おすすめFX会社比較ランキング!初心者向けの人気口座は?【2020】

  • 更新日: 2021/09/27

FX会社で一番おすすめってどこなの?

初心者にも使いやすい人気のFX口座を知りたいわ。

ナビナビFXが厳選比較した、FX口座のおすすめランキングは以下の通りです。

FX人気ランキングTOP5(国内口座開設数)

DMMFX
第1位
DMM FX
チャート機能が優れている上級者でも満足な会社

公式HPへ

GMOクリック証券
第2位
GMOクリック証券
全般的に買いスワップが高い総合力がある会社

公式HPへ

外為オンラインのキャッシュバック
第3位
外為オンライン
1,000通貨から取引可能なサポートが手厚い会社

公式HPへ

第4位
外為どっとコム
スプレッドなどのコスト面でバランスが良い会社

公式HPへ

第5位
トレイダーズ証券
初心者~中上級者向けサービスがあるFX会社

公式HPへ

FX口座は、会社によって特徴が異なり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

そのため、なんとなくでFX口座を選んでしまうと、

  • スプレッドが広くて、なかなか利益が上がらない
  • スマホでFXをしたいのに、アプリが使いづらくてスムーズに注文できない
  • お得に口座開設したはずが、クリア条件が難しくてキャッシュバックを受け取れなかった 

以上のような失敗に繋がる可能性があるので、各社のポイントを理解した上で、自分に合ったFX口座を選びましょう。

今回は、ナビナビFXが厳選比較したおすすめのFX口座ランキングや、項目別のおすすめFX口座を紹介します。

比較するときのポイントもお伝えしているので、ぜひ参考にしてください。

この記事の目次

FXおすすめ比較ランキングTOP10 【2020年1月最新】

第1位:DMM FX

DMM FXのメリット

  • カスタマイズ性に優れた高スペックな取引ツールでスムーズにFXができる
  • 全通貨ペアのスプレッドは最狭水準でコストを抑えて取引できる

DMM FXのデメリット

  • スキャルピングが推奨されていないので、やりすぎると口座凍結されてしまう可能性がある
  • 1万通貨以上の取引にしか対応していない

DMM FXの口コミ・評判

40代 / 男性 / 会社員
FX歴:5-10年
DMMグループは上場企業ではない
大手FX会社の多くが上場会社となっていますが、DMM.com証券の上場はなされていません。またDMMグループ自体が上場会社ではないため、DMMグループとしての財務情報は見ることができません。...
DMMグループは上場企業ではない
大手FX会社の多くが上場会社となっていますが、DMM.com証券の上場はなされていません。またDMMグループ自体が上場会社ではないため、DMMグループとしての財務情報は見ることができません。FX会社といえども金融機関であり、多額の投資資金を証拠金として預けるためには、その会社及び会社グループとしての信用力は投資家としては確認したい所。TVCMで有名になった同社ですが、上場企業が運営している、または上場企業グループの他大手FX会社と比べると、会社及びグループの情報が少ないため、大きな金額を預けてのトレードに尻込みする部分があります。
10,000通貨からのトレード
同社では10,000通貨単位でのトレードであり、少なくとも数万円単位で証拠金を用意する必要がある。1,000通貨単位で取引可能なFX会社が増えている中では、取引に大量の資金が必要となります。また10,000通貨単位での取引となるため、資金の増減に応じた資金管理を行う場合でも、細かい資金管理を行う事が難しいです。長期に渡り最低取引単位程度でトレードを行うのであれば問題ありませんが、長期的には取引の資金量を増やしたいと思うトレーダーにとっては、10,000通貨単位での取引は柔軟性に欠けます。以前は殆どのFX会社が10,000通貨単位での取引だった経緯があるため、同社の10,000通貨単位での取引という仕組み自体に違和感自体はありません。しかし1,000通貨単位の会社も増えており、また1,000通貨以下での取引可能なFX会社も出現しており、特に初心者トレーダーには資金的に若干敷居が高いFX会社となっている印象がある。
スキャルピングが推奨されていない
同社では超短期トレードであるスキャルピングは推奨されていません。非常に資金効率の高いスキャルピングはトレードをする上で必要不可欠な手法、となっている上級トレーダーも多いです。スキャルピングの多用は取引口座凍結のリスクがあるため、特に短期トレード中心のトレーダーにとって同社は、敬遠せざるを得ないFX会社となります。ただしスキャルピング歓迎というFX会社自体が限られるため、同社のスタンス自体はやむを得ないと理解はできます。尚、1日2~3回のトレードのデイトレードや1週間に2~3回のトレードのスイングトレードを行う場合は特に制限は設けられていません。よって同スタイルを取る上級者にとっては、スキャルピングの規制はそれほどトレードに影響はない。
40代 / 男性 / 自営業
FX歴:5-10年
DMMFX PLUSの機能が充実している
DMM FXのDMMFX PLUSは機能が充実している。取引画面上に表示される注文画面やプライスパネルをそのままポップアウトできたり、再び同じウィンドウの中に戻すこともできる。チャートからの...
DMMFX PLUSの機能が充実している
DMM FXのDMMFX PLUSは機能が充実している。取引画面上に表示される注文画面やプライスパネルをそのままポップアウトできたり、再び同じウィンドウの中に戻すこともできる。チャートからの発注ができたりと、素早い取引に必要なツールは大体揃っている。ただ、DMM FXならではといった機能は特にないので、特段特徴のあるツールではない。とはいえ、他社の取引ツールに慣れている人であれば、特に問題なく使いこなせるのではないかと思う。
スマホ用の取引ツールが充実している 
DMM FXにはスマホ用の取引アプリとアクセス型の取引ツールがある。手軽に取引できるのはアクセス型の取引ツールの方だが、より高機能なのは取引アプリの方である。普段はパソコンで取引をし、スマホは補助的に使っているが、取引アプリの方は通知がポップアップで表示されたりテクニカル指標もよく使われるものが11種類搭載されているなど、使い勝手は悪くない。スマホなので、チャート分析などに使うには限界があるが、補助的に使う分には問題なく、概ね良いと思う。
スキャルピングができない
DMM FXはスキャルピングができない。短時間での注文を繰り返し行う行為を禁止事項として約款に上げているため、スキャルピングをすると口座凍結されてしまう。自分の知り合いは、それで口座凍結されてしまった。スキャルピングはDD方式のFX会社で禁止しているケースがあり、ここもその一つである。相場によってはスキャルピングをしたい時もあるので、ここでできないのはデメリットである。なので、スキャルピングをする時は、スキャルピングOKとしている他社を使うようにしている。システムに負荷がかかるからなのか、スキャルピングをされてしまうと会社が損するからなのか分からないが、幅広いユーザーの獲得という側面から見ると、どうかと思う。
情報系は及第点
DMM FXのマーケット情報は良くもなく悪くもない。ここは自社のアナリストなどのレポートは出しておらず、他社でも得られるような情報を当たり障りなく配信しているといった感じである。もしもレポートなどの情報を重視して取引するのであれば、DMM FXで取引するのはやめて、ここと同等レベルのスプレッドで、情報が充実した他の会社を選んだ方が良い。全体的に短期トレーダー向けのサービスに力を入れている印象なので、ファンダメンタルズを重視する場合は、この会社は向いていないと言える。

DMM FXの口コミ・評判をもっと見る

DMM FX

Medium rola250 200
口コミ点数 Point star4 5 4.9
総合ランキング 1位
初回入金額 無料
推しポイント 最短1時間で取引開始が可能!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
20円 -7円 25円

第2位:GMOクリック証券

GMOクリック証券のメリット

  • 取引高世界第1位!(※)
  • 買いスワップが全通貨平均して高く、スワップ運用で利益を上げたい方にもおすすめ
  • 業界最狭水準のスプレッド+取引手数料0円でコストを抑えて取引できる

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月~2020年12月) 

GMOクリック証券のデメリット

  • 1万通貨以上からしか取引できない

  • FXに関する情報コンテンツの提供が少ない

GMOクリック証券の口コミ・評判

20代 / 男性 / 学生
FX歴:1-3年
少額での取引ができないのが不便
キャンペーンで口座開設したのだが、ここは1万通貨からの取引になるので、取引資金が大きくなってしまうのがデメリット。資金が少ない場合は、取引できる通貨ペアが限られてくるし、場合によっては取引できな...
少額での取引ができないのが不便
キャンペーンで口座開設したのだが、ここは1万通貨からの取引になるので、取引資金が大きくなってしまうのがデメリット。資金が少ない場合は、取引できる通貨ペアが限られてくるし、場合によっては取引できないこともある。また、1万通貨での取引は、損益が大きくメリットにもデメリットにもなるので、最初は練習も兼ねて少額で取引できるようにした方が良いと思う。1,000通貨から取引できる会社が今は増えているので、GMOクリック証券も1,000通貨での取引ができるようにして欲しい。
スマホでの取引が便利
GMOクリック証券ははっちゅう君という評判の良い取引ツールがあるが、スマートフォン用のアプリも性能が良い。最初のうちはPCを使って取引していたが、今はスマホでの取引をメインにしている。スマホ用のアプリは複雑な操作は無く、ウィジェット機能も使えて、いつでも相場をチェックすることができるので便利。欠点は、画面サイズの関係でチャートがどうしても見づらくなってしまうことと、PCに比べて使えるテクニカル指標が少ないことだが、それを補って余りあるだけの性能の良さだと思う。
ロスカット手数料がかかる
ロスカットされると手数料がかかるのがデメリットだと思う。手数料は1万通貨あたり500円なので結構高い。2万通貨や3万通貨で取引することもあるので、ロスカット手数料は痛い。そもそも、ロスカット自体が想定よりも不利なレートで行われることが多い上、そこにロスカット手数料が上乗せされると、追い打ちをかけられているようにしか思えない。ロスカット手数料はできれば無い方が良いと思うし、仮にあっても、もっと引き下げた方が良いんじゃないかと思う。
キャンペーンにも力を入れている
色々なFX会社でキャンペーンを開催しているが、GMOクリック証券でもキャンペーンを行っている。他社同様、新規口座開設のキャッシュバックキャンペーンはよく開催されているが、それ以外にも色々なキャンペーンを開催しているのが良いと思う。最近では、米沢牛カタログギフトプレゼントキャンペーンというのを開催していた。ただ、キャンペーンに参加できるハードルが高かったので、もっと気軽に参加できるキャンペーンの数を増やして欲しいと思う。
40代 / 男性 / 会社員
FX歴:3-5年
スマホでの取引がしやすいが、チャートはやや見づらい。
通勤・帰宅途中でも取引できるようスマホで取引をしているが、GMOクリック証券のiClickFXneoプラスは使いやすい。スマホで取引する際の難点が、チャートが見づらいことだが、横向きにすると見や...
スマホでの取引がしやすいが、チャートはやや見づらい。
通勤・帰宅途中でも取引できるようスマホで取引をしているが、GMOクリック証券のiClickFXneoプラスは使いやすい。スマホで取引する際の難点が、チャートが見づらいことだが、横向きにすると見やすくなる。ただ、スマホの画面サイズの限界もあって、PCほど見やすくなるわけではない。iClickFXneoプラスの動作自体は問題なく、動きも良い。また、通貨ペアの切り替えもボタンで簡単にできるなど、ストレスが軽減されるよう工夫されている。なお、使えるテクニカル指標が少ないので、本格的にテクニカル分析をしようと思ったら、PCでする必要がある。iClickFXneoプラスはアンドロイド版のFXroidプラスにはない描画機能があるので、その点は有利。ただし、アンドロイド版はウィジェット機能があるので、使いやすさとしては同じくらいなのではないかと思う。
短期売買向けの機能が便利
GMOクリック証券には、スピード注文という発注機能がある。iClickFXneoプラスにもその機能は搭載されていて、1タップで成行注文が発注できる。その名のとおり約定スピードが速いのだが、その分、どんなレートでも約定してしまう危険性があるので、必ず通貨ペアごとのスリッページの設定をしておいた方が良い。iClickFXneoプラスで取引する場合、スピード注文チャートが非常に便利で、選択した通貨ペアのチャートと発注ボタン、全決済ボタンや最新ニュースが一画面に表示される。とにかくスピード感のある取引ができるよう工夫されていて、短期売買向けのトレーダーには便利なサービスだと思う。情報量は他社に比べると劣ると思うので、情報などは他社で得て、発注はiClickFXneoプラスを使うようにしている。
口座間の振替ができる
GMOクリック証券は、FX以外にも株や投資信託などを扱っている。自分のように、GMOクリック証券に株や外国債券などの口座がある場合、これら証券口座から、FXやCFD、先物オプションなどの口座へ振替ができる。そのため、FXの方でどんどん利益が出ている時に、株や外国債券の方の資金をFXの口座の方にガンガン突っ込んでしまう。利用できる時間が商品の種類によって異なるのだが、大部分の時間で移動が可能なようだ。つい熱くなって、ガンガン振替するのは自制しなければならないが、サービスそのものは便利だと思う。

GMOクリック証券の口コミ・評判をもっと見る

GMOクリック証券

Medium gmoclick
口コミ点数 Point star4 0 4.3
総合ランキング 2位
初回入金額 無料
推しポイント 低コスト&高スワップ◎
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
36円 -15円 43円

第3位:外為オンライン

FXブロードネット記事内の外為オンライン

※画像引用:外為オンライン公式サイト

外為オンラインのメリット

  • 初心者にもおすすめの自動注文システム「iサイクル」を提供
  • 1,000通貨から取引可能!初心者でも少額からFXを始めることができる
  • 無料セミナーが数多く開催されていて、トレーダーとして成長したい方にもおすすめ

外為オンラインのデメリット

  • レートの桁数が1桁少なくスプレッドが広くなりがち

  • スマホアプリではテクニカル指標を複数表示できない

外為オンラインの口コミ・評判

20代 / 男性 / その他
FX歴:1-3年
iサイクル注文での自動売買が可能
事前に設定したルール通りにエントリーと決済を繰り返す、システムトレードサービスのiサイクルを同社では提供しています。事前にレンジの幅を想定した後は、簡単な設定を行うだけで、IFDONE+OCO注...
iサイクル注文での自動売買が可能
事前に設定したルール通りにエントリーと決済を繰り返す、システムトレードサービスのiサイクルを同社では提供しています。事前にレンジの幅を想定した後は、簡単な設定を行うだけで、IFDONE+OCO注文を仕掛け、その上下の値幅を追いかけて利益を積み上げられます。他のシステムトレードのように、システムを複数稼動させる、システムの中身がブラックボックスと言ったことはなく、自ら設定の余地が大きいため、市場環境に応じた設定ができます。初心者にも利益が上げやすく、またシステムトレードの入門編としても優れているので、システムトレードに興味があるなら、まずは少額から試してみたいサービスです。またiサイクルはデモトレードも可能であり、デモトレードである程度設定に慣れてから、リアルマネーの投入をお勧めします。
くりっく365も利用可能
同社はくりっく365を利用してのFXトレードも可能です。同社のFXサービスである外為オンラインFXでは24通貨ペアの取り扱いがありますが、くりっく365を合わせて利用することで、更に取引通貨ペアの幅を広げることができます。またくりっく365を利用して、iサイクル注文を利用することも可能です。くりっく365は10,000通貨単位での取引とはなりますが(外為オンラインFXは1,000通貨単位での取引)、両者を併用することで多通貨監視を行い取引チャンスを多く見つけることができます。くりっく365はスワップポイントが売りと買いで同額であり、また外為オンラインFXに比べスワップポイントが高めに設定されているケースが多いため、新興国通貨を利用したスワップポイント狙いの投資を行う際も、同社口座から行うことができます。
全体的なバランスが優れている
どのFX会社にも優れた面と足りない面があるものの、全体的なサービス面を見て、同社サービスはバランスが優れていると感じる。初心者向けのセミナー始めFX初心者もFXが取り組めるような取り組みが各種なされており、優れたチャート機能やiサイクルのようなFX経験者も重宝するサービスも提供されています。また全体的にツールの使い勝手もよいです。全体的にサービスとしてバランスが取れており、特にこだわりがないならまずは同社を利用してFXトレードに取り組むことで、ストレスなくFXトレードを行うことができます。
20代 / 女性 / 会社員
FX歴:1年以下
安定して約定するが、スプレッドは広め
約定力があり、約定しづらいといったことは今のところ無いように思います。ただ、スプレッドは他社と比べて広い方なので、ガンガン取引したい人には向いていないかも……。私の場合は中長期取引なので、ス...
安定して約定するが、スプレッドは広め
約定力があり、約定しづらいといったことは今のところ無いように思います。ただ、スプレッドは他社と比べて広い方なので、ガンガン取引したい人には向いていないかも……。私の場合は中長期取引なので、スプレッドはあまり重視しておらず問題ないのですが、デイトレをしたい人にはスプレッドの広さがデメリットだと思います。でも、経済指標や大きなニュースが発表された時も、外為オンラインはスプレッドが広がりにくく、約定も安定しているので、取引回数が少ない人は、スプレッドが多少広くても安定して約定する会社を選んだ方が良いと思います。
カスタマーサポートの対応が良い
外為オンラインのカスタマーサポートは、対応が良いと思います。実は他のFX会社にも口座を持っているのですが、分からないことがあった時に電話で問い合わせをすると、外為オンラインは電話がすぐにつながることが多いです。他のFX会社の場合、電話をしてもなかなかつながらないことが多く、結局メールで問い合わせすることもあるのですが、外為オンラインに関してはそんなことはないので、評価できます。ただ、電話での問い合わせは、朝の9時から夕方の5時までと時間が限られているので、もう少し対応時間を延ばしてもらえたらもっと良いと思います。
事前にデモトレードが利用できる
デモトレードが用意されていて、口座開設をしていなくても利用できるのが良かったです。実際の為替相場を体験することができ、取引ツールの使い方も覚えることができるので、口座開設前に使ってみるのがおすすめです。私は口座開設した後も、初めて取引する通貨ペアに関しては、デモトレードで練習してから取引するようにしています。口座開設した後も利用できるので、練習や新しいトレード手法などを試す前に使ってみると良いと思います。
チャートツールが使いやすい
外為オンラインのチャートツールは機能が充実していて、使いやすいと思います。チャート上から直接発注する機能もありますし、描画ももちろんできます。テクニカル指標も26種類あって、メジャーなものから、ちょっと珍しいものまでラインナップされているのが良いと思います。また、例えばユーロドルと米ドル円を一つの画面に重ねて表示して比較することもできるので、色々な分析ができて良いです。

外為オンラインの口コミ・評判をもっと見る

外為オンライン

Medium imagesender
口コミ点数 Point star4 5 4.5
総合ランキング 3位
初回入金額 5,000円
推しポイント 自動売買ツールがおすすめ
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
1.00銭原則固定(例外あり) 2.00銭原則固定(例外あり) 3.00銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
15円 -20円 10円

第4位:外為どっとコム

外為どっとコムのメリット

  • 高額のキャッシュバックキャンペーンが多い
  • 動画コンテンツ・ニュース・セミナーなど、FX情報が充実! 一流アナリストの見解が知れる!
  • 1,000通貨から取引できるので、少額投資で取引したい方にもおすすめ

外為どっとコムのデメリット

  • 約定が遅れがち

  • スマホアプリのライン描画機能が物足りない

外為どっとコムの口コミ・評判

20代 / 女性 / 会社員
FX歴:1年以下
FX初心者でも無事口座開設できました!
私はもともと投資歴があまりなくて、FXに関してはまったくの初めてでした。なので、審査がどうなるか不安もありましたが、結果としては無事口座を作ることができました。審査の基準は公開されてるわけじ...
FX初心者でも無事口座開設できました!
私はもともと投資歴があまりなくて、FXに関してはまったくの初めてでした。なので、審査がどうなるか不安もありましたが、結果としては無事口座を作ることができました。審査の基準は公開されてるわけじゃないのでわかりませんが、そんなにハードルが高いわけじゃないのかなと思います。私が最初に外為どっとコムを選んだのは、なんとなく誠実そうなイメージがあったからです。イメージキャラクターの深キョンも好きですし、公式サイトもすっきりした色合いでわかりやすかったです。初心者向けの勉強になるページもあったので、一度見てみるといいんじゃないかなと思います。 
1000通貨単位の少額で安心トレード
私は経験が少ないので、まずはFXに慣れることが大事だと考えています。そんな中では、できるだけリスクが少ないトレードをしたいと思って、最初はできるだけ小さなトレードをやろうと考えていました。外為どっとコムは取引の最小単位が1000通貨だったので、例えばドル円が1円動いたら1,000円の損益が発生するというかたちでした。こんな中でトレードを繰り返すことで、相場がどのくらい動いたらどのくらいの損益が発生するのかというのを、肌感覚として理解できるようになりました。今ではもう少しトレード単位を大きくしていますが、最初の1000通貨トレードは良い経験だったと感じています。
Web版取引ツールはシンプルな仕組み
外為どっとコムの取引ツールは、Webブラウザから使えるものと、パソコンにインストールして使うものがありました。一応両方試してはみたんですが、ちょっとパソコンのほうはいろいろとボタンが多くてややこしそうだったので、Webブラウザ版のほうを今はメインで使っています。トレード頻度はざっくりと1日1回程度という感じですが、Webブラウザ版でもスムーズに発注できていて、とくに問題はありません。発注以外に関しては、「G.comチャート」と「外為情報ナビ」を使って、相場の動きやマーケット情報をチェックしています。いずれもWebブラウザ版から立ち上げられて便利です。
キャンペーンでちょっとしたお得感
外為どっとコムはキャンペーンをいろいろやっていて、トレードのボリュームに応じてキャッシュバックを受けられたりします。ただ、私の場合はそれほどたくさんトレードするわけじゃないので、なかなかキャッシュバックを受けられないというところがありました。ですが、最近、1万通貨のトレードとちょっとしたアンケートに答えるだけで、コンビニで使える無料クーポンをもらえるキャンペーンが始まりました。今月はこれでプレミアムロールケーキが手に入って、ちょっとお得な気持ちになりました。こういうキャンペーンは今後も続けてほしいなと思っています。
60代 / 男性 / その他
FX歴:10年以上
情報が豊富で質が良い
外為どっとコムは為替のプロによるブログ形式のレポートが充実している。以前他社で取引していたが、このようなレポートはほとんど無く、ロイターなどのニュース配信程度の情報しか提供されていなかった。...
情報が豊富で質が良い
外為どっとコムは為替のプロによるブログ形式のレポートが充実している。以前他社で取引していたが、このようなレポートはほとんど無く、ロイターなどのニュース配信程度の情報しか提供されていなかった。外為どっとコムの場合、通常のニュース配信に加え、プロの視点で見た為替相場の解説や相場分析に力を入れていて、様々な経済レポートを配信している。非常に参考になるし、相場を知る上でもためになる。様々な視点から為替相場を捉えることができ、自分自身のレベルアップにつながるのが良い。また、為替番組も毎日更新しており、質の良い情報の発信に力を入れているところにも好感が持てる。
経済指標フラッシュ!が便利
外為どっとコムには経済指標フラッシュ!というサービスがある。外為情報ナビ内のサービスだが、プロが使うブルームバーグなどの情報端末と遜色のないスピードで情報提供される。なお、経済指標フラッシュで提供される情報はトムソン・ロイターのものだが、ブルームバーグと並ぶ情報サービスの大手企業であるため、信頼性の高さは言うまでもない。プロと同じレベルの速さで経済指標の結果を知ることができ、さらには画面を見られない場合のために、音で結果を知らせる機能もあるなど、利便性が高い。相場に大きな影響を与える情報をいち早く得ることができるのも、外為どっとコムの良さだと言える。
会社の信頼性が高い
外為どっとコムは、FX専業会社だが、預かり証拠金残高が10年連続1位だったこともあるなど、FX専業会社の中ではトップクラスの知名度のある会社である。実際、同社のアナリストなどがニュースなどに出演し、為替相場に関する解説をしている姿を見ることもあるなど、信頼できるFX会社というイメージがある。為替レートの誤配信やシステム障害が起こり、業務停止命令が下されたことも以前はあったようだが、少なくとも私自身は、同社で取引するようになってから、そのような大きなトラブルには遭遇していない。外為どっとコムをメイン口座として使っている現役のFXトレーダーも多く、預かり証拠金残高も現在第3位と、トップは明け渡したものの、依然として高順位であることからも、信頼度の高い会社であることが分かる。

外為どっとコムの口コミ・評判をもっと見る

外為どっとコム

Medium gaitamecom
口コミ点数 Point star4 0 4.4
総合ランキング 4位
初回入金額 無料
推しポイント 業界トップクラスの情報量!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
72円 -15円 25円
2021年5月10日

第5位:トレイダーズ証券

トレイダーズ証券のメリット

  • 業界最狭水準のスプレッド&取引手数料無料!1,000通貨から取引OKで少額資金からスタートできる
  • 自分の取引を分析したい人は、成績が一目で分かる「Myパフォーマンス」がおすすめ
  • プロの講師による3つのトレーニングを提供!プライベートレッスンで悩みも相談できる!

トレイダーズ証券のデメリット

  • PC版取引ツールでカスタマイズができないので、使い勝手が悪いとの評判がある

  • 取り扱い通貨ペア数が少ない

トレイダーズ証券の口コミ・評判

30代 / 男性 / 会社員
FX歴:3-5年
セミナーが充実しているFX会社
各FX会社が動画や会場セミナーを行っていますが、同社は概ね月に1度動画セミナーを開催しています。同社のセミナーは他社のセミナーと異なり、実際にFXトレーダーとして活躍中の方が講師として登場するケ...
セミナーが充実しているFX会社
各FX会社が動画や会場セミナーを行っていますが、同社は概ね月に1度動画セミナーを開催しています。同社のセミナーは他社のセミナーと異なり、実際にFXトレーダーとして活躍中の方が講師として登場するケースが多く、トレードの実践的な内容の話を聞くことができます。他社の場合、FXとは・テクニカルとは等の、トレードの基礎的な内容のセミナーが多いのですが、同社のセミナーはトレードの実践的な内容が多いという印象で、非常に楽しみにしています。また動画はYouTubeにアップされるため、見逃した場合も後日YouTubeで見ることが出来るため、非常に助かります。各社のセミナーに参加してきましたが、同社のセミナーが一番面白いと感じています。
取引成績表機能が便利
同社でトレードを行うと、取引成績表機能を利用して、自らのトレードを勝率などの数字で振り返ることができます。ベテラントレーダーの場合、エクセルで自ら計算する場合が殆どのようですが、やはり手間がかかります。同社でトレードすればエクセルでトレード履歴を打ち込んで計算する、トレードの成績表を自動的に表示でき、プリントアウトが可能です。最終的にトレードも確率の世界に帰結するので、自らのトレードが確率的に破綻しないかどうか、事前に確認することは本来必要不可欠です。客観的な数字に基づいて自らのトレードを分析することで、行っているトレードを続けるべきか・やめるべきかを、数字で判断できます。同様のサービスは他FX会社でもあまり存在しないため、同社の取引成績表機能は、トレード力向上のために非常に使えるツールです。
トレーダーの売買比率が分かる
同社のPC用のチャートソフトを開くと、同社のユーザーが各通貨ペアについて、売り・買いのどちらにポジションが傾いているかがグラフで一目瞭然となっています。自らが多くの投資家と同じ方向について行くのか、敢えて逆方向に進んで行くのか、知る事はトレードの大きなヒントを得ることに繋がります。他の投資家と同じ方向に進むことが、直接的な勝ちに必ず繋がる訳ではありませんが、自らの立ち位置を知る事で、リスクの取り方も変えることができます。他社でも類似の情報を提供するFX会社はありますが、他社の情報と合わせてトレーダーの売買比率を見ることで、自らのトレード方向を考える際の有力なヒントを得ることが出来ます。
50代 / 男性 / 会社員
FX歴:10年以上
みんなのFXは可もなく不可もなく
トレイダーズ証券といえば、みんなのFXがよく知られていると思う。私も以前取引していたが、今はみんなのFXの方はほとんど取引していない。時間帯によってスリッページが発生することがあったのと、連続し...
みんなのFXは可もなく不可もなく
トレイダーズ証券といえば、みんなのFXがよく知られていると思う。私も以前取引していたが、今はみんなのFXの方はほとんど取引していない。時間帯によってスリッページが発生することがあったのと、連続して取引したい時に、処理中と出て時間がかかったり、なかなか約定しないことがあったりしたので、ちょっと使いづらかった。そのため、裁量取引に関しては、他の会社を使っている。みんなのFXに関しては、取引ツールの使いやすさも標準的な感じだし、スワップも通貨ペアによって差があるため、良い面も悪い面もあると思う。そのため、平均すると可もなく不可もなくといった感じではないだろうか。スプレッドが狭く、キャンペーンなどもよくやっていて、さらには1,000通貨単位での取引ができるので、初心者には使いやすいのではないかと思うのでFXの最初の取っ掛かりとしてこの会社を選ぶという選択肢は悪くないのかもしれない。
システムトレードができる
今は、トレイダーズ証券での取引は、みんなのシストレをメインにしている。元々トレイダーズ証券に口座を持っていたから、というのもあるが、スプレッドが狭いから、というのも理由の一つである。シストレができるFX会社は他にもあるが、裁量トレードに比べてスプレッドが広い会社が結構多い。そんな中みんなのシストレは、みんなのFXと同じスプレッドか、ほんの少しだけ広い(例えば0.1pips分だけ広いなど)程度なので、非常に取引しやすく良心的だと思う。裁量トレードよりもシステムトレードである程度放っておくほうが性に合っているのか、戦績も今のところ良い。みんなのシストレは選択型のシステムトレードのため、難しいプログラムの知識がなくても、簡単にシステムトレードの設定ができる。無料で色々なストラテジーから選べるので、相場の状況に合わせて簡単に選択を変えることができるのも良い。
コピートレードができる
今年の1月から、みんなのシストレでは、コピートレードができるようになった。みんなのFXで実際に取引している裁量トレーダーの取引に基づいてシグナルを出し、成行で発注するというもので、以前YJFX!で提供していた「トレードコレクター」と似た感じのサービスである。実際にパフォーマンスの高い取引をしている裁量トレーダーの手法をそのままコピーできる、というのが面白い。気になるトレーダーのストラテジーを選んで設定するまでの操作も、ボタンを押していくだけの簡単なものなので、非常に手軽にできる。コピートレードをリリースしてから、プログラムによるストラテジー以外に、人によるストラテジーも選ぶようにしていて、どちらも利益が出ているので、今後が楽しみだ。

トレイダーズ証券の口コミ・評判をもっと見る

みんなのFX

Medium imagesender
口コミ点数 Point star2 5 2.8
総合ランキング 6位
初回入金額 無料
推しポイント コールセンターは24時間対応
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.40銭原則固定(例外あり) 0.60銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
22円 -12円 28円

第6位:外貨ex byGMO

外貨ex byGMOのメリット

  • 取引に応じてPayPay※現金がもらえるので、お得に取引したい方にもおすすめ

※PayPay残高の種類は「PayPayボーナスライト」となります。「PayPayボーナスライト」は「出金」「譲渡」「送る」「わりかん機能」「Tポイントへの変換」はできません。「PayPayボーナスライト」の有効期限は付与日から60日です。
尚、「現金」に関しては有効期限はありません。

外貨ex byGMOのデメリット

  • ニュース配信は1社のみ

外貨ex byGMOの口コミ・評判

20代 / 男性 / 会社員
FX歴:1-3年
ヤフーグループの運営するFXサービスという安心感
YJFX!は、国内インターネット検索最大手のヤフーグループがサービス提供するFXサービスです(運営企業はワイジェイFX株式会社)。ヤフーグループはソフトバンクグループを形成する1社としても知られ...
ヤフーグループの運営するFXサービスという安心感
YJFX!は、国内インターネット検索最大手のヤフーグループがサービス提供するFXサービスです(運営企業はワイジェイFX株式会社)。ヤフーグループはソフトバンクグループを形成する1社としても知られています。ソフトバンクグループに属するヤフーグループが提供するYJFX!は、運営元の企業の安定感という観点では、他のFX会社に比べ抜群の安定感を誇る存在です。よってYJFX!を利用してのFXトレードは、FX会社の信頼性や安定性については、殆ど心配することなくトレードに集中することができます。FX会社の財務的な体力による、レバレッジ規制の導入が検討されている中では、YJFX!の優位性は一層明らかになるのではないでしょうか。
デモトレードの利用が可能
YJFX!ではデモトレードサービスも提供しています。デモ口座を申請することで、1か月はリアルマネーと同等の環境でデモトレードを行う事ができます。既にトレードに慣れている段階であれば、デモトレードの必要はありませんが、初心者の段階からいきなり現金を証拠金に預けてトレードするのは、リスクが高いと言えます。FXで勝つためには、天才でもなければ、一定程度の訓練が必要です。デモトレードのサービス提供を行っていないFX会社も多い中で、YJFX!はデモトレードの環境を用意することで、トレードに慣れた段階でスムーズにリアルマネートレードに移行することができます。
1,000通貨からのトレードが可能
大手FX会社の多くは、1トレード10,000通貨からのトレードとなっています。10,000通貨の場合、ドル/円で1pips=100円の損益が発生するため、100pipsの損切の場合10,000円の損失となります。初心者~初級者のレベルの場合、10,000通貨単位でポジションを取ることは、100pipsでも万単位での損益が発生するため、リスクが高いと言えます。同社で1,000通貨単位でのトレードを行う事で、初心者・初級者トレーダーも大きなリスクを背負うことなく、資金量を考えながらのトレードを組み立てることが可能です。また1,000通貨単位でのトレードを行う事で、10,000通貨単位でのトレードでは身に付けにくい、資金管理を踏まえたFXトレードを実現することが可能となります。
30代 / 男性 / 会社員
FX歴:1-3年
米ドル/円のスプレッドは0.3銭
多くの日本人FXトレーダーが取引を行う米ドル/円のスプレッドは0.3銭と狭くなっています。またクロス円通貨ペア中心に低いスプレッドが提供されています。親しみのあるクロス円通貨ペア中心にトレー...
米ドル/円のスプレッドは0.3銭
多くの日本人FXトレーダーが取引を行う米ドル/円のスプレッドは0.3銭と狭くなっています。またクロス円通貨ペア中心に低いスプレッドが提供されています。親しみのあるクロス円通貨ペア中心にトレードを行う日本人トレーダーにとっては、クロス円通貨ペアのスプレッドが狭い同社は扱いやすい存在です。また取り扱い通貨ペアは22と、多すぎず・少なすぎずの状態です。余程多くの通貨ペアを監視するトレーダー以外は、クロス円通貨ペア中心に満足いくスプレッドと取引環境が提供されています。
バイナリーオプションサービスも提供
YJFX!では、バイナリーオプションサービスも提供しています。単に相場の上下を当てるだけのラダーオプションだけではなく、レンジ相場を当てるレンジオプションの選択肢も存在します。レンジ相場の際には通常のFXトレードに比べ、バイナリーオプションが勝ちやすい傾向にありますが、レンジオプションの存在により、レンジ相場の際にはより勝率を高めることができます。また損切に慣れない初心者トレーダーの場合は、バイナリーオプションを利用する事で、自動的に損切を行いながらの為替トレードが実現可能です。通常のFXトレードとバイナリーオプションは性格が異なるサービスです。しかしバイナリーオプションには、定められた時間が到来すれば自動的に損益が確定する、レンジ相場の収益化が可能、というメリットもあります。よってFXの中級者以上の方も、一度試してみると学ぶところがあります。特にラダーオプションは、使いようによっては大きな武器となります。
為替の現物受け渡しが可能
海外出張や海外旅行の際に、日本円を米ドルなどに両替して持参する必要があります。しかしながら銀行や空港の交換レートは、FXトレードのレートに比べると、驚くほど不利なレートが提示されています。同社はFXトレードを通じて取得した通貨を、指定された銀行に振り込む現物受渡サービスを提供しています。FXトレードによる売買損益の世界とは異なりますが、本サービスを利用する事で、コストを抑えた形で外貨両替が可能です。海外での生活はクレジットカードがあれば現金を用意せずともある程度は可能ですが、やはり最低限の現金は必要不可欠です。同社の為替現物受渡サービスは頻繁に海外出張や海外旅行をされる方には、非常に重宝するサービスとなります。FXトレードをしない方にもおすすめしたいサービスです。

外貨ex byGMOの口コミ・評判をもっと見る

外貨ex byGMO

Medium yjfx new
口コミ点数 Point star4 5 4.7
総合ランキング 5位
初回入金額 無料
推しポイント FXでPayPayポイントが貯まる
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.2原則固定(例外あり) -原則固定(例外あり) -原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
34円 -10円 36円
※キャンペーン期間:2021年7月1日(木) ~ 2021年9月30日(木)

第7位:マネーパートナーズ

マネーパートナーズのメリット

    • FX口座は2種類!初心者向けの「nano」は100通貨単位から取引可能
    • 約定率は10年連続第1位!スリッページ発生率0%、約定拒否0件で注文したレートで取引できる(※)
    • 株券を証拠金にできる

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月) 

マネーパートナーズのデメリット

    • 他社と比較するとスワップポイントが低めに設定されている

    • 主要通貨の取り扱いはあるが、取引可能な通貨ペア数は少ない

マネーパートナーズの口コミ・評判

40代 / 男性 / 会社員
FX歴:10年以上
取引ツールは優秀
私は主に「HyperSpeed NEXT」を使用していますが、高機能でかつカスタマイズ性が高く、やりたいことをストレスなくできる取引ツールで気に入っています。例えばチャート分析に関しては、計26...
取引ツールは優秀
私は主に「HyperSpeed NEXT」を使用していますが、高機能でかつカスタマイズ性が高く、やりたいことをストレスなくできる取引ツールで気に入っています。例えばチャート分析に関しては、計26種類のテクニカルが使用できるようになっています。また、これらのテクニカルを使用して、プログラミング知識のない人でもオリジナルのストラテジが作れるようになっています。そして、このストラテジによる売買サインは、チャートに表示させることもできます(自動売買にも対応)。その他、レイアウト設定に関しては、ツールのそれぞれの機能を独立したウインドウにする機能があります。とくにマルチディスプレイの人は、自分のデスクトップ画面上に自由に配置ができるので、とても使い勝手がいいと感じると思います。
低スプレッドと安定の約定力
FXにおいて取引ツールも大事ですが、それ以上にしっかりとトレードを成立させる能力が大事です。私は小ロット用のnanoではなく大ロット対応のPFXを使用していますが、こちらの約定力は安定していると感じていて、すべりもほとんど気になりません。また、加えてスプレッド・スワップともに業界内で高水準の設定となっているので、トレード条件としては申し分ないと感じています。さすが上場会社のFXサービスというところですが、安心してトレードすることができる環境ですね。
プラスアルファの情報提供はそれほど
マネーパートナーズのちょっと足りないなと私が感じるのは、為替に関する市場レポート的なものが少ないという点です。ちなみに、市場の速報ニュース系の情報だったり、初心者向けコンテンツやセミナーといったものはわりと豊富だとは思います。ですが、経験者向けに相場をを深掘りして解説したようなものが、あまり用意されていないような気がするというイメージです。今後は、こういった経験者向けの相場解説コンテンツ的なものにも力を入れていってくれると、もっと良くなるような気がしています。
FXに留まらないマネーパートナーズ
マネーパートナーズがメイン事業はもちろんFXサービスです。ですが、このFXサービスから派生して外貨関連のサービスも行っていて、実はこれがけっこう使えるものになっています。まずは航空外貨受取サービスというものですが、普通に空港や銀行なんかで両替するよりもお得に外貨両替ができるようになっています。また、個人的にもっとおすすめなのが、マネパカードというプリペイドカード式のものです。外貨両替がお得なことは同様ですが、こちらはWebから簡単にチャージするだけで外貨を使えるのでさらに便利です。こういった付随サービスの強さは、他のFX会社にはなかなか見られない特徴ですね。
20代 / 男性 / 会社員
FX歴:1年以下
nano口座では100通貨単位でトレード可能
同社が提供しているnano口座は、100通貨単位でトレードが可能です。多くのFX会社が10,000通貨や1,000通貨からの取引となっていますが、業界内でも少量の通貨単位で取引が可能な稀有なサー...
nano口座では100通貨単位でトレード可能
同社が提供しているnano口座は、100通貨単位でトレードが可能です。多くのFX会社が10,000通貨や1,000通貨からの取引となっていますが、業界内でも少量の通貨単位で取引が可能な稀有なサービスです。数百円単位の証拠金でトレード可能なため、初心者がFXトレードに取り組むには最良な取引環境です。nano口座は1回の注文上限は100,000通貨単位までとなります。ただし100,000通貨のトレードは中~上級者レベルの取引数量であり、当面nano口座の利用で問題ないと考えています。100通貨単位であれば、資金の増減に合わせて細かくポジション量のコントロールも出来るので、着実な資金増加を果たすことができるのではないでしょうか。 また初心者の頃は損切りが続くことがありますが、100通貨をベースにトレードしていれば、大怪我することなくFXトレードの経験を積むことができるため、FXトレードから退場するリスクも非常に少ないです。
滑らない(スリッページがない)
同社は約定力が強い会社として知られています。nano口座においても約定力の強さは健在であり、殆ど滑りません(スリッページがない)。他のFX会社は殆ど使ったことがないのですが、発注すれば表示されたレートで即時に約定がなされ、トレードには全くストレスを感じることはありません。通常口座で大口の場合は分かりませんが、nano口座でトレードしている通貨数であれば、トレードの際に滑るというストレスを感じることなく、トレードが可能です。
nano口座はスプレッドが広がらない
通常口座は指標の発表前後にスプレッドが広がる、という話も耳にします。しかしながらnano口座は指標の前後であっても、それほどスプレッドは拡大しません。 指標前後のトレードは取り組んでいませんが、通常時は殆どスプレッドが広がることはないため、安心して発注を行うことができます。滑らない事に加えて、スプレッドも広がらないため、実際のトレードの現場において、nano口座は1回の取引通貨数量が100,000通貨に限定されていることを除けば、最強に近い存在ではないでしょうか。 nano口座は初心者向けの口座とされていますが、中級クラスでも充分利用に値すると考えており、今後トレード技術が上達しても、nano口座を利用してトレードしようと思います。

マネーパートナーズの口コミ・評判をもっと見る

マネーパートナーズ

Medium 448744
口コミ点数 Point star3 0 3.1
総合ランキング 7位
初回入金額 4,000円
推しポイント 11年連続 約定力第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
- - -
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
12円 -39円 非公開

第8位:ヒロセ通商

ヒロセ通商のメリット

    • 通貨ペアが50種類と豊富に用意されている
    • スプレッドが狭くて取引コストが抑えられるので、スキャルピングにもおすすめのFX口座
    • さまざまな食品がもらえる豪快なキャンペーンが毎月開催されている

ヒロセ通商のデメリット

    • スワップポイントが優れているとはいえない

    • スプレッドが開きやすいという評判がある

ヒロセ通商の口コミ・評判

30代 / 女性 / 会社員
FX歴:1年以下
上場しているFX会社
FXトレードを始める際は、FX会社に証拠金を入金する必要があります。取引通貨数が増えれば、数十万円以上の入金が必要となるFXトレードでは、お金を預けるFX会社の信頼性が非常に重要です。その点では...
上場しているFX会社
FXトレードを始める際は、FX会社に証拠金を入金する必要があります。取引通貨数が増えれば、数十万円以上の入金が必要となるFXトレードでは、お金を預けるFX会社の信頼性が非常に重要です。その点では同社は東証JASDAQ上場企業で、財務情報などが開示されています。また上場した時期も2016年3月と3年経過していません。経営的に不安のあるFX会社に大切な証拠金を預ける事は、正直心配も多いです。その観点では、同社は業界中堅ながら株式上場を行っており、財務情報も開示されているため、安心して証拠金を預けてトレードが可能なFX会社です。
1,000通貨から取引が可能
同社は1,000通貨から取引が可能です。大手FX会社では、10,000通貨から取引可能、としている会社が多いため、上場しているFX会社で1,000通貨から取引が可能な同社は貴重な存在です。FX初心者にとって10,000通貨単位でのトレードは、損切りがうまくできないと、大きな金額の損失を計上することがしばしばあります。中級者以上のトレーダーであれば、10,000通貨単位でのトレードも充分対応できます。しかし初心者トレーダーは、まだトレードが確立する前の段階が多いため、10,000通貨単位での取引でも簡単に万単位での損失を計上する可能性があります。同社では10,000通貨以上の取引も当然可能です。FXの最初の段階では同社で1,000通貨からトレードを開始して、その後にトレードに慣れた段階で10,000通貨に進むステップを踏むことで、着実にトレードの腕前を上げる事に繋がるのではないでしょうか。
平日は24時間対応のサポート体制
同社のサポートは平日なら24時間対応しています。FXトレードを行う殆どの方は、サラリーマン・OLなど日中の仕事を行いながらの兼業トレーダーではないでしょうか。よってツールの操作等についてFX会社に質問を行うのは、通常は会社から帰った後の夜となります。しかし多くのFX会社で問い合わせ窓口は夕方にクローズしてしまい、実際にFXトレードを行っている時間帯に問い合わせを行うことが不可能な場合が多いです。同社は24時間のサポート体制を取っており、実際にトレードをしながら生じた疑問をその場で問い合わせる事ができます。初心者にとって、トレードを行っている環境下で問い合わせができる、という部分は、安心感を持ってのトレードにも繋がります。
30代 / 男性 / 会社員
FX歴:3-5年
取引ツールの操作性はピカイチ
食品キャンペーンのインパクトが強いヒロセ通商ですが、私が一番の特徴だと思うのは、取引ツールの操作性の良さです。私はいろんなFX会社を使ってきましたが、その中でも、いろんな発注機能を備えつつも(か...
取引ツールの操作性はピカイチ
食品キャンペーンのインパクトが強いヒロセ通商ですが、私が一番の特徴だと思うのは、取引ツールの操作性の良さです。私はいろんなFX会社を使ってきましたが、その中でも、いろんな発注機能を備えつつも(かつ、カスタマイズも可能)、高い操作性であるという意味で、ピカイチの取引ツールだと思っています。私はけっこう早めのスキャルパーなので、思い通りに素早く注文を出すことが大事になってきます。そのため、こういった操作性の部分は重視していますが、ヒロセ通商は満足できる取引ツールとなっています。
優秀なチャートツール
最初に発注ツールの話をしましたが、チャートツールについても高機能で優秀だと感じています。テクニカルも私が好きなスパンモデルが使えますし、描画ツールもサクサクとラインが引くことができます。その他、過去のトレード履歴をチャート上に表示することができて、これはトレードの復習の際に非常に便利です。色も細かいところまでカスタマイズして自分好みにできますし、お気に入りのチャートを作ることができるようになっています。チャートは見る時間が一番長いので、チャートツールが優秀なのは非常に大事だと思います。
便利なポジションロック機能
私が気に入っているヒロセ通商の取引ツールですが、けっこうおもしろい機能も搭載されていたりします。その1つがロック機能というもので、これは売り・買いの両方のトレードをしたい時に役に立ちます。例えば、下降トレンドにうまく売りで入れた時に、調整の上昇ををチョコチョコと買いで取りたい局面があります。そんな時に売りポジションにロックをかけると、買いのトレードをしても売りポジションが決済されないようになります。売りポジションを気にせずに、買いトレードができるわけです。こういったユニークな機能があるのも、私がヒロセ通商を気に入っている1つの理由です。
低スプレッドも経済指標には要注意!
ここまで取引ツールの機能面を中心に話してきましたが、トレードの基本条件の部分にも触れておきます。ヒロセ通商はスプレッドは各通貨ペア総じて、業界の中では狭い設定になっています。また、Tickも多くよくレートが動くので、スキャルピングはしやすい環境になっていると言えるでしょう。ただし、経済指標の時はけっこうスプレッドが開く印象です。とくに米雇用統計などのビッグイベントでは、ドカンと何十pipsも開くことがあります。慣れればなんてことはないのですが、このあたりはあらかじめ体感しておいたほうがいいかもしれません。

ヒロセ通商の口コミ・評判をもっと見る

ヒロセ通商

Medium hirose
口コミ点数 Point star3 5 3.9
総合ランキング 8位
初回入金額 10,000円~
推しポイント 顧客満足度調査第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.4~0.9銭 0.60銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
1円 30円 50円

第9位:マネックス証券

マネックス証券のメリット

    • 自動発注機能「オートレール」がシンプルで使いやすく、初心者にもおすすめ
    • AIによるトレード診断で自分の取引を客観的に分析できる
    • テクニカル指標や描画ツールが豊富に用意された高機能の取引ツール「MonexTrader FX」が利用できる

マネックス証券のデメリット

    • 1万通貨未満で取引する場合は手数料がかかる

    • ドルストレートで取引できる通貨ペアは3種類のみ

マネックス証券の口コミ・評判

30代 / 男性 / 会社員
FX歴:1-3年
ドル/円のスプレッドが狭い
同社の特徴としてドル/円のスプレッドの狭さがあげられます。10,000通貨以下なら、ドル/円は0.2銭のスプレッドで取引が可能です。また11,000~1,000,000通貨は0.3銭、1,001...
ドル/円のスプレッドが狭い
同社の特徴としてドル/円のスプレッドの狭さがあげられます。10,000通貨以下なら、ドル/円は0.2銭のスプレッドで取引が可能です。また11,000~1,000,000通貨は0.3銭、1,001,000通貨以上は0.5銭となっており、業界最低水準のスプレッドが提供されています。日本人FXトレーダーの多くは、ドル/円を中心にトレードしています。ドル/円のスプレッドが狭いため、それだけドル/円で有利なトレードを行う事が可能です。また1,001,000通貨以上の大口であってもスプレッドは0.5銭であり、ドル/円トレードに特化するなら、同社の利用のみで十分なメリットを得ることができます。日本人FXトレーダーの多くは、ドル/円を中心にトレードしています。ドル/円のスプレッドが狭いため、それだけドル/円で有利なトレードを行う事が可能です。また1,001,000通貨以上の大口であってもスプレッドは0.5銭であり、ドル/円トレードに特化するなら、同社の利用のみで十分なメリットを得ることができます。同社の特徴としてドル/円のスプレッドの狭さがあげられます。10,000通貨以下なら、ドル/円は0.2銭のスプレッドで取引が可能です。また11,000~1,000,000通貨は0.3銭、1,001,000通貨以上は0.5銭となっており、業界最低水準のスプレッドが提供されています。日本人FXトレーダーの多くは、ドル/円を中心にトレードしています。ドル/円のスプレッドが狭いため、それだけドル/円で有利なトレードを行う事が可能です。また1,001,000通貨以上の大口であってもスプレッドは0.5銭であり、ドル/円トレードに特化するなら、同社の利用のみで十分なメリットを得ることができます。
24時間のサポート体制
大半のFX投資家は日中サラリーマン・OLをしている兼業トレーダーです。兼業トレーダーの場合、システム上のトラブルなどが発生しても、夜間に問い合わせ窓口が開いていない場合、問い合わせる機会自体が閉ざされてしまいます。特に内勤型の仕事をしていると、私用の電話はかけ辛いと言えます。同社ではユーザーに対し、24時間のサポート体制を提供しています。これにより兼業FXトレーダーでも、分からない事や疑問点等をその場で電話をして聞くことができます。それほど問い合わせを利用する機会は多くなくとも、いつでも問い合わせ可能という安心感は、何物に変えられません。同社以外にも24時間サポートの会社がありますが、FXに慣れるまでは、24時間のサポート体制となっている会社での取引をオススメします。
総合的に情報が提供されているが情報量は少なめ
同社はFXトレードに役立つニュースやセミナー、レポートの提供を行っています。トレード環境の提供に特化しているFX会社の中には、最低限のニュース配信に留めている会社もあり、同社を利用する事で様々な情報を得ることができます。しかしながらニュースの配信量は、他のFX会社なら更に多い会社があり、セミナーも頻繁という程ではなく、またレポートも業界の著名人に絞った形での提供です。一定のレベル感にある投資家であれば同社のサービスで充分満足できますが、初心者やまだ学ぶべき部分が多い投資家には、情報量としては若干物足りない部分があります。総合的な情報力は満足できますが、個別の部分を掘り下げようとすると、他社のサービスを利用するなどの対応が必要です。
20代 / 男性 / アルバイト
FX歴:1年以下
2種類のFXサービスがある
マネックス証券には、マネックスFXとFX PLUSの2種類のサービスがあって、自分のトレード方針に合わせて選べるのが良いと思う。マネックスFXは他のFX会社に比べてスプレッドはかなり狭く、利益を...
2種類のFXサービスがある
マネックス証券には、マネックスFXとFX PLUSの2種類のサービスがあって、自分のトレード方針に合わせて選べるのが良いと思う。マネックスFXは他のFX会社に比べてスプレッドはかなり狭く、利益を出しやすいので良い。経済指標発表時など、タイミングによっては広がることもあるようだが、そういうタイミングを避けていることもあってか、自分がトレードしている時に大きく広がったことはないように思う。FX PLUSの方はマネックスFXよりもスプレッドが広いが、その分スプレッドはもっと広がりにくいようだ。
サイトが分かりづらい
マネックスFXもFX PLUSも、サイトが分かりづらく、初心者は混乱すると思う。商品の概要なども、もっと一覧で1ページにまとめて欲しい。また、取引ツールについても、ツールを一覧にしてまとめて表示した上で、それぞれのページに飛ぶようにして欲しい。実際の取引には直接関係ないかもしれないが、初心者にとって、取引ツールのマニュアルのページに行くのに手間取ったり、商品の概要を知るのに手間がかかるのは、ストレスになるので改善して欲しい。
トレードカルテFXが便利
FX PLUSの方に、トレードカルテFXという便利な機能がある。健康診断の診断書のような感じで表示されるので、一目でウィークポイントが分かって良い。なお、トレードカルテFXは、AIを使っているようで、自分の取引スタイルを理解したり、通貨ペアと自分の取引スタイルとの適性を見たり、通貨ペアの適正相場を確認したり、といったことができるようだ。初心者なので、自分のトレードのクセや問題点を自力で把握するのが難しいが、このようなトレードツールがあると、トレードスキルの向上に役に立ち、上達も早くなるのではないかと思う。
キャンペーンが微妙
マネックス証券は証券会社なので、株や投資信託などのキャンペーンもやっている。そのため、一見するとすごくキャンペーンをしているように見えるが、FXだけのキャンペーンはそれほど多くない。また、キャッシュバックキャンペーンや、リンベルギフトポイントがもらえるキャンペーンなど、興味が湧くようなキャンペーンをやってはいるのだが、対象となるためのハードルが高い。「これは参加できそうだ」と思ったものも、抽選だったりするので、結局参加をやめてしまう。キャッシュバックキャンペーンはどこもハードルが高いので、仕方ないかもしれないが、書籍プレゼントキャンペーンなどは、もっとハードルを下げてくれても良いのではないかと思う。

マネックス証券の口コミ・評判をもっと見る

マネックス証券\FXPLUS

Medium imagesender
口コミ点数 Point star3 5 3.6
総合ランキング 9位
初回入金額 無料
推しポイント AI診断でトレード力を向上!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.2銭原則固定(例外あり) 0.5銭原則固定(例外あり) 0.6銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
43円 -25円 $ -0.440

第10位:FXプライムbyGMO

FXプライムbyGMOのメリット

    • 約定率100%(※)でスリッページがないので、思い通りの注文ができる
    • 20種類以上のマーケット情報やオンラインセミナーなど取引に役に立つ情報が豊富
    • 取引タイミングを逃さないように、相場が大きく動いた際に通知してくれるスマホアプリがある

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月)

FXプライムbyGMOのデメリット

    • スワップポイントが優れているとはいえない

    • スプレッドが開きやすいという評判がある

FXプライムbyGMOの口コミ・評判

20代 / 女性 / 会社員
FX歴:1-3年
スプレッドは広めだが、安定して約定する
FXプライムの選べる外貨のスプレッドは、ドル円0.6銭なので、スプレッド最狭水準と宣伝している会社に比べるとスプレッドはやや広めだと思います。ですが、その代わり安定して約定します。大抵の場合、ス...
スプレッドは広めだが、安定して約定する
FXプライムの選べる外貨のスプレッドは、ドル円0.6銭なので、スプレッド最狭水準と宣伝している会社に比べるとスプレッドはやや広めだと思います。ですが、その代わり安定して約定します。大抵の場合、スプレッドが極端に狭いと約定する時に滑って不利なレートで約定したり、約定が安定していると評判が高くても、スプレッドがかなり広かったりします。その点、FXプライムはスプレッドと約定の安定度のバランスが良く、スプレッドがもっと狭い会社よりも安心して取引でき、実質的にはあまり変わらないスプレッドで約定しているのではないかと思います。
スワップはそれほど高くない
FXプライムは、選べる外貨もちょいトレFXも、スワップはそれほど高くないです。そのため、スワップを目的にしている人にはあまりメリットが感じられないかもしれません。先ほど書いたとおり、安定して約定し、スプレッドも最狭とまではいかないものの、決して広いわけではありません。しかし、スワップが目的の場合、長期取引が基本で取引回数も多くないので、スプレッドや約定力の高さはそれほど重要ではないと思います。そのため、スワップ目的で取引する場合は、FXプライムを敢えて選ぶ必要はないかもしれません。
選べる外貨は1万円未満の取引とロスカットに手数料がかかる
FXプライムの選べる外貨は1,000通貨単位での取引ができます。しかし、1万通貨未満の取引には片道3銭の取引手数料がかかります。せっかくスプレッドが抑えられていても、これでは少額での取引がしづらいのではないかと思います。初心者の人や、これまで取引したことのない通貨ペアを取引する人は、最初のうちは取引数量を抑え、慣れてきたら徐々に取引数量を上げていきたいと考える人が多いと思うのですが、片道3銭の手数料があると思うと、少額取引をしようとは思わないと思います。また、強制ロスカットにも手数料がかかるのも、いかがなものかと思います。
取引ツールは使いやすい
FXプライムの取引ツールは使いやすいと思います。基本的にはリッチクライアント版を使い、たまにスマホ版も使っていますが、どちらも動作は軽く、チャートも見やすいです。リッチクライアント版については、チャートからの発注機能があるので、取引したい時にすぐに発注できます。また、スマホ版はハイスピード注文があり、連続発注もできます。他社の取引ツールを使ったこともありますが、個人的にはFXプライムの取引ツールの方が使いやすいと思いました。
30代 / 男性 / 会社員
FX歴:10年以上
“まじめにFX”を学べるFX会社
FXプライムbyGMOは「まじめにFX」ということを掲げていますが、その言葉通りちゃんと真面目にFXに取り組むことができて、トレーダーとして成長していけるFX会社です。というのが、FXに関する会...
“まじめにFX”を学べるFX会社
FXプライムbyGMOは「まじめにFX」ということを掲げていますが、その言葉通りちゃんと真面目にFXに取り組むことができて、トレーダーとして成長していけるFX会社です。というのが、FXに関する会員向けの情報コンテンツをたくさん発信しているからです。例えば、毎日配信される「プライム・ストラテジー」では、その日のプロの目線を知ることができます。また、「井戸端為替会議」というコンテンツでは、プロの外為ディーラーのリアルなコメントが随時更新されています。こういったものをチェックし続けるだけでも、自然とFXの世界に体を馴染ませることができます。
インストール不要でハイレベルなトレードが可能
FXプライムでトレードをする際の私の個人的方法ですが、Webのマイページから「プライムチャート」と「ハイスピード注文画面」を立ち上げてトレードをしています。Webから立ち上げるタイプですが、プライムチャートはダウンロード版の専用ツール以上に高機能です。また、ハイスピード注文画面は、素早い発注もサクサク行えるUIで、トレードでストレスを感じることはありません。この2つを併用することによって、ハイレベルなトレードを手軽に実現することができています。
全体的にスプレッドは少し広め
取引ツールはいい感じでトレードがしやすいんですが、FXプライムのスプレッドは全体的にちょっと広いかなという印象です。例えば私が一番よく触るドル円のスプレッドは0.6銭となっていて、業界最狭水準の0.3銭よりちょっと広い設定になっています。その他、ユーロ円は0.9銭、ポンド円は1.8銭という感じで、やはり業界トップクラスのスプレッドとは言えません。無理なスプレッド設定をしていない分、約定はしっかりしている印象なので良し悪しは一概に言えませんが、頭に入れておくべきポイントだと思います。
毎月5万円相当のカタログギフトキャンペーン
FXプライムはおもしろいキャンペーンを毎月やっていて、カタログギフトを取引量に応じてもらうことができます。5万円のカタログギフトの条件は3,000万通貨、3万円のカタログギフトの条件は1,800万通貨……、といった感じです。一番取引量の少ないところでいうと、300万通貨のトレードで5,000円のカタログギフトがもらえます。私も毎月のようにカタログギフトをもらっていて、ちょっとした旅行に行ったり、おいしいものを食べに行ったり、あとは家電なんかをもらったこともあります。

FXプライムbyGMOの口コミ・評判をもっと見る

FXプライムbyGMO\選べる外貨

Medium 300 250 loop
口コミ点数 Point star3 0 3
総合ランキング 10位
初回入金額 無料
推しポイント 強靭なサーバー!高い約定力!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.60銭原則固定(例外あり) 0.9銭原則固定(例外あり) 1.30銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
32円 -12円 35円

項目別に比較!おすすめFX会社6選

ここでは、比較して分かったおすすめのFX会社を項目別にご紹介します。

FX初心者におすすめ: GMOクリック証券

GMOクリック証券は、取引高世界第1位(※)のFX口座です。

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月~2020年12月)

高水準のスワップポイント、取引コストの安さなど、短期・中期・長期、どの取引スタイルでも利用しやすい点が、人気の理由のひとつです。

例えば、1日あたり受け取れるスワップポイントは、

  • トルコリラ/円:94円
  • 南アフリカランド/円:110円
    (※2019年1月7日時点)

で業界最高水準です。

GMOクリック証券のスワップポイントは、その他の通貨でも全体的に高く設定されているので、長期トレーダーにおすすめです。

また、スプレッドは最狭水準を誇っていて、主要通貨のスプレッドが全て原則固定になっています。

取引手数料も0円なので、取引回数が多い短期トレードの場合も、低コストで取引できます。

さらに、抜群に使いやすい高機能ツールが無料で利用できる、安心の24時間サポート付きなど、初心者から上級者まで幅広いトレーダーにおすすめできるFX口座です。

GMOクリック証券で口座開設すると、バイナリーオプションも取引できますよ!

GMOクリック証券

Medium gmoclick
口コミ点数 Point star4 0 4.3
総合ランキング 2位
初回入金額 無料
推しポイント 低コスト&高スワップ◎
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
36円 -15円 43円

操作性の良い取引ツールを使いたい人におすすめ:DMM FX

DMM FXは、初心者から上級者まですべてのトレーダーにおすすめのFX会社です。

取引ツールはシンプルな設計で、自分に合った仕様にカスタマイズ可能なので、ボタン操作に迷うことなくスムーズに取引できます。

また全部の操作をスマホで行えるため、スマホトレーダーにもおすすめです。

取引ツールは安定して高い評価を集めています。

DMM FXはデモトレードが可能なFX会社なので、操作性は簡単にチェックできます。

全通貨ペアのスプレッドが最狭水準に設定されていて、ドル/円の場合は「0.2銭原則固定」で取引できます。

取引コストを抑えたい方や、デイトレードで取引したい方にも使いやすいといえます。

ただし、DMM FXはスキャルピングの禁止が約款に明記されているので、スキャルピングをしたい方は、別のFX口座を検討しましょう。

他のトレーダーの動向が一目でわかる売買比率情報も見ることができるので、トレンドが掴みやすく、FX初心者にもおすすめです!

DMM FX

Medium rola250 200
口コミ点数 Point star4 5 4.9
総合ランキング 1位
初回入金額 無料
推しポイント 最短1時間で取引開始が可能!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
20円 -7円 25円

少額から始めたい人におすすめ:外為どっとコム

これからFXを始められる方は、初期投資の金額がいくらになるのか、すでに取引を始めている方はランニングコストをどう抑えるのかは気にしたいポイントです。

外為どっとコムは、スプレッド、取引通貨単位、取引手数料の面からみて、数あるFX口座の中でも比較的安くFXを始められます。

スプレッドは米ドル/円が(原則固定 例外あり)、取引通貨単位は1,000通貨~、手数料はすべて無料(銀行口座からの出入金など)となっており、他の口座から比べて「ずば抜けて安い!」ということはありませんが、非常にコストのバランスが良い会社です。

外為どっとコム

Medium gaitamecom
口コミ点数 Point star4 0 4.4
総合ランキング 4位
初回入金額 無料
推しポイント 業界トップクラスの情報量!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
72円 -15円 25円
2021年5月10日

様々な通貨ペアで取引したい人におすすめ:ヒロセ通商

FXを始めたら、自分にあったトレードスタイルを見つけるのがとても大事になってきますが、トレードスタイルによって取り扱う通貨も変わります。

例えば、スワップ益を狙うようなスタイルであれば、現在(2018年12月時点)話題になっているのは豪ドル/円の通貨ペアです。

そのため、自分がどんな取引をするかによって通貨ペアも変わるので、できるだけ、多くの通貨ペアを扱っている会社のほうが好ましいといえます。

ヒロセ通商は、取り扱い通貨ペア数が50種類で、業界最高水準です。

これはどれくらい多いかといえば、「DMM FX」が20種類、「GMOクリック証券」が20種類ですので、倍以上あり、圧倒的なことがわかります。

メキシコペソ/円、南アフリカランド/円などの高金利通貨のスワップポイントも高いことから、ナビナビFXでは、取り扱い通貨ペアが豊富なFX口座ランキング第1位となっています!

ヒロセ通商

Medium hirose
口コミ点数 Point star3 5 3.9
総合ランキング 8位
初回入金額 10,000円~
推しポイント 顧客満足度調査第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.4~0.9銭 0.60銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
1円 30円 50円

約定力が高いFX口座で取引したい人におすすめ:マネーパートナーズ

FXでは、注文を出しても取引が成立しない場合、注文した金額と違う金額で取引が成立してしまうことがあります。

これを「滑る」といい、滑りを防ぐためには、約定力が高い口座を選ぶ必要があります。

マネーパートナーズは、矢野経済研究所が実施している「主要FX会社における、FXサービスのスリッページ発生率・約定率等の調査」において、2018年12月に行われた調査まで10年間連続でNo.1の結果となっています。

2018年12月の調査の際には、スリッページ発生率は0%で、調査対象となった7社中でマネーパートナーズのみでした。

引用:マネパは10年連続「約定力No.1」 | FX・証券取引のマネーパートナーズ -外為を誠実に-

上記の結果からも、約定力が高い会社として、マネーパートナーズをおすすめします。

スリッページや約定拒否による損失を防ぐことができるので、安心して取引できるといえます!

マネーパートナーズ

Medium 448744
口コミ点数 Point star3 0 3.1
総合ランキング 7位
初回入金額 4,000円
推しポイント 11年連続 約定力第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
- - -
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
12円 -39円 非公開

自動売買を使いたい人におすすめ:外為オンライン

autotrade

FXには、あらかじめ設定されたロジックにしたがって取引を行う、自動売買というものがあります。

自動売買では相場を見ていなくても、自動で新規発注・決済をくり返してくれるので生活面での負担が少なく、興味を持つ人も少なくありません。

しかし、自動売買はきちんと理解するのが難しく、初心者がいきなり始めるのにはハードルが高いといえます。

外為オンラインが展開する「iサイクル」という自動注文システムでは、初心者にも理解できるようなシステムになっていて、自動売買を始めて活用する人におすすめです。

単純なロジックで新規発注・決済の注文をリピートさせるもので、自動売買へのとっかかりには適しています。

自動売買に興味のある人は、まずは外為オンラインでスタートしてはいかがでしょうか?

外為オンライン

Medium imagesender
口コミ点数 Point star4 5 4.5
総合ランキング 3位
初回入金額 5,000円
推しポイント 自動売買ツールがおすすめ
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
1.00銭原則固定(例外あり) 2.00銭原則固定(例外あり) 3.00銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
15円 -20円 10円

FX会社を比較する9つのポイント&比較表

FX会社を選ぶときは、以下の9つのポイントで比較するのがおすすめです。

  • 取引コストが低い(スプレッドが狭い)
  • スワップポイントが高い
  • FX情報量が多い
  • 取引ツールの性能が良い
  • スマホアプリが使いやすい
  • 約定力が強い
  • 自動売買が優れている
  • 取り扱い通貨ペアが多い
  • キャンペーンが充実している

FX会社はそれぞれにメリット・デメリットがあるため、自分に合っているものがどれか分からず迷いがちです。

ここからは、9つの比較ポイントで見るべきことと、FX会社の比較表をご紹介します。

ぜひ参考にしてください。

取引コストが低い(スプレッドが狭い)

短期取引で利益を上げたい方は、スプレッドが狭く、取引コストを抑えられるFX会社がおすすめです。

デイトレードやスキャルピングといった短期取引では、頻繁に売買を繰り返すことで利益を上げていくので、取引コストが高くなるとその分利益を上げにくくなります。

1回のトレードで狙う値幅は、デイトレードで5銭~1円程度、スキャルピングで5銭程度までなので、スプレッドが広いFX口座で取引すると、損失が出やすくなるので注意しましょう。

なお、ポジショントレードやスイングトレードといった中・長期取引では、1回あたりの利益が大きく、取引回数も数週間~数年に1回程度なので、取引コストはそこまで気にする必要がないといえます。

おすすめFX会社のスプレッド比較表

会社名 米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 NZ/円
SBI FXトレード 0.20銭
(0.27)
0.30銭
(0.49)
0.70銭
(0.99)
0.40銭
(0.69)
0.90銭
(1.19)
DMM FX 0.2銭
(原則固定)
0.5銭
(原則固定)
1.0銭
(原則固定)
0.7銭
(原則固定)
1.2銭
(原則固定)
GMOクリック証券 0.2銭
(原則固定)
0.5銭
(原則固定)
1.0銭
(原則固定)
0.7銭
(原則固定)
1.2銭
(原則固定)
外為どっとコム 0.2銭
(原則固定
※例外あり)
0.5銭
(原則固定
※例外あり)
1.0銭
(原則固定
※例外あり)

0.7銭
(原則固定
※例外あり)
1.2銭
(原則固定
※例外あり)

※2021年2月2日更新
(※1)1万通貨以下の取引のスプレッドを記載し、カッコ内には1万1通貨~100万通貨(ユーロ/米ドルは1万1通貨~50万通貨)の取引のスプレッドを記載しています。それよりも大きい数量の取引では、スプレッドは記載している値よりも大きくなります。

各社を比較すると、通貨ペアによってお得に取引できるFX口座が異なるのが分かります。

「米ドル/円」「ユーロ/円」「豪ドル/円」といった通貨ペアで取引したい方は、SBI FXトレードがおすすめです。

スワップポイントが高い

中・長期取引で利益を上げたい方は、スワップポイントが高いFX口座を選ぶようにしましょう。

スワップポイントとは2つの通貨の金利差のことで、通貨ペアを保有している間は、毎日スワップポイントを受け取ることができます。

ただし、スワップポイントがマイナスになる通貨ペアを保有している場合は、スワップポイントを毎日支払うことになるので注意が必要です。

おすすめFX会社のスワップポイント比較表

会社名 買or売
スワップ
米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 NZ/円 ランド/円
GMOクリック証券 買い 67円 -12円 31円 31円 30円 110円
売り -70円 11円 -34円 -32円 -33円 -110円
外為オンライン 買い 60円 -26円 10円 20円 15円 50円
売り -90円 0円 -35円 -50円 -45円 -300円
外貨ex byGMO 買い 74円 -10円 27円 35円 30円 120円
売り -84円 0円 -37円 -45円 -40円 -220円
外為どっとコム 買い 68円 -15円 32円 35円 27円 120円
売り -98円 0円 -47円 -50円 -42円 -270円
ヒロセ通商 買い 40円 -30円 11円 50円 34円 150円
売り -140円 -20円 -91円 -105円 -89円 -650円

※2018年12月6日現在

通貨ペアによってスワップポイントが最も高いFX口座は異なるので、自分が取引したい通貨ペアで各口座を比較しましょう。

複数の通貨ペアで取引したい方は、平均的にスワップポイントが高く設定されていている「GMOクリック証券」がおすすめです。

FX情報量が多い

配信されるニュースや提供しているマーケット情報の量はFX会社によって異なるので、できるだけ情報量の多いところを選ぶのがおすすめです。

FXでは、チャートの動きを見るだけでなく、経済指標や金融政策などから今後の動向を予測することが重要で、市場に影響を与える情報をいかにキャッチできるかが勝敗を左右します。

FX会社では、以下のような情報を提供しているところが多いです。

  • ニュース配信会社のニュース
  • 初心者向けコンテンツ
  • アナリストによるレポート
  • セミナー

情報の量はもちろんですが、早さや質なども比較しながら、自分に合ったFX会社を見つけましょう。

おすすめFX会社の為替ニュース比較表

会社名 FXi24 Market Win24 フィスコ ロイター ダウ・ジョーンズ 独自
外為どっとコム × × ×
外為オンライン × ×
GMOクリック証券 × × ×
マネーパートナーズ × ×
SBI FXトレード × × ×

※2019年2月13日現在

ニュース配信会社との提携数は「外為オンライン」「マネーパートナーズ」が最も多いですが、情報量の観点からおすすめなのは「外為どっとコム」です。

「外為どっとコム」は、外為どっとコム総研という外国為替専門のシンクタンクを設立していて、独自情報の量や質は業界でトップクラスだといえます。

取引ツールの性能が良い

FXでは、取引ツールを使って売買を行っていくので、取引ツールの性能が良い方が有利だといえます。

取引ツールが使いづらいと、売買チャンスを逃してしまうことがあるので注意してください。

例えば、

  • 注文ボタンがわからない
  • 自分好みにカスタマイズできない
  • 設定がわかりづらい
  • 画面がカクカクする

といったことでストレスを感じるようであれば、別のFX会社のツールを試してみることをおすすめします。

FX会社によって、提供している取引ツールの種類や便利機能なども異なるので、自分に合ったものを見つけましょう。

おすすめFX会社の取引ツール比較表

注文方法の徹底比較一覧
会社名 注文方法の種類
DMM FX 成行,指値,逆指値,IFD,OCO,IFO,ストリーミング,時間指定成行,決済同時発注
外貨ex byGMO 成行,指値,逆指値,IFD,OCO,IFO,トレール,リピート,決済同時発注
GMOクリック証券 成行,指値,逆指値,IFD,OCO,IFO,決済同時発注
ヒロセ通商 成行,指値,逆指値,IFD,OCO,IFO,ストリーミング,時間指定成行,トレール,決済同時発注
FXブロードネット 成行,指値,逆指値,IFD,OCO,IFO,トレール,リピート
チャートの徹底比較一覧
会社名 同時表示数 テクニカル指標 テクニカル指標の詳細
DMM FX 6 20 単純移動平均線,指数平滑移動平均線,加重移動平均線,一目均衡表,ボリンジャーバンド,ピボットポイント,エンベロープ,パラボリックSAR,スパンモデル,スーパーボリンジャー,MACD,RSI,RCI,スローストキャスティクス,ヒストリカル・ボラティリティ,移動平均乖離率,モメンタム,ATR,DMI,ADX
外貨ex byGMO 6 31 移動平均線,二重指数移動平均,指数移動平均,一目均衡表,ボリンジャーバンド,パラボリック,エンベローブ,線形回帰,単純移動平均,標準偏差チャンネル,時系列予測,三角移動平均,加重移動平均,ジグザグ・ドル,ジグザグ・パーセント,ピボットポイント,スーパートレンド,アキュムレイション・スイング・インデックス,アベレージ・トゥルー・レンジ(ATR),オーサム・オシレーター,モメンタム,デトレンディッド・プライス・オシレーター,リニアー・リグレッション・スロープ,プライス・レート・オブ・チェンジ,プライス・オシレーター,RSI,ストキャスティクス,MACD,ウィリアムズ%R,アルティメットオシレーター
GMOクリック証券 6 8 単純移動平均線,指数平滑移動平均線,ボリンジャーバンド,一目均衡表転換線,MACD,RSI,RCI,ストキャスティクス
ヒロセ通商 6 21 単純移動平均線,指数平滑移動平均線,ー目均衡表,ボリジャーバンド,パラボリック,エンベロープ,GMMA,スバンモデル,スーパーボリンジャー,HLバンド,ストキャスティクス, 乖離率,サイコロジカルライン,DMI,RCI,ROC,MACD,ウィリアム%R,アルティメットオシレーター,RVI
FXブロードネット 30 26 単純移動平均線、指数平滑移動平均線、加重移動平均線、GMMA、一目均衡表、ケルトナーチャネル、新値足、ボリンジャーバンド、DMI、MACD、RCI、移動平均・EMA・WMA乖離率、アルティメットオシレーター、ウィリアムズ%R・A/D、サイコロジカルライン、篠原レシオ、シャンデモメンタムオシレーター、ストキャスティクス、ピボット、ROC、RSI、平滑型RSI、VLDMI、サポート&レジスタンス

テクニカル指標の数は、外貨ex byGMOが圧倒的に多いです。

複数の画面を開いて取引したい方には、同時表示数が多い「FXブロードネット」もおすすめです。

スマホアプリが使いやすい

スマホでFXをしたいトレーダーは、スマホアプリの使いやすさを重視して比較しましょう。

前項でもお伝えしたように、取引ツールの使い勝手は、勝敗を左右します。

スマホアプリを比較する際は、

  • 使いやすさ
  • チャート機能
  • 立ち上がりの早さ
  • プッシュ通知

以上の4つのポイントを確認するのがおすすめです。

現在FX会社から提供されているスマホアプリは、PCと同等の環境で取引ができるものもあります。

ピンチやチャンスへの対応が早くなることで取引を有利にできますので、上手に活用しましょう。

おすすめFX会社の取引ツール比較表

会社名 足種 チャート種類 主な機能 特徴 デメリット
DMM FX 11 12 経済指標アラート、売買比率 画面分割ができ、4画面表示で見やすい。
デザインがかっこいい。
デザインがシンプルなため情報量が少ない。
GMOクリック証券 12 10 スピード注文機能、経済指標、プライスアラート スピード注文機能でチャートをみながら1クリックで注文できる。 テクニカルチャートや情報量がやや少ない。
外貨ex byGMO 11 12 プッシュ通知、レポート閲覧 スマホでもトレンドラインが描きやすい。 画面分割ができない。
ヒロセ通商 13 13 アナリストからの情報l配信、プッシュ通知 詳細な設定が可能で、自分好みにカスタマイズできる。 設定に時間がかかり、やや面倒くさい。
SBI FXトレード 122 22 自動トレンドライン機能、売買フラグ 使えるテクニカルチャートが多い。
チャートの2画面、4画面表示が可能。
機能が多いため、操作に慣れるのに時間がかかる。

GMOクリック証券は、シンプルなデザイン、かつ、なめらかな動きをしてくれるので、スマホトレーダーにおすすめです。

スマホアプリの開発に意欲的な企業なので、今後さらに良い取引ツールに進化することが期待できるといえます。

約定力が高い

FXで取引する際、注文ボタンを押したときの値と実際に決済された値が異なることで、利益を得るチャンスを逃すことがあります。

これをスリッページといい、約定力が高いFX会社を選ぶことで、スリッページによる機会損失を回避することができます。

約定力が低いFX会社を選ぶと、スキャルピングのような短時間で取引を繰り返すスピード勝負の取引スタイルの場合、思い通りの注文ができずストレスになるでしょう。

相場が急変した時は、他のトレーダーは特にスリッページが起きやすくなりますので、約定力の高さ重要です。

約定力が高いおすすめのFX会社

  • マネーパートナーズ
  • ヒロセ通商
  • マネックス証券(FX PLUS)
  • FXプライムbyGMO

上記の4社は、主要なFX会社の中でも、特に約定力が高いといわれているFX会社です。

自動売買が優れている

自動売買システムは、FXの会社ごとに色濃く特徴が出るポイントで、

  • システムトレード
  • トレンド系自動発注システム
  • トラッキングトレード

など、種類は多岐にわたります。

自動売買に頼りすぎることは、自分のFXトレード力を弱めることにつながるのでおすすめはしませんが、自分のトレード戦略を確立したのちに補助として使いのは非常におすすめです。

自分に合った自動売買システムを提供するFX会社を選んでしっかりと利益を上げていきましょう。

おすすめFX会社の自動売買システム比較表

会社名 FX自動売買名 種類 特徴 取り扱い
通貨ペア
インヴァスト
証券
シストレ24 ミラートレーダー系 ・6000以上のストラテジーから好調なものを探して自動的に入れ替え
・他人の設定をシェア可能
・資金・通貨・ステータスなどがカスタマイズ可能
27
セントラル
短資
セントラル
ミラートレーダー
ミラートレーダー系
        ・厳正な審査をクリアした数百種類以上のストラテジーから選択可能
22
外為オンライン iサイクル2取引 リピート注文型
    ・レンジが予想と外れた場合でも相場に追従しながら取引を継続
24
マネー
パートナーズ
HyperSpeed
Next
ストラテジー
自己設定型
・23種類のテクニカルから売買ルールを作成可能
・オリジナルのストラテジーも構築可能 
20
FXブロード
ネット
トラッキング
トレード
リピート注文型
    ・注文ルールは規定の設定を利用することも可能
24

上記5つは、FX初心者にもおすすめの自動売買システムですので、ぜひ試してみてください。

取り扱い通貨ペアが多い

扱っている通貨ペアはFX会社によって異なるので、様々な通貨ペアで取引を試してみたい方は、取り扱い通貨ペアの種類が多いFX会社を選ぶのがよいでしょう。

また、口座開設前に、自分が取引したい通貨ペアの取り扱いがあるかも確認することをおすすめします。

マイナー通貨ペアでスワップポイントを目的にトレードしたいといったときに、自分が口座を開設したFX会社では取り扱いがなかったということがごくまれに存在します。

スキャルピングやデイトレードなどの短期トレードならば、基本的に主要通貨を扱うことが多いので、あまり注目しないといけないこともありませんが、スワップポイント狙いで高金利通貨であるスワップポイントが高いトルコリラ、南アフリカランド、スイスフランなどをトレードする際はきちんと見ておきましょう。

おすすめFX会社の通貨ペア数比較表

FX会社 取り扱い通貨ペア数
ヒロセ通商 50ペア
SBIFXトレード 34ペア
外為オンライン 26ペア
外貨ex byGMO 24ペア
外為どっとコム 30ペア
DMM.com証券 21ペア
GMOクリック証券 20ペア
マネックス証券 16ペア

(※2021年4月度時点)

比較すると、「ヒロセ通商」が最も通貨ペアの種類が多くなっています。

通貨ペア数の違いは、取引量が少ないマイナー通貨の取り扱いがあるかどうかで、取引量が多い主要な通貨ペアは基本的にはどのFX会社も扱っているようです。

キャンペーンが充実している

FX会社が行っているキャンペーンを利用してお得に取引したい方は、キャンペーンの充実度でも比較できます。

最も多いのは口座開設時に受け取れるキャッシュバックですが、開設後も取引量に応じてプレゼントやキャッシュバックを受け取れるFX会社があります。

なかには、対象者の条件が高いものもあるので、高額キャッシュバックや豪華なプレゼントに惑わされず、キャンペーンの内容や対象者、期間なども確認してください。

FXで利益を上げたい人は、自分に合ったFX会社で口座を開設することが最優先ですので、キャンペーンは、あくまでおまけとして考えるようにしましょう。

FX口座・取引に関するよくある質問

?を両手に持つ女性

FX口座・取引に関するよくある質問をまとめてご紹介します。

FXの口座開設に必要な書類は?

FXの口座開設に必要な書類は、マイナンバーの「個人番号カード(顔写真付き)」のみです。

ない場合は、次の2点の書類を用意すれば大丈夫です。

  • マイナンバーが確認できる書類(通知カード、住民票など)
  • 顔写真付きの本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)

FXの口座開設方法は、以下の記事で詳しく解説しています。

FXでおすすめの勉強法は?

FXでおすすめの勉強法は、次の4つです。

  • 本で勉強する
  • サイトで勉強する
  • セミナーに参加する
  • デモトレードを利用する

FXの勝率を上げるためには、上記のような勉強法で、FXの仕組みややり方、チャートの見方や分析力を向上させましょう。

おすすめの勉強方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

FX初心者におすすめの通貨ペアは?

FX初心者におすすめの通貨ペアは「米ドル/円」です。

  • 取引量が多い
  • 値動きが緩やか
  • 情報が入ってきやすい

など、FXを始めたばかりでも比較的扱いやすい通貨ペアです。

FX初心者におすすめの通貨ペアについては、以下の記事で詳しく解説しています。

FXで利益が出ると税金を支払わないといけないの?

年間の給与所得が2,000万円以下の会社員は、利益が20万円を超える場合に税金を支払う必要があります。

主婦やフリーター、個人事業主などで、税金を支払う必要が条件が異なるので、以下のフローチャートでご確認ください。

確定申告が必要かどうかを確認するフローチャート

また、FXにかかる税金の計算方法は以下の通りです。

(FXの収入-経費)× 20.315%

FXで支払う税金についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしていただければ幸いです。

デイトレードはFX初心者におすすめなの?

1日のうちに売買を終わらせることができるデイトレードは、FX初心者におすすめのトレードスタイルです。

1回に狙う利幅は30pips~80pips程度、損切りは20pips~70pips程度なので、長期取引と比較すると、大きなリスクを抱える可能性が低いといえます。

デイトレードの詳細は、以下の記事を参考にしてください。

まとめ

この記事では、自分に合ったFX会社を探している人に向けて、いろいろなFX会社を紹介してきました。

最後におさらいということで、この記事の内容を確認しましょう。

  1. 自分に合ったベストなFX会社は異なる
  2. FX会社を比較するときのチェックポイントは9つ
  • 取引コストが低い(スプレッドが狭い)
  • スワップポイントが高い
  • FX情報量が多い
  • 取引ツールの性能が良い
  • スマホアプリが使いやすい
  • 約定力が強い
  • 自動売買が優れている
  • 取り扱い通貨ペアが多い
  • キャンペーンが充実している

以上のことを踏まえながらFX会社を選べば、自分に合ったFX会社に出会えるようになります。

それによって、FXの腕もスムーズに上げることができ、利益を継続的にあげられるようになるまで順調にステップアップしていけるでしょう。

ベストなFX会社を見つけて、素敵なFXライフを送っていただければ幸いです!

FX口座ランキング根拠(2020年1月更新)

人気FX口座ランキングは、各FX会社の口座数を基に作成しています

順位 FX会社名 口座数
1 DMM.com証券 748,355
2 GMOクリック証券 645,136
3 外為オンライン 562,754
4 外為どっとコム 501,938
5 トレイダーズ証券 370,969
6 外貨ex byGMO 366,148
7 マネーパートナーズ 338,691
8 ヒロセ通商 261,964
9 マネックス証券 253,253
10 FXプライムbyGMO 200,422
11 セントラル短資FX 185,799
12 上田ハーロー 52,841

出典:(株)矢野経済研究所「有力FX企業17社の月間データランキング-2019年11月-」(2020年1月6日発表)
※出典:開示情報|FX|外為オンライン FX取引 - あなたの為の、外為を。
※外為オンラインはコーポレートサイトの開示情報

※企業グループを除く、企業単体のランキング

FX人気ランキングTOP5(国内口座開設数)

DMMFX
第1位
DMM FX
チャート機能が優れている上級者でも満足な会社

公式HPへ

GMOクリック証券
第2位
GMOクリック証券
全般的に買いスワップが高い総合力がある会社

公式HPへ

外為オンラインのキャッシュバック
第3位
外為オンライン
1,000通貨から取引可能なサポートが手厚い会社

公式HPへ

外為どっとコムのキャンペーン内容
第4位
外為どっとコム
スプレッドなどのコスト面でバランスが良い会社

公式HPへ

第5位
トレイダーズ証券
初心者~中上級者向けサービスがあるFX会社

公式HPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索