FXで100万円の利益を上げるためには?レバレッジを考慮した取引運用が重要

  • 更新日: 2019/07/31

月100万円は、普通に働いていては達成不可能な目標で、FXなら頑張れば達成可能な目標として認識している人も多いのではないでしょうか。このことから、FXの利益の目標として設定されることも多いです。

  • FXで月100万円を稼ぎたい
  • FXで月100万円を稼ぐ難易度は?
  • FXで月100万円を稼ぐために必要な証拠金は?

今回は、このような観点からFXで月100万円の利益を上げるための方法を模索していきたいと思っています。FXで月100万円を稼ぐことができれば、かなりゆとりのある生活を送れるでしょう。

しかし、当然それ相応の難易度となっていて、決して簡単に達成できるような目標ではありません。

FXを始めてみたい方は、こちらで人気の会社を見てみましょう!

FXで月100万円は簡単でもあり難しくもある

まずはFXで月100万円の利益を上げることの難易度について説明します。

難易度は資金力に左右される

FXで月100万円の利益を出す難易度は、資金力に左右されます。元本が100万円の人と、元本が1000万円の人、さらに元本が1億円の人では、月100万円稼ぐことの難易度がまったく異なってきます。

1億円の元本があるなら、その月最大のチャンスを見計らって、数回程度の取引で達成することも可能でしょう。逆に元本が100万円の場合は、ひと月という短い期間で、元本の倍の利益を出さなければいけないわけですから、非常に難易度が高くなります。

月100万円という目標がFXをより難しくする

FXで月100万円という明確な目標を立てるなら、その目標が取引の足枷になる可能性についても把握しておく必要があります。FXで毎月同じようなチャンスに巡り合えるのなら、月100万円という目標も活きてきます。

しかし、FXの相場は常に変動していて、前の月と同じチャンスが訪れるというケースは、まずありません。そのため、簡単に目標を達成できる月もあれば目標達成が難しい月もあるのです。

100万円稼ぐなら、株式投資とFXのどちらが速い?

100万円を稼ぎたいと考えたとき、株式投資とFXを比べるなら、レバレッジの面と、取引時間の長さからFXの方が有利と言えます。レバレッジとはてこの原理と同じく、少ない資金で多くの通貨を取引できる仕組みのことです。

レバレッジはFXで25倍、株式投資の場合は3.3倍で、同じ資金を使って取引をしても7.5倍以上も効率が良く、ハイリターンを得ることが可能です。ただし、当然その分ハイリスクでもあるため、リスク管理をしっかり行う必要があります。

取引時間の長さについては、株式投資は東京株式市場がオープンしている平日5時間のみ取引可能ですが、FXは、世界中で為替市場がオープンしているため、平日24時間取引可能です。もちろん24時間取引できると言っても商いの薄い時間帯はあります。それでも取引時間が長いと、新規ポジションを持つタイミング、利益確定や損切りの決済をする機会が多くなります。スキャルピングのようにポジションの保有時間が短い超短期取引の場合も、取引時間の長いFXの方が、チャンスが多いと言えます。

また、分析する対象が少ない点も、FXが有利な点です。株式では、数千もの個別銘柄から投資対象を選ぶのにまず時間がかかります。一方FXは、通貨ペア数はそこまで多くなく、メインで取引する可能性の高い米ドル円、ユーロ円、ポンド円などクロス円や、高金利通貨のトルコリラ円など数種類の通貨ペアの為替レートを押さえておくだけで十分取引が可能です。もちろん情報収集は必要ですが、株式投資よりは簡単に取引が行えます。

FX初心者が100万円稼ぐには?

FX初心者が月100万円稼ぐには、証拠金を多く準備するしかありません。証拠金として1000万円程度用意できるなら、月100万円程度の投資成績をコンスタントに出せる可能性は十分にあります。しかし、通常はここまでの大金を用意できるFX初心者はなかなかいませせん。

また、自己資金を100万円とした場合自己資金と同額程度の利益を出すことは、よほどのことがない限り難しいでしょう。大きなトレンドをうまくつかまえていければいいのですが、トレンド相場はそう長く続きません。

ある程度大きな自己資金が用意できるなら、為替差益を狙うのではなく、高金利通貨のスワップポイントで稼ぐという考え方もあります。ポジションをどのタイミングで保持するかが問題ですが、長期保有が前提なら、スプレッドもあまり気にすることなく取引可能です。現在日本円は低金利通貨なので、トルコリラ円や豪ドル円など、高金利通貨とのクロス円での取引を検討してみましょう。

FX投資の初心者が用意する金額として50万円や100万円が例に上がりますが、この程度の証拠金では、月100万円を目指すのはかなり難しいと考えてください。すでにある程度の元手があり、資産運用の一環として考えられるならいいですが、生活費まで証拠金に組み入れるのはNGです。余裕資金でいくらFX投資に回せるのかを検討しましょう。

用意できる資金の10%を毎月稼げるように勉強を続けて、FX取引の知識やコツを身に付けてください。元手が少なく、10万円しか用意できないなら、1ヶ月で1万円稼げるよう取引するところから始めましょう。借金をしてまで自己資金を増やすと、「絶対に負けられない」という精神的なプレッシャーが影響して逆に危険です。

また、FX取引に慣れていないうちは、ツールの操作間違いなどで思わぬ損失を被る危険性もゼロではありません。まずは多くのFX会社が用意しているデモトレードシステムを活用し、FXの取引ツールの操作になれるようにしましょう。パソコンやスマホのアプリなどの使い勝手も確認できるので、無料で使えるデモトレードはおすすめです。

FXで月100万円の利益を上げるための準備

ここではFXで月100万円の利益を上げるためには、どのような準備が必要になってくるのかを確認してみます。

デイトレードもしくはスイングトレード

月100万円という目標金額を設定するならトレードスタイルは、デイトレードかスイングトレードになるでしょう。長期投資の場合は、月単位の利益に左右されているようでは成り立ちませんので、利益の定期的な目標を立てるトレードには向いていません

スイングトレードも場合によっては数週間や数カ月ポジションを持つことになるので、月100万円というような明確な目標を立てると、取引が窮屈になりがちです。

そのため、スイングトレードの場合は、月100万円ではなく、年1200万円という利益目標を立てた方が取り組みやすいでしょう。このように時間軸からトレードスタイルを考えてみると、デイトレードが最も向いているといえるかもしれません。

証拠金について

月100万円という利益目標は、証拠金が多ければ多いほど、達成しやすくなります。まず、10万円、30万円、50万円、100万円というFX初心者の目安にされやすい金額で考えてみると、月100万円の目標は、あまり現実的ではありません。

100万円の元本があっても、年率1200%で運用しなければ、月100万円は達成できないのです。仮に、このような運用成績を残せる実力があるなら、月100万円程度の目標で留まることはなく、月1000万円、月1億円といった目標の達成も容易でしょう。

しかし、完全な実力でこの目標を達成できる人物は、世界中を探して、見つかるか、見つからないかのレベルだといえます。逆に、証拠金が1000万円あるなら、年率120%程度の運用成績で達成できます。

しかし、年率1200%は論外としても、年率120%の運用成績というのも十分に難しいレベルです。ですが、証拠金が3000万円用意できるなら年率40%の運用成績で目標達成が可能になり、これは安定した投資手法さえ確立していれば、十分に現実的なレベルです。

トレンドについて

月100万円の利益を定期的に出せるかどうかについては、トレンドに大きく左右されるでしょう。

例えば、1年を通じて、比較的素直な右肩上がりのチャートを描くようなトレンドの場合、そのトレンドに従い順張りでトレードすれば、複利効果を上手く利用することで、数百万円の元本でも簡単に目標を達成できるかもしれません。

しかし、上昇トレンドと下降トレンドが複雑に絡み合うような年の場合は、同じ目標でも達成難度は高くなります

このことから、1年後、3年後、5年後も継続して月100万円の利益を出すという考え方は、トレンドを無視することになり、無駄にトレード難度を高める結果を招く可能性もあります。

専業トレーダーに該当する

世の中には色々な投資家がいるので、利益でトレーダーの種類をくくることはできません。しかし、月100万円の利益を安定して出すなら、十分に専業トレーダーのレベルに達しているといえます。

そのため、この目標を設定するなら専業トレーダーとして、1日を上手く使ったトレードスタイルを確立する必要があります。デイトレードで取り組む場合、証拠金によっては1日に複数回の取引が必須になってくるので、兼業トレーダーでは集中力の維持が大変です。

ロット数は無闇に増やさない方がいい?

ロット数の管理は、資金管理と直結します。証拠金の全額分ポジションを保有すると、多少の値動きでマージンコールやロスカットが発生する可能性が高まり、資金を大きく減らしてしまうリスクが上昇します。ロスカットの基準は証拠金維持率100%または50%としているFX会社が多いため、証拠金維持率は500%ぐらいが一応の安全圏です。

取引通貨量がどれぐらい?

取引通貨量に関しても、証拠金維持率を見ながら調整する必要があります。レバレッジは最大25倍ですが、様子見をするならレバレッジは1倍から2倍勝負をかけるときもレバレッジは5倍ぐらいが妥当です。自分の資金量に合わせて独自の取引ルールを定め、そのルールを守るように意識しましょう。最低取引通貨単位が1000単位と、小さな単位から始められるのであれば、様子見する際は少ない取引数量でのトレードをおすすめします。

元本を貯めるという選択肢

月100万円の利益を上げるという目標は、一般的なトレーダー目線で、高い目標です。そのため、時には元本を貯めるという手段を選ぶ必要もあるかもしれません。

FX以外で元本を貯める

元本は、FXで利益を上げることでも増やすことはできます。しかし、元本100万円と元本500万円では月100万円の利益を上げる難易度が違ってきます

このため、より確実性を高めるために、元本の100万円が500万円になるまで我慢するという選択肢もあるのです。当然、FXなどの投資以外の調達方法を選択することになります。

元本は多ければ多いほど良い

FXで安定した成績を残すためには、元本は多ければ多いほど良いです。証拠金をたくさん用意できるというメリットの他にも、安定した通貨数で取引できるというメリットもあります。

元本=証拠金で、レバレッジ上限ギリギリのトレードを続ける場合、負けることにより、1取引あたりの通貨数も減っていきます。同じ利益を目指す場合でも、5万通貨と10万通貨では難易度が異なり、当然、少ない通貨数で利益を目指す方が難しいです。

月○○円という利益の目標を立てるなら、常に一定の通貨数で取引できる元本を用意しておきましょう

逆に100万円の損失を出してしまった場合

100万円の利益を得るどころか、100万円の損失を出してしまう可能性も十分にあります。FX取引をしている人の8割は稼げないと言われており、勝ち組は2割のみです。資金管理において、10%の損失を出した場合は、いったん相場を離れ、原因分析と対策を考えてから復帰するように動く必要があります。損切りの指値をせずに損失を大きくしてしまったのか、値動きが想定外だったのか、メンタル面で不安になってしまい自分で決めた取引ルールを守れなかったのかなどなど、失敗の分析を詳細に行いましょう。

大きな損失を出してしまった原因を明確化したら、もう一度適切な資金コントロールを考えて、自分の決めた取引ルールを改善してください。FX取引をギャンブルにしてしまわず、しっかりとしたルールを作り上げてそのルールを守れば勝てる、という感覚を積み重ねていくことが重要です。丁寧なトライアンドエラーを積み重ねていくことが、FX取引の成功と自身の成長につながります。

何度か失敗をしても、このように分析をしていけばFX取引の感覚がつかめるようになり、勝率を高めていけます。勝率が高くなれば、自分の取引に自信が持てますので、大損する回数を少なくできます。また、自分の得意とするトレードスタイルも少しずつ見えてくるでしょう。リアルタイムで値動きを追うスキャルピングよりも、ある程度大きな値動きを狙うスウィングトレードの方が勝率がいい、などが見えてくるはずです。

FXは確定申告が必要?

FXで年間20万円以上利益が出ているなら、確定申告が必要です。逆に、FXで損失を出した場合も、確定申告を出しておくと翌年以降、損失の繰越しができて節税になります。FX取引である程度大きな損益が出るようになったら、確定申告は必要だと認識しておきましょう。

FXは確定申告する義務がある

サラリーマンが個人的に始めた副業で得た収入であっても、20万円以上の収益が出た場合は、確定申告が必要です。また、主婦や自営業などの場合は、年間で38万円以上の収益が出た場合に確定申告する必要があります。毎年、確定申告が始まる時期である1月頃各FX会社から年次取引報告書が送られてきます。口座を開設しているFX会社の損益をすべて合算して、トータルの収支で所得申告をしましょう。

100万円の場合はどれだけ税金をとられる?

FXの税金は、日本国内のFX業者と海外のFX業者で異なります。国内で認可を受けているFX業者であれば、仕事をして得た収入と先物取引関連の収入を分けて課税計算ができる「申告分離課税」になり、先物取引の収支合計額から一律20.315%(所得税15.315%・住民税5%)が税金額となります。例えば年1200万円をFXで稼いだ場合、計算すると税額は243万7800円となります。この場合月々得た収益のうち、だいたい20万円程度は税金の支払い用としてキープしておくように考えてください。

一方、海外FX業者の場合は総合課税となり、収入と合算して所得税として計算されます。また、損失の繰越もできません。まったく他に収入のない専業主婦が月100万円、年間で1200万円の利益を出した場合、所得税の税率は33%となり396万円を所得税として納めなくてはなりません。また、夫の扶養からも外れてしまうため、個人で社会保険に加入しなければならず、年間で50万円程度の支出は余分に見込んでおく必要があります。

海外のFX業者は、レバレッジの倍率が非常に高く少額の入金でもハイリターンが期待できるとして人気がありますが、税制面では不利だということを知っておきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

FXで月100万円の利益を上げる方法を主に難易度の観点から確認してきました。最後に今回確認したことをまとめてみると、FXで月100万円の利益を上げ続けるのは予想以上に難易度が高いことがわかったかと思います。

証拠金を数千万単位で用意できる投資家なら話は変わってきますが、このような投資家の場合は、あえてFXに取り組む必要性は少ないといえるのではないでしょうか。一般的な投資家がFXに取り組む場合、証拠金として100~300万円程度を用意できれば、十分であるといえます。

数十万円程度からFXを始める投資家も多数存在していて、これからFXを始めるために1000万円以上用意できる投資家は、全体の中のごく少数です。

この現実を踏まえると、数百万円程度の証拠金で月100万円の利益を安定して出していく必要があり、かなりの難易度になることが予想されます。このため、月100万円という目標は、用意できる証拠金によっては、無理な取引を強いられる可能性があることを知っておく必要なのです。

当サイトが選ぶ部門別No.1のFX口座はこちら!

【初心者におすすめ】部門
外為オンライン
1,000通貨から取引可能で、サポートが手厚い口座

公式HPへ

外為どっとコムのキャンペーン内容
【少額投資】部門
外為どっとコム
スプレッドなどのコスト面でバランスが良い口座

公式HPへ

DMMFXは2019年1月末時点でFX口座数国内第1位で2万円のキャッシュバックキャンペーン中
【スマホアプリ】部門
DMM FX
チャート機能が優れていて、上級者でも納得の性能

公式HPへ

GMOクリック証券7年連続FX取引高世界第1位
【スワップポイント】部門
GMOクリック証券
全般的に買いスワップが高く、総合力がある口座

公式HPへ

【通貨ペア数】部門
ヒロセ通商
50ペアの通貨ペア数は業界最高の通貨ペア数

公式HPへ

FXを始めてみたい方は、こちらで人気の会社を見てみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。