FXができるのはFX会社だけじゃない!銀行が提供しているFXサービスを紹介

  • 更新日: 2019/07/23

FXを取引する際に、まず決めなくてはならないのが、「どの会社で取引するか」ということです。

FX取引を提供している会社はたくさんあり、それぞれのサービスに特色がありますので、悩む人も多いのではないでしょうか。

証券会社やFX専業会社など、様々な会社で提供されているFXですが、実は銀行の中にもFXに参入しているところがあります。

そこで今回は、

  • 「銀行が提供しているFXサービスに興味がある。」
  • 「銀行のFXサービスを利用することを検討している。」

という人に、銀行が提供しているFXサービスについて紹介します。

銀行のFXサービスに興味がある人はもちろん、どの会社で取引するか、まだ検討段階にある人も、銀行で提供しているFXサービスについて知り、決める際の材料にしてみてはいかがでしょうか。

銀行でもできるFX

銀行が提供しているFXサービスとは一体どんなものなのでしょうか。ここでは、銀行が提供しているFXサービスについて紹介していきます。

FXを提供している会社はどんな会社?

FXを提供している会社には、大きく分けて3つあります。1つめがFX専業会社、2つめが証券会社、3つめが商品会社です。FX専業会社は、例えば外為どっとコムが該当します。

また、証券会社は、例えば楽天証券やSBI証券などが該当します。商品会社は、豊商事などが該当します。これらのFX会社以外にも、FXを提供している会社があります。それは銀行です。

「銀行で提供しているのはFXじゃなくて、外貨預金なんじゃないの?」と思う人もいるでしょう。確かに、外貨預金を提供している銀行はたくさんあります。

また、FX会社のHPなどで、FXのメリットとして、「外貨預金に比べて手数料が各段に安い」ということが紹介されているのもよく見ます。その外貨預金を提供している銀行が、FXを提供していることに違和感を覚えたり、イメージが湧かない、という人もいるかもしれません。

しかし、実は、以前から銀行によるFXサービスは行われていたのです。なお、銀行の中で、最初にFXに参入したのはジャパンネット銀行です。

元々銀行が行う外国為替業務は、立替と交換の2つがあります。立替は、遠方の取引相手に対し、実際に現金を輸送せずに決済する仕組みのことで、輸入貿易取引等で発生する国際間の支払いや資金の受取りを、現金を使用せず、決済することを言います。

また、交換は外国為替レートのことで、異なる2つの通貨を交換することを意味します。FXはこのうちの交換に該当します。

銀行の外貨預金は、すでに書いたように手数料が高いというデメリットがあります。また、銀行の外貨預金を利用する人は減少傾向にある一方で、FXは一時に比べて鈍化しつつも、口座数は伸びています。

さらに、銀行は、日銀のマイナス金利の影響で収益が悪化しており、多くの銀行が経営に四苦八苦しています。このような背景から、これまでにないサービスを模索する銀行も出てくるなど、現在、多くの銀行が生き残りの道を模索しているのです。

また、それ以前から、セブン銀行のように異業種からの参入が増えており、従来の銀行とは異なるモデルケースで収益を上げるところも出てきているため、銀行間の競争が激しくなっていることも、生き残り競争に拍車をかけています。

そのため、2016年にFXに参入した新生銀行のように、新たな収益源を確保する方法として、FXに参入する道を選ぶ銀行も出てきています。

銀行のFXのメリット・デメリット

それでは、銀行のFXサービスを利用するメリットはいったい何でしょうか。

銀行でFXを取引するメリットとして挙げられるのが、信頼度の高さではないでしょうか。銀行は資本規制が厳しく、自己資本比率も厳格に定められています。

国際的にも銀行の自己資本比率に対し厳格なルールを定めており、バーゼル規制という銀行の自己資本比率を定めた規制がされています。

ただし、証券会社も自己資本規制比率が厳しく定められており、140%を下回った場合には内閣総理大臣への届出をしなければならず、120%下回ると業務改善命令の対象となります。

そして、100%を下回ると3ヶ月以内の業務停止(一部または全部)処分となります。

そのため、信頼感という意味では、銀行も証券会社も厳しく規制されていて、「証券会社は銀行よりも信頼度が低い」「証券会社の方が、銀行に比べて潰れる可能性が高い」といったことはないのですが、世間一般のイメージからすると、証券会社より銀行の方が身近な分、やはり銀行の方が信頼できるイメージが強いのでしょう。

また、銀行でFXをするメリットとして挙げられるのは、銀行によっては独自の便利なサービスを展開しているところもある、ということです。例えば、外貨をそのまま証拠金として使えるなど、銀行ならではのサービスを提供している会社もあります。

さらに、問合せ窓口などのフォロー体制が整っている会社が多いことも、銀行でFXをするメリットの一つです。

一方、銀行でFXをする際のデメリットは、スプレッドが広い傾向にある、ということが挙げられます。

証券会社やFX専業会社、商品会社が提供するFXサービスの場合、会社によってばらつきはあるものの、ドル円で0.2銭、0.3銭という狭いスプレッドを提供する会社もあります。

また、ここまで狭くはなくとも、ドル円の場合はスプレッドが1銭以下という会社も珍しくありません。

しかし、銀行の場合は、おおむねスプレッドは広めで、ドル円で2銭、3銭などといった会社が多くみられます。そのため、銀行でFXを取引した場合、FX専業会社や証券会社などに比べて高コストになることがデメリットです。

ただし、最近は0.3銭や0.5銭など、1銭以下のスプレッドを提供する銀行も出てきているため、もしも銀行でFXを取引したい場合でスプレッドを重視するのであれば、このような銀行を選んで取引すると良いでしょう。

FXを提供している銀行

FXを提供している銀行にはどんなところがあるのでしょうか。ここからは、FXを提供している銀行について紹介します。

じぶん銀行

三菱UFJ銀行とKDDIとの出資で誕生したインターネット銀行のじぶん銀行は「じぶん銀行FX」というFXサービスを提供しています。

通貨ペアは11通貨ペアと多くはないものの、ドル円はもちろん、ユーロ円やポンド円、豪ドル円などのメジャーな通貨ペアは一通り押さえてあります。

また、じぶん銀行FXでは3つの取引コースを用意し、損益を抑えて取引をしたいトレーダーから大口のトレーダーまで対応しています。

少額から取引できる「ミニ」では1,000通貨単位、「通常」は10,000通貨単位、「大口」は50万通貨以上で10万通貨単位での取引となります。

じぶん銀行FXではレバレッジは固定ではなく、取引額をレバレッジで割って証拠金を出すことで、その証拠金を基にレバレッジが決まります。そのため、レバレッジを考える際に少々手間がかかるのがデメリットです。

なお、じぶん銀行FXを取引するにあたりじぶん銀行の円普通預金口座を開設している必要があります。

元々じぶん銀行はすべての取引をスマートフォンで利用できる銀行を目指しているため、じぶん銀行FXもスマートフォンでの取引に力を入れています。

じぶん銀行は手軽に取引できるようサービスを工夫していますが、スプレッドの広さが取引する上でのネックとなります。そのため、スキャルピングのように、超短期での売買を繰り返すようなトレードスタイルには合っていません。

スプレッドは気にせず、長期でポジションを運用したい人向けのサービスであると言えます。

ソニー銀行

ソニー銀行は銀行の中でも早くからFXに参入したインターネット専業銀行です。

ソニー銀行のFXサービスで取引できる通貨ペアは14通貨ペアで多い方ではないものの、ドル円やユーロ円などのメジャーな通貨ペアは一通りラインナップしています。

また、スウェーデンクローナ円や香港ドル円が取引通貨ペアに入っているのが特徴の一つです。

ソニー銀行のFXのスプレッドは、ドル円で3銭、ユーロ円で4銭となっています。FX会社の中には、ドル円で0.2銭や0.3銭など、1銭以下のスプレッドを提供している会社もあるため、同行のスプレッドはかなり広い方であると言えます。

また、ソニー銀行のFXの最低取引単位は1万通貨となっているため、損益を抑えて取引したい場合はやや不向きです。

ソニー銀行のFXはレバレッジを選んで取引することができますが、提供されている最大レバレッジが20倍であることに注意が必要です。

なお、ソニー銀行のFXは、外貨をそのまま証拠金として使うことができるのが最大の特徴です。ただし、ブラジルレアルと中国人民元は、証拠金として利用することができません。さらに、ソニー銀行のFXは、対円通貨に限り、デリバリーも可能です。

取引ツールに関しては、PC、スマートフォン、タブレット、モバイル用の取引ツールがそれぞれ用意されているため、出先でも気軽に取引することができます。

ソニー銀行のFXは、スプレッドが広いことがネックですが、外貨を証拠金として使うことができたり、外貨をそのまま受け取ることができるなど、独自のサービスが魅力です。

スキャルピングなど、超短期での売買を繰り返すようなトレードスタイルには、コスト面からも勝率の面を考慮しても合っていませんが、スプレッドは気にせず、長期でポジションを運用したい人にとっては便利なサービスであると言えます。

住信SBIネット銀行

三井住友銀行とSBIホールディングスによる共同出資で誕生したインターネット専業銀行が、住信SBIネット銀行です。住信SBIネット銀行では、店頭FXの「Oh! FX」と取引所取引のくりっく365を提供しています。

店頭FXの「Oh! FX」で取引可能な通貨ペアは、20通貨ペアです。

また、「Oh! FX」では通常の10分の1通貨単位で取引できるミニ取引も用意していますが、こちらで取引できる通貨ペアは6通貨ペアです。なお、くりっく365の方は、25通貨ペアの取引ができます。

「Oh! FX」では、レバレッジコースが決められていて、レバレッジ、1、3、5、10、25の5つのコースがあります。

また、「Oh! FX」のスプレッドは、ドル円で0.5銭、ユーロ円で2.0銭、ポンド円3.0銭となっています。ドル円のスプレッドはスプレッドの狭い他のFX会社と比べても遜色ありません。

ただ、ユーロ円やポンド円のスプレッドは他のFX会社と比べても広い方であると言えます。

「Oh! FX」では「Oh! FX積立」という積立できるFXサービスを提供しています。積立貯金のような感覚でFXができ、3倍までのレバレッジをかけられます。貯金感覚でできるFXサービスです。

住信SBIネット銀行は、店頭FXのみならず、くりっく365を提供しているため、店頭と取引所のどちらで取引しようか悩んでいる人にとって、選択肢が広いことがメリットです。

ドル円のスプレッドも銀行が提供しているFXサービスの中では狭い方であると言えます。ただ、それ以外の通貨ペアはスプレッドが広く、取引回数の多いトレードスタイルの人にとってはデメリットになります。

ドル円をメインに取引する人にとっては、使いやすい銀行であると言えるでしょう。

ジャパンネット銀行

日本初のインターネット専業銀行であるジャパンネット銀行は、FXに初めて参入した銀行でもあります。同行では、「JNB-FX PLUS」というFXサービスを提供しています。

「JNB-FX PLUS」では、初級タイプと一般タイプの2種類のFX口座を用意しています。初級タイプはレバレッジ1倍の取引専用のFX口座で、一般タイプは25倍までのレバレッジがかけられます。

また、「JNB-FX PLUS」では、16通貨ペアが取引できます。ドル円、ユーロ円、ポンド円などのメジャーな通貨ペアはもちろん、ノルウェークローネ円、香港ドル円、シンガポールドル円などの組み合わせもあるのが特徴です。

「JNB-FX PLUS」では、1,000通貨からの取引ができます。そのため、損益を抑えることができ、トレーダーのレベルに合わせた取引が可能です。

なお、「JNB-FX PLUS」のスプレッドは原則固定ではなく、変動します。ただ、スプレッドはドル円で3銭前後と広い模様です。そのため、スプレッドを重視するトレーダーにはあまりおすすめできません。

また、スキャルピングなど、取引回数の多いトレードスタイルの場合もおすすめできません。

「JNB-FX PLUS」は、PC、スマートフォン、携帯電話での取引が可能です。また、高度なテクニカル分析を行う取引支援ツールの「テクニカるナビ」も用意されており、初心者でも簡単にテクニカル分析が行えるよう、工夫されています。

ジャパンネット銀行のFXサービスである「JNB-FX PLUS」は、初心者でも取引しやすいよう工夫されており、取引支援ツールも便利なものを用意しています。

ただ、スプレッドが広いため、スキャルピングのように、超短時間の取引を何度も繰り返すタイプのトレードスタイルには合っていません。取引回数の少ない、長期保有のトレードスタイルに合うサービスを提供しています。

新生銀行

新生銀行は日本長期信用銀行が破綻後再建してできた銀行で、インターネットバンキングを中心に、店舗展開もする銀行です。新生銀行では「新生銀行FX」というFXサービスを提供しています。

この新生銀行FXは、楽天証券と連携して提供しています。

新生銀行FXは、

  • 1倍
  • 2倍
  • 5倍
  • 10倍
  • 25倍

のレバレッジコースを設けています。

また、新生銀行FXは24通貨ペアが取引可能です。取引通貨ペア数は多い方で、ドル円、ユーロ円などのメジャーな通貨ペアは一通り押さえてあります。

また、シンガポールドル円、ノルウェークローネ円などの通貨ペアも用意しており、ドルストレートやクロス円以外の通貨ペア…例えば、ポンドスイスフランや豪ドルニュージーランドドルなども取引できます。

新生銀行FXのスプレッドはドル円が0.5銭、ユーロ円が1.1銭、ポンド円が1.0銭です。他のFX会社と比較してもスプレッドは狭い方であるといえます。ただし、通貨ペアによっては、スプレッドが広いものもあります。

新生銀行FXはPCやスマートフォンで取引が可能です。そのため、外出先や移動中などでも簡単に取引することができます。

なお、新生銀行FXは1,000通貨からの取引ができます。そのため、損益を抑えることができ、トレーダーのレベルに合わせた取引が可能です。

新生銀行FXは、銀行が提供するFXの中ではスプレッドが狭い方です。ドル円やユーロ円、ポンド円などメジャーな通貨ペアに関しては、狭いスプレッドを提供しています。ただ、通貨ペアによってはスプレッドが広いものもあります。

そのため、通貨ペアによりますが、スプレッド重視のトレーダーにとっては、比較的使いやすいのではないでしょうか。

また、1,000通貨から取引ができるため、「最初は少額から取引したい」という初心者トレーダーにも便利です。銀行の提供するFXではありますが、他のFX会社が提供するサービスと比較しても遜色ないと言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?今回は銀行が提供しているFXサービスについて解説を行いました。

銀行が提供しているからこそのメリットもあるので、銀行でFX取引を始めようと考えていた方もちろん、どの会社で口座開設をしようか迷っている人も、銀行でのFX取引サービスを検討材料の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

FX会社での口座開設については以下の記事で比較やランキング形式にして詳しく紹介しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。