おすすめFX会社比較ランキング!初心者向けの人気口座は?【2020】

  • 更新日: 2021/01/04

おすすめFX口座を専門家が厳選比較!自分にぴったりなFX会社を選ぼう

FX会社で一番おすすめってどこなの?

初心者にも使いやすい人気のFX口座を知りたいわ。

ナビナビFXが厳選比較した、FX口座のおすすめランキングは以下の通りです。

FX人気ランキングTOP5(国内口座開設数)

DMMFX
第1位
DMM FX
チャート機能が優れている上級者でも満足な会社

公式HPへ

GMOクリック証券
第2位
GMOクリック証券
全般的に買いスワップが高い総合力がある会社

公式HPへ

外為オンラインのキャッシュバック
第3位
外為オンライン
1,000通貨から取引可能なサポートが手厚い会社

公式HPへ

外為どっとコム
第4位
外為どっとコム
スプレッドなどのコスト面でバランスが良い会社

公式HPへ

第5位
トレイダーズ証券
初心者~中上級者向けサービスがあるFX会社

公式HPへ

FX口座は、会社によって特徴が異なり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

そのため、なんとなくでFX口座を選んでしまうと、

  • スプレッドが広くて、なかなか利益が上がらない
  • スマホでFXをしたいのに、アプリが使いづらくてスムーズに注文できない
  • お得に口座開設したはずが、クリア条件が難しくてキャッシュバックを受け取れなかった 

以上のような失敗に繋がる可能性があるので、各社のポイントを理解した上で、自分に合ったFX口座を選びましょう。

今回は、ナビナビFXが厳選比較したおすすめのFX口座ランキングや、項目別のおすすめFX口座を紹介します。

比較するときのポイントもお伝えしているので、ぜひ参考にしてください。

この記事の目次

FXおすすめ比較ランキングTOP10 【2020年1月最新】

第1位:DMM FX

DMM FXのメリット

  • カスタマイズ性に優れた高スペックな取引ツールでスムーズにFXができる
  • 全通貨ペアのスプレッドは最狭水準でコストを抑えて取引できる

DMM FXのデメリット

  • スキャルピングが推奨されていないので、やりすぎると口座凍結されてしまう可能性がある
  • 1万通貨以上の取引にしか対応していない

DMM FXの口コミ・評判

40代 / 男性 / 自営業
FX歴:5-10年
大口取引にも対応
FXトレード歴が5年を超え、ベテラントレーダーと言われるようになりましたが、継続的に同社を利用しています。様々なFX会社を利用してきましたが、現状問題なく同社を利用できています。トレードの経験を...
大口取引にも対応
FXトレード歴が5年を超え、ベテラントレーダーと言われるようになりましたが、継続的に同社を利用しています。様々なFX会社を利用してきましたが、現状問題なく同社を利用できています。トレードの経験を積み、初心者の頃に比べると大きな資金でFXトレードを行っていますが、同社は大口取引にもストレスなく対応できています。他社では大口の注文を出すと、表示されたレートと約定レートに大きな差が生じることがありますが、同社では大口注文の場合でも、表示レートと約定レートがずれることはあまりありません。トレーダーとしての成長のためには、大口注文は必要不可欠です。大口注文にも対応している同社は、長い期間に渡り利用可能なFX会社です。
ベテラントレーダーも利用
同社は初心者向けのFX会社、というイメージがありますが、知人のベテラントレーダーの何人かも同社を利用してトレードを行っています。また同社グループの外為ジャパンもあわせて利用することで1,000通貨からのトレードが取引可能になる、同社では取り扱いのない通貨ペアの取引が可能になる、といったメリットを享受することもできます。DMMグループ全体で見ると、非常に大きな選択肢を有してるグループと言えます。
必要最低限の機能で使いやすい
FXトレードに関する情報はFX会社以外から取るケースが多いので、FX会社のツールにはしっかりと売買できる機能を期待しています。その面では同社のツールは、情報量が少なくチャート機能は一歩も二歩も進んだチャートを提供の会社もあります。しかしながら情報を他所から取っていることもあり、必要最低限の機能で満足できています。同社のツールは初心者も分かるように、直感的に分かりやすい操作が可能です。また必要最低限の機能であり、トレードに集中することができます。同社では無駄なサービスが省かれており、非常に使いやすいツールが提供されている、と感じています。
40代 / 男性 / 会社員
FX歴:5-10年
DMMグループは上場企業ではない
大手FX会社の多くが上場会社となっていますが、DMM.com証券の上場はなされていません。またDMMグループ自体が上場会社ではないため、DMMグループとしての財務情報は見ることができません。...
DMMグループは上場企業ではない
大手FX会社の多くが上場会社となっていますが、DMM.com証券の上場はなされていません。またDMMグループ自体が上場会社ではないため、DMMグループとしての財務情報は見ることができません。FX会社といえども金融機関であり、多額の投資資金を証拠金として預けるためには、その会社及び会社グループとしての信用力は投資家としては確認したい所。TVCMで有名になった同社ですが、上場企業が運営している、または上場企業グループの他大手FX会社と比べると、会社及びグループの情報が少ないため、大きな金額を預けてのトレードに尻込みする部分があります。
10,000通貨からのトレード
同社では10,000通貨単位でのトレードであり、少なくとも数万円単位で証拠金を用意する必要がある。1,000通貨単位で取引可能なFX会社が増えている中では、取引に大量の資金が必要となります。また10,000通貨単位での取引となるため、資金の増減に応じた資金管理を行う場合でも、細かい資金管理を行う事が難しいです。長期に渡り最低取引単位程度でトレードを行うのであれば問題ありませんが、長期的には取引の資金量を増やしたいと思うトレーダーにとっては、10,000通貨単位での取引は柔軟性に欠けます。以前は殆どのFX会社が10,000通貨単位での取引だった経緯があるため、同社の10,000通貨単位での取引という仕組み自体に違和感自体はありません。しかし1,000通貨単位の会社も増えており、また1,000通貨以下での取引可能なFX会社も出現しており、特に初心者トレーダーには資金的に若干敷居が高いFX会社となっている印象がある。
スキャルピングが推奨されていない
同社では超短期トレードであるスキャルピングは推奨されていません。非常に資金効率の高いスキャルピングはトレードをする上で必要不可欠な手法、となっている上級トレーダーも多いです。スキャルピングの多用は取引口座凍結のリスクがあるため、特に短期トレード中心のトレーダーにとって同社は、敬遠せざるを得ないFX会社となります。ただしスキャルピング歓迎というFX会社自体が限られるため、同社のスタンス自体はやむを得ないと理解はできます。尚、1日2~3回のトレードのデイトレードや1週間に2~3回のトレードのスイングトレードを行う場合は特に制限は設けられていません。よって同スタイルを取る上級者にとっては、スキャルピングの規制はそれほどトレードに影響はない。

DMM FXの口コミ・評判をもっと見る

DMM FX

Medium rora
口コミ点数 Point star4 5 4.9
総合ランキング 1位
初回入金額 無料
推しポイント 最短1時間で取引開始が可能!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
20円 -7円 25円

第2位:GMOクリック証券

GMOクリック証券のメリット

  • 取引高8年連続国内1位!(※)
  • 買いスワップが全通貨平均して高く、スワップ運用で利益を上げたい方にもおすすめ
  • 業界最狭水準のスプレッド+取引手数料0円でコストを抑えて取引できる

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2019年12月) 

GMOクリック証券のデメリット

  • 1万通貨以上からしか取引できない

  • FXに関する情報コンテンツの提供が少ない

GMOクリック証券の口コミ・評判

20代 / 男性 / 会社員
FX歴:1-3年
定番のFX会社の安心感
以前、FXのトレード動画配信を見ていたことがあるんですが、その人がGMOクリック証券の口座を使ってたことがきっかけで、私もこちらの口座開設をしてみました。私の知っている中でもこちらを使っている人...
定番のFX会社の安心感
以前、FXのトレード動画配信を見ていたことがあるんですが、その人がGMOクリック証券の口座を使ってたことがきっかけで、私もこちらの口座開設をしてみました。私の知っている中でもこちらを使っている人は多くて、定番のFX会社という感じで安心感がありました。実際、FX取引高も世界一(2012年~2017年)ということですし、定番というところはそういった実績にも出てきています。大事なお金を預けることになるわけなので、安心できるかどうかというのは一番大事なポイントだと思います。
通貨バイナリーオプションも提供
GMOクリック証券では、通常のFX以外にも通貨バイナリーオプション(BO)のサービスも提供しています。追加でちょっとした問題に答える必要があって、ちょっとばかり面倒ではありましたが、それさえクリアすればすぐにBOのトレードをすることができます。FXと同じ為替を対象とする投資ですが、また別の角度から戦略を立てることができるので、私はずっとFXとBOを併用しながらトレードを続けています。リスクの取り方とかもFXとは少し違っていて、いろいろ勉強になるところも多いです。
取引ツールの操作性は抜群!
GMOクリック証券でトレードをやるうえでの長所は、取引ツールが使いやすいというところだと思います。私は「プラチナチャートプラス」でチャートを見ながら、スピード注文画面を出してトレードするというかたちでやっています。プラチナチャートプラスはチャートを見ながら、経済指標、マーケットニュースなども見られ、相場の状況を的確に把握することができます。そして、スピード注文画面はワンクリックで新規注文・決済をして、次々とトレードをしていくことができます。相場の流れを察知してすぐに対応することができるので、これが私のお気に入りの組み合わせになっています。
安定の約定力でストレスのないトレードが可能
私は基本的に数万通貨の取引しかしませんが、約定に時間がかかってストレスを感じたことはほとんどありません。もちろんレートがピョコピョコと動き続ける中で、微妙にズレた約定になってしまったりだとか、スプレッドが開いて悔しい思いをするということはありました。ただし、私はトレード数はけっこう多いほうだと思いますが、確率的に言えばそこまで神経質にならなくてもいいレベルです。普通にストレスなくトレードできる回数のほうが圧倒的に多いので、トータルではいいトレード環境だと感じています。
20代 / 男性 / 学生
FX歴:1-3年
少額での取引ができないのが不便
キャンペーンで口座開設したのだが、ここは1万通貨からの取引になるので、取引資金が大きくなってしまうのがデメリット。資金が少ない場合は、取引できる通貨ペアが限られてくるし、場合によっては取引できな...
少額での取引ができないのが不便
キャンペーンで口座開設したのだが、ここは1万通貨からの取引になるので、取引資金が大きくなってしまうのがデメリット。資金が少ない場合は、取引できる通貨ペアが限られてくるし、場合によっては取引できないこともある。また、1万通貨での取引は、損益が大きくメリットにもデメリットにもなるので、最初は練習も兼ねて少額で取引できるようにした方が良いと思う。1,000通貨から取引できる会社が今は増えているので、GMOクリック証券も1,000通貨での取引ができるようにして欲しい。
スマホでの取引が便利
GMOクリック証券ははっちゅう君という評判の良い取引ツールがあるが、スマートフォン用のアプリも性能が良い。最初のうちはPCを使って取引していたが、今はスマホでの取引をメインにしている。スマホ用のアプリは複雑な操作は無く、ウィジェット機能も使えて、いつでも相場をチェックすることができるので便利。欠点は、画面サイズの関係でチャートがどうしても見づらくなってしまうことと、PCに比べて使えるテクニカル指標が少ないことだが、それを補って余りあるだけの性能の良さだと思う。
ロスカット手数料がかかる
ロスカットされると手数料がかかるのがデメリットだと思う。手数料は1万通貨あたり500円なので結構高い。2万通貨や3万通貨で取引することもあるので、ロスカット手数料は痛い。そもそも、ロスカット自体が想定よりも不利なレートで行われることが多い上、そこにロスカット手数料が上乗せされると、追い打ちをかけられているようにしか思えない。ロスカット手数料はできれば無い方が良いと思うし、仮にあっても、もっと引き下げた方が良いんじゃないかと思う。
キャンペーンにも力を入れている
色々なFX会社でキャンペーンを開催しているが、GMOクリック証券でもキャンペーンを行っている。他社同様、新規口座開設のキャッシュバックキャンペーンはよく開催されているが、それ以外にも色々なキャンペーンを開催しているのが良いと思う。最近では、米沢牛カタログギフトプレゼントキャンペーンというのを開催していた。ただ、キャンペーンに参加できるハードルが高かったので、もっと気軽に参加できるキャンペーンの数を増やして欲しいと思う。

GMOクリック証券の口コミ・評判をもっと見る

GMOクリック証券

Medium 05603%e6%9b%b4%e6%96%b0
口コミ点数 Point star4 0 4.3
総合ランキング 2位
初回入金額 無料
推しポイント 低コスト&高スワップ◎
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
36円 -15円 43円

第3位:外為オンライン

FXブロードネット記事内の外為オンライン

※画像引用:外為オンライン公式サイト

外為オンラインのメリット

  • 初心者にもおすすめの自動注文システム「iサイクル」を提供
  • 1,000通貨から取引可能!初心者でも少額からFXを始めることができる
  • 無料セミナーが数多く開催されていて、トレーダーとして成長したい方にもおすすめ

外為オンラインのデメリット

  • レートの桁数が1桁少なくスプレッドが広くなりがち

  • スマホアプリではテクニカル指標を複数表示できない

外為オンラインの口コミ・評判

40代 / 女性 / 会社員
FX歴:5-10年
 取引システムが直感的でわかりやすい
 取引システムは大きく2つ、Webブラウザから立ち上げるパソコン版と、iOS用とAndoroid用のスマホアプリがあります。私が使いやすいと思ったのはパソコン版のほうで、普段はこちらを使うように...
 取引システムが直感的でわかりやすい
 取引システムは大きく2つ、Webブラウザから立ち上げるパソコン版と、iOS用とAndoroid用のスマホアプリがあります。私が使いやすいと思ったのはパソコン版のほうで、普段はこちらを使うようにしています。パソコン版にはキャンバス1~3があって、それぞれに好きなレイアウトを作成することができます。チャートは別ウインドウで立ち上げられるようになっていて、このチャート上からでもトレードができるようになっています。いずれも直感的に操作できるようになっていて、私はとくに操作マニュアルを見なくても使いこなすことができました。
 スプレッドは広めもスイングなら問題なし
 外為オンラインはレート提示が1pips刻みで、スプレッドも広めの設定になっています。例えば、ドル円だと1pips、ユーロ円だと2pips、ポンド円だと3pipsという感じです。なので、スプレッドを気にする人にとっては、あまり条件は良くないと言えるでしょう。私のように一度ポジションを持ったら数週間ぐらいは持ってもいいかなという感じでトレードしていれば、とくに問題はないレベルです。約定もややワンテンポ遅れる印象もありますが、これも同様ですね。短期トレーダーよりも長期トレーダーのほうを意識しているFX会社だと感じます。
 iサイクル注文で安定収益狙い
外為オンラインといえばiサイクル注文だと思いますが、これを使うことで、動かない相場でもコツコツと収益を出していくことができるようになります。もともと私はトレンド相場が得意で、揉み合いの中ではあまり利益を出せなかったので、iサイクル注文のおかげで収益機会は倍増したような感じです。今はiサイクル注文ともともとの手法を併用するかたちですが、こうすることで、どんな相場でも安定的に収益を出せるようになりました。iサイクル注文は自動でトレードしてくれて負担が少ないので、私みたいな併用がいいんじゃないかと思います。 
スワップポイントが良いわけではない 
iサイクル注文はポジションの保有期間が長くなることもあるので、スワップポイントもわりと重要だったりします。ただ、外為オンラインのスワップポイントはスワップスプレッドもあってそんなに良い設定ではないです。ただし、くりっく365の取扱いもあって、こちらのほうはスワップポイントはスワッププレッドがゼロで、スプレッドも良い設定になっています。くりっく365はスプレッドが広くいというところもありますが、トータルではこっちのほうが有利のように感じます。ただし、1万通貨単位なので100万円単位で資金を準備する必要があり、少額資金の人にはちょっと難しいところがあるかもしれません。 
40代 / 女性 / 主婦
FX歴:3-5年
自動売買ができる
外為オンラインといえば、iサイクル注文ができることが一番の特徴だと思う。最初のうちは自分で相場を見て取引をしていたのだが、損切りや利食いがうまくできなかったり、感情のコントロールが下手で、正しい...
自動売買ができる
外為オンラインといえば、iサイクル注文ができることが一番の特徴だと思う。最初のうちは自分で相場を見て取引をしていたのだが、損切りや利食いがうまくできなかったり、感情のコントロールが下手で、正しい判断ができなかったりしたため、一時、FXをやめたこともあった。自動売買のことは知っていたが、バックテストが必要だったり、ある程度プログラムが書けないといけなかったりと難しそうだったので、なかなかチャレンジできずにいた。でも、iサイクル注文のような簡単にできる自動売買注文が出てきたことで、ようやくできるようになって嬉しい。似たような注文方法を他社でも用意しているが、外為オンラインは、自動売買で取引できる通貨ペア数が多いので利用している。
くりっく365でもiサイクル注文が使える
外為オンラインは、くりっく365も取引できる。くりっく365はどこの会社で取引しても、正直、それほど大きな違いはない。その点、外為オンラインはくりっく365でもiサイクル注文が使えるのが他にはない大きな特徴だと思う。くりっく365はスワップポイントが一本値なので、スワップを狙った取引をしたい時に使っている。それと同時にキャピタルゲインも欲しいので、上昇トレンドの時を狙ってiサイクル注文を使うようにしている。くりっく365でiサイクル注文を使うためのセミナーが開催されているのも親切。
マトリクス機能が便利
iサイクル注文にはマトリクス方式というのがあって、面倒なバックテストを行わなくても、自動的にシミュレーションをして、想定レンジと注文間隔ごとのリスクの高低と必要証拠金を計算してくれる。そのため、自分でわざわざバックテストをしなくても、一目でリスクがどれくらいなのか、証拠樹はいくら必要なのかが分かって便利。また、ポジションの方向やトレンド種別、足の種類などを変えて、マトリクスを表示することができ、自分の資金と比較して、注文できる条件がどれなのかがすぐに分かるようになっているので、自動売買初心者でも使いやすく助かっている。
トレンド機能が便利
iサイクル注文のような注文方法は元々レンジ相場での取引に便利なのだが、トレンド相場でも使える。ただ、レンジからトレンドに変わった時に、自分でポジションを変えたりしなければならないのが面倒だった。しかし、iサイクル注文にはトレンドという機能があり、相場をチェックしなくても、トレンドが変われば自動的に注文も反転させてくれるので良い。機械的に行ってくれるので、感情を挟まずにトレードできるのがいちばん助かっている。

外為オンラインの口コミ・評判をもっと見る

外為オンライン

Medium imagesender
口コミ点数 Point star4 5 4.5
総合ランキング 3位
初回入金額 5,000円
推しポイント 自動売買ツールがおすすめ
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
1.00銭原則固定(例外あり) 2.00銭原則固定(例外あり) 3.00銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
15円 -20円 10円

第4位:外為どっとコム

外為どっとコムのメリット

  • 高額のキャッシュバックキャンペーンが多い
  • 動画コンテンツ・ニュース・セミナーなど、FX情報が充実! 一流アナリストの見解が知れる!
  • 1,000通貨から取引できるので、少額投資で取引したい方にもおすすめ

外為どっとコムのデメリット

  • 約定が遅れがち

  • スマホアプリのライン描画機能が物足りない

外為どっとコムの口コミ・評判

50代 / 男性 / 会社員
FX歴:5-10年
マーケット情報はとりあえず「外為情報ナビ」 
私は月単位でスパンでトレードをしていて、あまり細かい動きは気にしないタイプです。重要視しているのは、いわゆるファンダメンタルズ的な部分で、それに基づいた大きなマーケットの流れについていくことを心...
マーケット情報はとりあえず「外為情報ナビ」 
私は月単位でスパンでトレードをしていて、あまり細かい動きは気にしないタイプです。重要視しているのは、いわゆるファンダメンタルズ的な部分で、それに基づいた大きなマーケットの流れについていくことを心がけています。そのため、マーケット情報をしっかり押さえるということが大事になってくるんですが、外為どっとコムはこういった情報発信をしっかりやってくれていて、非常に心強いと感じています。とくに「外為情報ナビ」というツールが使いやすくて、とりあえずはここを見るようにしています。 
十分使えるスマホアプリ 
私がよく使ってる取引ツールはスマホアプリ版です。やはりパソコン版に比べて手軽に立ち上げられるので、使う回数が増えるんですよね。もちろん細かくチャートを見たい時なんかは、パソコンから取引ツールを立ち上げることもありますが、だいたいのことはスマホアプリ版のほうで不足を感じることはありません。普段はあまり使いませんが、発注についてもスマホから出せるようになっています。相場になにか起こった時にも、いつでもどこでもスマホがあれば対応できるわけなので、使わないにしても安心感があります。 
高金利通貨の魅力的なスワップポイント 
ポジショントレードではスワップポイントが重要ですが、外為どっとコムは高金利通貨のスワップポイントが総じて高水準に設定されています。具体的な1日あたりのスワップポイントは、南アフリカランド円が160円/10万通貨、トルコリラ円が86円/1万通貨、メキシコペソ円が120円/10万通貨という感じです(2018年6月現在)。こういった高金利通貨のスワップポイント狙いもできるので、ポジショントレード派にとっては戦略の幅が増えてうれしいところです。 
キャッシュバックよりもスワップポイント改善を希望 
外為どっとコムはけっこうキャッシュバックに力を入れていて、取引量に応じて一定のキャッシュバックが受けられるようになっています。スプレッドも狭くして、取引量によるキャッシュバックも力を入れてというかたちで、短期トレード派に有利な方向を向いているようにも感じます。ちょっとこの点は私のようなタイプのトレーダーには不満で、メイン通貨のスワップポイントを改善するといったかたちで、長期トレード派への還元にも力を入れてほしいなという気持ちはどうしても出てしまいますね。 
20代 / 女性 / アルバイト
FX歴:1-3年
1,000通貨から取引できる
1,000通貨から取引できるので、最初は少額からFXを始めることができるのが良いと思います。私の場合、最初は10万円から始め、少しずつ利益を増やして取引ロット数を増やしていきました。1万通貨...
1,000通貨から取引できる
1,000通貨から取引できるので、最初は少額からFXを始めることができるのが良いと思います。私の場合、最初は10万円から始め、少しずつ利益を増やして取引ロット数を増やしていきました。1万通貨単位での取引だと、1ロットふえるごとに損益も1万円増えるので、損失が出た場合のダメージが大きいのですが、1,000通貨単位での取引だと、1ロット増えた場合の損益が千円なので、損益を細かくコントロールできるのがメリットだと思います。自分のレベルに合わせて取引ロット数を徐々に増やしていけるので、無理なくスキルアップできて良かったです。
ぴたんこテクニカルが良い
ぴたんこテクニカルを愛用しています。複数のテクニカル指標を使って自分で分析するのは手間がかかって面倒なのですが、ぴたんこテクニカルは、ストキャスティクスやRSIなど複数のテクニカル指標を使った相場分析の結果を一覧で表示してくれて、どの通貨ペアに強いトレンドが出ているか、お天気マークで表示されて一目で分かるので、トレード時間の短縮にも繋がって助かっています。なお、ぴたんこテクニカルはスマホアプリもあるので、外出先でもチェックできるところが良いです。
取引ツールが使いやすい
外為どっとコムの外貨NEXTneoのリッチアプリ版とモバイルアプリ版を使っています。スピード注文とスピード注文2という注文方法があって、1クリックで新規・決済のどちらの注文も発注できます。1画面でポジションの状態や口座の状況も確認でき、全ての取引ができるのでとても便利だと思います。また、スピード注文2にはドテン注文機能もあって素早い取引ができるので、スキャルピングなどスピードが重要なトレードスタイルの人にも使いやすいと思います。
高金利通貨が取引できる
基本的にドル円などのメジャーな通貨ペアを取引していますが、外為どっとコムにはトルコリラなどの高金利通貨がラインナップされているのも良いと思います。元々スワップ目的での取引はしていないのですが、相場の状況を見て、トルコリラ円やメキシコペソ円、南アフリカランド円などの高金利通貨の取引もしようと思っています。南アフリカランドは大体のFX会社で取り扱っていますが、トルコリラやメキシコペソといった最近人気の高金利通貨がラインナップされているのが良いです。

外為どっとコムの口コミ・評判をもっと見る

外為どっとコム

Medium %e7%99%bd%e7%9f%b3350 250
口コミ点数 Point star4 0 4.4
総合ランキング 4位
初回入金額 無料
推しポイント 業界トップクラスの情報量!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり)2020年12月22日時点 0.5銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
72円 -15円 25円
2020年12月1日更新

第5位:トレイダーズ証券

トレイダーズ証券のメリット

  • 業界最狭水準のスプレッド&取引手数料無料!1,000通貨から取引OKで少額資金からスタートできる
  • 自分の取引を分析したい人は、成績が一目で分かる「Myパフォーマンス」がおすすめ
  • プロの講師による3つのトレーニングを提供!プライベートレッスンで悩みも相談できる!

トレイダーズ証券のデメリット

  • PC版取引ツールでカスタマイズができないので、使い勝手が悪いとの評判がある

  • 取り扱い通貨ペア数が少ない

トレイダーズ証券の口コミ・評判

30代 / 男性 / 会社員
FX歴:3-5年
すべるので、スリッページ設定をした方が良い
みんなのFXは、結構すべると思う。成行注文の時に、許容スリッページが設定できるので、設定して発注した方が絶対にいい。それか、成行注文は使わない方がいいと思う。最近、会社のHPに約定率99.9%と...
すべるので、スリッページ設定をした方が良い
みんなのFXは、結構すべると思う。成行注文の時に、許容スリッページが設定できるので、設定して発注した方が絶対にいい。それか、成行注文は使わない方がいいと思う。最近、会社のHPに約定率99.9%ということが掲載されているが、その計算方法を見てみると、「成行注文のうち約定が成立した件数」÷「成行注文数」となっている。みんなのFXの成行注文はスリッページ設定ができるので、設定した範囲のスリッページであれば約定するし、あるいはスリッページを設定しなければ、基本的には約定する。しかし、それが自分が取引したいと思ったレートかというと、それは別の話である。そのため、会社のHPに書いてあることは鵜呑みにしない方がいいと思う。
サポートのレベルがまちまち
みんなのFXには24時間対応してくれる問い合わせ窓口がある。そのため、為替市場が開いている時は、基本的にいつでも対応してくれるのが良い点だ。ただ、問い合わせ窓口に関しては、当たりはずれがあるように思う。すごく感じの良い対応をしてくれる人もいるが、こちらの質問に対し、明確な回答ができない人もいたため、レベルにばらつきがあるのではないだろうか。なお、メールでの問い合わせについては、これまで2回ほどしかしたことがないが、結構丁寧に回答してもらった。結局、担当者次第といったところだが、担当者のレベルはまちまちなので、分かりにくい回答が返ってくるケースがあるのが残念な点だと思う。
スワップは合格点
みんなのFXのスワップは、通貨ペアによって良いものと、そうでもないものとあって、一概に良いとも悪いとも言えないが、おおむね合格点なのではないかと思う。ドル円やトルコリラ円のスワップは高いので、もしもこの通貨ペアでのスワップを狙って取引したいなら、良いのではないかと思う。豪ドルやNZドルに関しては、他にもっと良い会社があるので、敢えてここで取引する必要はないのではないだろうか。スワップメインで、スプレッドが狭い会社で取引したいというトレーダーであれば、みんなのFXは超おすすめというわけではないが、通貨ペアによっては考えてもいいのではないかと思う。
スプレッドは狭いが、変更があるので注意が必要
基本的にみんなのスプレッドは狭い。ドル円やユーロ円などのスプレッドは狭く、それを売りにしているので、今後大幅にスプレッドを広げる可能性は今のところは少ないのではないかと思う。ただ、メキシコペソ円に関しては、スプレッドが当初より結構広がったのではないかと思う。他のサイトでは0.5銭などと紹介されているが、実際は1.8銭くらいになっているので、みんなのFXのHPのリアルタイム為替レートで確認した方が良い。
40代 / 男性 / 会社員
FX歴:1-3年
システムトレードが行い易い
同社は「みんなのシストレ」という名称で、システムトレードサービスを提供しています。システムトレードはトレーダーが任意のシステム(ストラテジー)を選ぶことで、自動的にルールに基づいてトレードが実行...
システムトレードが行い易い
同社は「みんなのシストレ」という名称で、システムトレードサービスを提供しています。システムトレードはトレーダーが任意のシステム(ストラテジー)を選ぶことで、自動的にルールに基づいてトレードが実行されるサービスです。そして同社は1,000通貨からシステムトレードが可能です。他社の場合5,000通貨や10,000通貨からの取引となる場合が多いのですが、同じ金額であっても様々な種類のストラテジーを用いてのシステムトレードが可能です。一般的には多数のシステムを採用すると、リスクは減ると言われます。1,000通貨からのシステムトレードで、多数のストラテジーを利用しリスクを抑えた形でのシステムトレードが可能になります。また1,000通貨からなら、各ストラテジーのリスクに応じて資金配分を行いながらのシステムトレードも可能であり、資金管理を踏まえたシステムトレードも行う事ができます。システムトレードこそ資金管理が必要とされる面があるため、1,000通貨単位でシステムトレードが可能な同社は、システムトレードを行うに際し優れた環境を提供しています。
他の投資家が採用のシステムが分かる
同社のシステムトレードでは、他の投資家がどのストラテジーを利用してシステムトレードを行っているかが分かります。採用するストラテジーに、利用している投資家数が記されているため、その数字を見ることで人気・不人気、いずれのストラテジーかが一目瞭然です。多くの投資家が採用のストラテジーが必ず勝てる訳ではありませんが、自らが他の投資家と同様の相場観でシステムを動かしているのか、逆の方向で動かしているのかを知る事で、リスクの取り方も変える事ができます。他のシステムトレードサービスではあまり見られないサービスですが、同社でシステムトレードを行う際には非常に参考となる数字です。
スマホアプリでシステムトレードが可能
同社のシステムトレードはスマホアプリからも操作が可能です。私は主にPCでシステムトレードの設定を行いますが、外出先等で相場が急変することもあります。その場合は、スマホアプリでストラテジーの入れ替え等が可能です。スマホからシステムの操作が可能のため、相場状況に応じて臨機応変の対応ができます。基本的にはスマホアプリを利用しないように、家のPCにてストラテジーの検討や入れ替えを行っていますが、スマホアプリのお陰で、システムトレードをしながらでも安心して外出することができます。

トレイダーズ証券の口コミ・評判をもっと見る

みんなのFX

Medium imagesender
口コミ点数 Point star2 5 2.8
総合ランキング 6位
初回入金額 無料
推しポイント コールセンターは24時間対応
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.40銭原則固定(例外あり) 0.60銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
22円 -12円 28円

第6位:YJFX!

YJFX!のメリット

  • ヤフーグループ運営のFX会社で安心して取引できる
  • 取引に応じてPayPay※現金がもらえるので、お得に取引したい方にもおすすめ

※PayPay残高の種類は「PayPayボーナスライト」となります。「PayPayボーナスライト」は「出金」「譲渡」「送る」「わりかん機能」「Tポイントへの変換」はできません。「PayPayボーナスライト」の有効期限は付与日から60日です。
尚、「現金」に関しては有効期限はありません。

YJFX!のデメリット

  • ニュース配信は1社のみ

YJFX!の口コミ・評判

30代 / 男性 / 会社員
FX歴:1-3年
安心のヤフーグループ
FXをやる際には自分のお金を証拠金として預けることになるので、できるだけ信頼できるところを選ぶべきだと思います。私が今はメインでYJFX!を使っているのは、数あるFX会社の中でもっとも信頼できる...
安心のヤフーグループ
FXをやる際には自分のお金を証拠金として預けることになるので、できるだけ信頼できるところを選ぶべきだと思います。私が今はメインでYJFX!を使っているのは、数あるFX会社の中でもっとも信頼できるかなと思っているからです。この点、YJFX!はヤフーグループの一員であるので、財務的安全性にはもちろんですし、倫理的におかしなことも起こりにくいのかなと考えています(あるいは、なにかあっても責任を取ってくれそう)。そういう観点でいくと、知名度のあるヤフーブランドはやはり安心感があります。
シンプルなWebの取引ページの設計
YJFX!の外貨exは、ログインをするとWebブラウザ上でトレードをすることができます。基本的に私はこのWebブラウザ上からトレードをしていますが、ページ上部から立ち上げられる「Exチャート」と左上部あたりから立ち上げられる「ワンクリック注文」というものを使っています。ページ上に余計なものが少なく、よく使う機能がわかりやすいところに置いてあるので、最初から迷うことなくこのスタイルで安定しました。取引ページの設計がいい感じなのは、ヤフーの強さが出ているのかもしれませんね。
OCO注文が使いにくい
私はスイングトレードを中心にしていて、けっこうポジションを放置することもあります。その際に、上下には必ずOCO注文で指値・逆指値を入れるようにしています。このOCO注文を出す部分なんですが、レートを手で数字をベタ打ちするようになっていて、ちょっと使いにくいなと感じています。例えば、現在レートを自動セットしたうえで、±5pipsボタン、±10pipsボタンなんかで調整するようにしてくれるなど、なにかしら工夫してほしいところです。ちょっと細かいかもしれませんが、ところどころにこんな感じで気になる部分も残っていたりはします。
リミッターの通知機能が便利
最後によく使う機能が、リミッターという、特定のレートになったらメールで通知してくれる機能です。私は基本スイングトレードをやっていて、いつも相場を見ているわけではないんですが、このリミッターを使うことによって、大事な時を見逃さずにチャートをチェックすることができています。ちょっとした便利機能なんですが、これも取引ページからクリック1つでアクセスできるようになっていて、「あ、使いたいな」と思った時にすぐに使うことができます。という感じで細々と書きましたが、全体的に使いやすくて満足しています。
30代 / 男性 / 自営業
FX歴:3-5年
スプレッドが狭い方である
原則固定で米ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭、ポンド円1.0銭のスプレッドは優秀な方なのでは?自分の場合は米ドル円がメインだが、たまにユーロ円やポンド円も取引するので、この3つの通貨ペアのスプレ...
スプレッドが狭い方である
原則固定で米ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭、ポンド円1.0銭のスプレッドは優秀な方なのでは?自分の場合は米ドル円がメインだが、たまにユーロ円やポンド円も取引するので、この3つの通貨ペアのスプレッドが狭いのは良いと思う。また、キャンペーンでは、普段取引しない通貨ペアについてもスプレッドが引き下げられるので、これを機に試しに取引することもある。基本的に短期トレードメインで取引回数も多い方なので、スプレッドが狭いに越したことはない。YJFX!は他のFX会社と比較してもスプレッドが狭い方なので、この点は良いところだと思う。ただ、経済指標発表時などはスプレッドが広がることもあるので、注意した方が良い。
取引システムが使いやすい
YJFX!の取引ツールのCymoは使いやすい。自分の場合、タブレット端末を使って取引するのだが、操作性が高い。チャートを見ながらワンタッチで注文できたり、新規注文画面から決済注文画面への移動も楽。デイトレなどの短期トレードが中心のトレーダーにとっては、スピーディーな取引ができるかどうかが重要なので、取引システムが使いやすいのはポイントが高い。また、チャートが使いやすい。Exチャートは搭載されているテクニカル指標が36種類と多く、テクニカル分析に必要な機能が一通り揃っている。また、MT4チャートが使えることもメリットではないだろうか。FXの取引経験が長いトレーダーの中にはMT4を使っている人も多いので、MT4チャートが使えるのは良いと思う。
約定力があり、すべりにくい。
成行注文や逆指値注文の場合、約定時にすべるFX会社は結構ある。YJFX!は約定時にすべりにくいのが良いところである。もちろん、まったくすべらない訳ではなく、指標発表時など、相場の状況によってはすべったり、約定しづらいこともあるが、そうでない時は、比較的すべりにくいと思う。また、YJFX!は基本的にすんなり約定するので、デイトレーダーにとって使いやすいのではないだろうか。たまに約定しづらいこともあるが、大抵の場合は、すぐに約定する。すぐに発注したい時や決済したい時など、ここぞというタイミングに約定できないのは困るので、約定力があるのはポイントが高いと思う。

YJFX!の口コミ・評判をもっと見る

YJFX!

Medium medium gaikaex 300x250
口コミ点数 Point star4 5 4.7
総合ランキング 5位
初回入金額 無料
推しポイント FXでPayPayポイントが貯まる
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.2原則固定(例外あり) -原則固定(例外あり) -原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
34円 -10円 36円
以下の期間で原則固定スプレッドを適用対象外とさせていただきます。(対象:全通貨ペア)■対象期間:2020年12月21日(月)オープンから2021年1月12日(火)ニューヨーククローズ

第7位:マネーパートナーズ

マネーパートナーズのメリット

    • FX口座は2種類!初心者向けの「nano」は100通貨単位から取引可能
    • 約定率は10年連続第1位!スリッページ発生率0%、約定拒否0件で注文したレートで取引できる(※)
    • 株券を証拠金にできる

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月) 

マネーパートナーズのデメリット

    • 他社と比較するとスワップポイントが低めに設定されている

    • 主要通貨の取り扱いはあるが、取引可能な通貨ペア数は少ない

マネーパートナーズの口コミ・評判

20代 / 男性 / 会社員
FX歴:1年以下
nano口座では100通貨単位でトレード可能
同社が提供しているnano口座は、100通貨単位でトレードが可能です。多くのFX会社が10,000通貨や1,000通貨からの取引となっていますが、業界内でも少量の通貨単位で取引が可能な稀有なサー...
nano口座では100通貨単位でトレード可能
同社が提供しているnano口座は、100通貨単位でトレードが可能です。多くのFX会社が10,000通貨や1,000通貨からの取引となっていますが、業界内でも少量の通貨単位で取引が可能な稀有なサービスです。数百円単位の証拠金でトレード可能なため、初心者がFXトレードに取り組むには最良な取引環境です。nano口座は1回の注文上限は100,000通貨単位までとなります。ただし100,000通貨のトレードは中~上級者レベルの取引数量であり、当面nano口座の利用で問題ないと考えています。100通貨単位であれば、資金の増減に合わせて細かくポジション量のコントロールも出来るので、着実な資金増加を果たすことができるのではないでしょうか。 また初心者の頃は損切りが続くことがありますが、100通貨をベースにトレードしていれば、大怪我することなくFXトレードの経験を積むことができるため、FXトレードから退場するリスクも非常に少ないです。
滑らない(スリッページがない)
同社は約定力が強い会社として知られています。nano口座においても約定力の強さは健在であり、殆ど滑りません(スリッページがない)。他のFX会社は殆ど使ったことがないのですが、発注すれば表示されたレートで即時に約定がなされ、トレードには全くストレスを感じることはありません。通常口座で大口の場合は分かりませんが、nano口座でトレードしている通貨数であれば、トレードの際に滑るというストレスを感じることなく、トレードが可能です。
nano口座はスプレッドが広がらない
通常口座は指標の発表前後にスプレッドが広がる、という話も耳にします。しかしながらnano口座は指標の前後であっても、それほどスプレッドは拡大しません。 指標前後のトレードは取り組んでいませんが、通常時は殆どスプレッドが広がることはないため、安心して発注を行うことができます。滑らない事に加えて、スプレッドも広がらないため、実際のトレードの現場において、nano口座は1回の取引通貨数量が100,000通貨に限定されていることを除けば、最強に近い存在ではないでしょうか。 nano口座は初心者向けの口座とされていますが、中級クラスでも充分利用に値すると考えており、今後トレード技術が上達しても、nano口座を利用してトレードしようと思います。
40代 / 男性 / 会社員
FX歴:10年以上
取引ツールは優秀
私は主に「HyperSpeed NEXT」を使用していますが、高機能でかつカスタマイズ性が高く、やりたいことをストレスなくできる取引ツールで気に入っています。例えばチャート分析に関しては、計26...
取引ツールは優秀
私は主に「HyperSpeed NEXT」を使用していますが、高機能でかつカスタマイズ性が高く、やりたいことをストレスなくできる取引ツールで気に入っています。例えばチャート分析に関しては、計26種類のテクニカルが使用できるようになっています。また、これらのテクニカルを使用して、プログラミング知識のない人でもオリジナルのストラテジが作れるようになっています。そして、このストラテジによる売買サインは、チャートに表示させることもできます(自動売買にも対応)。その他、レイアウト設定に関しては、ツールのそれぞれの機能を独立したウインドウにする機能があります。とくにマルチディスプレイの人は、自分のデスクトップ画面上に自由に配置ができるので、とても使い勝手がいいと感じると思います。
低スプレッドと安定の約定力
FXにおいて取引ツールも大事ですが、それ以上にしっかりとトレードを成立させる能力が大事です。私は小ロット用のnanoではなく大ロット対応のPFXを使用していますが、こちらの約定力は安定していると感じていて、すべりもほとんど気になりません。また、加えてスプレッド・スワップともに業界内で高水準の設定となっているので、トレード条件としては申し分ないと感じています。さすが上場会社のFXサービスというところですが、安心してトレードすることができる環境ですね。
プラスアルファの情報提供はそれほど
マネーパートナーズのちょっと足りないなと私が感じるのは、為替に関する市場レポート的なものが少ないという点です。ちなみに、市場の速報ニュース系の情報だったり、初心者向けコンテンツやセミナーといったものはわりと豊富だとは思います。ですが、経験者向けに相場をを深掘りして解説したようなものが、あまり用意されていないような気がするというイメージです。今後は、こういった経験者向けの相場解説コンテンツ的なものにも力を入れていってくれると、もっと良くなるような気がしています。
FXに留まらないマネーパートナーズ
マネーパートナーズがメイン事業はもちろんFXサービスです。ですが、このFXサービスから派生して外貨関連のサービスも行っていて、実はこれがけっこう使えるものになっています。まずは航空外貨受取サービスというものですが、普通に空港や銀行なんかで両替するよりもお得に外貨両替ができるようになっています。また、個人的にもっとおすすめなのが、マネパカードというプリペイドカード式のものです。外貨両替がお得なことは同様ですが、こちらはWebから簡単にチャージするだけで外貨を使えるのでさらに便利です。こういった付随サービスの強さは、他のFX会社にはなかなか見られない特徴ですね。

マネーパートナーズの口コミ・評判をもっと見る

マネーパートナーズ

Medium 448744
口コミ点数 Point star3 0 3.1
総合ランキング 7位
初回入金額 4,000円
推しポイント 11年連続 約定力第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
- - -
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
12円 -39円 非公開

第8位:ヒロセ通商

ヒロセ通商のメリット

    • 通貨ペアが50種類と豊富に用意されている
    • スプレッドが狭くて取引コストが抑えられるので、スキャルピングにもおすすめのFX口座
    • さまざまな食品がもらえる豪快なキャンペーンが毎月開催されている

ヒロセ通商のデメリット

    • スワップポイントが優れているとはいえない

    • スプレッドが開きやすいという評判がある

ヒロセ通商の口コミ・評判

40代 / 男性 / 会社員
FX歴:3-5年
取引通貨ペアが多いが、メインにはしていない
ここのLION FXは取引通貨ペアが非常に多く、50種類もの通貨ペアがラインナップされている。他社にはなかなかないような、クロスユーロやクロスポンドの通貨ペアも種類があるのが良い。そのため、その...
取引通貨ペアが多いが、メインにはしていない
ここのLION FXは取引通貨ペアが非常に多く、50種類もの通貨ペアがラインナップされている。他社にはなかなかないような、クロスユーロやクロスポンドの通貨ペアも種類があるのが良い。そのため、そのようなマイナーな通貨ペアを取引する際に、LION FXを使っている。ただ、往々にして、そういう通貨ペアはスプレッドが大きいので、取引しやすいかと言われると微妙な面もある。とはいえ、マイナーな通貨ペアの独特な値動きを狙う際には役立っている。ちなみに、ドル円やユーロ円のようなメジャーな通貨ペアはメインで使っている他のFX会社で取引している。
トルコリラ円やメキシコペソ円のスプレッドは小さめ
LION FXでは、トルコリラ円やメキシコペソ円を取り扱っていて、どちらもスプレッドが小さいのが良い。トルコリラ円に関しては原則固定1.9銭で、この通貨ペアを取り扱っている会社の中でもスプレッドが小さい方である。また、メキシコペソ円については、なんとスプレッドが0.4銭と、他社よりもずっと小さい。スワップポイントも10万通貨で120円と良い方なので、メキシコペソ円でスワップトレードをしたい人にとって、LION FXで取引するのは良いのではないかと思う。
スプレッドが広がりやすい
LION FXはたくさんの通貨ペアがラインナップされていて、さらにはスプレッドもスワップも良いものもあるが、難点はスプレッドが広がりやすいことである。確かにスプレッドに関しては、他社と比べると小さい通貨ペアも多いのだが、タイミングによっては結構広がる。そのため、この会社をメインにして取引することはできない。ここはスキャルピングOKの会社だが、取引回数の多い取引スタイルの場合は、ここはやめた方が良い。スワップトレードなど、長期保有の場合やどうしてもマイナーな通貨ペアを取引したい際に選択するFX会社であると、個人的には思う。
取引ツールの使いやすさは標準的
PCでも、スマートフォンでも取引できる、一般的な取引ツールだと思う。操作や画面の見やすさに関して不満を感じたことはない。ただ、取引ツールの種類が多すぎる。HP上にマニュアルを掲載しているが、種類が多すぎて、読む気を失う。そのため、全部のツールを使ったことはなく、LION FX C2とスマートフォン版のLIONチャートPlus+しか使ったことがない。この2つに関して言えば、見やすい画面だし、使いやすい。これといった大きな特徴はないが、不便を感じたことがないので、標準的なレベルの取引ツールだと思う。
30代 / 女性 / 会社員
FX歴:1年以下
上場しているFX会社
FXトレードを始める際は、FX会社に証拠金を入金する必要があります。取引通貨数が増えれば、数十万円以上の入金が必要となるFXトレードでは、お金を預けるFX会社の信頼性が非常に重要です。その点では...
上場しているFX会社
FXトレードを始める際は、FX会社に証拠金を入金する必要があります。取引通貨数が増えれば、数十万円以上の入金が必要となるFXトレードでは、お金を預けるFX会社の信頼性が非常に重要です。その点では同社は東証JASDAQ上場企業で、財務情報などが開示されています。また上場した時期も2016年3月と3年経過していません。経営的に不安のあるFX会社に大切な証拠金を預ける事は、正直心配も多いです。その観点では、同社は業界中堅ながら株式上場を行っており、財務情報も開示されているため、安心して証拠金を預けてトレードが可能なFX会社です。
1,000通貨から取引が可能
同社は1,000通貨から取引が可能です。大手FX会社では、10,000通貨から取引可能、としている会社が多いため、上場しているFX会社で1,000通貨から取引が可能な同社は貴重な存在です。FX初心者にとって10,000通貨単位でのトレードは、損切りがうまくできないと、大きな金額の損失を計上することがしばしばあります。中級者以上のトレーダーであれば、10,000通貨単位でのトレードも充分対応できます。しかし初心者トレーダーは、まだトレードが確立する前の段階が多いため、10,000通貨単位での取引でも簡単に万単位での損失を計上する可能性があります。同社では10,000通貨以上の取引も当然可能です。FXの最初の段階では同社で1,000通貨からトレードを開始して、その後にトレードに慣れた段階で10,000通貨に進むステップを踏むことで、着実にトレードの腕前を上げる事に繋がるのではないでしょうか。
平日は24時間対応のサポート体制
同社のサポートは平日なら24時間対応しています。FXトレードを行う殆どの方は、サラリーマン・OLなど日中の仕事を行いながらの兼業トレーダーではないでしょうか。よってツールの操作等についてFX会社に質問を行うのは、通常は会社から帰った後の夜となります。しかし多くのFX会社で問い合わせ窓口は夕方にクローズしてしまい、実際にFXトレードを行っている時間帯に問い合わせを行うことが不可能な場合が多いです。同社は24時間のサポート体制を取っており、実際にトレードをしながら生じた疑問をその場で問い合わせる事ができます。初心者にとって、トレードを行っている環境下で問い合わせができる、という部分は、安心感を持ってのトレードにも繋がります。

ヒロセ通商の口コミ・評判をもっと見る

ヒロセ通商

Medium 300 250
口コミ点数 Point star3 5 3.9
総合ランキング 8位
初回入金額 10,000円~
推しポイント 顧客満足度調査第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.40銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
1円 30円 50円

第9位:マネックス証券

マネックス証券のメリット

    • 自動発注機能「オートレール」がシンプルで使いやすく、初心者にもおすすめ
    • AIによるトレード診断で自分の取引を客観的に分析できる
    • テクニカル指標や描画ツールが豊富に用意された高機能の取引ツール「MonexTrader FX」が利用できる

マネックス証券のデメリット

    • 1万通貨未満で取引する場合は手数料がかかる

    • ドルストレートで取引できる通貨ペアは3種類のみ

マネックス証券の口コミ・評判

30代 / 男性 / 会社員
FX歴:5-10年
1万通貨以下のスプレッドがとにかく狭い!
マネックスFXの最大の特徴は、1万通貨以下のトレードにおけるスプレッドが非常に狭いというところです。なので、取引コスト面で優れていて、スキャルピングやデイトレードなど、トレード回数が多いような人...
1万通貨以下のスプレッドがとにかく狭い!
マネックスFXの最大の特徴は、1万通貨以下のトレードにおけるスプレッドが非常に狭いというところです。なので、取引コスト面で優れていて、スキャルピングやデイトレードなど、トレード回数が多いような人に合ったFXサービスと言えるでしょう。具体的な値としてはドル円が0.2銭、ユーロドルが0.3pips、ポンドドルが0.8pipsという感じで、この他の通貨ペアも軒並み低スプレッドとなっています。1万通貨を超えるとスプレッドはこれよりは広がりますが、それでも業界最狭水準であることには変わりありません。スプレッドを重視する人は、一度チェックしてみるといいんじゃないでしょうか。
ワンクリックで取引を繰り返せる「クイック注文」
マネックスFXの取引ツールはいろいろありますが、「MonexFX SPEED」という高機能系のものと、「MonexFX SPEED Lite」というシンプル系のものがメインどころだと思います。これらいずれにも「クイック注文」という機能が備わっていて、新規注文と決済注文を区別することなく、ワンクリックでどんどん取引を繰り返していくことができます。なので、相場のチャンスを見逃すことなく、スピーディに利益を積み重ねていくことができます。スプレッドが狭いのもありますが、早いトレードが好きな自分に向いた環境です。
不要な機能を廃したシンプルツール
メインどころの取引ツール2つを紹介しましたが、私がトレードにおいてよく使っているのは、シンプル系のMonexFX SPEED Liteのほうです。左側にチャートが表示されて、右側に発注パネルがあるという形ですが、チャートを見ながらどんどんトレードをするのに向いています。FXの取引ツールではいろいろとゴチャゴチャしたものもありますが、無駄なものをとことん廃して必要なものだけを残したという感じですね。なお、細かいチャート分析にはあまり向いていないので、用途によっては、高機能系のMonexFX SPEEDを併用するようにしています。
通貨ペア数は16個とやや少なめ
最後にマネックスFXが取り扱っている通貨ペア数ですが、16個ということで他社に比べると少なめになっていると思います。他のFX会社だとだいたい20個は超えていますし、中には50個に達しているところもあります。そのため、いろんな通貨ぺアでトレードがしたいという人には、あんまりおすすめできないですね。ちなみに私ですが、ドル円を中心にメジャーどころの通貨ばかりを触るようなタイプです。そういうトレードをする人であれば、この点について大きく不満を感じることはなんじゃないかなと思います。
50代 / 男性 / 会社員
FX歴:10年以上
総合証券口座とつながるFX口座
私が使っているのはFX PLUSというものですが、これはマネックス証券の総合証券口座とつながったFXサービスです。例えば、総合証券口座にログインすれば、そのままFX PLUSのサービスに入ること...
総合証券口座とつながるFX口座
私が使っているのはFX PLUSというものですが、これはマネックス証券の総合証券口座とつながったFXサービスです。例えば、総合証券口座にログインすれば、そのままFX PLUSのサービスに入ることができます。株式・先物・オプションといった他サービスとの行き来が楽で、運用管理もしやすいです。また、総合証券取引口座とFX PLUS口座の間では資金振替が可能なので、株式・先物・オプション・FXの間で、必要に応じて資金を移動することができます。状況に応じてベターな運用を選べるわけですが、これはマネックス証券を利用しているからこその便利さだと思います。
FX証拠金として保有株式は使えない
資金効率の面で少し残念なのが、FX証拠金として保有株式を使うことができないという点です。私の保有株式には長期で持ち続けているものもあるので、それを担保にFXでのトレードができれば、株式の配当をもらいながらFXの運用益を狙うことができます。私のように株式もやる人間にとってはありがたい仕組みで、他のネット証券ではこういった仕組みを取り入れているところもあるようです。このあたりの制度改善については、ぜひ対応していってほしいですね。
スプレッドは広いので改善を希望
もう1つFX PLUSで改善してほしいところがあるんですが、他のFX会社に比べてスプレッドがだいぶ広いというところです。具体的には、ドル円が2銭、ユーロ円は4銭、ユーロドルは3pipsというかたちで、業界標準のものよりもスプレッドが1桁大きいようなイメージです。1回のトレードにおけるスプレッドの影響額は大きいわけではないですが、それでも塵も積もれば山となります。総合証券とまとめて管理できる便利さで利用を続けていますが、この点は早く改善をしてほしいと思います。
「トレードカルテFX」などの先進サービス
マネックス証券といえば、仮想通貨取引所のコインチェックを買収したことなんかでも話題になったことがあります。ゆくゆくは仮想通貨サービスも出すつもりなんだと思いますが、けっこう新しいものに強くて、テクノロジーにも強い会社だという印象を持っています。それがFX PLUSでも現れていて、「トレードカルテFX」というAIが自分のトレードを診断してくれるものがあります。この診断書がおもしろくて、自分のトレードの癖を知れたり、得意&苦手なチャート形状なんかも教えてくれます。AIを使った先進的なサービスですが、こういったユニークなものを今後どんどん進化させていってくれるんじゃないでしょうか。

マネックス証券の口コミ・評判をもっと見る

マネックス証券\FXPLUS

Medium imagesender
口コミ点数 Point star3 5 3.6
総合ランキング 9位
初回入金額 無料
推しポイント AI診断でトレード力を向上!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.2銭原則固定(例外あり) 0.5銭原則固定(例外あり) 0.6銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
43円 -25円 $ -0.440

第10位:FXプライムbyGMO

FXプライムbyGMOのメリット

    • 約定率100%(※)でスリッページがないので、思い通りの注文ができる
    • 20種類以上のマーケット情報やオンラインセミナーなど取引に役に立つ情報が豊富
    • 取引タイミングを逃さないように、相場が大きく動いた際に通知してくれるスマホアプリがある

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月)

FXプライムbyGMOのデメリット

    • スワップポイントが優れているとはいえない

    • スプレッドが開きやすいという評判がある

FXプライムbyGMOの口コミ・評判

20代 / 女性 / 会社員
FX歴:1-3年
スプレッドは広めだが、安定して約定する
FXプライムの選べる外貨のスプレッドは、ドル円0.6銭なので、スプレッド最狭水準と宣伝している会社に比べるとスプレッドはやや広めだと思います。ですが、その代わり安定して約定します。大抵の場合、ス...
スプレッドは広めだが、安定して約定する
FXプライムの選べる外貨のスプレッドは、ドル円0.6銭なので、スプレッド最狭水準と宣伝している会社に比べるとスプレッドはやや広めだと思います。ですが、その代わり安定して約定します。大抵の場合、スプレッドが極端に狭いと約定する時に滑って不利なレートで約定したり、約定が安定していると評判が高くても、スプレッドがかなり広かったりします。その点、FXプライムはスプレッドと約定の安定度のバランスが良く、スプレッドがもっと狭い会社よりも安心して取引でき、実質的にはあまり変わらないスプレッドで約定しているのではないかと思います。
スワップはそれほど高くない
FXプライムは、選べる外貨もちょいトレFXも、スワップはそれほど高くないです。そのため、スワップを目的にしている人にはあまりメリットが感じられないかもしれません。先ほど書いたとおり、安定して約定し、スプレッドも最狭とまではいかないものの、決して広いわけではありません。しかし、スワップが目的の場合、長期取引が基本で取引回数も多くないので、スプレッドや約定力の高さはそれほど重要ではないと思います。そのため、スワップ目的で取引する場合は、FXプライムを敢えて選ぶ必要はないかもしれません。
選べる外貨は1万円未満の取引とロスカットに手数料がかかる
FXプライムの選べる外貨は1,000通貨単位での取引ができます。しかし、1万通貨未満の取引には片道3銭の取引手数料がかかります。せっかくスプレッドが抑えられていても、これでは少額での取引がしづらいのではないかと思います。初心者の人や、これまで取引したことのない通貨ペアを取引する人は、最初のうちは取引数量を抑え、慣れてきたら徐々に取引数量を上げていきたいと考える人が多いと思うのですが、片道3銭の手数料があると思うと、少額取引をしようとは思わないと思います。また、強制ロスカットにも手数料がかかるのも、いかがなものかと思います。
取引ツールは使いやすい
FXプライムの取引ツールは使いやすいと思います。基本的にはリッチクライアント版を使い、たまにスマホ版も使っていますが、どちらも動作は軽く、チャートも見やすいです。リッチクライアント版については、チャートからの発注機能があるので、取引したい時にすぐに発注できます。また、スマホ版はハイスピード注文があり、連続発注もできます。他社の取引ツールを使ったこともありますが、個人的にはFXプライムの取引ツールの方が使いやすいと思いました。
30代 / 男性 / 会社員
FX歴:10年以上
“まじめにFX”を学べるFX会社
FXプライムbyGMOは「まじめにFX」ということを掲げていますが、その言葉通りちゃんと真面目にFXに取り組むことができて、トレーダーとして成長していけるFX会社です。というのが、FXに関する会...
“まじめにFX”を学べるFX会社
FXプライムbyGMOは「まじめにFX」ということを掲げていますが、その言葉通りちゃんと真面目にFXに取り組むことができて、トレーダーとして成長していけるFX会社です。というのが、FXに関する会員向けの情報コンテンツをたくさん発信しているからです。例えば、毎日配信される「プライム・ストラテジー」では、その日のプロの目線を知ることができます。また、「井戸端為替会議」というコンテンツでは、プロの外為ディーラーのリアルなコメントが随時更新されています。こういったものをチェックし続けるだけでも、自然とFXの世界に体を馴染ませることができます。
インストール不要でハイレベルなトレードが可能
FXプライムでトレードをする際の私の個人的方法ですが、Webのマイページから「プライムチャート」と「ハイスピード注文画面」を立ち上げてトレードをしています。Webから立ち上げるタイプですが、プライムチャートはダウンロード版の専用ツール以上に高機能です。また、ハイスピード注文画面は、素早い発注もサクサク行えるUIで、トレードでストレスを感じることはありません。この2つを併用することによって、ハイレベルなトレードを手軽に実現することができています。
全体的にスプレッドは少し広め
取引ツールはいい感じでトレードがしやすいんですが、FXプライムのスプレッドは全体的にちょっと広いかなという印象です。例えば私が一番よく触るドル円のスプレッドは0.6銭となっていて、業界最狭水準の0.3銭よりちょっと広い設定になっています。その他、ユーロ円は0.9銭、ポンド円は1.8銭という感じで、やはり業界トップクラスのスプレッドとは言えません。無理なスプレッド設定をしていない分、約定はしっかりしている印象なので良し悪しは一概に言えませんが、頭に入れておくべきポイントだと思います。
毎月5万円相当のカタログギフトキャンペーン
FXプライムはおもしろいキャンペーンを毎月やっていて、カタログギフトを取引量に応じてもらうことができます。5万円のカタログギフトの条件は3,000万通貨、3万円のカタログギフトの条件は1,800万通貨……、といった感じです。一番取引量の少ないところでいうと、300万通貨のトレードで5,000円のカタログギフトがもらえます。私も毎月のようにカタログギフトをもらっていて、ちょっとした旅行に行ったり、おいしいものを食べに行ったり、あとは家電なんかをもらったこともあります。

FXプライムbyGMOの口コミ・評判をもっと見る

FXプライムbyGMO\選べる外貨

Medium 300 250 loop
口コミ点数 Point star3 0 3
総合ランキング 10位
初回入金額 無料
推しポイント 強靭なサーバー!高い約定力!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.60銭原則固定(例外あり) 0.9銭原則固定(例外あり) 1.30銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
32円 -12円 35円

項目別に比較!おすすめFX会社6選

ここでは、比較して分かったおすすめのFX会社を項目別にご紹介します。

FX初心者におすすめ: GMOクリック証券

GMOクリック証券は、取引高8年連続国内1位(※)のFX口座です。

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2019年12月)

高水準のスワップポイント、取引コストの安さなど、短期・中期・長期、どの取引スタイルでも利用しやすい点が、人気の理由のひとつです。

例えば、1日あたり受け取れるスワップポイントは、

  • トルコリラ/円:94円
  • 南アフリカランド/円:110円
    (※2019年1月7日時点)

で業界最高水準です。

GMOクリック証券のスワップポイントは、その他の通貨でも全体的に高く設定されているので、長期トレーダーにおすすめです。

また、スプレッドは最狭水準を誇っていて、主要通貨のスプレッドが全て原則固定になっています。

取引手数料も0円なので、取引回数が多い短期トレードの場合も、低コストで取引できます。

さらに、抜群に使いやすい高機能ツールが無料で利用できる、安心の24時間サポート付きなど、初心者から上級者まで幅広いトレーダーにおすすめできるFX口座です。

GMOクリック証券で口座開設すると、バイナリーオプションも取引できますよ!

GMOクリック証券

Medium 05603%e6%9b%b4%e6%96%b0
口コミ点数 Point star4 0 4.3
総合ランキング 2位
初回入金額 無料
推しポイント 低コスト&高スワップ◎
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
36円 -15円 43円

操作性の良い取引ツールを使いたい人におすすめ:DMM FX

DMM FXは、初心者から上級者まですべてのトレーダーにおすすめのFX会社です。

取引ツールはシンプルな設計で、自分に合った仕様にカスタマイズ可能なので、ボタン操作に迷うことなくスムーズに取引できます。

また全部の操作をスマホで行えるため、スマホトレーダーにもおすすめです。

取引ツールは安定して高い評価を集めています。

DMM FXはデモトレードが可能なFX会社なので、操作性は簡単にチェックできます。

全通貨ペアのスプレッドが最狭水準に設定されていて、ドル/円の場合は「0.2銭原則固定」で取引できます。

取引コストを抑えたい方や、デイトレードで取引したい方にも使いやすいといえます。

ただし、DMM FXはスキャルピングの禁止が約款に明記されているので、スキャルピングをしたい方は、別のFX口座を検討しましょう。

他のトレーダーの動向が一目でわかる売買比率情報も見ることができるので、トレンドが掴みやすく、FX初心者にもおすすめです!

DMM FX

Medium rora
口コミ点数 Point star4 5 4.9
総合ランキング 1位
初回入金額 無料
推しポイント 最短1時間で取引開始が可能!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
20円 -7円 25円

少額から始めたい人におすすめ:外為どっとコム

これからFXを始められる方は、初期投資の金額がいくらになるのか、すでに取引を始めている方はランニングコストをどう抑えるのかは気にしたいポイントです。

外為どっとコムは、スプレッド、取引通貨単位、取引手数料の面からみて、数あるFX口座の中でも比較的安くFXを始められます。

スプレッドは米ドル/円が(原則固定 例外あり)、取引通貨単位は1,000通貨~、手数料はすべて無料(銀行口座からの出入金など)となっており、他の口座から比べて「ずば抜けて安い!」ということはありませんが、非常にコストのバランスが良い会社です。

外為どっとコム

Medium %e7%99%bd%e7%9f%b3350 250
口コミ点数 Point star4 0 4.4
総合ランキング 4位
初回入金額 無料
推しポイント 業界トップクラスの情報量!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり)2020年12月22日時点 0.5銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
72円 -15円 25円
2020年12月1日更新

様々な通貨ペアで取引したい人におすすめ:ヒロセ通商

FXを始めたら、自分にあったトレードスタイルを見つけるのがとても大事になってきますが、トレードスタイルによって取り扱う通貨も変わります。

例えば、スワップ益を狙うようなスタイルであれば、現在(2018年12月時点)話題になっているのは豪ドル/円の通貨ペアです。

そのため、自分がどんな取引をするかによって通貨ペアも変わるので、できるだけ、多くの通貨ペアを扱っている会社のほうが好ましいといえます。

ヒロセ通商は、取り扱い通貨ペア数が50種類で、業界最高水準です。

これはどれくらい多いかといえば、口座開設数1位の「DMM FX」が20種類、2位の「GMOクリック証券」が20種類ですので、倍以上あり、圧倒的なことがわかります。

メキシコペソ/円、南アフリカランド/円などの高金利通貨のスワップポイントも高いことから、ナビナビFXでは、取り扱い通貨ペアが豊富なFX口座ランキング第1位となっています!

ヒロセ通商

Medium 300 250
口コミ点数 Point star3 5 3.9
総合ランキング 8位
初回入金額 10,000円~
推しポイント 顧客満足度調査第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.40銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
1円 30円 50円

約定力が高いFX口座で取引したい人におすすめ:マネーパートナーズ

FXでは、注文を出しても取引が成立しない場合、注文した金額と違う金額で取引が成立してしまうことがあります。

これを「滑る」といい、滑りを防ぐためには、約定力が高い口座を選ぶ必要があります。

マネーパートナーズは、矢野経済研究所が実施している「主要FX会社における、FXサービスのスリッページ発生率・約定率等の調査」において、2018年12月に行われた調査まで10年間連続でNo.1の結果となっています。

2018年12月の調査の際には、スリッページ発生率は0%で、調査対象となった7社中でマネーパートナーズのみでした。

引用:マネパは10年連続「約定力No.1」 | FX・証券取引のマネーパートナーズ -外為を誠実に-

上記の結果からも、約定力が高い会社として、マネーパートナーズをおすすめします。

スリッページや約定拒否による損失を防ぐことができるので、安心して取引できるといえます!

マネーパートナーズ

Medium 448744
口コミ点数 Point star3 0 3.1
総合ランキング 7位
初回入金額 4,000円
推しポイント 11年連続 約定力第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
- - -
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
12円 -39円 非公開

自動売買を使いたい人におすすめ:外為オンライン

autotrade

FXには、あらかじめ設定されたロジックにしたがって取引を行う、自動売買というものがあります。

自動売買では相場を見ていなくても、自動で新規発注・決済をくり返してくれるので生活面での負担が少なく、興味を持つ人も少なくありません。

しかし、自動売買はきちんと理解するのが難しく、初心者がいきなり始めるのにはハードルが高いといえます。

外為オンラインが展開する「iサイクル」という自動注文システムでは、初心者にも理解できるようなシステムになっていて、自動売買を始めて活用する人におすすめです。

単純なロジックで新規発注・決済の注文をリピートさせるもので、自動売買へのとっかかりには適しています。

自動売買に興味のある人は、まずは外為オンラインでスタートしてはいかがでしょうか?

外為オンライン

Medium imagesender
口コミ点数 Point star4 5 4.5
総合ランキング 3位
初回入金額 5,000円
推しポイント 自動売買ツールがおすすめ
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
1.00銭原則固定(例外あり) 2.00銭原則固定(例外あり) 3.00銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
15円 -20円 10円

FX会社を比較する9つのポイント&比較表

FX会社を選ぶときは、以下の9つのポイントで比較するのがおすすめです。

  • 取引コストが低い(スプレッドが狭い)
  • スワップポイントが高い
  • FX情報量が多い
  • 取引ツールの性能が良い
  • スマホアプリが使いやすい
  • 約定力が強い
  • 自動売買が優れている
  • 取り扱い通貨ペアが多い
  • キャンペーンが充実している

FX会社はそれぞれにメリット・デメリットがあるため、自分に合っているものがどれか分からず迷いがちです。

ここからは、9つの比較ポイントで見るべきことと、FX会社の比較表をご紹介します。

ぜひ参考にしてください。

取引コストが低い(スプレッドが狭い)

短期取引で利益を上げたい方は、スプレッドが狭く、取引コストを抑えられるFX会社がおすすめです。

デイトレードやスキャルピングといった短期取引では、頻繁に売買を繰り返すことで利益を上げていくので、取引コストが高くなるとその分利益を上げにくくなります。

1回のトレードで狙う値幅は、デイトレードで5銭~1円程度、スキャルピングで5銭程度までなので、スプレッドが広いFX口座で取引すると、損失が出やすくなるので注意しましょう。

なお、ポジショントレードやスイングトレードといった中・長期取引では、1回あたりの利益が大きく、取引回数も数週間~数年に1回程度なので、取引コストはそこまで気にする必要がないといえます。

おすすめFX会社のスプレッド比較表

会社名 米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 NZ/円
SBI FXトレード 0.20銭
(0.27)
0.30銭
(0.49)
0.70銭
(0.99)
0.40銭
(0.69)
0.90銭
(1.19)
DMM FX 0.2銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭 1.2銭
GMOクリック証券 0.2銭
(原則固定)
0.5銭
(原則固定)
1.0銭
(原則固定)
0.7銭
(原則固定)
1.2銭
(原則固定)
外為どっとコム 0.2銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭 1.2銭

※2020年12月1日更新
(※1)1万通貨以下の取引のスプレッドを記載し、カッコ内には1万1通貨~100万通貨(ユーロ/米ドルは1万1通貨~50万通貨)の取引のスプレッドを記載しています。それよりも大きい数量の取引では、スプレッドは記載している値よりも大きくなります。

各社を比較すると、通貨ペアによってお得に取引できるFX口座が異なるのが分かります。

「米ドル/円」「ユーロ/円」「豪ドル/円」といった通貨ペアで取引したい方は、SBI FXトレードがおすすめです。

スワップポイントが高い

中・長期取引で利益を上げたい方は、スワップポイントが高いFX口座を選ぶようにしましょう。

スワップポイントとは2つの通貨の金利差のことで、通貨ペアを保有している間は、毎日スワップポイントを受け取ることができます。

ただし、スワップポイントがマイナスになる通貨ペアを保有している場合は、スワップポイントを毎日支払うことになるので注意が必要です。

おすすめFX会社のスワップポイント比較表

会社名 買or売
スワップ
米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 NZ/円 ランド/円
GMOクリック証券 買い 67円 -12円 31円 31円 30円 110円
売り -70円 11円 -34円 -32円 -33円 -110円
外為オンライン 買い 60円 -26円 10円 20円 15円 50円
売り -90円 0円 -35円 -50円 -45円 -300円
YJFX! 買い 74円 -10円 27円 35円 30円 120円
売り -84円 0円 -37円 -45円 -40円 -220円
外為どっとコム 買い 68円 -15円 32円 35円 27円 120円
売り -98円 0円 -47円 -50円 -42円 -270円
ヒロセ通商 買い 40円 -30円 11円 50円 34円 150円
売り -140円 -20円 -91円 -105円 -89円 -650円

※2018年12月6日現在

通貨ペアによってスワップポイントが最も高いFX口座は異なるので、自分が取引したい通貨ペアで各口座を比較しましょう。

複数の通貨ペアで取引したい方は、平均的にスワップポイントが高く設定されていている「GMOクリック証券」がおすすめです。

FX情報量が多い

配信されるニュースや提供しているマーケット情報の量はFX会社によって異なるので、できるだけ情報量の多いところを選ぶのがおすすめです。

FXでは、チャートの動きを見るだけでなく、経済指標や金融政策などから今後の動向を予測することが重要で、市場に影響を与える情報をいかにキャッチできるかが勝敗を左右します。

FX会社では、以下のような情報を提供しているところが多いです。

  • ニュース配信会社のニュース
  • 初心者向けコンテンツ
  • アナリストによるレポート
  • セミナー

情報の量はもちろんですが、早さや質なども比較しながら、自分に合ったFX会社を見つけましょう。

おすすめFX会社の為替ニュース比較表

会社名 FXi24 Market Win24 フィスコ ロイター ダウ・ジョーンズ 独自
外為どっとコム × × ×
外為オンライン × ×
GMOクリック証券 × × ×
マネーパートナーズ × ×
SBI FXトレード × × ×

※2019年2月13日現在

ニュース配信会社との提携数は「外為オンライン」「マネーパートナーズ」が最も多いですが、情報量の観点からおすすめなのは「外為どっとコム」です。

「外為どっとコム」は、外為どっとコム総研という外国為替専門のシンクタンクを設立していて、独自情報の量や質は業界でトップクラスだといえます。

取引ツールの性能が良い

FXでは、取引ツールを使って売買を行っていくので、取引ツールの性能が良い方が有利だといえます。

取引ツールが使いづらいと、売買チャンスを逃してしまうことがあるので注意してください。

例えば、

  • 注文ボタンがわからない
  • 自分好みにカスタマイズできない
  • 設定がわかりづらい
  • 画面がカクカクする

といったことでストレスを感じるようであれば、別のFX会社のツールを試してみることをおすすめします。

FX会社によって、提供している取引ツールの種類や便利機能なども異なるので、自分に合ったものを見つけましょう。

おすすめFX会社の取引ツール比較表

注文方法の徹底比較一覧
会社名 注文方法の種類
DMM FX 成行,指値,逆指値,IFD,OCO,IFO,ストリーミング,時間指定成行,トレール,決済同時発注
YJFX! 成行,指値,逆指値,IFD,OCO,IFO,トレール,リピート,決済同時発注
GMOクリック証券 成行,指値,逆指値,IFD,OCO,IFO,決済同時発注
ヒロセ通商 成行,指値,逆指値,IFD,OCO,IFO,ストリーミング,時間指定成行,トレール,決済同時発注
FXブロードネット 成行,指値,逆指値,IFD,OCO,IFO,トレール,リピート
チャートの徹底比較一覧
会社名 同時表示数 テクニカル指標 テクニカル指標の詳細
DMM FX 6 20 単純移動平均線,指数平滑移動平均線,加重移動平均線,一目均衡表,ボリンジャーバンド,ピボットポイント,エンベロープ,パラボリックSAR,スパンモデル,スーパーボリンジャー,MACD,RSI,RCI,スローストキャスティクス,ヒストリカル・ボラティリティ,移動平均乖離率,モメンタム,ATR,DMI,ADX
YJFX! 6 31 移動平均線,二重指数移動平均,指数移動平均,一目均衡表,ボリンジャーバンド,パラボリック,エンベローブ,線形回帰,単純移動平均,標準偏差チャンネル,時系列予測,三角移動平均,加重移動平均,ジグザグ・ドル,ジグザグ・パーセント,ピボットポイント,スーパートレンド,アキュムレイション・スイング・インデックス,アベレージ・トゥルー・レンジ(ATR),オーサム・オシレーター,モメンタム,デトレンディッド・プライス・オシレーター,リニアー・リグレッション・スロープ,プライス・レート・オブ・チェンジ,プライス・オシレーター,RSI,ストキャスティクス,MACD,ウィリアムズ%R,アルティメットオシレーター
GMOクリック証券 6 8 単純移動平均線,指数平滑移動平均線,ボリンジャーバンド,一目均衡表転換線,MACD,RSI,RCI,ストキャスティクス
ヒロセ通商 6 21 単純移動平均線,指数平滑移動平均線,ー目均衡表,ボリジャーバンド,パラボリック,エンベロープ,GMMA,スバンモデル,スーパーボリンジャー,HLバンド,ストキャスティクス, 乖離率,サイコロジカルライン,DMI,RCI,ROC,MACD,ウィリアム%R,アルティメットオシレーター,RVI
FXブロードネット 30 26 単純移動平均線、指数平滑移動平均線、加重移動平均線、GMMA、一目均衡表、ケルトナーチャネル、新値足、ボリンジャーバンド、DMI、MACD、RCI、移動平均・EMA・WMA乖離率、アルティメットオシレーター、ウィリアムズ%R・A/D、サイコロジカルライン、篠原レシオ、シャンデモメンタムオシレーター、ストキャスティクス、ピボット、ROC、RSI、平滑型RSI、VLDMI、サポート&レジスタンス

テクニカル指標の数は、YJFX!が圧倒的に多いです。

複数の画面を開いて取引したい方には、同時表示数が多い「FXブロードネット」もおすすめです。

スマホアプリが使いやすい

スマホでFXをしたいトレーダーは、スマホアプリの使いやすさを重視して比較しましょう。

前項でもお伝えしたように、取引ツールの使い勝手は、勝敗を左右します。

スマホアプリを比較する際は、

  • 使いやすさ
  • チャート機能
  • 立ち上がりの早さ
  • プッシュ通知

以上の4つのポイントを確認するのがおすすめです。

現在FX会社から提供されているスマホアプリは、PCと同等の環境で取引ができるものもあります。

ピンチやチャンスへの対応が早くなることで取引を有利にできますので、上手に活用しましょう。

おすすめFX会社の取引ツール比較表

会社名 足種 チャート種類 主な機能 特徴 デメリット
DMM FX 11 12 経済指標アラート、売買比率 画面分割ができ、4画面表示で見やすい。
デザインがかっこいい。
デザインがシンプルなため情報量が少ない。
GMOクリック証券 12 10 スピード注文機能、経済指標、プライスアラート スピード注文機能でチャートをみながら1クリックで注文できる。 テクニカルチャートや情報量がやや少ない。
YJFX! 11 12 プッシュ通知、レポート閲覧 スマホでもトレンドラインが描きやすい。 画面分割ができない。
ヒロセ通商 13 13 アナリストからの情報l配信、プッシュ通知 詳細な設定が可能で、自分好みにカスタマイズできる。 設定に時間がかかり、やや面倒くさい。
SBI FXトレード 122 22 自動トレンドライン機能、売買フラグ 使えるテクニカルチャートが多い。
チャートの2画面、4画面表示が可能。
機能が多いため、操作に慣れるのに時間がかかる。

GMOクリック証券は、シンプルなデザイン、かつ、なめらかな動きをしてくれるので、スマホトレーダーにおすすめです。

スマホアプリの開発に意欲的な企業なので、今後さらに良い取引ツールに進化することが期待できるといえます。

約定力が高い

FXで取引する際、注文ボタンを押したときの値と実際に決済された値が異なることで、利益を得るチャンスを逃すことがあります。

これをスリッページといい、約定力が高いFX会社を選ぶことで、スリッページによる機会損失を回避することができます。

約定力が低いFX会社を選ぶと、スキャルピングのような短時間で取引を繰り返すスピード勝負の取引スタイルの場合、思い通りの注文ができずストレスになるでしょう。

相場が急変した時は、他のトレーダーは特にスリッページが起きやすくなりますので、約定力の高さ重要です。

おすすめFX会社の約定力比較表

マネーパートナーズ 約定率100%・スリッページ発生率0%・約定拒否発生数0件
※2018年株式会社矢野経済研究所調べ
ヒロセ通商 約定率100%
※2018年株式会社矢野経済研究所調べ
マネックス証券
(FX PLUS)
約定率100%
※2019年3月株式会社矢野経済研究所調べ
FXプライムbyGMO 約定率100%・スリッページ発生率0%
※2019年3月株式会社矢野経済研究所調べ

上記の4社は、主要なFX会社の中でも、特に約定力が高いといわれているFX会社です。

自動売買が優れている

自動売買システムは、FXの会社ごとに色濃く特徴が出るポイントで、

  • システムトレード
  • トレンド系自動発注システム
  • トラッキングトレード

など、種類は多岐にわたります。

自動売買に頼りすぎることは、自分のFXトレード力を弱めることにつながるのでおすすめはしませんが、自分のトレード戦略を確立したのちに補助として使いのは非常におすすめです。

自分に合った自動売買システムを提供するFX会社を選んでしっかりと利益を上げていきましょう。

おすすめFX会社の自動売買システム比較表

会社名 FX自動売買名 種類 特徴 取り扱い
通貨ペア
インヴァスト
証券
シストレ24 ミラートレーダー系 ・6000以上のストラテジーから好調なものを探して自動的に入れ替え
・他人の設定をシェア可能
・資金・通貨・ステータスなどがカスタマイズ可能
27
セントラル
短資
セントラル
ミラートレーダー
ミラートレーダー系
        ・厳正な審査をクリアした数百種類以上のストラテジーから選択可能
22
外為オンライン iサイクル2取引 リピート注文型
    ・レンジが予想と外れた場合でも相場に追従しながら取引を継続
24
マネー
パートナーズ
HyperSpeed
Next
ストラテジー
自己設定型
・23種類のテクニカルから売買ルールを作成可能
・オリジナルのストラテジーも構築可能 
20
FXブロード
ネット
トラッキング
トレード
リピート注文型
    ・注文ルールは規定の設定を利用することも可能
24

上記5つは、FX初心者にもおすすめの自動売買システムですので、ぜひ試してみてください。

取り扱い通貨ペアが多い

扱っている通貨ペアはFX会社によって異なるので、様々な通貨ペアで取引を試してみたい方は、取り扱い通貨ペアの種類が多いFX会社を選ぶのがよいでしょう。

また、口座開設前に、自分が取引したい通貨ペアの取り扱いがあるかも確認することをおすすめします。

マイナー通貨ペアでスワップポイントを目的にトレードしたいといったときに、自分が口座を開設したFX会社では取り扱いがなかったということがごくまれに存在します。

スキャルピングやデイトレードなどの短期トレードならば、基本的に主要通貨を扱うことが多いので、あまり注目しないといけないこともありませんが、スワップポイント狙いで高金利通貨であるスワップポイントが高いトルコリラ、南アフリカランド、スイスフランなどをトレードする際はきちんと見ておきましょう。

おすすめFX会社の通貨ペア数比較表

FX会社 取り扱い通貨ペア数
ヒロセ通商 50ペア
SBIFXトレード 34ペア
外為オンライン 25ペア
YJFX! 25ペア
外為どっとコム 30ペア
DMM.com証券 20ペア
GMOクリック証券 20ペア
マネックス証券 16ペア

(※2019年9月度時点)

比較すると、「ヒロセ通商」が最も通貨ペアの種類が多くなっています。

通貨ペア数の違いは、取引量が少ないマイナー通貨の取り扱いがあるかどうかで、取引量が多い主要な通貨ペアは基本的にはどのFX会社も扱っているようです。

キャンペーンが充実している

FX会社が行っているキャンペーンを利用してお得に取引したい方は、キャンペーンの充実度でも比較できます。

最も多いのは口座開設時に受け取れるキャッシュバックですが、開設後も取引量に応じてプレゼントやキャッシュバックを受け取れるFX会社があります。

なかには、対象者の条件が高いものもあるので、高額キャッシュバックや豪華なプレゼントに惑わされず、キャンペーンの内容や対象者、期間なども確認してください。

FXで利益を上げたい人は、自分に合ったFX会社で口座を開設することが最優先ですので、キャンペーンは、あくまでおまけとして考えるようにしましょう。

おすすめFX会社の口座開設キャンペーン比較表

会社名 キャッシュバック
金額
キャッシュバック条件 期限
DMM FX 100,000円 (1)新規口座開設
(2)2019年7月31日までに新規取引を200Lot以上
上記の条件を満たした人の中から抽選で1,000人にキャッシュバック
2019年7月31日
ヒロセ通商 5,000円

50,000円
(1)LION FXで新規口座開設
(2)1万円以上の入金
(3)LION FXでポンド円を片道15万通貨以上取引
(4)キャンペーン専用申込フォームより申込み
(5)2019年8月末の有効証拠金額を確認
上記の条件を満たした人は、取引数量に応じて最大1,050,000円キャッシュバック
2019年7月31日
マネーパートナーズ 1,000円

100,000円
(1)マネーパートナーズで口座開設
(2)新規取引を50万通貨以上
2019年7月31日
FXブロードネット 2,000円 (1) FXブロードネットで口座開設
(2) 口座開設完了月を含む2カ月目末までに20万円以上入金
(3)2カ月目末時点において口座残高が20万円以上
10,000円 口座開設完了月を含む4カ月目末日以内に新規取引を200万通貨以上
5,000円 (1)口座開設完了月を含む4カ月目末日以内にトラッキングトレード
(2)新規注文約定50万通貨以上の対象者判定時に口座残高が20万円以上

※2019年7月8日時点

「DMM FX」では、10周年記念として、お得なキャッシュバックキャンペーンが実施されています。(2019年7月時点)

上記の比較表からもわかるように、FX会社によって条件が異なるので、公式サイトで詳細を確認することをおすすめします。

FX口座・取引に関するよくある質問

?を両手に持つ女性

FX口座・取引に関するよくある質問をまとめてご紹介します。

FXの口座開設に必要な書類は?

FXの口座開設に必要な書類は、マイナンバーの「個人番号カード(顔写真付き)」のみです。

ない場合は、次の2点の書類を用意すれば大丈夫です。

  • マイナンバーが確認できる書類(通知カード、住民票など)
  • 顔写真付きの本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)

FXの口座開設方法は、以下の記事で詳しく解説しています。

FXでおすすめの勉強法は?

FXでおすすめの勉強法は、次の4つです。

  • 本で勉強する
  • サイトで勉強する
  • セミナーに参加する
  • デモトレードを利用する

FXの勝率を上げるためには、上記のような勉強法で、FXの仕組みややり方、チャートの見方や分析力を向上させましょう。

おすすめの勉強方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

FX初心者におすすめの通貨ペアは?

FX初心者におすすめの通貨ペアは「米ドル/円」です。

  • 取引量が多い
  • 値動きが緩やか
  • 情報が入ってきやすい

など、FXを始めたばかりでも比較的扱いやすい通貨ペアです。

FX初心者におすすめの通貨ペアについては、以下の記事で詳しく解説しています。

FXで利益が出ると税金を支払わないといけないの?

年間の給与所得が2,000万円以下の会社員は、利益が20万円を超える場合に税金を支払う必要があります。

主婦やフリーター、個人事業主などで、税金を支払う必要が条件が異なるので、以下のフローチャートでご確認ください。

確定申告が必要かどうかを確認するフローチャート

また、FXにかかる税金の計算方法は以下の通りです。

(FXの収入-経費)× 20.315%

FXで支払う税金についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしていただければ幸いです。

デイトレードはFX初心者におすすめなの?

1日のうちに売買を終わらせることができるデイトレードは、FX初心者におすすめのトレードスタイルです。

1回に狙う利幅は30pips~80pips程度、損切りは20pips~70pips程度なので、長期取引と比較すると、大きなリスクを抱える可能性が低いといえます。

デイトレードの詳細は、以下の記事を参考にしてください。

まとめ

この記事では、自分に合ったFX会社を探している人に向けて、いろいろなFX会社を紹介してきました。

最後におさらいということで、この記事の内容を確認しましょう。

  1. 自分に合ったベストなFX会社は異なる
  2. FX会社を比較するときのチェックポイントは9つ
  • 取引コストが低い(スプレッドが狭い)
  • スワップポイントが高い
  • FX情報量が多い
  • 取引ツールの性能が良い
  • スマホアプリが使いやすい
  • 約定力が強い
  • 自動売買が優れている
  • 取り扱い通貨ペアが多い
  • キャンペーンが充実している

以上のことを踏まえながらFX会社を選べば、自分に合ったFX会社に出会えるようになります。

それによって、FXの腕もスムーズに上げることができ、利益を継続的にあげられるようになるまで順調にステップアップしていけるでしょう。

ベストなFX会社を見つけて、素敵なFXライフを送っていただければ幸いです!

FX口座ランキング根拠(2020年1月更新)

人気FX口座ランキングは、各FX会社の口座数を基に作成しています

順位 FX会社名 口座数
1 DMM.com証券 748,355
2 GMOクリック証券 645,136
3 外為オンライン 562,754
4 外為どっとコム 501,938
5 トレイダーズ証券 370,969
6 ワイジェイFX 366,148
7 マネーパートナーズ 338,691
8 ヒロセ通商 261,964
9 マネックス証券 253,253
10 FXプライムbyGMO 200,422
11 セントラル短資FX 185,799
12 上田ハーロー 52,841

出典:(株)矢野経済研究所「有力FX企業17社の月間データランキング-2019年11月-」(2020年1月6日発表)
※出典:開示情報|FX|外為オンライン FX取引 - あなたの為の、外為を。
※外為オンラインはコーポレートサイトの開示情報

※企業グループを除く、企業単体のランキング

FX人気ランキングTOP5(国内口座開設数)

DMMFX
第1位
DMM FX
チャート機能が優れている上級者でも満足な会社

公式HPへ

GMOクリック証券
第2位
GMOクリック証券
全般的に買いスワップが高い総合力がある会社

公式HPへ

外為オンラインのキャッシュバック
第3位
外為オンライン
1,000通貨から取引可能なサポートが手厚い会社

公式HPへ

外為どっとコムのキャンペーン内容
第4位
外為どっとコム
スプレッドなどのコスト面でバランスが良い会社

公式HPへ

第5位
トレイダーズ証券
初心者~中上級者向けサービスがあるFX会社

公式HPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索