FXで勝てないのはなぜなのか?3つの理由とその対処法

  • 更新日: 2019/07/24

自分がFXで勝てないのは、機関に監視されているからかもしれない! FXで勝てない状態が続くと、こういう不安を感じてしまうこともあるかもしれません。荒唐無稽にも思えるような話ですが、「自分もそう感じてしまったことがある」という人は意外と少なくないはずです。

  • 「どうやってFXで勝ったらいいか分からない」
  • 「そもそも、なぜ負けるのか分からない」
  • 「FXは勝てない仕組みになっているのではないか?」
  • 「こんなに勝てないのなら、FXはやめたほうがいいかも……」

FXで勝てないのには理由があります。なぜ自分が勝てていないのか、その理由を理解することができれば、やり方なのか、分析の仕方なのか、何をどう変えればいいかが見えてきます。その改善を実践できれば、勝てるようになる可能性もグッと高まるでしょう。今回はそんな人に向けて、FXで勝てない理由について解説していこうと思います。

FX専門家 五十嵐勝久 解説

FXはゼロサムゲームです。大げさな言い方をすれば隣のトレーダーの損失が自分の利益となり、隣のトレーダーの利益が自分の損失になります。だいたい相手にするトレーダーは自分より経験を積んだ人であると考えましょう。ですからFXを始めたばかりのトレーダーの方は、はじめは基本的にFXで勝てないのです。そのため真剣にFXに取り組み、学び、実践することが重要です。FXがうまいトレーダーは、本当にまじめにFXをしています。自分ノートやトレードで気が付いたことを長年ノートに書き留めたりしています。ここまでやることは非常に難しいと思いますが、一定の努力をしないとFXでは勝てないということなのだと思います。

> FX専門家 五十嵐勝久について

FXで勝てない理由

トレーダーは一人ひとり性格も考え方も違うため、勝てない理由も人それぞれです。絶対的なものはありませんが、ただ多くの人に共通しやすい要素というのもあります。ここでは、そういった勝てない理由としてよく見られるものを、4つ挙げていきます。

感情的にトレードをしてしまっている

トレードで一番難しいのは、実は感情面でのコントロールです。どんなに優れた手法を持っていようとも、感情面でのコントロールをすることができなければ、そもそもその手法どおり判断して売買をすることができないからです。

例えば、トレードで損失を出してしまった時に、カッと熱くなってしまって、この損失を取り返そうとルールを無視した無茶なトレードをしてしまうことはないでしょうか? 逆に、連勝続きで調子がいい時に、ついつい心理的に気が大きくなってしまい、いつもより軽いエントリーをして損失を出してしまったことはないでしょうか?

このように感情に左右されてしまうと、優位性が高くない場面でのトレードを繰り返すことになるため、損益的にもマイナスとなり、失敗の可能性が高くなってしまいます。いわゆる「ポジポジ病」とも呼ばれますが、これは損失を積み上げてチャンスを逃しやすい状態です。

トレードで勝てばうれしいと感じ、負けてしまえば悔しいと感じる。これは誰しもが感じる普通の感覚です。しかし、これによってトレードが左右されてしまっているようでは、なかなか安定した成績を残すことはできないでしょう。いかに淡々とトレードし続けられるか、これが非常に大事なのです。

利食いが早く損切りが遅い

これも人の感覚に関連するものですが、誰でも直感的にトレードをすれば、どうしても利益は早く利食いたくなり、損失は我慢してしまうものです。しかし、こういった感覚のままトレードしていくと、利益は小さくなる一方で損失は大きくなり、トータルとして勝ちにくい状態になってしまいます。

この直感的な人間の行動の性質というのは、プロスペクト理論で説明されています。プロスペクト理論とは、将来どうなるかわからない不確実性下において、人がどういう意思決定をするかということについて研究されたものです。

この中で行われた実験結果をFXに当てはめてみると、含み益を持っている場合、すぐに利食いしてしまう人が圧倒的に多く、逆に含み損を持っている場合は、プラスになるまでリスクをかけても待ってしまう人が圧倒的に多い、という結果になります。

つまり、人の本能に任せてトレードをした場合には、多くの人が利食いが早く、損切りが遅くなってしまうということなんです。しかし、これではFXで勝つことはできません。勝つためには、この本能を意識的に遮断して、行動を変える必要があるのです。

1つのトレードにリスクをかけすぎている

優れたFXの手法を持っているにも関わらず、パターンを無視した取引をしてロスカットに遭い、大損して退場させられたFXトレーダーは少なくありません。彼らに足りなかったのは冷静さとリスク管理です。

つまり、1つのトレードにあまりにも大きなリスクをかけ、大きなリターンを求めてしまったために、少しの連敗で資金を大きく失い、再起不能になってしまったというわけです。

例えば、1つのトレードで、負けたら資金の20%を失うような枚数でトレードをしたとしましょう。もちろん、これだけのリスクのかけ方をしていたら、勝った場合にはアッという間に資金は増えていきます。しかし、2連敗したら40%近くもの資金を失ってしまいます。3連敗したら、一気に資産は半分です。

また、そもそもこれだけ極端に大きなリスクをかけたトレードをすると、負けたら大きな損をすることになるため、メンタルも不安定になりやすくなります。つまり、勝てない理由の1つ目で説明したような、ギャンブル的かつ感情的なトレードを引き起こしてしまいやすいという特徴もあります。

どんなに優れた手法でも、100%勝ち続けるのは不可能です。時には連敗が続いてしまうことだってあります。FXというのは、トレードを数多く重ねながら、負けも含めてトータルで資金を増やしていく投資です。連敗することもあるということを踏まえて、1つのトレードに対してどのくらいのリスクをかけられるのか、よく考えておく必要があります。

損切りができない

なぜかFXで勝てないという人に特にありがちなのが「損切りができない」というものです。相場が逆に動いても「まだ大丈夫」「そろそろ切り返す……」と根拠のない想像をして損切りができずに、ズルズルと損失を拡大してしまいます。そして、結局どれだけ待っても相場が戻らずに大きな損失を出してしまい、資金力を失いながら次のチャンスを見つけてエントリーできても、利が少なくなってしまいます。

コツコツでも利益が積み上げられる人は、必ず損切りラインを設定してエントリーしますし、自身の予想と逆に相場が動いた際は、潔く損切りをして次のチャンスを探しに行くことができます。この方が、結局ポジションをずっと持っている人よりも失う資金は少なく、エントリーのチャンスは多くなります。

FXで勝つために

前の章では、FXで勝てない理由を説明してきました。それでは、勝てるようになるためにはどうすればいいのでしょうか? そのためには、FXにはすべてのトレードで勝てる必勝法、いわゆる「聖杯」なんていうものは存在しないということを、きちんと理解するところから始める必要があります。

当たり前ですが、相場には絶対は存在しません。「これからこうなる可能性が高い」という予想ぐらいはできますが、絶対にこうなるという断言は誰にもできません。となると、できるだけ勝てる可能性が高いところでトレードして、イメージ通りに相場が動いた時にできるだけ利益を伸ばし、イメージが外れたらすぐに損切りをするしかありません。そうして、勝ったり負けたりしながら、トータルで勝つしかないのです。

こうやってトータルで勝ち続けるためには、大損失を出すなどして、本当の意味で負けてしまわないこと(=退場しないこと)が絶対条件です。つまり、もちろん勝つことも大事ですが、負けをうまく管理することがとても大事になってきます。それでは、負けないために心がけるべきことを、3つ紹介していきましょう。

損切りラインを必ず設定する

基本的なことですが、トレードをするにあたって、必ず損切りラインを置かなければなりません。損切りラインを常に置くことで、トレードに負けた場合の損失額を限定することができます。しかし、損切りラインを置かない場合、どれだけの損が出るかわかりません。これでは、負けたときの資金管理が疎かになることは明白です。

損切りラインを置いておけば、相場のイメージが外れたとしても、自ら手を下さなくても勝手に損切りが執行されます。損切りを手でするのはやはりストレスがかかるものなので、感情面でも楽になれるところがあります。まずはポジションを持つと同時に損切りラインを常に置く癖をつけること、これが負けないための第一歩です。

自分の資金や手法に見合ったリスクをかける

損切りラインを置くようになれば、あとはトレード枚数を変えることで、1トレードでいくらの損失額が出るかをコントロールできるようになります。この損失額を、自分の資金や手法に見合った適切な額になるようにしておけば、負けてしまう確率はかなり抑えることができます。

なお、いくらが適切なのかを見極めるためには、バルサラの破産確率が役に立ちます。これは資金額に対する損失額の割合、トレードの勝率、損益率(平均利益額÷平均損失額)によって、どれだけの確率で破産するかを示してくれるものです。バルサラの破産確率を計算してくれるサイトなんかもあるので、自分の手法や資金に見合った損失額がいくらなのか、一度調べてみるといいでしょう。

一度決めた損切りラインはズラさない

上記の2つで、かなり負ける可能性は低く抑えることができますが、せっかく決めた損切りラインをズラしてしまうと意味がありません。絶対に損切りラインをズラすのだけはやめるようにしましょう。

いざ損切りをされそうになると、やはり悔しい、もったいないという思いで、ついつい先延ばしにしようとしてしまうのが人というものです。特に、FX初心者の人ほど、この心理に陥りがちです。これは勝てない理由のところでの感情の話や、損失を伸ばしてしまいがちだという話でも触れましたね。

しかし、FXで負けることはつきものです。これは受け入れなければなりません。もし、どうしても損切りがつらいのであれば、エントリーした後は結果が出るまでチャート見ずに、値動きを追わないというのも1つの手です。これを繰り返していけば、変な言い方ですが損切りにも慣れてくると思います。感情をコントロールできるようになるためにも、損切りを受け入れられるようになりましょう。

どうしても勝てない場合

FXで勝つために必要なことを説明してきましたが、それでもなかなか勝てないということもあるでしょう。残念ながら、FXで勝てるようになるには壁を破る必要があって、それは短時間で簡単にできるものではありません。もしFXをやっていて限界を感じたら、どうしたらいいのでしょうか?

やめることを視野に入れる

まずやるべきことは、FXをやめることを視野に入れることです。いつまでもなんとなく同じことを繰り返していても、成功体験なく急に自身がついたり、勝てるようには決してなりません。お金を失うためにFXをやっている人はいないはずです。勝てないのであれば、どこかで決断をしなければなりません。

このままFXを続けて、損失を出し続けた場合を考えてみてください。続ければ続けるほど、お金を失っていくことになるでしょう。逆に言えば、早くやめればやめるほど、その損失分がなくなって、将来に残るお金が増えるわけです。

結局大事なのは、これから将来にどれだけ多くのお金を残せるかです。確かに、今までに失ったお金のことを考えると悔しい気持ちもあると思います。ですが、大事なのは今までではなくてこれからだ、ということを意識してください。こういったことをよく考えて、FXをやめることについて真剣に向き合いましょう。

やめる基準を決める

FXをやめることを覚悟したら、やめる時の基準を決めましょう。もちろん、今すぐにやめてもいいですが、なかなかその踏ん切りがつかないという人も少なくないはずです。基準を作っておけば、最後の決断がしやすくなります。

この基準には、客観的に判定できるように数字を使うようにしましょう。曖昧な内容にしてしまうと、なんとでも言い訳ができてしまいます。2つほど例を挙げてみます。

  • 口座残高が○○万円以下になる
  • ○月までに月間損益をプラスにできなかった

もちろん、FXを勝てるようになるのがベストです。覚悟を決めることで何かが変われば、それがきっかけで勝てるようになるかもしれません。最後まであきらめずに、基準達成を目指してください!

お金を使えないようにする

もし、基準を超えられずにFXをやめることになったら、その時は潔くすべてのお金をFX口座から出金しましょう。お金を残しておくと、ふとした瞬間に触ってしまう可能性があります。全額出金をした後は、できれば口座解約もしておくくらい徹底したほうがいいでしょう。

もし、口座解約の手続きをすぐにはできないという場合は、とりあえずパスワードを覚えられないような複雑なものに変更しておきます。そのうえで、パスワードはどこかにメモして、すぐに出せないところに隠してください。こうやっておけば、簡単にはFX口座を使えなくなるはずです。

FXをやるためのハードルを高くしておけば、FXから離れやすくなります。確実にFXをやめるためには、やりたくなってもできない、そういう環境をあらかじめ作っておくことをおすすめします。

おすすめのFX会社

DMM FX

Medium rola 300 250
口コミ点数 Point star4 5 4.9
総合ランキング 1位
初回入金額 無料
推しポイント FX口座数 国内第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.30銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
20円 -7円 25円

外為オンライン

Medium imagesender
口コミ点数 Point star4 5 4.5
総合ランキング 3位
初回入金額 5,000円
推しポイント 自動売買ツールがおすすめ
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
1.00銭原則固定(例外あり) 2.00銭原則固定(例外あり) 3.00銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
15円 -20円 10円

外為どっとコム

Medium 99cc610d3bc7486acc314e0178bfad56
口コミ点数 Point star4 0 4.4
総合ランキング 4位
初回入金額 無料
推しポイント 業界トップクラスの情報量!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.30銭原則固定(例外あり) 0.5銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
72円 -15円 25円

まとめ

FXで勝てない人がどうすればいいのかについて、一通り解説してきました。自分がなぜ勝てていないのか、いくつか思い当たるところがあったのではないかと思います。とくに、人の感情にまつわる部分については、多くの人が共通する部分だと思います。

勝てない理由を意識することで、トレードをするうえで今までとは異なる行動ができるようになるはずです。行動を変えれば、結果も変わってきます。原因を見極めたら、ひとつひとつできるところから始めて、勝てる可能性を高めていってください。

勝率を上げたいという方は、以下のトレードスタイルに関する記事も参考にしてくださいね。

監修者紹介/FX専門家 五十嵐勝久

中央大学経済学部卒。アルゴ株式会社代表取締役。銀行や証券、FX会社に勤務し、営業、企画、マーケティング部に所属。40歳で会社を辞めて起業。現在はFXや証券会社などのプロモーション業務、システム開発を行う一方、システムトレーダーとしても活躍。

> FX専門家 五十嵐勝久について
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。