おすすめFX会社比較ランキング!初心者向けの人気口座は?【2020】

  • 更新日: 2021/09/27

FX会社で一番おすすめってどこなの?

初心者にも使いやすい人気のFX口座を知りたいわ。

ナビナビFXが厳選比較した、FX口座のおすすめランキングは以下の通りです。

FX人気ランキングTOP5(国内口座開設数)

DMMFX
第1位
DMM FX
チャート機能が優れている上級者でも満足な会社

公式HPへ

GMOクリック証券
第2位
GMOクリック証券
全般的に買いスワップが高い総合力がある会社

公式HPへ

外為オンラインのキャッシュバック
第3位
外為オンライン
1,000通貨から取引可能なサポートが手厚い会社

公式HPへ

第4位
外為どっとコム
スプレッドなどのコスト面でバランスが良い会社

公式HPへ

第5位
トレイダーズ証券
初心者~中上級者向けサービスがあるFX会社

公式HPへ

FX口座は、会社によって特徴が異なり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

そのため、なんとなくでFX口座を選んでしまうと、

  • スプレッドが広くて、なかなか利益が上がらない
  • スマホでFXをしたいのに、アプリが使いづらくてスムーズに注文できない
  • お得に口座開設したはずが、クリア条件が難しくてキャッシュバックを受け取れなかった 

以上のような失敗に繋がる可能性があるので、各社のポイントを理解した上で、自分に合ったFX口座を選びましょう。

今回は、ナビナビFXが厳選比較したおすすめのFX口座ランキングや、項目別のおすすめFX口座を紹介します。

比較するときのポイントもお伝えしているので、ぜひ参考にしてください。

この記事の目次

FXおすすめ比較ランキングTOP10 【2020年1月最新】

第1位:DMM FX

DMM FXのメリット

  • カスタマイズ性に優れた高スペックな取引ツールでスムーズにFXができる
  • 全通貨ペアのスプレッドは最狭水準でコストを抑えて取引できる

DMM FXのデメリット

  • スキャルピングが推奨されていないので、やりすぎると口座凍結されてしまう可能性がある
  • 1万通貨以上の取引にしか対応していない

DMM FXの口コミ・評判

40代 / 男性 / 公務員
FX歴:3-5年
必要十分で使いやすい取引ツール
私はスキャルピングをメインでやっていますが、DMMFXは取引ツールが使いやすくておすすめです。中でももっともおすすめなのが「プレミアチャート」で、これがあれば多通貨を横断的にチャックしたり、1つ...
必要十分で使いやすい取引ツール
私はスキャルピングをメインでやっていますが、DMMFXは取引ツールが使いやすくておすすめです。中でももっともおすすめなのが「プレミアチャート」で、これがあれば多通貨を横断的にチャックしたり、1つの通貨を複数の時間軸から多角的に分析できたりします。発注については「DMMFX PLUS」のポップアップ機能を使って、発注ウインドウを分離してコンパクトに出しています。基本的には、プレミアチャートを全画面表示しながら、この発注ウインドウのポップアップでトレードをするというのが私のやり方です。
高速スキャルピングはやりすぎないように注意が必要
DMMFXの約款にも書かれていますが、短時間の取引を何度も繰り返すのはご法度となっています。とくに損切りにおいては迷ったらどうなるかわからないので仕方ないと思いますが、利食いの時は短時間で利食ってしまわないようにしています。そもそもそちらのほうが、利益を伸ばすという意味では理にかなっていますし、むしろいいのかもしれません。今のところ私のスタイルでは大丈夫なので、そのあたりを気をつければスキャルピングでも大丈夫なんじゃないでしょうか。凍結されなければ、できればこのままDMMFXを使い続けたいと思っています。
取引の振り返りを支える「取引通信簿」
スキャルピングでなにより大事なのは取引の振り返りである、と私は考えています。そのため、自分の手法が有効なのかどうかを、定期的に振り返るようにしています。その際に、「取引通信簿」という機能を使えば、過去の取引結果の集計を数字としてみることができます。これをチェックすることで、自分の手法に自信を持ったり、あるいは、手法の修正の必要性を把握したりしています。とくに注目しているのは勝率とペイオフレシオ(平均利益と平均損失の割合)で、このバランスが良くなるように心掛けています。
何気にうれしい「取引応援ポイントサービス」
私のような取引回数が多いスタイルのトレーダーにとっては、DMMFXでやっている「取引応援ポイントサービス」というのがありがたいです。というのは、取引回数が多いとランクが上がって、ポイントがお得にもらえるようになっているからです。ゴールドランクになると、例えばドル円で1万通貨取引すると2ポイント、ポンド円だと3ポイントもらえるようになっています。普段はあまり気にしていないんですが、気が付いた時にはけっこう貯まっているという感じです。貯めたポイントは1ポイント=1円で現金化することができるので、けっこうお得な気持ちになれますよ。
30代 / 男性 / 自営業
FX歴:3-5年
程良い通貨ペア数とスプレッドのバランス
同社は20種類の通貨ペアを取り扱っています。決して多い取り扱い通貨ペア数ではありませんが、少ない訳でもありません。FX会社の中には、通貨ペア数が多い反面、スプレッドが全体的に広めの会社も存在しま...
程良い通貨ペア数とスプレッドのバランス
同社は20種類の通貨ペアを取り扱っています。決して多い取り扱い通貨ペア数ではありませんが、少ない訳でもありません。FX会社の中には、通貨ペア数が多い反面、スプレッドが全体的に広めの会社も存在します。また通貨ペア数が少なく、スプレッドも狭い会社も存在します。同社は20種類の通貨ペアでスプレッドが他社比で全体的に狭いという、バランスの取れたFX会社と言えます。数多くの通貨ペアを用意のFX会社でも、実際にトレードする通貨は限られてしまいます。またトレードの通貨ペア数を増やしても、それがそのまま勝ちトレードに繋がる訳ではありません。通貨ペア数とスプレッドのバランスの取れたFX会社と言えるのではないでしょうか。
買いスワップと売りスワップが同額
くりっく365を除く殆どのFX会社では、スワップポイントについてプラススワップが不利に設定されています。しかしながら同社では買いと売りのスワップポイントが同額に設定されています。よって両建て取引を行う際に、同社は非常に重宝する存在です。店頭FX会社では唯一といってよい存在であり、店頭FX会社でありスプレッドも狭く、両建て取引を行うには必要不可欠なFX会社です。
殆どの金融機関からの入金に対応
同社が入金対応しているのは全国380の金融機関であり、どんな田舎にいても同社口座に資金を移すことができます。東京や大阪のような大都会の場合、殆ど入金先の金融機関に対し問題意識は持ちませんが、地方の場合は対応する金融機関の有無は、利用するFX会社を選ぶ際に重要視せざるを得ません。メガバンクや第一地銀は当然、地元の信用金庫まで入金に対応しており、入金の手間なく利用することができます。
CFD取引にも対応
同社はCFD取引のサービスも提供しています。為替市場は株式市場や商品市場の影響を受けながら値動きを形成します。同社でFXトレードするだけでなく、為替市場の状況を見ながら、株価指数CFDや商品CFDの取引が可能です。CFDの種類は7種類と少なめですが、世界最大の金融市場である米国市場に対応のCFDは、ダウ工業株30種平均、ナスダック100指数、米国SPX500指数と3種類存在しています。また実際にCFDの取引を行わずとも、同じ画面上にCFDとFXチャートを表示して、株価指数や商品の値動きを見ながらのFXトレードが可能です。CFDトレードが可能なことにより、FXトレードの幅を広げることができます。

DMM FXの口コミ・評判をもっと見る

DMM FX

Medium rola250 200
口コミ点数 Point star4 5 4.9
総合ランキング 1位
初回入金額 無料
推しポイント 最短1時間で取引開始が可能!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
20円 -7円 25円

第2位:GMOクリック証券

GMOクリック証券のメリット

  • 取引高世界第1位!(※)
  • 買いスワップが全通貨平均して高く、スワップ運用で利益を上げたい方にもおすすめ
  • 業界最狭水準のスプレッド+取引手数料0円でコストを抑えて取引できる

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月~2020年12月) 

GMOクリック証券のデメリット

  • 1万通貨以上からしか取引できない

  • FXに関する情報コンテンツの提供が少ない

GMOクリック証券の口コミ・評判

40代 / 男性 / 会社員
FX歴:3-5年
スマホでの取引がしやすいが、チャートはやや見づらい。
通勤・帰宅途中でも取引できるようスマホで取引をしているが、GMOクリック証券のiClickFXneoプラスは使いやすい。スマホで取引する際の難点が、チャートが見づらいことだが、横向きにすると見や...
スマホでの取引がしやすいが、チャートはやや見づらい。
通勤・帰宅途中でも取引できるようスマホで取引をしているが、GMOクリック証券のiClickFXneoプラスは使いやすい。スマホで取引する際の難点が、チャートが見づらいことだが、横向きにすると見やすくなる。ただ、スマホの画面サイズの限界もあって、PCほど見やすくなるわけではない。iClickFXneoプラスの動作自体は問題なく、動きも良い。また、通貨ペアの切り替えもボタンで簡単にできるなど、ストレスが軽減されるよう工夫されている。なお、使えるテクニカル指標が少ないので、本格的にテクニカル分析をしようと思ったら、PCでする必要がある。iClickFXneoプラスはアンドロイド版のFXroidプラスにはない描画機能があるので、その点は有利。ただし、アンドロイド版はウィジェット機能があるので、使いやすさとしては同じくらいなのではないかと思う。
短期売買向けの機能が便利
GMOクリック証券には、スピード注文という発注機能がある。iClickFXneoプラスにもその機能は搭載されていて、1タップで成行注文が発注できる。その名のとおり約定スピードが速いのだが、その分、どんなレートでも約定してしまう危険性があるので、必ず通貨ペアごとのスリッページの設定をしておいた方が良い。iClickFXneoプラスで取引する場合、スピード注文チャートが非常に便利で、選択した通貨ペアのチャートと発注ボタン、全決済ボタンや最新ニュースが一画面に表示される。とにかくスピード感のある取引ができるよう工夫されていて、短期売買向けのトレーダーには便利なサービスだと思う。情報量は他社に比べると劣ると思うので、情報などは他社で得て、発注はiClickFXneoプラスを使うようにしている。
口座間の振替ができる
GMOクリック証券は、FX以外にも株や投資信託などを扱っている。自分のように、GMOクリック証券に株や外国債券などの口座がある場合、これら証券口座から、FXやCFD、先物オプションなどの口座へ振替ができる。そのため、FXの方でどんどん利益が出ている時に、株や外国債券の方の資金をFXの口座の方にガンガン突っ込んでしまう。利用できる時間が商品の種類によって異なるのだが、大部分の時間で移動が可能なようだ。つい熱くなって、ガンガン振替するのは自制しなければならないが、サービスそのものは便利だと思う。
30代 / 女性 / 主婦
FX歴:1-3年
カスタマーサポートが親切
FXを取引してもうすぐ2年になります。FXはGMOクリック証券で始めました。最初の頃、分からないことが多く、よく同社のコールセンターに電話していましたが、対応してくれたスタッフの方は皆、感じが良...
カスタマーサポートが親切
FXを取引してもうすぐ2年になります。FXはGMOクリック証券で始めました。最初の頃、分からないことが多く、よく同社のコールセンターに電話していましたが、対応してくれたスタッフの方は皆、感じが良く親切で、分からないことを丁寧に教えてくれました。問い合わせ窓口/Webサポート格付け調査で最高評価の三ツ星を獲得したことがHPに掲載されていますが、評価どおりの顧客対応の会社だと思います。問い合わせ窓口は平日は24時間対応してくれているのも有難いです。
プラチナチャートはチャート機能しか無いので注意
普段ははっちゅう君FXプラスを使って取引していますが、チャート分析にはプラチナチャートを使っています。はっちゅう君の方もチャートはあって、チャートから注文できる注文チャートというのがあるのですが、プラチナチャートの方が見やすいと思います。ただ、プラチナチャートはチャート機能しかないので、チャート上から注文できないのが不便です。はっちゅう君のチャートをもっと見やすくするか、プラチナチャートからも注文できるようにしてもらえればと思います。
スワップは高め
GMOクリック証券のスワップは高い方ではないかと思います。元々スワップ狙いで取引しているわけではないので、そこまで重視していなかったのですが、買いポジションの時、スワップが付くと嬉しいです。ただ、スワップが高いということは、引かれるスワップも高くなるので、売りポジションの時はデメリットになってしまいます。ここは、スワップが一本値なので、それが良い点ではないかと思います。また、もっと高いスワップが欲しい場合は、くりっく365を取引することもできるので、選択肢が他にもあるのは良い点だと思います。
スプレッドは小さいが広がりやすい
スプレッドは最小水準と言っているだけあって、確かに小さいです。ただ、アメリカの雇用統計の時や、他の重要な経済指標が発表される時は、普段提示しているスプレッドよりもはるかに広がります。それだけでなく、時間帯によっても、スプレッドが広がることがあります。そのため、GMOクリック証券のHPに書かれているドル円0.3銭のスプレッドで取引したい場合は、広がっていない時に取引する必要があります。HPに書かれているスプレッドは鵜呑みにしない方が良いと思います。

GMOクリック証券の口コミ・評判をもっと見る

GMOクリック証券

Medium gmoclick
口コミ点数 Point star4 0 4.3
総合ランキング 2位
初回入金額 無料
推しポイント 低コスト&高スワップ◎
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
36円 -15円 43円

第3位:外為オンライン

FXブロードネット記事内の外為オンライン

※画像引用:外為オンライン公式サイト

外為オンラインのメリット

  • 初心者にもおすすめの自動注文システム「iサイクル」を提供
  • 1,000通貨から取引可能!初心者でも少額からFXを始めることができる
  • 無料セミナーが数多く開催されていて、トレーダーとして成長したい方にもおすすめ

外為オンラインのデメリット

  • レートの桁数が1桁少なくスプレッドが広くなりがち

  • スマホアプリではテクニカル指標を複数表示できない

外為オンラインの口コミ・評判

30代 / 男性 / 会社員
FX歴:3-5年
簡便的なシステムトレードができる
私はもともと他のFX会社で、短期トレードを中心にやっていました。トレード経験は比較的あると思っていて、実際にトレードで利益をあげることもできています。そんな中、外為オンラインが提供しているi...
簡便的なシステムトレードができる
私はもともと他のFX会社で、短期トレードを中心にやっていました。トレード経験は比較的あると思っていて、実際にトレードで利益をあげることもできています。そんな中、外為オンラインが提供しているiサイクル注文を使えば、簡単にシステムトレードっぽいことができそうだということで口座を作りました。やはり短期トレードだとチャート監視の時間が長くなりますし、どうしても生活上の負担が大きくなってしまうということがありました。一方で本格的なシステムトレードは難しすぎますし、iサイクル注文はその中間のちょうど良いサービスだと感じています。
わかりやすいiサイクル注文画面
iサイクル注文というのは、想定するレンジ内に等間隔に注文を入れていくタイプの注文方法です。非常にシンプルなかたちではあるんですが、それでも、ちゃんと自分のイメージ通りに注文が出せるかどうかというのは心配なところがありました。ですが、条件を選んだりしながら簡単に注文設定ができて、最後はチャートで注文ラインを確認したうえで注文を確定するかたちなので、わかりやすく自分のやりたい注文を出すことができました。こんな感じで注文を出しやすいように工夫がされているので、iサイクル注文は比較的すぐに慣れられると思います。
会員専用の「今週のFXアングル」がお気に入り
外為オンラインはサイト上でも、いろいろなマーケット情報に関する情報発信を行っています。会員以外の人でも見られるものも多いので、気になる人は見てみるといいんじゃないでしょうか。そんな中で、会員専用のレポートというのもあって、これがけっこう濃い内容になっています。「今週のFXアングル」というレポートで毎週月曜日に配信されるんですが、とりあえずこれを読んでおけば、マーケットの注目ポイントについていくことができます。この情報をベースにしたうえで、それに自分のチャート分析を重ねていくというのが、個人的にうまくいっているスタイルです。
スピーディな注文は出しにくい
私はもともと短期トレードが得意なタイプですが、多くのFX会社ではスピーディに注文を出せるように、ワンクリックで新規注文・決済注文を連続で出せるようになっています。ですが、外為オンラインの取引ツールはそういうふうにはなっていなくて、クリックを何回かする必要がある仕様になっています。そんな感じで、あまりスピーディなトレードには向いていない、というのが正直な印象です。レート表示も1pips刻みですし、スプレッドも狭くないですし、短期トレードをあえてこの口座でやる必要はないように感じます。
40代 / 男性 / 公務員
FX歴:3-5年
iサイクル注文がある
自動売買のできるiサイクル注文があるのが良いです。平日はどうしても仕事中心になるので、FXに使える時間が少なくなってしまうのですが、これがあるおかげで、利益が出るようになりました。同じような...
iサイクル注文がある
自動売買のできるiサイクル注文があるのが良いです。平日はどうしても仕事中心になるので、FXに使える時間が少なくなってしまうのですが、これがあるおかげで、利益が出るようになりました。同じような注文方法を提供している他の会社もありますが、外為オンラインの場合、マトリクス方式を使うと過去のデータを参照した上で最適な値幅を自動的に計算してくれるので、自分でバックテストが必要なく、手間がかからず助かっています。また、iサイクル注文の通貨ペアは24通りあって、同じようなサービスを提供している他の会社よりも多いのが良い点だと思います。ただ、往復それぞれに手数料がかかってしまうことがデメリットではないかと思います。
取引単位が1,000通貨
L25miniコースやL25R miniコースを選ぶと、取引単位が1,000通貨単位なので、取引ロットの微調整がしやすいです。例えば同じ資金で同じレバレッジをかけ、同じレートで取引した場合、1,000通貨単位の方が1万通貨単位よりも取引数量を増やして取引することができます。それがメリットになる場合も、デメリットになる場合もありますが、より資金効率を上げて取引したい場合は、1万通貨ではなく、1,000通貨単位での取引ができることがメリットになると思います。L25miniコースやL25R miniコースの取引数量の上限は南アフリカランド以外50万通貨となっているので、取引数量が大きい人にとってはその点が不便かもしれませんが、普段、そこまで取引数量を大きくして取引していない人にとっては、使いやすいと思います。
セミナーが充実している
セミナーに力を入れているFX会社は多いですが、外為オンラインのセミナーの充実ぶりはすごいと思います。きちんとレベル分けされていて、初心者向けの入門レベルのセミナーから、中・上級者向けの投資戦略セミナーやチャート分析、テクニカル分析などのセミナー、通貨戦略とリスク管理のセミナーなど、様々なセミナーがほぼ毎日開催されています。会場セミナーで、地方開催があるのが良いと思います。また、外為オンラインに口座開設をしていなくても参加できるようなので、口座開設を迷っていたら、一度受けてみてから決めても良いのではないかと思います。

外為オンラインの口コミ・評判をもっと見る

外為オンライン

Medium imagesender
口コミ点数 Point star4 5 4.5
総合ランキング 3位
初回入金額 5,000円
推しポイント 自動売買ツールがおすすめ
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
1.00銭原則固定(例外あり) 2.00銭原則固定(例外あり) 3.00銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
15円 -20円 10円

第4位:外為どっとコム

外為どっとコムのメリット

  • 高額のキャッシュバックキャンペーンが多い
  • 動画コンテンツ・ニュース・セミナーなど、FX情報が充実! 一流アナリストの見解が知れる!
  • 1,000通貨から取引できるので、少額投資で取引したい方にもおすすめ

外為どっとコムのデメリット

  • 約定が遅れがち

  • スマホアプリのライン描画機能が物足りない

外為どっとコムの口コミ・評判

20代 / 女性 / 会社員
FX歴:1年以下
FX初心者でも無事口座開設できました!
私はもともと投資歴があまりなくて、FXに関してはまったくの初めてでした。なので、審査がどうなるか不安もありましたが、結果としては無事口座を作ることができました。審査の基準は公開されてるわけじ...
FX初心者でも無事口座開設できました!
私はもともと投資歴があまりなくて、FXに関してはまったくの初めてでした。なので、審査がどうなるか不安もありましたが、結果としては無事口座を作ることができました。審査の基準は公開されてるわけじゃないのでわかりませんが、そんなにハードルが高いわけじゃないのかなと思います。私が最初に外為どっとコムを選んだのは、なんとなく誠実そうなイメージがあったからです。イメージキャラクターの深キョンも好きですし、公式サイトもすっきりした色合いでわかりやすかったです。初心者向けの勉強になるページもあったので、一度見てみるといいんじゃないかなと思います。 
1000通貨単位の少額で安心トレード
私は経験が少ないので、まずはFXに慣れることが大事だと考えています。そんな中では、できるだけリスクが少ないトレードをしたいと思って、最初はできるだけ小さなトレードをやろうと考えていました。外為どっとコムは取引の最小単位が1000通貨だったので、例えばドル円が1円動いたら1,000円の損益が発生するというかたちでした。こんな中でトレードを繰り返すことで、相場がどのくらい動いたらどのくらいの損益が発生するのかというのを、肌感覚として理解できるようになりました。今ではもう少しトレード単位を大きくしていますが、最初の1000通貨トレードは良い経験だったと感じています。
Web版取引ツールはシンプルな仕組み
外為どっとコムの取引ツールは、Webブラウザから使えるものと、パソコンにインストールして使うものがありました。一応両方試してはみたんですが、ちょっとパソコンのほうはいろいろとボタンが多くてややこしそうだったので、Webブラウザ版のほうを今はメインで使っています。トレード頻度はざっくりと1日1回程度という感じですが、Webブラウザ版でもスムーズに発注できていて、とくに問題はありません。発注以外に関しては、「G.comチャート」と「外為情報ナビ」を使って、相場の動きやマーケット情報をチェックしています。いずれもWebブラウザ版から立ち上げられて便利です。
キャンペーンでちょっとしたお得感
外為どっとコムはキャンペーンをいろいろやっていて、トレードのボリュームに応じてキャッシュバックを受けられたりします。ただ、私の場合はそれほどたくさんトレードするわけじゃないので、なかなかキャッシュバックを受けられないというところがありました。ですが、最近、1万通貨のトレードとちょっとしたアンケートに答えるだけで、コンビニで使える無料クーポンをもらえるキャンペーンが始まりました。今月はこれでプレミアムロールケーキが手に入って、ちょっとお得な気持ちになりました。こういうキャンペーンは今後も続けてほしいなと思っています。
30代 / 男性 / 会社員
FX歴:3-5年
デモトレードの環境が充実している
以前は多くのFX会社でデモトレードができる環境が提供されていましたが、現在はデモトレードができる環境を提供のFX会社も少なくなっています。外為どっとコムは以前よりデモトレードの環境を提供しており...
デモトレードの環境が充実している
以前は多くのFX会社でデモトレードができる環境が提供されていましたが、現在はデモトレードができる環境を提供のFX会社も少なくなっています。外為どっとコムは以前よりデモトレードの環境を提供しており、現在でもデモトレードを行う事ができます。投資家の8割が損をしている、とも言われるFXトレードであり、少なくとも慣れるまでは実際のお金を投じる前に、デモトレードでFXトレード自体に慣れた上で取り組みたいものです。実際にお金を投じてトレードしないと上達しない、と指摘されるケースもありますが、一番最初にトレードそのものに慣れる段階であれば、デモトレードで十分です。また同社はデモトレードでもトレードコンテストを開催しており、その成績によっては豪華景品を受け取ることができます。デモトレードの場合、実際のお金を利用したトレードでは行えない、ハイリスク・ハイリターンのトレードを行いがちですが、成績に応じて商品がもらえるため、デモトレードであっても無理なトレードを避ける事に繋がります。FXトレードを行うなら、最初に同社のデモトレードで慣れた上で、実際にお金を投じてのリアルマネートレードに移行するのがよいのではないでしょうか。
1,000通貨単位でのトレードが可能
大手FX会社では10,000通貨単位でのトレードとなっている会社が多い状態です。かつてのFX会社は10,000通貨から取引が殆どであり、大手FX会社では今も10,000通貨からという会社が多い状態です。しかしながら同社は1,000通貨からの取引が可能であり、デモトレードを卒業した初級者トレーダーがそのまま同社の取引環境下で、実際のトレードにデビューすることができます。
キャンペーンが充実している
多くのFX会社では様々な種類のキャンペーンを実施していますが、同社のキャンペーンは質量ともに業界トップクラスです。口座開設キャッシュバックキャンペーン、取引に応じた上限なしキャッシュバックキャンペーン、スプレッド縮小キャンペーン、高金利通貨キャッシュバックキャンペーン、デモトレードのコンテストなど、非常に多くのキャンペーンを実施しています。通常通りのトレードでも、何かしらのキャンペーン対象となることが多く、トレードに際しお得感を持ってのトレードが可能です。他社比でスプレッドが若干広く感じる通貨ペアもありますが、キャンペーンのキャッシュバック等を換算すれば、お得な環境下でのトレードが可能です。

外為どっとコムの口コミ・評判をもっと見る

外為どっとコム

Medium gaitamecom
口コミ点数 Point star4 0 4.4
総合ランキング 4位
初回入金額 無料
推しポイント 業界トップクラスの情報量!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
72円 -15円 25円
2021年5月10日

第5位:トレイダーズ証券

トレイダーズ証券のメリット

  • 業界最狭水準のスプレッド&取引手数料無料!1,000通貨から取引OKで少額資金からスタートできる
  • 自分の取引を分析したい人は、成績が一目で分かる「Myパフォーマンス」がおすすめ
  • プロの講師による3つのトレーニングを提供!プライベートレッスンで悩みも相談できる!

トレイダーズ証券のデメリット

  • PC版取引ツールでカスタマイズができないので、使い勝手が悪いとの評判がある

  • 取り扱い通貨ペア数が少ない

トレイダーズ証券の口コミ・評判

40代 / 男性 / 会社員
FX歴:1-3年
システムトレードが行い易い
同社は「みんなのシストレ」という名称で、システムトレードサービスを提供しています。システムトレードはトレーダーが任意のシステム(ストラテジー)を選ぶことで、自動的にルールに基づいてトレードが実行...
システムトレードが行い易い
同社は「みんなのシストレ」という名称で、システムトレードサービスを提供しています。システムトレードはトレーダーが任意のシステム(ストラテジー)を選ぶことで、自動的にルールに基づいてトレードが実行されるサービスです。そして同社は1,000通貨からシステムトレードが可能です。他社の場合5,000通貨や10,000通貨からの取引となる場合が多いのですが、同じ金額であっても様々な種類のストラテジーを用いてのシステムトレードが可能です。一般的には多数のシステムを採用すると、リスクは減ると言われます。1,000通貨からのシステムトレードで、多数のストラテジーを利用しリスクを抑えた形でのシステムトレードが可能になります。また1,000通貨からなら、各ストラテジーのリスクに応じて資金配分を行いながらのシステムトレードも可能であり、資金管理を踏まえたシステムトレードも行う事ができます。システムトレードこそ資金管理が必要とされる面があるため、1,000通貨単位でシステムトレードが可能な同社は、システムトレードを行うに際し優れた環境を提供しています。
他の投資家が採用のシステムが分かる
同社のシステムトレードでは、他の投資家がどのストラテジーを利用してシステムトレードを行っているかが分かります。採用するストラテジーに、利用している投資家数が記されているため、その数字を見ることで人気・不人気、いずれのストラテジーかが一目瞭然です。多くの投資家が採用のストラテジーが必ず勝てる訳ではありませんが、自らが他の投資家と同様の相場観でシステムを動かしているのか、逆の方向で動かしているのかを知る事で、リスクの取り方も変える事ができます。他のシステムトレードサービスではあまり見られないサービスですが、同社でシステムトレードを行う際には非常に参考となる数字です。
スマホアプリでシステムトレードが可能
同社のシステムトレードはスマホアプリからも操作が可能です。私は主にPCでシステムトレードの設定を行いますが、外出先等で相場が急変することもあります。その場合は、スマホアプリでストラテジーの入れ替え等が可能です。スマホからシステムの操作が可能のため、相場状況に応じて臨機応変の対応ができます。基本的にはスマホアプリを利用しないように、家のPCにてストラテジーの検討や入れ替えを行っていますが、スマホアプリのお陰で、システムトレードをしながらでも安心して外出することができます。
40代 / 男性 / 会社員
FX歴:5-10年
ドル円のスワップは良い
みんなのFXで取引している。基本的に長期でスワップ狙いの取引なので、取引回数は少なく、この会社の約定が滑るとかといった話は聞いたことがあるが、自分の場合は今のところそのような経験はない。みん...
ドル円のスワップは良い
みんなのFXで取引している。基本的に長期でスワップ狙いの取引なので、取引回数は少なく、この会社の約定が滑るとかといった話は聞いたことがあるが、自分の場合は今のところそのような経験はない。みんなのFXのスワップはドル円が50円と結構高い方なので、良いのではないかと思う。以前はもっと少なかったのだが、最近上がった。買いポジションを持つ必要があるので、円安方向に動けば有利なのだが、ちょうど円高に振れた時にうまく買うことができたので、今のところ、スワップはもちろん、キャピタルゲインも出ていて、満足している。
トレードツールの使いやすさは普通レベル
みんなのFXのトレードツールは、これといった特徴はないように思う。特別見づらいということもなく、使いやす方だと思うが、悪い言い方をすれば、これといった特徴がないとも言える。これまで他のFX会社で同様のトレードツールを使ったことのある人であれば、難なく使いこなせるのではないだろうか。動作で特に重いと感じたことはなく、ストレスなく取引できる。最近はスマホでの取引が多くなったが、PCと遜色ないレベルで使え、チャートからの発注もできる。チャートのサイズはスマホだと小さくなってしまうが、横表示すればそれほど不便は感じない。
Myパフォーマンスで取引の確認ができる
みんなのFXには、Myパフォーマンスという機能がある。同様の機能を提供している会社は最近多いが、みんなのFXの場合、画面がシンプルで見やすいので気に入っている。どれくらいのパフォーマンスを上げているのか等、必要な情報が大体表示されているので、自分の成績を客観的に把握できる。ちなみに、パフォーマンスをランキングに公開することもできるが、そちらは今のところ参加していない。参加すると、その取引情報に基づいて、みんなのシストレのユーザーが自動売買を行えるようになるようである。
市場レポートが少ない
みんなのFXは、売買比率やブログパーツといったマーケット情報を提供している。それはそれで良いと思うが、市場レポートが少ない。一応為替ニュースやFXレポートは掲載しているが、必要最低限のレベルでしかない。専門のストラテジストやアナリストなどによる、専門的なマーケットレポートや分析レポートが提供しているFX会社が多い中、必要最低限レベルのものしかないのは、この会社の弱点だと思う。そのため、市場レポートに関しては、他のFX会社を利用した方が良いと思う。

トレイダーズ証券の口コミ・評判をもっと見る

みんなのFX

Medium imagesender
口コミ点数 Point star2 5 2.8
総合ランキング 6位
初回入金額 無料
推しポイント コールセンターは24時間対応
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.40銭原則固定(例外あり) 0.60銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
22円 -12円 28円

第6位:外貨ex byGMO

外貨ex byGMOのメリット

  • 取引に応じてPayPay※現金がもらえるので、お得に取引したい方にもおすすめ

※PayPay残高の種類は「PayPayボーナスライト」となります。「PayPayボーナスライト」は「出金」「譲渡」「送る」「わりかん機能」「Tポイントへの変換」はできません。「PayPayボーナスライト」の有効期限は付与日から60日です。
尚、「現金」に関しては有効期限はありません。

外貨ex byGMOのデメリット

  • ニュース配信は1社のみ

外貨ex byGMOの口コミ・評判

40代 / 男性 / 会社員
FX歴:3-5年
クロス円以外の通貨ペアのスプレッドは並程度
ドル/円を始めとするクロス円通貨ペアのスプレッドは、他の大手並みに狭いスプレッドを提供していますが、それ以外のスプレッドは並程度の狭さです。スプレッド競争の結果、国内FX会社のスプレッドは差...
クロス円以外の通貨ペアのスプレッドは並程度
ドル/円を始めとするクロス円通貨ペアのスプレッドは、他の大手並みに狭いスプレッドを提供していますが、それ以外のスプレッドは並程度の狭さです。スプレッド競争の結果、国内FX会社のスプレッドは差があると言っても、マイナー通貨を除けば十分許容できる範囲とはなっています。しかしながら他社比でのスプレッドの狭さにこだわる場合、同社のスプレッドはクロス円通貨を除くと、魅力を感じないケースがあります。特に多通貨を監視してのトレードスタイルを取る場合、他社とのスプレッドの差の確認は必要不可欠です。単にスプレッドだけではなく、約定力も加味する必要があるため、同社は並程度のスプレッドであっても、早朝や指標発表時を除き約定力を加味すれば十分利用に値します。しかしスプレッドにこだわるトレーダーの場合、同社の利用は厳しい可能性があります。
早朝と指標発表時にスプレッドが広がる傾向にある
同社に限りませんが、早朝及び指標発表時にスプレッドが広がり、発注をしたものの当初予定していたレートで約定できないケースが生じます。他社では取引数量次第の面もありますが、早朝であろうと指標発表時であろうと、それほどスプレッドが拡大しないFX会社も存在します。早朝や指標発表時のエントリーを避けることが最善の方法ではあるものの、チャートやファンダメンタル状況によっては、早朝にトレード(エントリー)を迫られるケースもあります。早朝や指標発表の前後にエントリーする際は、スプレッド数字の確認が必要不可欠です。また特に指標発表時はスリッページが発生し、予定のレートで約定出来ないケースもあるので、その面でも注意が必要となります。
ニュースの情報量が少ない
ニュースを始めとする情報量は全体的に少ないと感じます。他のFX会社のニュースやWebサイト、ツイッター等で情報収集をしながらのトレードが必要です。FX会社によって得手不得手があるのでやむを得ませんが、同社を利用してトレードに臨む際は、他社のニュースツール等を立ち上げながらのトレード環境が必要となってしまいます。FXの場合は要人発言や指標発表で、一気に相場が動くケースがしばしばあるため、情報収集は必要不可欠です。しかし情報面で同社は一歩遅れていると言えます。

外貨ex byGMOの口コミ・評判をもっと見る

外貨ex byGMO

Medium gaikaex
口コミ点数 Point star4 5 4.7
総合ランキング 5位
初回入金額 無料
推しポイント FXでPayPayポイントが貯まる
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.2原則固定(例外あり) 0.5銭原則固定(例外あり) 0.7銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
34円 -10円 36円
※キャンペーン期間:2021年12月22日(水)~2022年3月31日(木)

第7位:マネーパートナーズ

マネーパートナーズのメリット

    • FX口座は2種類!初心者向けの「nano」は100通貨単位から取引可能
    • 約定率は10年連続第1位!スリッページ発生率0%、約定拒否0件で注文したレートで取引できる(※)
    • 株券を証拠金にできる

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月) 

マネーパートナーズのデメリット

    • 他社と比較するとスワップポイントが低めに設定されている

    • 主要通貨の取り扱いはあるが、取引可能な通貨ペア数は少ない

マネーパートナーズの口コミ・評判

20代 / 男性 / 自営業
FX歴:1-3年
100通貨単位からの取引ができる
マネーパートナーズは100通貨単位からの取引ができるので、最初のうちは非常に助かりました。慣れないうちは、やはり少額から取引したいと思ったのと、自分にとって取引しやすい通貨ペアが何なのか、できる...
100通貨単位からの取引ができる
マネーパートナーズは100通貨単位からの取引ができるので、最初のうちは非常に助かりました。慣れないうちは、やはり少額から取引したいと思ったのと、自分にとって取引しやすい通貨ペアが何なのか、できるだけ損失を抑えながら実戦の中で見つけたいと思っていたので、1ポジションあたりの証拠金額を1,000円以下に抑えて取引できるのは良かったです。1,000通貨単位で取引できる会社は多いですが、100通貨だともっと手軽に練習やお試しのトレードができ、少額ながらも自己資金を使った実戦が経験できるので、良いと思います。
パートナーズFX nanoのスプレッドが安定している
これまで何度も取引していますが、パートナーズFX nanoのスプレッドは安定していると思います。雇用統計みたいな大きなイベントの時は、普段のスプレッドが安定していても、この時はどうしても大きく広がってしまう会社が多いのですが、パートナーズFX nanoに関しては、このような時も広がり方が抑えられていると思います。約定も安定しているので、安心して取引できる会社です。パートナーズFX nanoは、1回の最大注文数量が10万通貨までなのですが、大きな数量での取引を考えていないのであれば、パートナーズFX nanoが断然お勧めです。
スワップが高い
マネーパートナーズでは、最近スワップに力を入れているようで、トルコリラ円やドル円などのスワップ額がアップしています。また、他の会社では買いポジションも売りポジションも引かれてしまうことの多いユーロ円に関しても、買いポジションの場合は少ないながらもスワップが貰えます。今のところ期間限定でやっているサービスのようですが、このおかげで、スワップ獲得のためのトレードもやるようになりました。さすがに、今のスワップを継続するのは難しいのかもしれませんが、できれば、このサービスは続けてもらえたらいいと思います。
取引ツールが見やすく、使いやすい
パートナーズFX nanoの取引ツールは使いやすいです。チャートも発注画面も大きく表示されるため、操作中にどこに何があるか分からなくなるようなことは、まずありません。動きが軽快なので、注文をスピーディーに出すことができます。操作方法も簡単なので、初心者の時にも混乱せずに「何となく」といった感じで操作できました。変にごちゃつかず、すっきりしたレイアウトなので良いと思います。
40代 / 男性 / 会社員
FX歴:10年以上
取引ツールは優秀
私は主に「HyperSpeed NEXT」を使用していますが、高機能でかつカスタマイズ性が高く、やりたいことをストレスなくできる取引ツールで気に入っています。例えばチャート分析に関しては、計26...
取引ツールは優秀
私は主に「HyperSpeed NEXT」を使用していますが、高機能でかつカスタマイズ性が高く、やりたいことをストレスなくできる取引ツールで気に入っています。例えばチャート分析に関しては、計26種類のテクニカルが使用できるようになっています。また、これらのテクニカルを使用して、プログラミング知識のない人でもオリジナルのストラテジが作れるようになっています。そして、このストラテジによる売買サインは、チャートに表示させることもできます(自動売買にも対応)。その他、レイアウト設定に関しては、ツールのそれぞれの機能を独立したウインドウにする機能があります。とくにマルチディスプレイの人は、自分のデスクトップ画面上に自由に配置ができるので、とても使い勝手がいいと感じると思います。
低スプレッドと安定の約定力
FXにおいて取引ツールも大事ですが、それ以上にしっかりとトレードを成立させる能力が大事です。私は小ロット用のnanoではなく大ロット対応のPFXを使用していますが、こちらの約定力は安定していると感じていて、すべりもほとんど気になりません。また、加えてスプレッド・スワップともに業界内で高水準の設定となっているので、トレード条件としては申し分ないと感じています。さすが上場会社のFXサービスというところですが、安心してトレードすることができる環境ですね。
プラスアルファの情報提供はそれほど
マネーパートナーズのちょっと足りないなと私が感じるのは、為替に関する市場レポート的なものが少ないという点です。ちなみに、市場の速報ニュース系の情報だったり、初心者向けコンテンツやセミナーといったものはわりと豊富だとは思います。ですが、経験者向けに相場をを深掘りして解説したようなものが、あまり用意されていないような気がするというイメージです。今後は、こういった経験者向けの相場解説コンテンツ的なものにも力を入れていってくれると、もっと良くなるような気がしています。
FXに留まらないマネーパートナーズ
マネーパートナーズがメイン事業はもちろんFXサービスです。ですが、このFXサービスから派生して外貨関連のサービスも行っていて、実はこれがけっこう使えるものになっています。まずは航空外貨受取サービスというものですが、普通に空港や銀行なんかで両替するよりもお得に外貨両替ができるようになっています。また、個人的にもっとおすすめなのが、マネパカードというプリペイドカード式のものです。外貨両替がお得なことは同様ですが、こちらはWebから簡単にチャージするだけで外貨を使えるのでさらに便利です。こういった付随サービスの強さは、他のFX会社にはなかなか見られない特徴ですね。

マネーパートナーズの口コミ・評判をもっと見る

マネーパートナーズ

Medium 448744
口コミ点数 Point star3 0 3.1
総合ランキング 7位
初回入金額 4,000円
推しポイント 11年連続 約定力第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
- - -
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
12円 -39円 非公開

第8位:ヒロセ通商

ヒロセ通商のメリット

    • 通貨ペアが50種類と豊富に用意されている
    • スプレッドが狭くて取引コストが抑えられるので、スキャルピングにもおすすめのFX口座
    • さまざまな食品がもらえる豪快なキャンペーンが毎月開催されている

ヒロセ通商のデメリット

    • スワップポイントが優れているとはいえない

    • スプレッドが開きやすいという評判がある

ヒロセ通商の口コミ・評判

50代 / 男性 / 自営業
FX歴:10年以上
楽しくFXを“遊べる”FX会社
ヒロセ通商を簡単に言うと、いろんな企画が多くて楽しめるFX会社だと思います。元ディーラーの小林芳彦氏を中心に、TwitterやWeb上のライブ動画などを通じて、FXの相場についていろいろと発信を...
楽しくFXを“遊べる”FX会社
ヒロセ通商を簡単に言うと、いろんな企画が多くて楽しめるFX会社だと思います。元ディーラーの小林芳彦氏を中心に、TwitterやWeb上のライブ動画などを通じて、FXの相場についていろいろと発信をしてくれています。こういった会社の姿勢によって、誰でもFXを身近に感じられるような雰囲気を作り出してくれているように感じます。FXをやっていると時には疲れてしまうこともありますが、そういった時におすすめしたいFX会社です。いい意味で、FXで“遊べる”と思いますよ。
スピード取引系の取引ツール
ヒロセ通商のLION FXの取引ツールですが、タイプとしてはスピーディなトレードに強いタイプです。素早くエントリー、イグジットができるような設計になっているので、トレードをサクサクと進めていくことが可能です。また、そういったスピード面で優れているだけでなく、カスタマイズ性の高さも特徴だと思います。例えば「クイック注文」ウインドウは、縦長、横長といった形を選べるだけでなく、表示するボタンも細かく設定することができます。カスタマイズをしていくことで、より自分にフィットさせられるので、使いこんでいくと手放せなくなるような感じの取引ツールです。
マニアックな通貨ペアも取引可能
楽しくFXができるヒロセ通商ですが、トレードをする環境としても特徴があります。スプレッドやスワップポイントが良い設定になっているのはもちろんなんですが、強調しておきたいのが取り扱っている通貨ペアの数です。なんと50もの通貨ペアを取り扱っていて、例えばハンガリーフォリントやポーランドズウォティなど、他社ではあまり扱っていないものもトレードできます。通貨ペア数が多ければトレードチャンスも増えるわけですが、この点を重視する人にとってはチェックしておくべきFX会社と言えます。
チャートで自分のトレードを振り返ろう
FXで成長していくために大切なのは、自分のトレードを振り返っていくことだというのが、10年以上FXをやっている私の考えです。そして、ちゃんと振り返りを行うためには、それをやりやすい環境あるかどうかというのも重要になってきます。ヒロセ通商のチャートツール(Java版)では、チャート上のどこでエントリーして、どこでイグジットしたかを、表示することができる機能が備わっています。これがあれば振り返りが随分とやりやすくなるので、ぜひ利用するといいと思います。この他、「LION分析ノート」というトレード結果の集計ツールもあるので、これも併せて活用することで、より効果的な振り返りができるようになると思います。
40代 / 男性 / 自営業
FX歴:10年以上
上場会社しているFX専業会上
ヒロセ通商はジャスダックに上場しているFX専業会社です。FX専業で上場している会社は多くありませんが、上場できるということは内部統制もしっかりしているはずなので、信頼できるポイントだと感じていま...
上場会社しているFX専業会上
ヒロセ通商はジャスダックに上場しているFX専業会社です。FX専業で上場している会社は多くありませんが、上場できるということは内部統制もしっかりしているはずなので、信頼できるポイントだと感じています。会社の雰囲気としては、ホームページを見てのとおりですが、わりとイケイケドンドン系なのですが、ちゃんとするところはちゃんとしている会社ということですね。ちなみに、ヒロセ通商では元為替ディーラーの小林芳彦氏の露出が多いんですが、この人の人柄もあってか、親しみを感じやすい会社でもあると思います。
バンバンとトレードできる快感!
ヒロセ通商のLION FXの取引ツールの特徴は、なんといってもサクサクとトレードができる操作性の良さです。約定をすると「バーン!」と音がするんですが(設定で別の音に変更できます)、その音も相まって、気持ちよくどんどんとトレードしてしまいます。こんな感じでスピード感のある取引ツールなんですが、ヒロセ通商は「スキャルピングOK」とまでは明言していません。ただ、私自身ずっとスキャルピングしているので、たぶんよっぽどのことがないと凍結はされないと思っています。
取引システムの改善が多い
私はLION FXを長年見てきていますが、取引ツールはどんどん進化していっている印象です。新機能は頻繁にリリースされていて、今やもう高機能ツールとなっています。1つ前で書いた操作性の良さはは昔から変わらないんですが、良いところをキープしながらうまく新機能の追加ができていて、バランスのいい取引ツールに仕上がっています。ただ、インストール型なので、新機能のリリースのたびにアップデートがかかるのが面倒なところはあります。その関係なのかわかりませんが、私のノートン先生に引っかかることもあって、この点はちょっとだけマイナスポイントです。
食品キャンペーンがおもしろい
最後にヒロセ通商といえば触れておかなければならないのが、やはり食品キャンペーンでしょう。取引量に応じて食品をもらえるというものですが、とにかくその量がハンパなく多く、ものすごいインパクトがあります。餃子やら、カレーやら、スパゲッティやらと、かなりの量がもらえます。しかも取引量の条件は軽めなので、けっこう楽にクリアできます。個人的におすすめなのは、毎年12月にやっているおせちがもらえるキャンペーンです。おせちを自分で買うとけっこう高いので、私はここのところ毎年、おせちは必ずもらうようにしています。

ヒロセ通商の口コミ・評判をもっと見る

ヒロセ通商

Medium hirose
口コミ点数 Point star3 5 3.9
総合ランキング 8位
初回入金額 10,000円~
推しポイント 顧客満足度調査第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.4~0.9銭 0.60銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
1円 30円 50円

第9位:マネックス証券

マネックス証券のメリット

    • 自動発注機能「オートレール」がシンプルで使いやすく、初心者にもおすすめ
    • AIによるトレード診断で自分の取引を客観的に分析できる
    • テクニカル指標や描画ツールが豊富に用意された高機能の取引ツール「MonexTrader FX」が利用できる

マネックス証券のデメリット

    • 1万通貨未満で取引する場合は手数料がかかる

    • ドルストレートで取引できる通貨ペアは3種類のみ

マネックス証券の口コミ・評判

50代 / 男性 / 会社員
FX歴:3-5年
マネックスFXのスプレッドが狭い
マネックスFXのスプレッドは0.2銭とかなり狭いので、取引を始めました。ただ、注文数量が多くなるほどスプレッドは広くなるので、その点は注意した方が良いと思います。とはいえ、一番広いスプレッドでも...
マネックスFXのスプレッドが狭い
マネックスFXのスプレッドは0.2銭とかなり狭いので、取引を始めました。ただ、注文数量が多くなるほどスプレッドは広くなるので、その点は注意した方が良いと思います。とはいえ、一番広いスプレッドでも0.5銭なので、基本的にここはスプレッドが狭い会社だと思います。メジャーな通貨ペアはどれもスプレッドが狭いので、基本的に発注数量が少なく、多くてもせいぜい1万通貨しか取引しないという人は、ここで取引するのがおすすめです。1,000通貨単位での発注になるので、普通に1万通貨単位での取引しかできない会社より、資金によっては取引できるロット数が多くなるのも良いと思います。
取引できる通貨ペアは少なめ
マネックスFXは取引できる通貨ペアは16通貨ペアなので少なめです。もっと色々な通貨ペアを取引したい場合はいまいちかもしれません。基本的にクロス円の通貨ペアが多く、ドル円以外のドルストレートは3種類と少ないです。ただ、高金利通貨で人気のトルコリラはクロス円で用意されており、他にメキシコペソ円もあるので、スワップ狙いで高金利通貨の取引をしたい人には、通貨ペアが少なくても問題ないと思います。クロスユーロやクロスポンドといったマイナーな通貨ペアを取引したい場合は他の会社で取引する必要があります。
オートレールで自動発注ができる
マネックス証券にはFX PLUSというFXの商品もあり、こちらの方では「オートレール」という自動注文が利用できます。今流行りの自動売買系のオリジナル注文ですが、トレール注文を基にしたものなので、FXの知識がある人にとっては分かりやすい自動注文だと思います。難点は、FX PLUSのスプレッドはマネックスFXに比べてだいぶ広く、ドル円で2銭なので、回数の多い取引には向いていないことです。自動注文が使えるのは魅力的ですが、スプレッドに関してはデメリットだと思います。
取引ツールが使いやすい
基本的に、どこのFX会社も取引ツールは使いやすいと思うので、そういう意味ではマネックス証券は飛びぬけて使いやすいわけではないかもしれません。でも、スマホの文字も大きく見やすいように作ってあったり、直感的に使えるように作られていたりするため、自分にとっては使いやすいです。今は主にスマホを使ってトレードしていますが、恐らく、PCのブラウザ用取引ツールがメインで、スマホ用の取引ツールは補助的な感じなのではないかと思います。画面のサイズ上、チャートは細かい部分が見づらいこともありますが、基本的には見やすく使いやすいと思います。
30代 / 男性 / 会社員
FX歴:1年以下
マネックス証券グループの安心感
マネックスFXはその名の通り、ネット証券大手マネックス証券グループが提供しているFXサービスです。FX会社の中には未上場の企業も存在している中、ネット証券大手のマネックス証券が運営しているFXサ...
マネックス証券グループの安心感
マネックスFXはその名の通り、ネット証券大手マネックス証券グループが提供しているFXサービスです。FX会社の中には未上場の企業も存在している中、ネット証券大手のマネックス証券が運営しているFXサービスとしての安心感があります。取引に際し、証拠金として投資資金をFX会社に預ける必要があるFXトレードでは、FX会社の信頼性が大切です。ネット証券大手としての地位を確立しているマネックス証券が提供のFXサービスであれば、安心して資金を預けてトレードができます。尚、ネット証券大手ではSBI証券もFXサービスに力を入れています。ネット証券の中では同社とSBI証券がFXサービスに関し、独自のサービスを提供するなど非常に力を入れていると考えられます。
マネックス証券グループとしては、2種類のFXサービスがあり分かりにくい
マネックス証券グループとしてFXサービスは、「マネックスFX」と「FX PLUS」の2種類が存在します。同じ企業グループから提供のFXサービスであり、サービス内容が類似していると思われがちですが、全く別物としてサービスが提供されています。全体的にはマネックスFXがサービスとしては良好であり、余程のこだわりが無ければマネックスFXサービスを利用すべきです。マネックス証券自身が立ち上げたFXサービスの「FX PLUS」のシステムと、マネックス証券が買収した先のFX会社のシステムである「マネックスFX」が共存する形です。使い始めると迷う事はなくなりますが、最初の段階ではグループ内でFXサービスを2者提供しているという点は、個人投資家の立場からは非常に分かりにくく、注意が必要です。
1,000通貨から取引可能
マネックスFXは1,000通貨から取引が可能です。大手FX会社の多くは10,000通貨からの取引です。過去FXトレードは10,000通貨が基本だったそうなので、歴史的経緯を考えればやむを得ないと思います。しかしながら最近では、中堅クラスのFX会社中心に1,000通貨からでも取引可能なFX会社が出現しており、同社もその中の1社です。1,000通貨単位の取引であれば、資金量の増減に応じて取引数量をコントロールしながらのトレードが可能です。よって連敗した時に、資金の減少スピードをマイルドにすることができます。FXトレード初期の段階では、同社を利用して1,000通貨からのスタートがよいと思います。

マネックス証券の口コミ・評判をもっと見る

マネックス証券\FXPLUS

Medium imagesender
口コミ点数 Point star3 5 3.6
総合ランキング 9位
初回入金額 無料
推しポイント AI診断でトレード力を向上!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.2銭原則固定(例外あり) 0.5銭原則固定(例外あり) 0.6銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
43円 -25円 $ -0.440

第10位:FXプライムbyGMO

FXプライムbyGMOのメリット

    • 約定率100%(※)でスリッページがないので、思い通りの注文ができる
    • 20種類以上のマーケット情報やオンラインセミナーなど取引に役に立つ情報が豊富
    • 取引タイミングを逃さないように、相場が大きく動いた際に通知してくれるスマホアプリがある

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月)

FXプライムbyGMOのデメリット

    • スワップポイントが優れているとはいえない

    • スプレッドが開きやすいという評判がある

FXプライムbyGMOの口コミ・評判

30代 / 女性 / 主婦
FX歴:3-5年
GMOグループでクリック証券の弟分(?)
私の場合、FXプライムbyGMOだけではなくGMOクリック証券の口座も持っていて、この2つを併用して使わせてもらっています。ちなみに、この両者はいずれもGMOグループですが、知名度的には「FXプ...
GMOグループでクリック証券の弟分(?)
私の場合、FXプライムbyGMOだけではなくGMOクリック証券の口座も持っていて、この2つを併用して使わせてもらっています。ちなみに、この両者はいずれもGMOグループですが、知名度的には「FXプライム<クリック証券」という感じです。弟分的ポジションなのかなと勝手に思っていますが、FXプライムにはクリック証券にはない良さもあります。特筆すべきはマーケット情報の提供力というところで、クリック証券の弱いところをFXプライムがうまく補完している感じです。こういった関係の両者を併用することで、FXをより上手にやっていくことができていると思っています。
シンプルかつ高機能な取引ツール
FXプライムは基本的に、インストールなしでWeb上から快適にトレードができます。トレードする際に使うのは「ハイスピード注文画面」が多いと思いますが、これはシンプルなインターフェースの注文ツールです。また、チャートツールとしては「プライムチャート」が用意されていて、こちらは54種類のテクニカルと27種類の描画オブジェクトが使えるという、圧巻の高機能のツールです。クリック証券にも劣らない優れたツールたちなので、このあたりも利用価値ありだなと感じるポイントです。
スプレッドが広く高速スキャルピングは厳しめ
FXプライムでちょっと残念なのが、各通貨ペアのスプレッドの設定が広いというところです。私はスキャスパーで数十秒間隔で数pipsを抜くというトレードも好きなんですが、FXプライムではなかなかそれは厳しいというのが正直なところです。無理矢理そういうトレードをやっても、あまりいい結果が出せたことがありません。10pipsぐらいはしっかり抜くようなやり方じゃないと、ちょっと厳しいんじゃないのかなと思います。この点では、クリック証券のほうがやりやすいですね。
バイナリーオプションができる
FXプライムでは、バイナリーオプション(BO)もできるようになっています。そのため、FXのような値幅を取るというかたちではなく、判定時間のレートを予想するかたちのトレードも可能です。ちなみに、クリック証券も同様にBOを提供しているんですが、ここで1つおもしろいポイントがあります。というのは、FXプライムとクリック証券とで、判定時間が1時間ズレているんです。BOは制度の関係で、各社は判定時間を2時間に設定しています。ですが、この2社を併用することで、1時間おきに判定時間を迎えることも可能です。判定時間前はいろいろ勝負ができるチャンスなので、チャンスが増えるという意味でおすすめのやり方です。
20代 / 男性 / 会社員
FX歴:1-3年
GMOインターネットグループのもう1つのFX会社
GMOインターネットグループのFX会社と言えば、GMOクリック証券が有名ですが、同社もGMOグループのFX会社です。元は伊藤忠グループのFX会社だったようですが、GMOグループが買収して、GMO...
GMOインターネットグループのもう1つのFX会社
GMOインターネットグループのFX会社と言えば、GMOクリック証券が有名ですが、同社もGMOグループのFX会社です。元は伊藤忠グループのFX会社だったようですが、GMOグループが買収して、GMOグループ入りした経緯があります。GMOクリック証券は業界ナンバーワンのFX会社として知られており、また持ち株会社が上場もしています。同社はGMOクリック証券程の知名度はありませんが、GMOグループの一角を形成しています。 中堅FX会社に該当する同社ですが、GMOという上場企業グループに属しており、安心して証拠金を預けて取引を行う事ができます。
1,000通貨から取引可能
GMOグループの代表格であるGMOクリック証券は国内最大手FX会社として知られており、幅広い層で利用されています。しかしながらGMOクリック証券の取引は10,000通貨からとなっています。一方で同社は1,000通貨から取引が可能です。 初心者には10,000通貨より、1,000通貨単位での取引がよりリスクが少ないと言えます。特に損切が連続すると、万単位の通貨で取引を行っていると、アッと言う間に資金を減少させてしまうことがあります。 1,000通貨単位の取引なら、資金量に応じた取引通貨数のコントロールをある程度行う事ができます。 同じGMOグループながら、1,000通貨単位で取引可能な同社は、GMOクリック証券よりも利用のハードルの低いFX会社と言えるのではないでしょうか。 私も当初はGMOクリック証券の利用をしていましたが、1,000通貨から取引可能な同社で専らFXトレードを行っています。
全体的にGMOクリック証券より初心者には使い勝手がよい
同じGMOグループに2社のFX会社が存在している中、GMOクリック証券は国内ナンバーワンFX会社として、圧倒的な存在感を持っています。 しかしながらサービス内容で見ると、より初心者向きのサービスを提供している会社は同社です。1,000通貨で取引可能、という点が代表例ですが、他にもデモ口座が開設可能、初心者向けセミナーの開催、ぱっと見テクニカルによるトレンド判定などがあり、初心者がスムーズにFX取引に取り組むことができる環境が用意されています。 GMOグループ=GMOクリック証券、という構図が浮かぶのが通常ですが、同社も同じGMOグループの会社です。初心者向けのサービスを多数同社は提供しており、初心者の段階であればGMOクリック証券だけでなく、同社の利用も試すことをお勧めします。

FXプライムbyGMOの口コミ・評判をもっと見る

FXプライムbyGMO\選べる外貨

Medium 300 250 loop
口コミ点数 Point star3 0 3
総合ランキング 10位
初回入金額 無料
推しポイント 強靭なサーバー!高い約定力!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.60銭原則固定(例外あり) 0.9銭原則固定(例外あり) 1.30銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
32円 -12円 35円

項目別に比較!おすすめFX会社6選

ここでは、比較して分かったおすすめのFX会社を項目別にご紹介します。

FX初心者におすすめ: GMOクリック証券

GMOクリック証券は、取引高世界第1位(※)のFX口座です。

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月~2020年12月)

高水準のスワップポイント、取引コストの安さなど、短期・中期・長期、どの取引スタイルでも利用しやすい点が、人気の理由のひとつです。

例えば、1日あたり受け取れるスワップポイントは、

  • トルコリラ/円:94円
  • 南アフリカランド/円:110円
    (※2019年1月7日時点)

で業界最高水準です。

GMOクリック証券のスワップポイントは、その他の通貨でも全体的に高く設定されているので、長期トレーダーにおすすめです。

また、スプレッドは最狭水準を誇っていて、主要通貨のスプレッドが全て原則固定になっています。

取引手数料も0円なので、取引回数が多い短期トレードの場合も、低コストで取引できます。

さらに、抜群に使いやすい高機能ツールが無料で利用できる、安心の24時間サポート付きなど、初心者から上級者まで幅広いトレーダーにおすすめできるFX口座です。

GMOクリック証券で口座開設すると、バイナリーオプションも取引できますよ!

GMOクリック証券

Medium gmoclick
口コミ点数 Point star4 0 4.3
総合ランキング 2位
初回入金額 無料
推しポイント 低コスト&高スワップ◎
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
36円 -15円 43円

操作性の良い取引ツールを使いたい人におすすめ:DMM FX

DMM FXは、初心者から上級者まですべてのトレーダーにおすすめのFX会社です。

取引ツールはシンプルな設計で、自分に合った仕様にカスタマイズ可能なので、ボタン操作に迷うことなくスムーズに取引できます。

また全部の操作をスマホで行えるため、スマホトレーダーにもおすすめです。

取引ツールは安定して高い評価を集めています。

DMM FXはデモトレードが可能なFX会社なので、操作性は簡単にチェックできます。

全通貨ペアのスプレッドが最狭水準に設定されていて、ドル/円の場合は「0.2銭原則固定」で取引できます。

取引コストを抑えたい方や、デイトレードで取引したい方にも使いやすいといえます。

ただし、DMM FXはスキャルピングの禁止が約款に明記されているので、スキャルピングをしたい方は、別のFX口座を検討しましょう。

他のトレーダーの動向が一目でわかる売買比率情報も見ることができるので、トレンドが掴みやすく、FX初心者にもおすすめです!

DMM FX

Medium rola250 200
口コミ点数 Point star4 5 4.9
総合ランキング 1位
初回入金額 無料
推しポイント 最短1時間で取引開始が可能!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
20円 -7円 25円

少額から始めたい人におすすめ:外為どっとコム

これからFXを始められる方は、初期投資の金額がいくらになるのか、すでに取引を始めている方はランニングコストをどう抑えるのかは気にしたいポイントです。

外為どっとコムは、スプレッド、取引通貨単位、取引手数料の面からみて、数あるFX口座の中でも比較的安くFXを始められます。

スプレッドは米ドル/円が(原則固定 例外あり)、取引通貨単位は1,000通貨~、手数料はすべて無料(銀行口座からの出入金など)となっており、他の口座から比べて「ずば抜けて安い!」ということはありませんが、非常にコストのバランスが良い会社です。

外為どっとコム

Medium gaitamecom
口コミ点数 Point star4 0 4.4
総合ランキング 4位
初回入金額 無料
推しポイント 業界トップクラスの情報量!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
72円 -15円 25円
2021年5月10日

様々な通貨ペアで取引したい人におすすめ:ヒロセ通商

FXを始めたら、自分にあったトレードスタイルを見つけるのがとても大事になってきますが、トレードスタイルによって取り扱う通貨も変わります。

例えば、スワップ益を狙うようなスタイルであれば、現在(2018年12月時点)話題になっているのは豪ドル/円の通貨ペアです。

そのため、自分がどんな取引をするかによって通貨ペアも変わるので、できるだけ、多くの通貨ペアを扱っている会社のほうが好ましいといえます。

ヒロセ通商は、取り扱い通貨ペア数が50種類で、業界最高水準です。

これはどれくらい多いかといえば、「DMM FX」が20種類、「GMOクリック証券」が20種類ですので、倍以上あり、圧倒的なことがわかります。

メキシコペソ/円、南アフリカランド/円などの高金利通貨のスワップポイントも高いことから、ナビナビFXでは、取り扱い通貨ペアが豊富なFX口座ランキング第1位となっています!

ヒロセ通商

Medium hirose
口コミ点数 Point star3 5 3.9
総合ランキング 8位
初回入金額 10,000円~
推しポイント 顧客満足度調査第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.4~0.9銭 0.60銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
1円 30円 50円

約定力が高いFX口座で取引したい人におすすめ:マネーパートナーズ

FXでは、注文を出しても取引が成立しない場合、注文した金額と違う金額で取引が成立してしまうことがあります。

これを「滑る」といい、滑りを防ぐためには、約定力が高い口座を選ぶ必要があります。

マネーパートナーズは、矢野経済研究所が実施している「主要FX会社における、FXサービスのスリッページ発生率・約定率等の調査」において、2018年12月に行われた調査まで10年間連続でNo.1の結果となっています。

2018年12月の調査の際には、スリッページ発生率は0%で、調査対象となった7社中でマネーパートナーズのみでした。

引用:マネパは10年連続「約定力No.1」 | FX・証券取引のマネーパートナーズ -外為を誠実に-

上記の結果からも、約定力が高い会社として、マネーパートナーズをおすすめします。

スリッページや約定拒否による損失を防ぐことができるので、安心して取引できるといえます!

マネーパートナーズ

Medium 448744
口コミ点数 Point star3 0 3.1
総合ランキング 7位
初回入金額 4,000円
推しポイント 11年連続 約定力第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
- - -
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
12円 -39円 非公開

自動売買を使いたい人におすすめ:外為オンライン

autotrade

FXには、あらかじめ設定されたロジックにしたがって取引を行う、自動売買というものがあります。

自動売買では相場を見ていなくても、自動で新規発注・決済をくり返してくれるので生活面での負担が少なく、興味を持つ人も少なくありません。

しかし、自動売買はきちんと理解するのが難しく、初心者がいきなり始めるのにはハードルが高いといえます。

外為オンラインが展開する「iサイクル」という自動注文システムでは、初心者にも理解できるようなシステムになっていて、自動売買を始めて活用する人におすすめです。

単純なロジックで新規発注・決済の注文をリピートさせるもので、自動売買へのとっかかりには適しています。

自動売買に興味のある人は、まずは外為オンラインでスタートしてはいかがでしょうか?

外為オンライン

Medium imagesender
口コミ点数 Point star4 5 4.5
総合ランキング 3位
初回入金額 5,000円
推しポイント 自動売買ツールがおすすめ
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
1.00銭原則固定(例外あり) 2.00銭原則固定(例外あり) 3.00銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
15円 -20円 10円

FX会社を比較する9つのポイント&比較表

FX会社を選ぶときは、以下の9つのポイントで比較するのがおすすめです。

  • 取引コストが低い(スプレッドが狭い)
  • スワップポイントが高い
  • FX情報量が多い
  • 取引ツールの性能が良い
  • スマホアプリが使いやすい
  • 約定力が強い
  • 自動売買が優れている
  • 取り扱い通貨ペアが多い
  • キャンペーンが充実している

FX会社はそれぞれにメリット・デメリットがあるため、自分に合っているものがどれか分からず迷いがちです。

ここからは、9つの比較ポイントで見るべきことと、FX会社の比較表をご紹介します。

ぜひ参考にしてください。

取引コストが低い(スプレッドが狭い)

短期取引で利益を上げたい方は、スプレッドが狭く、取引コストを抑えられるFX会社がおすすめです。

デイトレードやスキャルピングといった短期取引では、頻繁に売買を繰り返すことで利益を上げていくので、取引コストが高くなるとその分利益を上げにくくなります。

1回のトレードで狙う値幅は、デイトレードで5銭~1円程度、スキャルピングで5銭程度までなので、スプレッドが広いFX口座で取引すると、損失が出やすくなるので注意しましょう。

なお、ポジショントレードやスイングトレードといった中・長期取引では、1回あたりの利益が大きく、取引回数も数週間~数年に1回程度なので、取引コストはそこまで気にする必要がないといえます。

おすすめFX会社のスプレッド比較表

会社名 米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 NZ/円
SBI FXトレード 0.20銭
(0.27)
0.30銭
(0.49)
0.70銭
(0.99)
0.40銭
(0.69)
0.90銭
(1.19)
DMM FX 0.2銭
(原則固定)
0.5銭
(原則固定)
1.0銭
(原則固定)
0.7銭
(原則固定)
1.2銭
(原則固定)
GMOクリック証券 0.2銭
(原則固定)
0.5銭
(原則固定)
1.0銭
(原則固定)
0.7銭
(原則固定)
1.2銭
(原則固定)
外為どっとコム 0.2銭
(原則固定
※例外あり)
0.5銭
(原則固定
※例外あり)
1.0銭
(原則固定
※例外あり)

0.7銭
(原則固定
※例外あり)
1.2銭
(原則固定
※例外あり)

※2021年2月2日更新
(※1)1万通貨以下の取引のスプレッドを記載し、カッコ内には1万1通貨~100万通貨(ユーロ/米ドルは1万1通貨~50万通貨)の取引のスプレッドを記載しています。それよりも大きい数量の取引では、スプレッドは記載している値よりも大きくなります。

各社を比較すると、通貨ペアによってお得に取引できるFX口座が異なるのが分かります。

「米ドル/円」「ユーロ/円」「豪ドル/円」といった通貨ペアで取引したい方は、SBI FXトレードがおすすめです。

スワップポイントが高い

中・長期取引で利益を上げたい方は、スワップポイントが高いFX口座を選ぶようにしましょう。

スワップポイントとは2つの通貨の金利差のことで、通貨ペアを保有している間は、毎日スワップポイントを受け取ることができます。

ただし、スワップポイントがマイナスになる通貨ペアを保有している場合は、スワップポイントを毎日支払うことになるので注意が必要です。

おすすめFX会社のスワップポイント比較表

会社名 買or売
スワップ
米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 NZ/円 ランド/円
GMOクリック証券 買い 67円 -12円 31円 31円 30円 110円
売り -70円 11円 -34円 -32円 -33円 -110円
外為オンライン 買い 60円 -26円 10円 20円 15円 50円
売り -90円 0円 -35円 -50円 -45円 -300円
外貨ex byGMO 買い 74円 -10円 27円 35円 30円 120円
売り -84円 0円 -37円 -45円 -40円 -220円
外為どっとコム 買い 68円 -15円 32円 35円 27円 120円
売り -98円 0円 -47円 -50円 -42円 -270円
ヒロセ通商 買い 40円 -30円 11円 50円 34円 150円
売り -140円 -20円 -91円 -105円 -89円 -650円

※2018年12月6日現在

通貨ペアによってスワップポイントが最も高いFX口座は異なるので、自分が取引したい通貨ペアで各口座を比較しましょう。

複数の通貨ペアで取引したい方は、平均的にスワップポイントが高く設定されていている「GMOクリック証券」がおすすめです。

FX情報量が多い

配信されるニュースや提供しているマーケット情報の量はFX会社によって異なるので、できるだけ情報量の多いところを選ぶのがおすすめです。

FXでは、チャートの動きを見るだけでなく、経済指標や金融政策などから今後の動向を予測することが重要で、市場に影響を与える情報をいかにキャッチできるかが勝敗を左右します。

FX会社では、以下のような情報を提供しているところが多いです。

  • ニュース配信会社のニュース
  • 初心者向けコンテンツ
  • アナリストによるレポート
  • セミナー

情報の量はもちろんですが、早さや質なども比較しながら、自分に合ったFX会社を見つけましょう。

おすすめFX会社の為替ニュース比較表

会社名 FXi24 Market Win24 フィスコ ロイター ダウ・ジョーンズ 独自
外為どっとコム × × ×
外為オンライン × ×
GMOクリック証券 × × ×
マネーパートナーズ × ×
SBI FXトレード × × ×

※2019年2月13日現在

ニュース配信会社との提携数は「外為オンライン」「マネーパートナーズ」が最も多いですが、情報量の観点からおすすめなのは「外為どっとコム」です。

「外為どっとコム」は、外為どっとコム総研という外国為替専門のシンクタンクを設立していて、独自情報の量や質は業界でトップクラスだといえます。

取引ツールの性能が良い

FXでは、取引ツールを使って売買を行っていくので、取引ツールの性能が良い方が有利だといえます。

取引ツールが使いづらいと、売買チャンスを逃してしまうことがあるので注意してください。

例えば、

  • 注文ボタンがわからない
  • 自分好みにカスタマイズできない
  • 設定がわかりづらい
  • 画面がカクカクする

といったことでストレスを感じるようであれば、別のFX会社のツールを試してみることをおすすめします。

FX会社によって、提供している取引ツールの種類や便利機能なども異なるので、自分に合ったものを見つけましょう。

おすすめFX会社の取引ツール比較表

注文方法の徹底比較一覧
会社名 注文方法の種類
DMM FX 成行,指値,逆指値,IFD,OCO,IFO,ストリーミング,時間指定成行,決済同時発注
外貨ex byGMO 成行,指値,逆指値,IFD,OCO,IFO,トレール,リピート,決済同時発注
GMOクリック証券 成行,指値,逆指値,IFD,OCO,IFO,決済同時発注
ヒロセ通商 成行,指値,逆指値,IFD,OCO,IFO,ストリーミング,時間指定成行,トレール,決済同時発注
FXブロードネット 成行,指値,逆指値,IFD,OCO,IFO,トレール,リピート
チャートの徹底比較一覧
会社名 同時表示数 テクニカル指標 テクニカル指標の詳細
DMM FX 6 20 単純移動平均線,指数平滑移動平均線,加重移動平均線,一目均衡表,ボリンジャーバンド,ピボットポイント,エンベロープ,パラボリックSAR,スパンモデル,スーパーボリンジャー,MACD,RSI,RCI,スローストキャスティクス,ヒストリカル・ボラティリティ,移動平均乖離率,モメンタム,ATR,DMI,ADX
外貨ex byGMO 6 31 移動平均線,二重指数移動平均,指数移動平均,一目均衡表,ボリンジャーバンド,パラボリック,エンベローブ,線形回帰,単純移動平均,標準偏差チャンネル,時系列予測,三角移動平均,加重移動平均,ジグザグ・ドル,ジグザグ・パーセント,ピボットポイント,スーパートレンド,アキュムレイション・スイング・インデックス,アベレージ・トゥルー・レンジ(ATR),オーサム・オシレーター,モメンタム,デトレンディッド・プライス・オシレーター,リニアー・リグレッション・スロープ,プライス・レート・オブ・チェンジ,プライス・オシレーター,RSI,ストキャスティクス,MACD,ウィリアムズ%R,アルティメットオシレーター
GMOクリック証券 6 8 単純移動平均線,指数平滑移動平均線,ボリンジャーバンド,一目均衡表転換線,MACD,RSI,RCI,ストキャスティクス
ヒロセ通商 6 21 単純移動平均線,指数平滑移動平均線,ー目均衡表,ボリジャーバンド,パラボリック,エンベロープ,GMMA,スバンモデル,スーパーボリンジャー,HLバンド,ストキャスティクス, 乖離率,サイコロジカルライン,DMI,RCI,ROC,MACD,ウィリアム%R,アルティメットオシレーター,RVI
FXブロードネット 30 26 単純移動平均線、指数平滑移動平均線、加重移動平均線、GMMA、一目均衡表、ケルトナーチャネル、新値足、ボリンジャーバンド、DMI、MACD、RCI、移動平均・EMA・WMA乖離率、アルティメットオシレーター、ウィリアムズ%R・A/D、サイコロジカルライン、篠原レシオ、シャンデモメンタムオシレーター、ストキャスティクス、ピボット、ROC、RSI、平滑型RSI、VLDMI、サポート&レジスタンス

テクニカル指標の数は、外貨ex byGMOが圧倒的に多いです。

複数の画面を開いて取引したい方には、同時表示数が多い「FXブロードネット」もおすすめです。

スマホアプリが使いやすい

スマホでFXをしたいトレーダーは、スマホアプリの使いやすさを重視して比較しましょう。

前項でもお伝えしたように、取引ツールの使い勝手は、勝敗を左右します。

スマホアプリを比較する際は、

  • 使いやすさ
  • チャート機能
  • 立ち上がりの早さ
  • プッシュ通知

以上の4つのポイントを確認するのがおすすめです。

現在FX会社から提供されているスマホアプリは、PCと同等の環境で取引ができるものもあります。

ピンチやチャンスへの対応が早くなることで取引を有利にできますので、上手に活用しましょう。

おすすめFX会社の取引ツール比較表

会社名 足種 チャート種類 主な機能 特徴 デメリット
DMM FX 11 12 経済指標アラート、売買比率 画面分割ができ、4画面表示で見やすい。
デザインがかっこいい。
デザインがシンプルなため情報量が少ない。
GMOクリック証券 12 10 スピード注文機能、経済指標、プライスアラート スピード注文機能でチャートをみながら1クリックで注文できる。 テクニカルチャートや情報量がやや少ない。
外貨ex byGMO 11 12 プッシュ通知、レポート閲覧 スマホでもトレンドラインが描きやすい。 画面分割ができない。
ヒロセ通商 13 13 アナリストからの情報l配信、プッシュ通知 詳細な設定が可能で、自分好みにカスタマイズできる。 設定に時間がかかり、やや面倒くさい。
SBI FXトレード 122 22 自動トレンドライン機能、売買フラグ 使えるテクニカルチャートが多い。
チャートの2画面、4画面表示が可能。
機能が多いため、操作に慣れるのに時間がかかる。

GMOクリック証券は、シンプルなデザイン、かつ、なめらかな動きをしてくれるので、スマホトレーダーにおすすめです。

スマホアプリの開発に意欲的な企業なので、今後さらに良い取引ツールに進化することが期待できるといえます。

約定力が高い

FXで取引する際、注文ボタンを押したときの値と実際に決済された値が異なることで、利益を得るチャンスを逃すことがあります。

これをスリッページといい、約定力が高いFX会社を選ぶことで、スリッページによる機会損失を回避することができます。

約定力が低いFX会社を選ぶと、スキャルピングのような短時間で取引を繰り返すスピード勝負の取引スタイルの場合、思い通りの注文ができずストレスになるでしょう。

相場が急変した時は、他のトレーダーは特にスリッページが起きやすくなりますので、約定力の高さ重要です。

約定力が高いおすすめのFX会社

  • マネーパートナーズ
  • ヒロセ通商
  • マネックス証券(FX PLUS)
  • FXプライムbyGMO

上記の4社は、主要なFX会社の中でも、特に約定力が高いといわれているFX会社です。

自動売買が優れている

自動売買システムは、FXの会社ごとに色濃く特徴が出るポイントで、

  • システムトレード
  • トレンド系自動発注システム
  • トラッキングトレード

など、種類は多岐にわたります。

自動売買に頼りすぎることは、自分のFXトレード力を弱めることにつながるのでおすすめはしませんが、自分のトレード戦略を確立したのちに補助として使いのは非常におすすめです。

自分に合った自動売買システムを提供するFX会社を選んでしっかりと利益を上げていきましょう。

おすすめFX会社の自動売買システム比較表

会社名 FX自動売買名 種類 特徴 取り扱い
通貨ペア
インヴァスト
証券
シストレ24 ミラートレーダー系 ・6000以上のストラテジーから好調なものを探して自動的に入れ替え
・他人の設定をシェア可能
・資金・通貨・ステータスなどがカスタマイズ可能
27
セントラル
短資
セントラル
ミラートレーダー
ミラートレーダー系
        ・厳正な審査をクリアした数百種類以上のストラテジーから選択可能
22
外為オンライン iサイクル2取引 リピート注文型
    ・レンジが予想と外れた場合でも相場に追従しながら取引を継続
24
マネー
パートナーズ
HyperSpeed
Next
ストラテジー
自己設定型
・23種類のテクニカルから売買ルールを作成可能
・オリジナルのストラテジーも構築可能 
20
FXブロード
ネット
トラッキング
トレード
リピート注文型
    ・注文ルールは規定の設定を利用することも可能
24

上記5つは、FX初心者にもおすすめの自動売買システムですので、ぜひ試してみてください。

取り扱い通貨ペアが多い

扱っている通貨ペアはFX会社によって異なるので、様々な通貨ペアで取引を試してみたい方は、取り扱い通貨ペアの種類が多いFX会社を選ぶのがよいでしょう。

また、口座開設前に、自分が取引したい通貨ペアの取り扱いがあるかも確認することをおすすめします。

マイナー通貨ペアでスワップポイントを目的にトレードしたいといったときに、自分が口座を開設したFX会社では取り扱いがなかったということがごくまれに存在します。

スキャルピングやデイトレードなどの短期トレードならば、基本的に主要通貨を扱うことが多いので、あまり注目しないといけないこともありませんが、スワップポイント狙いで高金利通貨であるスワップポイントが高いトルコリラ、南アフリカランド、スイスフランなどをトレードする際はきちんと見ておきましょう。

おすすめFX会社の通貨ペア数比較表

FX会社 取り扱い通貨ペア数
ヒロセ通商 50ペア
SBIFXトレード 34ペア
外為オンライン 26ペア
外貨ex byGMO 24ペア
外為どっとコム 30ペア
DMM.com証券 21ペア
GMOクリック証券 20ペア
マネックス証券 16ペア

(※2021年4月度時点)

比較すると、「ヒロセ通商」が最も通貨ペアの種類が多くなっています。

通貨ペア数の違いは、取引量が少ないマイナー通貨の取り扱いがあるかどうかで、取引量が多い主要な通貨ペアは基本的にはどのFX会社も扱っているようです。

キャンペーンが充実している

FX会社が行っているキャンペーンを利用してお得に取引したい方は、キャンペーンの充実度でも比較できます。

最も多いのは口座開設時に受け取れるキャッシュバックですが、開設後も取引量に応じてプレゼントやキャッシュバックを受け取れるFX会社があります。

なかには、対象者の条件が高いものもあるので、高額キャッシュバックや豪華なプレゼントに惑わされず、キャンペーンの内容や対象者、期間なども確認してください。

FXで利益を上げたい人は、自分に合ったFX会社で口座を開設することが最優先ですので、キャンペーンは、あくまでおまけとして考えるようにしましょう。

FX口座・取引に関するよくある質問

?を両手に持つ女性

FX口座・取引に関するよくある質問をまとめてご紹介します。

FXの口座開設に必要な書類は?

FXの口座開設に必要な書類は、マイナンバーの「個人番号カード(顔写真付き)」のみです。

ない場合は、次の2点の書類を用意すれば大丈夫です。

  • マイナンバーが確認できる書類(通知カード、住民票など)
  • 顔写真付きの本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)

FXの口座開設方法は、以下の記事で詳しく解説しています。

FXでおすすめの勉強法は?

FXでおすすめの勉強法は、次の4つです。

  • 本で勉強する
  • サイトで勉強する
  • セミナーに参加する
  • デモトレードを利用する

FXの勝率を上げるためには、上記のような勉強法で、FXの仕組みややり方、チャートの見方や分析力を向上させましょう。

おすすめの勉強方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

FX初心者におすすめの通貨ペアは?

FX初心者におすすめの通貨ペアは「米ドル/円」です。

  • 取引量が多い
  • 値動きが緩やか
  • 情報が入ってきやすい

など、FXを始めたばかりでも比較的扱いやすい通貨ペアです。

FX初心者におすすめの通貨ペアについては、以下の記事で詳しく解説しています。

FXで利益が出ると税金を支払わないといけないの?

年間の給与所得が2,000万円以下の会社員は、利益が20万円を超える場合に税金を支払う必要があります。

主婦やフリーター、個人事業主などで、税金を支払う必要が条件が異なるので、以下のフローチャートでご確認ください。

確定申告が必要かどうかを確認するフローチャート

また、FXにかかる税金の計算方法は以下の通りです。

(FXの収入-経費)× 20.315%

FXで支払う税金についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしていただければ幸いです。

デイトレードはFX初心者におすすめなの?

1日のうちに売買を終わらせることができるデイトレードは、FX初心者におすすめのトレードスタイルです。

1回に狙う利幅は30pips~80pips程度、損切りは20pips~70pips程度なので、長期取引と比較すると、大きなリスクを抱える可能性が低いといえます。

デイトレードの詳細は、以下の記事を参考にしてください。

まとめ

この記事では、自分に合ったFX会社を探している人に向けて、いろいろなFX会社を紹介してきました。

最後におさらいということで、この記事の内容を確認しましょう。

  1. 自分に合ったベストなFX会社は異なる
  2. FX会社を比較するときのチェックポイントは9つ
  • 取引コストが低い(スプレッドが狭い)
  • スワップポイントが高い
  • FX情報量が多い
  • 取引ツールの性能が良い
  • スマホアプリが使いやすい
  • 約定力が強い
  • 自動売買が優れている
  • 取り扱い通貨ペアが多い
  • キャンペーンが充実している

以上のことを踏まえながらFX会社を選べば、自分に合ったFX会社に出会えるようになります。

それによって、FXの腕もスムーズに上げることができ、利益を継続的にあげられるようになるまで順調にステップアップしていけるでしょう。

ベストなFX会社を見つけて、素敵なFXライフを送っていただければ幸いです!

FX口座ランキング根拠(2020年1月更新)

人気FX口座ランキングは、各FX会社の口座数を基に作成しています

順位 FX会社名 口座数
1 DMM.com証券 748,355
2 GMOクリック証券 645,136
3 外為オンライン 562,754
4 外為どっとコム 501,938
5 トレイダーズ証券 370,969
6 外貨ex byGMO 366,148
7 マネーパートナーズ 338,691
8 ヒロセ通商 261,964
9 マネックス証券 253,253
10 FXプライムbyGMO 200,422
11 セントラル短資FX 185,799
12 上田ハーロー 52,841

出典:(株)矢野経済研究所「有力FX企業17社の月間データランキング-2019年11月-」(2020年1月6日発表)
※出典:開示情報|FX|外為オンライン FX取引 - あなたの為の、外為を。
※外為オンラインはコーポレートサイトの開示情報

※企業グループを除く、企業単体のランキング

FX人気ランキングTOP5(国内口座開設数)

DMMFX
第1位
DMM FX
チャート機能が優れている上級者でも満足な会社

公式HPへ

GMOクリック証券
第2位
GMOクリック証券
全般的に買いスワップが高い総合力がある会社

公式HPへ

外為オンラインのキャッシュバック
第3位
外為オンライン
1,000通貨から取引可能なサポートが手厚い会社

公式HPへ

外為どっとコムのキャンペーン内容
第4位
外為どっとコム
スプレッドなどのコスト面でバランスが良い会社

公式HPへ

第5位
トレイダーズ証券
初心者~中上級者向けサービスがあるFX会社

公式HPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索