FXを1万円で始める方法/少額スタートのメリットとデメリット

  • 更新日: 2019/07/17

投資というのは損をすることもあるわけで、いきなり大金で始めるのは怖い人は多いでしょう。とくにFXについては怖いというイメージを持たれやすく、なおさらそうかもしれません。

  • FXに興味はあるんだけど、ぶっちゃけ危ないんでしょ?
  • 試してみたいんだけど、大損はしたくないからなあ……。
  • お金あんま持ってないし、投資なんて自分にはまだ無理!

こういった人は、少額でのFXを始めてみるといいでしょう。実はFXはかなり少額で始められ、安全に実戦経験を積んでいくことができるんです。この記事でそういった少額取引の仕組みやメリットについて、1から解説していこうと思います!

おすすめのFX口座については、下記にてご紹介しています。

実はFXは1万円でも始められる!

投資というと大きな資金が必要なイメージがあるかもしれませんが、FXはなんと1万円でも十分に始めることができます。なぜそんな少額で始められるのかも含めて、まずはFXの仕組みを簡単に見ていきましょう。

FXの仕組みを1から詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

少額取引を可能にするレバレッジ

FXというのは「外国為替証拠金取引」の略称で、外国為替取引を証拠金取引で行う投資のことです。証拠金取引というのは、一言で言うとレバレッジをかける仕組みのことです。なので、FXというのはレバレッジをかけて外国為替取引をする投資とも言えます。

このレバレッジをかけるというのは、手持ち資金以上の取引をするということです。FXでは最大25倍のレバレッジをかけられることになっており、つまり、手持ち資金の25倍の金額の取引ができるようになっています。

例えば、1万円しか手持ち資金がなかったとしても、最大で25万円分の取引ができるということです。仮に1ドル=100円だったとしたら、1万円では100ドルしか買えませんが、25万円であれば2,500ドルも買うことができます。

このように、FXはレバレッジがかけられることによって、手元資金以上の取引ができるようになっています。そのため、FXでは思ったよりもかなり少額から取引をすることができるようになっているというわけです。

FX会社の取引通貨単位に注目!

実際にFXを始めるにあたっては、各FX会社の取引通貨単位に注意する必要があります。なぜなら、この取引通貨単位によって、取引をするのに必要となる金額が決まってくるからです。

取引通貨単位は取引する際の最小単位のことで、例えば取引通貨単位が1万通貨単位の場合であれば、1万ドル、2万ドルという単位での取引をすることになります。つまり、「1,000ドルの取引をしたい」と思ってもできないわけです。

なぜ、こういう取引通貨単位があるのか、簡単な説明をしておきましょう。FXというのは下の図のような仕組みになっているからなんです。

インターバンクの説明

そもそも外国為替取引というのは、インターバンク(銀行間)市場で行われていますが、ここでの取引単位は100万通貨単位です。FXというのは、このインターバンク市場とトレーダーの間に入って、トレーダーが小口で取引できるようにしている仕組みなんです。

なので、どこまで小口化できるかというのは、FX会社次第ということになります。ちなみに、もともとは1万通貨単位のFX会社が主流でしたが、最近ではどんどん小口化が進んで、トレーダーがより気軽に取引しやすい環境になってきています。

FXに必要な資金をシミュレーション

では、実際にFXを始める際にどれぐらいの資金が必要になるか、通貨単位ごとに見ていきましょう。なお、1ドル=100円の際にドル/円を取引するという前提で、それぞれシミュレーションしていきます。

1万通貨単位のケース

1万通貨単位ということは、1万ドル、2万ドル、3万ドル……というかたちで取引金額を決めることになります。これに必要な資金は100万円、200万円、300万円……ですね。レバレッジ25倍をかけると、FXで必要になる資金は4万円、8万円、12万円……となります。

つまり、最小の1万ドルで取引する場合でも、4万円の資金が必要になるというわけです。ただ、レバレッジに余裕がなさすぎるので、(トレードスタイルにもよりますが)現実的には10万円ぐらいはほしいところですね。

なお、1万ドルで取引する場合には、ドル/円のレートが1円上下すると1万円の損益が発生することになります。相場によっては、ドル/円が1日に1円以上動くこともあるので、この損益が自分にとって大きいと感じたら、1万通貨単位はちょっと厳しいかもしれません。

1,000通貨単位のケース

1,000通貨単位ということは、1,000ドル、2,000ドル、3,000ドル……というかたちで取引金額を決めることになります。これに必要な資金は、10万円、20万円、30万円……ですね。レバレッジ25倍をかけると、FXで必要な資金は4,000円、8,000円、1万2,000円……となります。

つまり、最小の1,000ドルであれば、4,000円の資金で取引ができるということです。この金額だとレバレッジがギリギリすぎますが、(トレードスタイルにもよりますが)1万円ほど用意できれば取引は可能でしょう。

なお、1,000通貨で取引する場合には、ドル/円のレートが1円上下すると1,000円の損益が発生することになります。ただし、1万円に対しての1,000円というのは決して小さくないので、これを踏まえた無理のない取引戦略を立てる必要があります。

ということで、このシミュレーションを見ての通り、1万円でもFXができるということがわかったと思います。ただ、その際には1万通貨単位のFX会社ではなく、1,000通貨単位のFX会社を選ぶ必要があるので、その点は注意してくださいね。

少額でFXを始めることのメリット・デメリット

前章で、FXはかなりの少額でも始められることを説明しましたが、少額で始めることについてはメリットとデメリットが存在します。この章では、そんなメリット・デメリットについて紹介していきます。

少ないリスクでFXの経験を積める

少額で始められることのメリットは、やはり誰でも気軽に始められるということです。大きな資金が用意できる人は限られますし、大きな資金を用意できたとしても、それをすべてリスクにさらすことに抵抗を感じる人も多いでしょう。

少額の資金で始めるということは、それだけリスクを抑えられるということでもあります。とくに初心者のうちは失敗することもあると思いますが、大きな資金で取引をするのに比べて損失は拡大しにくいということが言えます。

取引スキルを磨いていく過程では、実戦の中で成功だけでなく、失敗も多く経験していかなくてはなりません。少額のFXであれば、こういった実戦経験をより少ないリスクの中でたくさん積んでいくことができるわけです。

メリットとしては、もちろんスタート時のハードルが低いということも挙げられます。しかし、それ以上に、この取引スキルを磨く環境というところにこそ、少額で始められることの意義があるということを、強調しておきたいと思います。

大きな利益は期待しにくい

少額での取引のデメリットとしては、大きな利益を出すことができないという点が挙げられます。これはリスクが小さいことの裏表の関係で、仕方ないことでもあります。ただ、いきなり大金を得たいという人には、向いているとは言えません。

また、これに起因して、次のような2点の弊害も起こりがちなので、これには気をつけておいてほしいと思います。

モチベーションが維持できない

少額でリスクもリターンも小さいわけなので、人によってはモチベーションが続かないことがあります。そんな中でいい加減に取引を続けても、なかなかスキルは向上しないでしょう。少額でも真剣に取り組む姿勢が大切になります。

ハイレバレッジな取引が癖になる

そして、少額でリスクが少ないので、簡単にハイレバレッジの取引をやってしまいがちです。これが癖になると、大きな資金で取引をするようになった際に大けがをしてしまいかねません。少額だからといって侮らず、リスク管理の感覚を身につける意識をしておくべきです。

これらについては、少額取引のメリットである取引スキルを身につけるうえで、かなり邪魔になる部分です。真剣にFXの腕を上げたいと考えているのであれば、この点は絶対に意識して取引するようにしましょう。

少額FXは初心者にピッタリ!

少額取引のメリットとデメリットを見てきましたが、これらを踏まえて考えると、FX初心者には少額で始めてみるのがベストの選択肢だと言えます。なぜなら、最初からうまい人はいないわけで、初心者はまずはスキルを磨くことを優先すべきだからです。

そのうえで、スキル磨きの弊害となるデメリット部分は克服しないといけません。その際の1つのコツとしておすすめしたいのが、取引をする際に金額ベースではなくて、割合ベースで取引成績を考えるというやり方です。

例えば、1万円でスタートしたとして、「100円の利益が出た」というのではなくて、「1%の取引が出た」というふうに考えるということです。そして、1ヶ月といったスパンで目標とする利益率を設定して、その達成を目指して取引を重ねていくといいでしょう。

こういうかたちで成績を考えていくことで、その後、仮に投資に使う金額が増えたとしても、まったく同じトレードスタイルで取引が続けられます。1万円で安定して1%の利益が出せるようになれば、100万円、1,000万円でも同じことができるはず、ということです。(これは金額ベースで考えていると、金額が変わることで感覚がズレるので難しかったりします。)

スキルを上げる過程では、普通は大きな失敗をするものです。できれば大きな失敗は、リスクの小さい少額取引で経験していただきたいところです。そういう意味でも、初心者の方は少額FXがピッタリだと言えるでしょう。

少額スタートが可能なFX会社の紹介

前章では、少額FXが初心者におすすめできるという話をしました。では、実際に少額FXが可能な、1,000通貨単位のFX会社を3つ紹介していこうと思います。1,000通貨単位以外にも特徴のあるところをチョイスしているので、そのあたりもチェックしてみてくださいね。

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)

外為どっとコム

Medium 99cc610d3bc7486acc314e0178bfad56
口コミ点数 Point star4 0 4.4
総合ランキング 4位
初回入金額 無料
推しポイント 業界トップクラスの情報量!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.30銭原則固定(例外あり) 0.5銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
72円 -15円 25円

まず1つ目が、外為どっとコムというFX会社です。1,000通貨単位なのはもちろんなんですが、なにより魅力的なのはFXに関する情報が豊富に提供されている面です。初心者はFXの勉強が欠かせませんが、それに余りあるコンテンツが用意されています。

具体的には、「外為情報ナビ」という情報ツールが用意されていて、口座開設で使えるようになります(※)。このサイトは20種類以上の為替番組・経済レポート、オンラインセミナー録画の常時配信など、役立つ情報が満載です。

少額取引を通じてFXのスキルを磨きたいという人にとっては、これを利用しない手はないでしょう。ちなみに、上級者でもこれを使う目的で口座開設をする人もいるようです。ぜひ初心者の方も、上手に活用していただきたいFX会社です。

(※)もともとは利用条件がありましたが、現在は会員であれば無条件で利用できるようになっています。なお、この取り扱いの終了時期は未定で、しばらくは続くことが予想されます。(2017年11月現在)

ヒロセ通商

ヒロセ通商

Medium 300 250201901
口コミ点数 Point star3 5 3.9
総合ランキング 8位
初回入金額 10,000円~
推しポイント 顧客満足度調査第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.30銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
1円 30円 50円

2つ目は、ヒロセ通商というところで、こちらももちろん1,000通貨単位のFX会社です。ここはサイトの雰囲気もノリがよく、楽しい気持ちでFXができる工夫がされています。なので、モチベーション維持がしやすいというメリットがあります。

例えば、リアルトレードバトルという参加者が成績を競い合う企画が用意されていて、元ディーラーの小林氏と値幅を競い合うこともできます。金額ではなくて値幅での勝負なので、少額トレーダーでも勝つチャンスはあるので楽しめますよ。

その他、ここはスキャルピングをOKとしてくれています。初心者はスキルを積むという意味では、取引の数をこなすことが大事です。早い取引をしても文句を言われないので、安心して好きなように取引できるのは初心者にはありがたいポイントです。

FXプライム byGMO

FXプライムbyGMO\選べる外貨

Medium 300 250 loop
口コミ点数 Point star3 0 3
総合ランキング 10位
初回入金額 無料
推しポイント 強靭なサーバー!高い約定力!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.60銭原則固定(例外あり) 0.9銭原則固定(例外あり) 1.30銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
32円 -12円 35円

3つ目は、FXプライム byGMOというところです。ここは初心者に目を向けてくれているFX会社で、インターフェースも全体的にわかりやすい雰囲気になっています。また、初心者向けのオンライセミナーも、毎週のようにやってくれています。

そして、外為どっとコムと並んで、FXの情報はかなり充実しています。取引戦略についても毎日配信してくれているので、初心者でもどういう目線で取引をしていけばいいか、参考になる情報は多く得られるでしょう。

ちょっと弱点があるとすると、ドル円のスプレッドが0.6銭だったりと、スプレッドはちょっと広めなところです。ただ、スリッページについては出にくいという調査結果(※)も出ているので、スプレッドが狭くてスリッページするよりは逆に好印象かもしれません。

(※)2017年7月に矢野経済研究所が実施した「主要FX会社の約定率・スリッページ発生率調査」で、調査対象6社中唯一スリッページ発生率0%という結果が出ています。

さらに少額スタートができるFX会社も!

前章では1,000通貨単位のおすすめFX会社を紹介しましたが、実はさらに小さな取引通貨単位のFX会社もあります。より少ない資金で取引ができるのはもちろん、取引数量も細かく調整できるので、使い勝手の面で1,000通貨単位のFX会社をさらに上回ります。

用意できる資金によっては、1,000通貨単位でも苦しい人も中にはいるでしょう。そういった場合には、さらに通貨単位の細かいFX会社をチェックしていただきたいと思います。この章では、そんなFX会社を3社紹介していきます。

SBI FXトレード

SBI FXトレード

Medium 734235
口コミ点数 Point star4 0 4.1
初回入金額 無料
推しポイント 業界最狭のスプレッド
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.27銭原則固定(例外あり)※ 0.39銭原則固定(例外あり)※ 0.59銭原則固定(例外あり)※
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
35円 -12円 43円

SBI FXトレードでは、なんと1通貨単位から取引ができるようになっています。1通貨単位は1,000通貨単位の1,000分の1なので、極端な話、10円でも取引ができてしまうようなレベルです。小銭でもFXができるというわけで、資金面のハードルはもうないに等しいでしょう。

ちなみに、1万円の資金があれば1,000通貨単位でも取引できるわけですが、1通貨単位であれば、例えば4分の1の250通貨単位で取引をするということもできます。ちょっと自信がないので小さめの数量で取引をするといったかたちで、より柔軟に取引ができるようになります。

1通貨単位のサービスが始まった時は正直かなり驚きましたが、SBI FXトレードはそういった新しいことに挑戦するという姿勢があるFX会社です。この他にも積立FXなど、めずらいしサービスもあるので、一度チェックしてみていただければと思います。

OANDA(fxTrade)

次に紹介するのはOANDAというところで、こちらも1通貨単位からの取引ができるようになっています。ただし、fxTradeとMT4という取引ツールがありますが、1通貨単位が可能なのはfxTradeの場合なので注意しましょう。

ちなみに、このFX会社はもしかしたら、やや玄人っぽい雰囲気が出ているところがあります。なので、若干初心者にとっては、インターフェースなんかも含めて、少々取っつきにくいと感じるかもしれません。

ただ、そういったところをクリアすれば、機能的には上級者も満足できるレベルが高いものとなっています。最初からレベルの高いツールを触ってみたいという人は、OANDAはけっこうおすすめできるFX会社だと思います。

マネーパートナーズ(パートナーズFXnano)

マネーパートナーズ

Medium mnp
口コミ点数 Point star3 0 3.1
総合ランキング 7位
初回入金額 4,000円
推しポイント 10年連続 約定力第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.30銭コアタイム原則固定(例外あり) 0.40銭コアタイム原則固定(例外あり) 0.60銭コアタイム原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
12円 -39円 非公開

最後に紹介するFX会社は、マネーパートナーズです。マネーパートナーズはパートナーズFXとパートナーズFXnanoという2つのサービスがありますが、パートナーズFXnanoのほうが100通貨単位での取引ができるようになっています。

100通貨単位であれば、1,000円あれば取引ができるというようなイメージですね。1通貨単位みたいに10円玉でFXをすることはできませんが、十分に少額な取引が可能です。資金面でのハードルはこちらもかなり低いと言っていいでしょう。

ちなみに、このマネーパートナーズですが、FXを少額でできる以外にも、お得な外貨両替サービスがあったり、海外でも使えるプリペイドカードがあったりします。とくに海外によく行く人には、FX以外の面でもおすすめしたいFX会社です。

まとめ

今回は少額でのFXで始めることについて、具体的な金額も交えながら解説してきました。実はかなり少額でFXができることが、よくわかったんじゃないでしょうか。最後に、内容のおさらいをしておきましょう。

まず押さえておきたいのが、少額でFXをすることの2つのメリットです。

  • 気軽にFXを始められる
  • 少ないリスクでFXのスキルを磨ける

逆に、デメリットは以下のようなところでした。

  • 大きな利益は期待できない
  • モチベーションを維持しにくい
  • ハイレバレッジ取引の癖がつきやすい

少額でFXをする際はスキルを磨くことを意識すべきです。そのためには、デメリット部分を克服することを意識しましょう。まずは少額からFXを始めて、FXで安定的な収入を得られるようになることを目指していただければと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。