情報|FX|外為オンライン FX取引 - あなたの為の、外為を。
※外為オンラインはコーポレートサイトの開示情報

※企業グループを除く、企業単体のランキング

FX人気ランキングTOP5(国内口座開設数)

DMMFXは2019年1月末時点でFX口座数国内第1位で2万円のキャッシュバックキャンペーン中
第1位
DMM FX
チャート機能が優れている上級者でも満足な会社

公式HPへ

GMOクリック証券7年連続FX取引高世界第1位
第2位
GMOクリック証券
全般的に買いスワップが高い総合力がある会社

公式HPへ

第3位
外為オンライン
1,000通貨から取引可能なサポートが手厚い会社

公式HPへ

外為どっとコムのキャンペーン内容
第4位
外為どっとコム
スプレッドなどのコスト面でバランスが良い会社

公式HPへ

第5位
YJFX!
MT4でチャート分析ができるFX会社

公式HPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。