FX口座開設の流れを解説!最短で開設する方法と注意点、審査されるポイントを紹介

  • 更新日: 2019/08/06

すぐにFXを始めてみたいけど、口座開設のやり方がよくわからない……

そんなFX初心者のあなたのために、この記事では口座開設の流れや審査、おすすめのFX会社を、わかりやすく詳細に解説します。記事を読み終わるころには、FXの口座開設に関する疑問がすべて解消されるはずです。

口座開設の申込から取引開始までにかかる時間は「およそ2~3日」

  • 口座開設にかかる時間は5~10分
  • FX会社の審査にかかる時間は1~2営業日

FXの口座開設から取引開始までの流れ

  1. 口座開設を申し込む
    【所要時間 5~10分】
  2. 申し込みに必要な書類を送付する
    【所要時間 2~3分】
  3. 審査を待つ
    【所要時間 1~2営業日】
  4. サービスにログインする
  5. 口座に入金する

FX初心者で「コストやリスクを抑えながらFXを始めたい!」という人には、1,000通貨単位から始められて手厚いサポートがある外為オンラインがおすすめです!

外為オンライン

Medium imagesender
口コミ点数 Point star4 5 4.5
ランキング 3位
初回入金額 5,000円
推しポイント 自動売買ツールがおすすめ
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
1.00銭原則固定(例外あり) 2.00銭原則固定(例外あり) 3.00銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
15円 -20円 10円

当サイトが選ぶ部門別No.1のFX口座はこちら!

【初心者におすすめ】部門
外為オンライン
1,000通貨から取引可能で、サポートが手厚い口座

公式HPへ

外為どっとコムのキャンペーン内容
【少額投資】部門
外為どっとコム
スプレッドなどのコスト面でバランスが良い口座

公式HPへ

DMMFXは2019年1月末時点でFX口座数国内第1位で2万円のキャッシュバックキャンペーン中
【スマホアプリ】部門
DMM FX
チャート機能が優れていて、上級者でも納得の性能

公式HPへ

GMOクリック証券7年連続FX取引高世界第1位
【スワップポイント】部門
GMOクリック証券
全般的に買いスワップが高く、総合力がある口座

公式HPへ

【通貨ペア数】部門
ヒロセ通商
50ペアの通貨ペア数は業界最高の通貨ペア数

公式HPへ

この記事の目次

FXの口座開設にかかる時間は2-3営業日

FXの口座開設には2-3営業日かかります。

スムーズに口座開設するために必要書類を事前に準備しておきましょう!

口座開設をする際の注意点

・どのFX会社でも口座開設にはマイナンバーや本人確認書類の提出が必要です

・本人確認書類の提出はスマホでアップロードがおすすめ

・運転免許証やマイナンバーカードがない人は代用できるものがあります(確認はこちら)

FX会社別の口座開設にかかる日数

FXの口座開設にかかる時間は、FX会社ごとに違うの?

FXの口座開設にかかる一般的な時間に続いて、FX会社ごとの違いを見ていきましょう。ここではFX会社の公式サイトに記載された、口座開設にかかる日数をまとめました。

FX会社 口座開設にかかる日数
DMMFX 最短翌日
GMOクリック証券 最短翌日
外為オンライン 3-5営業日
外為どっとコム 最短翌営業日
ワイジェイFX! 1-3営業日
トレイダーズ証券 記載なし
マネーパートナーズ 最短翌日
マネックス証券 最短翌日
ヒロセ通商 最短翌日
FXプライムbyGMO 記載なし
セントラル短資FX 最短翌日
SBI FXトレード 記載なし

ご覧のとおり、ほとんどのFX会社で最短翌日に口座開設をすることができます。そのためFX会社ごとの違いはそれほど気にする必要はありません。「どうしても早くFXを始めたい!」という場合は、最短翌日と明言しているFX会社を選ぶようにしましょう。

最短翌日とありますが、土日はFX会社がお休みのため審査も送付もできません。そのため「金曜日に申し込みしたら土曜日に口座を開設できる」わけではありませんので注意してください。

ただし、土日は相場が動いていないので、そもそもFXの取引をすることができません。

最短でFXの口座を開設する4つの方法

FXの口座を最短で開設するための工夫はあるの?

FXの口座開設にかかる時間を短くするには、口座開設にかかる時間が短いFX会社を選ぶほかに、FX会社の審査、書類送付がスムーズに行われるようにするというアプローチもあります

1.「週の前半」に申し込む

最短で口座開設するための工夫のひとつ目は、週の前半に申し込むことです

FX会社の審査部門は、週明けに週末たまった審査をこなし、それが終わり次第、週明けの申し込みから審査を順次進めます。そのため週末に申し込むと、申し込みから口座開設書類が手元に届くまでの日数が長くなってしまいます。週の前半であれば、翌週に審査が持ち越されてしまうリスクを低減でき、より早く口座開設をすることができます。

早く口座を開設したいなら、週末に後回しするのではなく、週明けに申し込みをするようにしましょう。

2.「午前中」に申し込む

先ほどは審査が翌週に持ち越されてしまうリスクを低減する工夫でした。午前中に申し込むのは、審査が翌日に持ち越されてしまうリスクを低減するための工夫です

申し込み状況によりますが、午前中に申し込めば当日審査が行われる可能性が高く(オンラインの場合)、最短翌日を実現できる可能性が上がります。

Amazonの注文をイメージすれば、午前中に申し込むと最短で手元に届くことを理解しやすいでしょう。

3.申込フォームは「正確に記入する」

先ほども触れましたが、申込フォームに誤りがあると審査に落ちてしまいます。審査に落ちるともう一度申し込みをしなければならないので、余計な時間がかかります。

申込フォームの見直しはにはそこまで時間はかかりません。スムーズに口座開設をするためにも、申込フォームに正確に記入できているかどうか、確認画面でしっかり確認しましょう。

4.本人確認書類は「アップロード」する

これも先ほど触れたことですが、本人確認書類の提出はアップロードを選択しましょう

本人確認書類が手元に届かなければ、FX会社は審査をすることができません。早くFX会社に審査を進めてもらうために、本人確認書類はアップロードして提出しましょう。

FXの口座開設時に審査されるポイント4つ

そもそも、どうしてFX口座の開設に審査があるのでしょうか? その理由は口座開設時の審査されるポイントに表れています。

  1. 本人であるか
  2. FX口座が開設できない属性でないか
  3. 十分な資産があるか
  4. 過去に口座を作っていないか

これらを審査して、FX口座を保有しても問題ない人かどうかを判断しているのです。ではそれぞれの審査ポイントについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

1.マネーロンダリング防止のため本人であることを確認

過去FX口座はマネーロンダリングに使われていたことがありました。そのようなことが二度と起こらないよう、FX会社では本人確認を徹底しています。そのため、名前や住所などに不備があると、当然審査に落とされてしまいます。

2.FX口座が開設できない属性でないか

FX口座が開設できる人は、FX会社によって明確に定められています。口座開設の申込時に、必ずその条件に当てはまっていないかを確認するページがあるはずです。各会社によって多少の違いはありますが、国内のFX会社の多くが規定している内容を簡単に確認しておきましょう。

FX口座を開設できない属性

  • 20歳未満(18歳未満の場合もあり)
  • 75歳以上(FX会社により異なる)
  • 証券会社勤務
  • 海外在住

申込時には、自分がその条件に当てはまっていないかを確認してください。当てはまるようであれば、残念ながらFX口座の開設はあきらめましょう。

3.十分な資産があるか

FXの口座開設の申込みをする際、あなたの資産状況や投資目的についての設問があったはずです。あの質問は、あなたは十分な資産があるか、またその資産で無謀な投資をしないかどうかを確認していると考えられます。設問の回答に注意し、どのように答えるべきかを考えましょう。ただし、繰り返しになりますが、虚偽の回答をすることは絶対にやめましょう。

4.過去に口座を作っていないか

過去に口座を作っている場合、同じFX会社でもう一度口座を作ることはできません。あまりないケースだと思われますが、心当たりのある方は確かめてみてください。

以上を踏まえた上で、審査に落ちてしまう原因と対策を考えてみましょう。

FXの口座開設から取引開始までの流れ

まずは口座開設の方法について説明します。FXの口座開設から取引開始までの流れは5ステップです。

  1. 口座開設を申し込む
  2. 申込みに必要な書類を送付する
  3. 審査を待つ
  4. サービスにログインする
  5. 口座に入金する

口座への入金が反映されれば、すぐに取引を開始することができます。申し込みから書類が届くまで、2~3日程度かかります

ステップ1 : 口座開設を申し込む

ステップ1

まずは各FX会社のホームページで申込フォームに移動し、案内に従ってFX口座開設に必要な基本情報を入力します。

名前や住所、生年月日、勤務先、電話番号といった一般的なものから、金融資産や年収といった財務情報、投資経験や投資目的、銀行口座などを入力する必要があります。

これらは基本的にすべてのFX会社で口座開設手続きをする際に入力を求められます。会社情報などは、口座開設完了後に変更も可能です。

また事前交付書面への同意も必要で、FX取引の概要、注意事項や責任、個人情報保護、規定規約などが記載されていますので、熟読しておきましょう。この申し込みから最短で2日間(土日を除く)、遅くとも1~2週間程度が各FX会社における口座開設にかかる時間の目安です。

入力した内容を送信後、メールアドレス宛にFX会社からメールが届きます。口座開設完了後も、定期的にFX会社からニュースやお知らせが届くようになりますので、利用可能なメールアドレスで登録を行うようにしましょう。

ステップ2 : 申し込みに必要な書類を送付する

ステップ2

FX口座開設には本人確認書類の提出、送付が必要です。写真付本人確認書類の種類によって、提出する書類の数が変わってくる場合があるため注意が必要です。マイナンバー「個人番号カード」を持っているかどうかを選び、あなたが用意しなければならない書類を確認してください。

マイナンバー「個人番号カード」と「通知カード」とは?

マイナンバーには「個人番号カード」と「通知カード」があります。

「通知カード」は国民全員に配られますが、「個人番号カード」は申請しなければもらえません。

「どちらもない」という方も、「通知カード」は必ず交付されているはずなので、お家のなかを探してみましょう。

総務省|マイナンバー制度とマイナンバーカード|マイナンバー制度

マイナンバーや本人確認書類については、下記の記事でより詳しく解説しています。

マイナンバーカードを持っていますか?
持っている
パターンA
持っていない
顔写真付きの本人確認書類を持っていますか?
持っている
パターンB
持っていない
マイナンバー通知カードを持っていますか?
持っている
パターンC
持っていない
パターンD
パターンA
マイナンバーカードのみ
必要書類の準備は完了です。
パターンAの書類
提出方法を確認する
パターンB
顔写真付きの本人確認書類を持っている方
2点の書類が必要
パターンBの書類
提出方法を確認する
パターンC
顔写真付きの本人確認書類を持っていない方
3点の書類が必要
パターンCの書類
提出方法を確認する
パターンD
マイナンバー通知カード顔写真付きの本人確認書類を持っていない方
2点の書類が必要
パターンDの書類
提出方法を確認する

おすすめの書類送付方法は「WEBアップロード」

FX口座開設時に提出する本人確認書類は様々な方法で送付することができます。

    FX会社の専用フォームで画像をWEBアップロードメールで送付FAXで送付郵送

なかでもおすすめはFX会社の専用フォームで画像をWEBアップロードする方法です。撮影、もしくはスキャンした上記本人確認書類を、FX会社の口座開設ページに用意されたWEBアップロード専用フォームから送付します。WEBアップロードであればFX会社はすぐに審査を始められるため、他の方法より早く審査まで進むことができます

逆に郵送でのFX口座開設は手間がかかる上、FX会社に届くまでに時間がかかり、申し込みから口座開設後、取引開始までの時間が長くなってしまいます

免許証の住所はもちろん、保険証など、住所を自分で記入している場合は、裏面の住所と登録する住所の情報が必ず一致するようにしてください。内容に相違があると、入力内容不備のため次のステップに進めない場合があります。

ステップ3 : 審査を待つ

ステップ3

これでFXの口座開設の手続きは完了です。その後、FX会社は送られてきた登録情報をもとに、あなたがFXの投資家としてふさわしいかどうかを判断します。初めての方は審査を通過することができるのか、またどんな審査をされるのかなどの不安があるかもしれません。

でもご安心ください。FXの口座開設における審査はそれほど厳しいものではありません

また申込時の基本情報の項目に勤め先の項目があるため、会社員の方は「勤務先に在籍確認の連絡があるのでは?」と感じるのではないでしょうか。

しかし、基本的にはFX会社から勤務先に調査が入ったり、連絡が入ることはありません

どのような審査があるのか

FX会社側の口座開設に関する審査基準は公表されていないので、審査基準の断定はできません。ただ、おそらくはこのような審査なのだろうという予想はされています。

  1. 口座開設申込みを行ったのが本人か
  2. FX口座が開設できない属性でないか
  3. 十分な資産があるか
  4. 過去に口座を作ったことのあるお客様ではないか
  5. 提出書類と登録情報に差異はないか(住所や勤務先情報など)

FX会社はこのような点を確認し、あなたをFX口座開設の審査に通すべきか否かを判断しています。

どのような人が審査に落ちてしまうのか

先ほど触れたFX口座開設の基準に照らし合わせ、審査に落ちてしまうのはこのような場合です。

  1. 本人であることが確認できない(個人情報の記入に不備があるなど)
  2. FX口座を開設できない属性(詳細は後述)
  3. 十分な資産がない
  4. 過去に口座を作っている

FX口座を開設できない属性

  • 20歳未満の未成年者(18歳未満の場合もあり)
  • 75歳以上(FX会社により異なる)
  • 証券会社勤務
  • 海外在住

もしFX口座開設の審査に落ちてしまった経験がある場合、この記事の「FX口座開設の審査に落ちる原因と対策方法」で何が原因だったのかを探ってみてください。

ステップ4 : サービスにログインする

ステップ4

FX会社が審査完了し、無事に通過することができれば、FX会社からログインに必要なIDやパスワードが記載された書類が郵便で送られてきます。書類が届いたら早速自分の口座にログインしてみましょう。

FX会社によっては専用の取引ツールをインストールし、それを立ち上げてログインを行うタイプと、FX会社のサイトからログインできるタイプなどがあります。

ステップ5 : 口座に入金する

ステップ5

FXを始めるために、お金を口座に入れましょう。自分のアカウントにログインし初回入金すれば、いよいよ取引を開始することができます。多くのFX会社が、ネットバンキングを利用したクイック入金システムを採用しています。

手軽に入金でき、反映も早い上、入金手数料も安く抑えられることが多いため、FX会社の採用しているクイック入金システムを利用した入金がおすすめです

もちろん他の入金方法として、ATMや金融機関の窓口での振込にも対応しています。しかし、振込手数料を負担する必要があるため、可能であればクイック入金を利用しましょう

お金(証拠金)はいくら入金するべき?

FX自体が初めてという場合、最初はどれくらいの金額を用意して取引をスタートするべきかわからないことも多いのではないでしょうか。慣れないうちから大きな取引をすると、予期しない損失を出してしまうことも少なくありません

ナビナビFXがFX初心者のあなたにおすすめする自己資金は、「10万円」です。資金は少なすぎると許容できるリスクが少なくなってしまい、余裕のある取引の妨げとなりますし、多すぎると始めるハードルが高くなってしまうためです。

まずは入門として、トレードの基礎をしっかり理解した上で、余裕があれば少しずつ自己資金を増やしていくといいでしょう。

また出金の際も、基本的に出金手続きをした翌日には口座開設時に登録した銀行口座に入金されますが、FX会社によっては数日かかる場合もありますので、合わせて覚えておきましょう。

FXの取引を開始する!

入金後は、FX会社のツール上に表示されている「買い」「売り」表示をクリックまたはタップすれば、すぐに取引を開始することができます。キャッシュバックキャンペーンを受け取った場合は、それを元手に何度か取引をして、ツールに慣れてみるのもよいでしょう。

FX取引歴が浅い方、もしくは初心者の方は、トレードが開始できて嬉しい気持ちになるでしょう。しかし、気分が高揚した状態で取引をするのはやめましょう

投資は自分のメンタルとの戦いであるといっても過言ではありません。取引経験の有無にかかわらず、必ず気分を落ち着け、冷静な判断ができる状態で取引をするようにしましょう

手数料や維持費はかかるの?

FX口座開設には「口座開設手数料がかかるのでは?」と心配される方がいるかもしれません。しかし、国内のFX会社は基本的に開設手数料や維持費はかかりません

海外や外資系では、トレードをしない期間に応じて維持費を徴収するというFX会社も一部ありますので、気になる方は事前に確認しておきましょう

口座開設の申込画面の記入例

FXを始めるにはまずFX会社で口座を開設する必要があります。

初めてFX会社の口座開設をするときにはよくわからない単語が多くあって、困ってしまうかもしれませんが、嘘をつかずに間違えずに入力すればいいだけなので安心してください。

ここでは外為オンラインの申込画面を参考にして説明します。

下記ボタンをクリックして実際の申込画面を開きながら入力していきましょう。

年収

外為オンライン口座開設の説明9

年収が審査に多く響いてしまうことはありません。

なぜなら主婦や学生など、収入の少ない人でも口座開設する人たちが多くいるからです。

収入額が本当かどうか、収入証明書を送るということも基本的にはないので、安心してください。

投資経験(取引経験)

外為オンライン口座開設の説明11

こちらも未経験であれば「経験なし」を選択しても審査に落ちることはありません。

審査に落ちることが不安で経験年数を長めに選択したとしても、「証明書を送ってください」といったことはありません。

投資目的

外為オンライン口座開設の説明13

あなたに当てはまる投資目的を選択しましょう。

どれを選べばいいのか迷ってしまうところですが、どれを選んだとしても特に審査に大きく影響することはないので、正直に選択して問題ありません。

本人確認書類の登録

ここまでくると、本人確認書類の送付にたどり着きます。

外為オンライン口座開設の説明17

ここからは、マイナンバー確認書類と本人確認書類を用意し、その送付方法について指定していきます。以下の説明にもありますが、最初の方に説明した通りの書類を用意していれば問題ありません。

外為オンライン口座開設の説明18

この画面から電子データでのWEBアップロードがおすすめです。スマホで撮影した画像をそのままアップ可能です。写真は鮮明に映っているものを送るようにしてください。

外為オンライン口座開設の説明19

WEBアップロード以外の方法

ここからは、郵送とFAX、メールでの送付方法を説明していますので参考まで。
外為オンライン口座開設の説明20外為オンライン口座開設の説明21外為オンライン口座開設の説明22

最後に用意した本人確認書類が、以下の注意点に触れていないかを念のため確認してください。

以上で外為オンラインの口座開設の申込は完了です。

郵便物が到着後FX取引開始

申込が終わったあとは、最短翌日に口座開設の情報が郵送され、FX取引が可能になります。書類が届くまでしばらくお待ちください。

外為オンライン

Medium imagesender
口コミ点数 Point star4 5 4.5
ランキング 3位
初回入金額 5,000円
推しポイント 自動売買ツールがおすすめ
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
1.00銭原則固定(例外あり) 2.00銭原則固定(例外あり) 3.00銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
15円 -20円 10円

複数の口座を開設することをおすすめする5つの理由

ここまでFXの口座開設方法を紹介してきました。FX口座を開設する際、多くの方はFX会社を1社のみ選択するでしょう。しかし、著者のおすすめは複数のFX会社で口座開設をすることです

それには5つの理由があります。

  1. トレードに合わせてベストな口座で取引できる
  2. 複数の情報源から情報を集められる
  3. 実際に使って比べてみることで自分に合った口座を見極められる
  4. 一口座当たりの証拠金を少なくすることで冷静な取引ができる
  5. 資産を分散することによってFX会社の倒産リスクをヘッジできる

それぞれの理由について詳しく説明します。

1.トレードに合わせてベストな口座で取引できる

複数のFX会社の口座を開設するもっとも大きなメリットは、トレードごとに最適な口座で取引できることです

スプレッドやスワップポイントは、それぞれの口座のそれぞれの通貨で異なります。複数の口座があれば、今回取引する通貨ペアに合わせて有利な条件の口座でトレードできます

2.複数の情報源から情報を集められる

FX会社はトレーダーに様々な情報を提供しています。それぞれのFX会社には特色があり、提供している情報が異なります。

様々な情報に触れて取引できることも、複数口座を持つ大きなメリットです

3.実際に使って比べることで自分に合った口座を見極められる

スペック面は開設する前に比較することができますが、ツールの使い勝手などは実際に使ってみないと比較することはできません。

特にスキャルピングやデイトレードなどのトレードスタイルの場合、ツールに触れている時間が長くなるので使い勝手は非常に重要なポイントです。

複数の口座のツールを実際に使って比べてみて、もっとも自分に合っているFX会社を見極めることをおすすめします

4.一口座当たりの証拠金を少なくすることで冷静な取引ができる

FX口座に使える資金が豊富にあると、ついついたくさん使ってしまいがちです。資金を複数の口座に分散させることで、気が大きくなって無茶な取引をすることを防止できます

少額で投資する方にはそれほどメリットになりませんが、本腰を入れてトレードをするのであれば大きなメリットになります。

5.資産を分散することによってFX会社の倒産リスクをヘッジできる

多くのFX会社は健全な財務体質を持っています。しかし、倒産する可能性がゼロとはいえません

為替の世界は金融危機の影響をダイレクトに受けます。リーマンショックやスイスフランショックに代表される金融危機は、FX会社の経営に大ダメージを与えました。

予期せぬ事態が起こっても、複数の口座に資金を分散させておけば、あなたの資産のリスクを分散させることができます

おすすめの口座数は「3-4」

説明したとおり、FXの口座を複数開設することは我々トレーダーにとって多くのメリットがあります。メリットがあるとはいえ、管理の都合上、10も20も口座を開設するのは現実的ではありません。

3つまたは4つ程度の口座を持ち、それぞれの長所に合わせて使い分けるのが著者のおすすめです

FX口座開設の審査に落ちる原因と対策方法

FX口座開設の審査に落ちる原因と対策方法を大別すると、「自己資産や年収の書き方」と「単なる書類や写真の不備」の2つに分かれます。

自己資産や年収の書き方が審査基準を満たしていない

  • 自己資産が100万円以下
  • 自己資産は100万円程度だが無収入
  • 自己資金すべてをFX口座に入金予定

単なる書類や写真の不備

  • 記入漏れがあった
  • 住所が本人確認書類と不一致
  • 本人確認書類の写真部分がよく見えない
  • 申告内容に矛盾がある

これらの原因をひとつひとつ対処するようにして申し込みをすることで、審査を通過する確率が上がるはずです。では、ひとつひとつの原因に対する対策を具体的に説明します。

【重要】自己資産や年収の書き方

資産と年収に関する記述は最重要と言っても過言ではありません。ここできちんとポイントを抑えましょう。ちなみに、任意項目があっても書き飛ばしはしないようにしてください。FX会社は勤務先に対して本人確認の連絡を入れることはありませんので、安心してすべての項目を記入しましょう。

自己資産は100万円以上が望ましい

自己資産は100万円以上が望ましい金額です。この「100万円」はGMOクリック証券の申込基準に明示されている数字です。ほかのFX会社も同一とは限りませんが、それほど大差はないと考えられます。

学生や主婦など無職の場合は自己資産額をもう少し多めに

同じくGMOクリック証券の外為オプション取引開始基準に記載がありますが、年収200万円未満の場合は300万円の自己資産額が必要とされています。この条件に当てはまらない人は自己資金をもう少し貯めるか、あるいはもう少し年収の高い職に就くかしてクリアしてください。

自己資金の金額をそのまま投資に回すような記述はしない

申し込みを続けていると、FX口座への最初の入金額を聞かれる場合があります。見栄を張って大きな金額を記入したくなってしまいますが、審査ではかえって好ましくないと判断される可能性もあります。たとえば自己資金が100万円である場合、投資に回す金額は20万円ほどにしておくと無難です。

書類や写真の不備

意外に多いのが書類の不備です。親切なFX会社の場合、不備の部分を連絡して再度書類を送るように指示してくれることもありますが、それを当てにしてはいけません。具体的にどのような不備が多いか説明しますので、よく確認しながら申し込みましょう。

記入漏れのチェック

確認事項の同意チェックなどで、Webやスマホからの申込の場合必須項目の入力チェックが行われます。任意項目はチェックがかからないので書かない人も少なくありませんが、審査における情報源ですので、会社に関する情報など書ける部分は可能な限りすべて書いてください。

住所は一言一句本人確認書類に合わせる

住所の不備で審査を落ちてしまうこともあります。本人確認書類に書かれているとおり、一言一句合わせて書いてください。アパートやマンションなど、集合住宅の名前も省略してはいけません。重ねてお伝えいたしますが、本人確認書類に合わせることを徹底してください。

本人確認書類の写真撮影時にブレやボケがないか確認

本人確認書類の送付は、コピーして郵送するかスマートフォンなどで撮影した画像を添付するのが昨今の主流です。このうち問題が起こりやすいのは、スマートフォンで撮影した本人確認書類を利用するときです。
写真にブレやボケがあると、本人確認できないと判断され、審査に落ちてしまう場合があります。多くのFX会社の場合、もう一度本人確認書類を送り直すよう連絡してくれますが、そうでないFX会社だと審査落ちに直結するため注意しましょう。

嘘をつかず正直に申告

先ほども説明したように職場への本人確認は通常ありません。ですので、本人確認が面倒で会社に関する情報を書かない、といったことはしないようにしましょう。

また、適当な記載や嘘の記載もNGです。記入した情報が全体的に整合性が取れていない場合、審査に落ちる可能性が高くなります。嘘や間違った情報は書かずに正直に申告しましょう。

これらの対策方法をすべて確認しながら、漏れのないように口座開設の申込み手続きを進めましょう。

最後にFX口座開設の申込みに失敗してしまい、今度は少しでも審査に通過しやすいFX会社を選びたいという方のために、審査に通過しやすいFX会社を選ぶコツについて説明します。

まとめ

この記事ではFX口座開設の方法についてお伝えしました。最後にFX口座開設時に抑えておきたいポイントを整理します。

FXの口座開設にかかる時間は2~3営業日

    1. 口座開設を申込む
    2. 申し込みに必要な書類を送付する
    3. 審査を待つ
    4. サービスにログインする
    5. 口座に入金する

    早くFXの取引をしてみたい!とはやる気持ちを抑えられなくなっているかもしれません。

    FX初心者で初めて口座開設する人には、低コスト&手厚いサポートがある外為オンラインがおすすめです!

    外為オンライン

    Medium imagesender
    口コミ点数 Point star4 5 4.5
    ランキング 3位
    初回入金額 5,000円
    推しポイント 自動売買ツールがおすすめ
    主要通貨スプレッド
    米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
    1.00銭原則固定(例外あり) 2.00銭原則固定(例外あり) 3.00銭原則固定(例外あり)
    買いスワップポイント
    米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
    15円 -20円 10円

    当サイトが選ぶ部門別No.1のFX口座はこちら!

    【初心者におすすめ】部門
    外為オンライン
    1,000通貨から取引可能で、サポートが手厚い口座

    公式HPへ

    外為どっとコムのキャンペーン内容
    【少額投資】部門
    外為どっとコム
    スプレッドなどのコスト面でバランスが良い口座

    公式HPへ

    DMMFXは2019年1月末時点でFX口座数国内第1位で2万円のキャッシュバックキャンペーン中
    【スマホアプリ】部門
    DMM FX
    チャート機能が優れていて、上級者でも納得の性能

    公式HPへ

    GMOクリック証券7年連続FX取引高世界第1位
    【スワップポイント】部門
    GMOクリック証券
    全般的に買いスワップが高く、総合力がある口座

    公式HPへ

    【通貨ペア数】部門
    ヒロセ通商
    50ペアの通貨ペア数は業界最高の通貨ペア数

    公式HPへ

    FXを始めてみたい方は、こちらで人気の会社を見てみましょう!

    FX専門家 五十嵐勝久 解説

    FXはリスクが高い取引です。口座開設には余剰な資金があること、変動リスクがある金融商品の経験があることが原則必要になります。各証券会社、FX会社は健全な業界の発展のため、厳密に顧客資産保護が義務付けられています。FXは儲かるらしい!すごい儲かる!なんという話は嘘です。長くFXを続けられるようにしっかりと必要な知識を身に着けて、自分なりに儲かるのか、儲からないのかを判断するようにしましょう。「心は熱く、頭は冷静に」この姿勢が非常に重要だと私は恩います。

    > FX専門家 五十嵐勝久について

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

    FXのことで悩んだら、専門家に相談!

    FXに関するご相談を無料で受け付けております。
    お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
    ※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

    (必須)
    (必須)

    利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。