おすすめFX会社比較ランキング!初心者向けの人気口座は?【2020】

  • 更新日: 2021/09/27

FX会社で一番おすすめってどこなの?

初心者にも使いやすい人気のFX口座を知りたいわ。

ナビナビFXが厳選比較した、FX口座のおすすめランキングは以下の通りです。

FX人気ランキングTOP5(国内口座開設数)

DMMFX
第1位
DMM FX
チャート機能が優れている上級者でも満足な会社

公式HPへ

GMOクリック証券
第2位
GMOクリック証券
全般的に買いスワップが高い総合力がある会社

公式HPへ

外為オンラインのキャッシュバック
第3位
外為オンライン
1,000通貨から取引可能なサポートが手厚い会社

公式HPへ

第4位
外為どっとコム
スプレッドなどのコスト面でバランスが良い会社

公式HPへ

第5位
トレイダーズ証券
初心者~中上級者向けサービスがあるFX会社

公式HPへ

FX口座は、会社によって特徴が異なり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

そのため、なんとなくでFX口座を選んでしまうと、

  • スプレッドが広くて、なかなか利益が上がらない
  • スマホでFXをしたいのに、アプリが使いづらくてスムーズに注文できない
  • お得に口座開設したはずが、クリア条件が難しくてキャッシュバックを受け取れなかった 

以上のような失敗に繋がる可能性があるので、各社のポイントを理解した上で、自分に合ったFX口座を選びましょう。

今回は、ナビナビFXが厳選比較したおすすめのFX口座ランキングや、項目別のおすすめFX口座を紹介します。

比較するときのポイントもお伝えしているので、ぜひ参考にしてください。

この記事の目次

FXおすすめ比較ランキングTOP10 【2020年1月最新】

第1位:DMM FX

DMM FXのメリット

  • カスタマイズ性に優れた高スペックな取引ツールでスムーズにFXができる
  • 全通貨ペアのスプレッドは最狭水準でコストを抑えて取引できる

DMM FXのデメリット

  • スキャルピングが推奨されていないので、やりすぎると口座凍結されてしまう可能性がある
  • 1万通貨以上の取引にしか対応していない

DMM FXの口コミ・評判

40代 / 男性 / 公務員
FX歴:5-10年
勢いのあるインターネット企業のFXサービス
インターネット企業としていろいろな新しいサービスに挑戦しつづけている企業としてDMM.comは有名ですが、そのDMM系列のFXサービスがDMMFXです。勢いに乗っている企業ということなので、安心...
勢いのあるインターネット企業のFXサービス
インターネット企業としていろいろな新しいサービスに挑戦しつづけている企業としてDMM.comは有名ですが、そのDMM系列のFXサービスがDMMFXです。勢いに乗っている企業ということなので、安心感を持ってお金を預けられると思っています。また、口座数も国内でNo.1(DMM.com証券全体)ということで、やはり信頼性は高いと感じられますね。こういったことをふまえて、今ではメイン口座として使わせてもらうようになっています。
ポジショントレードではスワップが大事
私は主にポジショントレードで、月単位の大きなトレンドに乗ること狙ってトレードしています。スワップポイント狙いのトレードではありませんが、あまり大きなマイナススワップだと苦しいので、そういう意味でスワップポイントは無視できません。この点、DMMFXのスワップはノースプレッドで、フェアなスワップポイントを提示してくれています。スワップスプレッドで不利にならないというのは、ポジショントレーダーにとっては非常にありがたいポイントですね。
「プレミアチャート」はシンプルだけど高機能
私のFXトレードの具体的なやり方は、「プレミアチャート」で大きな分析は行って、その後のレートチェックはスマホアプリを使うというかたちです。あまり細かい値動きは気にしないようにしていて、週足・日足といったところを中心にチャートを見ているという感じです。チャート分析で使うプレミアチャートはシンプルでわかりやすいツールですが、同時に深い分析ができる高機能なツールでもあります。十分なチャート分析がこれでできるので、他に特別なツールを使う必要はないと考えています。
速報ニュースのチェックで使うことも
FX関連のニュースチェックでは、実はそこまでDMMFXのサービスは利用していません。私の場合は、いろいろなアナリストのレポートと自分で行うチャート分析の結果を総合的に考えたうえで、トレードの大きな戦略を立てていくというかたちです。ただ、DMMFXではいろいろなアナリストの声をチェックできないので、これについては自前で情報を入手するようにしています。DMMFXではこういった部分は割り切ってカットして、他に力を入れているタイプのFX会社のような気がします。
30代 / 女性 / 会社員
FX歴:3-5年
FX口座数国内第1位の安心感 
DMMFXはCMでもよく見かけますが、ここのところ勢いのあるFX会社だと思っています。口座数は2018年1月時点で第1位(DMM.com証券合計)ということで、それだけ人気があるということは信頼...
FX口座数国内第1位の安心感 
DMMFXはCMでもよく見かけますが、ここのところ勢いのあるFX会社だと思っています。口座数は2018年1月時点で第1位(DMM.com証券合計)ということで、それだけ人気があるということは信頼感も高いですよね。FX会社にはお金を預けることになるわけなので、信頼感の高さはやはり重要だと考えています。こういったものに関してはメジャーどころを使うほうが、結局はスケールメリットとかもあって得だと思うので、そういう意味でもおすすめのFX会社です。
オールインワンの取引ツールがお気に入り
DMMFXの取引ツールは用途や熟練度に応じて複数用意されていますが、私は機能面の豊富さを重視して「DMMFX PLUS」というものをメインで使っています。このツールだけで、発注はもちろん、チャートの分析、経済指標のチェック、為替ニュースのチェックなど、FXで必要なことはひと通り行えるようになっています。しかも特筆すべきが、これだけの機能なのにインストールなしで使えるんですよね。手軽なうえに高機能なので、私は非常に気に入っています。
コンパクトでまとまった発注機能
DMMFX PLUSの中にある発注ボードはコンパクトなサイズでまとまっていて、機動的に注文することが可能です。とくにうれしいのが、現在のポジションのラインと、損切り・利食いの注文ラインがチャート上で見られることで、これによって視覚的に戦略が立てることができるようになります。私は基本的にデイトレードをやっていてチャート重視派なので、これはかなりありがたい機能でした。ちなみに、注文ラインをドラッグすることで、チャート上から注文変更できたりもしますよ!
情報収集は他サービスの併用が吉
DMMFXの弱点を挙げるとすれば、マーケット情報の収集の面かなと思っています。DMMFX PLUSのマーケット情報の機能を使えば、ニュースのチェックや、経済指標のスケジュール、結果の確認といったことはできます。ただ、それ以上でもそれ以下でもないという感じで、トレードの参考になるプラスアルファの情報を得ることはできません。この点について私の場合は、DMMFX以外のサービスも併用しながら補うようにしています。

DMM FXの口コミ・評判をもっと見る

DMM FX

Medium rola250 200
口コミ点数 Point star4 5 4.9
総合ランキング 1位
初回入金額 無料
推しポイント 最短1時間で取引開始が可能!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
20円 -7円 25円

第2位:GMOクリック証券

GMOクリック証券のメリット

  • 取引高世界第1位!(※)
  • 買いスワップが全通貨平均して高く、スワップ運用で利益を上げたい方にもおすすめ
  • 業界最狭水準のスプレッド+取引手数料0円でコストを抑えて取引できる

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月~2020年12月) 

GMOクリック証券のデメリット

  • 1万通貨以上からしか取引できない

  • FXに関する情報コンテンツの提供が少ない

GMOクリック証券の口コミ・評判

30代 / 男性 / 会社員
FX歴:10年以上
大手ネット証券会社のFXサービス
GMOクリック証券はネット証券会社としても大手で、FXだけでなく投資全般に強い会社です。そのFXサービスであるFXネオですが、こちらも相当なシェアを握っていて、FX取引高がなんと6年連続で世界一...
大手ネット証券会社のFXサービス
GMOクリック証券はネット証券会社としても大手で、FXだけでなく投資全般に強い会社です。そのFXサービスであるFXネオですが、こちらも相当なシェアを握っていて、FX取引高がなんと6年連続で世界一ということになっています。このあたりを踏まえると、数あるFX会社の中でもトップクラスのFX会社だと言ってもいいんじゃないでしょうか。もし「FX会社いろいろあるけど、どこで口座開いたらいいですか?」と聞かれたら、私は「とりあえずはクリックでいいんじゃない」という感じで答えると思います。
株式を担保にFXトレードはできない
せっかくのネット証券会社で株式も取り扱っているんですが、ちょっとだけ残念な部分もあります。それが、保有する株式を代用有価証券としてFX証拠金に繰り入れることができない点です。これができると、例えばFX用に資金を用意しなくても、株式をFX証拠金として使えばFXでトレードができたりもして、資金効率を向上させることができます。他社ではこういったサービスをやっているところも少なくないんですが、GMOクリック証券では対応していないようです。確かにリスクが高くなるところもありますが、個人的には対応してほしいところですね。
必要十分ですっきりしたWebページ
FXネオの公式サイトは非常にシンプルで、余計な情報が入ってないという印象を持っています。他のFX会社では、例えばFX初心者向けのコンテンツがあったりとか、相場解説や相場予想のコンテンツがあったりします。そういったものを排除して、必要十分の情報だけを置いているという感じですね。余計なところにコストをかけていないわけなので、私的には好感を持てる部分です。ただ、初心者の人なんかだと、そういうコンテンツが役に立つ人もいるかもしれません。なので、初心者というよりは、比較的経験者のほうを向いているFX会社なのかもしれません。
FXネオとくりっく365を併用しやすい
GMOクリック証券では、店頭FXのFXネオ以外に、取引所FXのくりっく365のトレードも行えるようになっています。私はポジショントレード中心にやっていますが、スワップポイント的にFXネオのほうが有利そうな局面もあれば、くりっく365のほうが有利そうな局面もあります。この点、GMOクリック証券では、FXネオ口座とくりっく365口座の間の資金振替が手軽にできるので、有利なほうでトレードをするといったことも可能です。ちょっとしたところですが、このあたりの使い勝手の良さはおすすめポイントの1つでもあります。
30代 / 男性 / 会社員
FX歴:10年以上
取引高世界一の実力への信頼
GMOクリック証券のFXネオは、2012年以降FXの取引高で世界一をキープしているというのが、まずは注目すべきポイントだと思います。口座数では1位の座は取れていませんが、トレードが活発に行わ...
取引高世界一の実力への信頼
GMOクリック証券のFXネオは、2012年以降FXの取引高で世界一をキープしているというのが、まずは注目すべきポイントだと思います。口座数では1位の座は取れていませんが、トレードが活発に行われていることが大事だと考えると、私はGMOクリック証券がFX業界において一番実力があるのかなと思っています。私は比較的大きめな枚数で注文を入れるほうだと思いますが、しっかりと安定して約定してくれるのは、そういった実力があるからなのかなと思っています。
ハイクオリティの取引ツール
FXネオの取引ツールは、パソコンインストール型の「はっちゅう君FXプラス」と、インストール不要型のチャートツール「プラチナチャートプラス」というものが主要どころです。その他、公式サイトのWebページからトレードすることも可能です。これらいずれのツールもシンプルでわかりやすい作りになっていて、深い分析をしながら素早いトレードができるようになっています。最近では他のFX会社のツールのレベルも上がってきましたが、GMOクリック証券は昔からツールの使いやすさの面で一歩リードしている印象があります。
取引コストが低い
FXネオは各通貨ペアのスプレッドが原則固定の狭い設定になっていて、かつ、まったくスベらないわけではないですが、約定力も安定感がある印象です。そのため、取引コストについては十分低く抑えられています。そのうえで、スワップスプレッドもほとんどなく、ゼロになっている通貨ペアもあります。私は1週間以上ポジションを持ち越すこともありますが、スワップポイントがプラスかマイナスに関わらずトレードしています。なので、スワップスプレッドも取引コストと同じなんですが、そういう意味でも取引コストが低く抑えられていると感じています。
口座凍結に関する良くない噂あり
これはGMOクリック証券のマイナスポイントですが、口座凍結がされるという話をちらほら目にします。ちなみに、私自身は数十万通貨レベルででスイングをしていて、それなりの利益も出していますが、凍結はされていません。ただ、例えばワンショット100万通貨とかで秒スキャを繰り返すなど、無茶なことをしたら凍結される可能性があるのかもしれません。このあたりで疑心暗鬼になってしまう人は、無理してFXネオを使わず、取引コストは上がりますがくりっく365(GMOクリック証券でも取扱いあり)を使ったり、そもそも別のNDD業者を使うようにするほうが、精神衛生上良いような気もします。

GMOクリック証券の口コミ・評判をもっと見る

GMOクリック証券

Medium gmoclick
口コミ点数 Point star4 0 4.3
総合ランキング 2位
初回入金額 無料
推しポイント 低コスト&高スワップ◎
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
36円 -15円 43円

第3位:外為オンライン

FXブロードネット記事内の外為オンライン

※画像引用:外為オンライン公式サイト

外為オンラインのメリット

  • 初心者にもおすすめの自動注文システム「iサイクル」を提供
  • 1,000通貨から取引可能!初心者でも少額からFXを始めることができる
  • 無料セミナーが数多く開催されていて、トレーダーとして成長したい方にもおすすめ

外為オンラインのデメリット

  • レートの桁数が1桁少なくスプレッドが広くなりがち

  • スマホアプリではテクニカル指標を複数表示できない

外為オンラインの口コミ・評判

50代 / 女性 / その他
FX歴:10年以上
スプレッドは広いが、広がりにくい
外為オンラインのスプレッドは、狭いスプレッドを提供する業者の中にあって、米ドル円1銭と広い方です。しかし、経済指標の発表時など相場が荒れる時でも、スプレッドが広がりにくい傾向にあります。まっ...
スプレッドは広いが、広がりにくい
外為オンラインのスプレッドは、狭いスプレッドを提供する業者の中にあって、米ドル円1銭と広い方です。しかし、経済指標の発表時など相場が荒れる時でも、スプレッドが広がりにくい傾向にあります。まったく広がらないわけではないのですが、広がったとしても、割と早く戻ります。原則固定なので、スプレッドは広がることもあるのですが、元々スプレッドが広い方だからか、他社に比べて広がりにくく、広がっても戻りやすいように思います。スプレッドを重視していない人にとっては、外為オンラインはお勧めの業者なのではないかと思います。
iサイクル注文がある
外為オンラインといえば、iサイクル注文のイメ―ジも最近では浸透してきていると思います。自分で設定したルール通りに取引を勝手にしていてくれるので、この注文方法は助かります。自動売買にも昔チャレンジしたのですが、プログラムの知識がないと自分好みに設定できないこともあって、挫折してしまいました。でも、このiサイクル注文は難しいプログラムの知識がなくても簡単に設定できるので、よく使っています。また、iサイクル注文に「トレンド」という機能も追加されたことで、さらに便利になりました。システムが自動でトレンドを判断してくれ、ポジションの方向を決めて取引してくれます。いっそう自動化された取引ができるので、さらに利便性が高くなって良かったと思っています。
くりっく365が取引できる
外為オンラインはくりっく365も取引できます。私は店頭FXの「外為オンラインFX」と「くりっく365」のどちらも取引していて、高金利通貨を取引する場合は、くりっく365を使っています。また、iサイクル注文をくりっく365でも使うことができるのも良い点ではないでしょうか。関連セミナーも開催されていて、最近力を入れているようです。くりっく365は他の業者でも提供していますが、外為オンライン独自のサービスに絡めて提供しているのが良いと思います。
中上級者向けのセミナーがある
セミナーを開催しているFX会社は他にも色々ありますが、外為オンラインの場合、中上級者向けのセミナーにも力を入れているのが良いです。FX経験が長くなればなるほど、誰かに質問する機会が減っていきます。そんな中で、為替のプロによる中上級者向けのセミナーが開催されるのは有難く、実践的なセミナーで自分のスキル向上を目指せるのはもちろん、トレードで疑問に感じたことなどを質問できるのが良いと思います。
20代 / 男性 / その他
FX歴:1-3年
iサイクル注文での自動売買が可能
事前に設定したルール通りにエントリーと決済を繰り返す、システムトレードサービスのiサイクルを同社では提供しています。事前にレンジの幅を想定した後は、簡単な設定を行うだけで、IFDONE+OCO注...
iサイクル注文での自動売買が可能
事前に設定したルール通りにエントリーと決済を繰り返す、システムトレードサービスのiサイクルを同社では提供しています。事前にレンジの幅を想定した後は、簡単な設定を行うだけで、IFDONE+OCO注文を仕掛け、その上下の値幅を追いかけて利益を積み上げられます。他のシステムトレードのように、システムを複数稼動させる、システムの中身がブラックボックスと言ったことはなく、自ら設定の余地が大きいため、市場環境に応じた設定ができます。初心者にも利益が上げやすく、またシステムトレードの入門編としても優れているので、システムトレードに興味があるなら、まずは少額から試してみたいサービスです。またiサイクルはデモトレードも可能であり、デモトレードである程度設定に慣れてから、リアルマネーの投入をお勧めします。
くりっく365も利用可能
同社はくりっく365を利用してのFXトレードも可能です。同社のFXサービスである外為オンラインFXでは24通貨ペアの取り扱いがありますが、くりっく365を合わせて利用することで、更に取引通貨ペアの幅を広げることができます。またくりっく365を利用して、iサイクル注文を利用することも可能です。くりっく365は10,000通貨単位での取引とはなりますが(外為オンラインFXは1,000通貨単位での取引)、両者を併用することで多通貨監視を行い取引チャンスを多く見つけることができます。くりっく365はスワップポイントが売りと買いで同額であり、また外為オンラインFXに比べスワップポイントが高めに設定されているケースが多いため、新興国通貨を利用したスワップポイント狙いの投資を行う際も、同社口座から行うことができます。
全体的なバランスが優れている
どのFX会社にも優れた面と足りない面があるものの、全体的なサービス面を見て、同社サービスはバランスが優れていると感じる。初心者向けのセミナー始めFX初心者もFXが取り組めるような取り組みが各種なされており、優れたチャート機能やiサイクルのようなFX経験者も重宝するサービスも提供されています。また全体的にツールの使い勝手もよいです。全体的にサービスとしてバランスが取れており、特にこだわりがないならまずは同社を利用してFXトレードに取り組むことで、ストレスなくFXトレードを行うことができます。

外為オンラインの口コミ・評判をもっと見る

外為オンライン

Medium imagesender
口コミ点数 Point star4 5 4.5
総合ランキング 3位
初回入金額 5,000円
推しポイント 自動売買ツールがおすすめ
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
1.00銭原則固定(例外あり) 2.00銭原則固定(例外あり) 3.00銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
15円 -20円 10円

第4位:外為どっとコム

外為どっとコムのメリット

  • 高額のキャッシュバックキャンペーンが多い
  • 動画コンテンツ・ニュース・セミナーなど、FX情報が充実! 一流アナリストの見解が知れる!
  • 1,000通貨から取引できるので、少額投資で取引したい方にもおすすめ

外為どっとコムのデメリット

  • 約定が遅れがち

  • スマホアプリのライン描画機能が物足りない

外為どっとコムの口コミ・評判

40代 / 男性 / 会社員
FX歴:5-10年
情報やセミナーが豊富
外為どっとコムは、為替相場に関する情報が豊富だと思う。ニュース配信はもちろん、特別企画などでは、政治・経済動向を基に今後の為替相場の動向をテーマにしたコンテンツを公開していて参考になる。また...
情報やセミナーが豊富
外為どっとコムは、為替相場に関する情報が豊富だと思う。ニュース配信はもちろん、特別企画などでは、政治・経済動向を基に今後の為替相場の動向をテーマにしたコンテンツを公開していて参考になる。また、元為替ディーラーを始めとした為替に関する専門家によるレポートが豊富で、勉強になる。また、オンラインセミナーも週に1、2回開催されているので、タイミングが合えば参加している。投資教育に力を入れているところも好感が持てる。
スピード注文が良い
外為どっとコムにはスピード注文という注文方法がある。相場の状況によっては、注文をどんどん追加で出すこともあるのだが、元々持っているポジションをクローズせずに、新規で注文を入れることがよくある。その場合、同じ通貨ペアで売りポジションと買いポジションを持つことに両建て扱いになってしまうのだが、スピード注文は両建てにはならず、売り注文と買い注文が相殺されるので、余計な資金がかからず良い。両建てにしたい場合は通常の新規注文で、相殺させて資金を抑えたい場合はスピード注文で、という形で注文方法を選べるのは使い勝手が良いと思う。
取引ツールの使い勝手は良いが、モバイル版は改善が必要
外為どっとコムの取引ツールの外貨NEXTneoはユーザーからの要望を受けてマイナーチェンジを重ねていることもあって、細かい部分で使いやすいと思う。ただ、モバイル版に関しては、チャートの自動更新速度は設定できるが、最速で1秒更新なので、リッチアプリ版に比べるとどうしても遅く感じてしまったり、チャートにライン等の書き込みができなかったり等の不便さがあるので、改善が必要だと思う。
ユニークな企画がある
外為どっとコムでは、「外為取引道場」という企画をやっている。エントリーしたトレーダーの収益率を、月間、週間といった期間ごとにランク付けしている。上位入賞したからといって、特に特典があるわけではないのだが、「こんなに利益を出している人がいるのか」と思い、今後、FXを続ける上でのモチベーションにつながる。また、自分がどのくらいのランクに該当するのか分かるため、このような企画は面白いと思う。参加しなくても、参加者の収益から、自分がどれくらいのレベルなのかが分かるので、今後のトレードの進め方などの参考になって良いのではないかと思う。
30代 / 女性 / 自営業
FX歴:5-10年
取引ツールが使いやすい
外為どっとコムの取引ツールの外貨NEXTneoは使いやすいと思います。特に、リッチアプリ版の方はスピード注文ができ、レートパネルやレート一覧を1クリックするだけで発注ができるのがとても良いです。...
取引ツールが使いやすい
外為どっとコムの取引ツールの外貨NEXTneoは使いやすいと思います。特に、リッチアプリ版の方はスピード注文ができ、レートパネルやレート一覧を1クリックするだけで発注ができるのがとても良いです。また、チャートも見やすく、自分なりのカスタマイズができるので便利です。使えるテクニカル指標に関しては、もっとたくさんの種類を用意している会社もあるので、もう少しラインナップを増やしても良いかもしれません。ただ、標準的なテクニカル指標はちゃんと用意されているので、使い勝手は決して悪くないと思います。また、G.comチャートというのもあり、テクニカル指標が21種類と少し多いので、さらに深いテクニカル分析を行いたい場合はこちらを使うこともできるのが便利だと思います。
ぴたんこテクニカルが便利
ぴたんこテクニカルをテクニカル分析をする時に使っています。ぴたんこテクニカルには、お天気シグナルとみらい予測チャートという2つの機能があるのですが、お天気シグナルは、様々なテクニカル指標を使った上で、各通貨ペアの相場の方向性を分かりやすく視覚的に教えてくれます。また、みらい予測チャートも過去の相場の動向に照らし合わせて、今後のシナリオを予測してくれるので、トレード戦略を立てる上で便利です。テクニカル分析や相場予測の手間を省いてくれる、使いやすいツールだと思います。
千通貨単位での取引が可能
1千通貨単位から取引できるのは、良い点だと思います。最初のうちは、取引数量を抑えて実戦練習ができたので、重宝しました。慣れてきてからは取引数量を増やして取引していますが、1千通貨単位の場合、1万通貨単位での取引しかできない会社に比べ、同額の資金で取引した場合に、取引数量を増やして取引できるのがメリットだと思います。もちろん、その分のリスクはありますが、より大きな利益を狙って取引できるところが良いと思います。
リミッター・メールが便利
普段は仕事をしているので、相場をいつでもチェックできるわけではありません。外為どっとコムにはリミッター・メールサービスがあり、自分がポイントだと思っているレートに達した時に、メールで知らせてくれます。私の場合、「このレートになったら一度相場をチェックしたい」と思った時に利用しています。チャートを常に気にする必要がないので、仕事は仕事、トレードはトレードとしっかり分けることができ、精神衛生上良いと思います。

外為どっとコムの口コミ・評判をもっと見る

外為どっとコム

Medium gaitamecom
口コミ点数 Point star4 0 4.4
総合ランキング 4位
初回入金額 無料
推しポイント 業界トップクラスの情報量!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
72円 -15円 25円
2021年5月10日

第5位:トレイダーズ証券

トレイダーズ証券のメリット

  • 業界最狭水準のスプレッド&取引手数料無料!1,000通貨から取引OKで少額資金からスタートできる
  • 自分の取引を分析したい人は、成績が一目で分かる「Myパフォーマンス」がおすすめ
  • プロの講師による3つのトレーニングを提供!プライベートレッスンで悩みも相談できる!

トレイダーズ証券のデメリット

  • PC版取引ツールでカスタマイズができないので、使い勝手が悪いとの評判がある

  • 取り扱い通貨ペア数が少ない

トレイダーズ証券の口コミ・評判

30代 / 男性 / 会社員
FX歴:3-5年
セミナーが充実しているFX会社
各FX会社が動画や会場セミナーを行っていますが、同社は概ね月に1度動画セミナーを開催しています。同社のセミナーは他社のセミナーと異なり、実際にFXトレーダーとして活躍中の方が講師として登場するケ...
セミナーが充実しているFX会社
各FX会社が動画や会場セミナーを行っていますが、同社は概ね月に1度動画セミナーを開催しています。同社のセミナーは他社のセミナーと異なり、実際にFXトレーダーとして活躍中の方が講師として登場するケースが多く、トレードの実践的な内容の話を聞くことができます。他社の場合、FXとは・テクニカルとは等の、トレードの基礎的な内容のセミナーが多いのですが、同社のセミナーはトレードの実践的な内容が多いという印象で、非常に楽しみにしています。また動画はYouTubeにアップされるため、見逃した場合も後日YouTubeで見ることが出来るため、非常に助かります。各社のセミナーに参加してきましたが、同社のセミナーが一番面白いと感じています。
取引成績表機能が便利
同社でトレードを行うと、取引成績表機能を利用して、自らのトレードを勝率などの数字で振り返ることができます。ベテラントレーダーの場合、エクセルで自ら計算する場合が殆どのようですが、やはり手間がかかります。同社でトレードすればエクセルでトレード履歴を打ち込んで計算する、トレードの成績表を自動的に表示でき、プリントアウトが可能です。最終的にトレードも確率の世界に帰結するので、自らのトレードが確率的に破綻しないかどうか、事前に確認することは本来必要不可欠です。客観的な数字に基づいて自らのトレードを分析することで、行っているトレードを続けるべきか・やめるべきかを、数字で判断できます。同様のサービスは他FX会社でもあまり存在しないため、同社の取引成績表機能は、トレード力向上のために非常に使えるツールです。
トレーダーの売買比率が分かる
同社のPC用のチャートソフトを開くと、同社のユーザーが各通貨ペアについて、売り・買いのどちらにポジションが傾いているかがグラフで一目瞭然となっています。自らが多くの投資家と同じ方向について行くのか、敢えて逆方向に進んで行くのか、知る事はトレードの大きなヒントを得ることに繋がります。他の投資家と同じ方向に進むことが、直接的な勝ちに必ず繋がる訳ではありませんが、自らの立ち位置を知る事で、リスクの取り方も変えることができます。他社でも類似の情報を提供するFX会社はありますが、他社の情報と合わせてトレーダーの売買比率を見ることで、自らのトレード方向を考える際の有力なヒントを得ることが出来ます。
30代 / 男性 / 会社員
FX歴:3-5年
すべるので、スリッページ設定をした方が良い
みんなのFXは、結構すべると思う。成行注文の時に、許容スリッページが設定できるので、設定して発注した方が絶対にいい。それか、成行注文は使わない方がいいと思う。最近、会社のHPに約定率99.9%と...
すべるので、スリッページ設定をした方が良い
みんなのFXは、結構すべると思う。成行注文の時に、許容スリッページが設定できるので、設定して発注した方が絶対にいい。それか、成行注文は使わない方がいいと思う。最近、会社のHPに約定率99.9%ということが掲載されているが、その計算方法を見てみると、「成行注文のうち約定が成立した件数」÷「成行注文数」となっている。みんなのFXの成行注文はスリッページ設定ができるので、設定した範囲のスリッページであれば約定するし、あるいはスリッページを設定しなければ、基本的には約定する。しかし、それが自分が取引したいと思ったレートかというと、それは別の話である。そのため、会社のHPに書いてあることは鵜呑みにしない方がいいと思う。
サポートのレベルがまちまち
みんなのFXには24時間対応してくれる問い合わせ窓口がある。そのため、為替市場が開いている時は、基本的にいつでも対応してくれるのが良い点だ。ただ、問い合わせ窓口に関しては、当たりはずれがあるように思う。すごく感じの良い対応をしてくれる人もいるが、こちらの質問に対し、明確な回答ができない人もいたため、レベルにばらつきがあるのではないだろうか。なお、メールでの問い合わせについては、これまで2回ほどしかしたことがないが、結構丁寧に回答してもらった。結局、担当者次第といったところだが、担当者のレベルはまちまちなので、分かりにくい回答が返ってくるケースがあるのが残念な点だと思う。
スワップは合格点
みんなのFXのスワップは、通貨ペアによって良いものと、そうでもないものとあって、一概に良いとも悪いとも言えないが、おおむね合格点なのではないかと思う。ドル円やトルコリラ円のスワップは高いので、もしもこの通貨ペアでのスワップを狙って取引したいなら、良いのではないかと思う。豪ドルやNZドルに関しては、他にもっと良い会社があるので、敢えてここで取引する必要はないのではないだろうか。スワップメインで、スプレッドが狭い会社で取引したいというトレーダーであれば、みんなのFXは超おすすめというわけではないが、通貨ペアによっては考えてもいいのではないかと思う。
スプレッドは狭いが、変更があるので注意が必要
基本的にみんなのスプレッドは狭い。ドル円やユーロ円などのスプレッドは狭く、それを売りにしているので、今後大幅にスプレッドを広げる可能性は今のところは少ないのではないかと思う。ただ、メキシコペソ円に関しては、スプレッドが当初より結構広がったのではないかと思う。他のサイトでは0.5銭などと紹介されているが、実際は1.8銭くらいになっているので、みんなのFXのHPのリアルタイム為替レートで確認した方が良い。

トレイダーズ証券の口コミ・評判をもっと見る

みんなのFX

Medium imagesender
口コミ点数 Point star2 5 2.8
総合ランキング 6位
初回入金額 無料
推しポイント コールセンターは24時間対応
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.40銭原則固定(例外あり) 0.60銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
22円 -12円 28円

第6位:外貨ex byGMO

外貨ex byGMOのメリット

  • 取引に応じてPayPay※現金がもらえるので、お得に取引したい方にもおすすめ

※PayPay残高の種類は「PayPayボーナスライト」となります。「PayPayボーナスライト」は「出金」「譲渡」「送る」「わりかん機能」「Tポイントへの変換」はできません。「PayPayボーナスライト」の有効期限は付与日から60日です。
尚、「現金」に関しては有効期限はありません。

外貨ex byGMOのデメリット

  • ニュース配信は1社のみ

外貨ex byGMOの口コミ・評判

40代 / 男性 / 会社員
FX歴:3-5年
クロス円以外の通貨ペアのスプレッドは並程度
ドル/円を始めとするクロス円通貨ペアのスプレッドは、他の大手並みに狭いスプレッドを提供していますが、それ以外のスプレッドは並程度の狭さです。スプレッド競争の結果、国内FX会社のスプレッドは差...
クロス円以外の通貨ペアのスプレッドは並程度
ドル/円を始めとするクロス円通貨ペアのスプレッドは、他の大手並みに狭いスプレッドを提供していますが、それ以外のスプレッドは並程度の狭さです。スプレッド競争の結果、国内FX会社のスプレッドは差があると言っても、マイナー通貨を除けば十分許容できる範囲とはなっています。しかしながら他社比でのスプレッドの狭さにこだわる場合、同社のスプレッドはクロス円通貨を除くと、魅力を感じないケースがあります。特に多通貨を監視してのトレードスタイルを取る場合、他社とのスプレッドの差の確認は必要不可欠です。単にスプレッドだけではなく、約定力も加味する必要があるため、同社は並程度のスプレッドであっても、早朝や指標発表時を除き約定力を加味すれば十分利用に値します。しかしスプレッドにこだわるトレーダーの場合、同社の利用は厳しい可能性があります。
早朝と指標発表時にスプレッドが広がる傾向にある
同社に限りませんが、早朝及び指標発表時にスプレッドが広がり、発注をしたものの当初予定していたレートで約定できないケースが生じます。他社では取引数量次第の面もありますが、早朝であろうと指標発表時であろうと、それほどスプレッドが拡大しないFX会社も存在します。早朝や指標発表時のエントリーを避けることが最善の方法ではあるものの、チャートやファンダメンタル状況によっては、早朝にトレード(エントリー)を迫られるケースもあります。早朝や指標発表の前後にエントリーする際は、スプレッド数字の確認が必要不可欠です。また特に指標発表時はスリッページが発生し、予定のレートで約定出来ないケースもあるので、その面でも注意が必要となります。
ニュースの情報量が少ない
ニュースを始めとする情報量は全体的に少ないと感じます。他のFX会社のニュースやWebサイト、ツイッター等で情報収集をしながらのトレードが必要です。FX会社によって得手不得手があるのでやむを得ませんが、同社を利用してトレードに臨む際は、他社のニュースツール等を立ち上げながらのトレード環境が必要となってしまいます。FXの場合は要人発言や指標発表で、一気に相場が動くケースがしばしばあるため、情報収集は必要不可欠です。しかし情報面で同社は一歩遅れていると言えます。

外貨ex byGMOの口コミ・評判をもっと見る

外貨ex byGMO

Medium gaikaex
口コミ点数 Point star4 5 4.7
総合ランキング 5位
初回入金額 無料
推しポイント FXでPayPayポイントが貯まる
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.2原則固定(例外あり) 0.5銭原則固定(例外あり) 0.7銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
34円 -10円 36円
※キャンペーン期間:2021年12月22日(水)~2022年3月31日(木)

第7位:マネーパートナーズ

マネーパートナーズのメリット

    • FX口座は2種類!初心者向けの「nano」は100通貨単位から取引可能
    • 約定率は10年連続第1位!スリッページ発生率0%、約定拒否0件で注文したレートで取引できる(※)
    • 株券を証拠金にできる

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月) 

マネーパートナーズのデメリット

    • 他社と比較するとスワップポイントが低めに設定されている

    • 主要通貨の取り扱いはあるが、取引可能な通貨ペア数は少ない

マネーパートナーズの口コミ・評判

40代 / 男性 / 会社員
FX歴:10年以上
取引ツールは優秀
私は主に「HyperSpeed NEXT」を使用していますが、高機能でかつカスタマイズ性が高い取引ツールで気に入っています。例えばチャート分析に関しては、計26種類のテクニカルが使用できます。ま...
取引ツールは優秀
私は主に「HyperSpeed NEXT」を使用していますが、高機能でかつカスタマイズ性が高い取引ツールで気に入っています。例えばチャート分析に関しては、計26種類のテクニカルが使用できます。また、これらのテクニカルを使用して、プログラミング知識のない人でもオリジナルのストラテジが作れるようになっています。そして、このストラテジによる売買サインは、チャートに表示させることができます(自動売買にも対応)。その他、レイアウト設定に関しては、ツールのそれぞれの機能を独立したウインドウにすることができます。とくにマルチディスプレイの人にとっては、自分のデスクトップ画面上に自由に配置ができるて、使い勝手の面でありがたい仕様になっています。
低スプレッドと安定の約定力
FXにおいて取引ツールも大事ですが、それ以上にしっかりとトレードを成立させる能力が大事です。私は小ロット用のnanoではなく大ロット対応のPFXを使用していますが、こちらの約定力は安定していると感じていて、すべりもほとんど気になりません。また、加えてスプレッド・スワップともに業界内で高水準の設定となっているので、トレード条件としては申し分ないと感じています。さすが上場会社のFXサービスというところですが、安心してトレードすることができる環境ですね。
プラスアルファの情報提供はそれほど
マネーパートナーズのちょっと足りないなと私が感じるのは、為替に関する市場レポート的なものが少ないという点です。ちなみに、市場の速報ニュース系の情報だったり、初心者向けコンテンツやセミナーといったものはわりと豊富だとは思います。ですが、経験者向けに相場をを深掘りして解説したようなものが、あまり用意されていないような気がするというイメージです。今後は、こういった経験者向けの相場解説コンテンツ的なものにも力を入れていってくれると、もっと良くなるような気がしています。
FXに留まらないマネーパートナーズ
マネーパートナーズがメイン事業はもちろんFXサービスです。ですが、このFXサービスから派生して外貨関連のサービスも行っていて、実はこれがけっこう使えるものになっています。まずは航空外貨受取サービスというものですが、普通に空港や銀行なんかで両替するよりもお得に外貨両替ができるようになっています。また、個人的にもっとおすすめなのが、マネパカードというプリペイドカード式のものです。外貨両替がお得なことは同様ですが、こちらはWebから簡単にチャージするだけで外貨を使えるのでさらに便利です。こういった付随サービスの強さは、他のFX会社にはなかなか見られない特徴ですね。
20代 / 男性 / 自営業
FX歴:1-3年
100通貨単位からの取引ができる
マネーパートナーズは100通貨単位からの取引ができるので、最初のうちは非常に助かりました。慣れないうちは、やはり少額から取引したいと思ったのと、自分にとって取引しやすい通貨ペアが何なのか、できる...
100通貨単位からの取引ができる
マネーパートナーズは100通貨単位からの取引ができるので、最初のうちは非常に助かりました。慣れないうちは、やはり少額から取引したいと思ったのと、自分にとって取引しやすい通貨ペアが何なのか、できるだけ損失を抑えながら実戦の中で見つけたいと思っていたので、1ポジションあたりの証拠金額を1,000円以下に抑えて取引できるのは良かったです。1,000通貨単位で取引できる会社は多いですが、100通貨だともっと手軽に練習やお試しのトレードができ、少額ながらも自己資金を使った実戦が経験できるので、良いと思います。
パートナーズFX nanoのスプレッドが安定している
これまで何度も取引していますが、パートナーズFX nanoのスプレッドは安定していると思います。雇用統計みたいな大きなイベントの時は、普段のスプレッドが安定していても、この時はどうしても大きく広がってしまう会社が多いのですが、パートナーズFX nanoに関しては、このような時も広がり方が抑えられていると思います。約定も安定しているので、安心して取引できる会社です。パートナーズFX nanoは、1回の最大注文数量が10万通貨までなのですが、大きな数量での取引を考えていないのであれば、パートナーズFX nanoが断然お勧めです。
スワップが高い
マネーパートナーズでは、最近スワップに力を入れているようで、トルコリラ円やドル円などのスワップ額がアップしています。また、他の会社では買いポジションも売りポジションも引かれてしまうことの多いユーロ円に関しても、買いポジションの場合は少ないながらもスワップが貰えます。今のところ期間限定でやっているサービスのようですが、このおかげで、スワップ獲得のためのトレードもやるようになりました。さすがに、今のスワップを継続するのは難しいのかもしれませんが、できれば、このサービスは続けてもらえたらいいと思います。
取引ツールが見やすく、使いやすい
パートナーズFX nanoの取引ツールは使いやすいです。チャートも発注画面も大きく表示されるため、操作中にどこに何があるか分からなくなるようなことは、まずありません。動きが軽快なので、注文をスピーディーに出すことができます。操作方法も簡単なので、初心者の時にも混乱せずに「何となく」といった感じで操作できました。変にごちゃつかず、すっきりしたレイアウトなので良いと思います。

マネーパートナーズの口コミ・評判をもっと見る

マネーパートナーズ

Medium 448744
口コミ点数 Point star3 0 3.1
総合ランキング 7位
初回入金額 4,000円
推しポイント 11年連続 約定力第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
- - -
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
12円 -39円 非公開

第8位:ヒロセ通商

ヒロセ通商のメリット

    • 通貨ペアが50種類と豊富に用意されている
    • スプレッドが狭くて取引コストが抑えられるので、スキャルピングにもおすすめのFX口座
    • さまざまな食品がもらえる豪快なキャンペーンが毎月開催されている

ヒロセ通商のデメリット

    • スワップポイントが優れているとはいえない

    • スプレッドが開きやすいという評判がある

ヒロセ通商の口コミ・評判

40代 / 男性 / 会社員
FX歴:3-5年
取引通貨ペアが多いが、メインにはしていない
ここのLION FXは取引通貨ペアが非常に多く、50種類もの通貨ペアがラインナップされている。他社にはなかなかないような、クロスユーロやクロスポンドの通貨ペアも種類があるのが良い。そのため、その...
取引通貨ペアが多いが、メインにはしていない
ここのLION FXは取引通貨ペアが非常に多く、50種類もの通貨ペアがラインナップされている。他社にはなかなかないような、クロスユーロやクロスポンドの通貨ペアも種類があるのが良い。そのため、そのようなマイナーな通貨ペアを取引する際に、LION FXを使っている。ただ、往々にして、そういう通貨ペアはスプレッドが大きいので、取引しやすいかと言われると微妙な面もある。とはいえ、マイナーな通貨ペアの独特な値動きを狙う際には役立っている。ちなみに、ドル円やユーロ円のようなメジャーな通貨ペアはメインで使っている他のFX会社で取引している。
トルコリラ円やメキシコペソ円のスプレッドは小さめ
LION FXでは、トルコリラ円やメキシコペソ円を取り扱っていて、どちらもスプレッドが小さいのが良い。トルコリラ円に関しては原則固定1.9銭で、この通貨ペアを取り扱っている会社の中でもスプレッドが小さい方である。また、メキシコペソ円については、なんとスプレッドが0.4銭と、他社よりもずっと小さい。スワップポイントも10万通貨で120円と良い方なので、メキシコペソ円でスワップトレードをしたい人にとって、LION FXで取引するのは良いのではないかと思う。
スプレッドが広がりやすい
LION FXはたくさんの通貨ペアがラインナップされていて、さらにはスプレッドもスワップも良いものもあるが、難点はスプレッドが広がりやすいことである。確かにスプレッドに関しては、他社と比べると小さい通貨ペアも多いのだが、タイミングによっては結構広がる。そのため、この会社をメインにして取引することはできない。ここはスキャルピングOKの会社だが、取引回数の多い取引スタイルの場合は、ここはやめた方が良い。スワップトレードなど、長期保有の場合やどうしてもマイナーな通貨ペアを取引したい際に選択するFX会社であると、個人的には思う。
取引ツールの使いやすさは標準的
PCでも、スマートフォンでも取引できる、一般的な取引ツールだと思う。操作や画面の見やすさに関して不満を感じたことはない。ただ、取引ツールの種類が多すぎる。HP上にマニュアルを掲載しているが、種類が多すぎて、読む気を失う。そのため、全部のツールを使ったことはなく、LION FX C2とスマートフォン版のLIONチャートPlus+しか使ったことがない。この2つに関して言えば、見やすい画面だし、使いやすい。これといった大きな特徴はないが、不便を感じたことがないので、標準的なレベルの取引ツールだと思う。
20代 / 男性 / 会社員
FX歴:1-3年
口座開設申し込みは簡単でした
FXに興味を持っていろいろ調べた時に、ヒロセ通商の公式ページがおもしろそうだったので、僕はけっこう気楽な気持ちで口座開設の申込みをしました。この口座開設申込みの手続きですが、非常に簡単にできて、...
口座開設申し込みは簡単でした
FXに興味を持っていろいろ調べた時に、ヒロセ通商の公式ページがおもしろそうだったので、僕はけっこう気楽な気持ちで口座開設の申込みをしました。この口座開設申込みの手続きですが、非常に簡単にできて、本当に5分ぐらいしかかかってないんじゃないかなと思います。その後もスムーズに審査終了、ログイン情報の通知が来て、気楽な気持ちで申込んですぐにトレードを始めるまでに至りました。ということで、誰でも気楽な気持ちで手軽に口座開設の申込みができるFX会社だと思います。
取引ツールが高機能かつ操作性がいい
口座開設が完了してから最初に迷ったのが、どの取引ツールを使おうかという点です。というのが、ヒロセ通商のLION FXは使えるツールがPC版で4つもあるんです。とりあえず僕はJava版にしてみましたが、このあたりはもうちょっとわかりやすくしてほしいかもしれません。でも、取引ツール自体はとてもいい感じで、操作性もいいですし、使いこなせないぐらいの高機能です。とりあえず「クイック注文」を使えば、簡単にどんどんとトレードをしていくことができました。
少額資金からのトレードスタート
僕の場合は習うより慣れろという感じで、とにかくトレードを実戦でやっていくことから始めました。その時にはあまり大きな資金は使いたくないところですが、LION FXは1000通貨対応だったので、少ない資金でこういった実戦トレードをたくさん経験することができました。また、月間のトレード成績を競う「リアルトレードランキング」というものもあり、トレードを続けるモチベーション維持に役立っています。ちなみに、このリアルトレードランキングには利益額だけでなく獲得pipsを競うカテゴリもあるので、少額資金の人でも上位を狙うことが可能です(僕はまだ無理ですが……)。
自分にも手が届くいろんなキャンペーン
ヒロセ通商ではいろんなキャンペーンをやってるんですが、僕がよく参加しているのは食品キャンペーンとゾロ目キャンペーンです。食品キャンペーンは所定の取引量をこなせばオリジナルの食品がもらえ、ゾロ目キャンペーンは1取引の利益額がゾロ目になれば所定の商品をもらえます。なんともユニークなキャンペーンですが、僕みたいな少額トレーダーでも十分に手が届くレベルというのがいいですよね。こんな感じで、気軽に始められるヒロセ通商ですが、いろんなイベントがあって、楽しくトレードを続けられるFX会社だと思います。

ヒロセ通商の口コミ・評判をもっと見る

ヒロセ通商

Medium hirose
口コミ点数 Point star3 5 3.9
総合ランキング 8位
初回入金額 10,000円~
推しポイント 顧客満足度調査第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.4~0.9銭 0.60銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
1円 30円 50円

第9位:マネックス証券

マネックス証券のメリット

    • 自動発注機能「オートレール」がシンプルで使いやすく、初心者にもおすすめ
    • AIによるトレード診断で自分の取引を客観的に分析できる
    • テクニカル指標や描画ツールが豊富に用意された高機能の取引ツール「MonexTrader FX」が利用できる

マネックス証券のデメリット

    • 1万通貨未満で取引する場合は手数料がかかる

    • ドルストレートで取引できる通貨ペアは3種類のみ

マネックス証券の口コミ・評判

40代 / 女性 / 主婦
FX歴:5-10年
スプレッドの狭さが売りのFXサービス
マネックスFXは“全通貨ペアで業界最狭水準スプレッド宣言”を行っていて、スプレッドを狭くすることに力を入れているFXサービスです。例えば、ちょっと前まではドル円の業界最狭水準といえば0.3銭とい...
スプレッドの狭さが売りのFXサービス
マネックスFXは“全通貨ペアで業界最狭水準スプレッド宣言”を行っていて、スプレッドを狭くすることに力を入れているFXサービスです。例えば、ちょっと前まではドル円の業界最狭水準といえば0.3銭というイメージでしたが、ここをさらに下げて0.2銭(!)というスプレッド提示をしています。私はこれにびっくりして急いでマネックスFXを使い始めましたが、やっぱり0.2銭はインパクトありますよね。ちなみに、これはあくまで1万通貨以下のトレードの話なので、それを超えるトレードでは少しスプレッドが開くのでご注意ください。
使い勝手のいいチャートツールがお気に入り
マネックスFXのスプレッド以外の部分では、チャートツールが使いやすくて私はとても気に入りました。例えば、チャートに描画するラインが、うまい具合に高値・安値に吸着して引きやすかったり、テクニカルをバンバン入れて、入れたテクニカルをテンプレート保存するといったこともできます。また、複数のチャートを立ち上げた際には、連動機能を使ってまとめて時間足を変更することもできます(複数の通貨ペアを見ている時に便利です)。こんな感じで使い勝手が良くて、今では一番愛用のチャートツールになっています。
スワップポイントは高くない
私は比較的長めのトレードもするので、トレードにおいてはスワップポイントも発生してきます。ただし、この点についてはマネックスFXはあんまりよろしくないという印象で、かつ、スワップポイントのスプレッドも少なからずあります。そのため、スワップポイントで稼ぎたいというようなトレーダーについては、マネックスFXは向いていないと思います。私はあくまでも値幅を取っていくスタイルで、スワップポイントはついでだと考えていますが、そういうスタンスの人のほうが向いているFXサービスですね。
トレーダーとしての経験値が上がるレポート
私がマネックスFXでよく利用しているものとして、「森レポート」という投資情報サービスがあります。これは相場に関するレポートですが、プライベートトレーダーでもある森氏の目線が見られるのでとても有益です。デイリー、ウィークリー、FXテクニカルアウトルックという3種類がありますが、いずれもボリュームが多く内容が濃密で、読みごたえのあるものになっています。ここで得た情報を自分なりに消化しつつ、それをベースにして自分自身の戦略を立てるというかたちで使っていますが、私のトレーダーとしての経験値という面でもプラスになっていると思います。
40代 / 男性 / 自営業
FX歴:10年以上
FX PLUSよりもマネックスFXのほうがいい
マネックス証券は株式・先物・オプションなども扱っているネット証券会社で、むしろFXよりもそちらのイメージが強いと思います。私ももともと総合証券口座を持っていた延長で、「FX PLUS」というFX...
FX PLUSよりもマネックスFXのほうがいい
マネックス証券は株式・先物・オプションなども扱っているネット証券会社で、むしろFXよりもそちらのイメージが強いと思います。私ももともと総合証券口座を持っていた延長で、「FX PLUS」というFXサービスにも手を出してみたクチです。ただ、マネックス証券には「マネックスFX」という別物のFX専用口座もあって、実はスプレッド面でこちらのほうが有利な設定になっています。また、マネックスFXは取引手数料ゼロですが、FX PLUSのほうは取引手数料が発生することもあります(※)。使い勝手は両方とも似ているんですが、FXをやるうえではFX PLUSよりもマネックスFXのほうを個人的にはいいと思います。(※)FX PLUSで1万通貨未満のトレードを行う場合、1000通貨ごとに30円の取引手数料(値幅としては3銭相当)が発生します。
スプレッドが業界トップクラスの狭さ
マネックスFXで特筆すべきポイントは、1万通貨以内で取引する場合のスプレッドが、かなり狭くなっているというところです。例えばドル円は0.2銭、豪ドル円は0.5銭というかたちで、他社よりも一歩リードしたスプレッドになっています。“1万通貨以内”というところは注意が必要ですが、少額トレードをメインでやる人にとっては損益に直接プラスに働くポイントです。ちなみに、1.1万通貨~100万通貨のトレード場合は、ドル円は0.3銭、豪ドル円は0.6銭というかたちです。やや広がりますが、それでも十分に狭いスプレッドの水準と言えるレベルです。
チャート上でのトレードが可能
マネックスFXの高機能ツール「MonexFX SPEED」は、なかなかレベルが高い取引ツールになっています。個人的に気に入っているのは、チャート上から直接トレードができるという点です。具体的には、チャート上で自分がトレードしたいラインで右クリックすると、そのラインで指値や逆指値の新規注文を入れることができます。また、これらの注文ラインは、チャート上でドラッグすることで注文訂正もできます。こんなかたちになっているので、いちいちレートの値を調べなくても、感覚的にチャートの形で注文をすることが可能です。
高額キャンペーンが行われることも
私の場合、だいたい普通にやって1ヶ月で数億通貨ぐらいのトレードをします。このぐらいトレードする人だと、マネックスFXで今やっているキャンペーン(※)は、けっっこうありがたい内容になっています。具体的には、1億通貨以上で3万円分、5億通貨で15万円分のリンベルギフトポイントがもらえるというものです。私は、ちょっとがんばって5億通貨分のトレードして、15万円分のリンベルギフトポイントをゲットできました。このレベルの額のキャンペーンは多くないので、ちょっとお得感が強かったです。ちなみに、20億通貨をトレードすれば、なんと50万円分のリンベルギフトポイントがもらえます。(※)2018年6月、7月と実施されていて、今後も継続される可能性があるというかたちです。記事を読まれている時点において継続されているかは、各自公式サイトでチェックするようお願いします。

マネックス証券の口コミ・評判をもっと見る

マネックス証券\FXPLUS

Medium imagesender
口コミ点数 Point star3 5 3.6
総合ランキング 9位
初回入金額 無料
推しポイント AI診断でトレード力を向上!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.2銭原則固定(例外あり) 0.5銭原則固定(例外あり) 0.6銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
43円 -25円 $ -0.440

第10位:FXプライムbyGMO

FXプライムbyGMOのメリット

    • 約定率100%(※)でスリッページがないので、思い通りの注文ができる
    • 20種類以上のマーケット情報やオンラインセミナーなど取引に役に立つ情報が豊富
    • 取引タイミングを逃さないように、相場が大きく動いた際に通知してくれるスマホアプリがある

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月)

FXプライムbyGMOのデメリット

    • スワップポイントが優れているとはいえない

    • スプレッドが開きやすいという評判がある

FXプライムbyGMOの口コミ・評判

20代 / 女性 / 会社員
FX歴:1-3年
スプレッドは広めだが、安定して約定する
FXプライムの選べる外貨のスプレッドは、ドル円0.6銭なので、スプレッド最狭水準と宣伝している会社に比べるとスプレッドはやや広めだと思います。ですが、その代わり安定して約定します。大抵の場合、ス...
スプレッドは広めだが、安定して約定する
FXプライムの選べる外貨のスプレッドは、ドル円0.6銭なので、スプレッド最狭水準と宣伝している会社に比べるとスプレッドはやや広めだと思います。ですが、その代わり安定して約定します。大抵の場合、スプレッドが極端に狭いと約定する時に滑って不利なレートで約定したり、約定が安定していると評判が高くても、スプレッドがかなり広かったりします。その点、FXプライムはスプレッドと約定の安定度のバランスが良く、スプレッドがもっと狭い会社よりも安心して取引でき、実質的にはあまり変わらないスプレッドで約定しているのではないかと思います。
スワップはそれほど高くない
FXプライムは、選べる外貨もちょいトレFXも、スワップはそれほど高くないです。そのため、スワップを目的にしている人にはあまりメリットが感じられないかもしれません。先ほど書いたとおり、安定して約定し、スプレッドも最狭とまではいかないものの、決して広いわけではありません。しかし、スワップが目的の場合、長期取引が基本で取引回数も多くないので、スプレッドや約定力の高さはそれほど重要ではないと思います。そのため、スワップ目的で取引する場合は、FXプライムを敢えて選ぶ必要はないかもしれません。
選べる外貨は1万円未満の取引とロスカットに手数料がかかる
FXプライムの選べる外貨は1,000通貨単位での取引ができます。しかし、1万通貨未満の取引には片道3銭の取引手数料がかかります。せっかくスプレッドが抑えられていても、これでは少額での取引がしづらいのではないかと思います。初心者の人や、これまで取引したことのない通貨ペアを取引する人は、最初のうちは取引数量を抑え、慣れてきたら徐々に取引数量を上げていきたいと考える人が多いと思うのですが、片道3銭の手数料があると思うと、少額取引をしようとは思わないと思います。また、強制ロスカットにも手数料がかかるのも、いかがなものかと思います。
取引ツールは使いやすい
FXプライムの取引ツールは使いやすいと思います。基本的にはリッチクライアント版を使い、たまにスマホ版も使っていますが、どちらも動作は軽く、チャートも見やすいです。リッチクライアント版については、チャートからの発注機能があるので、取引したい時にすぐに発注できます。また、スマホ版はハイスピード注文があり、連続発注もできます。他社の取引ツールを使ったこともありますが、個人的にはFXプライムの取引ツールの方が使いやすいと思いました。
20代 / 女性 / 会社員
FX歴:1年以下
口座開設キャンペーンをうまく活用
FXプライムbyGMOは口座開設者の6割がFX初心者だということで、初心者に安心のFX会社だと思います。私ももともとはFX初心者だったんですが、口座開設の手続きも簡単で、スムーズに口座開設するこ...
口座開設キャンペーンをうまく活用
FXプライムbyGMOは口座開設者の6割がFX初心者だということで、初心者に安心のFX会社だと思います。私ももともとはFX初心者だったんですが、口座開設の手続きも簡単で、スムーズに口座開設することができました。また、口座開設キャンペーンでキャッシュバックがもらえるんですが、少額資金の私でも手が届くレベルの取引条件でした。私が狙った条件は“50万通貨取引”と“スマホアプリで1回以上取引”というもので、結果3,500円のキャッシュバックをもらいました。ちなみにプチアドバイスですが、取引量の集計は口座開設日の翌月末までになっているので、月初に口座開設するほうが条件は達成しやすくなりますよ。
初心者にはありがたい1000通貨対応
FXはリスクが高くて怖いというイメージがありましたが、公式サイトの初心者向けのページで、FXのリスクに関する説明がされていました。初心者はまずはこれをチェックしたほうがいいですが、要は取引枚数を抑えるというのがポイントです。取引枚数を抑えるためには取引単位が小さい必要がありますが、FXプライムは1000通貨単位になっていて、初心者にとって危険が少ない取引システムになっています。1万通貨単位となっているFX会社も少なくないので、とくに初心者はこの点をチェックしておくべきと思います。
勉強できるコンテンツが豊富
私がFXプライムを選んだ理由の1つでもあるんですが、FXに関するコンテンツが非常に多く用意されています。このコンテンツでは、プロの為替ディーラーが現在の相場に対する解説をしてくれたり、見通しを教えてくれたりします。もちろん自分で座学的な勉強もやってるんですが、生の相場を見ながら得られる知識はやっぱり効果的で、短い時間にすごく成長できたと思っています。とくにその日の目線を教えてくれる「プライム・ストラテジー」と、チャートのポイントを明確にしてくれる「チャートのささやき」が気に入っていて、必ずチェックするようにしています。
PC版・スマホ版ともに使いやすい取引ツール
私はPC上でトレードをする時は、「PrimeNavigator」というダウンロード版の取引ツールを使っています。いろいろ機能が多くて難しそうだったんですが、初心者の私でも一応それなりに使いこなせていると思います。おもしろいのがテクニカルを入れると売買シグナルを教えてくれる機能です。テクニカルのサインの基本的な見方を、これで少し理解が進んだ気がしています。また、スマホ版の取引ツールもよく使っていますが、こちらもPC版同様とても使いやすいです。ちょっとしたスキマ時間にもチャートを見られるのは、FXに慣れるという意味でもプラス要素になっていると感じています。

FXプライムbyGMOの口コミ・評判をもっと見る

FXプライムbyGMO\選べる外貨

Medium 300 250 loop
口コミ点数 Point star3 0 3
総合ランキング 10位
初回入金額 無料
推しポイント 強靭なサーバー!高い約定力!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.60銭原則固定(例外あり) 0.9銭原則固定(例外あり) 1.30銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
32円 -12円 35円

項目別に比較!おすすめFX会社6選

ここでは、比較して分かったおすすめのFX会社を項目別にご紹介します。

FX初心者におすすめ: GMOクリック証券

GMOクリック証券は、取引高世界第1位(※)のFX口座です。

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月~2020年12月)

高水準のスワップポイント、取引コストの安さなど、短期・中期・長期、どの取引スタイルでも利用しやすい点が、人気の理由のひとつです。

例えば、1日あたり受け取れるスワップポイントは、

  • トルコリラ/円:94円
  • 南アフリカランド/円:110円
    (※2019年1月7日時点)

で業界最高水準です。

GMOクリック証券のスワップポイントは、その他の通貨でも全体的に高く設定されているので、長期トレーダーにおすすめです。

また、スプレッドは最狭水準を誇っていて、主要通貨のスプレッドが全て原則固定になっています。

取引手数料も0円なので、取引回数が多い短期トレードの場合も、低コストで取引できます。

さらに、抜群に使いやすい高機能ツールが無料で利用できる、安心の24時間サポート付きなど、初心者から上級者まで幅広いトレーダーにおすすめできるFX口座です。

GMOクリック証券で口座開設すると、バイナリーオプションも取引できますよ!

GMOクリック証券

Medium gmoclick
口コミ点数 Point star4 0 4.3
総合ランキング 2位
初回入金額 無料
推しポイント 低コスト&高スワップ◎
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
36円 -15円 43円

操作性の良い取引ツールを使いたい人におすすめ:DMM FX

DMM FXは、初心者から上級者まですべてのトレーダーにおすすめのFX会社です。

取引ツールはシンプルな設計で、自分に合った仕様にカスタマイズ可能なので、ボタン操作に迷うことなくスムーズに取引できます。

また全部の操作をスマホで行えるため、スマホトレーダーにもおすすめです。

取引ツールは安定して高い評価を集めています。

DMM FXはデモトレードが可能なFX会社なので、操作性は簡単にチェックできます。

全通貨ペアのスプレッドが最狭水準に設定されていて、ドル/円の場合は「0.2銭原則固定」で取引できます。

取引コストを抑えたい方や、デイトレードで取引したい方にも使いやすいといえます。

ただし、DMM FXはスキャルピングの禁止が約款に明記されているので、スキャルピングをしたい方は、別のFX口座を検討しましょう。

他のトレーダーの動向が一目でわかる売買比率情報も見ることができるので、トレンドが掴みやすく、FX初心者にもおすすめです!

DMM FX

Medium rola250 200
口コミ点数 Point star4 5 4.9
総合ランキング 1位
初回入金額 無料
推しポイント 最短1時間で取引開始が可能!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
20円 -7円 25円

少額から始めたい人におすすめ:外為どっとコム

これからFXを始められる方は、初期投資の金額がいくらになるのか、すでに取引を始めている方はランニングコストをどう抑えるのかは気にしたいポイントです。

外為どっとコムは、スプレッド、取引通貨単位、取引手数料の面からみて、数あるFX口座の中でも比較的安くFXを始められます。

スプレッドは米ドル/円が(原則固定 例外あり)、取引通貨単位は1,000通貨~、手数料はすべて無料(銀行口座からの出入金など)となっており、他の口座から比べて「ずば抜けて安い!」ということはありませんが、非常にコストのバランスが良い会社です。

外為どっとコム

Medium gaitamecom
口コミ点数 Point star4 0 4.4
総合ランキング 4位
初回入金額 無料
推しポイント 業界トップクラスの情報量!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
72円 -15円 25円
2021年5月10日

様々な通貨ペアで取引したい人におすすめ:ヒロセ通商

FXを始めたら、自分にあったトレードスタイルを見つけるのがとても大事になってきますが、トレードスタイルによって取り扱う通貨も変わります。

例えば、スワップ益を狙うようなスタイルであれば、現在(2018年12月時点)話題になっているのは豪ドル/円の通貨ペアです。

そのため、自分がどんな取引をするかによって通貨ペアも変わるので、できるだけ、多くの通貨ペアを扱っている会社のほうが好ましいといえます。

ヒロセ通商は、取り扱い通貨ペア数が50種類で、業界最高水準です。

これはどれくらい多いかといえば、「DMM FX」が20種類、「GMOクリック証券」が20種類ですので、倍以上あり、圧倒的なことがわかります。

メキシコペソ/円、南アフリカランド/円などの高金利通貨のスワップポイントも高いことから、ナビナビFXでは、取り扱い通貨ペアが豊富なFX口座ランキング第1位となっています!

ヒロセ通商

Medium hirose
口コミ点数 Point star3 5 3.9
総合ランキング 8位
初回入金額 10,000円~
推しポイント 顧客満足度調査第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.4~0.9銭 0.60銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
1円 30円 50円

約定力が高いFX口座で取引したい人におすすめ:マネーパートナーズ

FXでは、注文を出しても取引が成立しない場合、注文した金額と違う金額で取引が成立してしまうことがあります。

これを「滑る」といい、滑りを防ぐためには、約定力が高い口座を選ぶ必要があります。

マネーパートナーズは、矢野経済研究所が実施している「主要FX会社における、FXサービスのスリッページ発生率・約定率等の調査」において、2018年12月に行われた調査まで10年間連続でNo.1の結果となっています。

2018年12月の調査の際には、スリッページ発生率は0%で、調査対象となった7社中でマネーパートナーズのみでした。

引用:マネパは10年連続「約定力No.1」 | FX・証券取引のマネーパートナーズ -外為を誠実に-

上記の結果からも、約定力が高い会社として、マネーパートナーズをおすすめします。

スリッページや約定拒否による損失を防ぐことができるので、安心して取引できるといえます!

マネーパートナーズ

Medium 448744
口コミ点数 Point star3 0 3.1
総合ランキング 7位
初回入金額 4,000円
推しポイント 11年連続 約定力第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
- - -
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
12円 -39円 非公開

自動売買を使いたい人におすすめ:外為オンライン

autotrade

FXには、あらかじめ設定されたロジックにしたがって取引を行う、自動売買というものがあります。

自動売買では相場を見ていなくても、自動で新規発注・決済をくり返してくれるので生活面での負担が少なく、興味を持つ人も少なくありません。

しかし、自動売買はきちんと理解するのが難しく、初心者がいきなり始めるのにはハードルが高いといえます。

外為オンラインが展開する「iサイクル」という自動注文システムでは、初心者にも理解できるようなシステムになっていて、自動売買を始めて活用する人におすすめです。

単純なロジックで新規発注・決済の注文をリピートさせるもので、自動売買へのとっかかりには適しています。

自動売買に興味のある人は、まずは外為オンラインでスタートしてはいかがでしょうか?

外為オンライン

Medium imagesender
口コミ点数 Point star4 5 4.5
総合ランキング 3位
初回入金額 5,000円
推しポイント 自動売買ツールがおすすめ
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
1.00銭原則固定(例外あり) 2.00銭原則固定(例外あり) 3.00銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
15円 -20円 10円

FX会社を比較する9つのポイント&比較表

FX会社を選ぶときは、以下の9つのポイントで比較するのがおすすめです。

  • 取引コストが低い(スプレッドが狭い)
  • スワップポイントが高い
  • FX情報量が多い
  • 取引ツールの性能が良い
  • スマホアプリが使いやすい
  • 約定力が強い
  • 自動売買が優れている
  • 取り扱い通貨ペアが多い
  • キャンペーンが充実している

FX会社はそれぞれにメリット・デメリットがあるため、自分に合っているものがどれか分からず迷いがちです。

ここからは、9つの比較ポイントで見るべきことと、FX会社の比較表をご紹介します。

ぜひ参考にしてください。

取引コストが低い(スプレッドが狭い)

短期取引で利益を上げたい方は、スプレッドが狭く、取引コストを抑えられるFX会社がおすすめです。

デイトレードやスキャルピングといった短期取引では、頻繁に売買を繰り返すことで利益を上げていくので、取引コストが高くなるとその分利益を上げにくくなります。

1回のトレードで狙う値幅は、デイトレードで5銭~1円程度、スキャルピングで5銭程度までなので、スプレッドが広いFX口座で取引すると、損失が出やすくなるので注意しましょう。

なお、ポジショントレードやスイングトレードといった中・長期取引では、1回あたりの利益が大きく、取引回数も数週間~数年に1回程度なので、取引コストはそこまで気にする必要がないといえます。

おすすめFX会社のスプレッド比較表

会社名 米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 NZ/円
SBI FXトレード 0.20銭
(0.27)
0.30銭
(0.49)
0.70銭
(0.99)
0.40銭
(0.69)
0.90銭
(1.19)
DMM FX 0.2銭
(原則固定)
0.5銭
(原則固定)
1.0銭
(原則固定)
0.7銭
(原則固定)
1.2銭
(原則固定)
GMOクリック証券 0.2銭
(原則固定)
0.5銭
(原則固定)
1.0銭
(原則固定)
0.7銭
(原則固定)
1.2銭
(原則固定)
外為どっとコム 0.2銭
(原則固定
※例外あり)
0.5銭
(原則固定
※例外あり)
1.0銭
(原則固定
※例外あり)

0.7銭
(原則固定
※例外あり)
1.2銭
(原則固定
※例外あり)

※2021年2月2日更新
(※1)1万通貨以下の取引のスプレッドを記載し、カッコ内には1万1通貨~100万通貨(ユーロ/米ドルは1万1通貨~50万通貨)の取引のスプレッドを記載しています。それよりも大きい数量の取引では、スプレッドは記載している値よりも大きくなります。

各社を比較すると、通貨ペアによってお得に取引できるFX口座が異なるのが分かります。

「米ドル/円」「ユーロ/円」「豪ドル/円」といった通貨ペアで取引したい方は、SBI FXトレードがおすすめです。

スワップポイントが高い

中・長期取引で利益を上げたい方は、スワップポイントが高いFX口座を選ぶようにしましょう。

スワップポイントとは2つの通貨の金利差のことで、通貨ペアを保有している間は、毎日スワップポイントを受け取ることができます。

ただし、スワップポイントがマイナスになる通貨ペアを保有している場合は、スワップポイントを毎日支払うことになるので注意が必要です。

おすすめFX会社のスワップポイント比較表

会社名 買or売
スワップ
米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 NZ/円 ランド/円
GMOクリック証券 買い 67円 -12円 31円 31円 30円 110円
売り -70円 11円 -34円 -32円 -33円 -110円
外為オンライン 買い 60円 -26円 10円 20円 15円 50円
売り -90円 0円 -35円 -50円 -45円 -300円
外貨ex byGMO 買い 74円 -10円 27円 35円 30円 120円
売り -84円 0円 -37円 -45円 -40円 -220円
外為どっとコム 買い 68円 -15円 32円 35円 27円 120円
売り -98円 0円 -47円 -50円 -42円 -270円
ヒロセ通商 買い 40円 -30円 11円 50円 34円 150円
売り -140円 -20円 -91円 -105円 -89円 -650円

※2018年12月6日現在

通貨ペアによってスワップポイントが最も高いFX口座は異なるので、自分が取引したい通貨ペアで各口座を比較しましょう。

複数の通貨ペアで取引したい方は、平均的にスワップポイントが高く設定されていている「GMOクリック証券」がおすすめです。

FX情報量が多い

配信されるニュースや提供しているマーケット情報の量はFX会社によって異なるので、できるだけ情報量の多いところを選ぶのがおすすめです。

FXでは、チャートの動きを見るだけでなく、経済指標や金融政策などから今後の動向を予測することが重要で、市場に影響を与える情報をいかにキャッチできるかが勝敗を左右します。

FX会社では、以下のような情報を提供しているところが多いです。

  • ニュース配信会社のニュース
  • 初心者向けコンテンツ
  • アナリストによるレポート
  • セミナー

情報の量はもちろんですが、早さや質なども比較しながら、自分に合ったFX会社を見つけましょう。

おすすめFX会社の為替ニュース比較表

会社名 FXi24 Market Win24 フィスコ ロイター ダウ・ジョーンズ 独自
外為どっとコム × × ×
外為オンライン × ×
GMOクリック証券 × × ×
マネーパートナーズ × ×
SBI FXトレード × × ×

※2019年2月13日現在

ニュース配信会社との提携数は「外為オンライン」「マネーパートナーズ」が最も多いですが、情報量の観点からおすすめなのは「外為どっとコム」です。

「外為どっとコム」は、外為どっとコム総研という外国為替専門のシンクタンクを設立していて、独自情報の量や質は業界でトップクラスだといえます。

取引ツールの性能が良い

FXでは、取引ツールを使って売買を行っていくので、取引ツールの性能が良い方が有利だといえます。

取引ツールが使いづらいと、売買チャンスを逃してしまうことがあるので注意してください。

例えば、

  • 注文ボタンがわからない
  • 自分好みにカスタマイズできない
  • 設定がわかりづらい
  • 画面がカクカクする

といったことでストレスを感じるようであれば、別のFX会社のツールを試してみることをおすすめします。

FX会社によって、提供している取引ツールの種類や便利機能なども異なるので、自分に合ったものを見つけましょう。

おすすめFX会社の取引ツール比較表

注文方法の徹底比較一覧
会社名 注文方法の種類
DMM FX 成行,指値,逆指値,IFD,OCO,IFO,ストリーミング,時間指定成行,決済同時発注
外貨ex byGMO 成行,指値,逆指値,IFD,OCO,IFO,トレール,リピート,決済同時発注
GMOクリック証券 成行,指値,逆指値,IFD,OCO,IFO,決済同時発注
ヒロセ通商 成行,指値,逆指値,IFD,OCO,IFO,ストリーミング,時間指定成行,トレール,決済同時発注
FXブロードネット 成行,指値,逆指値,IFD,OCO,IFO,トレール,リピート
チャートの徹底比較一覧
会社名 同時表示数 テクニカル指標 テクニカル指標の詳細
DMM FX 6 20 単純移動平均線,指数平滑移動平均線,加重移動平均線,一目均衡表,ボリンジャーバンド,ピボットポイント,エンベロープ,パラボリックSAR,スパンモデル,スーパーボリンジャー,MACD,RSI,RCI,スローストキャスティクス,ヒストリカル・ボラティリティ,移動平均乖離率,モメンタム,ATR,DMI,ADX
外貨ex byGMO 6 31 移動平均線,二重指数移動平均,指数移動平均,一目均衡表,ボリンジャーバンド,パラボリック,エンベローブ,線形回帰,単純移動平均,標準偏差チャンネル,時系列予測,三角移動平均,加重移動平均,ジグザグ・ドル,ジグザグ・パーセント,ピボットポイント,スーパートレンド,アキュムレイション・スイング・インデックス,アベレージ・トゥルー・レンジ(ATR),オーサム・オシレーター,モメンタム,デトレンディッド・プライス・オシレーター,リニアー・リグレッション・スロープ,プライス・レート・オブ・チェンジ,プライス・オシレーター,RSI,ストキャスティクス,MACD,ウィリアムズ%R,アルティメットオシレーター
GMOクリック証券 6 8 単純移動平均線,指数平滑移動平均線,ボリンジャーバンド,一目均衡表転換線,MACD,RSI,RCI,ストキャスティクス
ヒロセ通商 6 21 単純移動平均線,指数平滑移動平均線,ー目均衡表,ボリジャーバンド,パラボリック,エンベロープ,GMMA,スバンモデル,スーパーボリンジャー,HLバンド,ストキャスティクス, 乖離率,サイコロジカルライン,DMI,RCI,ROC,MACD,ウィリアム%R,アルティメットオシレーター,RVI
FXブロードネット 30 26 単純移動平均線、指数平滑移動平均線、加重移動平均線、GMMA、一目均衡表、ケルトナーチャネル、新値足、ボリンジャーバンド、DMI、MACD、RCI、移動平均・EMA・WMA乖離率、アルティメットオシレーター、ウィリアムズ%R・A/D、サイコロジカルライン、篠原レシオ、シャンデモメンタムオシレーター、ストキャスティクス、ピボット、ROC、RSI、平滑型RSI、VLDMI、サポート&レジスタンス

テクニカル指標の数は、外貨ex byGMOが圧倒的に多いです。

複数の画面を開いて取引したい方には、同時表示数が多い「FXブロードネット」もおすすめです。

スマホアプリが使いやすい

スマホでFXをしたいトレーダーは、スマホアプリの使いやすさを重視して比較しましょう。

前項でもお伝えしたように、取引ツールの使い勝手は、勝敗を左右します。

スマホアプリを比較する際は、

  • 使いやすさ
  • チャート機能
  • 立ち上がりの早さ
  • プッシュ通知

以上の4つのポイントを確認するのがおすすめです。

現在FX会社から提供されているスマホアプリは、PCと同等の環境で取引ができるものもあります。

ピンチやチャンスへの対応が早くなることで取引を有利にできますので、上手に活用しましょう。

おすすめFX会社の取引ツール比較表

会社名 足種 チャート種類 主な機能 特徴 デメリット
DMM FX 11 12 経済指標アラート、売買比率 画面分割ができ、4画面表示で見やすい。
デザインがかっこいい。
デザインがシンプルなため情報量が少ない。
GMOクリック証券 12 10 スピード注文機能、経済指標、プライスアラート スピード注文機能でチャートをみながら1クリックで注文できる。 テクニカルチャートや情報量がやや少ない。
外貨ex byGMO 11 12 プッシュ通知、レポート閲覧 スマホでもトレンドラインが描きやすい。 画面分割ができない。
ヒロセ通商 13 13 アナリストからの情報l配信、プッシュ通知 詳細な設定が可能で、自分好みにカスタマイズできる。 設定に時間がかかり、やや面倒くさい。
SBI FXトレード 122 22 自動トレンドライン機能、売買フラグ 使えるテクニカルチャートが多い。
チャートの2画面、4画面表示が可能。
機能が多いため、操作に慣れるのに時間がかかる。

GMOクリック証券は、シンプルなデザイン、かつ、なめらかな動きをしてくれるので、スマホトレーダーにおすすめです。

スマホアプリの開発に意欲的な企業なので、今後さらに良い取引ツールに進化することが期待できるといえます。

約定力が高い

FXで取引する際、注文ボタンを押したときの値と実際に決済された値が異なることで、利益を得るチャンスを逃すことがあります。

これをスリッページといい、約定力が高いFX会社を選ぶことで、スリッページによる機会損失を回避することができます。

約定力が低いFX会社を選ぶと、スキャルピングのような短時間で取引を繰り返すスピード勝負の取引スタイルの場合、思い通りの注文ができずストレスになるでしょう。

相場が急変した時は、他のトレーダーは特にスリッページが起きやすくなりますので、約定力の高さ重要です。

約定力が高いおすすめのFX会社

  • マネーパートナーズ
  • ヒロセ通商
  • マネックス証券(FX PLUS)
  • FXプライムbyGMO

上記の4社は、主要なFX会社の中でも、特に約定力が高いといわれているFX会社です。

自動売買が優れている

自動売買システムは、FXの会社ごとに色濃く特徴が出るポイントで、

  • システムトレード
  • トレンド系自動発注システム
  • トラッキングトレード

など、種類は多岐にわたります。

自動売買に頼りすぎることは、自分のFXトレード力を弱めることにつながるのでおすすめはしませんが、自分のトレード戦略を確立したのちに補助として使いのは非常におすすめです。

自分に合った自動売買システムを提供するFX会社を選んでしっかりと利益を上げていきましょう。

おすすめFX会社の自動売買システム比較表

会社名 FX自動売買名 種類 特徴 取り扱い
通貨ペア
インヴァスト
証券
シストレ24 ミラートレーダー系 ・6000以上のストラテジーから好調なものを探して自動的に入れ替え
・他人の設定をシェア可能
・資金・通貨・ステータスなどがカスタマイズ可能
27
セントラル
短資
セントラル
ミラートレーダー
ミラートレーダー系
        ・厳正な審査をクリアした数百種類以上のストラテジーから選択可能
22
外為オンライン iサイクル2取引 リピート注文型
    ・レンジが予想と外れた場合でも相場に追従しながら取引を継続
24
マネー
パートナーズ
HyperSpeed
Next
ストラテジー
自己設定型
・23種類のテクニカルから売買ルールを作成可能
・オリジナルのストラテジーも構築可能 
20
FXブロード
ネット
トラッキング
トレード
リピート注文型
    ・注文ルールは規定の設定を利用することも可能
24

上記5つは、FX初心者にもおすすめの自動売買システムですので、ぜひ試してみてください。

取り扱い通貨ペアが多い

扱っている通貨ペアはFX会社によって異なるので、様々な通貨ペアで取引を試してみたい方は、取り扱い通貨ペアの種類が多いFX会社を選ぶのがよいでしょう。

また、口座開設前に、自分が取引したい通貨ペアの取り扱いがあるかも確認することをおすすめします。

マイナー通貨ペアでスワップポイントを目的にトレードしたいといったときに、自分が口座を開設したFX会社では取り扱いがなかったということがごくまれに存在します。

スキャルピングやデイトレードなどの短期トレードならば、基本的に主要通貨を扱うことが多いので、あまり注目しないといけないこともありませんが、スワップポイント狙いで高金利通貨であるスワップポイントが高いトルコリラ、南アフリカランド、スイスフランなどをトレードする際はきちんと見ておきましょう。

おすすめFX会社の通貨ペア数比較表

FX会社 取り扱い通貨ペア数
ヒロセ通商 50ペア
SBIFXトレード 34ペア
外為オンライン 26ペア
外貨ex byGMO 24ペア
外為どっとコム 30ペア
DMM.com証券 21ペア
GMOクリック証券 20ペア
マネックス証券 16ペア

(※2021年4月度時点)

比較すると、「ヒロセ通商」が最も通貨ペアの種類が多くなっています。

通貨ペア数の違いは、取引量が少ないマイナー通貨の取り扱いがあるかどうかで、取引量が多い主要な通貨ペアは基本的にはどのFX会社も扱っているようです。

キャンペーンが充実している

FX会社が行っているキャンペーンを利用してお得に取引したい方は、キャンペーンの充実度でも比較できます。

最も多いのは口座開設時に受け取れるキャッシュバックですが、開設後も取引量に応じてプレゼントやキャッシュバックを受け取れるFX会社があります。

なかには、対象者の条件が高いものもあるので、高額キャッシュバックや豪華なプレゼントに惑わされず、キャンペーンの内容や対象者、期間なども確認してください。

FXで利益を上げたい人は、自分に合ったFX会社で口座を開設することが最優先ですので、キャンペーンは、あくまでおまけとして考えるようにしましょう。

FX口座・取引に関するよくある質問

?を両手に持つ女性

FX口座・取引に関するよくある質問をまとめてご紹介します。

FXの口座開設に必要な書類は?

FXの口座開設に必要な書類は、マイナンバーの「個人番号カード(顔写真付き)」のみです。

ない場合は、次の2点の書類を用意すれば大丈夫です。

  • マイナンバーが確認できる書類(通知カード、住民票など)
  • 顔写真付きの本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)

FXの口座開設方法は、以下の記事で詳しく解説しています。

FXでおすすめの勉強法は?

FXでおすすめの勉強法は、次の4つです。

  • 本で勉強する
  • サイトで勉強する
  • セミナーに参加する
  • デモトレードを利用する

FXの勝率を上げるためには、上記のような勉強法で、FXの仕組みややり方、チャートの見方や分析力を向上させましょう。

おすすめの勉強方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

FX初心者におすすめの通貨ペアは?

FX初心者におすすめの通貨ペアは「米ドル/円」です。

  • 取引量が多い
  • 値動きが緩やか
  • 情報が入ってきやすい

など、FXを始めたばかりでも比較的扱いやすい通貨ペアです。

FX初心者におすすめの通貨ペアについては、以下の記事で詳しく解説しています。

FXで利益が出ると税金を支払わないといけないの?

年間の給与所得が2,000万円以下の会社員は、利益が20万円を超える場合に税金を支払う必要があります。

主婦やフリーター、個人事業主などで、税金を支払う必要が条件が異なるので、以下のフローチャートでご確認ください。

確定申告が必要かどうかを確認するフローチャート

また、FXにかかる税金の計算方法は以下の通りです。

(FXの収入-経費)× 20.315%

FXで支払う税金についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしていただければ幸いです。

デイトレードはFX初心者におすすめなの?

1日のうちに売買を終わらせることができるデイトレードは、FX初心者におすすめのトレードスタイルです。

1回に狙う利幅は30pips~80pips程度、損切りは20pips~70pips程度なので、長期取引と比較すると、大きなリスクを抱える可能性が低いといえます。

デイトレードの詳細は、以下の記事を参考にしてください。

まとめ

この記事では、自分に合ったFX会社を探している人に向けて、いろいろなFX会社を紹介してきました。

最後におさらいということで、この記事の内容を確認しましょう。

  1. 自分に合ったベストなFX会社は異なる
  2. FX会社を比較するときのチェックポイントは9つ
  • 取引コストが低い(スプレッドが狭い)
  • スワップポイントが高い
  • FX情報量が多い
  • 取引ツールの性能が良い
  • スマホアプリが使いやすい
  • 約定力が強い
  • 自動売買が優れている
  • 取り扱い通貨ペアが多い
  • キャンペーンが充実している

以上のことを踏まえながらFX会社を選べば、自分に合ったFX会社に出会えるようになります。

それによって、FXの腕もスムーズに上げることができ、利益を継続的にあげられるようになるまで順調にステップアップしていけるでしょう。

ベストなFX会社を見つけて、素敵なFXライフを送っていただければ幸いです!

FX口座ランキング根拠(2020年1月更新)

人気FX口座ランキングは、各FX会社の口座数を基に作成しています

順位 FX会社名 口座数
1 DMM.com証券 748,355
2 GMOクリック証券 645,136
3 外為オンライン 562,754
4 外為どっとコム 501,938
5 トレイダーズ証券 370,969
6 外貨ex byGMO 366,148
7 マネーパートナーズ 338,691
8 ヒロセ通商 261,964
9 マネックス証券 253,253
10 FXプライムbyGMO 200,422
11 セントラル短資FX 185,799
12 上田ハーロー 52,841

出典:(株)矢野経済研究所「有力FX企業17社の月間データランキング-2019年11月-」(2020年1月6日発表)
※出典:開示情報|FX|外為オンライン FX取引 - あなたの為の、外為を。
※外為オンラインはコーポレートサイトの開示情報

※企業グループを除く、企業単体のランキング

FX人気ランキングTOP5(国内口座開設数)

DMMFX
第1位
DMM FX
チャート機能が優れている上級者でも満足な会社

公式HPへ

GMOクリック証券
第2位
GMOクリック証券
全般的に買いスワップが高い総合力がある会社

公式HPへ

外為オンラインのキャッシュバック
第3位
外為オンライン
1,000通貨から取引可能なサポートが手厚い会社

公式HPへ

外為どっとコムのキャンペーン内容
第4位
外為どっとコム
スプレッドなどのコスト面でバランスが良い会社

公式HPへ

第5位
トレイダーズ証券
初心者~中上級者向けサービスがあるFX会社

公式HPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索